いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2017年9月19日 20:10

仮設店舗での営業終了と新店舗オープン(10月1日)のご報告

出資者の皆様へ
 
思い起こせば東日本大震災で店舗を流失した失意から、朝市、軒先、プレハブ小屋と再起の店をつないできました。平成24年、今の仮設店舗に入居することになり資金調達に窮していたところ一時は再起を諦めていたのですが、ミュージックセキュリティーズのシステムに救って頂いたのです。
 お陰様で「瓦礫だらけで荒野のような埃っぽいこの町で、この一角だけは別世界にしよう」と共に入居する商売仲間と夢を実現できました。
 それから5年半、出資者の皆様とは長いお付き合いになりました。手紙やメールで励ましていただいたり、お買い物をしていただいたり、時には訪ねてこられて楽しい時間を過ごさせていただいたりと、出資という面だけではなく広くそして長いご支援を頂き、改めて感謝申し上げます。
 さて、陸前高田は今ようやく震災前の市街地跡に10メートルほどかさ上げして新しい市街地が作られようとしています。新たに道をつくり、広場を作り、店をつくり・・・。という、途方もない事が今始まったところです。生まれたての小さな小さな、まちなかですが、私の店も元の位置にほど近い嵩上地に街の仲間たちと共同店舗「陸前高田まちなかテラス」を建て、10月1日その一角で新しい店を開きます。
 今、この町で商売を続けることはとても厳しい状況です。私たち商業者はまちに必要とされなければこの町にとどまることはできません。まちの人たちに必要とされ、ひいては皆様ともつながっていられるよう、工夫しながらここでの暮らしを楽しんでみようと思います。
 今、当三陸地方は秋真っ盛り、サンマもうまいですよ。そうそう、開店の10月1日は日本酒の日、酔仙酒造さんのにごりざけ人気の「雪っこ」の発売日でもあります!
どうぞ、爽やかな海風に吹かれにお出で下さい。お待ちしています。
 
岩手陸前高田
 ㈱いわ井 磐井正篤

/data/blog/archive/original/38509.jpg
(引っ越し準備の始まった仮設店舗の店内にて)