いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2011年12月29日 11:11

【いわ井】年末のご挨拶

ファンド出資者の皆様へ

 

まもなく2011年が終わろうとしています。
未だに信じられないような一年でした。

 

数え切れない程の親戚や友人、隣人、そして
お客様を一瞬のうちに失い家も、店も跡形も無く
消え去ったあの日以来、呆然とするばかりの私たちを、
日本中の本当に多くの人々が、支え、励ましてくれました。
お蔭様で、店を再開する決断をすることができ、
5月末には唯一持って逃げた携帯電話と逃げ込んだ
家内の兄の家のベランダを倉庫代わりに、
ボランティアの方から借りたミニカトッポで、
商売を始めました。

 

6月には週末のテント朝市に誘って頂き、戸板で出店。
8月にはNPO法人の方々に3坪のプレハブを支援していただき、
さらに9月には現在の10坪のプレハブ店舗をお借りし、
わずか5軒ですが、ミニミニ商店街の一員として、
しんどいながらも楽しく商売をしています。

 

10月には旧来の友人であり、来年はじめに一緒の共同店舗に
入居する予定の「御菓子司 木村屋」さんの紹介で
ミュージックセキュリティーズの方々とお会いすることができました。
そして、この被災地応援ファンドのシステムを通じて、
出資者の皆様のご支援を頂いております。

 

現在、店は年末と言う事で毎日、お正月の準備をする、
お買い物のお客様でとてもにぎやかです。
地元の復活した地酒や醤油など、お客様が
本当に待ちに待った商品が再出荷され、
それらの予約やら、発送やらで、正直てんてこ舞いの状態です。

 

さて来年は共同仮設店舗への出店や、震災以前から続けている
地元の良い作り手の作品の紹介と、全国の面白い作り手の紹介を
さらに充実したものにしたいと思います。
そして、何より、「つかえる、面白い」品を通じて、
お客様とともに笑い会えることを楽しみに
商売して行こうと思います。

 

とは言うものの、震災前の事業用借入金の返済や
新規事業用資金の調達など、現実はそう甘くないのも事実です。
しかし、私たちの商売は嗜好品とはいえ、ある意味
生活必需品であることを実感した半年でもありました。
そう、私たちは必ずこの町に必要とされるはず、
それなら問題解決の道はあるはずだと思っています。

 

多分来年には、陸前高田の都市計画も具体化してくると思います。
私たちのような小さな小さな商店の親父やおかみさんや
お兄ちゃんやお姉ちゃんたちの微々たる力が
きっと面白い住みたくなるような町の原動力になるのだと
勝手に信じて、街づくりにも参加していきたいと思っています。

 

いつかきっと、いい物がある、いい店がある、いい町だと
自分たちが思えるようになりたいと思います。
そして、皆様にも、そう言っていただけるように
なりたいと思います。

 

先日「いわ井ファンド」に投資してくださったという方が、
遠方より小さなお子さんを連れてお店に来てくれました。
私たちを見守ってくれている方たちがいることを、
とても有難く思っています。
ご恩返しができるようになるまでには時間がかかりそうですが、
どうぞ、よろしくお願いします。

 


岩手 陸前高田
器・和雑貨・地酒
いわ井 磐井正篤

 

==================================
「いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド」のお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/212