矢部園伊達茶ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2018年11月19日 20:49

「茶摘み」「伊達茶ペットボトル」 完成披露記者発表会 (11/21)

皆さま

いつも【矢部園伊達茶ファンド】を応援いただきまして、誠にありがとうございます。
本日は矢部園より新商品、「茶摘み」と「伊達茶ペットボトル」完成披露記者発表会のお知らせです。

茶農家のみなさんは、気まぐれな自然を相手に納得できるお茶を創り出そうと、日々試行錯誤を重ねながら手間暇惜しまずがんばっていらっしゃいます。その情熱と技を、消費者に伝えたい。そして、農家の仕事に見合った報酬をお返ししたい。矢部園のペットボトルは、そんな思いから生まれました。
どんなにパッケージを飾っても、どんなに宣伝を駆使しても、日本茶は栽培した茶葉の風味以上においしくすることはできません。農家のプロフェッショナルな仕事を心からリス ペクトし、茶葉のおいしさを引き出して、「茶摘み」と「伊達茶」に到達しました。 この画期的なペットボトル茶が、本物のお茶の味と香りを広く伝えてくれることを願っております。 広く私どもの取り組みにつきまして、ご取材、報道を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。 


「茶摘み」はペットボトルのふた部分に、粉砕した茶葉そのもの(100g3,000円相当)が入っていて、キャップをひねった時に初めてお茶が冷水に溶け出します(水とお茶を分離することで1年半の賞味期限を獲得できました)。
心をいやす芳香や、ゆたかな旨みと甘みを体験できる一品にしました。
いつでも、どこでも、だれにでも新鮮で最高級のお茶をつくることができ、愉しめることが最大のポイントです。



「伊達茶ペットボトル」は、石巻産の茶葉から最高のおいしさを引き出したぺットボトル茶。ふくよかな香りとまろやかな味わいの煎茶です。


 

塩釜の復興の道のりはいまだ遠い状況ですが、確実に盛り上がりをみせていっているのも事実でございます。
この度の記者会見も、塩竈の地で行うことの意味、中央の方々へしっかりとお伝えして、地方、とりわけ被災沿岸部の魅力というものの価値を商品化していくための切っ掛けづくりとしても、積極的に発信していただきたいと思っております。

画像をクリックすると商品詳細と、矢部園の想いをご覧いただけます。
/data/blog/archive/original/44032.jpg  /data/blog/archive/original/44033.jpg