いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年6月19日 11:32

ぬくもりある空間と黒板消し

岩手県陸前高田市で和雑貨や地酒、陶磁器の小売業を営む「いわ井」から
近況のお便りが届きました。
ストラップがとってもカワイイですね!
---------------------------------------
さて今日は、開店直後の4月28日29日に開催された
札幌の木工作家、三島チエさんによる店頭での実演販売の様子や
三島さんの札幌の作家仲間の方々「札幌スタイル」による
さまざまな工芸品の展示販売をレポートします。

今回三島さんの実演作品は、これです。

いわ井



そう、なんと黒板消しのストラップなのです。

これを三島さんは、いとも簡単そうに一つ一つ丁寧に
しかも、ほんの数分で仕上げてくれます。

 
布の部分は色とりどり、好きな柄が選べます。
そしてその場で、細い焼き鏝でお名前まで入れてくれるのです。

今回は特別無料でやっていただきました。
 

焼き鏝一本である程度字体の変化をつけられます。

これは私の店「いわ井」の印です。

いわ井


当日は肌寒い中店の外のデッキで実演していただいたのですが、
寒いはずの札幌から来た三島さんが「寒いですねー」といいながらも、
本当は1日だけの予定が、帰りのバスの連絡がない関係で
翌日も「いいですよー」って感じで
頑張って100個ほどのリクエストに応えていただきました。

いわ井


三島さんのお父様は家具職人なのだそうです。
さすがに器用で集中力がすごいのです。

でも、頑固な職人という感じではなく、
物静かだけれども、気さくでチャーミングな女性でした。


そんな三島さんが陸前高田に実演に行くということで
作家のお仲間のグループ「札幌スタイル」の方々が
いろいろな素敵な作品を送っていただきました。

 
札幌スタイルは札幌で活躍する工芸作家さんたちを
札幌市が選抜し、全国に紹介していこうとする団体なのだそうです。

当日は店頭に作品を並べさせていただき
お客様方に手に取ってもらって、札幌の作家さんたちのぬくもりを
味わっていただきました。

並べきれないほどのたくさんの作品でしたが
二日ほどでほとんど無くなってしまう人気でした。

札幌の作家のみなさん、有難うございました。


三島さん、札幌の作家のみなさん、本当にありがとうございました。


-------------------------------------
岩手県陸前高田市で和雑貨や地酒、陶磁器の小売業を営む
いわ井。いわ井を応援するファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:
いわ井