ファンド詳細

運用中 矢部園伊達茶ファンド

日本の最北端「伊達茶」を広める

一口金額10,500円 募集総額20,500,000円
事業者名株式会社矢部園茶舗 参加人数 374人
地域宮城県 塩釜 分野食品製造、酒
募集期間2013年2月12日~
2015年8月28日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
(1) 出資者全員に:
「伊達茶」の急須一回分の一煎パックを5袋

(2) 3口または4口を申し込みの方に:
(1)に加え、AまたはBいずれか
A.煎茶のPETボトル 5本
B.玄米茶月ひめ 一袋

(3) 5口以上お申し込みの方に:
(1)に加え、AまたはBいずれか
A.PETボトル(350ml)を1ケース
B.ぼうほうじ茶 2袋、月ひめ 1袋、伊達茶 1袋

(4)10口以上お申し込みの方に:
(1)に加え、以下のセットをお贈りします。
 ぼうほうじ茶 1袋、月ひめ 1袋、伊達茶 1袋、
 一芯三葉茶 1袋、チャップリン3個


※詳細、注意事項については、匿名組合契約説明書をご確認ください。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 矢部園伊達茶ファンド
営業者 株式会社矢部園茶舗
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額
(口数)
10,250,000円
(2050口)
申込単位
(1口あたり)
5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。
出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:500口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2013年2月12日~2015年8月28日
会計期間 2013年9月1日~2022年8月31日
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配方法 分配金は一括して、最終決算日後に支払われます。
なお、分配金には劣後特約が付されています。
分配比率 会計期間開始日から24ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):売上金額の0.78%
予想リクープ
平均月売上金額
15,644,078円(税込)
予想リクープ
累積売上金額
1,314,102,565円(税込)
被災前概算の
平均月売上金額
19,250,000円(税込)
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

矢部園伊達茶ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.資本性借入金の取扱いの変更に関するリスク
出資金は十分な資本的性質が認められる借入金として金融機関の融資審査上資本に計上されますが、十分な資本的性質が認められる借入金に該当するための要件に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、営業者の財務諸表が悪化し、金融機関からの新規借入れ又は借り換えが困難になることから営業者の事業に悪影響を及ぼす可能性があります。

5.営業者の信用リスク及び債務超過に関するリスク
営業者は現在債務超過であり、そのため、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約では、分配金額の支払いが、最終の決算後に一括して行われ、それまでの毎年の分配金額は当該支払いの時点まで営業者に留保されているため、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行われないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

6.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7.販売先の信用リスク
本匿名組合事業にかかる商品の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9.営業者の代表者が関与する既存事業にかかるリスク及び経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。さらに、営業者代表者は株式会社東北クリエイトの代表であることから、営業者代表者が株式会社東北クリエイトに労力・時間等を割かれる結果、本匿名組合事業の計画遂行に悪影響を及ぼすリスクがあります。

10.営業の再開又は継続が予想どおりなされないリスク
需要が増加することによる建築資材の調達不足により建物や必要な施設等の新設・補修が遅れることで、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。また、被災地域が今後行政による地盤のかさ上げ等整備事業の対象とされる可能性があり、その場合には、施設等の移転が必要となる可能性もあります。そのため、施設等の新設・補修が遅れ、あるいはこれが困難となり、事業の開始、再開又は継続に支障を生じ、事業計画の大幅な見直しが必要になるリスクがあります。さらに、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の開始又は継続に必要な最低限の設備費用を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。

11.地域の復興が遅れるリスク
被災前の取引先の廃業、被災地域の復興の遅れ、人口流出や国内外からの訪問者の減少、あるいは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びないことなどにより、商品の製造・生産・販売が開始されても、既存の販売先の維持や新規の売り先が確保できず、事業計画を達成できないリスクがあります。また、政治の混乱、政治政策の予期せぬ変更により地域の復興が遅れ、事業の再開、あるいは、継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

12.原子力発電所によるリスク
原子力発電所における事故により空気中および海水中に放出された放射性物質により、海水や土壌その他商品の原料となる水源・農産物等が汚染され、あるいは、汚染されているのではないかという過度の懸念のために、商品が売れなくなるリスクがあります。また、それらの被害が拡大した場合には、結果として当該商品そのものの取扱いができなくなり、事業の再開・継続が不可能になるというリスクがあります。

13.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、または、天候不順や病害虫の発生などの自然環境に起因するその他の要因により、事業の継続が困難になるリスクがあります。また既に発生した地震・津波による営業者以外の者への損害・損失などに関連して生じ得る営業者の事業への悪影響についても、未だその把握が十分ではなく、又は客観的に顕在化していない可能性があり、これらの損害・損失等に関連する悪影響が現状の予測を超え、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

14.製造・販売商品の品質確保・維持に関するリスク
営業者の販売する商品の製造元において津波により商品製造に必要な独自の技術や機材が流出し、商品の品質確保・維持ができず、顧客が減少するリスクがあります。また、津波や放射能などの影響によって水質および水産物の生育環境が変化し、商品の品質が維持できない、あるいは製造できない状況が生じるリスクがあります。

15.暴動が起こるリスク
暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し営業活動ができないリスクがあります。

16.被災地で伝染病等が蔓延するリスク
被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

17.風評被害によるリスク
原発事故や伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18.資金繰りが悪化するリスク
営業者は現在債務超過の状態であり、また、金融機関からの借入金もあり、復興後、収益性の悪化により借入金に対する返済が滞った場合、あるいは追加の借入れが行えなくなった場合などには、計画通りの仕入・製造・生産・販売が行えず、経営の存続性に影響を与える可能性があります。また、既存借入れに対して、金融機関から返済条件の変更が認められず、または、金融機関からの返済条件の変更により、あるいは今後事業を継続するうえでさらに借入れが必要となった際の追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

19.債務超過のリスク
会社が債務超過の場合、次のような不利益を被るリスクがあります。
まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障を生じたり、金融機関等からの借入等他の債務の期限の利益が喪失する等により、支払い不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

20.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

21.製造・販売商品の調達に関するリスク
震災の影響や天候不順等の理由により、営業者や営業者の販売する商品の製造元において必要な商品の原材料や包装資材等の調達ができない、遅れる、価格が高騰する等により、商品の製造・生産・販売を予定どおりに行うことができないリスクがあります。また、この影響により販売価格の値上げを余儀なくされ、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

22.嗜好品の消費が停滞するリスク
営業者が販売する商品にはいわゆる嗜好品も含まれており、これらは被災地の復興時に必ず消費が予想される生活必需品とは異なります。そのため消費者が営業者の商品を購入することを控えるなど、消費者の消費が停滞し、商品が十分に売れないリスクがあります。

23.許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、食品衛生法等関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に営業許可等の許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

24.匿名組合出資金の送金および使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

25.営業の継続が予想どおりなされないリスク
被災地域は行政による再開発事業の対象となっており、今後の計画によっては、店舗等の移転が必要となる可能性もあります。そのため、店舗等の移転が遅れ、あるいはこれが困難となり、事業の継続に支障を生じ、事業計画の大幅な見直しが必要になるリスクがあります。さらに、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の継続に必要な最低限の商品製造費用を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。

26.取扱者の事実調査に関するリスク
取扱者が行う事実調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提とした上での判断であり、事実調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



(事業計画の売上を実現していく上での営業方針)
本物の日本茶を徹底的に伝えていくということ。「被災地の商品だから」「被災地の会社だから」ではなく、「商品・人・サービスがいいから、購入したい」と言わせしめる努力を続けます。
本店営業部の販売においては、お客様も被災されているため、住居の復興の時期と雇用の進捗状況によって大きく左右することが予想されます。しかし、本店は被災者の皆様の憩いの場所として高いクオリティを持っておもてなしすべきであると心底思っています。従って店舗販売については、慎重且つ積極的に進めていきます。
次の5つを柱として、事業を進めます。
1)北限の日本茶「仙台銘茶・伊達茶」(石巻産の魂の復興茶)
①リーフ茶 + ②伊達茶100%使用のPETボトル350ml + ③(①+②)のギフト販売。
2)東京の有名飲食店や有数な高評価の宿泊施設等で認めていただいた、こだわりの日本茶の販売。
生産農家自身が徹底してこだわった、各産地の日本茶の販売(風評被害を被った創業当時からの産地農家)。
3)日本茶は産地直送だから「美味しい」、または「安全」なわけではありません。
全国の皆さまへ、本当に美味しい日本茶をお届けするための通信販売の仕組みを併せて構築。
4)日本の作陶の最高技術によって創られた、オリジナルの急須を「美味しいお茶」を煎れるために必要不可欠なものとして提案・販売。
5)その他、日本茶を伝えるために必要なものの発信・提案・販売。

  • その他にもリスクがあります。合わせてご確認下さい。


  • 分配計算式

    匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
    ・会計計期間開始日から24ヶ月間(無分配期間):
     売上金額(税込)×分配比率0.00%×1口/募集最大総口数

    ・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):
     売上金額(税込)×分配比率0.78%×1口/募集最大総口数

    分配金額のシミュレーション

    本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

    ※1口 5,000円の出資の場合


    (注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

    (注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口5,000円の出資金に対し、1口分配金額が5,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

    (注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

    (注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

    お客様の振込先
    銀行口座
    お振込手数料
    (分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
    三菱東京UFJ銀行 315円 315円
    みずほ銀行 315円 315円
    三井住友銀行 210円 315円
    楽天銀行 50円 50円
    ジャパンネット銀行 52円 52円
    その他銀行 315円 315円

    • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
    • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
    • ファンド詳細情報、契約書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
    • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
    • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
    • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
    • 皆さんで事業を応援しましょう!
    仕組み図
    1 募集受付期間 2013年2月12日~2015年8月28日(※)

    (※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
    (※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
    2 会計期間 2013年9月1日~2022年8月31日
    3 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日まで
    4 決算日 8月31日(最終決算日は会計期間終了日)
    5 報告日 決算日より90日以内
    6 分配日 分配金は一括して、最終決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
    【営業者】
    本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2013年1月31日現在)

    【取扱者】
    本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2013年1月31日現在)

    このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
    そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
    投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
    利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。
    途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
    元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
    未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
    >>申込方法とよくある質問
    • 矢部園伊達茶ファンド

     

    復興にあたり

    震災からの立ち上がり

    昭和9年に創業してから80年余り。地域の皆様のお支えの中で、地域の皆様のお陰さまで成長をさせていただきました。静岡の茶農家出身の祖父は、「草鞋の脱ぎ場」として多くの方々よりお世話になり、この塩釜の地を終の棲家と決めました。

    2011年3月11日2時46分・・・その地が未曾有の災害に見舞われ、沿岸部を中心に大きなマイナスからの復興を余儀なくされています。弊社も本社屋壊滅、茶倉庫、作業スペース等、2メートル20センチの津波により、大きな被害を受けました。立ち上がろうとする事を断念する事もよぎりましたが、北限のお茶「仙台銘茶・伊達茶」を全国の皆様へ伝え、東北のお茶農家を元気にしたいとの覚悟で立ち上がりました。
     
    次世代に残したい北限のお茶「伊達茶」

    東北は石巻で栽培される伊達茶(桃生茶)には、東北の気候と土壌で育ったお茶にしか有さない、独特の「香気」があります。

    伊達茶はもともとは寒さに弱い品種でした。生産農家が苦労して畑の木を作り、時間をかけて東北版の茶の樹に育てあげました。お茶農家では樹齢最高30年の木が育っています。
     
    そのお茶を東北で本格的に栽培することは大きな挑戦です。お茶の樹は、苗を植えてから新芽の収穫まで5年かかります。5年かけても、苗が育たなかったり美味しいお茶ができないリスクがあります。お茶の樹は寒さにとても弱いため、より育てることが難しいです。
    そのリスクを乗り越え、先々代が、本格的な伊達茶農家としてお茶の苗木を育て、その畑が現在まで受け継がれています。

    手間ひまかけて丁寧に育てなければ、いいお茶がつくれません。いい茶葉をつくるためには、いい土を、いい根を、いい茶の樹をつくっていかなくてはなりません。東北の厳しい冬の時期も、寒くても畑に出てお茶の木がちゃんと育っているか、畑を訪れ、寒さをしのげるよう土の上に藁を引き外気から守ってあげる。
    繰り返し新芽を出していると、樹も根も疲れてしまうので、3年に1度夏前に刈り込みを行い1年間休ませて根に栄養を与える。いいお茶が育ちやすいよう、そういった手間を惜しまないことで、本当に美味しいお茶ができます。

    現在、伊達茶を作る生産農家は1件しかありません。今後、お茶農家が増えることを願っています。
    まずは、『農家の子供たちが「伊達茶をつくってるってかっこいい」』と思ってもらえるようになってもらいたい。
    政宗公より受け継いだ物語に、あらためて誇りをもって欲しいと思っています。

    会社紹介

    「茶農家のお茶づくり」から、日本茶の素晴らしさを伝えていきたい

    茶匠 矢部園の契約農家の方々は、1年中丁寧に丁寧にお茶を作っています。
    手間隙かけて美味しいお茶をつくる農家の方々が、茶の樹を育てることにに専念でき、また、次の世代にお茶づくりをつないでいくためにも、茶農家の努力を適正な価格でお渡しすることが私たち矢部園の役割です。
    だからこそ、いいお茶づくりをしている茶農家の方々と出会うための手間隙は惜しみません。
    また、いいお茶を一番いい状態で楽しんでいただけるように、茶器の紹介もしております。

    お客様に美味しい日本茶を知っていただけるように、そして農家の方々が美味しいお茶づくりに専念してもらえるように矢部園は一所懸命に役割を果たしてまいります。
    お茶の味と香りについての茶農家との勉強は一生つづきます。

    こだわっているのは、「茶農家のお茶づくりが見えること」。
    そこには、「お客様に安心していただきたい」というだけでなく、「お茶農家さんの取り組みを知ってもらいたい、お茶づくりにかける人生を感じていただきたい」という願いを込めております。

    東京湯島の和懐石料理「くろぎ」様のお茶にご採用いただいた他、能登・和島温泉「加賀屋」様の「浜離宮」の客室用のお茶としてもご採用いただいております。とにかくひとつひとつ前へと進めて参ります。

    (参考)ウェブサイト:http://yabe-en.com/top/index.html
    ※上記ウェブサイトは、管理会社が東日本大震災により被災し、震災後は更新不能になっています。本ファンド資金の一部を使い、新たなウェブサイトを制作する予定です。
     

    経営者紹介

    矢部 亨(やべ とおる)。1968年生まれ。株式会社矢部園茶舗の3代目。塩釜市立第三小学校を卒業し、東北学院中・高を経て、東北学院大学経済学部へ進学しました。大学卒業後は株式会社イトーヨーカドー(現セブン&アイホールディングス)に就職し、その後、平成7年より株式会社矢部園茶舗に入社、現在は同社代表に就任し、美味しいお茶とその文化を地域に伝えています。お茶に関する資格試験である「茶匠」を取得しています。

    2007年に公益社団法人日本青年会議所の宮城ブロック協議会、08年に同東北地区協議会の各会長を務めました。震災後は、そのネットワークを生かし、全国に3万人いる経営者仲間から届けられた物資の受け入れ窓口を担いました。自社の再建だけでなく、地域の再建にも尽力し、2011年5月には被災者雇用を進める会社を設立、現在は、再開発計画が動きだした塩釜の街づくりにも関わっています。
     

    被災地からのレポート

    被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
    >>被災地からのレポート

    >>レポートもくじ
    >>矢部園の役割
    >>矢部社長動画
    >>煎茶の淹れ方

    被災状況

    本店:全壊→復帰(2011年7月)。支店:全壊→退店(2012年4月)。茶倉庫:浸水→修復(2012年6月)。作業スペース:浸水→修復(2012年6月)。営業室の全壊によって、PCをはじめ顧客リストの消滅の他、包材や商材、会社の財産の3分の2近くを廃棄。お客さまも殆ど被災されており、仮設に住んでいらっしゃる方々が顧客の殆どです。

    復興計画

    (1)被災した本店の事業再開のため、建物の復旧。奥州一宮「志波彦 塩釜神社」に根ざす門前町としての佇まいを、この先に行われようとしている商店街の再開発を睨みながら創造(2012年7月31日に復旧も9月21日の台風15号の上陸にて再被災。再開店舗の床上80センチの浸水により設備再被災)。
    同じく、茶倉庫、作業スペースも復帰。お客様も被災しているため、今までお世話になってきたお客様への対応を最優先しながらも、関東方面の新規のお客様を災害支援でのご縁により頂戴し、ご縁を活かすために感謝をもって今も構築中です。

    (2)競争力の高い高品質な日本茶と北限の日本茶の展開に集中。販路を確保するためにHPを一新。
    今まで新規で購入を頂いたお客様が年間を通して購買可能な環境の整備(2013年2月~)

    (3)商店街のほとんどの建物が取り壊された中で、塩釜の中心市街地のど真ん中である海岸通り地区の再開発(2015年より具体化)の先駆けとなるような店づくりを、責任企業として先頭をきって進めていきたい。フレーバージャパニーズティーの展開(2012年12月~)

    本匿名組合事業について

    日本茶ならびに茶陶器等の販売事業

    ファンド資金使途

    これまでに、全壊した塩釜本店の再開のため行った、本店修築、耐震補強、内装、インフラ整備、設備入れ替え、外構、外装工事、地盤沈下した路面の修復、オリジナルブレンド茶を製造するための茶倉庫の修復、お茶詰めを行うための作業スペースの修復などの費用は、自己資金や金融機関からの借入によって、工面してきました。
    ファンド資金では、北限の日本茶「仙台銘茶・伊達茶」(石巻産の魂の復興茶)のPETボトルや、限定新茶(一芯三葉摘み茶)の仕入や加工などの商品製造費用、および、ウェブ制作費用として使わせていただきます。

    「伊達茶」を広めるための資金
    東北を訪れた方々に少しでも東北・北限のお茶、「伊達茶」を知ってもらいたい。その手法の一つとして、今回「伊達茶」をペットボトルで販売することとしました。お茶と水だけでつくったピュアな「伊達茶」を手にとってもらい、飲んでいただく。
    そこから「おいしい」と思っていただけたのなら、「茶葉」への興味を持っていただけるのではないか。
    そうすることで「北限の日本茶 伊達茶」のブランド価値を高めたいと思っています。
    そのブランド価値ができるだけ多くの皆様に、そして生産農家に届くために、ペットボトルには生産農家の写真を載せています。

    全国のお客様に情報を発信するための資金
    また弊社ホームページは、管理会社が被災したため、移行の必要があり、この度、全国のお客さまに発信していくため、情報伝達力と販売力を強化したものをつくり、運用してまいります。

    投資家特典

    (1) 出資者全員に:
    日本北限のお茶「伊達茶」の急須一回分の一煎パック(7g入)を5袋お贈りします。
    旅行時のお部屋のお茶が美味しくないと感じたことがあるかと思います。
    お出かけなどにセカンドバックにそっとしのばせてください。

    (2) 3口または4口を申し込みの方に:
    (1)に加え、AまたはBいずれかをお贈りします。

    A.伊達茶を100%使って抽出した煎茶のPETボトル(350ml)を5本お贈りします。
    日本で作られている煎茶のPETボトルの中で生産者の顔写真を載せられるのは、この商品だけです。素朴で上質な味わいをお楽しみください。

    B.玄米茶月ひめ(100グラム)一袋

    (3) 5口以上お申し込みの方に:
    (1)に加え、AまたはBいずれかをお贈りします。

    A.伊達茶を100%使って抽出した煎茶のPETボトル(350ml)を1ケース(24本入)をお贈りします。

    B.以下のセットをお贈りします。
     ぼうほうじ茶(80グラム)2袋、 月ひめ(100グラム)1袋、 伊達茶(70グラム)1袋

    (4)10口以上お申し込みの方に:
    (1)に加え、以下のセットをお贈りします。
     ぼうほうじ茶(80グラム)1袋、 月ひめ(100グラム)1袋、 伊達茶(70グラム)1袋、
     一芯三葉茶 1袋、 チャップリン3個(味は選べません)


    ※具体的なスケジュールは、後日、出資者の方に個別にご案内いたします。
    ※運営期間中に1回のみの発送となります。
    ※内容が変更になる場合があります。
    ※上記特典の海外への発送はできません。ご了承下さい。
    ※特典の発送をお知らせする際に3口以上の方にはAまたはBどちらを選択するか確認させていただきます。返信をいただけない場合はAをお贈りします。


     
    2018年11月19日 20:49「茶摘み」「伊達茶ペットボトル」 完成披露記者発表会 (11/21)

     被災地からのレポート

    皆さま

    いつも【矢部園伊達茶ファンド】を応援いただきまして、誠にありがとうございます。
    本日は矢部園より新商品、「茶摘み」と「伊達茶ペットボトル」完成披露記者発表会のお知らせです。

    茶農家のみなさんは、気まぐれな自然を相手に納得できるお茶を創り出そうと、日々試行錯誤を重ねながら手間暇惜しまずがんばっていらっしゃいます。その情熱と技を、消費者に伝えたい。そして、農家の仕事に見合った報酬をお返ししたい。矢部園のペットボトルは、そんな思いから生まれました。
    どんなにパッケージを飾っても、どんなに宣伝を駆使しても、日本茶は栽培した茶葉の風味以上においしくすることはできません。農家のプロフェッショナルな仕事を心からリス ペクトし、茶葉のおいしさを引き出して、「茶摘み」と「伊達茶」に到達しました。 この画期的なペットボトル茶が、本物のお茶の味と香りを広く伝えてくれることを願っております。 広く私どもの取り組みにつきまして、ご取材、報道を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。 


    「茶摘み」はペットボトルのふた部分に、粉砕した茶葉そのもの(100g3,000円相当)が入っていて、キャップをひねった時に初めてお茶が冷水に溶け出します(水とお茶を分離することで1年半の賞味期限を獲得できました)。
    心をいやす芳香や、ゆたかな旨みと甘みを体験できる一品にしました。
    いつでも、どこでも、だれにでも新鮮で最高級のお茶をつくることができ、愉しめることが最大のポイントです。



    「伊達茶ペットボトル」は、石巻産の茶葉から最高のおいしさを引き出したぺットボトル茶。ふくよかな香りとまろやかな味わいの煎茶です。


     

    塩釜の復興の道のりはいまだ遠い状況ですが、確実に盛り上がりをみせていっているのも事実でございます。
    この度の記者会見も、塩竈の地で行うことの意味、中央の方々へしっかりとお伝えして、地方、とりわけ被災沿岸部の魅力というものの価値を商品化していくための切っ掛けづくりとしても、積極的に発信していただきたいと思っております。

    画像をクリックすると商品詳細と、矢部園の想いをご覧いただけます。
    /data/blog/archive/original/44032.jpg  /data/blog/archive/original/44033.jpg

    2016年5月11日 17:11矢部園の茶畑が「殿、利息でござる!」のロケ地に選ばれました!

     被災地からのレポート

    皆さま、こんにちは。
    矢部園の矢部です。

    伊達茶の件で大きな発信があります。

    /data/blog/archive/original/26977.jpg
    /data/blog/archive/original/26979.jpg

    アイススケートの羽生結弦さんが殿役で話題の
    「殿、利息でござる!」ロケ地として選ばれました。


    5月14日より全国劇場公開予定です。 ​

    あの茶畑に阿部サダオさん、瑛太さん、
    監督の中村さんが1ヶ月に渡り撮影をしていただきました。

    物語のなかでなくてはならない情景を最初から最後まで
    とても美しい映像で公開されます。

    地元の民法局でありますKHB東日本放送の開局40周年を記念しまして、
    松竹エンターテイメントとコラボレーションして製作された
    全国的にも珍しい試みの映画でもあります。

    この物語は今から250年前に実際にあった「実話」で、
    仙台藩吉岡宿にて慎みの掟を守りながら、
    自らの私財をなげうって街を貧困から救った
    先達の皆さま方の、真に尊ぶ利他の精神を人知れず
    渡して来られた魂の震える物語です。

    この度、弊社と鹿島の茶畑がロケ地として選ばれ、
    劇中において誠に美しく撮っていただいてます。

    昨年の7月に茶畑にロケ藩を配置していただき、
    絵を撮ってただきました。

    約20年前より伊達茶(ものうちゃ)の茶畑と2人3脚でやって来て、
    他のどこにもない栽培による「香気」を含め、
    北限のお茶の魅力を伝え続けて参ったところですが、
    昨年9月にJR東日本の新幹線車内紙「トランベール」に
    掲載されましたことに続きまして、今回の運びとなり
    大変ありがたく、皆様に感謝申し上げる次第でございます。

    主人公の1人であります瑛太さん扮する菅原屋篤平治が
    所有していたとされます、広大な茶畑の背景となっておって、
    劇中の重要なシーンに欠かせず、茶畑を守ってこられた
    生産農家の佐々木さんとそのご先祖の皆様への感謝なくしては
    始まらない映画と言っても過言ではありません。

    どうか皆様、日本人が世界に誇るべき
    「他を思いやる圧倒的な気持ち」をこの映画を通じて
    あらためて感じていただき、感動の連鎖をおくってくださいますよう…

    その中に微かに「北限の伊達の茶畑」がお役に立てたことを
    思っていただければ幸いでございます。


    20年…、震災も経験しながら投資家の皆様から
    大きなお支えをいただきまがら、まじめに取り組んでいると
    世の中が観てくださっているのだなあと、あらためて感謝を抱く次第です。


    殿、利息でござる!をぜひ劇場にてご覧いただければ幸いでございます。
     

    2015年9月18日 17:30JR東日本新幹線車内誌 トランベールにて掲載

     被災地からのレポート

    皆様、ご無沙汰しております。

    JR東日本新幹線車内誌 トランベールにて
    9月1日より9月30日までの1ヶ月間、
    矢部園の記事が掲載されております。
    掲載許可をいただきましたので掲載いたします。


    (画像をクリックいただくとご覧いただけます。)

    皆様へのご報告が遅くなりましたが
    シルバーウィークでJR東日本新幹線を
    利用される際は是非ご覧いただければ幸いです。

    他にも嬉しいニュースがございますので
    またご報告させていただきます。

    茶匠  矢部園
    矢部亨  

    2014年9月15日 12:10あと254万円。全国個人販売向けWEBリニューアル費用。

     被災地からのレポート

    これまでの歩み:売上約80%まで回復。
     
    2011年7月:塩釜の本店の再開
    2013年2月:ファンド募集開始
    2013年4月:仙台に支店を開店
    2014年8月:震災前売上の約80%まで回復。
    塩釜への来店者数は震災前に対して約50-60%。
     
    3年半の進化:今までと質感が全然違う、あきらめない気持ち。
     
    この3年半で培った一番のものは「あきらめない気持ち」です。
    当社の事業は、お茶やお茶道具などの先人たちが作り上げてきた文化を
    販売していくことです。
     
    これまで、戦争から生き延びた3代目の創業者だる祖父などからも、
    次の世代に継承していくことの大切さについては聞いてはきており、
    頭では分かっていても、100%腹落ちしている
    状態かといえばそうでなかったと思います。
     
    しかし、今回の震災で、自分が生かされたことで、さらには、
    43歳という上の世代と下の世代をつなぐ重要な歳でその機会を
    得たことが自分にとっては大きな変化となりました。
    いま、一番力を注いでいることは、塩釜の街づくりです。
     
    当社は3代前に静岡出身の祖父が塩釜にたどり着き、塩釜の方にお世話
    になって、いまのお店を開店しました。
     
    塩釜が魅力的な街になることが、自分たちのお店にとっては重要なんです。
    (実際に震災前に比べ塩釜への観光客数は50-60%のため、本店の売上も
    回復はしていません。)
     
    いまのこの街は僕たちだけの街でなく、100年後、200年後の
    子供たちの世代から預かっている街なんです。
     
    そこで今回、自分の含めた地権者のみなさんと2012年から約2年間
    議論を繰り返して、塩釜神社を中心とした歴史を紐解く門前町を
    イメージした街づくりが必要であるとの結論にいたり、
    震災後に再建した当社の店舗も含めて、
    いったんすべて取り壊して、街を作り直すこととなりました。
     
    数千万円かけた自社店舗を取り壊す決断ができたのも、
    隣の店舗にもそれをお願いする説得ができたのも、
    とにかく、次の世代にも残さないといけない塩釜という街の魅力と、
    それを絶対に諦めないでやりきらないといけない、という気持ちが
    があったからだと思います。
     
    残り募集額約254万円。全国お客様向けのWEBサイトリニューアル費用に。
     
    現在、当社では地元向けの販売売上は減少してしまっています。
     
    また、これからの街づくりで、本店は取り壊し仮設店舗での売り上げにも
    なるため、より売上は減少する可能性があります。
     
    その分を賄っていくために必要なことは、全国のホテル・旅館・飲食店などへ
    販路を広げていくこと、そして、全国の個人のお客様への直接販売を行って
    いくことだと考えています。
     
    特にいま当社は、震災をきっかけに、ネットワークも広がり、全国へ
    イベントなどを通じてお伺いすることも増えてきました。
     
    そうした矢部園のファンづくりを行っていったときに、重要なのは、
    ウェブサイトを通じて商品のお茶農家の想いなども伝わり、買い物が
    しやすいウェブサイトだと考えました。
     
    既にウェブサイトはあるのですが今回は全面的なリニューアルを行う予定であり、
    残りのファンド募集の資金は、その制作費用に活用させて頂きます。
    ぜひ、皆さま、応援のほどよろしくお願い致します。
     

    矢部園 代表取締役 矢部亨

     
     
    ファンド詳細・申込受付ページ
    http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=i&fid=372



    基本情報
    ・設立:1934年(初代は静岡出身、現在は3代目社長)
    ・商品:日本茶(日本北限のお茶「伊達茶」)、茶陶器、茶道具
    ・販路:地元向けの葬儀場・結婚式場等への卸販売
              全国向けのホテル・旅館(能登・加賀屋)等の卸販売
              店舗、ネット等の直接販売
    ・被災状況:本店の全壊、支店・倉庫の浸水。
    ・募集開始:2013年2月
    ・募集額:2,050万円
    ・調達額:約1,795万円(87.6%、出資者335名)

    2014年3月7日 10:55【SAKE日和】日本茶の愉しみ方をお伝えしました

     被災地からのレポート


    【イベントレポート:3月1日 SAKE日和@銀座 SAKE HALL HIBIYA BAR】




    本日は矢部園さんのイベントをレポート致します。3月1日、銀座 SAKE HALL HIBIYA BARにて開催された「SAKE日和」の様子です。このイベントは「日本酒をもっと身近に」というコンセプトで様々な日本酒イベントを企画しているあおい有紀さんが主催する、日本酒と和文化のコラボイベントです。矢部園さんは日本を代表する和文化として「日本茶」の愉しみ方を紹介する講師として参加されました。



    大勢のお客様で満員となった会場で、日本茶の愉しみ方や日本茶への熱い想いを各テーブルを回りながらご紹介されました。「ラジオ向き」と自他ともに認める明るく楽しいトークと矢部さんのお人柄もあり、楽しい雰囲気の中でイベントはスタート。氷をつかった冷たい水出しのお茶をご賞味頂きながら、お茶の愉しさや深さについて学べる機会とあって参加者の皆様からは沢山のご質問が飛び出しました。









    美味しい日本酒とお料理の合間に、冷たく香り豊かな日本茶を頂く。参加者の皆様からは笑顔と笑い声があふれ、とても楽しいイベントとなりました。このようなイベントを通じて、一人でも多くの方に日本茶の素晴らしさや愉しみ方を広め、日本が誇る文化としての日本茶を伝えていくことを矢部園さんはとても大切にされています。これまでも多くのイベントに積極的に参加されていらっしゃいますが、今年もますます多くの方と出会えるよう、様々な場面で日本茶の文化を伝えていかれる予定です。皆様も機会がございましたら、是非ご参加してみてはいかがでしょうか?


    日本茶の深さを知れば知るほど、毎日の生活がより上質で愉しいものになるかもしれません。日本人ならではの愉しみ方を思い起こさせてくれる、そんな素敵なイベントでした。


     
    【矢部園さんを応援するセキュリテ被災地応援ファンドは現在も募集中です】

    震災からの立ち上がり(ファンド募集ページより)
    昭和9年に創業してから80年余り。地域の皆様のお支えの中で、地域の皆様のお陰さまで成長をさせていただきました。静岡の茶農家出身の祖父は、「草鞋の脱ぎ場」として多くの方々よりお世話になり、この塩釜の地を終の棲家と決めました。
    2011年3月11日2時46分・・・その地が未曾有の災害に見舞われ、沿岸部を中心に大きなマイナスからの復興を余儀なくされています。弊社も本社屋壊滅、茶倉庫、作業スペース等、2メートル20センチの津波により、大きな被害を受けました。立ち上がろうとする事を断念する事もよぎりましたが、北限のお茶「仙台銘茶・伊達茶」を全国の皆様へ伝え、東北のお茶農家を元気にしたいとの覚悟で立ち上がりました。 

    続き・詳細は下記のページよりご覧いただけます。

    【矢部園伊達茶ファンド】
    https://www.securite.jp/fund/detail/372
     

     

    2013年6月26日 20:54矢部園茶舗、情報をまとめました

     被災地からのレポート

    矢部園さんのお話をまとめました。

    「いいお茶葉いい土づくりから」こだわりの農家の方々のお話、

    いいお茶を美味しく飲む方法について、矢部園さんの思いとこだわりをぜひご覧ください。

    下記の見出しをクリックいただければ、詳細をご覧いただけます。

     

    1.      お茶農家のこだわり

    いいお茶には理由があります。
    農家の方の手間ひまについて紹介させていただきます。 

     

    2.      伊達茶のこだわり

    北限のお茶、伊達茶。
    寒さに弱いお茶を丁寧に育てています。


    3.      矢部園の役割
    お茶への思いをお伝えします。 

     

    4.      矢部社長動画
    セキュリテナイトでの矢部園代表取締役矢部亨さんの動画をご紹介(5分程度) 

    2013年6月7日セキュリテナイト矢部さん動画
     

    5.      事業の進捗

    震災後の事業の進捗についてお伝えします。

    茶匠 矢部園アリオ仙台泉本店
    オープン!



    6.      矢部園応援メッセージ

    矢部園さんへの応援メッセージをいただきました。

    昌史さん(HITOTOWA INC.代表取締役)


    佐藤香世子さん(野菜ソムリエ・薬膳アドバイザー)


    7.      交流会のお知らせと報告

    これから行う、これまでに行った交流会の報告をさせていただきます。

    2013年6月17日 お茶の講習会

     

    8.      投資家特典について(近日UP!)

     

    9.      ミュージックセキュリティーズより

    当社担当者からの矢部園さんの紹介です。

     

    10.  急須の選び方

    おいしいお茶をいれるために、急須の選び方もポイントがあります。

     

    11.  煎茶の淹れ方

    煎茶のおいしい、いれ方を紹介します。

     

    12.  ほうじ茶の淹れ方

    ほうじ茶のおいしい、いれ方を紹介します。

     

    13.  氷水仕立ての淹れ方

    めずらしい氷水仕立てのいれ方を紹介します。

     

    14.  茶葉の意外な使いみち

    捨ててしまいそうな茶葉の意外な使いみちを紹介します。

     --
    矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/372

    2013年6月26日 20:27【矢部園茶舗の思い】茶農家のお茶作りからお茶を伝えていきたい

     被災地からのレポート

    茶匠 矢部園の契約農家さんは、
    1年中丁寧に丁寧にお茶を作っています。
    手間隙かけて美味しいお茶をつくる農家の方々が、
    茶の樹を育てることにに専念でき、また、次の世代にお茶づくりを
    つないでいくためにも、
    茶農家の努力を適正な価格でお渡しすることが私たち矢部園の役割です。
    だからこそ、いいお茶づくりをしている
    茶農家さんと出会うための手間隙は惜しみません。
    また、いいお茶を一番いい状態で楽しんでいただけるように、
    茶器の紹介もしております。

    矢部園1
     
    お客様に美味しい日本茶を知っていただけるように、
    そして農家の方々が美味しいお茶づくりに専念してもらえるように
    矢部園は一所懸命に役割を果たしてまいります。
    お茶の味と香りについての茶農家との勉強は一生つづきます。
     
    こだわっているのは、「茶農家のお茶づくりが見えること」。
    そこには、「お客様に安心していただきたい」というだけでなく、
    「お茶農家さんの取り組みを知ってもらいたい、
    お茶づくりにかける人生を感じていただきたい」
    という願いを込めております。
     
    矢部園

    ある茶農家さんが手間隙かけてつくった最高に美味しいお茶を、
    日本で有数の旅館の客室係の方々に飲んでいただいたときのこと。
    「こんな美味しいお茶ははじめて飲んだ。
    なぜ、このお茶はこんなに美味しいのか・・・。」
    理由は肥料のやり方、土の健康診断による管理の徹底・・・
    茶の樹の気持ちなること。・・・
    人の見えないところの努力に尽きるわけではありますが、
    生き物(茶の樹)の気持ちになることに尽きると思います。
     
    このことを農家の方に伝えたら、
    「一生懸命やって、美味しくつくれたお茶が認められた・・・本当に嬉しい。
    やっぱり自分がつくっていることを知ってもらいたい。」
    と心から喜んでいました。
    人生かけて美味しいお茶をつくることに誇りをもってもらいたい。
    そのためにお茶を飲む方々に農家の人たちの生き方を知ってもらいたい・・・。
    私たち矢部園は、精一杯で日本茶農家とともに精進いたします。
    日本北限の日本茶「伊達茶」も、思うところは全く一緒です。
    現在、伊達茶を作る農家の方は1件しかありません。
    今後、お茶農家が増えることを願っています。
    まずは、『農家の子供たちが「伊達茶をつくってるってかっこいい」』
    と思ってもらえるようになってもらいたい。
    肥料や製茶にもこだわる伊達茶は、地の利、北の地で育った茶の樹だからこそ
    生まれる独特な香気もその魅力の一つです。
    政宗公より受け継いだ物語に、あらためて誇りをもって欲しいと思っています。
     
    そのために・・・まずは「伊達茶」の認知度を上げることがとても重要です。
    東北を訪れた方々に少しでも東北・北限のお茶、「伊達茶」を知ってもらいたい。
    その手法の一つとして、今回「伊達茶」をペットボトルで販売することとしました。
    お茶と水だけでつくったピュアな「伊達茶」
    を手にとってもらい、飲んでいただく。
    そこから「おいしい」と思っていただけたのなら、
    「茶葉」への興味を持っていただけるのではないか。
    そうすることで「北限の日本茶 伊達茶」のブランド価値を高めたいと思っています。
    また、そのブランド価値が農家の方に届くために、
    ペットボトルには農家の方の写真を載せています。
     
    手間をかけてつくる伊達茶。
    安売りをしては農家の方々が今のまま茶葉を育て続けられません。
    伊達茶の価値を伝え、適正な価格で販売していく・・・。
     
    そうすることで、美味しい日本茶が守られていくのだと心から信じています。」
     --
    矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/372

    2013年6月21日 14:11セキュリテナイト矢部さんの動画

     被災地からのレポート


    こんにちは、ミュージックセキュリティーズの神山です。

    6
    7日に行われたセキュリテナイトで代表取締役の矢部亨さんが


    プレゼンテーションを行いました。

    ________________________________________________________________







    【プレゼンテーション内容紹介】

    ●震災直後、自身が被災しながらも救援に走り続けた

    (震災の)凄惨な現状をなんとか自分のできる限りのことをしたいと思い、
    3週間初日は、甚大な被害を受けた地域のために走り続けました。
    最初は「この大変な時こそ社長が社にいてください。」と言っていた社員も、
    「待っている人がいるなら行ってください」と言ってくれるようになりました。

    ●北限のお茶、伊達茶

    私たちの事業ファンドは北限のお茶、「伊達茶ファンド」です。
    伊達茶はもともと地名をとって桃生茶と言われていました。
    この桃生茶は北の大地最北端でとれるお茶です。

    政宗公が仙台に北の小京都をつくりたい、
    との思いで400年前に産業振興の一環で
    東北の全ての畑にお茶の木を植えました。
    現在もつくり続けている農家は1件のみです。

    ●伊達茶の名前の由来

    桃生茶という名前で売られていましたが、
    名前から桃のお茶と思う方が多いです。
    そこで、農家の方と相談をして、
    伊達政宗公から伊達を頂戴して伊達茶と名づけました。

    ●お茶農家のこだわり

    お茶は永年作物です。
    つまり、1年のうちに2回3回と作ることができない農産物です。
    50年畑をやろう思ったら、50回しか新茶を作れません。
    高い技術をもった農家の方でも一生のうち満足のいくお茶を作れるのは数回しかないと言われます。
    新芽を摘んだその日から、翌年の新芽をつくるためのお茶作りが始まります。
    お茶作りは、「茶葉」を育てるために、いい木を、そしていい土を作ることからこだわります。
    伊達茶はもともとやぶ北、狭山緑、在来種という寒さに弱い品種です。
    生産農家が苦労して畑の木を作り、
    時間をかけて東北版に育ってあげました。
    お茶農家では樹齢最高30年の木が育っています。
    私(矢部さん)も2日に1回ほど畑に行っています。
    非常に葉肉の厚い北の大地でようやく育った
    新芽を毎年見るたびに涙がでてきます。

    ●伊達茶のおいしさを全国に伝えたい

    震災を乗り越えて、風評を乗り越えて、
    北の大地で育った芽を出すために、
    どれほどの生産農家が思いと手間をかけてきたのかを伝えていきたいです。
    私(矢部さん)は、宮城の宝である北限のお茶を、
    命がある限り守っていきます。
    今、教科書では北限のお茶葉は狭山だと言われています。
    宮城県桃生町が北限であると子供たちにも知ってもらえるよう、
    伊達茶を飲む機会をこつこつとつくっていきたいです。


     --
    矢部園伊達茶ファンド記事の目次はこちらから:
    https://www.securite.jp/news/oen?a=1950

    矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/372

    2013年6月20日 22:01お茶をいれた後の茶葉の意外な使い道

     被災地からのレポート

    皆さんこんにちは。

    ミュージックセキュリティーズの岸野です。

    お茶をいれた後残る、茶葉。

    そのまま捨ててしまうところですが、

    ちょっと待って!

    特に女性には嬉しい素敵な使いみちがあるのです。

    _________________________________________________________

    お茶をいれ終わった後の茶葉を手にもみこむと、しっとりしてつるつるになります。

    保湿効果抜群。

    何かに包んでお風呂に入れて入浴剤としても。

     

    また、床に撒いて掃き掃除をするのもよいそう。

    これは茶色い床限定です。 


    みなさん、ぜひいろんな使い方を楽しんでください。


     --
    矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/372

     

    2013年6月20日 21:54氷水仕立てのいれ方

     被災地からのレポート

    ミュージックセキュリティーズの岸野です。

    暑い時期ならではの氷水仕立ての煎茶の入れ方を教えていただきました。
     

    冷やすというと、コップに氷を と普通は考えますが、
    そうすると氷がとけてお茶が薄くなっておいしくなくなってしまいます。

    そこで、急須の中に氷を直接入れます。


    まず、茶葉を
    10gぐらいとちょっと多めにいれて、

    その後に氷をぎっしり入れていきます。



    最後にお水を入れて、急須を回します。

    氷の角が削れて丸くなっていきます。

    水でも、こんなふうにきれいな水色(すいしょく)になります。




    煎茶のいれ方のお話のときには、
    急須はふらない といったのにふってしまっていいの?と思われるかもしれません。

    冷たいものは、雑味を感じにくいため、苦味などが気になりにくいので
    問題ないのだそうです。 

    すっきりさっぱりとして、本当においしかったです。


    夏にこんな氷水仕立てのお茶をいただくのってすごく季節感があっていいですよね。
    汗をかいた急須もまたいいものです。 

    この夏、ぜひ皆様も氷水仕立てのお茶、試してみてください。

     
    _______________________________________________________________


     


     --
    矢部園伊達茶ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/372