矢部園伊達茶ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2013年6月20日 21:35

ほうじ茶のいれ方

皆さんこんにちは。

ミュージックセキュリティーズの岸野です。

講習会で参加者の皆様のリクエストが多かったので
ほうじ茶のいれ方も教えていただきました。 

_______________________________________________________________



ほうじ茶というのは、高い温度(150200)で煎ったものです。

高温で煎ることによって
香ばしい香りが出ると同時に、渋味や苦みが減り、すっきりとした味になります。

 


ほうじ茶のいれ方は煎茶とくらべると簡単です。

湯ざましをする必要がないからです。
 

急須の1/31/4くらいの、たっぷりの茶葉をいれます。



今回使用するのはくきほうじ茶。

静岡県牧之原産の「くき茶」は肥沃立ちが培う力強いコクがある味わい。
岐阜県白川産の「くき茶」は香り高くキレがあります。

この2種類の異なる特徴のお茶を絶妙にブレンドし、
独自の工夫をこらしたこだわりの製法で熟練の職人がほうじたもの。

袋を開けたときに本当にいい香りがします。
香りがお伝えできないのが本当に残念。。 


煎茶とは違って高い温度のままのお湯を注いでさっと出します。





香ばしくて甘みがあって、ほっこりする。
本当においしいほうじ茶。

お茶っていいなとしみじみ感じてしまいました。


このほうじ茶、おせんべいと一緒にいただくと最高なんだそうです。

このお茶にはどんなお菓子が合うかなって考えるのも楽しいですね。

 


 --
矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/372