ファンド詳細

受付終了 広島県がん検診推進SIBファンド2

大腸がん検診の受診率を高め、健康を守る官民連携事業

一口金額50,000円 募集総額5,450,000円
事業者名株式会社キャンサースキャン 参加人数 2人
地域東京都
広島県
分野教育、医療、福祉
募集期間2018年11月26日~
2019年11月30日
シリーズセキュリテSIB
特典
本ファンドは特典はございません。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 広島県がん検診推進SIBファンド2
営業者 株式会社キャンサースキャン
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 5,450,000円 (109口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 50,000円/口 (内訳:出資金50,000円 取扱手数料0円)
(上限口数:109口)
募集受付期間 2018年11月26日〜2019年11月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
※募集期間終了前であっても、営業者又は取扱者の判断により、
 本匿名組合契約の募集を終了する場合があるほか、出資金の申込状況に応じて、
 最大6ヵ月まで募集期間を延長することがあります。
会計期間 2019年1月1日~2020年12月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2019年12月31日 報告日: 2020年2月29日
第2回 2020年12月31日 報告日: 2021年3月1日 分配日: 2021年3月31日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 第2回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税込)
12,582,557円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

広島県がん検診推進SIBファンド2の締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約に定める場合を除き本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は募集開始日の直前期における決算書上、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。なお、営業者は募集開始日の直前期における決算書上、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては営業者が債務超過に陥る可能性も否定できません

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

8. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

9. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

10. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

11. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、第二種金融商品取引業者に一般に求められる水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

12. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

13. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

14. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

15. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

16. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

17. 兼業に関するリスク
営業者の代表者は株式会社Africa Scan、株式会社ハビテックの代表者として活動に携わっていることから、営業者の代表者が株式会社Africa Scan、株式会社ハビテックの活動に労力・時間等を割かれる結果、本匿名組合事業の計画遂行に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者及び取扱者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税込)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税込)は下記のとおりです 。
/data/fund/4832/売上計画.png

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立11年目の会社です。創業以来に各種検診・特定検診の受診率向上事業及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 特定検診受診率向上事業の運営
営業者は従前より自治体受託事業である特定検診受診率向上事業を受託しており、事業を行うために必要なノウハウや人員を有しております。
b. AIを活用した対象者選定
営業者は、大腸がん検診における未受診者(対象者)のデータを独自のAIで調査し、対象者を複数のグループに分類します。
c. 対象者特性に合わせたDM等の作成・送付
営業者は独自の研究結果に基づき、各グループの特性に合わせて大腸がん検診を促すDMを作成・送付することにより、対象者の受診率を向上させ、事業計画の達成を目指します。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前(累計売上金額(税込)が6,964,000円(税込)以下の場合):
リクープ前売上金額(税込)×0.0%÷109口×1口
 
・リクープ前(累計売上金額(税込)が6,964,000円(税込)を超え、12,582,557円(税込)以下の場合):
6,964,000円(税込)×0.0%÷109口×1口+(リクープ売上金額(税込)-6,964,000円(税込))×97.0%÷109口×1口
 
・リクープ後(累計売上金額(税込)が12,760,000円(税込)以下の場合):
6,964,000円(税込)×0.0%÷109口×1口+(リクープ売上金額(税込)-6,964,000円(税込))×97.0%÷109口×1口+(12,760,000円-リクープ売上金額(税込))×97.0%÷109口×1口
 
・リクープ後(累計売上金額(税込)が12,760,000円(税込)を超える場合):
6,964,000円(税込)×0.0%÷109口×1口+(リクープ売上金額(税込)-6,964,000円(税込))×97.0%÷109口×1口+(12,760,000円-リクープ売上金額(税込))×97.0%÷109口×1口+(リクープ後売上金額(税込)-12,760,000円(税込))×6.0%÷109口×1口

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口50,000円の出資の場合)
/data/fund/4832/分配シミュレーション.png

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口50,000円の出資金に対し、1口分配金額が50,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/50,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2018年11月26日~2019年11月30日
2 会計期間 2019年1月1日~2020年12月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 決算日 第1回 2019年12月31日 報告日: 2020年2月29日
第2回 2020年12月31日 報告日: 2021年3月1日 分配日: 2021年3月31日
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 第2回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2018年10月31日現在)
/data/fund/4832/営業者概要.png


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2018年10月31日現在)
/data/fund/4832/MS概要20180920~.png
 
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 広島県がん検診推進SIBファンド2

プロジェクトサマリー

当ファンドの営業者となる株式会社キャンサースキャンは検診によって早期に治療を行うことで守れる命を守りたいという思いから立ち上げられました。創業から約10年で、全国各地で行われる様々な特定検診の受診率を数十倍に増加させるなどの実績をもつ公衆衛生事業のリーディングカンパニーです。こうした実績を高く評価されている株式会社キャンサースキャンが当ファンドで行う事業内容とファンド条件、展望についてご紹介致します。

本ファンド対象事業について

大腸がんを早期に発見するがん検診の推進で命を守る事業
広島県内の大腸がん検診受診率を高めることで健康を守り、がんの早期発見を促す
当ファンドでは広島県と広島県内の竹原市、尾道市、福山市、府中市、三次市、庄原市の6つの市にお住いの方へ大腸がん検診の受診と受診後の対象者へ精密検査の受診を推奨する事業が対象となります。
大腸がん検診を受診することによるがんの早期発見と治療を促すはがき等の配布物を制作する為にかかる人件費や資材費を募集し、実際に検診を受けた地域住民の方々の増加率で広島県と県内6市から報酬が支払われ、分配される仕組みになっています。

/data/fund/4831/概要図.JPG
 
投資家の皆様の資金で行う大腸がん検診を推進する事業のゴールは主に2つあります。1つは住民の方々の健康を守り、大腸がんの早期発見によって医療負担を軽減させることです。2つ目は検診推進事業で実績をつくることです。高齢化が進み、税収が減少している自治体は財源が限られています。成果連動型で業務を民間事業者へ委託することで、民間事業者に対して成果を最大化させるインセンティブを提供し、大腸がん検診の受診率と精密検査受診率を上げることが期待されています。また、本事業は2年間、年度をまたいで実施されます。単年度で行う事業でないので成果を出しやすくなっています。万が一想定した成果が上がらなかった場合は、成果に応じて報酬を支払うため、行政は不要な支払いを回避することが可能になります。

/data/fund/4831/【最終】メリットの図.JPG
※コストの軽減率はイメージです。
 
がん検診受診率を向上させることで救える命を守る

現在、日本のがんによる死亡者数は年間30万人を超え、死亡原因の第1位を占めるようになりました。しかし診断の精度や医療技術の進歩により、一部のがんを早期発見、そして早期治療をすることが可能となっていると長年行われてきた各機関の調査により認められています。例えば、国立がん研究センターが1990年から毎年実施した40歳~59歳の男性を対象に13年間行われた検診の有無と大腸がんの発症を追跡した調査によると、検診をした人としなかった人の大腸がんによる死亡率は70%の差がありました。また、大腸がんを除くがん全体の死亡率でも受信をしなかった人と比較して低いことが判明しています。

こうした現状を受け、国を挙げて全国の自治体を通じて早期にがんを発見し治療と対策がとれるようがん検診の受診を推奨するよう施策をうっているものの、全国のがん検診受診率は低い水準のままとなっており、早期に治療ができたはずのがんが重症化してしまっている人の割合が増加しているのが現状です。こうした現状を打破すべく、キャンサースキャンは「ソーシャルマーケティング」と銘打ち、検診推進事業できちんとマーケティングを行い、事業を展開しています。


実績を生み出す「ソーシャルマーケティング」を用いた独自の社会的課題の解決スキーム
キャンサースキャンの驚異的な特定検診推進力
創業から約10年で全国約300ヵ所以上の自治体で検診率を数十倍まで伸ばすなどの驚異的な検診率の向上に繋げており、各自治体から高い評価を得ています。この驚異的な実績の背景には、丁寧な調査プロセスに基づいた戦略があります。特に4つのプロセスを徹底的にこなしています。

/data/fund/4831/エビデンス.JPG
やみくもに思いつきでメッセージを開発するのではなく、過去の研究や調査などから分かっていることをすべて調べ、整理します。こうした調査を行うことでメッセージ開発で大まかな方向性を探っていきます。またエビデンス分析を行うことで、どの対象者集団がターゲットの中心として適切かということに関しても明確になっていきます。それぞれに異なる深層心理を持つ対象者に対して、異なるメッセージ戦略の方向性を決めます。

/data/fund/4831/マーケティング調査.JPG
どのターゲットにどのようなメッセージを発信するかを具体的に固めるため、マーケティング調査を行います。おおまかな流れは、「インタビュー調査(仮説構築)→ アンケート調査(仮説検証)」です。インタビュー調査実施には、具体的にターゲット集団と想定される対象者からそれぞれ6-10名程度をリクルートし、インタビュールームに来てもらった上で、元々用意していたインタビューフロー(質問リスト)に基づいてインタビューを行います。対象者一人あたり1時間程度をかけます。こうしたインタビューを行ってゆき、検診受診率が上がらない理由をまとめ、仮説を構築していきます。

/data/fund/4831/メッセージ開発.JPG
一番重要なポイントは情報量をそぎ落とし、「これさえ伝えることができれば人は動く!」というところまで突き詰めておく必要があるため、メッセージ開発の前にマーケティング調査を行う必要があるのです。情報が盛りだくさんのメッセージは、多くを伝えているようで、実は何も伝わっていないものがほとんどです。
また、メッセージを「どう見せるか」というデザイン・レイアウトも同じく、大切なことです。具体的には、マーケティングで用いられるSTOP→HOLD→CLOSEのルールを活用して戦略的にメッセージを作成します。

「STOP」・・・人の注意をひき、目をとめさせる
「HOLD」・・・読む人の注意を興味に変えて「へー!」と内容を読ませる
「CLOSE」・・・行動に向けて最後に背中をひと押しする

こうしたプロセスを経て、メッセージの案ができたら再度数名のインタビュー調査を行い、微修正を経て、完成します。

/data/fund/4831/効果測定.JPG

どんなアイディアでも最初からうまくいくということはないので、効果を確かめながらそのマーケティングアイディアを改善したり、中止したり、拡大したりと常にアクションを取ります。
効果の測定を適切に行うためには最終的に何を結果として測定したいのかという指標を明確にする必要があります。
たとえば、○○市が主催する健康フェスタの目的は「市民の健康意識の向上」ですが、健康フェスタの事業報告書では「当日××人を超える来場があった」と記されていたりします。本来的には市民アンケート調査において「市民の健康意識」をきちんと評価しないと、お金と時間を使ってやる意味があるのかどうか判断は難しいという判断となってしまします。
また、何と何を比べるかという観点も非常に重要になります。
たとえば、がん検診の受診勧奨事業を実施した場合、新しく作成したがん検診リーフレット送付の効果を確かめるためには、そのリーフレットを送った人たちの受診率をみるだけではなく、従来使っていたチラシを送った人の受診率・何も送らなかった人の受診率などと比較する必要があります。
昨今は自治体の財政も厳しく、効果が証明できない取り組みは中々継続的に予算がつかない状況です。一方でこうした新しいアイディアを守るために効果を証明していくことが求められている状況下では、適正な効果測定と報告が必要となります。キャンサースキャンのソーシャルマーケティングが全国の自治体から高い評価を得ているのは、単にメッセージの訴求率が高いからではなく、事業の取り掛かりから終了まで徹底したプロセスに基づいて実績が報告されているからこそだと言えます。

/data/fund/4831/乳がん検診案内例3.JPG
(キャンサースキャン社作成の乳がん検診のご案内はがきの例)


がん検診の重要性は認知されているのに受診率が上がらない理由
がん検診ががんの早期発見につながり、大切な命を守ることに繋がることは広く認知されるようになってきているのですが、検診受診率が依然として低い要因として検診推進の対象者への適切なアプローチが出来ていないことだとキャンサースキャン社は考えています。
キャンサースキャン社が行ってきたマーケティング調査により、受診率が上がらない要因は3つのグループに属している対象者それぞれ異なるのではないかという仮説を立てています。従来の自治体の検診のご案内は、伝えたい内容が全てまとめられてはいるものの、各グループの関心事に対して適切に応えられているものではないと考えています。
 
/data/fund/4831/3つのグループ.JPG
(参考:株式会社キャンサースキャン社 HPより)
 
 例えば、当ファンドの対象事業となる大腸がんの検診のご案内をキャンサースキャンが制作する際には各グループに対して異なる観点のアプローチでメッセージを発信しています。

/data/fund/4831/メッセージ例.JPG
(参考:株式会社キャンサースキャン社 HPより)

上記のような明確なターゲット選定とターゲットのインタビュー調査結果に基づいたメッセージの発信により、実際に東京都八王子市における大腸がん検診の受診率は約19%増加しました。また、他の自治体で行われた乳がん検診の受診率を改善させる事業では約3倍の受診率につながるなどの実績を積んでいます。当ファンド対象事業の広島県と県内6つの市で行われる大腸がん検診においても、こうした手法を用いることで地域住民の方々の健康維持に貢献し、成果報酬の獲得を目指します。
 
「四方よし」の金融スキーム「SIB」で社会の課題解決と不要なコストの軽減を目指す
投資家の皆様と立ち上げる、ソーシャル・インパクト・ボンド
当ファンドは「セキュリテ」と金融機関からの融資、一般財団法人社会的推進財団の出資、キャンサースキャン社の資金で行われる「ソーシャル・インパクト・ボンド」(以下SIBとする。)というスキームで運営されます。SIBとは、民間の事業者が行政から成果連動型で業務委託を受け、その事業を行う為に必要な資金を調達する方法の1つです。当ファンド対象事業のように、県と市とが手を取り合って広域連携で一般個人の投資家の皆様から投資を募るSIBは世界でも珍しい取り組みとなり、注目を集めています。
この仕組みにより、行政は成果が出ない事業を受託する事業者のモチベーションを最大化でき、営業者は事業を行うことで成果に応じて報酬を受け取ることができます。また出資者は、成果に応じて適正なリターンを得ることができ、地域住民は地域の課題が解決されることで生活の質が豊かになります。SIBは行政・民間事業者・出資者・地域住民と4つのそれぞれの立場に対して利益を還元することを目指して行われる新たな金融スキームとなります。

/data/fund/4831/【最終】仕組み図.JPG

 
SIBは、主に行政が行っている業務のうち望ましい結果が出ていない業務に対して、その分野で実績を残している民間事業者に委託する事例が多く挙げられます。SIBが組成され始めてから約8年の間で調達金額は累計約450億円程度となっております。小さな市場ではあるものの、行政コストを削減しつつ民間事業者も成果次第で適正なリターンを得ることができ、出資者からは投資金額を上回る償還を迎える条件も徐々に増加しており、今後のSIB市場の拡大が期待されています。
 
 
/data/fund/4831/SIB表.JPG
(出典:日本版ヘルスケアソーシャル・インパクト・ボンドの基本的な考え方より)
 
また、県と市が手を取り合って行われる広域連携のSIBは日本で初めての事例となり、これを「セキュリテ」のような仕組みで一般の個人投資家の皆様から資金を調達して行う取り組みは珍しく、国内外から注目を集めています。
 
ファンドの仕組みについて
当ファンドにおける分配金は実際に大腸がん検診受診者数の増加人数と精密検査の受診率に応じて広島県と県内の6つの市から報酬が支払われることによって、投資家の皆様に分配されます。

/data/fund/4831/kijunn.JPG
「ソーシャル・インパクト」と聞くと金融スキームであっても実質的には寄付に近いのではないかと感じる方も多いかと思いますが、SIBの特徴は成果連動型で報酬が支払われるので、営業者は成果にこだわるようになり、成果が最大化されれば課題が解決される為、自治体も積極的に事業に取り組みます。実際に今回のファンド営業者であるキャンサースキャン社は既に八王子市の大腸がん検診受診を促す事業についてSIBを組成して実施しており、投資額を上回ると想定される水準の中間実績が発表されています。今回も同じ大腸がん検診の推進事業となるので、広島県と県内の6つの市で行われる事業へも期待が寄せられています。
当ファンド「広島県がん検診推進SIBファンド」ではセキュリテ会員の皆様と機関投資家である一般財団法人社会的投資推進財団が異なる条件の下で投資を行い、事業計画の達成に向けて事業を行って参ります。

/data/fund/4832/分配比率図 最終.JPG

 詳細な分配シミュレーションをご確認されたい方は「ファンド情報」より「分配シミュレーション」をご確認下さい。

【2つの指標による成果報酬金額の表】
/data/fund/4832/価格表 最終.JPG
 
投資家の皆様と一緒に目指すゴール
SIBは行政コストの削減や、成果報酬への期待などが注目されがちですが、根幹にあるのは地域住民の方々や地域社会の為になるサービスの提供と、投資家の方々と営業者への利益の還元です。
また、当ファンドのゴールは対象となる地域住民の方々の健康促進とがんの早期発見ですが、このファンドを通じて投資家の皆様にも検診の重要性をご理解頂き、行動して頂ければこれ以上のゴールはないと考えています。「セキュリテ」での新たな取り組みとなる当ファンドへ多くの方のご支援を頂ければ幸いです。

営業者紹介

株式会社キャンサースキャン
/data/fund/4831/会社ロゴ.JPG
2008年 ハーバード大学経営大学院より社会貢献基金を受け、創業。
2009年 東京都がん検診受診率向上事業にてシンクタンク業務を受託
             東京都がん検診受診率向上施策検討会委員に任命
             東京都立川市にて乳がん検診受診率向上を3倍にするモデル事業を成功
             その後 日本全国で受診率向上事業を展開
2011年 特定検診の受診率向上事業を開始

代表者紹介

代表取締役 福吉 潤

/data/fund/4831/福吉代表.png
1974年生まれ。
慶應義塾大学総合政策学部、ハーバード大学ビジネススクール卒業。
P&G Japanで商品開発や広告宣伝など幅広い部門に携わった後に、2008年にハーバード大学の社会貢献創業基金を獲得し、
株式会社キャンサースキャンを創業。代表取締役就任。
厚生労働省がん検診受診促進企業連携推進事業アドバイザリーボード委員。大阪大学大学院特任講師。

ファンド対象事業内容

本ファンドが対象とする事業は、出資金を用いて行う広島県での大腸がん検診・精密検査受診勧奨事業です。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/4832/資金使途2.png

投資家特典

当ファンドには投資家特典はございません。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 旧奈良監獄プロジェクト
  • セキュリテSIB
  • 健成園 熊本産オーガニック茶応援ファンド
  • 【期間限定】木村屋シュトーレンセット2018