ファンド詳細運用中

湖北の恵み 極上にんにくファンド

発売後1か月で約1トンが即完売。完全無農薬栽培の旨み凝縮にんにく

一口金額22,000円 申込状況運用中
地域滋賀県 高島市 参加人数 204人
分野農業・畜産・林業 募集総額5,240,000円
募集期間2016年9月21日~
2016年12月27日
シリーズ
特典
1口につき、「お米農家のよこい特製」投資家限定「高島産黒にんにく・極上近江米2キロ・燻製にんにく醤油」セット(送料・税込6,200円相当)を期間中に1度お届けします。
※新鮮な特典をお送りしたいため、発送時期は2017年9月−11月の間を予定しております。その時期に、獲れたての新鮮近江米と作りたての黒にんにく、製造したての燻製にんにく醤油をお送りします。詳細につきましては別途ご連絡致します。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 湖北の恵み 極上にんにくファンド
営業者 横井貴志
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 5,240,000円 (262口)
出資金募集最低総額 20,000円
申込単位(1口あたり) 22,000円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料2,000円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2016年9月21日〜2016年12月27日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2016年11月1日~2018年10月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2017年10月31日
第2回 2018年10月31日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
47,636,364円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナース

湖北の恵み 極上にんにくファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 生産リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、生産過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で生産する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。 

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、法人ではなく横井貴志氏による個人事業であるという点からも、事業の経営者である横井貴志氏およびその従業員への依存度が高く、同人らに不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りが悪化するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化するリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

13. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

14. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

15. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

16. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

18. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

19. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2017年12月末までに本匿名組合契約にて購入予定の製造設備を購入できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

20. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。
 

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
 

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/2642/事業計画.jpg


(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は個人事業主であり、14年前に創業されました。創業以来、お米の生産・販売及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. お米の生産・販売 
営業者は従前よりお米の生産を行っており、既に生産に必要な土地、設備、生産技術を有しております。販売先としても、飲食店及び個人向けの販売をおこなっており、今後も販路開拓をすることにより取引を増やして、売上の拡大を図ります。
b.  にんにくの生産・販売
営業者は従前よりにんにくの生産・販売を行っており、既に販路を有しております。
また、昨年より黒にんにくの生産・販売も行っており、生産に必要な土地、設備、生産技術を有しております。販路としても駅マルシェ、道の駅等を見込んでおり、それらの取引を増やすことにより売上の拡大を図ります。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:
リクープ前売上金額(税抜)×11.00%÷262口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)が76,300,000円(税抜)以下の場合):
リクープ売上金額(税抜)×11.00%÷262口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.38%÷262口×1口

・リクープ後(累計売上金額(税抜)が76,300,000円(税抜)を超える場合):
リクープ売上金額(税抜)×11.00%÷262口×1口+(76,300,000円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.38%÷262口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-76,300,000円(税抜))×0.1%÷262口×1口

 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)

/data/fund/2642/分配シミュレーション.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)
お振込手数料
(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 324円 324円
みずほ銀行 324円 324円
三井住友銀行 216円 324円
楽天銀行 51円 51円
ジャパンネット銀行 54円 54円
その他銀行 324円 324円
  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2016年9月21日~2016年12月27日
2 会計期間 2016年11月1日~2018年10月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回 2017年10月31日
第2回 2018年10月31日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2016年8月31日現在)
/data/fund/2642/営業者の概要3.jpg

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2016年8月31日現在)
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 湖北の恵み 極上にんにくファンド
本ファンドの営業者である横井貴志さんは、先代が昭和26年4月から始めた農業を平成14年4月から引き継ぎ平成22年に代表に就任しました。これまで、湖北の地で製法と食味にこだわる農産物の栽培を行ってきました。主品目は高島産の近江米ですが、ここ数年は、糖度の高く無農薬栽培にこだわった白にんにく及び黒にんにくの開発・栽培を続けてきました。数年の研究が実を結び需要は増加、引き合いに答えられていない課題を解決すべく、本ファンドでは増設費及び仕入れ費等を募集します。

ファンド対象事業の魅力


完全無農薬栽培。甘くて美味しく栄養価の高い「湖国の六片種にんにく」横井さんの栽培するにんにくの特徴は、六片種(ろくへんしゅ)である点です。「六片種」とはにんにくのリン片が六片の種類を指す区分です。日本では青森産の高級にんにくが六片種で有名ですが、横井さんは湖北地方の寒暖差のある気候を利用して、青森産に劣らないにんにくを栽培しています。

市場に多く流通しているのは主に海外産の八片種ですが、温暖な地域でも栽培のできる八片種に比べて、六片種は寒暖さのある地域でしか栽培できません。湖北地方の寒暖の厳しさにより、片が少ない分一粒一粒が大きく、味と栄養がたっぷり凝縮されたにんにくが生み出されます。口に入れた途端、優しい香りと凝縮された旨味が口の中に広がります。

また、横井さんは黒ぼく土に牛糞、米ぬかなどの肥料をふんだんに利用した完全有機質の圃場で完全無農薬栽培にこだわっています。
その結果、にんにく特有の臭みも少なく食べやすい口当たりが人気の理由になっており、栄養価が高く食べやすいにんにくに仕上がりました。また、光合成細菌を年に3回散布することにより土壌がふかふかになり、にんにくの根を強くしています。自然由来の肥料にこだわり、身体に優しく栄養価も豊富、しっかり味を楽しんでもらえるにんにくに仕上がっています。

/data/fund/2642/黒ニンニク.JPG

現在、栽培した白にんにくの他に、それを加工した黒にんにくも人気です。熟成発酵することで食べやすく、栄養価も高まります。例えば、ポリフェノールが白にんにくの4倍、 抗酸化作用のあるアリルシステインは11倍、アミノ酸は1.4倍、活性酸素を抑えるSODは4倍、抗酸化力は3倍にもなります。熟成発酵させることで、プルーンやグミのような食感になります。本ファンドの投資家特典では、お米などの他に、この人気商品である黒にんにくをお送りする予定です。是非お楽しみいただければと思います。
 
約1tのにんにくが販売後1ヶ月で完売。機会損失を克服してさらなる売上高増を目指す
昨期、6月に1t弱の収量が上がりにんにくの本格販売を開始しました。個人や飲食店、駅マルシェ、道の駅等で販売を開始し、早々に完売する結果となりました。今期も6月に収穫した分の白にんにくは7月前半には完売し、黒にんにくにも既に多くの引き合いがきています。

一方で、現状生産量が足りず、まとまった数量が必要な規模の飲食店等との取引が進まなかったり、500名以上の個人の取引先のうち、多くの方の要望にお応えできず機会損失が発生しているという課題がありました。これらの引き合いに答えるべく、本ファンドの資金を活用して増設・増産体制を整えていきます。
 
旨さの秘密は湖北の厳しい気候にあり
横井さんのにんにくの美味しさが生まれる理由は湖北地方の気候にあります。栽培しているのは滋賀県高島市。琵琶湖の北西部に位置し、陸地面積約511平方キロメートル、人口 50,547名の(平成28年6月時点。高島市市民生活部より)湖西地域で最大規模を誇る自治体です。

東は琵琶湖に、南西部は比良山地を境に大津市と京都府に、北西部は野坂山地を境に福井県に接しており、古来より京都・奈良の両都と北陸を結ぶ中継点として栄えてきました。(若狭湾で獲れた鯖を小浜から高島、大津を経て京都まで運搬する「鯖街道」が有名です。)

/data/fund/2642/942aafd41550a63c4a1aa9777c4c75cd_m-1024x680.jpg

そして、この北陸地域に接する地理的要素こそが、美味しいにんにくが生まれる理由です。 最大のポイントは、東北地方にも似た気温の低さとそれがもたらす寒暖差にあります。

気温の低さがもたらす指標として積雪量が挙げられます。高島市の位置する湖西地方の最大積雪深は80−100cm、湖東や湖南の多くが10−40cmであることからすると、その深さは一目瞭然、国土交通省所管の豪雪地帯に指定されています。

寒暖さについて言えば、例えば9月の気温では、最高気温が35度のところ最低気温は12度とその気温差は約23度、12月を見ると、最高17度のところ最低気温はマイナス3度に気温差は約20度になります。

寒暖差が生まれる理由は、冬に日本海(若狭湾)から吹きつける冷たい季節風が湖北地方に冷気をもたらすためです。この極端な寒暖差が冬場に育つにんにくの旨味を凝縮させるポイントになっているのです。

/data/fund/2642/Ov8Hg5LlQriTimkB3PEl_kreativgrund_Weizenfeld.jpg

横井さんに就農の経緯や事業への想いをお聞きしました
・お父様の代からお米農家をやられていたと伺いましたが、横井さんご自身は最初から農家を継がれたわけではなかったですね。最初はどのようなお仕事をされていたのですか?

大学を卒業後、ホテルマンを7年やりました。ここでは、おもてなしの心や言葉遣い、礼儀作法、話し方などたくさんの基本を学びました。その後、お誘いを頂いて、外資系の生命保険会社に7年勤務しました。この時の上司が大変厳しく、営業マンのいろはをすべてたたき込まれ今の営業活動にも活かせております。

その後、国内の大手生命保険会社からお誘いをうけ、7年間税理士先生を担当する部門で勤務しました。この時に、経営のノウハウや税務の関係を勉強させて頂き、現在にいたります。

・そのような中で、就農されようと思ったのはどのようなきっかけだったのでしょうか。

直接はタイミングは、父の引退宣言でした。農業にはもともと興味があり、正式に就農する前から、少しずつ手伝ったりはしていました。ちょうどその頃、トレーサビリティ等、作り手と買い手の関係を再検討する動きが社会で言われて始めていた頃で、『食の安心安全』について考えていました。

ある時、お米のお客さんから『横井さんのところのお米は作り手の顔が見えるから安心』と言われたことにすごく感動して、本格的に就農しようと決めました。

 /data/fund/2642/YOSX86781.jpg

・製法にもこだわられていますね。にんにくは完全無農薬で栽培されていますが、 なぜ無農薬栽培にこだわっているのでしょうか?

もともとの就農の動機が「顔が見える関係」でしたから、お客さんに安心してもらえるように安全・安心にこだわるのは自然の成り行きでした。しかし、やってみたら意外と大変(笑)。大きさが揃わなかったり、病気で歩留まりがかなり悪かったり、味が乗らなかったりと四苦八苦でした。

考えたのはもともと湖北地方が持っている特徴を生かした栽培でした。湖北地方の土は黒ぼく土といって土壌の養分が高く、特に根菜などに向いている土壌でした。この土壌を最大限生かすために、研究開発を重ねた牛糞を肥料として使いました。

また、お米栽培の過程で出る米ぬかもこの土壌と相性が良いことが分かり、肥料として活用しました。分量や投下の順序など、少しずつ研究開発を重ねていきました。自分でも学習をする中で、有機質の投入が食物の甘みを増すことも分かったので、数年かけて開発しました。また、植物中の残留濃度が身体に悪いことも勉強したことで、無農薬にこだわるようになりました。

そして、ようやく昨年から商品として出せるクオリティに仕上がりました。まだ満足がいく収量ではないですが、おかげさまで昨年は約1トン弱が完売、今年も6月末から販売を開始した白にんにくは7月上旬には早々に完売するなど、高評価を得てホッとしています。

/data/fund/2642/IMG_20150531_104323.jpg
(ホワイトの六片種にんにく。八片種と比べて片数は少ないですが、サイズが大きいのが特徴です。)

・今後も作付面積を増やされると伺っています。その中で、地元高島の質の良い耕作放棄地を活用されるそうですが、地元湖北に対してはどのような想いを持っておられますか?

湖北地方は滋賀の中でも特殊な気候です。個人的には、野菜・肉・魚・どれをとっても名産地と変わらない旨さがあると思います。一方で、地元にだけ埋もれているものも多くもどかしさもあります。私としては、まずは寒暖差の激しい湖北ならではのにんにくを多くの人に知っていただき、それを契機に湖北地方についても興味を持って頂けたら嬉しいです。

高島も他の地域にもれず農家の高齢化は深刻です。後継がいなくて、毎年のように耕作放棄地が生まれています。自分としてはまずはできることから、ということで作付面積を増やし耕作放棄地の再活用を進めていきたいと思っています。来期以降、数haずつではありますが、作付面積の増加を予定します。また、同時に若い就農希望者の雇用も進めていきたいと思います。ファンドで出資頂いた資金の一部は、雇用のために大切に使わせて頂きます。

・最後に、ファンドの資金を活用して今後やりたいことについてお聞かせください。

やりたいことは3つあります。

1つ目は、動力散布機の導入です。無農薬栽培の一番の問題点は、害虫(土中菌)の駆除です。対策としては、人間のインフルエンザ予防と近い発想で土中に光合成細菌を投入することで、菌同士戦わせ過剰な菌を殺菌する方法をとっております。現状では、エンジンポンプで1畝(幅1m)づづ散布しておりますが、動力散布機を導入することで約15mの幅の散布が可能になり、業務の大幅な効率化につながります。

2つ目は、良質な種の購入です。にんにくの栽培で一番大切なのは、種の選別です。収穫から次の作付けまで約5ヶ月ありますが、この間の種の保管が特に大事なので、個人レベルの設備では管理が難しく、産地の大手種苗会社からの購入が品質の良いにんにくづくりの1歩になるためです。

最後は、「人」です。にんにくは根野菜の中でも特にデリケートで雑草にすぐに負けてしまいます。無農薬での栽培ですので、面積拡大に伴い人でも比例していきます。まさに、栽培期間中は雑草との戦いです。皆様からご出資頂いた資金の一部を人件費として活用させて頂きます。

さらなる売上向上を目指してまいりますので、是非、ご支援頂けますと幸いでございます。

・有難うございました。

営業者紹介

横井 貴志(お米農家のよこい)

1955年 父 横井利夫がお米農家として創業
2000年 息子 貴志が会社に勤めながら兼業農家として就農
2010年 貴志が専業農家として『お米農家のよこい』に名称を変え代表に就任
2012年 友人の勧めにより有機JAS栽培でにんにく生産を始める

代表者紹介

/data/fund/2642/代表.jpg
横井 貴志

昭和48年生まれ。
平成7年3月 大阪商業大学卒業
平成7年4月 地元高島市のホテルに就職
平成15年1月 外資系保険会社に転職
平成22年4月 就農、現在に至る

【応援メッセージ】
滋賀銀行 安曇川支店 支店長 音島敏克さん

横井さんが作られている黒にんにくは、山と里の湖の自然に恵まれた高島市安曇川町泰山寺で栽培されたにんにくを原料としています。この地には、今日では貴重な静かさと清らかさ、そして「人々の純粋さ」があり、小説家司馬遼太郎さんの「街道をゆく」の第1巻第1章も「湖西のみち」から旅が始まります。

そんな豊かな土地で、こだわりのオーガニック栽培、高島市安曇川・泰山寺有数の黒ボク土が、美味しく香り豊かなにんにくを育てました。そんな湖西(こせい)の豊かな自然に育まれた、にんにくとお米は横井さんのお人柄と、滋賀県高島市の地が生み出す賜物だと思います。是非一度お召し上がってみて下さい。

【横井さんの黒にんにくを食べた人の声】

・横井さんの黒にんにくとの出会いは、お料理教室で試食させてもらったのが初めてでした。にんにくなのにフルーツのような味わいが衝撃でした。ウチはワインを好んで飲むことが多いので、クラッカーの上にクリームチーズと一緒に乗せてオードブルとして楽しんでいます。赤ワインも白ワインもどちらとも相性が良いです。にんにく独特の臭いが無いので、もっといろんなアレンジで楽しみたいです。(30代・女性)

・口に入れた途端、優しい香りと甘味の加わった旨みが舌の上で広がったのが衝撃でした。あとは、しつこさが全くなかったので食べやすかったのも驚きでした。横井さんに「翌日に臭いが残らないですよ」と言われて半信半疑でしが、翌朝起きてみたら、実際に残っていなくてびっくりしました笑。(30代・男性)
 

ファンド対象事業内容

営業者が行うすべて農産物(にんにく・お米等)の生産・販売事業及び加工請負事業です。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/2642/資金使途.jpg

投資家特典

1口につき、「お米農家のよこい特製」投資家限定「高島産黒にんにく・極上近江米2キロ・燻製にんにく醤油」セット(送料・税込6,200円相当)を期間中に1度お届けします。黒にんにくは、健康食品なので、朝でも晩でも、どちらかに1粒がおすすめで、食べるにんにく醤油は、冷奴、だし巻卵、焼肉のタレとしての食べ方がおすすめです!

※新鮮な特典をお送りしたいため、発送時期は2017年9月−11月の間を予定しております。その時期に、獲れたての新鮮近江米と作りたての黒にんにく、製造したての燻製にんにく醤油をお送りします。詳細につきましては別途ご連絡致します。

/data/fund/2642/特典.jpg

 
(注1) お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分けてお届けする場合もございます。
(注2) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注3) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注4) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス