ファンド詳細受付終了

遠野 上閉伊酒造 国華の薫ファンド

遠野市唯一の酒蔵を応援。特典には代表銘柄の国華の薫をお届け。

一口金額31,500円 申込状況受付終了
地域岩手県 遠野市 参加人数 157人
分野食品製造、酒 募集総額5,400,000円
募集期間2017年11月15日~
2018年5月31日
シリーズ
特典
1口につき上閉伊酒造代表銘柄「国華の薫」大吟醸(720ml)1本及び、オール岩手産「遠野夢街道」純米吟醸(720ml)1本をファンド期間中に送付予定。
発送実施時期が確定次第ご連絡を差し上げます。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 遠野 上閉伊酒造 国華の薫ファンド
営業者 上閉伊酒造株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 5,400,000円 (180口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 31,500円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,500円)
(上限口数:33口)
募集受付期間 2017年11月15日〜2018年5月31日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2018年12月1日~2021年11月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2019年11月30日
第2回 2020年11月30日
第3回 2021年11月30日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 第3回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
300,000,000円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

遠野 上閉伊酒造 国華の薫ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。 

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、募集期間が終了したにもかかわらず、申込者からの出資金額が出資金募集最低総額(5,000,000円)に満たなかった場合、営業者が2018年11月末までに本匿名組合事業にて予定している設備の購入ができなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. 生産に関するリスク
本匿名組合事業の商品の生産については、原料の調達状況、設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業において食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 新商品に関するリスク
本匿名組合事業には新商品の生産及び販売が含まれます。当該新商品については、商品の研究開発スケジュールの進捗状況や研究過程における不慮の事故等により、開発が失敗に終わり、商品化できないリスクがあります。また、新商品の生産及び販売の体制構築、販路の拡大等に予想外のコストや時間を要する可能性があります。これらの結果、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。

/data/fund/3902/上閉伊酒造 事業売上.JPG



(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立73年目の会社です。創業以来に清酒、ビールの生産販売及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 清酒、ビール製品の生産
営業者は従前より清酒、ビール製品の生産を行っており、既に生産に必要な原材料の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。
b. 清酒、ビール製品の販売
営業者は従前より清酒、ビール製品の販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は過去の取引顧客へのDM発送による注文獲得、カタログギフト等への出稿を通じて営業活動等を行うことで、売上の拡大を図ります。
c. 新商品の生産販売
本匿名組合契約の対象事業には、新商品の生産販売が含まれます。この点営業者は、既に商品開発を進めており、今後量産体制を整備し、販売を進めていく予定です。販路の開拓については、県内外の商談会への参加や都内飲食店でのイベント開催により、商談を進めております。
 

分配計算式


匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定します。なお、1口あたりの分配金額に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定します。
・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×1.8%÷180口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×1.8%÷180口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.3%÷180口×1口
 
本匿名組合契約が終了した時点において、資金使途に従って使用されていない出資金がある場合には、当該出資金は匿名組合員への分配原資に加算されます。
 
なお、本匿名組合契約において明記される場合を除き、匿名組合員が上記の分配金額以外の金銭その他の財産の支払い又は分配を受けることは予定されていません。したがって、契約期間満了等により本匿名組合契約が終了した場合においても、匿名組合員は、かかる分配金額とは別に出資金の返還(金銭その他の財産の如何を問いません。)を営業者に請求することはできません(ただし、現物による分配がなされる可能性があります 。)。
 
本匿名組合契約が終了した時点において、リクープが実現されていない場合、本匿名組合事業に基づき生産された本匿名組合事業で取り扱う商品のうち未販売で匿名組合員に分配可能な在庫があるときに限り、営業者は匿名組合員に対して現物分配を行います。なお、かかる現物分配を行う場合、営業者は、匿名組合員の出資口数を勘案の上、匿名組合員に対して分配する商品の種類及び数量を合理的に決定するものとします 。


 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)

/data/fund/3902/上閉伊酒造 sim.JPG

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年11月15日~2018年5月31日
2 会計期間 2018年12月1日~2021年11月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 2019年11月30日
第2回 2020年11月30日
第3回 2021年11月30日
6 分配日 第3回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年10月31日現在)
/data/fund/3902/営業者概要.JPG

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年10月31日現在)
/data/fund/3902/MS概要 システム貼付用 20170801.png
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 遠野 上閉伊酒造 国華の薫ファンド

プロジェクトサマリー

岩手県遠野市唯一の酒蔵である上閉伊酒造株式会社。200年以上に亘り遠野市周辺地域で地元の方々に愛され続けてきた酒蔵です。長い歴史の中で培ってきた素材へのこだわりや、厳選した素材を活かした酒造りを行いながら、時代の変遷に合わせて商品開発にも力を入れてきました。地域に根差した酒造りと販売を行ってきましたが、酒造りへの評価の高まりを受け、全国やアジア地域を中心とした海外へ販路を拡大させる予定です。
本ファンドでは、品質管理を徹底する為に、酒を保存する際の冷蔵設備と全国・海外展開を推進する為の販促費用の一部を募集致します。投資家の皆様には、1口3万円あたり、代表銘柄である「国華の薫」大吟醸、オール岩手産の「遠野夢街道」純米吟醸を贈呈いたしますので、この機会に是非お愉しみください。皆様の応援を、宜しくお願い致します!

本ファンド対象事業の魅力

遠野市唯一の酒蔵「上閉伊酒造」/data/fund/3902/T2.jpg
【上閉伊酒造外観】
遠野の自然豊かな山の麓に位置する上閉伊酒造。歴史を感じさせる佇まいの蔵で酒造りが行われています。

「遠野物語」で有名な岩手県遠野市。この遠野市で寛政元年より続く酒造りを継承しているのが上閉伊酒造です。戦後は遠野市にも数件の酒蔵がありましたが、酒の需要の変化や人口の減少による人員不足、後継者問題等により遠野で唯一の造り酒屋となりました。

上閉伊酒造のルーツである酒蔵は、寛政元年(1789年)に創業した建屋酒造店であり、初代新里庄衛門が鍵町にて創業しました。「上閉伊酒造」の誕生は戦時統制下における生産統制によるもので、上閉伊郡(遠野、釜石、大槌)に当時存在した酒蔵7社が合併し、新たな会社組織として「上閉伊酒造株式会社」が生まれました。終戦後は上閉伊酒造として残る蔵と分離独立し酒造りを再開する蔵が各個の道を歩みます。日本が日常を取り戻し発展を続ける中、米不足の解消に伴い酒が不足し「造れば売れる時代」とも呼ばれた頃は上閉伊酒造も地元消費用の普通酒を主とした生産を行って参りました。しかし、国民の生活の安定が叶ってからは需要が変化し上質な酒が求められるように。時代の変化の中で上閉伊酒造は、量の生産ではなくより品質の高い、本当に美味しい酒を丁寧に作っていこうと方向転換を行います。

特徴的な水質の美味しい水と、澄んだ空気に囲まれた遠野は酒造りに最適な環境です。また、岩手県は高い技術を持つことで有名な南部杜氏の地。かつて南部杜氏たちは岩手以外にも灘や広島、全国の酒蔵に出稼ぎに赴き技術を吸収し磨いてきました。現在でもその技術は継承されているため、非常に優れた杜氏集団であると言われています。
遠野唯一の造り酒屋は、遠野の地を愛し大自然の澄んだ空気と水に育まれながら変わらず丁寧な酒造りを続けています。


遠野の自然に育まれた酒造り/data/fund/3902/T1.jpg
【朝霧が立ち籠める遠野の山々】
山々に囲まれた遠野の地は、清涼な空気の中に朝霧が立ち込め神秘的な雰囲気に包まれます。遠野物語にも登場する遠野三山(早池峰山、石上山、六角牛山)には、それぞれ女神が宿ると言われています。

上閉伊酒造では遠野三山の一つである六角牛山(ろっこうしさん)の伏流水を地下100mより汲み上げ、仕込み水として使用しています。水質は超軟水であり、軟水を使用した酒は口当たりが非常に柔らかく仕上がります。酒造りにおいて軟水は発酵が緩やかに進む特性があり、米が吸水する速度が非常に早いなどの理由により杜氏は高度な技術を要求されます。

日本酒は約80%が水であり水は味に大きく影響します。六角牛山の超軟水を使用する上閉伊酒造の酒は、口当たりが非常にやわらかく後味がスッと引く、雪解けを連想させるような味わいに仕上がっており、食中酒に最適です。上閉伊酒造の代表銘柄であり、投資家特典として皆様にお送りする「国華の薫 大吟醸」は酒米に山田錦、岩手県のオリジナル酵母である「ゆうこの想い」を使用し、料理の邪魔をせず楽しんで頂ける酒のため、日常から特別な日の料理まで、生活に寄り添う酒となっています。

清廉な六角牛山の伏流水と岩手の県産酵母を使用した上閉伊酒造の酒は、遠野の環境と南部杜氏の技術があって初めて仕上がる、地域の水の特色を色濃く感じられる味わいを誇ります。
 
担当者インタビュー
清酒製造杜氏の佐々木 勝喜(ささき かつよし)さんにお話を伺いました。

――上閉伊酒造の酒造りのこだわりを教えて下さい。
 
佐々木さん:私たちは目利きをした山田錦や岩手県の酒造好適米である吟ぎんが等を酒米に使用し、六角牛山の特徴的な軟水である伏流水を使用して酒造りを行っています。遠野の自然と先代が培ってきた良さを今後も生かし、私たちの代でさらに美味しい酒に昇華させられるよう、技術を研鑽しております。また、チャレンジングな社風ですので、受け継がれた技術を生かしながらも時代に則した新商品の開発を随時行っています。

/data/fund/3902/上閉伊酒造杜氏.jpg
【酒造風景】
先代杜氏(現顧問)に酒造技術指導を受け技術を継承し今後の上閉伊酒造を担う杜氏や従業員

――今後挑戦していきたいことは何でしょうか。
佐々木さん:私自身、まだ若い杜氏ですので今後は技術を試すという点で鑑評会にも出品していきたいです。指標のようなものですが、酒造技術の向上・安定は今後の上閉伊酒造の展開に必須の要素だと思っておりますし、鑑評会を通して上閉伊酒造の酒を全国の方に認知して頂きお手に取って頂くきっかけにしていきたい考えております。
 
また、赤色清酒酵母という酵母を使用した酒を造っています。この酵母を使用した酒は名前の通り薄い赤色(桃色)に色づき、甘口で飲みやすいにごり酒に仕上がります。綺麗な発色をする珍しい酵母ですが、大変繊細な酵母でもありますので酒造りの際はバランスが大変重要で、この酵母が上手く増殖しなければ味に酸味が出すぎてしまったり綺麗な桃色が現れません。技術面でも大変勉強になる酵母です。「桃色にごり酒」は味は甘口ですが上閉伊酒造特有のスッキリとした飲み口は残しております。女性や日本酒に慣れ親しんでいない方も飲みやすい味となっておりますし、色も桃色でイベント性の高い酒となりますので、上閉伊酒造の酒を飲んで頂く間口の一つになると感じています。

――消費者に是非飲んで頂きたい酒を教えて下さい。
 
佐々木さん:国華の薫以外で言いますと「本醸造 生貯蔵酒」をお勧め致します。この酒は出荷時に火入れを行うタイプの酒ですので、フレッシュさを感じられる酒です。吟醸酒のような特徴的な熟成香が香り、味はスッキリとした飲みやすい酒です。ぬる燗にすると味の深みが増し爽やかな香りとは色を変えた香りが開くため、今後日本酒の消費を支えていくであろう若い世代や女性の方にも飲んで頂きやすい酒ながら、日本酒好きな方にも是非お勧めしたい酒です。
 
商品紹介
上閉伊酒造の一部商品を紹介致します。

/data/fund/3902/T8.jpg
【国華の薫 大吟醸】
上閉伊酒造の代表銘柄。山田錦を40%まで磨き、丹念に仕込みました。華やかで気品ある香りの大吟醸酒です。まろやかな口当たりは上閉伊酒造の酒に共通した特徴で、食中酒に最適です。

【遠野夢街道 純米吟醸】
岩手県の酒造好適米「吟ぎんが」を使用した、爽やかな香りとなめらかな舌ざわりの吟醸酒です。飲み口もすっきりしております。県産米、県産酵母を使用したオール岩手の酒になります。

【本醸造 生貯蔵酒】
バナナのような爽やかな吟醸香にも似た香りが特徴的。冷やして爽やかな香りとのど越しを、ぬる燗で変化した香りと深みを増した旨みを楽しんで頂ける酒です。
 
多くの方にこの味を
 当ファンドで募集する資金は、冷蔵設備費用として使用させて頂く予定です。現在冷蔵設備が不足しており、品質の管理が自分たちにとって思わしくない状況にあります。丁寧な酒造り、品質の向上を常に志す私たちにとって、酒の管理を徹底させることは喫緊の課題です。自社の冷蔵設備を充実させることで商品の管理が安定し、より美味しい酒を皆様にお届けできるよう、体制を整えていきたいと思っております。

また、皆さまより応援して頂いた資金を販促費用としても使用し、より多くの方に遠野の酒を飲んで頂けるよう、酒の知名度を上げて参りたいと考えております。

遠野には既に私どもしか造り酒屋がなく、日本酒を製造していることすらあまり知られていません。しかし、遠野の山に囲まれ、水と空気が美しい環境で作られる酒を地元での消費だけではなく、全国の方に知って頂きたいと考えています。
遠野は、美しい自然に囲まれた歴史ある土地です。当ファンドを通じて上閉伊酒造の酒を知って頂くと同時に、遠野の土地にもいつか足を運んで頂けたら幸いです。
どうぞ、応援のほどよろしくお願い致します。

 
ズモナビール
上閉伊酒造は、清酒造りで培った技術を応用し、麦酒の製造も行っております。名前を「ZUMONAビール」といい、ズモナ、というのは方言で「~だそうな」という意味を表す言葉です。実は遠野は日本有数のホップ生産地で、ズモナビールは地元のホップの味をそのまま生かせるように製造しています。ビール作りは初心者であることを忘れず、実直に作っているズモナビールは、毎年地元遠野で開催されるホップ収穫祭や、全国各地の大規模なビアフェス等に出展しており、好評を得ています。

/data/fund/3902/ズモナご担当者saisyuu.jpg

ビール醸造士の坪井大亮(つぼいだいすけ)さんは、日本酒の酒蔵であることを生かして今後は清酒酵母を利用した味わい深いビールも造っていけたら、と話してくれました。今後のビール造りに生かしていくため、清酒製造に携わる従業員と相互に情報を交換して発酵や製造過程の研究を欠かさないと言います。一度日本酒の製造も経験しビールの製造にも取り入れていければ、と日本酒とビールの両方を造る蔵ならではの技術の研鑽を行っております。

/data/fund/3902/T4.jpg
【ズモナビール】
コクがあり飲みごたえのあるビールを5種類展開。遠野産ホップ「IBUKI」を使用している為、ほろ苦い飲み口が特徴。さっぱりと爽快感のあるものからフルーティーなもの、ガツンと重厚感のあるものまで、飲み比べることができます。ヴァイツェンは2015年のインターナショナルビアカップで金賞を獲得しています。ご自身のお好みを探してみてはいかがでしょうか。

/data/fund/3902/納税 遠野の華.JPG
【遠野の華2017】
瞬間冷却された採れたての遠野産ホップ「IBUKI」を贅沢に使用し、限定醸造した商品。フレッシュホップの香りがそのまま凝縮されている為、上品な爽快感とズモナビールらしい心地よいほろ苦さが癖になります。また、毎年のホップの出来栄えによって風味が異なる為、ワインのような愉しみ方ができます。量産が難しい為、毎年短期間で完売する人気商品となっています。

/data/fund/3902/遠野の農家から.JPG
【遠野のホップ農家から~IBUKI HOP SAISON~】
毎年春になると限定醸造されるセゾンスタイルの限定商品。遠野産ホップ「IBUKI」を使用したシリーズの中でも爽やかでフルーティーな味わいを愉しめます。モルトの甘味や酵母由来のバナナのような香りが特徴的で春らしさ満開のビールです。こちらも毎年完売する人気商品です。

営業者紹介

上閉伊酒造株式会社/data/fund/3902/T7.jpg
寛政元年(1789年)、初代新里庄右衛門が上閉伊酒造のルーツとなる建屋酒造店を創業。昭和19年、戦時統制により上閉伊地区(遠野、釜石、大槌)の7業者が合弁し、会社組織化。終戦後は分社を経て現在の上閉伊酒造となる。
2014年に新里佳子氏が代表取締役社長に就任。20015年、岩手県新酒鑑評会第一部にて「国華の薫 大吟醸」が金賞を受賞し、以降も丁寧な酒造りをモットーに酒造りを続ける。

代表者紹介

代表取締役 新里 佳子(にいさと よしこ)

/data/fund/3902/代表お写真.jpg
1968年3月26日 岩手県上閉伊郡大槌町生まれ
2014年に上閉伊酒造株式会社代表取締役社長就任

歴史が長い酒蔵でありながら、常に「改革」や「変化」を求める上閉伊酒造。
代表取締役社長就任後、若手からベテランに至るまで社員一人一人が挑戦できる会社づくりを目指しています。
現在は梅酒や純米大吟醸等の新商品開発を行っており、アイデアによっては若手社員も商品開発に携わることも。
また、全国への販路拡大に向けた施策も行っており、代表自らが講師を務める女性向けの「清酒女子会」というイベントの開催や出展を精力的に行っています。ホップ生産量日本一の「ビールの里」遠野のビールとして、「ズモナビール」の出展も全国各地で行っています。今後はこうした取り組みを継続して全国に販路を拡大させると共に、アジア地域を中心とした海外への取り組みをスタートさせます。

若くして代表取締役社長となった新里氏は「酒造りに女性らしい視点を取り入れ、社員一丸となって新しい『上閉伊酒造らしさ』を全国の日本酒好き、ビール好きに伝えていきたい。」と言います。そんな新里代表と社員の皆様が新たに築いてゆく上閉伊酒造を一人でも多くの投資家の皆様に応援していただけたらと思います。

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、全ての事業のことであり、本匿名組合事業の成果をもって、損益の分配及び出資金の返還を行います。なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

 

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/3902/上閉伊酒造 使途.JPG

投資家特典

1口につき上閉伊酒造代表銘柄「国華の薫」大吟醸(720ml)1本及び、オール岩手産「遠野夢街道」純米吟醸(720ml)1本をファンド期間中に送付予定。
発送実施時期が確定次第ご連絡を差し上げます。

/data/fund/3902/T8.jpg
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス