北海道網元浜中丸サケファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年3月31日 14:46

北海道の被災地は見捨られてしまうのか・・・(ブログご紹介)

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
ミュージックセキュリティーズの渡部です。

 

既にご覧頂いた方もいらっしゃるかと存じますが、
ヤマジュウさんのホームページにリンクされております、
中小基盤整備機構 北海道支部 北海道地域活性化事務局
プロジェクトマネージャー 大熊一精 様のブログをご紹介致します。

 

地震が発生して2か月ほどたった5月14日と
11月29日の記事がご紹介されています。

 

yamajyublog

 

================================
北海道の被災地は見捨られてしまうのか(2011年5月14日)

 

東日本大震災での北海道浜中町(霧多布)の津波被害については、
このブログの3月24日の記事と、4月26日の記事で取り上げた。

 

後者のNHK総合テレビのニュース映像は、その後、
5月10日朝7時30分頃のNHK全国ニュースでも放映された
(当初はその前週に放送予定だったのがビンラディン暗殺で1週間遅れとなった由)。
全国放送の反響は大きく、商品を買いたいという一般消費者からの声や、
商品を取り扱いたいという卸業者からの申し出が相次いでいるそうだ
(ちなみに商品は大丸札幌店地下1階のきりたっぷ網元浜中丸ショップで買えます)。

 

ただ、被災した工場は、いまだ仮復旧に過ぎない。
NHKを含め応援してくれる人が増えているのはありがたいことではあるが、
いくら買ってくれる人がいても、いかんせん、
肝心の商品を本格的に生産することができない。
機械設備を以前と同じ状態に戻すには、それ相応の資金が必要なのだが、
NHKのニュースでも言っていた通り、既存の借入が残っている現状では、
仮に借りられたとしても、返済していくことが難しい。
でもとりあえず借りてみればいいじゃないですか、というのは、
事業者にとっては危険過ぎるギャンブル(そしておそらくは自殺行為)だ。

 

・・・・(全文を見る

 

※(全文を見る)もしくは題名をクリックして頂くと全文ご確認頂けます。

 

北海道だけど被災地(2011年11月29日)

 

東日本大震災の大津波で工場が壊滅した
株式会社ヤマジュウ(北海道浜中町霧多布=きりたっぷ=)の再建を応援する
「北海道網元浜中丸サケファンド」の募集が始まりました。
1口10,500円から申し込めます(5口以上の申込で、時不知鮭の切身など
「網元浜中丸特製セット」の送付がある由)。

 

東日本大震災の津波といえば三陸海岸という印象が強いかと思いますが、
北海道の太平洋側でも大きな被害が出ました。
それがほとんど報道されていないのは、三陸海岸の被害があまりに甚大だったことに加え、
死者・行方不明者が1名だったことや、もしかするといかにも
津波で押し流されましたという「絵」がなかったことも、理由なのかもしれません。

 

私にとって、霧多布というのは、学生時代に何度も訪れた
思い出の地でもあります(大学4年の秋にぶらぶらしていて
「その辺の山を買わないか」と言われたこともあります)。

 

ヤマジュウの工藤社長とは、そうしたこととはまったく無関係に、
数年前、ご縁ができました。
「鮭の切り身を1600円で売っている」と聞いて「そんなもん誰が買うんだよ」
との思いを抱きつつ、約20年ぶりに霧多布を訪れ、ヤマジュウさんで
超高価格の鮭(一切れ1600円)を焼いていただきました。

 

・・・・(全文を見る

 

※(全文を見る)もしくは題名をクリックして頂くと全文ご確認頂けます。
================================

 

現在いくつかの設備は導入できておりますが、
これから原材料や資材、追加設備が必要となってきます。

 

ご友人などにご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ぜひご紹介頂ければ幸いです。

 

引き続き、応援宜しくお願い致します。

 

=========================
【北海道網元浜中丸サケファンド】
https://www.securite.jp/fund/detail/211

 

【北海道きりたっぷ網元浜中丸セキュリテセット】
現在、株式会社ヤマジュウの厳選時不知鮭の詰合せセットを販売中です。
ご自身でお楽しみ頂くのはもちろん、贈り物にもご利用下さい。
https://www.securite.jp/news/oen?a=496

 

sake