ファンド詳細

運用中 LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1

Financial Access for All

一口金額31,500円 募集総額51,000,000円
事業者名合同会社quarante 参加人数 462人
地域海外 ミャンマー 分野ファイナンス
募集期間2019年3月31日~
2019年6月30日
シリーズマイクロファイナンス
特典
・現地スタディツアー
顧客の生活・ビジネスの様子、スタッフが働く姿を現地で実際にご覧いただけます。
※航空費、宿泊費、移動費、食費等、ツアーにかかる費用は匿名組合員のご負担となります。また、開催時期は未定です。

・モニタリングレポート
MJIの財務状況の報告とMJIの顧客やスタッフの紹介がついた電子レポートをご覧いただけます(認定NPO法人Living in Peace作成)。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1
営業者 合同会社quarante
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 51,000,000円 (1,700口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 31,500円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,500円)
(上限口数:100口)
募集受付期間 2019年3月31日〜2019年6月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
※募集期間終了前であっても、営業者又は取扱者の判断により、本匿名組合契約の募集を終了する場合があります。募集期間中に申込額が出資金募集最大総額に達しなかった場合には、残額を出資金募集最大総額として、第2次募集を別途行うことがあります。
会計期間 2019年8月23日~2022年8月7日
契約期間 本匿名組合契約成立日〜本匿名組合契約に基づく分配金の支払いが完了した日
決算日 第1回 2020年8月22日 報告日: 2020年10月21日 分配日: 2020年11月20日
第2回 2021年8月22日 報告日: 2021年10月21日 分配日: 2021年11月20日
第3回 2022年8月7日 報告日: 2022年10月6日 分配日: 2022年11月5日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。

(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

※本ファンドは、法令上の理由によりクレジットカード決済はご利用いただけません。(2019/4/19追記)

LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1の締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における本匿名組合事業に係る損益に基づいて行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業に係る損益によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配が行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 為替リスク
本匿名組合契約においては、申込者に円建てでご出資していただきますが、本匿名組合事業に係る営業者とMJIとの間の貸付及び返済は、外貨(ミャンマーチャット)建てで行われるため、為替レートの変動により損失が生じるおそれがあります。具体的には、貸付期間中にチャット/円の為替レートがチャット安円高になった場合には、本匿名組合事業が計画どおり実施された場合でも損失が生じるおそれがあります。政府や中央銀行の金融政策・為替政策の変更により、為替レートが大きく変動する可能性があります。

5. 営業者の信用リスク
営業者は募集開始日の直前期における決算書上、債務超過ではなく、本匿名組合事業以外の事業をしていないことから、一般的には営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等は極めて低いものですが、今後の事業の状況如何によって、もしこれらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業において利益が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

6. MJIの信用リスク
本匿名組合事業に係る貸付資金を用いて、ミャンマーにおいてマイクロファイナンス事業を行い、営業者に対する返済を行うMJIが、経営不振、支払不能又は破産等に陥り事業の存続が困難な事態となった場合には、本貸付の返済を期日どおりに行うことができず、匿名組合利益の分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。MJIについては、外国の法令、諸制度、市場慣行等が適用されるため、日本の法令、諸制度、市場慣行等に存在しない事由又は日本において一般に破産等とは考えられていない事由が破産等と認定される可能性があります。

7. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

8. 代表者の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、代表者に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、MJIから営業者への弁済が滞った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及びMJIの事業計画の規模が縮小するリスクがあります。

11. 事実の調査に関するリスク
取扱者及びLIPが行う事実の調査は、取扱者及びLIPの独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者又はMJIへの質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査を誤るリスクがあります。なお、本匿名組合契約にかかる事実の調査のうち、MJIに関する調査等を含むその一部は、営業者、取扱者およびLIPの三者で別途締結した業務委託契約書に基づき、LIPが担っております。また、事実の調査に基づく取扱者のファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

12. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

13. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、ミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁より、本貸付を実行すること及び本貸付の資金の使用について承認が必要となります。また、これ以外にも関連する許認可等が必要となる可能性があります。営業者及びMJIが既に必要な許認可等を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可等が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

14. 訴訟等に関するリスク
営業者又はMJIの事業活動において、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては本匿名組合事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者又はMJIの社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、MJIが2019年12月31日までに、ミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁より、本貸付を実行することについての承認が下りない場合若しくは本貸付が実行されない場合、又は営業者がMJIに送金した後、MJIが2020年3月31日までに、ミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁より、営業者からMJIに対して行った本貸付の資金の使用について承認が下りない場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。ただし、出資金が既にミャンマーに送金され、ミャンマーチャットに変換されていた場合、出資金返還に際して、為替の変動の影響を受けるため、申込者に為替差損又は為替差益が発生する可能性があります。

16. ミャンマー特有のリスク
(1) カントリーリスク
ミャンマーの国情の変化(政治、経済、取引規制等)や内戦、洪水やサイクロン、地震や津波等の自然災害や疫病、また、近隣諸国との係争や関係次第では戦乱の可能性があり、そうした影響により、MJIの事業が計画通りに進まず、営業者への支払いが遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないおそれがあります。

(2) 送金リスク
営業者からMJIへの貸付契約に基づく支払利息の支払い及び元本の返済に関して、関連する認可の遅延若しくは認可拒否、又は取引決済手続きに影響を及ぼす政府介入により、悪影響を受ける可能性があります。また、今後、政治的経済的課題の変化により、もしくは国家利益のために、将来、外国通貨の日本への送金についての規制が行われないという保証はありません。

(3) 法制度が変更されるリスク
今後、本匿名組合事業に関係するミャンマーの法制度又は行政的取扱の変更が行われる可能性があり、これにより、本匿名組合事業が悪影響を受ける可能性があります。

(4) 税制が変更されるリスク
税務当局の裁量によっては現在前提としているとおりの税務上の取扱がなされない可能性があります。契約締結時に前提としている現行の国税及び地方税制(税率)並びに関連する諸制度等(通達などを含みます)の運用等が変更された場合には当初予想とおりの投資効果が得られないおそれがあります。なお、現在、日本とミャンマー間においては、租税条約が結ばれていないため、二重で源泉税徴収が行われます。

事業計画

営業者及びMJIの今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者、MJI及び取扱者は、事業計画を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額及び出資金の返還を保証するものでもありません。

(1) 事業計画について
【営業者】
営業者は、本ファンドの出資金募集最大総額を上限として、以下の条件でMJIへの貸付を行います。なお営業者は、MJIを通じて、ミャンマーにおける金融包摂やソーシャルインパクトに寄与すべく、MJIのために今後3年以内に本ファンドを含め、300万ドル程度の資金調達をする計画です。
・金額:51,000,000円(最大)
・利率:13%/年
・融資期間:3年(本貸付の融資期間は3年ですが、本ファンドの会計期間は本貸付のMJIへの着金後、資金の使用に関する承認をミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁から得た日からとなります。そのため、ファンドの会計期間が3年に満たない可能性がありますのでご留意下さい。
・通貨:MMK
 
【MJI】
MJIの今後の事業計画は以下のとおりです。本匿名組合事業において、MJIから営業者へ返済すべき金額は、MJIの事業計画の達成度如何によって影響を受けるものではありませんが、実績が事業計画を著しく下回った場合には、MJIが営業者への返済を予定通り行えない可能性があります。

/data/fund/4884/MJI事業計画.jpg


(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
MJIは設立6年目の会社です。創業以来マイクロファイナンス業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。本匿名組合事業において、MJIから営業者へ返済すべき金額は、MJIの事業計画の達成度如何によって影響を受けるものではありませんが、実績が事業計画を著しく下回った場合には、MJIが営業者への返済を予定通り行えない可能性があります。
 
a. 資金調達
今後、海外の株主の出資金額を増やす予定である他、2019年4月には預金ライセンス申請の権利を取得する見込みであり、2019年中には顧客からの預貯金による資金調達が見込めます。また、現在、金融機関からの借入はありませんが、今後、取引を行うことは可能な状況です。
 
b. 顧客獲得
マイクロファイナンスの浸透率が低く、競合が少ない農村部に注力します。営業者は、同業他社に比べて農村部でのノウハウを持っており、優位性を発揮できます。
 

分配計算式

営業者は、本匿名組合事業により会計期間中に生じた収益及び費用から損益を算定し、利益が出た場合には出資口数に応じて匿名組合員に分配します。なお、本匿名組合出資金は、営業者からMJIへ送金する際に日本円からMMKへ変換され、会計期間中はMMK建てで運用され、MJIから営業者に返済が行われる際に、MMKから日本円に変換されます。
 
・(本匿名組合事業の収益(※1)-本匿名組合事業の費用(※2)

(※1) 本貸付の支払い利息等
(※2) 取扱者およびLIPへの委託手数料や営業者の手数料、租税公課等
 
損失が発生した場合には、匿名組合員は、出資金の金額を上限として、出資口数に応じた額を負担します。また、営業者がMJIから出資金を原資とする貸付契約の元本を受領した場合には、出資金の返還として、匿名組合員に対して、損益の分配に合算して分配するものとします。
 

金銭による分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。本シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の収益や為替レートの変動等に応じた分配金額を予想することにあります。匿名組合員に対し、利益の分配や元本の返済を保証するものではありません。
なお、匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記分配計算式に記載の方法により計算されます。

(1)分配金額のシミュレーション
本匿名組合事業において、営業者はMJI に対して年利13%の条件で貸付を行う予定です。MJIから営業者へ返済すべき金額にはミャンマーにおける源泉徴収税15%がかかります。返済額は、MJIの事業計画の達成度如何によって影響を受けるものではありませんが、MJIの業績如何では本貸付債権が予定通り返済されず債務不履行となる場合があります。匿名組合員への分配がマイナスとなる場合は、最終分配時に元本から差し引かれます。
 
【条件】
・本匿名組合事業の支払利息等の収益は本貸付元本の13%/年
・ミャンマーにおける源泉徴収税率は15%
・本匿名組合事業におけるその他利益及びその他費用は0円
・取扱者・LIP・営業者の手数料:本貸付の元本の4.675%/年
・日本国内でかかる源泉徴収税率20.42%
・為替レートの変動なし

/data/fund/4884/計算式.jpg


(注1)営業者はMJIに対して、年利13%の条件で貸付をする予定ですが、ミャンマー国内での規制環境の変化等により、利率が変更となる場合があります。上記シミュレーションは、会計期間1年間に予定している収益および費用を元にしたシミュレーションで、実際には3回の分配が行わる予定です。
(注2)本シミュレーションでは、その他の費用を0円と仮定していますが、その他費用が発生した場合には、匿名組合員への分配は減少します。

(2)分配予定表
次の条件で3回の分配及び元本の返済が予定通り行われ、為替レートの変動が一切なかったと仮定した場合の分配予定表は以下の通りです。
 
【条件】
・本匿名組合事業の支払利息等の収益は本貸付元本の13%/年
・ミャンマーにおける源泉徴収税率は15%
・本匿名組合事業におけるその他利益及びその他費用は0円
・取扱者・LIP・営業者の手数料:本貸付の元本の4.675%/年
・日本国内でかかる源泉徴収税率20.42%
・為替レートの変動なし
・本貸付の資金の使用について、ミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁の承認に要した期間が3ヶ月

/data/fund/4884/シミュレーション表_合同会社quarante.png

(注1)上記のシミュレーション表は、本貸付の着金後、資金の使用について、ミャンマーの中央銀行及びミャンマー金融規制監督官庁等の規制監督官庁の承認に3ヶ月要した場合のものです。したがって第3回分配の1口分配金額中、損益の分配にかかる計算期間は9ヶ月であることにご留意下さい。承認に要した期間によって、第3回分配の1口分配金額は変動します。
 (注2)第3回分配日における「1口分配金額」は、分配が会計期間開始から3年後に分配が行われた場合の金額になります。MJIから営業者への完済が遅延した場合は、分配金額が変動する可能性があります。
(注3)本ファンドの募集開始時点では、MJIが営業者へ支払う利息に対してミャンマー国内でかかる源泉徴収税率は15%、営業者が匿名組合員へ払う分配金に対して日本国内でかかる源泉徴収税率20.42%(復興特別所得税0.42%を含みます。)となっています。また、現在日本とミャンマー間においては、租税条約が結ばれていないため、二重で源泉税徴収が行われます。将来、税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
(注4) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
   匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円

 
(3)為替の変動による元本のシミュレーション
本貸付はミャンマーチャット(MMK)建てで行われるため、本貸付の返済が予定通り行われた場合でも、分配金額は、為替レートの変動等により、大きく変動します。以下のシミュレーションは、本ファンドの1口金額の為替レートの変動による元本金額の推移を示したものです。本ファンドは、3回の分配を予定しておりますが、元本の返済は3回目に一括で行うことを予定しており、3回目の分配時の為替レートが償還率に与える影響が最も大きいことにご留意ください。

/data/fund/4884/シミュレーション表.jpg

※ 上記シミュレーションは、送金時の為替レートが1JPN=14MMKと仮定し、最終分配時の為替レートが15%チャット高円安の場合にはそれだけで元本30,000円が35,294円に増加し、15%チャット安円高の場合にはそれだけで元本30,000円が26,087円に減少することを示しています。
※ 上記シミュレーションは元本の額の変動を示しており、上記分配計算式に定める分配金については含めていません。
 

過去実績等

(1) 過去の実績について
【営業者】
営業者は、設立2期目の会社であり、過去1期間の税務申告書の決算書上、前期は売上はなく当期純損失を計上しております。また、前期は債務超過の状態ではなく、募集開始日現在、借入金はありますが、本匿名組合計画の会計期間中には元利金の返済は発生しない契約となっております。
 
【MJI】
MJIは過去3期間の決算書上、売上高は過去3年間増加傾向で、主に貸出残高に比例して伸びています。3期前及び2期前は営業損失及び当期純損失、前期は営業利益及び当期純利益を計上しております。また、過去3期間は債務超過の状態ではなく、募集開始日現在借入金はありません。

/data/fund/4884/MJI.jpg

(2) 今後の事業計画について
MJIが、本匿名組合契約の事業計画を達成するためには、(a)資金調達及び、(b)顧客獲得を行う必要があります。
この点、MJIは(a)顧客からの預貯金による資金調達の他、金融機関からの新規借入による資金調達も見込めます。また、(b)今後はマイクロファイナンスの浸透率が低く、競合が少ない農村部に注力します。
 
  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
/data/fund/4884/scheme_mji3.jpg
1 募集受付期間 2019年3月31日~2019年6月30日
2 会計期間 2019年8月23日~2022年8月7日
3 契約期間 本匿名組合契約成立日〜本匿名組合契約に基づく分配金の支払いが完了した日
4 決算日 第1回 2020年8月22日 報告日: 2020年10月21日 分配日: 2020年11月20日
第2回 2021年8月22日 報告日: 2021年10月21日 分配日: 2021年11月20日
第3回 2022年8月7日 報告日: 2022年10月6日 分配日: 2022年11月5日
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合事業を行う営業者およびMJIの概要は、次のとおりです(2019年2月28日現在)。 
 
【営業者】
営業者は、MJIの親会社であり、2019年2月28日時点において、MJIの発行済み株式総数の78%を保有しています。営業者は、MJIの株式を保有している他、特定の事業活動は行っておりません。

/data/fund/4884/営業者の概要q.jpg

【MJI】
MJIは、営業者の子会社であり、本匿名組合事業に係る貸付資金を用いて、ミャンマーにおいてマイクロファイナンス事業を行い、営業者に対する返済を行います。MJIを本匿名組合契約の営業者とせずに、このようなスキームを採用する理由は、ミャンマーの法令等により、MJIが日本法上の匿名組合契約の営業者になることが困難であるためです。
/data/fund/4884/MJI営業者概要.jpg


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2019年2月28日現在)
/data/fund/4884/取扱者の概要2.jpg


【協力者】
本匿名組合契約の営業者の広報や財務状況のモニタリングレポートの作成、並びに投資家特典の企画・実施等を委託する、協力者である特定非営利活動法人Living in Peaceの概要は、次のとおりです。(2019年2月28日現在)
/data/fund/4884/lip_mji (2).jpg
 
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の損益を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • LIPミャンマーMJI貧困削減ファンド1
 
ミャンマーには、適正な金融サービスにアクセスできないために貧困に陥り、ビジネス機会や就学の機会が奪われている人々が大勢います。

ミャンマーのマイクロファイナンス機関「MJI ENTERPRISE Co., Ltd.(以下、MJI)」は、こうした人々に対して、小規模事業への融資や金融教育等を実施し、顧客の貧困スパイラルからの脱却を支援します。経営するのは日本人女性の加藤侑子氏です。

本ファンドの営業者は、MJIの親会社である合同会社quarante(代表社員はMJI代表と同じ加藤氏。以下、quarante)です。皆様から出資いただいた資金は、quaranteを通じてすべてMJIに貸し付けられ、MJIはその資金をマイクロファイナンスの貸付原資として活用することになります。

現地の様子が感じられるモニタリングレポートやスタディツアーといった特典の他、5月18日(土)にMJI代表の加藤氏とともに、どなたでも参加できるファンド説明会を行います。
金融サービスへのアクセスを通じて、ミャンマーで生活する人々の可能性を拡げる「最初の一歩」を是非応援してください。

マイクロファイナンスとは

マイクロファイナンスとは「マイクロ(=とても小さな)ファイナンス(=金融)」とは、文字通り顧客に対して小さな規模で提供される金融サービスを意味し、貸付、保険、貯蓄、送金等の様々なサービスの総称です。
 
多くの発展途上国において、貧困層の人びとは、自分の事業に必要な少しのお金を得るために、一般の銀行からお金を借りることができず、非合法な高利貸しに頼ることしかできない状況でした。こういった貧困層に、マイクロファイナンスサービスを提供している機関をマイクロファイナンス機関といいます。

ミャンマーのマイクロファイナンス機関「MJI」

ミャンマーってどんな国?ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)は、東南アジアにある国で、国土面積は日本の約1.8倍(68万/ km2)、人口は5,185万人(2015年)です。主食はお米(インディカ米)で、多くの人が民族ごとに異なる民族衣装を着て生活しています。

/data/fund/4884/ミャンマー地図760.jpg

/data/fund/4884/ミャンマー風景1.jpg /data/fund/4884/ミャンマー風景2.jpg
首都ヤンゴンから1時間も走ると、田んぼだらけの風景が広がります。

一方で、貧困率は6.36%です。東アジア・大洋州地域全体の2.32%と比較しても約2.7倍の水準となっており、多くの課題があります。
※出所:世界銀行 オンライン貧困データ分析ツールPovcalNet。貧困率は「1日1.90ドル未満で生活する人の、人口に占める割合」で定義。


/data/fund/4884/浸水1.jpg
/data/fund/4884/浸水2.jpg
雨季のヤンゴン郊外。現地では普通の光景だが衛生面や収入面で問題も…。

ミャンマーでは、会社勤めではなく、家庭ごとに商売を営むことがほとんどです。自分で商品を仕入れ販売することで収入を得ますが、最初のステップとなる仕入れ費用や生産設備費用の調達手段が限られ、適切な金融サービスにアクセスできないため、困窮する家庭が多いのが現状です。
 
ミャンマーの一般家庭における資金調達としては、下記の手段があります。
1.インフォーマルセクターからの借入…金利が50~200%に及び、生活を食いつぶす額の利息を払い続けることになり得る。 
2.商業銀行からの融資…拠点が都市にあるため、農村からのアクセスが物理的に困難。また教育機会の限られた農村住民にとって、契約に関する説明が難しく心理的ハードルも高い。 

上記以外に、マイクロファイナンス機関からの融資という方法により、資金調達手段が限られていた現地の方々にビジネスを通して自立する支援を行うことが可能となります。皆様から出資いただく資金は、quaranteを通して、農村地域に適切な金利で融資を行うマイクロファイナンス機関MJIの貸付原資となります。
 
マイクロファイナンス機関「MJI」とはMJIは設立6年目のマイクロファイナンス機関で、ミャンマー国内に7つの支店と、13,000名弱の顧客を有しています。
 
ミャンマーの金融機関でありながら日本人女性が代表を務める稀有な機関です。加えて、他マイクロファイナンス機関で14年のマネージャー経験等を持つZaw氏を含む70名のスタッフで運営されています。
 
MJIは、マイクロファイナンスサービスにアクセス出来ない人たちのために支店を増やし、業種ごとの特殊な資金ニーズに応えることで、ミャンマーの人たちの選択肢を拡げようと日々活動しています。

/data/fund/4884/センターMTG1.jpg
融資の回収や追加融資を行うセンターミーティングは、顧客の家で行われます。
写真の家にはなんと約100名の顧客が集まっています。

/data/fund/4884/センターMTG2.jpg

また、金融サービスの提供の他に、「情報」を届けることを非常に重視しています。

現地の人たちは、情報にアクセスできないためにビジネス競争力が持てず、長期的な視点で教育にお金をかけるロールモデルに出会えない状況にあります。そのためMJIのセンターミーティングでは、3か月に一度「Mango!」という名前のフリーペーパーを配布し、MJI顧客のビジネス成功事例の共有、多重債務の危険性の啓発、子どもに教育を受けさせたことが家計にもプラスになった事例紹介等を行うことを通して、現地の人たちに情報を提供しています。


/data/fund/4884/Mango.jpg

MJI代表の加藤侑子氏は自身の経験から、「貧困に陥ると将来への選択肢がなくなったように感じ、やる気が湧かなくなる」と言います。多くの人たちが自分の努力や勉強によって将来に夢を持つことができる社会を築くため、MJIはミャンマーで金融と情報へのアクセスを拡げていきます。

/data/fund/4884/加藤さんと子供たち.jpg
MJIならびにquarante代表の加藤侑子氏


MJI顧客ストーリーMJIからの融資で、将来の見通しが明るく変わった事例を紹介します。
 
リン・リン・トウェインさん(28歳)は幼少期から、きれいなドレスを着た女性を見る度憧れていましたが、家が貧しくアクセサリーやきれいな服を買うことは叶いませんでした。

その後も、巨大サイクロンによる甚大な被害で高校進学を断念、就職後授かった男の子の体が弱かったことから、平均医療費支出の5~7倍の医療費が毎月かかり(※1)困窮した生活を続けます。
 
それでも現状にめげず、働いていた時の貯金で、一念発起してコスメ製品のお店を開業しようとします。しかし、仕入費用が多額と知り、途方に暮れていた時に出会ったのがMJIでした。

/data/fund/4884/トウェインさんインタビュー.jpg
インタビューに応じるトウェインさん

トウェインさんはMJIから150,000チャット(町の最低収入の75%にあたる額)を借りることができ、コスメ製品の仕入れやショーケースの購入に充てることができました。「美しいもの」という彼女の目指していたコンセプトは、町の女性の心を掴みました。

きれいな陳列や、顧客の心を掴むためのマーケットリサーチ等を積み重ねると、売り上げがついてきました。最初に借り入れた150,000ミャンマーチャットは完済、その後少しずつ増やした借入を都度完済して、現在は1,000,000ミャンマーチャットを借り事業を運営しています。(※2)
 
トウェインさんは、彼女のお店での買い物を通じて「美しくなることを楽しんでもらいたい」と言います。そのサービス精神がビジネスの成功と結びついているようです。
 
彼女は最後に「今の私の新しい夢は息子の教育をサポートしていくこと。そのためにもっともっとビジネスを大きくし今より多くの収入を得られるように頑張りたい」と語ってくれました。
 
このようにMJIによる融資は、顧客が人生で取り得る選択肢を拡げています。
 
※1.トウェインさんが住むトンテイ町の平均医療費支出4,000ミャンマーチャットに対し、20,000~30,000ミャンマーチャットの医療費がかかっていた。
※2.MJIは過剰な貸出を予防するため、返済実績を踏まえて徐々に貸出上限を上げるようにしている。1,000,000ミャンマーチャットは優良事業者にのみ適用される融資額である。

 

マイクロファイナンス貧困削減投資ファンドについて

これまでの実績と認定NPO法人Living in Peace(以下LIP)による調査やモニタリングミュージックセキュリティーズとLIP(※)は共同で、2009年に「マイクロファイナンス貧困削減投資ファンド『カンボジアONE』」を立ち上げて以来これまでに、カンボジア、ベトナムに14本のファンドを組成し、約2億4,000万円の資金を現地のマイクロファイナンス機関に届けてきました。
 
(※)参考URL
認定NPO法人Living in peace
認定NPO法人Living in peace マイクロファイナンスプロジェクト

本ファンドでは、皆様から、MJIの親会社であるquaranteに出資いただき、quaranteは出資金全額を子会社であるMJIに貸し付けます。その後、MJIからquaranteに支払われる利息等から、手数料等を差し引いた金額が皆様に分配される仕組みになります。
ミャンマーの法令等により、MJIが日本法上の匿名組合契約の営業者になることが困難であるため、この仕組みを採用しています。

そして認定NPO法人Living in peaceがMJIのモニタリングを行い、現地レポートをお届けします。
LIPによるMJI調査レポートはこちら

【LIPからのメッセージ】
2009年にLIPとミュージックセキュリティーズ共同で、初となるマイクロファイナンス貧困削減投資ファンドを募集してから10年、今回LIP初となるミャンマーでのファンドをお知らせできたことを嬉しく思います。
MJIのCEO加藤さんは「すべての人にチャンスを」というLIPの理念を共有できる方です。一人でも多くの日本の方に、加藤さんの活躍を知っていただきたいと思います。

/data/fund/4884/scheme_mji3.jpg
 


現地を体感出来るファンド特典今回、皆様にもマイクロファイナンスプロジェクトに参加いただけるような特典を用意しました。

●現地スタディツアー
顧客の生活・ビジネスの様子、スタッフが働く姿を現地で実際にご覧いただけます。
マイクロファイナンスの最前線で「生の声」を感じることができるツアーです。
※    航空費、宿泊費、移動費、食費等、ツアーにかかる費用は匿名組合員のご負担となります。また、開催時期は未定です。

●モニタリングレポート
MJIの財務状況の報告とMJIの顧客やスタッフの紹介がついた電子レポートをご覧いただけます(認定NPO法人Living in Peace作成)。

これまでのマイクロファイナンス貧困削減投資ファンド投資家の声「貧困から、寄付ではない自立の支援、ぜひ頑張っていただきたいと思います。」
「初めてマイクロファイナンスに投資します。役に立てるよう期待しています。」
 
特典の現地スタディツアー(カンボジア)に参加した方の声
「不安な気持ちを抱えながらも、お金を借りビジネスを成功させようとする借り手の方々の向上心に心を打たれました。」
「貧困問題はすぐに解決できるものではないですが、マイクロファイナンスは解決の手段になり得ると感じました。」

リスクについて本ファンドには為替リスク等があります。
出資をご検討される際にはそれらのリスクをご確認の上、事業に共感いただける方から出資をいただけますと幸いです。
 
一般的に、投資対象国の収支状況や政治情勢等によって、通貨の価値が変動します。
ミャンマーの通貨「チャット」は、ペッグ制を廃止した2012年4月以降、1チャット8.42165~14.45938円と上下約35%の変動がありました。
本ファンドでは、ミャンマーチャット等の変動が、皆様が受け取る分配金に影響します。
 
※その他のリスクについては、出資をご検討される際にご覧頂く、「ファンド情報 リスク」をご覧ください。
 

お申込みいただく際はたった4ステップ、すべてWEBで完結します。
皆様からの応援をお待ちしています。

営業者紹介

合同会社quarante
日本に本社のある、マイクロファイナンス機関MJIの親会社です。MJIの株式を保有している他、特定の事業活動は行っていません。

MJI ENTERPRISE Co., Ltd.営業者であるquaranteの子会社で、ミャンマーにおけるマイクロファイナンス事業を行います。
スタッフが現地を訪問して生活水準や事業実態を調査し、収入額が返済額を上回っていることなどを条件に融資を実行します。融資前の金利・返済方法についてのトレーニング(全4回)や、過剰債務を防ぐため金額を段階的に引き上げる融資など、顧客保護の取り組みに特徴があるマイクロファイナンス機関です。またフリーペーパー「Mango!」の配布など、情報へのアクセスを非常に重視しています。
 
[ミッション]
  • 私たちは金融アクセスのないミャンマーの人々の需要を掘り起こし、ローカルのライフスタイルに適合する金融サービスを提供します。
  • 私たちは、金融サービスの提供を通じ、子どもたちや困窮する人々が出来るだけ多くの機会を得られるように専心すると同時に、投資家の利益に貢献します。

代表者紹介

合同会社quarante代表社員/MJI ENTERPRISE Co., Ltd.取締役 兼 CEO
加藤 侑子(かとう ゆうこ)
/data/fund/4884/加藤さん顔写真.jpg

金融関連企業および海外リサーチ企業勤務を経験。
2013年のMJI設立時よりミャンマー現地で業務に従事し、2015年にマイクロファイナンス事業の立ち上げに成功。
以来、現在に至るまで一貫して当該事業の経営に携わっています。

ファンド対象事業内容

営業者が、本匿名組合契約に係る出資金をもとに、営業者の子会社であるMJI ENTERPRISE Co., Ltd.に対して貸付を行う事業です。
なお、MJIは、当該貸付資金を用いて、ミャンマー連邦共和国においてマイクロファイナンス事業を行います。

事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「ファンド情報 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
【営業者】
/data/fund/4884/資金使途1.jpg

【MJI】
/data/fund/4884/資金使途2.jpg

投資家特典

●現地スタディツアー
顧客の生活・ビジネスの様子、スタッフが働く姿を現地で実際にご覧いただけます。
※航空費、宿泊費、移動費、食費等、ツアーにかかる費用は匿名組合員のご負担となります。また、開催時期は未定です。
●モニタリングレポート
MJIの財務状況の報告とMJIの顧客やスタッフの紹介がついた電子レポートをご覧いただけます(認定NPO法人Living in Peace作成)。
(注1) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2019年6月23日 09:00フィールド調査日記4

ミャンマーからおはようございます。
MJIの加藤です。

日曜の朝、みなさまいかがおすごしでしょうか。
引続きフィールド調査日記、今日は3日目午後のようすをお送りさせて頂きます。

フィールド調査日記 3日目午前のあらすじ〜
昨日訪問した村長さんの紹介で、地元で有名なお菓子作りの現場を訪問。
自然が余すことなく使われる仕事と優しい味に、みんなでこれからの成長を期待してお別れ。
その後、役所の手続きはスムーズに進むも、入国管理局で難航。
街のコピー屋さんで書類を作り手続きが終わる頃には、もう正午間近。
入管の係員さんが教えてくれた地元の隠れた名店でランチタイム。絶品料理で気合いを(お腹に)入れていざ調査へ。
 



13:00
最初の調査エリアに到着。ここは手織り物で有名な村です。
日本の写真家さんが毎年訪れてパゴダへの寄付や住民へのサポートをしてくれてるんだ、と笑顔の村長さん。
奥様が、箱いっぱいの写真と、写真家さんからもらったというお土産の扇子をもってきて思い出話を聞かせてくれます。
日本人に対して良い感情をもって下さっているからか、とても温かく接して頂きました。
​写真家の方にお会いしたことはないですが、その方が日本人として個人として、その道に残して下さった美しい心の花のおかげで、偶然後からその道を歩いたわたしは助けられました。

ミャンマーは親日だ、という考えを楽観的に持ち込むのは気をつけておきたいことです。
ミャンマーでは、さまざまな村に場所に、大戦の名残があります。 
以前訪問した村で、日本人が来たんなら、と村を案内して下さった村長さんがいました。
「これは日本の戦後賠償で作られた電線なんだ」
「あの悲惨な出来事の代償で得たのはこれなんだよ」
スタッフが途中で翻訳を止めたので、言い難い言葉がたくさんあったのでしょう。
わたしに怒るわけでもない。
涙を流すわけでもない。
ただ、とても重い口調で「あんな事はあってはいけない」と話し続けてくれました。

実際にミャンマーの農村で出会ったできごとことです。

わたしの大叔父は戦争でこの国の土を踏んだ1人です。
終戦後、捕虜になり、日本に戻れたのは数年後。生きて戻れただけでも幸運だったのだと思います。
戦争の話はほとんどしなかったそうですが、この話だけ聞いています。
「俺が生き残れたんは空腹を耐えたからや。同胞も地元民も空腹に耐えられへんとその辺にいてる鼠やなんやを食べたんや。それがあかんかった。食べた奴は死んでいった。耐えなあかんかったんや。」
その大叔父もわたしがミャンマーに渡って間もなく、天国に行ってしまいました。
わたしがここに来るのを見届けてくれたような気がしています。

MJIのスタッフもわたしも戦争を体験していない世代です。
そんな世代のわたしたちが、異なる面から戦争をみた人たちから聞いた話は、言葉は違えど、似たような深みの暗さが映っていました。


▲戦後賠償で作られたと言う電線。湖の近い綺麗な村に立たずみ夜は村に光を届ける

話は戻って現代。

この村で作られる織物は人気で、ヤンゴンや近隣都市から買い付けに来るそうです。
しかし後継者不足、機織り従事者が減少。「200〜300のオーダーが入る事はあるけど追いつかないんだ」とのこと。
機織りで得られる収入は出来高制で、どれだけ頑張っても、ミャンマーで定められた最低賃金には至れません。怠けているわけではなくても、こうした現状があります。

▲機織りのようす。

▲織られた生地。出来上がりは硬いが一度洗うと滑らかに。

詳しい経済状況について話が及ぶと、マイクロファイナンスが1社進出していましたが、「難しくて分からないし、怖いから」利用はしていないと2人の親子が現在の生活状況を話してくれました。

ヤンゴン郊外も数年前は同じでした。
「お金借りるってよく分からなくて怖い」
「金利とか難しい言葉が多くて理解できない」
一人一人と向き合って、何度も説明して、説明の方法も幾通りも工夫して。
そこからスタートしたお客さまが今では、500,000〜700,000チャットの借入をして、事業を拡大して、返済できるようになっています。
同じような機会を、この村やこの調査で会った方にもお届けしたいねと、スタッフと移動の途中に話していました。

15:00
2つ目の調査エリアに。
ここでは村長さんに会えず、奥様が対応してくれました。
農業がこの村の主要な事業ですが、毎日仕事がないので住民の生活は楽ではないとのこと。

紹介してもらった31歳の女性。家は恥ずかしいから見せたくないと、村長の家でお話ししました。
噛みタバコ(コン)の葉を摘む仕事は1日3,000チャット。週に数日あれば良い方。
子供が3人いて養育費で生活は苦しい。マイクロファイナンスから300,000チャットと違法な金融業者からはそれ以上を借りている。借金は日毎に増えていく。
夫は国境沿いに出稼ぎに出て1日7,000チャット。安全とかけ離れた労働環境。家に帰れるのは数ヶ月に一度でお金もその時、送金は手数料が高いし使い方もよく分からない。
金利が安いのは分かってる、でもこんな状況でマイクロファイナンスへ定期的に返済をするのは難しい。だから金利は高くても違法な業者から借りている。それにまだ子供が欲しい。
どれも飾らないありのままの言葉でした。

子供が2人一緒にきていました。身なりが随分違うのでスタッフが尋ねたところ、1人は従姉妹。もう1人がずっとぐずっていたのは「この子は草履を履いているのに自分は裸足だから」。

▲親族から子供を預かり1日1,000チャット程の収入に、草履を買ってもらえると聞いて泣き止んだ顔

17:00
今日最後の調査エリアです。
ここも村長さんが不在で、奥様が対応してくれました。
以前は田舎の村に行くと、村長さんいるにはいるが外出中。電話もなく村中うろうろ探し回ることがありましたが、最近は爆発的に伸びた携帯電話普及率のおかげで大抵会うことができます。
今日は珍しいなと思っていたら、「アメースーの誕生日だからですよ」と奥様。

そうでした、本日はアウンサンスーチーさんのお誕生日。
建国の父ボージョーアウンサン(ボージョーは軍階級)の娘であり民主化のリーダー。
何か指示や命令が出ているわけではないが、この日は村長の役所の人が集まりお祝いをします。直接お祝いに駆けつけるわけではなく、お祝いをして、植樹をしたり、催した事を記録するそうです。

▲街に飾られているお祝いの看板。

19:00
調査は無事終了。すっかり暗くなりました。
でも、今日はこれからもうひとつ大事な約束があります。

調査に来た街にスタッフの実家があるとのこと。「その街に行くならよってよー!」と夕食にお招き頂きました。

彼女は支店スタッフとしてMJIに入社。支店の会計担当として真面目で確実な仕事と明るい性格がとても評判でした。
その後、本店の会計担当の募集があったときに立候補。今は本店会計チームの右腕として活躍してくれています。

ミャンマーは家族のつながりを非常に大事にする国。
親御さんからすれば、遠い実家から離れて頻繁に会えない娘息子が、どんなところでどんな人と働いているか不安もあるでしょう。
スタッフのご家族に会い、彼ら彼女たちのルーツを知ることは、長く一緒に働く上で、お互いを知る貴重な機会です。
スタッフマネジメントは色々な方法があると思いますが、今はこういう家族的な繋がりも、この国とわたしたちにマッチしている気がしています。

数年後のミャンマーはどうなっているのでしょう。
もっと現代的で家族のきずなが薄まっていくのか。
それに伴い、会社の中の人間関係も変わっていくのか。

今のミャンマーが好きで、このままだといいなと思いますが、変わりゆく未来も楽しみです。
数年前マイクロファイナンスを知らなかったお客さまが今はしっかり資金を調達・運用して成長されたように。
しっかりとした絆という土台の上に、ミャンマーの素晴らしさが重なる未来を想像します。



最後までお付き合いをいただきありがとうございました。

移動中はいろいろな思いがたくさん沸き上がり、
削って削って削って…この長さにようやく収まりました。。

来週もみなさまにとってよい1週間となりますよう、パゴダでみなさまのご健勝お祈りしております。


ファンド募集期間が、今日でちょうど残り1週間となります。
是非、ひとりでも多くの方にこの活動を知っていただき、この活動にご参加いただけますと嬉しいです。

引続き、ご支援とご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


MJI Enterprise Co., Ltd.
加藤侑子&スタッフ一同

こんなファンドもあります

Abacoペルーの生産者事業拡大ファンド