いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年8月30日 15:00

酔仙酒造といわ井のつながり

先日行われた酔仙酒造の大船渡蔵の竣工式で、
いわ井の店主磐井さんにお会いしました!

酔仙
(写真がぼけててごめんなさい・・・左が磐井さん、真中が酔仙酒造の金野社長、右が息子さんで製造部長の金野泰明さん)

磐井さんは、八木澤さんと同じく、酔仙酒造の株主なのです。
なぜか?その経緯は、酔仙酒造の成り立ちに関係あります。
(その答えは動画、もしくはこちらの陸前高田ニュースでどうぞ!)

いわ井

そういうご縁で、いわ井さんのお店では、充実の酔仙酒造コーナーがあります。
昨年も、ちまたで「雪っこ」が手に入らない時でも、いわ井に来れば、
手に入る、そんな状況もありました。

酔仙さんのお酒は、地元の人たちにとって、
「自分たちのお酒」という意識があるお酒だそうです。
今回、
酔仙が復活して、みんな、ほっとした、
よく帰ってきてくれた、というのがあると思う、と磐井さん。


そんなお話を含め、大船渡から、陸前高田までの車中に、
磐井さんに伺ったインタビュー動画をアップしました

■内容
酔仙とのつながりのこと
・地元の人たちにとっての酔仙のお酒のこと
・今年の七夕祭りのこと
・今のお店のこと(出資者のこと、栃が沢ベースでのコバンザメ商法(!?)のこと)
・震災後初めて、海の音を聞きながら考えたこれからのこと

ちょっと長めですが、自然体の地元の声がつまった14分。
磐井さんのお人柄をよく分かって頂ける動画になっていると思います。

インタビュアーは、私。
お聞き苦しい所があるかもしれませんが、是非、ご覧ください!




(ミュージックセキュリティーズ・杉山)


-------------------------------------
岩手県陸前高田市で和雑貨や地酒、陶磁器の小売業を営む
いわ井。いわ井を応援するファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:
いわ井