ファンド詳細運用中

美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド

めっちゃ美味しい魚を食卓に!海の専門家たちの挑戦

一口金額31,710円 申込状況運用中
地域兵庫県 姫路市 参加人数 158人
分野食品製造、酒 募集総額21,000,000円
募集期間2014年12月15日~
2015年11月30日
シリーズキラリひょうごプロジェクト
特典
骨まで食べられるハモのかば焼風など、
播磨灘天然魚詰め合わせセット
(5,000円相当、送料込)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド
営業者 有限会社播磨海洋牧場
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 21,000,000円 (700口)
申込単位(1口あたり) 31,710円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,710円)
(上限口数:33口)
募集受付期間 2014年12月15日~2015年11月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2015年6月1日~2020年5月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 2016年5月31日(無分配期間)
第2回決算日 2017年5月31日(無分配期間)
第3回決算日 2018年5月31日(分配期間)
第4回決算日 2019年5月31日(分配期間)
第5回決算日 2020年5月31日(分配期間)
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
262,500,000円
予想リクープ
年額売上金額(税抜)
87,500,000円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行われないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。
なお、取扱者では、出資金の受取口座として普通預金を利用しておりますが、その後の資金管理については、取扱者から倒産隔離された信託口座により分別管理を行っています。
・出資金の取扱い:出資金は、取扱者の普通預金口座で受け取り、一定期間毎に信託口座に移動され分別管理が行われます。その後、信託口座から営業者へ送金されます。
・分配金の取扱い:分配金は、営業者から取扱者の信託口座へ送金され分別管理が行われます。その後、信託口座から匿名組合員へ分配金が支払われます。

6.製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7.販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下、個人の消費者を中心に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。


9.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

11.資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、本匿名組合事業を開始することができないリスクがあります。また、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16.食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品は、何かしらの原因により営業者の販売した製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

17.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続的に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18.風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

19.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20.本匿名組合契約未完成のリスク
出資金募集最低総額(5,000,000円)に満たない場合、本匿名組合契約は終了します。そのため、本匿名組合契約が未完成となる可能性があります。すでに払い込まれた匿名組合出資金については返還いたします。この場合、当該匿名組合出資金に利息は付きません。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(分配期間3年間、2017年6月~2020年5月)の累計売上金額(税抜)は450,000千円(年平均売上金額150,000千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は262,500千円(年平均売上金額87,500千円)です。なお、営業者の前期(2014年5月期)の実績売上金額(税抜)は56,418千円です。


(2)事業計画上の実現施策について
営業者は播磨灘で採れる天然魚を用いた製品を製造加工する水産加工会社です。設立は平成13年で、これまでに魚の加工方法を工夫することで付加価値を付けて販売するノウハウと実績を積み重ねてきました。今回の出資金を利用し、設備投資を行い生産・販売量を拡大し、また、新規の取引先の確保と直営店での小売販売に力を入れることで事業計画の達成を目指します。

a. 生産能力
出資金を利用し取得する設備(鱗とり機、三枚おろし機など)により、年間売上1.8億円分の生産能力は確保できる見通しです。

b. はりかい姫路城店(直営店)
2011年開店したお土産を中心として販売してきた直営店を、2014年3月に飲食店に業態変更しています。現在までに売上は順調に伸びてきており、前期に年間250万円程度であった売上が今期は900万円程度の水準の売上を計上しています。また、2015年3月には姫路城の改修も完了し、観光客が大幅に増えることで、さらなる売上の増加が見込まれます。さらに、事業計画では2年目に直営店2店舗目を開店する計画で、1号店であるはりかい姫路店のノウハウを活かして売上を確保する見込です。

c. 国内販売の拡大
既存取引先のデパートへの売り込み、生協への新たな売り込み、介護施設へ介護関連サービス会社とタイアップすることで、販路の拡大を図ります。今期においては、既に新規のホテルへの商談を獲得し、年間500万円程度の売上の増加が見込まれます。

d. 海外販売の拡大
前期より、多くの商談会、展示会に参加するようにしており、2014年6月以降でも(4社獲得)年間1,000万円程度のペースの売上を新規に獲得しています。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×8%÷700口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×8%÷700口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.4%÷700口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2014年12月15日~2015年11月30日
2 会計期間 2015年6月1日~2020年5月31日
3 分配期間 2015年6月1日~2017年5月31日:無分配期間(2年間)
2017年6月1日~2020年5月31日:分配期間(3年間)
4 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
5 報告日 決算日から45日以内
6 決算日 第1回決算日 2016年5月31日(無分配期間)
第2回決算日 2017年5月31日(無分配期間)
第3回決算日 2018年5月31日(分配期間)
第4回決算日 2019年5月31日(分配期間)
第5回決算日 2020年5月31日(分配期間)
7 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2014年11月30日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2014年11月30日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド
播磨海洋牧場は水産学博士号や水産学修士号を持つ海の専門家集団です。独自の技術とノウハウで最大限に引き出されたその魚の美味しさは、他では真似できない最高の味わいをかもしだし、ミシュラン一つ星のすし処にも認められています。鮮魚の需要が縮小傾向にある今日、より手軽に食べられる本格的な鮮魚の加工品を開発し、もっと多くの人に魚を食べてもらうことで将来的な市場拡大に貢献し、魚の食文化を次世代に伝えていくことを目指します。

本ファンド対象事業の魅力

ミシュラン一つ星のすし職人も認めた味の違い。その秘密は?

播磨海洋牧場で扱っている海産物は、ミシュラン一つ星のお店として知られる大阪・京橋のすし処広川や、東京・赤坂の世界中から予約の殺到するレストランとしても有名なTAKAZAWAにも選ばれています。独自の技術とノウハウで締められた同社の魚は、味が全然違う、ということで非常に高い評価を得ています。

その美味しさの秘密は、「人」と「技」にあります。播磨海洋牧場の社員は、水産学の博士号や修士号を有する海の専門家です。魚が大好きなことはもちろんですが、全員が魚の美味しさを最大限に引き出す方法を知り尽くしています。その秘訣は魚のストレスを抜くことにあり、さらに一気に活締めにすること、神経を抜くことなど、その「技」についても研鑽を重ね、独自のノウハウを蓄積してきました。

「人」と「技」に支えられ、播磨灘の新鮮な天然魚が「美味しい」のさらに上をいく「めっちゃ美味しい」ものと知ってもらいたいという強い想いを大切にしながら、播磨海洋牧場は他社では真似できない独自の事業を展開してきました。

国内有数の漁場、播磨灘で獲れる天然魚
播磨海洋牧場で扱う天然魚は、播磨灘で獲れた魚介類にだけに限定されます。播磨灘とは、瀬戸内海の東側に位置する、世界最長のつり橋である明石海峡大橋がかかる明石海峡、うず潮で有名な鳴門海峡、そしてオリーブの産地として有名な小豆島に囲まれた海域を指します。

この海域は水深が非常に浅く、潮の流れが速いため、魚の餌となるプランクトンや小魚が豊富です。豊富な餌に恵まれながらも速い潮の流れにもまれて育つ魚は、身も引き締まり味が良くなるため、古くから播磨灘の魚は高級品として重宝されてきました。春は真鯛、夏はハモ、秋はシャコに冬は牡蠣やカザミと、多種多様な魚介類の一大産地として知られています。

食卓から消えていく魚と海の専門家たちの挑戦

外食産業では回転寿司や海鮮居酒屋といった業態が好調で、海産物は一定の人気を博していると言われています。その一方で、自宅で鮮魚を調理する機会は減少傾向にあり、スーパー等の小売における鮮魚の売り上げは、年々、縮小の傾向が見られます。

家庭で鮮魚を下ろす人(下ろせる人)が減っていることが原因の一つとして挙げられていますが、その結果として子どもがあまり魚を食べなくなり、次世代にかけて魚の需要減少が拡大するのではと懸念されています。また、調理前の魚がどんな姿をしているのか知らない子供達が増えるなど、食育面における課題も指摘されています。

魚が本当はとっても美味しいことをもっと子供たちに知ってもらいたい。そのためにも、もっと家庭の食卓に魚が並ぶようにしなくてはいけない、そう考えた播磨海洋牧場は、海の専門家の知識と技術を最大限に発揮し、手軽に食べられて本格的に魚の美味しさを味わうことができる、そんな画期的な商品を開発することでこの課題を解決するという挑戦を開始しました。

温めるだけで手軽に美味しく、しかも骨まで食べられる商品を開発

独自の技術により最大限まで引き出された鮮魚の美味しさを閉じ込めること。しかも簡単に食べられること。様々な課題をクリアし、研究と試作を重ねながら商品開発は順調に進んでいます。家庭で手軽に食べられるよう、最新の凍結機を活用し、温めるだけで美味しく食べられる商品を開発しました。

さらに、播磨海洋牧場のユニークな点は、ハモや鯛など骨が多く、加工も食べるのも大変な魚を骨ごと食べられるようにした商品の準備を進めていることです。子供にとっては骨のある魚を食べることは、食育の観点から非常に良い効果をもたらすと言われています。また、ご高齢の方や噛む力の弱い方などが多い介護施設などへの販売も期待されています。

これらの所品は既に播磨海洋牧場の直営飲食店である「はりかい姫路城店」で提供を開始しており、多くのお客様から大変なご好評をいただいております。

営業者紹介

有限会社播磨海洋牧場

1999年創業。当初はクルマエビの養殖と水産コンサルティングを行う。現在は、播磨灘の天然魚の活魚・鮮魚の仕入れ及び販売及び水産コンサルティングを行っている。
2011年に姫路城前にて直営店はりかい姫路城店を開店。

【会社沿革】
1999年 創業 当初はクルマエビの養殖と水産コンサルティング
2001年 有限会社化 
2003年 播磨灘の活魚・鮮魚の販売事業
2009年 姫路市白浜工場完成 水産加工事業(冷凍)の開始
2011年 直営店「はりかい」姫路城店営業開始
      ひょうご農工商ファンド事業 採択

代表者紹介

代表取締役 向井昭博

北里大学水産学部水産増殖学科水産増殖学専攻
クルマエビの養殖、その他甲殻類の種苗生産及び中間育成や海洋生物の調査、実験、研究に携わる。
またどうぶつ奇想天外等のメディアへの海洋生物の映像及び写真販売も行う。

【代表メッセージ】
播磨灘の魚は日本でもトップレベルに入る魚種が数種類あります。その魚たちが本来持っているおいしさを引き出し、お客様に美味しく食べていただくのが我々の仕事です。日本の重要な魚食文化、和食の中核をなす水産業の発展と繁栄に貢献していきたいとを心より願っております。
本事業を通じて一人でも多くの方に、播磨灘の天然魚の本当の美味しさをお伝えしていきたいと思います。
皆様の応援のほどどうぞよろしくお願い致します。

ファンド対象事業内容

有限会社播磨海洋牧場が行う、播磨灘の天然魚の販売、天然魚の加工製造販売及び水産コンサルティング事業(会社全体の事業)です。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

【1口コース】播磨灘天然魚の加工品詰合せセット(5,000円相当、送料込み)

・牡蠣の燻製 2個
・牡蠣のハーフシェル 2個
(半分殻をむいて冷凍で発送。お湯で解凍するだけ食べられます。)
・焼き鯛1匹
(温めるだけで骨ごと食べられます)
・蒲焼風ハモ
(温めるだけで骨ごと食べられます)
・白子の燻製1本

【3口コース】牡蠣パーティ用牡蠣セット(15,000円相当、送料込み)

・牡蠣のハーフシェル 24個
・白子の燻製2本
・牡蠣の燻製2個

【5口コース】ワタリガニの味噌鍋セット(25,000円相当、送料込み)

・ワタリガニ3匹(500g程度)

【10口コース】ワタリガニ鍋と刺身の海鮮パーティセット(50,000円相当、送料込み)
・ワタリガニ4匹
・イカのお造りセット4杯
(切るだけでお刺身になります。すべて処理した状態でお届けします)
・マダコの足8本
(切るだけでお刺身になります。ボイル・カットし足だけお届けします)



(注1) 時期・在庫状況により、内容が変わります。詰め合わせの内容は、おまかせください。
(注2) 複数口数お申込の場合に、同じ特典を複数回に分けて発送や、口数の組合せ、ギフトとしての発送などもご相談に承ります。
(注3) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注4) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注5) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2015年11月29日 08:06One day more.

当ファンドの募集期間も明日までとなりました。

日本の水産業を取り巻く環境は年々厳しくなっていますが、このような時代だからこそ、「めっちゃ美味しい魚を食卓へ」といった理想を掲げて事業に取り組んでいます。

最近、テレビ番組などで神経締めが紹介されるようになりました。
これは、お魚を美味しくする方法の1つですが、「美味しい」の上を行く「めっちゃ美味しい」にするには、もう一手間かける必要があります。

その秘訣は、絞める前に魚のストレスを抜いてあげることです。
ストレスが抜けたかどうかを見るには、血抜きするとよくわかります。

獲れたての魚(ストレスのかかった魚)の血は、水っぽくて、出てくる量も少ないのです。
一方、ストレスが抜けた状態では、濃い血が大量に出てきます。

血抜きが十分でないことは、体の中に血が残った状態を意味するので、時間がたつと共により「生臭さ」が強くなってくるのです。

弊社の取り組みの中では、「そこまでせんでも」と意見されることも多々ありました。

魚食文化というものは、魚をよく食べることだけではありません。
魚を獲る技術に始まり、処理や保存の方法、品質を評価する目利き、調理に使う道具の発達や調理方法の工夫など、魚と親しんできた食生活の中で蓄積されてきた知恵や知識を受け継いで行くことにあると考えています。

本日のファンドニュースの表題「One day more.」、ミュージカル『レ・ミゼラブル』から頂きました。

「あと1日で終わる」という意味で使ったのでなく、播磨海洋牧場にとって、あと1日たつと新たな決戦の時を向かえるという心境を表現したものでございます。

これからも、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 

2015年11月27日 11:52本日の神戸新聞にクラウドファンディングのセミナーが紹介されました。

093

日本国内において国産天然魚の消費は減り続けていますが、和食の世界的ブームにより海外からの要望が増え続けています。

播磨海洋牧場では、海外での営業も積極的に行っています。
そこでは、現地の料理人様から、いろいろな問題点を聞くことができました。

ほとんどのすし職人様は、「うちは鮮魚しか扱わん」と言ってきます。
ところが、よく話を聞いてみると、「状態のよい魚もあるけど、全然だめなのもよく混ざっている」とか「値段がものすごく高い時もあれば、安いときもある」など不満もたくさんあるようです。

元々、「鮮魚第一主義」の文化は、地産地消が原点になっているものです。
それを冷蔵技術の発展により、国内のほとんどの地域をカバーできるようの発展してきたものです。

それを海外まで拡げるとなると、時間と品質のバランスに無理が生じてきているのです。

このようなデメリットを鑑みて、播磨海洋牧場では冷凍した魚を提案しています。
しかしながら、一般的に冷凍品に対するイメージはあまりよくありません。
これは、鮮魚主義の市場では、あまった魚(品質の悪いもの)を冷凍に回していたからです。

魚のストレスを抜いて、活け締め、血抜き、神経絞めなどの処理を施した魚をドリップの出ない冷凍法で商品化すると、解凍した時の魚は、へたな鮮魚を遙かに上回る状態になっています。

さらに、海外では魚を上手にさばける人もそう多くないので、厨房での品質維持と調理の効率化を提案するために、三枚におろした状態での納品を薦めてきました。

今回のクラウドファンディングは機械導入によるコスト削減と販路拡大を目指したものですが、上記のような海外事業戦略も含まれております。

ファンドの募集期間もあと4日間となりましたが、何卒、応援をよろしくお願いいたします。

2015年11月26日 12:21より効率化を目指して

姫路は、ハモの水揚げ量の多い所です。

しかしながら、ハモというお魚は徳島、淡路島、宮崎、大分、鹿児島などライバルとなる地域が多く、ある意味、激戦を強いられています。

その割には、好んで食べるのは西日本の方に偏っていて、関東、東北、北海道ではなじみのない魚なので積極的に食べてくれません。

また、ハモは小骨が多い魚なので「骨切り」という職人技が必要な食材です。
そのため、ライバルたちは「骨切り」しないと売れないと思い込んでおられます。

播磨海洋牧場では、その定説を思い切って捨てることで、ハモの販売促進につなげようと考えました。

職人技の習得より、調理機のスイッチを入れることで小骨の問題を解決し、ハモの新しい商品化ができたわけです。

カルシウムたっぷり、骨まで柔らかハモの蒲焼き
011

原料となるハモは、一般的に使われているものより大きいハモになるので、価格競争に巻き込まれにくいというメリットもあります。

次のステップは、ハモを開きにする工程について、機械に頼りたいと思っています。

今は、若手社員が手作業で開きにしています。一匹を処理するのに数分は係ってしまいます。
092
先日、機械のデモを行ってきた時には、ほんの数秒でハモの開きが出来上がってきました。
しかも、手作業と遜色ない仕上がりレベルでした。これなら、誰でも簡単に作業できそうです。

当ファンドでは、このような機械による製造のシステム化のための応援をお願いしております。
募集期間が残り少なくなっていますが、もっと多くのお力を借りたいと思っております。

事業の遂行は決定済みになっていますので、来年(2016年)は、加工と営業について社員一同、頑張っていく所存であります。

よろしくお願い申し上げます。

2015年11月25日 16:52「ご当地アイドルが行く!ふるさとビジネス自慢」兵庫県 姫路市 KRD8

中小企業・小規模 事業者の未来を支援するサイト「ミラサポ」様による、「ご当地アイドルが行く!ふるさとビジネス自慢 姫路編」の中に播磨海洋牧場が紹介されています。

弊社の事業の一端がわかる動画になっています。




募集期間が残り少なくなっていますが、もっと多くの方からお力を借りたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます。

2015年11月24日 14:17オンリーワンのはりかい商品

当ファンド募集期間も残り一週間をきりましたが、多くの応援をよろしくお願い申し上げます。

子供がお魚を食べたがらない理由の第一位が「小骨があるから嫌い」というものです。
はりかいの社員も、未だに小骨が刺さって痛い思いをする経験があります。

また高齢化社会を迎え、小骨の問題があるお魚は食材として難しい時代に入ってきました。

播磨灘ではハモとマダイがめっちゃ美味しい魚としてありますが、どちらも「骨がイタイ」魚です。
美味しいのに食べづらい。

そこで、「骨軟化技術」を駆使してハモの蒲焼きとリアルたい焼きを加工品としてリリースしました。

おそらく、大手企業さんでは「難しい」の一言で採用されない魚種であろうという目論みもありました。

お客様にとって、最初は取っつきにくかった「骨まで柔らかシリーズ」も順調に販売実績が上がってきております。

これからもちょっとしたアイデアで、めっちゃ美味しいお魚を開発して行きたいと思っております。
はりかいの「オンリーワン」商品、末永くご贔屓によろしくお願いいたします。




↓ 今日、公開した商品のCM動画です。今回もツッコミ所いっぱいでお届けします。


2015年11月22日 14:14姫路城も紅葉シーズンです。

姫路城周辺も紅葉が色づいてきました。

それと、食欲の秋です。
「めっちゃ美味しい」にコミットする、はりかい姫路城店。

下の表メニューと
091

お魚の入荷状況によって、その時々でお出しする裏メニューで
皆様のご来店をお待ちしております。

それでは皆様、よい休日をお過ごしください。

2015年11月20日 11:49播磨灘のめっちゃ美味しい魚ファンドの御礼

昨年の12月に「キラリひょうごプロジェクト」に採用され、めっちゃ美味しい魚を食卓へお届けしたいという事業を通して、日本の水産業を新たなるステージへ発展させようと取り組んでまいりました。

現在は、119人のご参加を頂き、募集総額の24.4%に達しました。
海洋生物の専門家(おたく!?)集団に100名を超えるファンのご協力を頂き、本当に感謝しております。

当ファンドにつきましては、500万円を超える応援を頂いたので、事業を続けることが出来ます。
投資家の皆さまの大切な資金をお預かりするにあたり、大きな責任と重圧を感じています。

現状では、すべて人の手による製品の生産を行っています。
当ファンドの活用により、人手と時間のかかっていたウロコ取りや三枚卸などが機械を使ったシステム化に発展させることが出きるようになり、事業の拡大とコストダウンが達成できます。

本事業のお客様について、国内のみならず、海外にも多くのお客様が付いてきてくれています。
現状から、さらに大きな販売体制ができるよう努力していく所存であります。

当ファンドの募集はのこり10日あまりとなりましたが、弊社へのファンド応援、よろしくお願い申し上げます。


電子レンジでチンするだけで、ハモの蒲焼き風が簡単に食べれます。
090

2015年11月17日 19:11燻製製品

はりかいの白子の燻製と牡蠣の燻製、海外で事業展開しておられる業者様から高い評価を頂き、来年から輸出向けのアイテムとして注文が入る見通しとなりました。品質と味のよさ、およびオンリーワンの商品であることが評価基準となってました。
089

一方、これらの商品について、国内のバイヤー様からは商品としてのイメージが湧かないみたいで、評判は今一歩といったところでした。

この事は、播磨海洋牧場では予想通りの展開で、ようやく軌道に乗り始めたといった感じです。

つまり「燻製文化」を鑑みて、海外での販売はレストラン等の事業者向け、国内の販売は「はりかい姫路城店」で食べて気に入って頂けたお客様向け とカテゴリー分けで考えてました。

本格的にスモークした「はりかいの燻製製品」、これらも長ーく愛してほしい商品となってます。

よろしくお願いします。

2015年11月16日 05:50特典内容の決定と複数口数用特典追加のお知らせ

 特典について

みなさま、こんにちは。

この度、1口の特典内容を決定致しました。
また、複数口数をお申込み頂いた方用の特典も
新たに設定いたしました。

当社は、お客様の魚を食べて頂く際に手間を減らしたうえで、
「めっちゃ美味しい」状態でお届けすることを大切にしています。

例えば、お父さんに投資いただき、ご家庭に投資家特典が届いたときに、

「めっちゃ美味しい」とご家族に喜ばれてお父さんの威厳が保たれること。
そして、
「誰がさばくの?」「台所が臭くなるからやめてほしい」などと言われる
ことがないような配慮を最大限行った特典設計としております。

ぜひとも、皆様、ファンドの申込は11月30日までとなっております。
特典の発送は12月~2月までに行う予定です。

これから魚が美味しい季節、ぜひ、お申込みお待ちしています。



投資家特典

●変更前

1口につき、骨まで食べられるハモのかば焼風など、播磨灘天然魚詰め合わせ

セット(5,000円相当、送料込)を期間中1回送付致します。


(注
1 時期・在庫状況により、内容が変わります。詰め合わせの内容は、おま

かせください。

(注2 お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分け

てお届けする場合もございます。

(注3 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

(注4 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。

(注5 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなく

なる場合もあることをご留意ください。
 

●変更後

1口コース 播磨灘天然魚の加工品詰合せセット(5,000円相当、送料込み)

牡蠣の燻製 2

牡蠣のハーフシェル 2
  (半分殻をむいて冷凍で発送。お湯で解凍するだけ食べられます。)

焼き鯛1
(温めるだけで骨ごと食べられます)

蒲焼風ハモ
(温めるだけで骨ごと食べられます)

白子の燻製1
 

 



3
口コース 牡蠣パーティ用牡蠣セット(15,000円相当、送料込み)

牡蠣のハーフシェル 24

白子の燻製2

牡蠣の燻製2

 

5口コース ワタリガニの味噌鍋セット(25,000円相当、送料込み)

ワタリガニ3匹(500g程度)
 

 


10
口 ワタリガニ鍋と刺身の海鮮パーティセット(50,000円相当、送料込み)

ワタリガニ4

イカのお造りセット4
(切るだけでお刺身になります。すべて処理した状態でお届けします)

マダコの足8
(切るだけでお刺身になります。ボイル・カットし足だけお届けします)

 

(注1 時期・在庫状況により、内容が変わる場合があります。

(注2 複数口数お申込の場合に、同じ特典を複数回に分けて発送や、

口数の組合せ、ギフトとしての発送などもご相談に承ります。

(注3 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

(注4 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。

(注5 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなく

なる場合もあることをご留意ください。

2015年11月10日 12:17はりかいシーフードを食べてみて欲しい

11月7-8日は、神戸国際展示場で行われた「ひょうご特産品フェア」に出店し、ハモの蒲焼丼、鯛焼ちゃん、シーフードフライ等の販売とはりかい姫路城店の案内、およびクラウドファンディングの案内カードを多くのお役様に渡してきました。
088

ハモの蒲焼丼については、世の中になかった商品なので丁寧な説明しながらの販売になりましたが、会場において食べたお客様の「口コミ」という強力なアシストによって、完売御礼となりました。

弊社では死んだ鱧を使用するのではなく、一尾づつ丁寧に〆て血抜き、神経抜きをすることで美味しい準備を行い、丁寧に3日間かけて調理を行います。そうすることで『めっちゃ美味しい』が生まれているのです。

播磨海洋牧場の方針として、このハモはまず子供に食べさせたい。そして、おじいちゃん、おばあちゃんと家族で一緒の食事ができるような商品として提供したいという思いがあります。子供は母親が料理をしなかったり、魚を食べなければその子どもはひょっとしたら一生食べないかもしれない。また、今の量販店は味のない魚を濃い味付けで提供しているのでどんどん魚がおいしいというのを知る機会がなくなる仕組みになっています。

また今のご老人用の介護食にいたっては、一度すり身にして改めて魚の形にするといった商品が多く、少し飽きられておられるように思えます。本物を食べていただき、美味しいと感じてこそ、生きていることの実感をしていただきたいと思っております。

しかしながら、ハモを捌くには、人の手で鱗やぬめりをとるので、一尾づつさばくのに要する時間は1本15~20分かかります。それがウロコ取り機や三枚卸機を導入することで、1尾あたり1分程度の加工時間に短縮できることを確認しています。

本ファウンドのご協力により、このような機械を導入することで、多くの人に『めっちゃ美味しい』を提供して行きたいと願っています。


播磨のくちめ(ボラ)についても、白子の燻製やブルストの美味しさが徐々に浸透しつつあります。播磨海洋牧場にとって、多くの手応えを感じたフェアの参加となりました。

今後とも、皆様のご協力の程よろしくお願い申し上げます。

2015年11月6日 10:24子供に大人気、アジバーグ

アジを使ったハンバーグは、私(安田)の育った千葉県の南房総では家庭で普通に食べていた食材でした。これを播磨海洋牧場で商品化して出してみると、お魚がちょっと苦手という子供たちも喜んで食べてくれました。今では、はりかい姫路城店の看板メニューの1つとなっています。

086



ところが、このハンバーグを作るには、けっこうな時間と労力が必要となってます。
原料となるには ↓ のような小アジです。このタンク一杯で60kgくらい入ってます。
087



これらの頭と内臓を取り除いたあと、三枚におろして、皮を剥いたのが加工の出発原料となります。
小アジの場合、匹数がめっちゃ多く入荷してくるので、社員およびHKB48のお姉様方とけっこうな人数をかけての仕込みとなってます。

それで、もっと効率よくアジのハンバーグを生産したい。どうしたらよいのでしょうか?
その答えが、「三枚卸し機」の導入と考えております。

今、導入を考えている機種について、先日、メーカー様へデモに行った時、写真のような50~60グラム程度の小アジが1分間に100匹程度、三枚におろせました。

ちょっと大げさな表現になるかもしれませんが、本当に「百人力」って感覚になりました。

播磨海洋牧場としては、アジバーグを量産化して、たくさんの子供たちを笑顔にしたいと願っています。そのために、早く機械を導入したいと切実に思っております。

投資家の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

2015年11月2日 09:59スモーク・オイスター

はりかいでは「牡蠣の燻製」を一般販売するために、商品名とパッケージを検討していました。
わかりやすくするために、「スモーク」と「オイスター」を強調しようとして考えたデザインにしました。

084

はりかい、お得意のパロディー路線!? なんて、突っ込んでもらえたらとも期待しています。
しかしながら、おっちゃんら世代にとって、イギリスのロックバンド「ディープ・パープル」のSmoke on the Waterという曲は名曲の1つになっていますが、若い世代では、知らない子も多いみたいです。

小さめの牡蠣は2個入りで、超大粒は1個パッケージで予定しています。
085


2015年10月29日 13:59合い言葉は「次のステージへ一緒に行こう」

姫路のご当地アイドル「KRD8」とコラボした、はりかい姫路城店の宣伝動画をYouTube上にて公開しました。

KRD8のように、播磨海洋牧場も次のステージへ進めるよう、社員一同がんばっていきます。

はりかいの最新情報を配信していく予定でいますので、ぜひ「チャンネル登録」して頂けるようお願い申し上げます。

2015年10月26日 15:54カワハギ

カワハギは、フグの仲間。
なんて言うとビックリされるかもしれませんが、カワハギは分類学上「フグ目」に属しています。

しかし、フグの毒である「テトロドトキシン」は持ってないので、安心して食べてください。

カワハギといえば、寒くなってくると肝が膨らんできて、その肝は"海のフォアグラ"と呼ばれることがあります。

「肝は刺し身といっしょに食べるのが王道」ということが有名ですが、「鮮度が命」が大前提となります。

つまり、カワハギの肝を生で食せるのには鮮度が良くなければなりません。そのため、一般的にはボイルしたほうが安心できると、皆様ににアドバイスしたいと思います。

播磨灘のカワハギは、順調に肝が膨らんできていました。これからが、楽しみな食材になります。

083

2015年10月23日 14:49鮮魚販売について

「骨まで柔らか」シリーズのハモやマダイの加工品は、おかげさまで、売上が伸びてきました。
今まで知られていない、未知の加工品の販売に挑戦していただけに、社員一同、大変うれしく思っています。

そこで、お店に来てくださったお客様に、もっと「播磨灘の魚」を知ってもらえるよう、はりかい姫路城店で配布するためのチラシを作成しました。

はりかい姫路城店での直接販売でなく、本社から発送するためのホームページへのアクセスを勧誘するためのものです。

下記の写真は、お店の店長の名刺裏の印刷用となります。

QRコード付きなので、簡単に「はりかいのホームページ」へアクセスできるようになっています。

皆様、よろしくお願いいたします。

082


2015年10月20日 17:53新しいお店紹介ビデオを公開しました。

姫路城のすぐそば、家老屋敷跡公園「にの屋敷」にある地魚バル。
播州のお酒も揃っています。

海産物は、地元「家島諸島」の漁師さんから直に仕入れています。

水産の専門家がプロデュースする「骨まで柔らかな」ハモやマダイ料理が自慢のお店です。


姫路城観光の際には、ぜひお立ち寄りください。ひめじ嬢がお出迎えします。


 

2015年10月14日 11:40灘のけんか祭り

姫路市白浜町では、今日と明日、松原八幡神社にて「灘のけんか祭り」が開催されます。

祭り期間中には、ワタリガニとシャコが地元の人にとって、欠かせない食材になっています。
でも、今年は大きいサイズの水揚げが少なく、高値で取引されていました。

ここ灘地域に住む方々は祭りが近づくと仕事よりも祭りの方が大事になって、祭りのことで頭の中いっぱいという状態です。

↓は、今朝、まだ静かなうちに、松原八幡神社の楼門から拝殿を撮影してきました。
081

2015年10月12日 15:17コショウダイ

昨日は、3キロを超える「コショウダイ」があがってきました。

このお魚について、あまり市場に出回らないので、あまり馴染みがないかもしてません。
身の方は、上質な白身のお魚です。

ムニエルなどがオススメの調理法となります。

また、知名度がそれほどないことから、お値段はあまり高くなってません。

業務用としては、フレンチやイタリアンの方面にお薦めしたいお魚です。

080

2015年10月8日 16:08祝、ノーベル生理学・医学賞

すでに報道等でご存じかもしれませんが、社長をはじめ、播磨海洋牧場の社員の出身校である北里大学からノーベル生理学・医学賞受賞者が出ました。

079

大村智先生は、「寄生虫の神経に対して麻痺を起こさせるけど、人や家畜動物の神経には作用しない」というお薬の研究で有名な方でした。


神経にまつわる話といえば、播磨海洋牧場のプロデュースするお魚は、「神経締め」ということを行います。

死んだお魚でも、神経が残っていると筋肉が痙攣を起こして、筋肉疲労と同じ状態になってしまいます。
そこで、うまみ成分の元になるATP(アデノシン3リン酸)をたくさん筋肉中に留めておくために「神経締め」するのです。

このように科学的な説明も、お客様へきちんとお伝えできる、これが播磨海洋牧場のフィロソフィーの1つになっています。

2015年10月7日 13:18はりかいの新CM動画

Youtubeによるはりかい姫路城店の宣伝、第三弾を公開しました。

元々、研究者時代、甲殻類(エビやカニの仲間)の行動を研究するために、ビデオ撮影し、編集ソフトでデータ解析することを行っていました。

それで、ビデオ編集の知識が少しだけあったという理由で、動画作りを担当することになっています。
ビデオ編集といっても、CM作りは全然勝手が違うものなので、いろいろ工夫しながら奮闘している次第です。

これからも、番組を増やしていきたいと思っています。

皆様、はりかいのYouTubeへ視聴の程をお願いいたします。

078

2015年10月5日 11:57肥えてきました

といっても、私事の話でなく、播磨灘のお魚のことです。

今月に入って、お魚の入荷量(匹数)は減ってきたのですが、その分、肥えたお魚が増えてきました。
↓ はマアジですが、上から見ると「まるまる」としています。
077

これは、畜養したアジではありません。正真正銘の「天然物」です。
播磨灘のお魚は、肥えてくると、とんでもなく素晴らしいものになってしまいます。

これからは脂がのった美味しい魚のシーズンです。

たくさんのお客様に「めっちゃ美味しい」をお届けしたいと思っております。

2015年9月30日 17:09十五夜 ~ お祭りへ

この前の日曜日は十五夜で、よいお月さんが見えましたね。
そして今日は、9月も晦日になり、いよいよ秋本番へ向かってます。
076
ここ姫路の白浜地区では、「灘のけんか祭り」が近づいてきて、地元の男性らによって、その準備が着々と進められています。播磨海洋牧場も、そのようなお客様の要望に応えるため、シャコやガザミの入荷を一生懸命行っています。

品質の良いものを適正なお値段で。これが播磨海洋牧場のモットーになってます。

2015年9月25日 14:18取材と撮影、終わりました。

インターネットの「ミラサポ」サイト(https://www.mirasapo.jp/)による播磨海洋牧場を紹介する取材、無事に完了しました。

KRD8メンバー、4名がはりかい姫路城店に来てくれて、めっちゃ楽しい撮影となりました。
075


KRD8は、姫路商工会議所青年部により発足したご当地アイドルグループで、主に姫路市で活動しています。

今回の取材では、会社の取り組みや「骨まで柔らか」シリーズの紹介をしています。

また、動画が公開されたら、ご報告いたします。

2015年9月24日 11:19明日、姫路のご当地アイドル KRD8がはりかい姫路城店に来店します。

中小企業庁様による地方創生事業である未来の企業応援サイト「ミラサポ」の取材のため、姫路のご当地アイドルKRD8が来店し、いろいろと撮影が行われます。
074


「ミラサポ」の中に「ふるさとビジネス自慢」というコーナーがあって、ご当地アイドルがビジネス紹介するというものです。

どのようなビデオ動画になるのか、こうご期待!!

2015年9月21日 15:19伝助(でんすけ)

「伝助」と言っても、釣りバカ日誌のハマちゃんのことではありません。
播磨地方では、大型のアナゴを「伝助」と呼んでいます。
072
このネーミング、その由来を調べてみたのですが、全くわかりませんでした。



はりかい姫路城店に来るお客様から、アナゴの問い合わせもよくあります。
インターネットを見てみると、姫路の名産品 = 焼き穴子 と出てきます。

一方、姫路に限らず、瀬戸内海海域で獲れるアナゴは激減傾向にあり、播磨灘産の価格は「めっちゃ高値」になっています。
073
漁業養殖業生産統計年報より引用


今後、どのようにして資源を回復していくのか。といっても、アナゴの生態は解っていないことだらけです。特に産卵親魚については知見が全く無いのが現状です。産卵回遊の時期と経路の解明が最も重要な研究課題になると思われます。

2015年9月18日 10:06はりかいビデオ第二弾、公開しています

最近は、少しずつ秋っぽくなってきました。
播磨灘の「秋の味覚」といえば、「ワタリガニ」です。

来月は「灘のけんか祭り」が開催されますが、地元の人たちにとって、この時期にワタリガニを食べるのは、当たり前のことになっています。

播磨海洋牧場では、このワタリガニの美味しさをリーズナブルなお値段で味わって頂きたいと思って、玉子スープに仕上げました。

この播磨灘産のワタリガニが贅沢に使ったスープをはりかい姫路城店にて、1杯400円で販売しております。

ワタリガニのスープは、YouTube動画配信も行っているので、見に来てください。

https://youtu.be/kdU90JC9wlg
071

2015年9月14日 16:23商品パッケージの試作

白子の燻製を一般販売に向けて準備しています。

この際にパッケージをどうするのか? という課題がありました。

デザインのコンセプトは? 包装の種類は? 費用の問題などなど
いろいろな検討を重ねた結果、↓のような真空袋にシール対応でいくことになりました。
070
写真は試作品であり、実際のパッケージとは異なります。


デザインは、会社の窓から見た風景をモチーフにしています。
あとは、色使いなど細かい点を修正して、シール印刷を発注する予定でいます。

たい焼きちゃんや牡蠣の燻製などのパッケージも話を進めています。

はりかい加工食品の販路拡大と同時に、兵庫県認定食品も獲得していこうと予定が盛りだくさんとなっているところです。

2015年9月11日 10:32ヒイカを使った新作総菜の準備

加工場では、来年の春に向けて、新作総菜の準備を始めました。

もう? 今から? と疑問に思われるかもしれませんが、播磨海洋牧場では、1月から3月は牡蠣の加工場になってしまうので、他の総菜作りが出来なくなるからです。

第一弾は、ヒイカを使った料理を考えています。

今は、HKB48 チームAのメンバーさんたちがヒイカの内臓取りをしているところです。
069

2015年9月8日 11:44マダコの卵

日曜日は雨の中、家島の漁師さんたちが水揚げに来ました。

今週は珍しい写真が撮れました。
今週もマダコがたくさんあがってきました。
その中に、運搬用の網の中で卵を産んでしまったタコがいました。
068

明石の方では、海藤花(かいとうげ)という、タコの卵を使った名産品があります。
また、まだ体内にある卵巣も「たこまんま」として珍味になっています。

2015年9月3日 12:14ひと皮、むけます。

海水浴シーズンも終わり、会社裏の砂浜も静けさが戻ってきました。
それで、ぶらぶらと生き物観察に行ってみると、ガザミの脱皮が観察できました。

067

だいたい10分程度で脱皮が完了していました。

播磨海洋牧場では、ガザミのソフトシェルクラブが商品としてラインアップしています。
しかしながら、この2~3年の間は、ガザミの漁獲不足のため、ソフトシェルクラブの生産がストップしていました。

今年は、ガザミが多そうなので、また「ソフトシェルクラブ」の生産が復活できるかもしれません。

2015年8月31日 15:01はりかい姫路城店の紹介ビデオをYouTubeで公開しました。

YouTubeを使って播磨海洋牧場の紹介を順次していきたいと思っております。
第一弾は、はりかい姫路城店の紹介ビデオです。

YouTubeの検索で「はりかい」とキーワードを入力するか、

または、下記のURLで見ることができます。

https://youtu.be/z1EWuHb-hXw

視聴のほど、よろしくお願いいたします。

2015年8月30日 16:16ガザミが入荷してきました。

秋のお祭りシーズンには欠かせないガザミ。
今日は、今年1番の大漁であがってきました。
066

甘くて、めっちゃ美味しいカニです。

購入は、弊社のホームページ、またはお電話まで。


www.harikai.com

Tel: 079-228-5360


また、はりかい姫路城店では、ガザミの身がたっぷり入った玉子スープが好評です。

2015年8月28日 11:32大学生対象のインターンシップが終了しました。

8月は北里大学海洋生命科学部から、2名の学生がインターンシップに来てくれました。

毎年、出身校である北里大学において社長の向井が講義&会社説明会を行い、その後、希望者が夏休みを利用して姫路にやってきます。

今年来た学生らは、6次産業化や海外事業展開に多大な興味をもっていました。
しかも、女子学生が2名です。

後輩でもある彼女らが、そのような取り組みについて、いろいろ考えてくれているということが、我々も商売していく上で、大きな励みにもなりました。

また、播磨海洋牧場においても、将来に向けて、女性社員の果たす役割が重要になっていくと考えていたところです。

今年は、彼女たちのような人材が活躍できるように環境を整えていくことの必要性を痛感に感じた夏でもありました。

2015年8月25日 09:18YouTube動画、制作中

播磨海洋牧場でも、YouTubeを使ったコマーシャルを予定しています。
はりかい姫路城店が中心となって、登録チャンネルの準備をしています。

今度は、ついに、あの「HKB48」が映像デビューとなりそうです。

*HKB48;播磨(Harima 海洋(Kaiyo) 牧場(Bokujo)所属のお姉様方、平均年齢48歳とのうわさ。

065

2015年8月23日 11:45海産のウナギ

先月、「ウナギの謎」について紹介しました。
そこでは「海で一生を過ごすウナギ」のことを書いています。

今日は、その「海産のウナギ」があがってきました。
体長は50センチを超える、比較的大きなウナギです。
064

専門に捕る漁師さんがいないので、レアもの といえるでしょう。

2015年8月21日 14:16新ハモ料理

ハモは小骨の多いお魚です。

そのため、骨切りしたハモを買ったけど骨が当たって、食べるのに難儀したといった話はよく耳にしていました。
このように「骨切り」という加工は、とても難易度が高い技術なのです。

一方、播磨海洋牧場は「骨切り」の熟練に見切りをつけ、骨を柔らかくする加工に特化して販路を拡大していく戦略を行っています。

その理由の1つに、子供が「小骨の問題」に遭遇すると「魚嫌い」に陥る傾向があるからです。
ここ関西ではハモは伝統的に愛されているお魚の1つです。

魚食文化の継承と創造

弊社が取り組む一番の課題となっています。


骨まで柔らかシリーズの試作品
ハモ天ぷらの葛あんかけ
063

2015年8月19日 14:15三枚下ろし機の魅力

香港から帰国後、休む間もなく、三枚下ろし機のデモテストをするために、メーカー様の所へ行って来ました。

いつもは、弊社の若手社員に汗をかいて貰っている作業ですが、大きなハモが「あっ」という間にカットされてしまいました。
062
驚いたのは、そればかりじゃなく、まるで手作業で三枚に下ろしたように、歩留まりもよくキレイに仕上がっていたことです。


はりかいの「ハモ」を使った商品、量産化へ向けて動き出しました。

2015年8月17日 11:52香港グルメ情報

第26回香港フード・エキスポ、無事に終了しました。
弊社にとって、たくさんの商談および有益な情報を得ることが出来ました。
はりかいのブースに立ち寄って頂いた多くの皆様には、心から感謝いたします。


今回の香港出張では、弊社の牡蠣が食べられる現地のお店も訪問してきました。
たくさんのお客様に愛されているようで、牡蠣を食べた後の幸せそうなお顔を拝見することもできました。本当にありがとうございます。

↓ これらのお店は、めっちゃ美味しい料理を提供しているので、香港へ旅行の際には、ぜひ立ち寄ってみてください。よろしくお願いします。
061

浜焼大将
G/F, 8 King Street,Tai Hang, HongKong

ばくだん屋
Unit 3 11/F, United Success Commercial Centre, No.508, Jaffe Road, Causeway Bay, HongKong




香港においては、弊社の牡蠣はもちろん、その他のシーフードも販路を拡大していくよう、これからも頑張っていきます。

投資家の皆様、どうか、応援の程をよろしくお願い申し上げます。

2015年8月13日 08:25第26回香港フード・エキスポ、準備中です。

はりかい商品について、香港への輸出実績はありますが、展示・商談会への参加は初めてです。

香港に着いてから街を歩き回ると、日本製品があふれていました。
すし、和食、ラーメンのお店もよく見かけます。

このイベントは地元の人にとって、この夏1番の人気イベントらしく、明日からは、たくさんの人が来場するそうです。

はりかい商品のうまくアピールをできるように、頑張っていきます。

060

2015年8月10日 12:48アジの口の中に寄生していた甲殻類

昨日も、小アジがあがってきました。
この中に、20センチ以上のアジも数匹混ざっていました。

小アジの一部は、骨まで柔らか加工を行い、はりかい姫路城店の裏メニューに加えます。

大きい方のアジの口の中をのぞくと、「タイノエ」が、こんにちわ♪ してました。
主に魚の口の中に寄生する甲殻類の仲間です。
059
食品衛生面からすると害は無いのですが、出てくるとビックリしますよね。


生物学的には、その生態や進化の過程を研究すると、たいへん面白い「生き物」でありますが、宿主となっているお魚は食品となるので、クレーム対応が必要な時もあります。

播磨海洋牧場では、このようなリスクについても、お客様にきちんと説明対応することができます。

2015年8月6日 10:28高品質な冷凍水産物の普及へ向けて

来週、香港で行われる展示・商談会に向けてサンプル商品の出荷をしました。
弊社の強みである「冷凍商品」の普及が第一目的に掲げてあります。
058
しかし「冷凍品 = 粗悪品、値段が安い」は、世界共通の定説になっています。
はりかいの国際営業部は、「めっちゃ美味しくて高品質な冷凍水産物」へと概念の転換をしてもらえるよう努力していきます。

一方、弊社にとって追い風になるかもしれないニュースがありました。

今月からアメリカのニューヨークでは、鮮魚の刺し身や寿司の提供が禁止され、冷凍品の使用が義務づけられることになりました。ニューヨーク市保健当局が、生魚料理について冷凍の魚のみを使用するよう条例を改定したのです。

元々、生の水産物には寄生虫が付いている場合が多いのです。生食文化の発達した日本では、そのリスク回避を調理人が行っています。

「すし」ブームにより、安易に生の切り身を提供し、寄生虫の付いた商品が発覚してしまった結果、ニューヨーク市保健当局が規制に乗り出したわけです。

欧米から導入されている「HACCP」という衛生基準を鑑みると、今回のニューヨーク市保健当局は妥当な対応となります。

一方、日本の「魚介類の生食文化」は、そのような問題を理解した上で「生食」と向き合ってきました。


要するに、予測される危険・危害を排除する考え方のHACCPと日本の生食文化は、お互いに相反した概念に基づいたものとなります。

日本の「すし、さしみ」を世界できちんと広めるためには、「鮮魚調理ついての教育」も一緒に輸出しなければならなかったかもしれません。日本の「すし、さしみ」は商売先行で、そこに潜むリスク回避がおろそかになっていました。


ノルウェーから「サーモン」が入ってきた時のことを思い出してください。
ノルウェー政府と業者が一体となって「寄生虫のない、生で安全なサーモンを作って持ってきました」と宣伝してました。商売とリスク回避が出来ていたからこそ、「サーモン」は世界的に売れるようになったと思われます。


今後、鮮魚の取り扱いが、各国においてどのように変わってくるのか、注目していきたいと思っています。

2015年8月2日 14:578月最初の水揚げ

今日は、大きいお魚は激減、豆アジが超大漁という入荷状況でした。

それにしても、暑い日が続いております。
会社裏の海水浴場では、マリンレジャーに来る人の数が増えてきました。
057

水難事故に合わないように願っております。

2015年7月30日 12:30貝堀り名人

夏休みに入り、会社裏の海水浴場では、小学生による貝採りが行われています。

砂浜なので、マテガイが多い場所ですが、アサリやムラサキガイも獲れています。
056
写真の中で、一番大きいのが「ムラサキガイ」です。

このムラサキガイは、兵庫県では、よく見ることが出来ますが、愛知県、愛媛県、熊本県で絶滅危惧Ⅰ類になっています。
千葉県に至っては、絶滅種に指定されていました。


播磨灘は、生物の多様性に富んだ場所です。これは海域の状態が、よいことを示しています。

そこで獲れためっちゃ美味しい魚介類をぜひ、味わってみてください。

2015年7月27日 16:26大きなハモが入荷しました。

一般的に骨切りして食べるハモは、重量で500~600グラムのものです。
↓のように2キロオーバーになると、骨も太くなり、いくら骨切りをしても、口の中は痛くて、どうにもなりません。
055


しかし、播磨海洋牧場プロデュースの蒲焼き風には、ちょうどよいサイズ。

ところで、ハモってどれくらいまで大きくなるのでしょうか?
最大記録は、全長220センチメートルだそうです。重さは18~20kgか、それ以上!?

一度は、2メートルを超す大きさのハモで、蒲焼き風を作ってみたいものです。

2015年7月26日 13:50ウナギの謎

ウナギと言えば「淡水魚」というイメージが強いと思います。

その一方で、私(安田)は「沿岸部の海域にもたくさん生息している」という思いを子供の頃から持っていました。

私は、千葉県安房郡千倉町白間津という所で育ちました。← 姫路じゃないのです。
ここの海は、岩場ばかりで近くに河川はありません。

台風が来ると大時化になり、ものすごく大きな波が陸地の方にまで打ち寄せてきます。
そして、台風が去った後、普段は波の来ない陸地側にできた潮だまりを探索に行くと、必ず何匹もウナギが取り残されていて、簡単に捕ることが出来たのです。

このことは、私の家族だけが知っていて、地元の人も知らないことでした。

また、夜釣りでも、よくウナギが釣れていたのです。

このような経験から、ウナギは川に上るだけじゃなく、「海に残って成長する個体がある」という仮説を持ていました。

このことを研究者仲間に話しをすると、千葉県の北側には大きな河川がたくさんあるので、産卵へ帰る途中のものが獲れたのではないかという意見も出てきて、ず~と謎だったのです。



そして最近の分析技術の発展は、素晴らしいものがあります。

「耳石(じせき)」の研究から、ウナギの生活史が調べられるようになりました。
ストロンチウムという元素とカルシウムに対する比率を調べると、海にいたのか、汽水にいたのか、そして淡水にいたのかが判明するようになったのです。

三河湾の定置網で採集されたウナギ199尾の耳石を調べた結果、海ウナギが40%、汽水ウナギが43%、川ウナギが17%だったそうです(東京大学海洋研究所のグループ調べ; Kotake A., et. al., MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES Vol. 293: 213–221, 2005)。

結論は、相当な量の「海で一生を過ごすウナギ」が生息していた ということになります。

ウナギは、本当に謎の多いお魚です。

2015年7月24日 14:33土用の丑の日(ウナギの話)

今日は、「土用の丑の日」にあたる日ですね。
なぜ、この日にウナギを食するでしょうか?

よく知られている話が、「売れないウナギの販促のため、ウナギを食べる風習を根付かせたという説」です。
簡単に言えば、バレンタインデーのチョコと同じ内容のものです。


一方、万葉集の中では、大伴家持が、鰻を歌に登場させています。

巻16‐3854
痩す痩すも 生けらばあらむを 将やはた 鰻を漁ると 河に流れな

巻16‐3853
石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ


これらの歌を鑑みると、8世紀の時代には、鰻が夏痩せに効果のある機能性食品として認識されていたのではないでしょうか。
また、この時代にはすでに「食と健康」に関係する概念がいろいろあったことが考えられます。

しかしながら、江戸時代に入って、夏に鰻が不人気な時があり、そこから商業的な理由で「土用の丑の日にウナギ」が生まれたと思われます。



一般的にウナギの生態は、「マリアナ諸島沖で産卵し、稚魚が海流に乗って成長しながら日本近海まで移動、その後は川などで成長を続ける」と言われています。つまり、淡水魚としてのイメージが定着しています。

そこで、「大人のウナギは、海にもたくさん生息している」と言ったら信じますか?

この話は、また後日に。

2015年7月23日 18:10「るるぶ姫路 赤穂」本日、発売されました。

18-19ページ目に家老屋敷館の特集が組んであり、そこにはりかい姫路城店が掲載されています。
お店の紹介では、ライターさんが100文字以内という制限の中で、うまく文章を練ってくださって、本当に感謝です。

蒸し牡蠣、ハモの蒲焼き風、たい焼きちゃんが↓のように載っています。
054
この写真は、はりかいが撮影したものです。

2015年7月21日 09:51ワタリガニの玉子スープ

播磨海洋牧場では、商品化の特徴に「海洋生物のストレスを抜いてから」というのがあります。

ガザミ(ワタリガニ)も弊社の水槽で、少なくとも2~3日以上かけて、ゆっくり休んでもらってから出荷になります。

そうすることで、臭みがなくなり、甘みと美味しさが引き立ってきます。


そんなワタリガニの玉子スープが、はりかい姫路城店で味わえます。
上質なカニを使っているため、材料は刻んだ長ネギと玉子だけと、めっちゃシンプルです。
仕上げに、はりかいが厳選した「岩塩」をほんの少し加えると、味に奥深さが出てきます。

漁師の味、そのまま商品の1つです。 
053
写真は撮影用です。実際の商品には、カニの爪はついておりません。

2015年7月19日 16:05台風明けの漁

台風明けでしたが、妻鹿漁港では、そこそこの量のお魚が揚がってきました。
さすがに、雨水が入ったので、マダコの量は激減しています。

今年に入って、初めて、体長10センチ程度の豆あじが入荷してきました。
052

その数量、約100kgでした。
これは、一般のお客様が買っていった後、弊社で引き取った量になります。

唐揚げ、南蛮漬けにどうそ。


2015年7月17日 09:55台風11号通過

ここ姫路では、昨夜から風と雨が凄い状態です(⌒_⌒;

昨日もけっこう風が吹いていたのですが、北寄りの風でしたので、海は「べた凪」
本当に台風来てるの? って印象で、上空の雲が速く流れていたのとは、対照的でした。

今朝は、南からの風なので、海も大波が次々に来ています。
このニュースを書き込んでいる今も、洒落にならないくらい雨が降ってます。
051
昨日                          今日


鮮魚部隊は、この台風の中、祇園祭のために「活ハモ」を売りに行ってます。

2015年7月16日 11:06最新版のるるぶ 姫路・赤穂に掲載されます。

1週間後の7月23日に、JTBパブリッシング様から「るるぶ姫路 赤穂」が出版されます。
先月、はりかい姫路城店は取材を受けて、この雑誌に載ることになってました。

そして昨日、最新版「るるぶ姫路 赤穂」の表紙が公開されました。
049
ここに矢印を挿入する
なんと、はりかいのお店が、なにげに表紙に登場しています。
左下に登場している「赤のれん」のお店です。


はりかい姫路城店の特徴は、旅の中で偶然出会った人々が、美味しい料理をつまみながら、たのしくおしゃべりをして、よい思い出を作って帰るというお店になってきました。

これは、お客様が自然にそのような流れを作っているのです。



もうすぐ夏休みが始まります。
姫路へお越しの際には、ぜひ、はりかい姫路城店にもお立ち寄りください。

050

2015年7月14日 14:44アジな料理

アジは調理の仕方によって、めっちゃ美味しくなるお魚です。
播磨海洋牧場では、漁師の家庭で作られているアジ料理をご提供しています。

アジは三枚におろした後、お味噌、青ネギとすりおろしショウガを加え、包丁でたたいて、ミンチ状にします。
046



薄めの味付けしたみそスープにアジの団子として落とし、ひと煮させると、アジから濃厚なお出汁が出てきて、めっちゃ美味しいスープが完成します。これぞ、漁師家庭の味って所でしょうか。
047



これとは別に、アジのミンチは、ハンバーグにして焼くと、これもめっちゃ美味しくなります。
子供達にも大人気で、あっという間にお皿から消えてしまう一品なのです。
048

このハンバーグは、たくさん作っても焼いた後は冷凍して保存することもできるのです。

2015年7月13日 12:55イイダコも美味です。

今日は台風たちの影響でしょうか、風が強く、波も高くなってきました。


この時期、タコがいっぱい揚がってきています。
ところが、お年寄りの中には、「タコはかたくて・・・」と敬遠されることもあります。

そんな時には「イイダコ」をオススメです。


このタコは、メスが先に売れてしまって、オスが残ってしまいます。
そこで、オスのタコを煮付けにしてみました。
045

食感は柔らかく、お味の方も「めっちゃ美味しい」です。
春先のお花見弁当にも、おかずの1つとして使い、大変な好評を頂きました。

はりかい姫路城店でも、一品料理としてご提供しております。

2015年7月8日 16:26めっちゃ美味しい「たこわさ」

関西地方では初夏にタコを食べる風習があります。
これは、植えた稲の豊作を願って食べるものとのこと。


一方、タコ料理が、
「疲労回復や肌荒れに~」
と言われるのは、タウリンという物質をたくさん含んでいる食品だからです。

タウリンとは、含硫アミノ酸様化合物の1つのことです。


はりかい姫路城店では、初夏のメニューとして「たこわさ」の販売を始めました。
044

きざみわさびを使っていますが、つーんとした辛さより、甘さが引き立つ仕上がりになっています。

一品として召し上がってもよいし、お酒のお友にもよし といった所です。

2015年7月7日 16:41年に1度は・・・

今日は七夕ですね。
しかし、朝から雨が降っていて、あいにくの天気です。

七夕伝説といえば、昔の中国で生まれた物語。
天空の情愛物語と思いきや、「怠けてばかりいたら好きな人と遊ぶこともできなくなる」という生活指導書みたいなお話ですね。

はりかいの社員も、年に1度は ↓ のようになりたい、と毎日がんばっています。
042


商談会の懇親会で食材提供した時の白子の燻製です。
おしゃれに、めっちゃ美味しく仕上げて頂きました。
043

大切な人と素敵な時間を…


2015年7月5日 17:24今日の水揚げ報告

今日は雨予報となっていましたが、朝から降らずにすみ、漁師さん達も港に入ってきました。
040


今日の水揚げは、ガシラ、オコゼ、アイゴ、グレ、ハモ、マダコ、マダイ、チヌ、スズキなど種類は豊富でした。



アジもたくさん入荷してきました。
041

2015年7月2日 14:33販売促進用パンフレット

なぜ、ここまでこだわって魚を扱うのか?

この中には、先人たちの知恵がいっぱい詰まっています。
その知恵は「美味しいものを食べたい」という欲求からくるものと思っています。

039


ここまで魚を丁寧に扱うことは、日本が誇る「文化」の1つです。
この魚文化を継承していきたい。


播磨海洋牧場の願いでもあるわけです。

2015年6月30日 17:37旅行雑誌の取材 ~地魚の魅力~

どこかへ旅に出たとき、そこで何を求めるのでしょうか?

その答えの1つに、「お食事」というのがあるかもしれません。
その土地ならではの素材を使った料理。これに魅力を感じる方も多いと思います。

播磨海洋牧場の代表取締役 向井昭博も、その一人で、「出張へ行くと 地魚 って書いてあるお店に寄っちゃう」と言ってました。


はりかい姫路城店は、播磨灘にこだわり、そこで獲れた魚を一品料理で提供しているお店です。
「とにかく一度食べてもらって、ファンを増やしていきたい」を目標に掲げています。

そのお店が、なんと、旅行雑誌制作会社のスタッフ様の目に留まり、先月に取材を受けました。

038

なぜ、はりかい姫路城店が? と逆取材を行ったところ、

実は、去年の秋に、こちらのお店にお伺いしてました。姫路城の目の前で、美味しい地魚料理があることに驚いたんです。手軽にリーズナブルなお値段で食べられることが気に入りました。

と、お褒めの回答が返ってきました。


会社の行っていた取り組みが、1つの高評価を頂いたと思っています。


雑誌掲載予定の商品のハモの蒲焼き風とたい焼きちゃんは、加工場で量産体制に入っております。
これを機に、ますますファンを増やして行きたいと期待しています。



旅行雑誌は、7月下旬発売予定となっています。
詳しい情報は、来月のファンドニュースにて、ご報告したいと思っています。

2015年6月29日 12:06商品紹介 白子の燻製

「沖を回遊しているボラは美味なり」と以前、説明したと思います。

播磨灘では、カラスミの原料として、ボラを捕る漁師さんがいます。

↓の写真は、ボラの白子(左)と卵巣(右)を写したものです。
036

オレンジっぽい色をした卵巣は、カラスミとして,高付加価値の商品になります。
しかし、オスと卵巣を取り除いた魚体は、ほとんどが肥料の原料として売却されています。


そこで、播磨海洋牧場では、オスの白子に注目して、商品開発を行いました。

はりかい流、水産物商品の開発方法は、「開発者が食べてみたいもの」という発想から始まります。
そこで、最初に思いついたのが「燻製にしてみたら、どうやねん!?」でした。

大学の学生時代に「燻製を自分で作る」ことが流行って、いろいろな海産物を燻製にした経験がありました。
従って、レシピの作成は悩むことなく、すんなりと進めることができました。

037
”出来上がりは上々” と最初は自己満足的なことがありましたが、お客様に評価されて、はりかい姫路城店の人気商品になってきました。

これからも「白子の燻製」、よろしくお願いいたします。

2015年6月26日 15:27国際事業部からのお知らせ

国際営業部が、香港や中国向けに「中文」の会社案内を作りました。
この会社案内は、はりかいのホームページからも、見ることができるようになりました。

そして8月には、香港で行われる「FOOD EXPO 2015」「Hong Kong International
Tea Fair 2015」ジャパンパビリオンの中で、ひょうごの美味し風土拡大協議会ブースの
一間として出展いたします。


今回、PRするポイントを次の3点に絞りました。

・播磨灘の天然魚を中心に扱っている会社です。
・天候に左右されず、高品質の天然魚がいつでも供給することができます。
・ハイレベルのホテルや高級レストランでは、弊社の冷凍商品が使われています。


どの天然魚が好まれるのか。しっかりリサーチして、商談を進めていきたいと思っております。


034

035




2015年6月25日 11:06アマゾン源流、太古の森の活力を

播磨海洋牧場のはりかい姫路城店では、メニューの中に「ホット・コーヒー」があります。
ここで使っているコーヒー豆、日本ではめっちゃ「レアもの」なのです。

ペルーのアチャマル村って、知ってますか?

アンデス山脈東側の裾野、標高1500mに位置していて、リマから飛行機とバスを乗り継いで、30時間以上もかかる小さな村のことです。

アマゾン川源流の1つにもなっていて、この村で生産されたコーヒー豆を仕入れています。
太古の森の中で、自然に近い形で栽培されているので、もちろん、無農薬栽培です。

このコーヒーの特徴は、香りのよさとフルーツのような甘酸っぱさ、そしてすっきりとした後味になっています。

ぜひ、お店に来て、味わってみてください。

033

2015年6月23日 11:34冷凍品をじょうずに解凍するには。


弊社への問い合わせで、よくある質問に
「冷凍品を解凍するのに、どうしたらよいのでしょうか?」
というのがあります。

その答えは1つだけではなく、商品によって方法が違ってきます。



播磨海洋牧場の商品で真空パックしてある冷凍魚は、パックのまま、流水の中に浸して解凍するようにとお答えしております。


そのほかに、業務用として出荷している冷凍した牡蠣では、「50℃解凍法」という方法を推奨しています。

真空袋から出し、凍ったままの牡蠣を、たっぷりめの50℃の温水に3分間漬け込んで、解凍する方法です。このときに、温度が急激に下がらないようにすることが大切で、50℃をキープするようにしてください。

剥き立てと同じような品質の生牡蠣が出来上がります。



032

2015年6月19日 13:54ハモのすり身を使ったキャラ・メニュー

関西で夏の風物詩といえば、ハモですね。

播磨海洋牧場では、ハモのすり身を使って、いろいろなメニューを試作しています。

1つは、おでん用にさつま揚げ風にしたもの。
これは、今度の冬にデビューするように、さらに開発をしています。

↓は昨年、十五夜のお月見用にキャラ・メニューを提案した時のものです。
030

ちょっぴり、太めのうさちゃんにしてみましたが、結果は、ボツ・・・



お店からの提案で、シンプルに三色団子風にしたものがバル・メニューとなりました。
緑(抹茶塩)、黄(しょうが)、そして赤(ねり梅)の信号で整ってます。

けっこう、女性のお客様から注文があるようです。
031

「めっちゃ美味しいを身近な物に」をモットーに、播磨海洋牧場は頑張っています。

2015年6月18日 19:14キラリひょうごプロジェクトセミナーのご報告

 事業者プレゼンテーション

6月8日のキラリひょうごプロジェクトセミナーで発表した際の動画をご紹介します。

 

2015年6月17日 18:29姫路のタコも、めっちゃ美味しい

タコと言えば、お隣の街「明石」が有名ですが、
ここ姫路でも、そのお味は負けていません。

その理由は、下のグラフにヒントがあります。

播磨灘海域のタコとワタリガニの漁獲高を指数にして比べてみました。
029

タコが多くなるとワタリガニが減っていき、それを追うようにタコが減ると、今度はカニが増えてくるというサイクルが示されています。

つまり、姫路のタコはワタリガニを食べて育っているからです。
めっちゃ贅沢なタコですね。

出資者様向けのギフトには、もちろん、めっちゃ美味しいボイルしたマダコが入っています。

応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

2015年6月16日 18:31骨を柔らかくするには?

播磨海洋牧場では、こだわりのある原料を使い、オリジナリティあふれる魚骨軟化技術を融合させて、「たい焼きちゃん」や「ハモの蒲焼き風」などを作っています。

028

たい焼きちゃんなどを提供するようになると、大きな反響を頂きました。
一度食べた後に、リピーターになる方も多くいらっしゃいます。
本当にありがとうございます。


そして、よく人から「骨を柔らかくするコツは?」と聞かれるようになりました。
「骨々(コツコツ)と料理してますから」とおやじギャグで返すと、大抵はドン引きされちゃいます。


ジョークは、これくらいにして、

魚の骨の主成分は、リン酸カルシウムです。
ところが、そのリン酸カルシウムが単結晶化して骨が硬くなっているわけではありません。

骨とは、コラーゲン・タンパク質が束になったコラーゲン線維という柱を形成し、そのまわりにカルシウムなどのミネラルがはりついた構造をしています。← 鉄筋コンクリートの柱みたいな構造となります。


したがって、骨を柔らかくすることは、コラーゲン・タンパク質を変性させることなのです。

一方、お魚の身もタンパク質なので、骨を柔らかくすることにばかり気をとられると、美味しくない調理法になってしまいます。

「めっちゃい美味しい」を作るには、そのバランスを取るのが腕の見せどころでしょうか。

2015年6月15日 17:22スズキのお話

昨日、珍しいスズキが入荷しました。

上がスズキ(Lateolabrax japonicus)、
下がタイリクスズキ(Lateolabrax maculatus)です。

違いが分かりますか?
027
わかった人は、さかなクン顔負けの、かなりの「お魚通」です。


タイリクスズキは、もともと日本沿岸にはいなかった種類のお魚で、中国沿岸から台湾、朝鮮半島西岸にかけて分布しています。

このタイリクスズキは、日本のスズキより成長速度が速いことから、1989年頃より国内で養殖されるようになりました。今では、養殖場から逃げ出して野生化している個体もいます。



日本のスズキとは共通の先祖から分化して、中国の広大な河川で生息できるように進化してきたと考えられています。そのため、淡水域にもかなりの順応性を持っています。

日本でも海から10km以上離れた河川の上流域でスズキが釣れることもありますが、それのほとんどがタイリクスズキかと思われます。

2015年6月13日 11:29マニュファクチュアへの道

東京ビックサイトで行われた国際食品工業展へ行ってきました。
小さな機械から、二階建てクラスの大型機器まで、盛りだくさんでした。
026

今度、はりかいでも導入予定の三枚おろし機のメーカーさんと打ち合わせしたり、
骨まで柔らかシリーズの量産化のための、参考になるような機械を調査するなど、
めっちゃ忙しく回ってきました。



播磨海洋牧場では、今は家内制手工業みたいな状況です。
これは、お魚のストレスを抜くことや、美味しさを引き出すための活け締め、血抜き、神経抜きなどが、機械化の難しい技術を含んでいるからです。

一方、加工食品については、人気商品も着実に育ってきましたので、マニュファクチュア(工場制手工業)への脱皮を図っています。

このファンド募集は、その第一歩なのです。

2015年6月11日 14:21Mickey Mouseはネズミじゃない!!

いつも不思議に思っていることがありました。

なぜ、ミッキーマウスは人気者なのか?

普通、ネズミといえば、イメージの良くない動物の代表格です。
伝染病を媒介する、不衛生など・・・
食品を取り扱う会社では、居てもらったら困る存在です。

何年か前、ディズニーランドへ行った時に、娘に聞いたことがあります。

「ミッキー、好き?」
「うん、大好き!!」
「でも、ネズミやろ?」
「ミッキーは、ネズミじゃないもん(怒)」

そう、これです。
ミッキーはネズミじゃなくて、「ミッキーマウス」という1つのキャラなんです。


元のモデルはネズミだったと思いますが、これをアイドルに変えたウォルト・ディズニー氏のクリエーターとしての偉大さに驚くばかりです。



はりかいとしては、ボラを何とかしてアイドルに変えたい!!

ボラを使って商品開発している時、HKB48のメンバーさんたちから、

「ボラは、売れんよ~」
「この辺の人たちは、臭いと思ってるし、嫌いやからね~」

と、超キビシー お言葉を頂戴しました。


そこで、おっちゃんらは、考えました。
ボラを売り込むのでなく、
播磨のくちめ」 というキャラとして商品を売り込んだら、どやねん。

くちめ(口女)という呼び名は、日本書紀に記載されているボラのことです。

ということで、
播磨のくちめを使ったブルスト
024
が出来上がりました。



これを地魚バル用として ↓ のように、アレンジ。
025

はりかい姫路城店の裏メニューひめじ嬢シリーズとしてDebut!?

2015年6月10日 11:00上質なハマチのお刺身!? その正体はボラでした。

このお刺身、食べてみて~
と、市場調査で試食してもらった時のことです。

そこで、返ってきた感想が

これ、ハマチでしょ。それにしても、美味しいね♡

でした。


そう言われてみれば、上質なハマチみたいな感じです。


そのお魚の正体は、これ↓
023

ボラ、なんです。
ボラは、日本書紀にも口女(クチメ)という名前で登場している「由緒正しい」お魚。

はりかいのメンバーは、ボラがめっちゃ美味しいお魚と知ってました。
ただし、いろいろな条件があります。

沖(外洋系)を回遊している群であること。
きちんと活け締め、血抜き、神経抜きを行うこと。

悪くなるのが早い魚なので、適切な処理と保存が必要となります。



ボラは河口付近にもたくさん生息しているので、昭和の高度成長期に入ってからの
海洋汚染に伴い、「臭い魚」の代表格みたいになってしまいました。

しかし、江戸時代から昭和初期にかけて、東京湾では高級魚として養殖もされてたお魚なのです。


カラスミの材料として、卵巣を取るだけでは、もったいないお魚です。
ボラを使った商品の開発も手がけている所です。




2015年6月9日 10:30投資家のみなさまへ、水産学部卒の特権

播磨海洋牧場では「水産学部卒の集まりだからこそ」のビジネスモデルになっています。

食品衛生管理者

「水産学部」は偉かった学部で、卒業すれば、この資格が付いてきます。
ということは、はりかいは、食品衛生管理者が、たくさんいる会社になります。

海洋生物の専門家集団のもう一つの顔に、「食の安全」の専門家でもあるわけです。


つまり、
お魚を獲る所から加工するまで、その道の専門家によるビジネスモデルが構築されているのです。
6次産業化の最先端を行っていると言っても、過言ではありません。


「美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド」へのご理解と参加をお願いします。


(水産学の他には、 医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、農芸化学の卒業生も、
食品衛生管理者の有資格者となります。)



ちなみに、理学部化学科卒のウチの奥さんに「食品衛生管理者」をお願いしようとすると・・・

加工の衛生管理の業務に3年以上従事し、かつ、厚生労働大臣の登録を受けた講習会の課程を修了し、しかも、衛生管理の業務に3年以上従事した製造業又は加工業と同種の業種の施設においてのみ食品衛生管理者となることができる。

となっていました。

めっちゃ、ハードル高っか(ー△ー;)

2015年6月8日 14:11加工食品は、人気急上昇

今日のキラリひょうごプロジェクトセミナーでは、
代表取締役の向井が説明発表を行います。


はりかいの加工食品の商品開発コンセプトは、

子供たちに、めっちゃ美味しいと感じて欲しい。
高齢者に対して、食を楽しんで欲しい。

となっています。


そのため、今までに無かったタイプの商品を提案しているのが、弊社の特徴です。

お客様に一口食べてもらうまで、いっぱい説明が必要になっていましたが、
この春に大ブレイク。


はりかい姫路城店の売上は、急上昇しました。


いろいろ応援して頂いてるお客様には、本当に感謝しております。

022

2015年6月7日 14:49ハリイカ(コウイカ)を使ったランチメニュー

日曜日は、家島の漁師さんが水揚げしてくる曜日です。

今日一番のオススメは、ハリイカ。
標準和名は、コウイカと言います。
020


鮮度の良いものは、まずお刺身で。 もいけますが・・・
やっぱり、一手間加えるのが、はりかいのおすすめ。
加熱することでさらに味わい深いものになります!



塩焼きしたものに、バジルソースをからめてから、
フランスパンの上にお野菜と一緒にのせて、
お昼のランチ用に仕上げてみました。
021

2015年6月7日 10:12キラリひょうごプロジェクトセミナーに参加します!

先日、兵庫県庁で「キラリひょうごプロジェクト」の記者会見が行われ参加いたしました。



当日は試食コーナーも設けて、記者の皆さんに取材いただきました。




そして、6月5日神戸新聞に掲載されました!

神戸新聞WEB版
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201506/0008092728.shtml 

兵庫県広報専門員のブログでもご紹介いただきました。 

ひょうごワイワイ plus+ 
http://ameblo.jp/hyogo-pr-officer/ 

【6月8日キラリひょうごプロジェクトセミナーお申込みページ】
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?ba=b10765a31831&_ga=1.6265587

2015年6月5日 12:11食楽

みなさんは食楽(しょくらく)って、初めて聞く言葉と思います。
「食育」じゃなくて、「食楽」です。

この「食楽」という言葉は、私どもの出身校である北里大学の水産系と医学系が
協働して提案したものです

すべての生き物は、永遠に生きられるわけではありません。
そして、年を重ねるにつれて、食べられなくなる食材が増えてきます。

でも、食べることは、生きていく上で楽しみの1つですよね。

それならば、食の楽しみを最後まで持ち続けたい。

これが、食楽の考え方です。


はりかいの「骨まで柔らか」シリーズのお総菜。

食楽の手助けになればという思いが込められた商品です。

019

2015年6月4日 11:40「めっちゃ美味しい」 の追求

昨年から販売している商品に

牡蠣の燻製

があります。



普通、牡蠣の燻製といえば、オリーブオイルと一緒に瓶詰めしたものです。

はりかいでは、なぜ、オリーブオイル漬け? と疑問を持っていました。


製造しているメーカーを数社ピックアップして、担当者に理由を聞いたところ、

どのメーカー様も

牡蠣の燻製とは、そうゆうものだから。特に理由はありません

という回答でした。



それならば、もっと美味しい燻製を作ってみよう ということで、

思い切って、オリーブオイル漬け という概念を捨てることにしました。

これに加えて、チップを使ってスモークすることにも、こだわりました。



完成品が↓の写真のようになります。
牡蠣の美味しさに上品な甘さが加わった和菓子風のテイストで仕上がっています。
018

漬けものと酢味噌を和えてみると、和食らしくなりました。




牡蠣の燻製は

はりかい姫路城店で販売していますが、めっちゃ人気商品です。

ちょうど、売り切れになってしまったので、

これから、必死のパッチで製造に取りかかります。

2015年6月3日 10:34冷凍 という名の魔法

はりかいでは、
冷凍した商品
の普及に努めています。

それは、はりかいが提供する加工食品について、

なるべく食品添加物を使わない

という前提があるからです。


その代わり、長期保存するために、
冷凍
という手段を選んでいるのです。


これも、社員一同

自分たちの子供に
安心した食品を食べさせたい


というコンセプトで商品開発をしているからです。


このファンドでの特権になっている
「骨まで食べられるハモのかば焼風など、播磨灘天然魚詰め合わせセット」は、

播磨灘天然魚を加工したものを冷凍食品として、ご提供させて頂きます。




冷凍食品といえば、

あまり美味しくないもの、
品質のよくないもの、

といったイメージが付いて回ります。

今までは、そうだったかもしれません。

はりかいの使っている冷凍技術は、最新のもので、
細胞を壊さないシステム

017

凍結前と凍結後の変化が、ものすごく少ないものになっています。

冷凍もの
という概念を、一変させるものです。

どうそ、一度味わってみてください。
よろしくお願いします。

2015年6月2日 12:29豊かな海、播磨灘

週末、会社裏の海水浴場は、たくさんの潮干狩りの人で賑わいました。

生き物採集に夢中になっている、ちびっ子たちもいて、捕ったカニを見せてもらいました。

このカニは、警戒して固まったポーズをしているところですが、
その姿が、お相撲さんの「はっけよい」にそっくりですね(*^-^*)

アミメキンセンガニという名前のカニです。

瀬戸内海の中でも愛媛県では、レッドデータブックに載っていて、絶滅危惧2類(VU)でした。

愛媛県では、「かつては多く生息していたが、現在その生息数は大幅に減少している。河口部干潟の埋め立てなどにより個体数が減少していると考えられる。」となっていました。

熊本県の天草地方でも少なくなってきているよ、という情報も頂きました。

播磨灘は、まだまだ自然が豊かな所です。

ここの「めっちゃ美味しい」お魚のファンをどんどん増やしていきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いします。

2015年6月1日 11:47はりかいオイスター

今シーズンの牡蠣商品の生産について、今日が最終日となりました。

はりかいにとって、牡蠣商品は、年々1.5倍ペースで売り上げを伸ばしてきている
優良商品の1つです。

その理由は、「味よし」「後味よし」「身のプリプリ感」といったことが高評価されてきました。

015
写真は、真空パッケージしているところです。


今日は食文化について、ちょっとした豆知識をご紹介します。

お魚について、日本人は「おさしみ」を好み、生で食べる習慣があります。
一方、海外では、お魚を生で食べることがほとんどありませんでした。

どころが、お魚とは全く逆で、

海外では、牡蠣は「生で食べる」ものであって、
加熱した牡蠣は「牡蠣でない」と、彼らはハッキリと言ってきます。

日本では、鍋料理、フライなど、加熱して食べるのが一般的になっていますよね。


どうでしょう、面白いと思いませんか。

また、各生産場所の牡蠣について、「うんちく」みたいな品評がいっぱいあるのも、
牡蠣を食べる文化の特徴でもあるのです。



兵庫県産の牡蠣も世界で戦えるよう、はりかいは、頑張っています。

2015年5月31日 13:54魚の味が劇的に変わる技! 神経抜き

日曜日は、家島の漁師さんがお魚を水揚げしてきます。

はりかいでは、百貨店様向けのお魚を仕入れて、出荷しています。

高品質なお魚を、リーズナブルなお値段で!!


これが、はりかいのビジネスモデルです。



もちろん、仕入れるお魚は、漁師さんと協働して、ストレスを抜いた状態で
持ってきてもらいます。

出荷準備として、活け締め、血抜き、神経抜き、箱詰めといった作業を
行います。



今日は、最近よくテレビ番組で紹介されている「神経抜き」について
説明しましょう。

神経抜き は、お魚の美味しさを保つ ということを覚えてください。

写真は、弊社の若手社員が神経抜きを行っているところです。
013



「神経抜き」とは、お魚の頭部中枢神経系を破壊することです。

その理由は、

筋肉疲労を起こさせたいためです。



死んだお魚なのに、筋肉疲労? と不思議に思われるかもしれません。

死んでからあまり時間の経っていないお魚をよく観察してみましょう。

触ったり、氷の上に移し替えたりすると、筋肉が痙攣し、ビリビリと震えてきます。



つまり、痙攣させちゃうことによって、疲労物質が筋肉に貯まってしまうのです。

このことは、ストレスをかけたお魚と同じ状態になってしまった 
ということです。



死んだお魚の筋肉の痙攣は、中枢神経によるものです。

神経抜きしたお魚は、筋肉の痙攣が起きてきません。



だから、神経抜き は、お魚の美味しさを保つ のに必要な作業なのです。
014

2015年5月30日 10:52マダコの事件簿

はりかい姫路城店では、初夏のメニューとして、

ボイルしたマダコにキムチを添えて、お出ししております。

012


お客様に「タコ」をオススメすると、よく返される会話が

「タコは硬いからねぇ~」

「これって、硬くない?」


というのがあります。

「タコ」って、食感の硬い食べ物 の代名詞みたいになっていますね。

そのようなな時は、
「ウチのは、よそと比べて柔らかいと思うから、食べてみて~♡」と薦めています。

日本近海で獲れる「マダコ」の場合ですが、
漁から揚がってから調理するまでの取り扱い方によって、
硬くなったり、柔らかくなったり変化するのです。

はりかいの取り扱うマダコは、たった15分、ボイルしただけなのに、
柔らかい食感のタコになっています。

その理由を

魚類・甲殻類・軟体動物・昆虫などの脳・神経内分泌学を専門とする研究者から
世界を相手に海産物を売り歩く「かいぞく(海族)業」 ←賊じゃありません
に転身し、ドクターの称号をもつはりかい社員に

聞いてみました。


「何で、柔らかくなるの?」

「ん~、わからん。そんなこと研究したやつ、おらんでぇ!!」

この事件簿、迷宮のオクトパス ってことでしょうか。

2015年5月29日 10:04「でかい」ことは、よいこと?

今年も「ハモ」の季節がやってきました。

関西でハモと言えば、淡路島や徳島が有名処ですが、
ここ姫路でも、ハモがたくさん水揚げされてきます。

010

この写真に写っている小さい方は、料亭や小料理屋さん向けのサイズです。

ハモは「小骨」が多いお魚で、大きすぎるサイズは、料理には不向きとされています。
そのため大きい方は、すり身屋さんが仕入れていくしかなかったサイズでした。

買い手が付かないお魚は、仕入れのお値段も、ちょっとお得!?

そこで商品開発したのが、ハモの蒲焼き風です。

肉厚でめっちゃボリューム感のあるものに仕上がりました。
小骨は100%入ってますが、柔らか加工しているので、骨を感じることがありません。

011

はりかい姫路城店へ行けばどうなるものか。
あやぶむなかれ。食べなければ「めっちゃ美味しい」は無し。
踏み出せばそのひと口が「めっちゃ美味しい」となり、
そのひと口が「めっちゃ美味しい」となる。
迷わず食べてよ、食べればわかるさ。

2015年5月27日 10:49ストレスを抜いて、リラックスさせること!!

獲れたてのお魚を仕入れるのではなく、一旦水槽で休ませたお魚を仕入れる。
このような商取引は、ごく一部の漁師さんと一流料理人さんの間で行われていました。

それは、休ませたお魚の方が「味が良い」と知っていたからです。

なぜ、味が変わるのでしょうか?

獲れたてのお魚は、必死に抵抗した後なので、筋肉疲労を起こしています。
つまり、お魚のお肉の中には疲労物質がいっぱい貯まっているのです。

水槽で休ませて、疲労回復させてあげると、アデノシン三リン酸(ATP)という
筋肉を動かすためのエネルギー物質が増えてきます。

このATPという物質は、うまみを引き出す元になる物質なのです。

だから、ストレスを抜いたお魚はめっちゃ美味しいのです。

はりかいでは、今まで一流料理人さんが取り扱っていた品質と同じお魚を
お客様にご提供しております。



ストレスが抜けたお魚は、近づいても逃げたりしないで、のんびり泳いでいます。
009

2015年5月25日 11:52たい焼きちゃんの誕生秘話

若い世代では、家庭でお魚料理をやらなくなってきています。
その原因の1つに、お肉料理と比べて、お魚料理は食べた後の
ボリューム感がない」という現実がありました。

確かにお魚料理では、頭や骨など捨てる部分がたくさんお皿の上に残っています。

また小骨を取り除くのが、かなりやっかいな問題にもなっています。

子供が食べるのを嫌うと、親も作りたがらない。
つまり、鮮魚販売にとって、負のスパイラルに陥ってきていたのです。
007

この問題解決に、はりかいは挑戦しました。

ピンチはチャンスにもなる!

そこで、はりかいの商品開発チームは、

高級魚を使う
骨まで柔らかく仕上げる
魚の本来の姿を崩さない



このような「こだわり」を持ってたい焼きちゃんを誕生させたのでした。
「たいやき」のように頭から食べることのできる「焼き鯛」。
これがたい焼きちゃんなのです。
008


シマッタ~、お腹にあんこ詰めるの忘れちゃいましたけど・・・

2015年5月22日 15:11国際ルールの流れの中の水産業

水産業では、国際ガイドラインというものがあります。
はりかいでは、国際ルールに則った「責任ある漁業」へ向けた取り組みを
積極的に行っています。
このような取り組みは、水産物を輸出するために、必要不可欠な懸案なのです。

ここ数日、イルカのニュースが話題になっています。
このニュースをしっかり理解するには、国際的なルールを知ってなければなりません。
日本のイルカショー問題は、この国際ルールを軽く見ていた結果のように思えます。

2007年に宣言された国際ルールでは、イルカは地球上の「生きている宝」と
表現されています。

つまり、イルカやクジラは、国際的に「消費対象の資源」としてではなく、
生態系の重要な要である「野生動物」ということになりました。

一方、追い込み漁で捕獲することは、イルカを「食べるための水産資源」と
見なしています。

この追い込み漁からイルカを調達することは、世界動物園水族館協会
(WAZA、本部スイス)が言うところの「内部の倫理規範に違反する」となり、
国際ルールと真っ向から対立することを含んでいます。

さらに海外では、日本の水族館はイルカを「興業目的」で水槽に閉じ込めてる、
ペット化している という認識をもった人たちも多くいます。

もし日本の水族館が「イルカショー」を続けるならば、世界を相手に「説明責任」が
必要となってきました。

というより、2007年以前に日本の水族館は「イルカショーの意義」について、
説いて回らなければならなかったのです。

日本の水族館にとって最悪なシナリオは、協会を脱会して追い込み漁からイルカを
調達し続けることです。

この問題が長引くようなら、日本は「野生動物に対するリスペクトを欠いた国家」として
孤立するかもしれません。

2015年5月21日 13:06写真から読み解く水産業の未来、その2

このファンドを使って、ウロコ取り機の導入を予定しています。
これは、「骨まで柔らかシリーズ」の量産化を目指しているからです。

下の写真は、昨年行われた「家島坊勢とれとれ魚・カキまつり」です。
少し分かりづらいのですが、バーベキュー会場にはお子様がたくさん来場していました。
これは、おじいちゃん、おばあちゃんらが、孫を連れて食べに来ていたからです。
005
姫路市のホームページより

日本では「魚食文化」というものがあります。

今、この日本では「魚食文化」を一生懸命伝えようとしているのは、
上記の写真にあるようにおじいちゃん、おばあちゃんたちなのです。

はりかいでは、骨まで食べれるお魚シリーズを開発しています。
マーケティングを進めているうちに、子供が魚を嫌いになる理由に「骨」の問題が
出てきたからです。

小骨を気にしないで美味しく食べられるお魚。
これは、介護食にも共通している部分でもありました。

はりかい姫路城店に来て、このお魚シリーズを食べたお客様には、
孫にも勧めたいというご意見が増えています。

お孫さんと一緒に同じものが食べられる って、めっちゃ楽しいですよね。

はりかいの「骨まで柔らか」に加工されたお魚シリーズ。
世代を超えて食卓を囲むことのできる水産加工品として、大変好評を頂いております。

006

2015年5月20日 10:34写真から読み解く水産業の未来、その1

はりかいでは、家島の漁師さんから魚介類を直接仕入れています。

家島漁業協同組合は、姫路市の妻鹿漁港で毎週日曜日に
家島の朝とれの海産物直売会を開催しています。
004
けっこうな賑わいを見せているのですが、はりかいのコンサルティング部門では、
妻鹿港での朝市の将来を危惧してしています。

それは、買いに来るお客様の年齢層が高く、20~30歳代のお客様がめっちゃ
少ないからです。つまり、家庭で料理する食材として魚介類を使ってくれるのは、
「団塊の世代」という結論となります。

ところが『海鮮居酒屋』などは、サラリーマンや家族連れで、ものすごく繁盛して
いるのです。

要するに、「海産物は家庭で食べるより、外食するもの」という傾向になってきたと
思われます。

はりかいでも、鮮魚の卸販売の他に、加工食品の開発と販売に比重が高まって
きています。

2015年5月19日 10:01姫路城とお弁当

先月は、姫路城のグランドオープンとお花見が重なって、たくさんの観光客で
賑わいました。

はりかいでは、お花見シーズン限定のHKB48プロデュース・特選弁当を
1000円で販売しました。
002
お米からおかずまで、すべて「播磨灘」にこだわったものを使っています。

このお弁当、お客様からは、たいへん好評なお言葉を頂き、
本当にありがとうございました。



はりかい姫路城店では、地魚バルとして営業しております。
皆様のご来店をおまちしておりま~す。
003

2015年5月18日 15:41有限会社 播磨海洋牧場からのご挨拶

有限会社 播磨海洋牧場(はりかい)の商品コンセプトは、海洋生物の専門家が
お届けする「めっちゃ美味しい海産物」となっています。

社員は、以下の面々です。

魚介類の健康状態の違いが分かるおっちゃん。
魚介類の神経内分泌研究の第一人者から転職してきたおっちゃん。
水族館や博物館の学芸員クラスの知識をもった若手社員たち。

それと、愛情のこもった商品を作ってくれる「HKB48」のおねいさんたち。

このようなメンバーが、播磨灘の魚介類を「めっちゃ美味しい」にして商売をしております。

なぜ「めっちゃ美味しい海産物」になるのか?

その理由は、科学的根拠に基づいた難しい内容になりますが、
そこを誰にでも理解できるように、このブログで伝えていきたいと思っています。

どうそ、よろしくお願いいたします。

001

はりかい姫路城店メニュー2014年バージョン

2015年4月21日 18:20産経新聞に掲載されました!

4月15日に姫路市役所でファンドの記者会見を行いました。


記者会見の様子


播磨海洋牧場 ゼネラルマネージャー 水産学博士 安田さん

記者会見は1時間以上続き、ファンドの事業内容について詳細に説明いたしました。

そして、4月18日の産経新聞兵庫版に掲載いただきました。

こちら産経新聞WEB版です。 http://www.sankei.com/region/news/150418/rgn1504180070-n1.html
ヤフーニュースにも転載されました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000053-san-l28


その後、はりかい姫路店に寄りました。








牡蠣をいただきました!
はりかいさんの牡蠣は、身が大きいなので食べ応えがすごくあります。

【美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンドの詳細はこちら】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=820

2015年4月14日 18:18縮まないぷりぷりの牡蠣を提供できるはりかい

皆さまこんにちは。西日本支社の久保です!
最近雨ばかりですが、先日たまたま晴れた平日の昼間に仕事の都合で姫路駅へ行ってきました!
 
JR姫路駅の改札を出てすぐ右を見ると、そこには真っ直ぐ先に真っ白い姫路城が目に入ります!!
 
はりかい

姫路城へと真っ直ぐ道沿いに歩きますと左手にある、にの屋敷に【美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド】の事業者である有限会社播磨海洋牧場の直売店「地魚バル はりかい」があります!

はりかい

はりかい

この赤い垂れ幕が目印です。

はりかい

天気がよかったので外の席で軽めのごはんをいただくことに。
兵庫県の地酒も扱っており、弊社でも人気の奥播磨もありました!

はりかい

人気NO.1のたこめしおにぎりと蒸し牡蠣を注文しました!
たこめしはふっくら炊きあげられ握りたての美味しさ。

はりかい

蒸し牡蠣はぷりぷりで食べ応えがあり格別でした!
 
牡蠣といえば、生の状態の牡蠣だと大きくて食べ応えがありそうなものでも、蒸したり焼いたりすると小さく縮んでしまったなんてことがよくありますが、はりかいで食べる牡蠣はぷりぷりで身が縮んでおらず大粒のままいただけるんです!

どうしてはりかいの牡蠣は縮まずぷりぷりなのか、それは育てる時にある、工夫をしてもらうのだとか・・・。

そして、はりかいでは年中牡蠣を提供できるんです!
(なぜ年中提供できるかはまた別途ブログでご説明しますね。)

実は、【美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド】事業者である有限会社播磨海洋牧場の代表取締役をはじめ、従業員がみんな海の専門家集団なんです!!
 
海の専門家たちが水産技術を駆使して、播磨灘で獲れる天然魚の美味しさを専門家たちの技とノウハウを活かし、素材本来の力を最大限に引き出すことを目指しています。
 
「魚のことは魚の専門家にきけ」ですね。
 
どうすれば一番美味しい状態で皆さまの食卓やお店で提供できるか、専門家の観点で考えられているんです。
 
では、どういう工夫をされているかについては、またブログにてご紹介いたします!
 
【美味しさ引き出す 播磨灘天然魚ファンド】事業者についてもこちらで紹介しております。
詳しくはこちらをご覧ください。
 

今週末の天気は晴れだそうですので姫路城にお越しください♪
 
はりかい 

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス