お知らせ 最強錆止「雪王」「鉄王」新事業ファンド3

2021年7月5日 17:00

募集期間延長のお知らせ

みなさま

ミュージックセキュリティーズです。

この度本ファンドの募集期間を延長し、より多くの皆様からのご支援をお待ちすることとなりました。
募集期間は以下の通りです。

募集期間:2020年6月30日~2022年6月30日

事業の進捗等につきましては、あらためて営業者よりお知らせいたします。

何卒宜しくお願い申し上げます。


ミュージックセキュリティーズ株式会社

この記事だけを表示

2021年6月18日 15:00

募集期間の延長を予定しています

みなさま

ミュージックセキュリティーズ株式会社です。
本ファンドへ、たくさんの応援をいただき、誠にありがとうございます。

本ファンドの募集期間は、2021年6月30日となっておりますが、引き続きみなさまの応援をいただきたく、募集期間の延長を予定しております。
決定次第、募集情報を更新いたします。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ミュージックセキュリティーズ株式会社

この記事だけを表示

2021年4月10日 09:59

御礼及びご報告

モノ売りからコト売りを実行して3年目、新たなモノ売りからコト売りの究極を目指して、昨年7月から始めた塗料メーカーが塗膜を提供するサービスのスタートとなる近未来塗装工場建設計画。
資金調達の1つとして行っているクラウドファンディングで個人投資家様よりご支援を頂く方法。
ニッチな産業ですがニッチトップを目指す事が少しずつ投資家にも伝わってきた実感がある。
実際に150名の方々よりご理解を頂きました。
本当にありがとうございます。
 
弊社塗料は冬季の間、交通の安全や交通障害がないよう、塗膜と言う視点から機械を守り、道路を通常通り使用できる様支えております。事故抑制や作業性の向上、機械の延命化、それが継続する事で機械維持コスト削減や作業コスト削減へと繋がります。冬季間に起こる雪害事故等も圧倒的に減ります。上記が達成されれば、近い未来に高速道路が無料化、国道、県道の拡張化も現実となるでしょう。
国民お一人、お一人の生活が豊かになる事こそが弊社の夢であり、責務であると思います。
 
 

この記事だけを表示

お知らせ2021年3月9日 13:36

ご挨拶及びご報告

皆様方、コロナ禍の中、如何お過ごしでしょうか。
弊社は今月が決算月ですので、現在最終調整を行っております。弊社もコロナの影響があったせいか、前年度に比べ売上が20%程減少致しました。しかし、営業利益、経常利益ともにプラスで終わられそうです。
これで、弊社も4期連続で黒字計上です。当面の目標は10期連続黒字計上を目指し尽力したいと思います。

今週の木曜日は東日本大震災から10年目であり節目の年です。よく耳にする復旧から復興、復興から創生と言う言葉。何をもって復興なのか、どこまでが復旧でどこからが復興なのか、皆それぞれ違うと思います。ただ一つ同じなのが、あの大きな震災から皆平等に同じ時間を費やしたことです。しかし、時間の費やし方だって、過ごし方だって人それぞれです。
弊社におきかえますと、商品の販売は新商品開発は復興あるいは創生に当てはまると思いますが設備投資、不動産はまだまだ復旧段階です。これから、復旧と創生の融合となる工場建設は弊社の大変大きな目標です。
新たなファンドもスタートしておりますが、現状はまだまだでございます。より多くの方にご理解を頂くため、3月11日何らかの形で皆様方に私の言葉をお届けしたいと考えております。

MS社からの告知はこちらです。
「東日本大震災から10年。未来を考えるKFアテイン株式会社オンライン説明会を実施します。」
是非、3月11日19時からはKFアテインのお話しを聞いて頂く時間を与えてください。
宜しくお願い申し上げます。

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月30日 14:50

ご挨拶及びご報告

投資家の皆様方へ

昨日、仕事納めを無事終え秋田の実家へ帰省致しました。本来は控えるべきですが、母が体調を崩し入院した経緯があり退院して間もない事もあり心配で戻りました。

今回は数十年に一度の寒波で昨晩から雪がものすごく降っています。
写真は本日深夜1時に撮影した屋根の写真です。実家の屋根には弊社雪滑り塗料「陸王」を塗装して5年目ですが、気温-2℃で雪が滑りました。比較で近所の住宅屋根の写真もアップしました。

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月25日 15:43

ご報告

先日、新たなファンド募集の中で皆様方に配信を致しましたブログでも触れましたが、9月に突然声を失いました。朝起きたら突然声が出ず、水を飲むこともできませんでした。幸いにも大きな病気ではなく検査結果は特発性声帯麻痺(右側)という診断で、治療法は簡単は発声練習をしながら自然治癒を待つという事になりました。
しかし、私は皆様方に言葉で伝えることが最大の強みだと勝手ながら思っております。
声を奪られたショックは相当でした。話す事や話す場所、人と接することまで拒むようになりました。
精神的にもだいぶ辛かったです。
しかし、投資家様をはじめ関係各位から励ましを頂き、話せなくては言葉は少なくても「熱量」は変わらず伝わるよと言ってくれた方がたくさん居て本当に救われました。
だからこそ、私は前を向きます。声が出なければ違う方法で伝える努力をすれば良いだけです。
僕だけではなく、今世界中がコロナウイルスと言う見えない敵と戦っています。医療従事者の方も大変ご苦労をされながら戦っております。
我々が出来ることって何だろうと考えた時、塗料と言う商品でサービスを提供する事だと思います。
新たなビジネスモデルを構築して、工場建設を成功させられれば、先日のような雪害や除雪ももう少し減らすことが出来たと思います。
雪=KFアテイン
錆=KFアテイン
とに日本中の方々が連想できる、そんな企業を目指します。

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月15日 18:34

【最終回・近況報告】自社工場建設で黒字安定経営目指す⑤

先日オンラインセミナーが中止となったKFアテインの川又社長に、電話で近況を伺いました。5回シリーズお届けしてきました本シリーズも本日で最終回となります。最終回の今回は、川又社長の事業とファンドに懸ける意気込みをお届けいたします。

声が出なくても情熱は失っていない、同じ思いを共有したい
1月決算の当社は、今期も営業黒字を目指していますが、足元はコロナ禍もあり、入札がキャンセルされてしまっているものもあり、決して楽観はできない状況ではありますが、営業利益の確保に向けて尽力しております。
さらには、先日は、オンラインセミナーキャンセルさせてもらったのは、私自身が声が出なくなってしまっていて、皆さんの前でプレゼンテーションができなくなってしまっているからなのです。
 
今も声が出ないのですが、お伝えしてきたサービスを提供できるのは当社しかないと思って力を振り絞っています。誓って、声を失っても情熱は失っていません。調達目標の1億円は大きいし、コロナで大変だが、この熱量をご理解いただき、同じ思いを持ってもらいたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

現在新事業である、塗装事業のファンドを募集中です。グローバルニッチトップを目指す本事業へ応援をお願い致します。

/data/blog/archive/original/50727.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月11日 15:07

【近況報告】自社工場建設で黒字安定経営目指す④

先日オンラインセミナーが中止となったKFアテインの川又社長に、電話で近況を伺いました。5回シリーズで最新情報をお届け致しますが、本日4回目の情報をお届け致します。

実績積みあがれば海外進出の道面白いのは、こうして実績を積み上げていければ、海外進出の道も開けそうであることです。お伝えしてきた凍結防止剤散布車や除雪トラックというのは、日本がトップランナーにいるのです。豪雪地域に、人が住んでいるのは、人口過密国だからか、日本だけのようで、海外には、雪滑り塗料を作っているメーカーがないようなのです。というわけで、日本の散布車や防雪トラックは、輸出されています。国内メーカーの信頼を勝ち取っていくことで、輸出へも道筋が開けると思っています。

あるメーカーの「塗料甲子園」というイベントに当社は参加したことがあるのですが、そこで並みいる大手強豪メーカーとの競争に勝ったことがあります。製品の品質だけでなく、お客様の満足度を追求する総合力を評価していただけました。「規模は小さくても世界で伍していける」と、私の自信の源となっています。

次回へ続く。

現在新事業である、塗装事業のファンドを募集中です。グローバルニッチトップを目指す本事業へ応援をお願い致します。

/data/blog/archive/original/50727.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月10日 15:18

【近況報告】自社工場建設で黒字安定経営目指す③

先日オンラインセミナーが中止となったKFアテインの川又社長に、電話で近況を伺いました。5回シリーズで最新情報をお届け致しますが、本日3回目の情報をお届け致します。
 

価格を超える価値を伝えるために必要な自社塗装工場

そこで考えたのが、今回の資金調達の狙いである新工場建設です。
新工場で、高品質塗料を自社で塗布できれば、自信を持って「品質保証」をすることが
できます。品質保証ができれば、散布車や除雪トラックで当社塗料を塗布したものを
標準装備してもらうことができます。それができれば、入札時も、あらゆる企業が
当社塗料を標準装備してくれた車やトラックを応札してくれるようになるので、当社は無用な価格競争をする必要がなくなるという、一石三鳥とも呼べる方策なのです。

塗料を塗布した製品の納入という、「モノ売り」から「コト売り」への転換の実験はすでに始めています。委託会社にお願いして、年間数台分の車両向け塗料の製作を実現し、取引先から高い評価をいただいています。しかし、遠隔地にある委託会社への技術指導には困難が伴います。これを自社工場にできれば、年間100台まで製作できることが確実に見えていて、今回の資金調達に踏み切ったのです。取引先からも高い期待が寄せられていて、2年後には黒字経営に戻せる青写真がはっきり見えているため、何としても実現したい資金調達なのです。新規雇用も数名可能と考えています。
 

次回へ続く。

現在新事業である、塗装事業のファンドを募集中です。グローバルニッチトップを目指す本事業へ応援をお願い致します。

/data/blog/archive/original/50727.jpg

この記事だけを表示

お知らせ2020年12月2日 18:39

【近況報告】自社工場建設で黒字安定経営目指す②

先日オンラインセミナーが中止となったKFアテインの川又社長に、電話で近況を伺いました。5回シリーズで最新情報をお届け致しますが、本日2回目の情報をお届け致します。

 

さらなる成長実現するための壁とは

お客様である散布車や除雪トラックメーカーの方々からは、値下げ要求がありますが、
当社の商品「雪王」も「鉄王」も高品質なため、安易には応じていません。そこで、ネックになってくるのが、こうした商品の購入の舞台となることが多い入札制度なのです。
 
入札は通常、価格が安いところが受注してしまいます。メーカーは、当社の塗料を使った
車やトラックを出したいと考えても、ライバル社が同業他社の割安な塗料を使って応札する可能性があるので、当社の塗料を安心して使って応札できないと言うのです。
 
また、こんな悩みもあります。せっかく高品質の塗料を作っても、塗り方がうまくないため、
塗料が高い性能を発揮することができないことがあるのです。「塗料は塗って固まって初めて商品」と言われる所以です。

次回へ続く。

現在新事業である、塗装事業のファンドを募集中です。グローバルニッチトップを目指す本事業へ応援をお願い致します。

/data/blog/archive/original/50727.jpg

この記事だけを表示

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.