ファンド詳細

運用中 大木代吉本店自然郷再生ファンド

一口金額10,500円 募集総額60,000,000円
事業者名合名会社大木代吉本店 参加人数 541人
地域福島県 矢吹町 分野食品製造、酒
募集期間2011年11月30日~
2013年1月31日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
【出資者全員特典】
ファンド期間中、少なくとも1回ずつ、下記の特典を実施します。
・復興後、新蔵にて仕込体験。
・自社田での酒米田植え体験

【条件特典】
・復興を祈願したお酒「自然郷(しぜんごう) 明日の架け橋(仮)」(720ml)
 を出資口数3口以上の出資者を対象に、3口ごとに1本ご送付します。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 大木代吉本店自然郷再生ファンド
営業者 合名会社大木代吉本店
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 30,000,000円(6000口)
申込単位(1口あたり) 5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:300口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2011年11月30日~2013年1月31日
会計期間 2012年8月1日から2022年7月31日(10年)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配方法 分配金は一括して、最終決算日後に支払われます。なお、分配金には劣後特約が付されています。
分配比率 会計期間開始日から0ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(120ヶ月間):売上金額の1.2%
予想リクープ平均月売上金額 20,833,333円(税込)
被災前概算平均月売上金額 22,508,228円(税込)
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、書面又は取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料(および応援金)の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。従って、出資金、出資金取扱手数料(および応援金)が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

大木代吉本店自然郷再生ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が10年に及び、比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク及び債務超過によるリスク

営業者は現在債務超過に陥っており、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性などがあり、これらに該当することとなったような場合には、本匿名組合契約では、分配金額の支払いが、最終の決算後に一括して行われ、それまでの毎年の分配金額は当該支払いの時点まで営業者に留保されているため、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および匿名組合利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産などの法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払いなどは、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払いなどが遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6.販売先の信用リスク

本匿名組合事業にかかる商品の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

7.クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8.営業者の既存事業に係るリスク及び経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9.営業の再開又は継続が予想どおりなされないリスク

被災地の土地に関する行政の対応の遅れや、需要が増加することによる建築資材の調達不足により建物の補修や製造設備の新設・補修が遅れる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。また、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の開始又は継続に必要な最低限の設備費用を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。

10.地域の復興が遅れるリスク

被災前の取引先の廃業、被災地域の復興の遅れ、人口流出や国内外からの訪問者の減少、あるいは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びず、商品の生産・販売が開始されても、売り先が確保できないリスクがあります。また、政治の混乱、政治政策の予期せぬ変更により地域の復興が遅れ、事業の再開、あるいは、継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

11.原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中および海水中に放出された放射性物質により、原料となる水や米等が汚染され入手困難或いは栽培困難になる、あるいは、汚染されているのではないかという過度の懸念のために、商品が売れなくなるリスクがあります。

12.大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、または、天候不順や病害虫の発生などの自然環境に起因するその他の要因により、事業の継続が困難になるリスクがあります。また既に発生した地震・津波による損害・損失その他事業への悪影響についても、未だその把握が十分ではなく、又は客観的に顕在化していない可能性があり、これらの損害・損失その他の悪影響が現状の予測を超え、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

13.被災前の品質が再現できないリスク

津波により製造に必要な独自の技術や機材が流出し、以前の品質が再現できず、顧客が減少するリスクがあります。また、津波や放射能などの影響によって水質および農産物の生育環境が変化し、商品の品質が維持できない、あるいは製造できない状況が生じるリスクがあります。とくに、津波や放射能の影響で原料となる米の品質が低下した場合には、製品の品質を維持できないリスクがあります。

14.暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し営業活動ができないリスクがあります。

15.被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

16.風評被害によるリスク

伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17.資金繰りが悪化するリスク

借入れに対する金融機関からの返済条件の変更、あるいは今後事業を継続するうえで借入れが必要となった際の追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。また、被災地域での二重ローン問題等金融および資金の面での国の施策が定まっておらず、金融機関においても明確な方針が示されていないため、国や金融機関の方針によっては、資金繰りに悪影響が生じる可能性があります。

18.補償等を受けられないリスク

津波の被害により、立入禁止となった土地の代替地や、その他被った損害に対して、十分な補償を受けられず、その結果、事業へ悪影響が生じるリスクがあります。

19.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク

営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

20.原材料の調達によるリスク

震災の影響や天候不順等の理由により、必要な原材料や包装資材等の調達ができない、遅れる、価格が高騰する等により、生産・販売を予定どおりに行うことができないリスクがあります。また、この影響により販売価格の値上げを余儀なくされ、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

21.嗜好品の消費が停滞するリスク

営業者が販売する商品にはいわゆる嗜好品も含まれており、これらは被災地の復興時に必ず消費が予想される生活必需品とは異なります。そのため消費者が営業者の商品を購入することを控えるなど、消費者の消費が停滞し、商品が十分に売れないリスクがあります。

22.許認可等に関するリスク

本匿名組合事業の実施にあたっては、酒類の製造免許等関連法令上の許認可が必要となります。営業者が既に営業許可等の許認可を得ている事業であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、今後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



【営業者コメント】
(事業計画の売上を実現していく上での営業方針)
柱となる5つの商品に力を集中させ本物志向のもの作りを徹底します。安心安全な原料を使用し、添加物に頼らない自然の美味しさを追求します。

料理酒については市場規模も大きく、開拓余地が大きく残されております。
従来のお取引先様とのつながりを用いて、販路開拓を強化してまいります。
また品質については6段仕込とう製法を確立させ更に品質向上に努めます。

清酒事業につきましては、収益性が低下している本醸造・普通酒から、適正収益を保てている純米酒にシフトしてくように努めてまいります。 また、通信販売等の強化を通して、県外のお客様の獲得や、安定した利益確保に努めて参ります。

新商品カテゴリに含まれる下記商品については認定事業であり、サポートを頂きながら付加価値を高めてまいります。
 発芽玄米料理酒 平成21年度 経済産業省 農商工連携事業 認定
      卵酒 平成23年度 福島県応援ファンド 認定
     柚子酒 平成23年度 農水省農林漁村の6次化事業 認定
その他、技術部門では福島県技術支援センターの協力を頂き品質の向上・安定を目指します。 また、米作りの体験や酒造見学を通じて醸造の奥深さを知って頂き、参加される方とともに醸造の可能性を探ってまります。

(計画どおりにならないリスク)
当蔵が位置する福島県の農産物・加工製品は原発の風評被害を受けております。当蔵では独自に放射能検査を行っており、みなさまに適切に開示して参りますが、風評被害が進んだ場合、事業計画が達成できない可能性があります。なお、実際に放射能による汚染が広がった場合には、事業の継続自体ができなくなる恐れがあります。

また、財政状態として、既存・震災後新規合わせて約4億円の借入があります。金融機関との関係性も良好であり、これまでも滞りなく返済を行ってきておりますが、借入金の返済条件の変更、借換えが行えなくなった場合、計画通りの生産・販売が行えず、経営の存続性に影響を与える可能性があります。

こうした可能性も十分ご考慮のうえ、お申込みのご検討をお願いします。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・会計計期間開始日から0ヶ月間(無分配期間):
 売上金額×分配比率0.00%×1口/募集最大総口数

・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(120ヶ月間):
 売上金額×分配比率1.2%×1口/募集最大総口数

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 5,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口5,000円の出資金に対し、1口分配金額が5,000円となる時点を償還率100%としています。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2011年11月30日~2013年1月31日(※)

(※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
(※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
2 会計期間 2012年8月1日から2022年7月31日(10年)
3 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日まで
4 決算日 7月31日(最終決算日は会計期間終了日)
5 報告日 決算日より90日以内
6 分配日 分配金は一括して、最終決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2011年10月31日現在)

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2011年11月9日現在)

このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 大木代吉本店自然郷再生ファンド
「震災から1年、これまでの歩み、紹介レポート」 をみる

復興にあたり

・被災状況
 私どもの蔵のある矢吹町は福島の南に位置しています。その昔は湖の底にあり地盤の弱いせいか今回の震災では福島県内でももっとも被災率の高い町となってしまいました。私どもの蔵は大小14棟あり、5棟が全壊しその他にも大規模半壊など大きな被害を受けました。幸い誰一人怪我もなく、震災直後には蔵人全員の顔を確認することができました。
私は翌日から蔵に残った杜氏とともに、地震の後片付けを始めました。静寂に包まれた蔵の中は崩落した土壁で通路は塞がれ、仕込蔵の中では搾りを待つ酒が床にあふれ、そしてわずかにタンクに残り発酵するもろみから発酵する音だけがこだましていました。
そして震災後に立ち行かずどうしようもない時にたくさんの方々からご支援を頂きました。人は一人で生きていけない、喜びも悲しみも人と分ちあい、支え合っていくものと喜びを感じました。震災時の日本人の礼儀ただしさが日本人の美徳であると各国から賞賛を頂きましたが、そういった国に生まれ人と結びついていることが誇らしく、何より心強い事です。

・安全な原料
 酒の原料となる米作りには震災後も県内外からたくさんの方にご参加頂き、福島が抱えている放射能という問題と向き合ってきました。
研究機関が整備され、土壌からの移行係数、また固着など放射能を農産物に持ち越さない研究が進んでいます。
当蔵では独自に放射能検査を行なっており、原料米は未検出米のみ使用します。福島県産米の全体に風評被害が出ている事は残念な事です。当蔵の基準で安全が証明された米については産地によって排除する事はしません。

・復興ビジョン
当社では環境破壊がすすみ社会問題になった昭和40年、酒造りを憂い日本酒本来の姿に戻すべきとの考えから環境保全米を原料とした純米酒・自然郷を生み出しました。それ以来環境保全が当蔵の酒造りの指針であり、「自然郷」という考えの下で復興して参ります。飼料にポストハーベストフリーの卵を使用した卵酒、使われていない柚子の新しい利用方法として自社で搾汁から行なう柚子酒、また特別栽培米を原料とた発芽玄米甘酒また発芽玄米酒など、環境保全型の原料、そして添加物に頼らないモノ作りを目指します。
そして国酒である日本酒は歴史の中で育まれたくさんのノウハウが凝縮されています。麹や酵母、乳酸菌といった微生物が介在し無限の可能性を秘めています。本来の農業を取り戻し、これからの醸造、これからの福島を創造してまいります。




会社紹介

1865年(慶應元年)に創業し水脈に恵まれた矢吹の地で清酒の製造を始めました。
代々「代吉」を襲名し現会長が4代目代吉。
昭和40年代に業界に先駆けて純米酒・自然郷の商品化、続いて料理酒を商品化しました。
現在では「こんにちは料理酒」が当蔵の主力となり、一般家庭や加工食品分野でも利用して頂けるようになりました。
夏は自社田での米作り、冬は酒造り。既成概念にとらわれず、貪欲に本物のモノ作りを追求します。
 

被災地からのレポート

被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
>>被災地からのレポート

被災状況

蔵5棟が全壊、大規模半壊が5棟、半壊が4棟。その他、貯蔵タンク(16本廃棄)や機械設備に損傷。

復興計画

1.被災した蔵や設備の修復および解体(平成23年5月)
 4棟の取り壊しが終了、事業に平行しながら蔵や設備の修復。
 今期の酒造が終了後、第一期工事の着工予定。

2.商品の整理 5つの柱となる商品化計画
(1)料理酒やその他調味料 既存の料理酒の商品力を生かし、調味料のアイテム化。
(2)清酒における山廃仕込の標準化 酒母を伝統的な山廃に順次切り替える。
(3)地域資源を活用したリキュール 卵酒、柚子酒、その他に発泡系の商品開発。
(4)ノンアルコール(玄米甘酒) 発芽玄米のノウハウを応用して玄米麹による玄米甘酒の開発。
(5)副産物の利用(粕漬け) 吟醸粕を使用した浅漬けのラインナップに加え、熟成酒粕を使用した商品開発。
※柱となる5つの商品に力を集中させ品質の向上・安定を目指します。

 

本匿名組合事業について

清酒、その他の醸造酒、リキュール、粕漬け等加工食品の製造および販売

ファンド資金使途

営業者は、募集最大総額の出資金の使途として、次を予定しております。(なお、合計金額は、応援金を加えた額となっております。また、応援金(募集最大総額30,000,000円)の資金使途は、以下記載の蔵の修繕費となり、出資金は蔵の修繕費には充当されません。)


(注1)匿名組合出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注2)合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には第1回分配の際に返還させていただきます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用等につきましては、営業者が負担します。

投資家特典

希望する匿名組合員に対して、契約期間中、以下の特典を設けております。なお、特典は営業者の都合により内容が変更される場合や、特典の実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。

【出資者全員特典】
・復興後、新蔵にて仕込体験。所要時間1時間~2時間程度(13:00~予定)

・自社田での酒米田植え体験(5月中旬予定)

いずれも合名会社大木代吉本店に現地集合となります。
参加人数により数日に分けて開催することを予定しております。
宿泊費・交通費・食費等は参加者のご負担となります。


【3口以上の出資者】
出資口数3口以上の出資者を対象に、3口ごとに、
(1) 復興を祈願したお酒「自然郷 明日の架け橋(仮)」(720ml×1本)
または
(2)「こんにちは料理酒と塩麹セット」(料理酒:720ml×1本、塩麹:150g)
をご送付します。
 

(1) 「自然郷 明日の架け橋(仮)」

(2)「こんにちは料理酒と塩麹セット」

※写真は、イメージ写真です。実際の特典とは異なる可能性があります。
※内容が変更になる場合があります。
※上記特典の海外への発送はできません。ご了承下さい。
 
2015年8月23日 00:38福島県が3年連続「日本一」‼

 被災地からのレポート

蔵元通信28号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。 蔵元通信

2014年7月1日 13:41福島県春の清酒鑑評会で金賞受賞!サマーギフトにおすすめです!

 被災地からのレポート

福島県春の清酒鑑評会で金賞受賞しました。
新しい自然卿の味わいをご堪能ください!
(ご注文は大木代吉本店がファックスで承っております。)

【大木代吉本】サマーギフト縮小版


申込用紙はこちら
送料表はこちら

【お問い合わせは大木代吉本店 蔵出直販部まで】
Fax. 0248-44-5151 Tel.0248-44-3161



--------------------------------

2014年7月1日 12:33貯酒蔵がまもなく工事完了!

 被災地からのレポート

蔵元通信24号をご紹介します。
 
※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。
蔵元通信24号

-------------------------------------------------------------
出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

大木代吉本店の[震災から3年。現在の課題と求められるもの]はこちら: 
 
 

2014年5月23日 12:23初夏限定商品 ~『夏 芳醇純米』~ 間もなく発売です

 被災地からのレポート

蔵元通信23号をご紹介します。
 
※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。
蔵元通信23号
 
-------------------------------------------------------------
出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

大木代吉本店の[震災から3年。現在の課題と求められるもの]はこちら: 

 

2014年5月2日 10:00春季鑑評会にて金賞を受賞しました!

 被災地からのレポート

蔵元通信22号をご紹介します。
 
※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

 自然郷蔵元通信 第22号(縮小版).pdf
-------------------------------------------------------------
出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

大木代吉本店の[震災から3年。現在の課題と求められるもの]はこちら: 

 

2014年4月2日 16:42ふくしまディスティネーションキャンペーン開始!

 被災地からのレポート

蔵元通信21号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

蔵元通信

-------------------------------------------------------------
出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

大木代吉本店の[震災から3年。現在の課題と求められるもの]はこちら:

応援ファンド

2014年2月17日 19:03大吟醸の仕込みの真っ最中です!

 被災地からのレポート

蔵元通信20号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

-------------------------------------------------------------
出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

大木代吉本店の[震災から3年。現在の課題と求められるもの]はこちら:

応援ファンド



2014年1月23日 21:34ふくしま新酒発表会等のご案内

 被災地からのレポート

蔵元通信19号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信


-------------------------------------------------------------

出資者限定ブログはこちら:
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)

応援ファンド

2013年12月14日 14:38「袋つり純米酒」のお問い合わせは蔵出直販部まで!

 被災地からのレポート

蔵元通信18号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

その他、冬のギフトセットのご案内はこちらからご覧いただけます。

申込用紙はこちら(PDF)
送料表はこちら(PDF)

※ お問い合わせは大木代吉本店 蔵出直販部まで
Fax. 0248-44-5151 Tel.0248-44-3161

----------------------------------------------------------
なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2013年11月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)
-------------------------------------------------------------


応援ファンド

2013年12月14日 14:35新醸造蔵での新酒が完成!冬のギフトにおすすめです!

 被災地からのレポート

出資者の皆さまにも漆喰塗りのご協力をいただき完成した
新醸造蔵で仕込まれた大木代吉本店の新酒。ぜひ一度お試しください!
(ご注文は大木代吉本店がファックスで承っております。)

冬ギフト


申込用紙はこちら(PDF)
送料表はこちら(PDF)

【お問い合わせは大木代吉本店 蔵出直販部まで】
Fax. 0248-44-5151 Tel.0248-44-3161


--------------------------------
応援ファンド


2013年12月14日 14:32こんにちは料理酒を使った「紅いもプディング」のレシピ掲載!

 被災地からのレポート

蔵元通信17号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

----------------------------------------------------------
なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2013年11月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)
-------------------------------------------------------------


応援ファンド

2013年11月4日 16:47「自然郷」が吟醸酒の部で金賞受賞!/蔵の修復工事の状況は!?

 被災地からのレポート

蔵元通信16号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信


----------------------------------------------------------
なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2013年9月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)
-------------------------------------------------------------


応援ファンド

2013年9月13日 18:21猛暑がさり、庭にはコスモスが咲き始めました!

 被災地からのレポート

蔵元通信15号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

今週末は、いよいよ新しい蔵の漆喰塗りです。
ボランティアでお手伝いいただける皆さま、どうぞ宜しくお願いいたします!


-------------------------------

応援ファンド

2013年9月5日 10:11蔵の漆喰(しっくい)塗りボランティア募集 (9/14-16)

 被災地からのレポート

皆様には日頃よりご出資、また多くの応援を頂き
大変感謝致しております。ありがとうございます。

現在、震災で全壊した酒蔵の大規模工事が、
10月の酒造り開始に向けて、連日急ピッチで進められております。

昨年も皆様のお力を借りて、蔵内の壁面の漆喰塗りをして頂きました。
本年も漆喰塗りを是非お願いしたいと存じます。
お手伝いいただけませんか?

作業はペンキ塗りと同様、下地塗り、本塗りで、
ローラーやハケを使用して行います。
(肌が特別弱い方は今回はご遠慮下さい)

大木代吉

日時:9月14日(土)、15日(日)、16日(月) 9時30分~17時
※新幹線+在来線でこられる方は上り・下りとも 
9:30頃矢吹駅着がございます。
※3日間ご参加出来なくても結構です。

場所:大木代吉本店 仕込蔵
福島県西白河郡矢吹町本町9   ※矢吹駅より1分

お申込:住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、
参加希望日時を明記の上、下記連絡先までお申込下さい。

連絡先:メール info[at]daikichi-sizengo.co.jp
  ([at]を@に代えて下さい)
またはfax 0248-42-2162

--------------------------------------------------------------------------

※ なお、昨年の漆喰塗りの様子は、下記のURLよりご覧いただけます。
https://www.securite.jp/news/oen?a=1358

昨年は私も参加しましたが、とても楽しく思い出に残る作業でした。
今年も多くの皆さまのご協力をどうぞ宜しくお願いいたします。
(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

大木代吉

大木代吉

大木代吉

2013年8月1日 18:36タンクを設置してから柱をたてる!? 新醸造蔵の建設も始まっています!

 被災地からのレポート

蔵元通信14号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信


☆大木代吉本店のお酒をサマーギフトにどうぞ☆

サマーカタログはこちら(PDF)】【申込用紙はこちら(PDF)】【送料表はこちら(PDF)
【お問い合わせは大木代吉本店 蔵出直販部まで】
Fax. 0248-44-5151 Tel.0248-44-3161

--------------------------------


応援ファンド

2013年7月11日 22:40 この時期おすすめのお酒は?/「新醸造蔵」復旧工事の様子【写真追加!】

 被災地からのレポート

蔵元通信13号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信


上の蔵元通信に関連して、蔵の写真を何枚か送って頂きましたので、ご紹介します。

大木代吉本店
(4月11日撮影)

大木代吉本店
(4月22日撮影)

大木代吉本店
(5月27日撮影)


大木代吉本店
(6月12日撮影)

大木代吉本店
(6月20日撮影)

----------------------------------------------------------
なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2013年5月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)
-------------------------------------------------------------

応援ファンド

2013年7月11日 21:51大木代吉本店のサマーカタログをどうぞ!

 被災地からのレポート

こんにちは!ミュージックセキュリティーズの杉山です。
大木代吉本店のサマーカタログをご紹介します。

大木代吉本店

私も大好きなポンカンのヨーグルト酒は、やはり夏にぴったりですね!
選んで間違いなし。ご自分用にも、贈り物にも、ぜひお買い求め下さい♪

サマーカタログはこちら(PDF)
申込用紙はこちら(PDF)
送料表はこちら(PDF)

【お問い合わせは大木代吉本店 蔵出直販部まで】
Fax. 0248-44-5151 Tel.0248-44-3161


--------------------------------
応援ファンド


2013年5月30日 14:15「新醸造蔵」復旧工事の地鎮祭-自然郷 蔵元通信

 被災地からのレポート

蔵元通信12号をご紹介します。

※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

蔵元通信

なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2013年4月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)


--------------------------------
2013年5月30日現在は、8社が募集中です!
応援ファンド

2013年5月13日 16:46「夢の香」の部で金賞!蔵の解体も始まりました!

 被災地からのレポート

皆さま、遅ればせながら4月の蔵元通信をご紹介します。
4月は、新醸造蔵復旧工事のため、被災した蔵の解体工事が行われたそうです。

「日々建物が無くなっていく様子を見ると、感慨深いものがありますが、
また新たな決意で取り組んで参ります。
今後ともご愛顧くださるようお願い申し上げます。」とのことです。


※画像をクリックすると、PDFでご覧いただけます。

大木代吉本店

なお、出資者の皆さまには、出資者限定ブログにて、
2012年8月から2013年3月までの売上情報を更新しております。
下記のURLより、ご確認下さい。
https://www.securite.jp/blog?blog_id=174
(ログインが必要です。出資者の方のみご覧いただけます。)



--------------------------------
2013年5月13日現在は、8社が募集中です!
応援ファンド

2013年2月21日 17:37【緊急告知!】2月21日から23日まで。東京駅に出店します!

 被災地からのレポート

大木代吉本店のお酒が東京駅で買えます!
お時間がございましたら是非お立ち寄り下さいませ。

東日本復興支援お祭りストリートふくしま未来へのじまんの一品づくり」

「皆様に愛される料理酒+日本一うまいお酒を
醸造できるよう努力してまいりますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


日時:
2月21日(木)11:00~20:00
2月22日(金)10:00~20:00
2月23日(土)10:00~17:00

場所:

東京駅地下1階びゅうスクエア

大木代吉本店

今回販売しているのは、純米吟醸「明日への架け橋」、卵酒、ヨーグルト酒、料理酒の4種類です。

大木代吉  大木代吉


2012年12月4日 10:51自然郷 新酒お披露目~報告会&懇親会~[12/12(水)・東京]

 被災地からのレポート

今年も新酒の季節になり、漆喰塗りの際に、
ボランティアの取りまとめをされた方(室園淳さん)が
東京で新酒の会を企画して下さいましたので、ご案内いたします。

もちろん、漆喰塗りにご参加されなかった方のお申込も歓迎です!
大木代吉本店の蔵の再建は、皆さまの1口1口の積み重ねで成っております。
どなた様もお気軽にご参加下さい。

なお、会場となる「味彩せいじ」は、セキュリテのファンドを活用して
開店した小料理屋です。お料理は、大木代吉本店のお酒に合うメニューを
ご用意いただき、料理酒には「こんにちは料理酒」を使っていただきます。
お楽しみに!

※ 席に限りがありますので、お早めにお申込み下さい。

大木代吉本店
---------------------------------------------------------------

2012年10月31日 17:04漆喰塗りのご報告!

 被災地からのレポート

すっかりご無沙汰してしまいました。

9月に行った蔵の漆喰塗りのご報告を、
こちらのブログではまだしていませんでしたね。
失礼しました!

参加した方が、既に素晴らしい記事を書いているので、
そちらをご紹介したいと思います!

まずはブログ「うさぎ屋カフェ」。


大木代吉

うさぎ屋さんは、7月のツアーに続いての参加でした。
http://wind.ap.teacup.com/cafe-usagiya/222.html

続いてご紹介するのは、ムロさんのブログ。

大木代吉

ムロさんは、大木さんとは震災のずっと以前からのお付き合いがあり、
今回の漆喰塗りボランティアのリーダーとして、
2日間の作業をしきってくださいました。

臨場感ある写真が素晴らしいので、是非、見てください!
http://www.murojun.com/project/2012/09/915.html
http://www.murojun.com/project/2012/09/915-1.html


大木代吉

この集合写真もムロさん撮影です^^

ムロさんは、なんと10月にも大木代吉本店に立ち寄り、
その後の様子を撮ってきていただいています。
http://www.murojun.com/project/2012/10/post-31.html

そして、大木代吉本店蔵元通信でも、ご紹介していただきました!
→蔵元通信を読む

こうやって、ほんの少しですが、蔵の再建に自分が関われるということが、
とても嬉しかったです。

大木代吉本店では、14あった蔵のうち、全壊が5棟、大規模半壊が5棟、半壊が4棟と、
すべての蔵が地震の被害を受けています。今年の夏は3つの蔵を取り壊しましたが、
全部の再建計画が完了するのは、まだ先になります。

現地でのボランティアには、すべての方が参加できるわけではありませんが、
インターネットを通じて申し込むセキュリテ被災地応援ファンドなら、
どこからでも手軽に参加できますね。

大木さんのお酒が好きな方、福島を応援したい方、
大木代吉本店自然郷再生ファンドは、現在も募集中ですので、
是非ご検討ください!


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

=============================

 大木代吉本店を応援するファンド(1口1万500円)

ooki

2012年9月12日 13:16「ニッポンのさしすせそ」 再放送決定!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!


昨年末に放送され、今年の5月再放送された

「ニッポンのさしすせそ」の再々放送が決定しました!


 

前回見逃された方はぜひご覧ください!

大木代吉本店の料理酒造りにかける情熱が

きっと伝わると思います!!


BS-TBS 「ニッポンのさしすせそ」(再放送)

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/JNT1001000

放送:9月17日 (月) あさ8時00分~



今週末はいよいよ漆喰塗りです!

その時の様子は、またご報告しますね~。

---------------------------------------------------------------------------

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」募集中!!

ooki


2012年8月31日 17:38投資家特典が豪華になりました!

 被災地からのレポート

なんと!

福島の「大木代吉本店自然郷再生ファンド」の投資家特典がより豪華になりました!!

新しくなった盛りだくさんの特典を是非こちらよりご覧ください↓↓↓


ooki

2012年8月28日 10:06酒蔵の「漆喰(しっくい)塗り体験」、募集中!

 被災地からのレポート

出資者の皆さまへ

大木代吉本店の蔵の修復が少しずつ進んでおります。
もしも、出資に加え、実際に現地で復旧のためのお手伝いもしたい、
という方がいらっしゃいましたら、
是非、下記の「漆喰塗り体験」をご検討頂いてはどうでしょうか。

------------------------------------------------------------------------
■「漆喰塗り体験」

仕込蔵の補強工事も進み、
修復した壁に漆喰(しっくい)を塗ります。

左の蔵が仕込蔵
大木代吉


蔵の内部
大木代吉

当初新設の蔵で今後の仕込を予定しておりましたが、
歴史のある蔵でその空間に住み着いた酵母と共に酒造りする事が
この蔵の歴史の継承になると考えました。

漆喰は湿気等を吸着するなどして蔵としての機能を高めてくれます。
そして、今回、その作業を業者に頼まず、自分たちですることにしました。
もし宜しければ、この漆喰塗り、お手伝い頂けませんか?

※作業は素人でもできるローラーでの塗布が中心です。

日時:9月15日(土)、16日(日)、17日(月) 9時〜17時
場所:大木代吉本店 仕込蔵
福島県西白河郡矢吹町本町9
お申込:住所、氏名、年齢、電話番号、メールアドレス、参加希望日時を明記の上、下記連絡先までお申込下さい。
連絡先:メール info[at]daikichi-sizengo.co.jp ([at]を@に代えて下さい) またはfax 0248-42-2162

※出来次第作業終了となりますが、
人数によっては2日間に短縮になる事があります。
改めて参加希望の方にはご連絡します。


=============================

 

 大木代吉本店を応援するファンド(1口1万500円)

 

ooki



2012年8月6日 13:47現地訪問レポート-復興はまだまだこれから

 被災地からのレポート

7月29日(日)に、「東北・ 復興支援スタディツアー」で大木代吉本店を訪問しました。

大木代吉本店

この店構え、伝統的な作りですが、なんとも言えないおしゃれさを醸し出していました。


大木代吉本店

ツアー一行が到着すると、まずは向かいにある地元の信金さんからお借りした会議室に移動しました。

大木代吉本店

大木社長によるプレゼンテーションで、会社の歴史や震災での被害などを、
まずはお聞きしました。

大木代吉本店

その間にも、冷たいお茶と「こんにちは料理酒」を使った牛乳羊羹を頂きました。
こんにちは料理酒が入るだけで、風味ががらっと変わるのが一口で分かりました。

その後、「発酵」を学ぶために、なんと、塩麹づくりの体験をご用意頂きました。

大木代吉本店

こちらがそのセットです。見るだけで、わくわくしませんか!?
こちらの塩麹づくりについては、次回のレポートで詳しく説明したいと思います。
この時に作った塩麹は、今頃、皆さまの冷蔵庫の中で、発酵しているはずです。^^

大木代吉本店

そして、お酒のタイプを解説していただきながら、いよいよ試飲タイムです。

大木代吉本店

初めは2グループに分かれていたのですが、あっという間にこの人だかりです。

大木代吉本店

作り手の方を前に、説明していただきながら、味わえるというのは、
本当に贅沢だと思いました。
普段はお酒を飲まない人も、興味津々に、少しずつ楽しまれていました。

大木代吉本店

大木代吉会長には、酒蔵の再建計画を模型を使ってご説明頂きました。
震災前、大木代吉本店には、14の蔵がありましたが、
震災後は全壊した蔵の他にも、いくつかの蔵は取り壊さなければならず、
(まだ最終的にはいくつ残るか、分からないそうです)
これから再建するにあたっては、必要な機能は保ちつつ、
建物は数を少なめに、統合して作っていく考えだそうです。

大木代吉本店

その後、外に行き、蔵の見学に移りました。
福島ということで、気にされている人も多いでしょうから、
ということで、まず、大木社長から、ガイガーカウンターを使って、
放射線量についての説明がありました。

大木代吉本店

古い蔵は、一見大丈夫そうでも、そのまま使えるかどうかは、外側の漆喰の壁を
剥がしてみないと分からないそうで、こちらは剥がした所の写真です。

大木代吉本店

こちらは、何とか残したい蔵で、今は、中身を空けて、修繕工事を待つような状態です。

大木代吉本店

こちらは、つい先日、解体工事が始まった蔵です。
8月中に3棟が解体される予定です。
1年以上経って、ようやく、この段階です。
この1年以上、日々動き続け、それでも、今まだこの段階であることに、
改めて復興はまだまだであること、津波が来ない地域でも、
地震の被害が甚大であったことを、
改めて感じました。

今回、私自身、こちらにお邪魔するのは初めてでしたが、
これからもずっと応援していきたい、と決意を新たにしました。


大木代吉本店


そして、最後に、参加者みんなで店舗の前で撮った1枚。
この日は大変暑かったのですが、参加者全員に凍らせたおしぼりを頂いたり、
また、おみやげを頂いたり、大木代吉本店の皆さまには、大変なお心遣いを頂きました。
日曜日にも関わらず、とても暖かく歓迎して頂きました、
大木代吉本店の皆さまに、改めて御礼申し上げます。

本当にどうも有難うございました!

次回、塩麹レポート、そして、大根そばもご紹介しますので、お楽しみに。

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

=============================

 

 大木代吉本店を応援するファンド(1口1万500円)

 

ooki




2012年7月31日 12:36酒蔵の解体工事

 被災地からのレポート

7月23日より、いよいよ酒蔵の解体工事が始まりました。



解体にあたっては、蔵内のタンクを移動する必要があり

細心の注意を払いながらの作業でした。


解体は、蔵全体が繋がっているため、ひとつの蔵を壊すにも隣の蔵にダメージを与えないよう

衝撃を最小限に抑えながら、丁寧に壊していきます。



まずは瓦だけを丁寧に取り除きます。



その後、外側の漆喰の壁を取り除き、さらに内側の木材を取り除きます。



今日も作業が継続して行われていますが

8月中旬には3棟が取り壊しになる予定です。


先代から歴史をともに刻んできた酒蔵が取り壊しになることは残念ですが、

二年後に着工予定の新しい酒蔵で必ずや酒造りを実現します!


=============================

 

 大木代吉本店を応援するファンド(1口1万500円)

 

ooki

 

 

2012年7月19日 14:38東北の仕事論(ほぼ日刊イトイ新聞)に大木代吉本店連載!

 被災地からのレポート

ゼロから立ち上がる会社に学ぶ東北の仕事論(ほぼ日刊イトイ新聞)に、
今日から3回の連載で、福島の大木代吉本店について掲載していただいています!


第一回は、「銀座の寿司屋の品書に載る料理酒。」
是非ご覧くださいませ!



=============================

 

 大木代吉本店を応援するファンド(1口1万500円)

 

ooki

 

 

2012年7月4日 14:57「矢吹まちむすびプロジェクト」始動!

 被災地からのレポート

今日は弊社が関わっているプロジェクトのイベントの紹介をさせていただきます。


プロジェクト名は「矢吹まちむすびプロジェクト」

http://www.shinlab.iis.u-tokyo.ac.jp/yabuki/index.html


このプロジェクトは、矢吹町の中の人びとを結ぶことで

震災後の福島県中通り地域の一体再生を目指すものです。

地域住民が主体となった活動を、行政や大学の研究機関が技術・学術・人材・資金など

さまざまな側面からサポートしていく新しい試みです。


またこのプロジェクトを推進するために「矢吹町任意団体おむすび」を立ち上げました。

(矢吹町任意団体おむすび代表:大木代吉本店会長)

「矢吹町任意団体おむすび」は矢吹町住民・行政職員と東京大学生産技術研究所関係者、

各種専門家で構成されています。



さて、いよいよ7/8(日)から写真展のイベントが始まります。

町民のみなさんからご提供いただいた矢吹町の古い風景・ひと・建物の写真を展示します。

たくさんの方のご来館心よりお待ちしております!


<写真展「矢吹百年百景・大正ロマンの館展」のご案内>



■日時:2012年7月8日(日)~7月16日(月・祝)

平日  14~18時

土日  7月8日(日) 10~17時

7月14日(土) 10~17時

7月15日(日) 8~17時 軽トラ市の日

7月16日(月・祝) 10~15時 最終日

■場所:大正ロマンの館(矢吹町本町161)

■観覧料:無料

■問い合わせ先:

(展示内容等)東京大学生産技術研究所 村松研究室(担当:岡村)

TEL:03-5452-6443 FAX:03-5452-6444

(開催概要等)矢吹町商工会(担当:阿部) 矢吹町中町235-4

TEL:0248-42-4176  FAX:0248-44-2087


=============================

 

 

ooki

 

2012年6月17日 11:00発酵の講演

 被災地からのレポート

先日スピルバーグ製作の「宇宙戦争」がテレビ放送されました。

映画の最後に地球を危機的状況に追い込んエイリアンが次々に倒れていくのですが、

なんとエイリアンを死に追いやったのは微生物でした。


人間が病気になるのと一緒で体内に入り込んだ微生物が

エイリアンを弱らせ死に至らしめたと。

そして人間は永い年月をかけて、それらから身を守るため免疫が出来、

共存を勝ち取ったと語られます。


微生物は自然界にあたりまえのように存在し、またそれぞれにいろんな特徴があります。

それを発酵の世界で巧みに利用したのが日本酒です。


発酵初期段階では雑菌汚染されないよう乳酸発酵を利用し、

酵母が米のデンプンを食べれるよう麹菌の酵素を利用し、

古くは口噛酒に始まり何百年という歴史の中で育まれ、

それは経験と勘という職人達の英知によって形作られてきました。


昨今は塩麹を皮切りに酒粕や甘酒など発酵食品の話題を集めています。

先週末はお取引先様から発酵についてお話をさせて頂く機会を頂きました。



日本酒は米を原料に日本の気候風土の中で育まれた国酒です。

そして米と微生物から作られた身体に優しい百薬の長です。

発酵の素晴らしさがどんどん広まれば、

未来を担う子供達の健康と日本の農地が守られます。


味噌、醤油、酢…

日本酒ばかりでなく、どれも世界に誇れる日本古来の発酵食品です。

家庭料理に日本の伝統食を一品でいいです、まず一品増やしてみませんか?


=============================

 

 

ooki

 

 

 

2012年6月16日 11:00「こんにちは料理酒」、またまたご紹介して頂きました

 被災地からのレポート

別冊 Discover Japan「お取り寄せ便利帖」で

分とく山の野崎洋光料理長に「こんにちは料理酒」を紹介して頂きました!




[掲載記事]

慶應元年(1865)年創業の老舗。

造りと米にこだわりをもった製法で料理酒を作り出す。

「旨味が濃く、ものによっては出汁もいらないと思うほど美味しくなる料理酒です」


分とく山(わけとくやま)はいわずと知れた日本料理の名店。

季節を愛でる日本料理の伝統を大切にしながらも、自由な発想で、

体と心にやさしい美味しい料理を探求。

総料理長の野崎洋光さんは「美味しい方程式」など著書多数。


=============================

 

 

ooki

 

 

2012年6月15日 11:00「同じ産地の食材同士を合わせるのが一番自然」

 被災地からのレポート

先日発売になったばかりの雑誌「料理王国」で、

Restaurant FEUの松本浩之シェフに

「こんにちは料理酒」を紹介して頂きました!





[掲載記事]

「同じ産地の食材同士を合わせるのが一番自然」

というのが松本さんの考え方。

たとえば、牡蠣。

フランス産なら白ワインを振りかけるが、国産なら日本酒を使う。

アワビもしかりだ。

「日本酒でさっと洗ったりすると、本当に海でとれたばかりの味が戻ってくるような気がするんです」。

特に一年半ほど前に出会ったこの料理酒を使うと、その印象が強くなるという。


松本シェフの料理は繊細な味付けと美しく盛りつけがされ、

豊かな時間を楽しむ事が出来ます。

料理と同様にワインやサービスのレベルの高い老舗のフレンチです。


=============================

 

 

ooki

2012年6月14日 10:36富士酢 一日限定ピクルスCafe&BAR !

 被災地からのレポート

富士酢の飯尾醸造が秋葉原のカイハウスで一日限定のピクルスのイベントを行います。

内容も盛りだくさんで、イノサンクの木村伸子先生のピクル酢のミニ料理教室や、

飯尾さんのレクチャ、それからピクルス作り体験などなど行なわれます。


また、飯尾家の台所で普段使っている食材の試飲・試食なども楽しめ、

その中で当蔵の「こんにちは料理酒」「自然郷柚子酒」も取り上げて頂いております。


※人気のイベントのため先着順となりますので満席の際はご容赦下さい。


飯尾醸造は棚田を通じて環境保全や、そこで収穫された無農薬米での純米酢づくりなど、

私も興味深く見守っております。

日本で唯一、米作りから手がけるお酢屋であり、

49年も前から無農薬栽培に取り組んでいる食の安全のパイオニアです。


お酢の原料米の中には酒造好適米・五百万石もあるんです。

五百万石ですよ!

是非お試し下さい。


イベント詳細はこちらから:

http://iio-jozo.livedoor.biz/archives/51355425.html

 

 

=============================

 

 

ooki

 

 

 

2012年6月12日 10:10カブトエビ米に挑戦!

 被災地からのレポート

かれこれ10年ほど前からチャレンジしてきたカブトエビ米ですが、

今回改めて東京農業大学昆虫学研究室の長島ゼミ(長島孝行教授)の

協力を頂きながら安全な米作りに取り組んでいきます。


「田の草取り虫」と呼ばれるカブトエビは昆虫ではなくミジンコの仲間。

田んぼの雑草の芽を食べ、せっせと泥をかき回すので、除草剤代わりとなります。


今年は来年のカブトエビ米作りの準備期間として、

この夏に水槽でカブトエビを2~3回程度ふ化させます。

そこで得た卵を来年圃場へ返しカブトエビ米作りがスタートします!



(出典:http://www.nodai.ac.jp/agri/original/kinoukaihatu/triops/index.html


=============================

 

ooki

 

2012年6月8日 17:32酒造実習 ~上槽編~

 被災地からのレポート

5/29にアップした酒造実習のお酒を上槽(搾り)しました。


3本仕込んだ大吟醸のうち、この日上槽したのは

2種類のブレンド酵母仕込(カプロン酸系と酢イソ系)のもので、

華やかな香りはもちろんの事、味わいもバランスの良いものに仕上がりました!





上槽は遠心分離、槽(ふね)、袋吊りの3種類を実施しました。


総米90kgという超ミニマムな仕込みながら、こんなにも素晴らしい酒が出来てしまうとは!

実習中も毎日が驚きと発見の連続でした。

さすが福島の酒造技術はすごい!



===========================

 

ooki

 

2012年6月1日 16:00ペップ郡山に行ってきました(5月5日)

 被災地からのレポート

ペップ郡山に行ってきました。


ペップ郡山は東北最大の屋内遊び場で、

放射能の影響で園庭・校庭や公園など屋外で遊べなくなった子供達が、

安全に思いきり遊べるように計画されました。


この日は娘と料理教室に参加して、それから飛んで跳ねて思いっきり遊びました。

 

 

 

===========================

ooki

 

 

 

2012年5月30日 23:22大正ロマン館

 被災地からのレポート

当蔵のある矢吹町のシンボリックな館。

しかし、今回の震災で全壊してしまいました。


町の復興協議会や東京大学生産技術研究所のご協力で大掃除を敢行しました。

この大掃除にあわせて写真展を行ないます。

うちでもいくつか写真を提供させて頂きました。


(6月5日修正:写真展の開催は7月8日~16日を予定しております)





===========================

ooki

 

 

 

2012年5月29日 11:22酒造実習に参加しました(4月25日)

 被災地からのレポート

「福島県清酒アカデミー職業能力開発校」の酒造に体験参加させて頂きました。


福島の酒造技術の著しい向上は、蔵元の情熱とそれを支える

福島県ハイテクプラザの技術の賜物です。


その福島県ハイテクプラザで開講されている清酒アカデミーの

酒造体験に参加させて頂いています。


米の蒸かし

(米の蒸かし)


盛(もり)

(盛(もり))


麹の状貌の変化①

麹の状貌の変化②

(米の状貌の変化)


仕込(添桶)

(仕込(添桶))



4月下旬から仕込(総米600kg×3本)が始まり、

6月6、7、8日が酒の搾りが掛かる予定です。


===========================

ooki

 

 

2012年5月28日 09:16米作り開始しました!(4月21日)

 被災地からのレポート

地震の影響で昨年は休耕を余儀なくされましたが、今年は田植えが出来ました!

お米は酒造好適米「夢の香」。
心白が大きく100粒重28gぐらいある大粒米です。
比較的冷害にも強く、栽培しやすい米です。

(耕す前の田んぼ)

(自田の土の様子)

(種まき)

(種まきの日は梅が咲いていました!)

(田植え前)



(田植え後)




ooki

2012年5月25日 13:30本日再放送!「ニッポンのさしすせそ」

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは。


昨年末に放送された「ニッポンのさしすせそ」が、

本日夕方再放送されます。


前回見逃された方はぜひご覧ください!

大木代吉本店の料理酒造りにかける情熱が

きっと伝わると思いますよ!!



BS-TBS 「ニッポンのさしすせそ」(再放送)

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/JNT1001000

放送:5月25日 (金)16時30分~




「大木代吉本店自然郷再生ファンド」募集中!!

ooki


 

2012年4月3日 14:36「日本の酒情報館」イベントへ出展!!

 被災地からのレポート

3/21に新橋「日本の酒情報館」で利き酒会を行いました。

流通業者様向けの展示会で新酒を中心にご紹介させて頂きました。


▼商品リスト▼

・新酒

自然郷生酒

自然郷明日への架け橋

舟出

自然郷大吟醸

・熟成

自然郷磨き八割

自然郷キュヴェ18

・リキュール

自然郷梅酒

自然郷柚子酒

自然郷卵酒

自然郷ヨーグルト酒

・料理酒

こんにちは料理酒


今年は仕込配合やもろみ管理を改め、

全般的にやや辛口ですっきりとした印象と講評頂きました。


新商品のヨーグルト酒は「お宅でこんな酒が作れるんだ!」

という声もありました!


これからどんどん進化していきます!

たくさんの方にご来場頂きありがとうございました!!



なお、会場1Fの日本の酒情報館では、

全国のお酒が取り揃えられイベント毎に利き比べが出来ます。

お近くにお越しの際はお立寄下さい。


日本の酒情報館

http://www.japansake.or.jp/sake/information/


 

=======================


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら↓↓↓


https://www.securite.jp/fund/detail/222

 

2012年3月26日 16:46この1年を振り返る ~レポートのご紹介~

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは。


先日より「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細ページより、

大木代吉本店のこの1年間の歩みを振り返るレポートを

アップしております。

改めて皆様にご報告させて頂きます。


本ブログでは震災後、復興に向かう大木代吉本店の状況を

主にご報告させて頂いておりますが、上記のレポートでは、

改めて震災による被害の大きさ、蔵元の苦悩などを

ご紹介させて頂いております。


すでにファンドにお申込頂いた方も、これから参加を検討されている方も、

ぜひご一読頂けると幸いです。


「震災から1年、これまでの歩み」:

http://oen.securite.jp/specialarticle/222/


引き続き大木代吉本店をご支援頂けますよう

よろしくお願いいたします。


(以下、昨年11月に現地訪問した際の写真です)






============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

 

2012年3月16日 16:41玄葉外務大臣主催レセプションに参加しました

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。
大木代吉本店より近況のお便りが届きました!

-------------------------------------------

外務省飯倉公館での
「東日本大震災後の1年に際する玄葉外務大臣主催レセプション」
に参加しました。

外交団、被災地の関係者、さらに被災地支援に尽力いただいた在日米軍関係者が
招かれ、その席で復興と福島の清酒の安全をPRしました。



大木代吉



私どもでは先日ブログでも紹介した自然郷大吟醸の袋搾りを振る舞わせて頂きました。
有り難い事におかわりを求められる方もいらっしゃったりと新酒の評価も上々でした。

大木代吉


まだまだ復興途上ですので、被害の甚大な岩手、宮城、
また特に復興の遅れている福島へご支援を賜りますようお願い申し上げます。

大木代吉



============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=222

 

2012年3月12日 19:10大吟醸の最後の工程です!

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。

大吟醸が終わりましたので、
大木代吉本店の佐久間さんより、大吟醸の最後の工程の様子が届きました。

------------------------------------------------------
大吟醸の仕込も大詰め。

最後は添加する醸造アルコールの調整です。
醸造アルコールは、特に大吟醸においては
大吟醸特有の華やかな香りと味のメリハリを作ります。

香りは酵母が作りのですが、そのままお酒を絞ると大半が粕に移行してしまいます。
そんため酵母から香りを分離する際に少量の醸造アルコールが必要なのです。

大木代吉


この日はその醸造アルコール量の検証です。
今回はもろみ100mlに対して30%、33%、35%濃度のものを適宜加えました。

面白いもので、ちょっとした違いが全く別次元のものが生まれたりもするんです。

(テイスティングをする様子)
大木代吉


いよいよ上槽(じょうそう)です。

大吟醸の上槽では、醸造アルコールを加えると同時に酵母の自己消化が始まるので、
短時間で作業を終えなくてはいけません。

今年から会津の名倉山酒造さんのご指導で作業方法を改めました。
加工した酒袋をあらかじめ吊って、そこにもろみを流し込むのですが、
めちゃくちゃ早いです!


(袋吊り)
大木代吉

ようやく大吟醸が出来ました!
応援してくれた皆様、どうもありがとうございました!

(大吟醸 雫)
大木代吉


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

 

 

2012年3月1日 11:53大木代吉本店を知る

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの森田です。

今日は、大木代吉本店をもっと知っていただけたらと思い、
大木代吉本店のお酒にかける思いをお伝えします

大木代吉本店の大木会長は、大木代吉本店が参加している
「良い食品を作る会」の参加認定基準を読み上げました。
「良い食品を作る会」についてhttp://yoishokuhin-wo-tsukurukai.jp/index.html

以下は、大木代吉本店が、製品をつくるうえで大切にしている姿勢です。

良い食品を作る会」認定基準:

【4条件】
一、 安全で安心して食べられること。
一、 ごまかしのないこと。
一、 味の良いこと。
一、 価格が品質に応じて妥当であること。

【4原則】
一、 原料の厳選。
一、 加工段階の純正。
一、 時代環境に曲げられない企業姿勢。
一、 消費者との関係重視。



(説明会にて、参加者と対話する大木会長の奥さん)
大木代吉


震災で、14棟あった蔵のうち、5棟が全壊し、5棟が大規模半壊、4棟が半壊しました。
震災後は、崩壊した蔵に残った酒を救い出すため、
大木社長はじめ大木代吉本店の社員は、ヘルメットをかぶって
瓦礫の中へ入り込み、お酒を取り出すことに必死だったそうです。

大木社長は、「なんでもやってやる!」という思いで、崩壊した蔵の中へ
何度も入り、余震が来るたびにいったん外に出て、そしてまた戻る、
ということを繰り返していたそうです。

こういったお酒にかける思いの強さは、大木代吉本店の酒の品質に表れています。

大木代吉


現在は、残った蔵で酒造りをしていますが、中は柱が折れていたり、
ワイヤーでなんかと支えている状態です。
修繕費は、新しく蔵を建てるより費用がかかります。
「新しい蔵を建て直し、まず物づくりをする環境を整えたい」と大木さんは話します。


(大木代吉本店では、障がい者の方々の雇用を推進しています。
このお酒の藁包みは、障がい者の方々がひとつひとつ丁寧に包んでくださったものです。
大木社長は、「今度は酒造りも挑戦させてあげたい」と話していました。)
セミナー

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

 

 

現在のファンドの調達状況は、こちらでご確認できます:

 


2012年2月28日 10:47大木社長が来場します!自然郷応援イベント情報!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは。

以前、本ブログでもご紹介しましたが、
東京・新丸の内ビルにて毎月第4火曜日に、
大木代吉本店を応援するイベントが開催されています。

<過去の記事>
イベント紹介記事:
イベントの様子:
イベント参加蔵元インタビュー:


本日2月28日(火)もイベントが開催されます!

そして、本日は大木代吉本店の大木社長が来場します。
(当日のご連絡となり大変申し訳ございません)

蔵元と直接話せる貴重な機会ですので、
お時間のある方はぜひご来場ください!!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

2012年2月27日 12:52地元の様子は今

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。


ミュージックセキュリティーズの森田です。


本日は、先日行われたセキュリテ被災地応援ファンドの説明会に、

福島よりいらっしゃっていた大木代吉本店の大木さんから

伺ったお話を皆様にお伝えいたします。


セミナー


 

大木さんは、東京で地震が起きる可能性が高いという報道を聞き、

あの福島での経験が頭をよぎり、東京へセミナーに来ることが正直怖くて躊躇したそうです。

しかし、できるかぎり多くの方に、大木代吉を知ってもらい、応援していただければと思い、

乾パンと水をリュックに詰めて今回東京へ足を運んでくださりました。

 


大木さんに現在の地元の様子を伺うと、

町はシャッターを閉めていく店が続々とあり、

閑散とし、いまだ復興はしていないのが現実だそうです。

国の補助も間に合わず、借金を背負い、

素晴らしいものを提供し続けてきた歴史ある店が、

店をたたむことを余儀なくされているそうです。


大木さん始め、事業者の方々がセミナーへ持ってきて下さった食べ物や飲み物は、

本当に品質が高く、妥協を感じさせない美味しさで、

日本の誇りのように思えました。


「こんな年(70代)だけれど目標が持てて嬉しい」と語る

大木さんの復興への思いは強くゆるぎないものです。


日本の皆で、被災地の事業再開を少しずつでも応援できたら

どれだけ素晴らしいことだろうと思います。


今後とも何卒宜しくお願いいたします。

(大木代吉本店では、障がい者の方々の雇用を推進しています。
このお酒の藁包みは、障がい者の方々がひとつひとつ丁寧に包んでくださったものです。)
セミナー


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222


2012年2月21日 19:39最高に美味しいヨーグルト酒

 被災地からのレポート

皆様こんばんは。

ミュージックセキュリティーズの森田です。

大木代吉本店の新製品「ヨーグルト酒ポンカン 自然郷」をご存知でしょうか?!


大木代吉


これが、本当に美味しいんです!!!
私はお酒が実は苦手なのですが、
これは別格で、「美味しい、美味しい!」と喜んで飲みました。
気に入りすぎて、友人や家族にもあげようと思います。

素材を厳選した北海道のヨーグルトと
四国のポンカンと大木代吉本店のお酒が絶妙にマッチしています。

この新商品が開発されるまでの裏話をここで少しお話ししますと、
大木代吉本店の大木さんは、毎日ヨーグルトを飲み続けていて、
なんと8kgも体重が減量したそうです。

ネットショッピングで購入できるようですので、
是非検索してみてください。これは本当にお勧めです。


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222




2012年2月20日 10:27大吟醸の仕込み

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。


大木代吉本店の大木さんより皆様へお便りが届きました。


大吟醸の仕込の様子です。


-------------------------------

 

▶大吟醸の仕込は当蔵のようなローテクな蔵でも

ちょっとだけバイオテクノロジーが必要です。

それを経験と勘とで状況分析する。

データと五感、とにかく大吟醸は管理なんです。

さあ、始まりました。


添仕込(酵母投入)

大木代吉


仕込(留後)3日目

大木代吉


5日目

大木代吉


7日目

大木代吉



▶ローテクな蔵でちょっとの数学

大吟醸では福島県の金賞受賞方程式であるAB直線を駆使して。

これは糖やアルコールによる酵母の濃度圧迫から開放するためのもので、

追水と言って仕込をした後に加える水によって酵母の増殖しやすい

水だまりをつくりそして増殖を促します。追いかけて加えるみず、追水です。

酵母はアルコールが12%以上になると自分で作ったアルコールで

増殖出来なくなるため12%に達するまでが勝負なんです。


頑張れ酵母。チャチャチャ!酵母!チャチャチャ!酵母!…



AB直線

大木代吉


しかし今年はめちゃくちゃ溶けます。

すでに濃糖状態…

でも大丈夫、しっかり酵母を増やしますよ〜

福島方程式「AB直線」があるから。


(大木代吉本店 大木雄太)

 


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年2月15日 14:31白河だるま市

 被災地からのレポート


2月11日、福島県白河市の市街地でだるま市が開かれました。
白河だるまは眉が鶴、ひげが亀、もみあげとあごひげが松竹梅を
表しているのが特徴です。
この日は天候にも恵まれ大勢の人でにぎわいました。


大木代吉



うちでは、吉田酒店さんのご協力を頂き恒例の樽酒の量り売りをしました!

この時ばかりはだるま一色で、
お酒の販売にも白河だるまの絵をあしらったラベルを使用します。

皆さん願い事が叶った年は目に墨を入れたりと、
思い思いに楽しまれているようです。

大木代吉

いつも大変ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。


(大木代吉本店 大木雄太)


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年2月13日 11:30大吟醸(だいぎんじょう)ができるまで

 被災地からのレポート

皆様こんにちは。

今日は、大木代吉本店にて、大吟醸ができるまでの工程を
少し紹介いたします。

---------------------------------------
大木代吉

蒸米
大吟醸用の米はそれ以外の酒との扱いが異なり、
米を甑に張る際に「抜けがけ」といって、
蒸気を甑から出しながら米を張ります。
一気に蒸し上げるという訳です。

大木代吉


蒸米をさらす
大吟醸の場合はとにかく米を溶かさないようにします。
溶かさず酵母に必要なデンプンだけを糖化し発酵させます。
そのために蒸した米をすぐに仕込せず、2時間以上冷気にさらします。
(予定仕込温度 仕込1段目12℃、仕込2段目9℃ 仕込3段目6.5℃)

大木代吉
-------------------------------------------------------------------

職人技がたくさん詰まった大吟醸を嗜む日が楽しみですね。

============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年2月12日 23:20酒蔵こだわりの料理酒

 被災地からのレポート

大木大吉本店の料理酒が明治屋で販売しているとのことで、
「こんにちは料理酒」を買ってきました。

お店の方も「この料理酒、有名ですよね。人気ありますよ」とおススメ。
期待できそうです。


今日は蛤の酒蒸し。

大木代吉


最高です。ぷりぷりして美味しい!
お酒は主張しすぎず、素材の味を引き出します。


「こんにちは料理酒」を味見すると、すーっと甘みがあります。
通常の製造過程では3段仕込みのところ、6段仕込みとすることでより甘みが出せるそうです。
料理酒に対しても、酒蔵の強いこだわりを感じます。


素材のうまみを最大限に引き出す名脇役。
料理酒を使う料理をもっと作りたくなりました。


(ミュージックセキュリティーズ 神山)

============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222


2012年2月9日 20:58仕込み開始!

 被災地からのレポート

皆様

福島の大木代吉本店よりお便りです。

お酒を造っている社員はこんな方なんですねぇ。
楽しみです。

-------------------------------------------------------------------------
【大吟醸仕込が始まりました】

今年は大吟醸を3本仕込ます。
そして今年から担当者制にしました。
杜氏はもちろんんですが他2人は初めての仕込で、
酒造りを理解する貴著な機会になる事と思います。

以下が担当者です:
仕込1号 佐久間(女子マネージャー)
仕込2号 高綱杜氏
仕込3号 鈴木(頭見習い)


下写真は佐久間
普段の業務は帳簿管理や分析など。思い立ったら吉日で行動が早い、そして酒豪です。

大木代吉


高綱杜氏
新潟の銘醸蔵で腕を磨き、吟醸ブームの火付け役になった上善水如の産みの親。
勇退後に当蔵へ、そして下戸。清酒はおちょこ一杯でご馳走様。


鈴木
高校時代はバレー部キャプテン。
しかし今時の若者ながら控えめな性格、そして酒豪です。


【大吟醸1号仕込 佐久間】
住まいが蔵の近所という理由で当蔵の求人に応募。
当初は分析と杜氏の賄いが、持ち前の行動力、几帳面さで仕事をどんどん吸収。
現在は菌の培養や帳簿などなど、その他もろみ管理を猛勉強中。
もしドラを地で酒蔵の女子マネージャー。


さあ、まずはトップバッター大吟醸1号仕込!
夢の香を40%精米した白米の原料処理からスタート。
当蔵では吸水に重点を置いて、洗うというより浸漬です。
洗いから掛け流し、浸漬まで約7,8分で仕上げました。
もちろん目標吸水率で仕上げました。
(白米吸水率 10% 洗米吸水率 麹 131% 、掛米128%)


(米洗い作業の様子)
大木代吉




(洗米後)
大木代吉


外はフュ〜と寒風が吹きすさびます。今年は寒い〜!


(つらら)

大木代吉


============================

大木代吉本店を応援する被災地応援ファンド、

「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年2月4日 21:482月の応援ファンドイベント参加決定!!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です。


本日は大木代吉本店の大木社長が参加する

イベントについてご連絡します!



今月、「セキュリテ被災地応援ファンド」が主催する

下記2イベントに大木社長のご参加が決定いたしました。


当日は大木社長自ら酒蔵の被災状況や、現在の福島が

直面する問題など、お話いただきます。


現在ご出資をご検討されている方はもちろん、

すでにご出資頂いている方のご参加も大歓迎です!

ぜひ、奮ってご参加ください。


============================


被災地応援ファンド主催セミナー

「被災地の産業復興・雇用回復に私たちができること」


日 時:2012年2月10日(金)14時開場 14時30分開演(終了17時15分予定)

場 所:河北新報社本社ビル 河北ホール

        宮城県仙台市青葉区五橋一丁目2-28

定 員:80人(立ち見となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。)

参加費:無料

詳細・お申込:

https://www.securite.jp/news/oen?a=653


============================


「セキュリテ被災地応援ファンド説明会」


日 時:2012年2月24日(金)  19:00-21:30(受付18:30)

場 所:新丸の内ビルディング  10階 創生ビレッジ内

(アクセス)http://www.tokyo21c-club.com/open/info/access.html

定 員:80人(立ち見となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。)

参加費:無料

協 力:三菱地所株式会社

詳細・お申込:

https://www.securite.jp/news/oen?a=595


============================


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年1月31日 18:08小野酒造店小野さんに訊く

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!


本日は前回のブログにも記載(予告)しましたが、

先日の「自然郷」応援イベントでご一緒させて頂きました

「夜明け前」を醸す小野酒造店の小野庄平さんの

インタビューを掲載いたします♪



=====================================


筆者:よろしくお願いいたします。

それではまず、小野さんから見て、大木社長はどういった人でしょうか?


小野:大木さんは真面目な方だと思います。

酒造りに対する考え方もそうですし、人との関わりの面でも本当に

真面目な方です。


筆者:私もそう思います。

年下の私に対しても、丁寧な言葉遣いを欠かさないですよ。


小野:お酒の味にも大木さんの性格が出ていると思いますよ!

あと、パソコンの使い手ですね。

私たちが取り組んでいる会のパンフレットなども、

大木さんにお願いしてしまうことが多いです。


筆者:おかげさまで私たちもファンドを作りやすかったです。

酒蔵の方の中にはあまりパソコンに強くない方もいらっしゃいますので、

大木社長は希有な存在かもしれませんね。


小野:蔵元は酒造りで忙しいですからね…(笑)


筆者:ところで、先ほどお話しに挙がりましたが、小野さんや

大木さんが参加されている会というのがあるのですか?

詳しく教えてください。


小野:はい。

約10年ほど前から全国11の酒蔵と『有志蔵元の会』を運営しています。


<参加蔵一覧>

・陸奥八仙(青森)  ・刈穂(秋田)

・自然郷(福島)   ・東力士(栃木)

・鶴齢(新潟)    ・夜明け前(長野)

・開運(静岡)    ・富久長(広島)

・月山(島根)    ・酒一筋(岡山)

・七田(佐賀)


現在はお酒と料理を楽しむ会や試飲会を年に数回開催しています。

イベントには100~150名ほどの日本酒ファンが集まりますよ。

大木さんともこの会に入ってからのお付き合いです。


筆者:会のメリットはどういったところにあるのでしょうか。


小野:以前は問屋や酒屋が主催する会にも入っていましたが、

派閥とかあったりして…。

いまの会は良い意味で自由気ままにイベントを開催できるのが

良いところでしょうか。


筆者:なるほど。

今回のイベントも、この『有志蔵元の会』のメンバーが

お酒の提供をして成り立っているんですね。


小野:大木さんのところの被災状況を見れば誰でもそう思うでしょうが、

少しでも大木さんの復興に協力したい、それが会員蔵みんなの

願いです。


筆者:このイベントは今後も続けていくのでしょうか?


小野:大木さんの被害の大きさを考えると、支援は長い期間していく

べきだと思います。ぜひ今後も続けていきたいと思います。


筆者:ありがとうございました。


=====================================

 

2月以降も毎月第四火曜日にイベント開催いたします!

みなさんもぜひ、飲んで大木代吉本店の支援にご協力ください!!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年1月29日 22:08自然郷応援イベントに行って来た!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です。


本日は24日(火)、東京・新丸の内ビルで行われた

大木代吉本店の「自然郷」応援イベントの様子をアップします!


以前本ブログでもご紹介しましたが、毎月1回

大木代吉本店さんのご友人の酒蔵が、

新丸の内ビルにてチャリティーイベントを開催しております!


過去の記事:

https://www.securite.jp/news/oen?a=556


今月は24日火曜日に開催、

今回は「刈穂」を醸す秋田県・秋田清酒さん、

そして、「夜明け前」を醸す長野県・小野酒造店さんが

お酒の提供をされていました!



お店の前には「夜明け前」の大きな垂れ幕が。

お店の中はこんな雰囲気です♪




当日は小野酒造店の小野様(写真右)がいらっしゃっており、

お酒を楽しみつつ、蔵元の話も聞くことができました。

(インタビュー内容は後日アップします!)

隣(写真左)は本イベントをコーディネートする寺田さん♪



もちろんお酒も頂きました!

応援する「刈穂」「夜明け前」の利き酒セットや、

「自然郷」を始めとする大木代吉本店のお酒も

飲むことが出来ます!



次回は2月28日(火)の開催です!

ぜひ皆さんも飲みに来てくださいね!!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

2012年1月24日 20:56【大木代吉本店】 大吟醸の仕込

 被災地からのレポート

震災後の今期は定番の商品のみの仕込を予定していましたが、

福島の信頼は感動を与える酒造りと考え、

今期も引き続き大吟醸の仕込に挑戦することにしました。


華やかで、心を豊かにさせてくれる究極の酒。

もう一度福島に注目が集まるように!



自然郷大吟醸 [スペック]

原料米 夢の香(福島県のオリジナルの酒造好適米)

地元契約農家との恊働栽培(特別栽培米)

総米220kg

精米歩合 40%

酵母 アデニン要求性酵母

麹 白夜


原料米である夢の香は山田錦などと比べ硬度が柔らかく、

高精白に耐えられない品種ですが、

同じ県内の酒造メーカー様のご協力で

最新の精米機をおかりし40%精米する事が出来ました。


古くは酒造りは一麹、二もと、三造り(もろみ)といったものですが、

最近は情報の少なかった原料処理に注目され、

そのできがその後の工程でも左右されるといっても過言ではありません。

麹や仕込に最適な酒米の蒸し上がりは作業の潤滑油となり、

レベルアップの第一歩でもあります。


今後大吟醸の仕込の様子は酒造りと同時進行でお伝えします。

まずは当蔵に入荷した夢の香の原料処理から。


ご期待下さい!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=222


 

 

2012年1月6日 17:26【大木代吉本店】 「自然郷」応援イベントのご紹介

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!日本酒担当の朝香です。


本ブログでもご紹介させて頂きましたが、

年末のテレビ放送、ご覧頂けましたでしょうか?

蔵元と杜氏の二人三脚で作り上げる料理酒造り、

ぜひ応援したくなりますね♪


さて、本日は大木代吉本店の応援イベントのご紹介です。


東京・丸の内の新丸の内ビルディング、

その7階レストランフロアに位置するイベントスペース

「TOKYO SOUL STATION」

http://www.raimuraito.jp/bar/


ここで毎月第4火曜日に大木代吉本店の応援イベントが

開催されています!

詳細はコチラ ↓↓↓



お近くにお住まいの方、丸の内で働かれている方を始め、

多くの方のご来訪をお待ちしております!!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222


 

2011年12月29日 13:15【大木代吉本店】 蔵元より年末のご挨拶

 被災地からのレポート

出資者の皆様


この度は「大木代吉本店自然郷再生ファンド」に

ご出資頂きありがとうございます。


今期の酒造りは被災した状況にあり困難と思われましたが、

ご支援により酒造りにすることができました。

(来年3月までを予定)


弊社では震災後も地元で契約栽培(特別栽培米)を行ないました。

精度の高い放射能検査でふるいにかけ、

未検出米のみを一部の仕込に使用します。


また今期の仕込は当初定番商品のみを予定しておりましたが、

福島の食の安全や醸造技術はどんな状況であろうとも、

自ら証明しなくてはいけないと考えるようになりました。


今期作付けした福島県の酒造好適米「夢の香」で大吟醸を仕込み、

至上の酒を目指します。


食の安全は食に携わる全ての人の願いです。

醸造を通じて福島の食の再生、そして自然郷の再生に取り組んで参ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2011年12月29日 10:35【大木代吉本店】「六段仕込み」のお酒をご存じですか?

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です。


先日当ブログでご紹介させて頂きました試飲販売でも販売好調、

また明日30日のテレビ放送(http://p.tl/V2ZG)

でもクローズアップされる「こんにちは料理酒」。


今回のブログでは、その「こんにちは料理酒」の製造の様子、

およびその旨さのヒミツを大木社長がご紹介します♪


====================================


酒造りは香り、味など利き分けながら五感をフルに働かせ、

それと同時に発酵もろみの分析データで再チェックします。


分析


検温


こんにちは料理酒の仕込は6段仕込。

1、2、3段仕込をした後に更に4、5、6段仕込をします。

濃厚な味わいは6段におよぶ仕込と微生物を愛でる心によって醸されます。


櫂入れ


====================================


年末年始は「こんにちは料理酒」を使って、

お家で美味しい料理を作ってみるのはいかがでしょうか♪



「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=222

2011年12月28日 13:34【大木代吉本店】 メディア情報更新!!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です。


本日は大木代吉本店さんのテレビ放送情報をアップします。



12月30日(金)15:00より、BS-TBS「ニッポンのさしすせそ」に

大木代吉本店が特集されます!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」の詳細情報にも記載しておりますが、

大木代吉本店の主力商品として、純米酒「自然郷」と肩を並べるのが、

料理酒「こんにちは料理酒」。

(実は私も先日の明治屋試飲販売時に購入済みです笑)


その「こんにちは料理酒」を題材に、調味料としての日本酒に

着目した内容となっております!


日中の放送となりますが、お休みの方は大掃除の合間の息抜きがてらに

ぜひご覧ください!!



===================================

日時:12月30日(金) 15:00~15:30

番組名:BS-TBS 「ニッポンのさしすせそ」

番組ホームページ:http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/JNT1001000


※過去に放映された内容の再放送となります。

※都合により放送内容が変更となる可能性がございます。

===================================


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=222

2011年12月27日 19:42【大木代吉本店】 明治屋広尾ストアーにて試飲販売開催中!

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です。


本日は試飲販売開催のお知らせです。



高級住宅街として有名な東京・広尾にあります「明治屋広尾ストアー」。

こちらで12月26日から1月7日まで(正月三が日を除く)、

大木代吉本店の試飲販売が行われております。


主力銘柄である純米酒「自然郷」はもちろん、たまご酒やゆず酒などのリキュール、

お正月に最適な豆樽酒、酒粕で漬けた自家製のお漬け物もご用意しております!


大木社長は大晦日の31日に登場します!

お近くにお住まいの方は、お気軽にお越しください!!


(写真は昨日の様子です)


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」の詳細はこちら:

http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=222

2011年12月26日 10:40【大木代吉本店】 四段の櫂入れ

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは!

日本酒担当の朝香です!


前回のブログにて大木代吉本店・大木社長のコメント、

みなさんお聞き頂けたでしょうか!?


地震被害、風評被害を受けながらも、

蔵元は復興に向けてすでに立ち上がっております。

ぜひ、厚いご支援を頂けますよう、お願い申し上げます。


さて、大木社長からのお便りを掲載します!


==================================


気温、並行複発酵、開放発酵、品種差異、微生物…

酒造りには不確定要因が多く一筋縄ではいきません。


今期は経験と勘という職人の仕事に頼りながらも、

新たな実験的な取り組みやデータの抽出を重ね、

更なる飛躍を目指しています。


震災以降、熟練の技と若い力が一体となったチームワークが

復興への原動力となっています。


<本日の一枚> 四段の櫂入れ(かいいれ)


上槽(搾り)を控えるもろみに四段仕込といって甘酒を加えることがあります。

50~53度で一昼夜糖化させると、なんともいえない甘い香りを放ち、

米が甘酒となります。

この甘酒を加えた酒は荒々しいアルコール感がとれ、

口当たりの良い酒へと一変します。



==================================


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」の詳細はこちらから

https://www.securite.jp/fund/detail/222

 

2011年12月19日 13:10【大木代吉本店】 蔵元紹介および被災状況(動画あり)

 被災地からのレポート

みなさん、こんにちは。

日本酒担当の朝香です。


11月末から募集を開始しました

「大木代吉本店自然郷(しぜんごう)再生ファンド」。

すでにご参加頂きました皆様には、蔵元に代わり御礼申し上げます。


大木代吉本店が位置するのは、福島県西白河郡矢吹町。

福島というと原発の影響が大きいとお考えかもしれませんが、

実は地震の直接的な被害もかなり発生しています。

特に矢吹町は福島県の中でも震災被害が特に大きかった場所です。


本日はyoutubeにアップされている動画をご紹介します。

皆様の目で、被害の状況をご確認ください。

また、蔵元の紹介もあります。

大木社長の人柄もぜひ感じて頂ければ幸いです。


※動画は音声が付いております。再生の際にはご注意ください。





「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちらから↓↓↓

2011年11月30日 20:20大木代吉本店自然郷再生ファンド受付開始

 被災地からのレポート

(12月13日修正、リンク先誤りにより修正いたしました。大変失礼いたしました。)

詳細・お申込はこちら:

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • お肉のファンド
  • 結果が早く見えるファンド
  • 「finan=sense.」特集
  • 	【ご奉仕価格】三陸プチ焼きほや (2月28日まで)