お知らせ 骨盤底筋トレーニング機器の開発ファンドお知らせ

お知らせ2021年2月14日 16:30

TOLIMS本社の御紹介

こんにちは、今回は当社が所在している岩手県盛岡市にある「ヘルステック・イノベーション・ハブ(通称:HIH)」をご紹介いたします。
/data/blog/archive/original/51081.jpg
     ヘルステック・イノベーション・ハブ
HIHは「ヘルスケア関連中核企業の集積を促進し、新製品・新事業を創出する地域経済の活性化とヘルスケア関連産業の拠点形成を図るため、産学官金連携や交流・共同研究開発の活動の場として岩手県工業技術センターの敷地内に整備され、2020年4月1日開所しました。まだ1年も経っていないので、建物の内外はとてもきれいです。
開所以来、TOLIC(東北ライフサイエンス機器クラスター)の会員企業が続々と入居して、19室ある研究室は、現在空き部屋は残り1室だけになっております。入居企業は連携して研究や開発、販売活動を行ったり、また地域のライフサイエンスの将来を担う高校生や大学生の人材育成の活動も活発に行っております。
また、建物内には談話室という部屋があり簡単なランチも提供することで、入居企業同士が食事したり、たまにはお酒も飲んだり楽しく交流を行っております。当社はこのような環境下で、連携して「骨盤底筋トレーニング機器」の開発を進めております。
岩手は豊かな自然と山海の幸、そして文化や歴史、ものづくり技術など見応えがいっぱいです!ぜひお近くにお越しの際は当社にもお立ち寄りいただければ幸いです。
/data/blog/archive/original/51082.jpg
   北上川・中津川・雫石川の合流地点と岩手山

この記事だけを表示

お知らせ2021年2月10日 12:00

(株)TOLIMS 社員紹介

こんにちは、(株)TOLIMS統括マネージャーの片野友貴と申します。
本記事では弊社の社員紹介ということで私の紹介をさせて頂きたく存じます。

私は高校時代にオーストラリアに1年間留学したことがあり、
いずれは地元と海外をつなぐ仕事をしたいと考えておりました。
しかし一方で日本とオーストラリアのマーケットの違いにも興味を持ち
大学では商学部に入学し、主にマーケティングや消費者行動を学びました。

その流れもあり、新卒で東京の広告会社に就職して
Webやイベント、雑誌の媒体広告を販売する営業として3年従事しました。

ちょうど次のキャリアを考え始めたタイミングで
海外マーケティング事業を行うベンチャーを立ち上げることを知り、
当初考えていた、地元と海外の橋渡しになることが実現できると考え
前職を退職し、弊社の立ち上げから携わっております。

現在の私の業務ですが、具体的には、
・新規顧客を獲得するための海外展示会出展
・展示会出展を通して得た顧客情報へのアプローチ・契約提案・受注獲得
・受注製品の海外輸出
・納品後の代理店やエンドユーザへのアフターフォロー・市場調査
が主となっており、全世界のお客様と日々コンタクトしています。



TOLIMSを立ち上げた5年前から昨年の始め頃までは
海外を飛び回って商談をしたり、パートナーとの関係を築いたり・・・
という生活だったのですが、コロナウイルス感染症以降は
オフィスワークが基本で、各国のチャット(日本でいうLINE)を使用して
全世界とリアルタイムでのやり取りを行っております。

現在は韓国・中国・台湾・インドにパートナーがおり、
アジアを中心に日々商談や販売・サポートを行っておりますが
ヨーロッパやアメリカにも様々なお客様がおり日々対応をしています。
今後はこのネットワークを活用してさらなる事業拡大と
本製品の海外展開も進めていきたいと考えております。

皆様の引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

この記事だけを表示

お知らせ2021年1月30日 09:00

(株)TOLIMS 事業紹介

こんにちは、(株)TOLIMS統括マネージャーの片野友貴と申します。
本記事では弊社の事業についてご紹介をさせていただきます。

(株)TOLIMSは、東北地域の優れたライフサイエンス製品を海外に展開するマーケティングソリューション企業として、2016年3月1日に岩手県盛岡市にて設立しました。

TOLIMSウェブサイト

岩手県は自動車や半導体のイメージがありますが、現在「新しく」「優れた」「価値のある」製品の開発・製造を行う地元企業を中心としてTOLIC (Tohoku Life science Instruments Cluster)というコンソーシアムを組んで、企業間連携や産学官金連携を通して新たなライフサイエンスの産業集積を形成する取り組みを進めています。

TOLICウェブサイト

弊社はその中で、先日の記事でご紹介させて頂きました(株)アイカムス・ラボのグループ企業、そしてTOLIC発第1号のベンチャー企業として、主にライフサイエンス製品の横断的な海外展開を行っております。

具体的には、
新規顧客を獲得するための海外展示会出展
展示会出展を通して得た顧客情報へのアプローチ・契約提案・受注獲得
受注製品の海外輸出
納品後の代理店やエンドユーザへのアフターフォロー・市場調査
が主な業務となっており、全世界のお客様と日々コンタクトしています。



現在はコロナウイルス感染症の拡大により、海外渡航をすることは難しくなってしまいましたが、中国とインドのコンサルティングパートナーと連携して現場ベースの市場開拓に取り組んでおります。

また、実はTOLIMSは製造業としての一面も持っています。
TOLIC企業間の技術を融合して新たな製品の開発も行っており、その成果の一つが「液滴計測システム」です。従来は液体も重さを測定して量を測っているのですが、この技術は北上市にある(有)イグノスという会社の独自画像処理アルゴリズムと(株)アイカムス・ラボのメカ技術を融合して、画像処理で液体の体積を測定するものです。



医療の研究の世界やコロナウイルス感染症のPCR検査において、1uL〜10uLという微量の液体を取り扱っているのですが、微量が故に相当な手技が必要で、さらに温度湿度の影響により液体が蒸発してしまいます。この技術では液滴が落ちた瞬間を高速カメラで撮影し、リアルタイムで体積を計算するため手技や環境に因われず高精度な測定できるようになります。現在この技術は、JISやISOといった測定方法の標準化に向けて経済産業省の事業を活用して取り組みを進めています。

岩手から直接海外に販売できる強味を活かし、高度な研究や様々なユーザのニーズに応えるマーケティングソリューション企業として事業を行って参ります。皆様の引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。

この記事だけを表示

お知らせ2021年1月25日 19:00

㈱アイカムス・ラボのご紹介

こんにちは、㈱TOLIMSと㈱アイカムス・ラボ代表取締役を兼務しております片野圭二と申します。

本事業は㈱TOLIMSが商品化致しますが、親会社である㈱アイカムス・ラボが開発と量産をサポート致しますので、当社も少しご紹介させていただきたいと思います。https://www.icomes.co.jp/
㈱アイカムス・ラボは2003年5月「岩手大学発ベンチャー」として、産学官連携をベースに世界に秀でるものづくり開発会社を目指して設立されました。
当社のコア技術は、岩手大学の精密金型技術と共同開発した、一つの歯の大きさが約0.1mmの世界最小のプラスチップ歯車減速機の技術で「マイクロアクチュエータ」という小型精密機械装置を製品化致しました。
本装置は、一眼レフカメラや計測器等の各種精密機器に搭載されておりますが、近年は医療・バイオ分野の各種ライフサイエンス機器にも搭載されております。
/data/blog/archive/original/50986.jpg
また、当社は世界最小・最軽量で高精度を特徴とした電動ピペット「pipetty」を開発して、6年前から販売しております。
最近は、新型コロナの重大な問題により、海外の販売が増えておりますが、㈱TOLIMSはその海外の販売とマーケティングを担当しております。
/data/blog/archive/original/50987.jpg
本事業の「骨盤底筋トレーニング機器」も㈱アイカムス・ラボの技術で開発・量産の協力を得て、㈱TOLIMSが製品化して国内外に販売することにより、連携して排便機能障害の医療課題を早期に解決して参りたいと思います。

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.