ファンド詳細

運用中 丸光食品ファンド

みんなのうどん屋

一口金額10,500円 募集総額80,000,000円
事業者名株式会社丸光製麺 参加人数 1144人
地域岩手県 一関
宮城県 気仙沼
分野食品製造、酒
募集期間2011年4月25日~
2012年9月30日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
・初回出荷商品の出資者限定特別先行販売
・1口または2口お申込の方にもれなく、丸光食品の定番から「丸光の麺3点セット」をご送付
・3口以上お申込の方にもれなく、丸光食品こだわりの「気仙沼麺セット」を、ご送付
・新工場の落成式ご招待(渡航費・宿泊費・食費等は参加者のご負担となります。)
・新工場見学 (渡航費・宿泊費・食費等は参加者のご負担となります。)
・製品の割引購入(営業者が運営するオンラインショップご利用時のみ適用となります。)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 丸光食品ファンド
営業者 丸光食品株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 40,000,000円(8000口)
申込単位(1口あたり) 5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:500口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2011年4月25日~2012年9月30日
会計期間 営業開始日から9年4ヶ月(112ヶ月)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配比率 会計期間開始日から12ヶ月間(無分配期間):売上金額の0%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(100ヶ月間):売上金額の5.94%
予想リクープ平均月売上金額 6,734,007円(税込)
被災前概算平均月売上金額 7,916,667円(税込)
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料および応援金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。従って、出資金、出資金取扱手数料および応援金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。
一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

丸光食品ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性がございます。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とします。したがって営業の成果によっては利益の分配が行われない可能性があり、本匿名組合契約終了時の匿名組合出資金の返還額は出資時と比較して減少するリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、会社更生、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員の営業者支払金請求権(匿名組合出資金返還請求権および匿名組合利益分配請求権)には、何ら担保が付されていません。

5. 取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、匿名組合出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払および匿名組合出資金の返還は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。

6. 販売先の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 営業の開始が遅れる、もしくは再開できないリスク

被災地の土地に関する行政の対応の遅れや、需要が増加することによる適切な用地の確保及び建築資材の調達の遅れにより、事業の開始が遅れるもしくは再開できないリスクがあります。

10. 地域の復興が遅れるリスク

被災前の取引先が廃業し、もしくは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びず、製品の製造・販売が開始されても、売り先が確保できないリスクがあります。

11. 原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中及び海水中に放出された放射性物質により、農産物や海産物が汚染され出荷停止になる、あるいは、汚染されているのではないかという風評被害のために、製品が売れなくなるリスクがあります。

12. 大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、事業の継続が困難になるリスクがあります。

13. 被災前の品質が再現できないリスク

津波により製造に必要な独自の技術や機材、固有の発酵菌等が流出し、以前の品質が再現できず、顧客を減らすリスクがあります。

14. 暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し 営業活動ができないリスクがあります。

15. 被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

16. 風評被害によるリスク

原子力発電所による風評被害に加えて、伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17. 資金繰りが悪化するリスク

既存の借入れに対して、金融機関から返済条件の変更が認められず、また、今後、事業の継続の為に借り入れが必要となった際に、追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

18. 補償等を受けられないリスク

津波の被害により、立ち入り禁止となった土地の代替地や、その他被った損害に対して、十分な補償を受けられず、その結果、事業へ悪影響が生じるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・会計計期間開始日から12ヶ月間(無分配期間):
 売上金額×分配比率0%×1口/募集最大総口数

・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(100ヶ月間):
 売上金額×分配比率5.94%×1口/募集最大総口数

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 5,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の利回りは、次の算出式によって計算される全会計期間にかかる1口あたり分配金額の合計額を基にした直接利回りであって、年率ではありません。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2011年4月25日~2012年9月30日(※)

(※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
(※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
3 会計期間 営業開始日から9年4ヶ月(112ヶ月)
4 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
5 決算日 7月31日(最終決算日は会計期間終了日)
6 報告日 決算日より90日以内
7 分配日 決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2011年2月28日現在)
商号 丸光食品株式会社
本店所在地 宮城県気仙沼市潮見町2丁目82番地
代表者の氏名 代表取締役 熊谷栄一
電話番号 0226-22-2227
事業内容 生麺製造・食料品卸売
資本金 1,000万円
創業年 昭和33年(1958年
設立年 昭和50年(1975年)
役員 代表取締役 熊谷栄一
専務取締役 熊谷茂
取締役   熊谷敬子
決算日 7月31日


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2011年3月31日現在)     
商号 ミュージックセキュリティーズ株式会社
登録 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
代表者の氏名 小松 真実
電話番号 03-5948-7301
事業内容 証券化事業、音楽著作権の管理、音楽著作物の利用の開発、コンパクトディスク、ビデオ等の原盤の企画・制作、等
資本金 1億7,246万5,300円
主な株主 小松真実、東京海上キャピタル株式会社、ngi group株式会社、株式会社電通、住友商事株式会社他
設立日 2001年11月26日
役員 代表取締役 小松 真実
取締役   讃岐 邦正
取締役   猪尾 愛隆
取締役   影山 知明
取締役   飯野 将人
監査役   松下 律
監査役   赤井 厚雄
事業所所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F
決算日 3月31日
加入協会 なし
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 丸光食品株式会社
ほぼ日刊イトイ新聞「東北の仕事論。気仙沼・丸光食品篇」 をみる
ほぼ日刊イトイ新聞「東北の仕事論。続気仙沼・丸光食品篇」 をみる

 
 
 
 
 
 
 

復興にあたり

気仙沼でただ一つの製麺所でした。
「人々に愛される味」を提供してきました。
スーパーでメーカー品と並んでも地元の人が選んでくれる自信の味。
それが丸光の麺でした。

気仙沼の家庭で冷蔵庫をあければ丸光の麺がある。
そんな親しまれてきた味、愛されてきた味を
是非とも復活させたいのです。
工場再建に皆さんの力を貸してください。

 

会社紹介

丸光食品の生麺工場は、気仙沼で唯一の製麺工場です。昔ながらのそば・うどん・焼そばは地元の人が慣れしたんだ味で、海鮮ふかひれ生ラーメンは、贈答用などで全国的に人気の商品となっています。また、機械製法だけに頼らず、職人の技で麺を作っています。

昭和33年に「丸光製麺工場」が、麺類の製造をスタート。昭和50年に「丸光食品株式会社」に変更し、地元スーパー・小売店及び食堂等に麺類を供給

創業五十年を迎えた今も、『こだわり』をもち続け、ナンバーワン商品ではなく、オンリーワン商品を通した麺食文化への貢献を目指します

「気仙沼 海鮮ふかひれ生ラーメン」が、第11回みやぎものづくり大賞の優秀賞受賞
※こちらのリンクから商品説明がご覧いただけます。
 

HP: 丸光食品株式会社ウェブページ


フェイスブック: 丸光食品株式会社フェイスブック

被災地からのレポート

セキュリテ被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
>>被災地からのレポート
>>過去の被災地からのレポート総集編

被災状況

工場の全壊

復興プラン

(1)当面の収益確保および既存顧客の維持を図るための麺類等の卸業の開始
・新工場設立までの期間、県内の同業者から麺類等の仕入れ小売店に販売を行う卸業

(2)新工場を建設し、麺類等の製造・販売の再開(2012年3月~)
・沿岸部にこだわらずに早急に用地を確保し、工場建設開始(2011年9月~)。
・製麺機は自社の規格に合わせてオーダーメードで発注。
・まずは定番のそば・うどん製品から製造を開始。

(3)「海鮮フカヒレラーメン」等のギフト用製品のネット直接販売で新規顧客開拓を強化
・ギフト用製品の主力である「海鮮フカヒレラーメン」はフカヒレ調達の目処がつき次第再開。
・既存顧客がこれまでは気仙沼や陸前高田など三陸沿岸部中心であり、廃業する顧客も予想されるため、今後は、「海鮮フカヒレラーメン」等の高付加価値のギフト用製品のネット販売を強化し、首都圏や西日本での新たな顧客を開拓。

ファンド資金使途

新工場の土地取得費用、工場建物建設費用、工場設備費用および原材料費(初年度分)(なお、合計金額は、応援金を加えた額となっております。また、応援金(募集最大総額40,000,000円)の資金使途は、主として以下記載の土地取得費および工場建物建設費となり、匿名組合出資金は土地取得費および工場建物建設費には充当されません。)


※匿名組合出資金の資金使途である工場設備費および原材料費については、取扱者による監査が行われます。 ※合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には第1回分配の際に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。

投資家特典

・初回出荷商品の出資者限定特別先行販売。

・1口または2口お申込の方にもれなく、丸光食品の定番から「丸光の麺3点セット」をご送付
  (「丸光の麺3点セット」内容)
    -天ぷらうどん
    -天ぷらそば
    -気仙沼やきそば又はうどん屋さんのはっと

・3口以上お申込の方にもれなく、丸光食品こだわりの「気仙沼麺セット」を、ご送付
  (「気仙沼麺セット」内容)
     -気仙沼海鮮ふかひれ生ラーメン
     -気仙沼焼きそば
     -気仙沼ラーメン
     -天ぷらうどん
・新工場の落成式ご招待(渡航費・宿泊費・食費等は参加者のご負担となります。)
・新工場見学 (渡航費・宿泊費・食費等は参加者のご負担となります。)
・製品の割引購入(営業者が運営するオンラインショップご利用時のみ適用となります。)
   (製品例)
      気仙沼海鮮ふかひれ生ラーメン5食入 6,300円
          中華料理店でお馴染みの高価な食材「ふかひれ」を熟成生中華麺
           にのせたふかひれラーメンです。
           お世話になった方へ・・・ギフトとしても大変喜ばれます。
           ご家庭でも是非ご賞味下さい。
   (割引率)
       1-10口 5%
      11-50口 10%
      51-99口 15%
      100口   20%

※特典は、工場を再建し、製造が開始されてからのご送付になります。
 2012年秋以降になる見込みです。

   丸光さんに聞く 丸光の麺の魅力
    <天ぷらうどん>
     

    <気仙沼 焼そば>
     

    <気仙沼 らぁめん>
     
2012年11月26日 13:58オープン記念!丸光製麺工場見学会レポート!

 被災地からのレポート

セキュリテ被災地応援ファンドの応援団山田さんの工場見学レポートです!
山田さんについては、こちら

--
気仙沼唯一の製麺会社である丸光製麺(旧:丸光食品)さんの
新工場が10月のプレオープンを経て、いよいよ11月15日に
念願のグランドオープンとなりました。

それを記念して11月17日に応援ファンド出資者限定の

プレミアム工場見学会が行われたので参加してきました。



丸光さんの新工場である一関工場については

今年3月、この工場を借りてやります、という段階と
10月のプレオープン直前の段階で2度レポートしてますので
よろしければ↓こちらも合わせてご覧ください!

新工場予定地見学会(3月)


◎新工場オープン直前レポート(10月)

前編(稼働準備編)
後編(試運転編)


17日は、12時に新工場に参加者の皆さんが到着し、

まずは昼食として、丸光さんのはっと汁をいただきました。
(僕は車の急なトラブルでちょっと遅れて到着 ^^;)

事務室の方で敬子さんや従業員の皆さんが

お忙しいにも関わらず、はっと汁を準備してくださいました。

先月に来たときは、事務室もまだ稼働直前でしたが

さすがにもう色々物が入って、動いてるカンジですね。







お!敬子さんキャラのマウスパッドまでありました(^^

これ、いいですね~☆

そして、こちらがはっと汁です!

製造再開後のはっとは僕も初めてだったので
いきなり嬉しく美味しい味でしたね☆





敬子さんもまずは一旦落ち着いてお食事です(^^


少し休憩して、いよいよ見学会がスタート!

まずは参加者の皆さんから簡単に自己紹介です。



この日はガイド役の杉山さんも含めて総勢25人。

これだけいると、さすがに部屋も一杯になりますね~。
嬉しい悲鳴ですね!

そして、敬子さんからのご挨拶&流れの説明。




この日は、ただの見学とか体験ではありません。

まだまだ工場の人出が足りないので、一日社員として
しっかり製造を手伝ってもらいます、とのこと(^^

出資者としては、そういうのが逆に嬉しいんですよね。






ということで、白衣や帽子などを着用して作業準備です。

多くのみなさんにとっては初めての経験ですね。

当然ながら、白衣などもまだ数が足りないため、

一部の方はエプロンなどで代用しています。



こちらは、ミュージックセキュリティーズの杉山さんと

丸光応援団の齋藤さんという頼りになるお2人。

さぁ、そして、いよいよ工場で入ります!








社長の茂さんより、機械や行程の説明をいただきつつ、

実際に、機械を回してうどんを作っていきます。

みなさん、こうやって麺ができるのかと関心のご様子(*^^*)












工場で製造されている方にとっては当たり前でしょうが

普通の人にとっては、一つ一つが発見の連続なんですよね。
こういうところを見れるなんて、本当に貴重な機会です。

ここら辺から、作業ごとに分かれていきます。

こちらは、打ったばかりの麺を茹でる行程のチーム。





まだお湯が沸いてないので、こちらはまた後程。。。


そして、こちらは天ぷらを揚げる行程のチーム。

天ぷらうどんに入っている、自家製の天ぷらです。

敬子さんの説明を受け、実際に作業やってみますよ!










天ぷらのタネが油に入ったところで、

タイミングよく箸で海老を入れていくのですが
これが意外と難しい~。

あまり入れすぎると、原価率が高くなっちゃいますが

今回のは大盤振舞のが多かったようですね(^^;
(僕は2個ほど、海老なしのを流しちゃいました。。。)

そして、揚がった天ぷらはこちらから出ます。

まずは天ぷらを斜めに並べて冷ますんですね。





圧巻のビジュアルでしょう!?あー、美味しそう~。。。

思わずつまみ食いをしたくなりますね(^^

そして、今度は冷ました天ぷらを袋詰めしていく作業。






震災前は機械でやれていた作業ですが、

今回は機械を買うための資金が足りなかったとのことで
今後しばらくは手作業で行うそうです。

いやぁ、本当に手間がかかっていますね~!


次に、こちらは、はっと作りのチームです。








従業員さんにはっとのちぎり方を教えてもらって

なにはなくとも、さっそくやってみます。
不揃いなのも、手作り感が出て、良いでしょう(^^)v

さぁ、では、いよいよ、麺の茹で行程に行きます。

20分近く茹でて、冷水で3段階で冷まして、
そして、1玉ずつ出てくるところまで自動化されています。











袋詰めされて落ちてきたものをトレイに並べていきます。

こうやって、たくさん製造されていく様子はやっぱり嬉しい!



ということで、途中、記念写真をパシャリ☆


さて、うどんの次は、はっとを茹でてそれを袋詰め。








なんと、こちらは自動化されておらず、

茹でたはっとを計量機で測って1袋ずつ分けていきます。
いやぁ、これは大変ですね~。



こうやって出荷できるようやく出荷できる段階になります。

機械化されているとはいえ、人の手が入るところが
たくさんあるんだということが分かりましたね。

製造された麺は、冷蔵室で保管されます。






さすが元・牛乳工場だけあって、冷蔵室はとっても広い!

これは丸光さんにとっても嬉しいことです(^^)b


さぁ、最後は出来上がった麺に、つゆなどを入れて完成!






工場見学会に参加してくれた皆さんのお土産は

これまた手が足りないので、自分で詰めてください!
とのことですが、これは参加者には嬉しい体験☆

天ぷらうどん、ラーメン、焼きそば、はっとの中から

一人3種類選んでお持ち帰らせていただきました♪







丸光オリジナルの天ぷらうどんは、

ずーっと昔から、うどん、天ぷら、つゆ、七味が
全部セットになって1人前なんですよ!



そして、最後は、シーラーで袋を閉じます。








いやぁ、ここまで自分でやってみると、

やっぱり商品の見え方・思い入れが変わりますね。

参加者のみなさんの嬉しい顔がたくさん。






こちらは夫婦でご参加の平さん。

奥さんは、丸光の一日社員やレシピ企画部など
様々な場面でご活躍の心強い応援団のお一人です。

敬子さん、杉山さんも、笑顔でパシャリ☆




って、あれ!?

アンカーコーヒーのやっちさんもいつの間に!

実はやっちさんも小さい頃から食べなれた

丸光さんの新工場を見たいということで
休憩の差し入れコーヒーを持って最後に登場☆

ということで、一通りの作業を終了して、

事務室で、アンカーコーヒーでコーヒーブレイク♪





アンカーコーヒーの常連客である敬子さんも

思わずニンマリでした(^^)v

最後は、敬子さんからご挨拶をいただき、終了。




いやぁ、本当にプレミアムな工場見学会でしたね。

参加された皆さんもきっと、より強い丸光ファンに
なったことだと思います。

ただ、敬子さんもおっしゃっていましたが

製造ができる状態になったとはいえ、
お客さんや取引先も多く被災された状態なので
売上げはそのままでは震災前には戻りません。

これから新しいお客さん・新しい販路を

作っていかなければならないのでこれからが
本当の復興への道と言えます。

大変な道ではありますが、こうやって

長くつながって応援してくれるファン・出資者が
いるというのはきっと大きな力になるでしょうね。

ということで、今後ますます丸光さんを

強く応援していこうと思った工場見学会でした。

参加者の皆さんは、そのままペンションに移動し

食事・交流会となりましたが、僕は気仙沼で
用事があったため、そこで別れて見送りました。

きっとそちらの様子は杉山さんか齊藤さんが

セキュリテブログで報告してくれることと思いますので
どうぞお楽しみに~!

さて、丸光さんを応援するファンドはまだ募集中です。

(本日時点で、満額まで94.4%!あとわずか!)

今回のブログを見て、丸光応援団に加わりたいなと

思った方は、ぜひ出資をご検討くださいね。
豪華出資者特典もあり、絶対おすすめですよ~。
(何より、敬子さんと仲良くなれるのが一番の特典かな ^^)

みんなのうどん屋、丸光製麺さんを一緒に応援しましょう!!

https://www.securite.jp/fund/detail/336

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス