山元いちご農園ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年12月21日 21:28

岩佐社長、カンボジアから来たゲストへ農業伝授

ミュージックセキュリティーズの森田です。

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドの企画で、
カンボジアのマイクロファイナンス機関「サミック」から、
そこで働くスタッフのセンムンさんと、「サミック」からお金を借り入れて
農業関連事業を行っているオウクさんを
日本へ招待し、農業研修を行いました。
日本の農業から、なにか学んでいただければ、と思いながら。

12月14日は、山元いちご農園を訪問!

山元いちご農園では今、たっくさんの美味しそうなイチゴが実っていました。



岩佐さん、イチゴを手に、嬉しそう。





あまりに美味しそうなので記念撮影。




たくさんのイチゴに感動しながら、岩佐さんから
しっかりといちごの栽培方法をご教授いただきました。

この下の写真は、夏の間いちごの苗を寝かせる場所。
いちご農園の中で、唯一エアコンのある場所です。
日照時間と温度調整を行うことで、イチゴに秋が来たと錯覚を起こさせ、
早く実るようにします。


歩いているときも、岩佐さんはひとつひとつ丁寧に
説明してくださいました。

岩佐さん:「土には、ヤシの皮を使っているんですよ」
他みんな:「へ~」

センムンさん:「このチューブは何ですか?」
岩佐さん:「チューブにあいた小さな穴から1滴ずつ水を与える点滴灌水で行われています。」

(たくさん見えるハウス。これが山元いちご農園です)


実はカンボジアにはイチゴはまだほとんど流通していないそう。
センムンさんもオウクさんも、生まれて初めて見て食べるイチゴにご満悦!

甘くて美味しい!!



岩佐さん、山元いちご農園の皆さん、有難うございました!


-------------------
応援ファンド