ファンド詳細受付中

市場直結 鉄板ビストロ店ファンド

人気ファンドの第2弾!柳橋中央市場内にオープンする鉄板ビストロ店を応援

一口金額32,400円 申込状況受付中
地域愛知県 名古屋市 参加人数 149人
分野飲食店 募集総額10,500,000円
募集期間2017年9月29日~
2018年3月30日
シリーズ
特典
1口につき、「鉄板ビストロ こじま」でご利用頂けるお食事券10,000円分と名前入りのオリジナル「マイコテ」(5,000円相当)の2点、合計15,000円相当の特典をお送り致します。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 市場直結 鉄板ビストロ店ファンド
営業者 株式会社MAGU
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 10,500,000円 (350口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 32,400円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料2,400円)
(上限口数:33口)
募集受付期間 2017年9月29日〜2018年3月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2018年4月1日~2021年3月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2019年3月31日
第2回 2020年3月31日
第3回 2021年3月31日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
126,506,025円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

市場直結 鉄板ビストロ店ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、各分配日において分配金額の上限を超過し翌分配日以降まで繰越留保されている分配金の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2018年3月末までに本匿名組合事業の対象となる飲食店の営業を開始できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. サービス等の提供に関するリスク
本匿名組合事業については、原材料の調達状況、人員及び設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、事業計画達成に必要なサービス等の質及び量を確保できない可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業において食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/3827/売上明細.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は会社設立3年目の会社ですが、代表である三野氏は過去に約20店舗の飲食店を運営していた実績があります。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 店舗を出店する事
出店場所を既に決定しており、あとは本匿名組合事業資金にて店舗を出店するのみです。出店場所も既存店の近隣であり、集客を見込る立地となっており、さらに既存店常連客の来店も期待できます。
b. 良質な食材を仕入れる事
顧客に提供する食材については、出店場所である市場内にて良質な食材を年間を通して仕入れることが可能です。
c. 店舗を円滑に運営する事
営業者の代表者は過去に約20店舗の飲食店を運営していた実績があり、飲食店の運営ノウハウを有しております。また、店長は長年、飲食に携わった経験を有する人物を既に確保しており、円滑に店舗を運営できる体制となっております。


 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×8.3%÷350口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が180,000,000円(税抜)以下の場合):リクープ売上金額(税抜)×8.3%÷350口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.5%÷350口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が180,000,000円(税抜)を越える場合):リクープ売上金額(税抜)×8.3%÷350口×1口+(180,000,000円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.5%÷350口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-180,000,000円(税抜))×0.2%÷350口×1口

(※)ただし、第1回及び第2回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を11,000円とし、1口あたり分配金額が11,000円を超過した場合には、翌分配日以降の1口あたり分配金額が11,000円に満たなかった分配日、又は最終の分配日に当該超過金額を分配するものとします。


 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)

/data/fund/3827/sim.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年9月29日~2018年3月30日
2 会計期間 2018年4月1日~2021年3月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 2019年3月31日
第2回 2020年3月31日
第3回 2021年3月31日
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年8月31日現在)
/data/fund/3827/営業者会社概要.jpg

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年8月31日現在)
/data/fund/3827/MS概要 システム貼付用 20170801.png
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 市場直結 鉄板ビストロ店ファンド
・人気ファンド「市場直結 地魚の天ぷら屋ファンド」の第2弾ファンドです。
・第1弾ファンドは、おかげさまで事業計画を超える売上で推移しております。投資家の皆様の熱いリクエストにお応えして、第2弾ファンドを募集する運びとなりました。
・第2弾ファンドの対象店舗は、名古屋駅前柳橋中央市場内に2017年11月にオープン予定の「鉄板ビストロ 小島」という飲食店です。第1弾と同様、新鮮で旬な食材とワインを、リーズナブルな価格でお届け致します。
・本ファンドでは出店費用及び仕入れ費用の一部を募集致します。
・投資家特典として、本店舗でご利用可能なお食事券と出資者のお名前の入った「オリジナル マイコテ」(送料税込合計15,000円相当)をお届け致します。

本ファンド対象事業の魅力

事業計画を超える売上をあげる第1弾ファンド。第2弾ファンドの募集にあたり三野代表から皆様へのメッセージ/data/fund/3827/天ぷら.jpg

2015年9月に募集を開始しわずか10日で満額募集終了した「市場直結 地魚の天ぷら屋ファンド」。
現在運用中の同ファンドは、事業が順調に推移し事業計画を超える売上を上げています。投資家の皆様も定期的にお食事に訪れて下さっております。その中でも第2弾ファンドのリクエストのお声が多く、それにお応えして今回、同じ柳橋中央市場内に新店舗「鉄板ビストロ 小島」をオープンする運びとなりました。

第2弾ファンド募集に際し、株式会社MAGUの三野代表からのメッセージをお届け致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様へ。

いつも有難うございます。株式会社MAGUの三野でございます。

今回は2年ぶり、2回目の柳橋市場内飲食店のファンド募集となります。
第1弾ファンドの「天ぷらとワイン 小島」は、そのオープン以来、売上・運営ともに順調に推移しており、これも出資者様のおかげです。この場を借りて深く御礼申し上げます。

今回のファンドは新店舗「鉄板ビストロ 小島」が対象になります。鉄板ビストロのコンセプトは 「旬の食材を鉄板で!!」ということで、市場の新鮮な食材を目の前で焼くシズル感、音をシンプルに楽しんで頂く点にあります。メニューも「小島価格」とし、リーズナブルでコストパフォーマンスの良いメニューが盛り沢山用意してお待ちしております!

出店場所は「天ぷらとワイン 小島」の2階になります。少し分かりにくい立地ですが特別感もあり、お食事ともに雰囲気も楽しめる空間になっております。

特典として、今回は出資者様には、食事券の他に、出資者のお名前の入ったオリジナルマイコテをお作りして贈らさせていただきます。
マイコテの保管場所(ディスプレイ)も店内に設置する予定ですので、ご自分のコテで料理を焼けば、他のお客様にも自慢になり話題になること間違いなし!!

店舗で皆様とお会いできることを楽しみしております。
是非ご支援の程宜しくお願い申し上げます。

株式会社MAGU
代表取締役 三野 正樹
あつあつの鉄板料理に舌鼓を打ちながら、シェフおすすめのワインを楽しむ「小島スタイル」

「鉄板ビストロ 小島」が位置する柳橋中央市場は、全国でも珍しい都心一等地に立地する、全国最大級規模の民間中央市場です。約4,000坪の敷地に約300店舗が軒を連ねています。「市場で仕入れた新鮮な食材をリーズナブルに !!」というコンセプトは第1弾と同様です。今回の店舗では、様々な食材をお値打ち価格で提供させて頂く予定です。

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 13.53.53.jpg

今回は、天ぷら屋の「小島直隆シェフ」と並んで、東京虎ノ門のイタリアンレストラン等で修行を積み、2016年からMAGUに勤めている「伊藤誓男シェフ」が、皆様の料理にマッチするワインを提供させて頂きます。提供予定の料理は下記の通りです。

・ランチ(客単価890円)
①刺身定食
②肉定食
③煮魚定食
④焼魚定食

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 19.35.22.png

・ディナー(客単価3,500円)

①一品料理
・クレソン 390円  ・ウニパン2ケ490円 ・柳橋刺し5種 590円  
・フォアグラスライス(マンゴーエスプーマ)490円 ・ビストロ風おでん(赤ワイン)490円 
・生ハム大根490円 ・焼きシーザーサラダ490円 ・フォアグラプリン 390円

②鉄板料理
290円
・車エビ1匹 ・チクワ ・コリコリ軟骨 ・エスカルゴバター1ケ ・牡蠣1ケ ・焼きオリーブトマト(アンチョビ風)・目玉焼き~トリュフバター~2ケ(クルセル) ・焼きシャブ~すき焼き風~生卵1枚 ・赤ウインナー ・追加バケット ・とんちゃん(塩・味噌) ・海胆(うに)茶碗蒸し ・ニンニク

390円
・じゃがバター ・イカゲソ焦バターレモン1ケ ・つぶ貝アヒージョ(小鍋ソース) ・牛ホタテ巻1ケ ・アボカドツナ ・マッシュゴルゴン ・エリンギジェノベーゼ ・青菜・ ゴボウ ・トマト ・三河大アサリ1ケ(魚醤バターorエスカルゴ風)・3種チーズ煎餅 ・トリュフ/ポルチーニ餃子 2ケ ・朝引き鶏もつ ・アスパラ ・焼きブイヤ 1人前

490円
・だし巻きフォアグラマンゴー ・牛サガリ ・旬魚カラスミ ・豆腐山芋ステーキ ・白貝ボンゴレ醤油バター ・活アナゴ白焼き1匹 ・椎茸生ホタテ詰め2ケ

590円
・サイコロ牛タン ・鮪ホホオリエンタル風 ・牛カツレツ ・スパイシーシュリンプ ・厚切り自家製パンチェッタ

〆鉄板
名物ヤキリゾット・ガーリックライス・ボンソワール焼

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 19.35.34.png

③季節鉄板


・焼筍・ふきのとう・サザエエスカルゴ・新じゃがバター・タラの芽ガーリック・鰹レアー ・平貝・熟成タイ

・貝類・岩牡蠣・万願寺とうがらし・ハモ・タイラ ・ソラマメ・亀の手 ・とうもろこし ・そら豆 ・平貝 グリーンカレー

・銀杏エビ塩・まつたけすき焼き・秋刀魚肝コンフィ・キノコ類・イチジクバルサミコ

・牡蠣・鱈白子バター・海老芋ステーキ・九条ネギアンチョビ・フグ

④通年お肉料理
・イチボ ・しんしん ・サーロイン ・焼きしゃぶ海胆巻 ・牛テール煮
・ヤキトリッパ・ジビエ(季節)

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 19.35.39.png

2017年11月末オープン予定。投資家の皆様と一緒に店舗の発展を目指したい!「鉄板ビストロ 小島」は現在、2017年11月末のオープンを目指し準備を進めています。市場内や近隣には、鉄板とビストロを組み合わせた業態はなく、市場内でも初めての業態になります。代表の三野さんは、是非多くの皆様に支持頂き、市場の活性化につなげたいと思っています。

第2弾ファンドの募集を決心したきっかけは、代表の三野さんや小島シェフに多数届いた投資家の皆様からの温かいご支援でした。「2店舗目はやる予定はないのですか?」、「2店舗目のファンドも応援させて頂きます!」という多数の応援の言葉が契機となりました。

第2弾ファンドでは、いままで以上に投資家の皆様を巻き込んで、店舗の発展につなげたいと考えています。投資家特典では、前回同様のお食事券の他に、出資者様のお名前入りの、マイボトルならぬ「マイコテ」をご用意させて頂きます。是非、マイコテを片手にお酒とお食事を多くの皆様にご料理を楽しんで頂きたいです。このマイコテは、マイボトルのように店内のディスプレイに保管する予定です。是非、マイコテを利用しにお店に来て頂けると嬉しいです!

是非、皆様にご支援頂き、株式会社MAGUの発展及び柳橋中央市場の活性化につなげていればと考えておりますので、ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。

【店舗概要】
・店名:鉄板ビストロ 小島
・所在地:愛知県 名古屋市中村区 名駅 4-15-2 マルナカ食品センター 2F
・席数:36席
・想定するお客様:30~60代の食通の方、近隣のサラリーマン・OL
・想定客単価:ランチ:890円、ディナー:3,500円
・営業時間:ランチ:8:00~14:00、ディナー:18:00~22:00(定休日:日曜日)
・事業計画売上:月額5,000千円
ランチ: @ 890円×36人/日×25日=801千円/月
ディナー:@3,500円×48人/日×25日=4,200千円/月

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 13.51.44.png
(店舗設計図)

/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 19.36.01.png
/data/fund/3827/スクリーンショット 2017-09-28 19.35.46.png
(内装イメージ)
【地図】

営業者紹介

株式会社MAGU

店主兼ソムリエ(取締役):小島直隆(左)、代表取締役:三野正樹(みのまさき)(右)

代表取締役である三野正樹氏が小島氏の腕に惚れ込み創業。三野氏は自身が手掛ける居酒屋チェーンを10年間で約20店舗にまで展開した実績を持っています。2003年に創業し事業を急拡大させましたが、全店で同一の味を保つためにはどうしても冷凍の食材などを使わざるを得ず、自分の目指すお店が展開ないという現実からチェーン店の限界を感じ、20店舗を事業売却。その後、小島氏と出会い2015年6月に「天ぷらとワイン 小島」をオープンしました。
この度、2017年11月に「鉄板ビストロ 小島」をオープン予定です。「市場の新鮮な食材をリーズナブルな価格で提供し、柳橋中央市場を築地のような観光名所並びに食文化の発信地として活性化させる」という目標に変わりはありません。

【参考ウェブサイト】
会社ウェブサイト
Facebook

代表者紹介

代表取締役:三野 正樹(みの まさき)
1975年 7月生まれ(42歳)
1999年 名古屋で飲食店の運営を開始。
2003年 グロースフード株式会社(現ローカルプロデュース株式会社)を設立。
名古屋を中心に東海地方で居酒屋チェーンを展開。「自分が行きたくなるお店」という理念を基に、スタッフのモチベーションを引き出す独自のオペレーションにより、店舗数を約20店舗にまで拡大。
しかし、店舗数を拡大させてしまったがゆえに、「自分が行きたくなるお店」という理念と店舗経営のジレンマに陥る。
2013年 全店で同一の味を保つためにはどうしても冷凍の食材などを使わざるを得ないという現実からチェーン店の限界を感じ、20店舗を事業売却。
2015年 自分の本当に食べたいものしか出さないお店として「天ぷらとワイン 小島」をオープン。
2017年11月 「鉄板ビストロ 小島」オープン予定
 

ファンド対象事業内容

本匿名組合契約に基づき、出資金を用いて営業者が愛知県名古屋市にある柳橋中央市場内にて営業する「鉄板ビストロ 小島」の飲食店事業のことです。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/3827/資金使途.jpg

投資家特典

1口につき店舗で使用できるお食事券と出資者のお名前入りのオリジナルマイコテ(送料税込15,000円相当。お食事券10,000円分、コテ5,000円相当)をお届けします。
※2口以上お申込み頂いた皆様については、口数に応じて、オリジナルマイコテに友人・知人やご家族の名前も入れることができるようになりました。既にお申込み頂いた皆様にも対応させて頂きます。また、1口お申込み下さった方が追加でご出資下さった場合にも対応させて頂きます。
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注4) お食事券の有効期限は発行日より1年間を予定しています。
(注5) お食事券は1度に何枚でもご使用頂けますが、他の割引券との併用は不可です。
(注6) お食事券はディナー時にのみ使用できます。
(注7) お食事券のご利用時はクレジットカードの使用が出来ません。
(注8) お食事券のご利用時、差額の返金は致しかねますのでご了承ください。
2017年10月13日 11:15「小島スタイル」

 お知らせ

皆様、いつもお世話になっております。株式会社MAGUの代表の三野です。

改めまして、今回の店舗である「鉄板ビストロ 小島」のコンセプトについて簡単にお話ししたいと思います。

私自身はもともと、居酒屋チェーンを手がけており、事業開始後、10年間で約20店舗にまで拡げることができました。もともと食べることが好きだった私が事業を始めた際に目指していたものが「自分が行きたくなるお店」を作りたい、というものでした。その後、事業は順調に拡大していたものの、全店で同水準の料理を提供するために冷凍食材などを活用せざるを得なかったため、事業を売却しました。

もう一度原点に立ち返ったのが「天ぷらとワイン 小島」でした。良い食材、良いお酒、良いサービス、そして良い価格で提供する「小島スタイル」は、幸いにも多くの方に受け入れて頂き、お店は事業計画を超える売上で推移しております。

一番嬉しいのは、常連になって下さっている投資家の皆様がお店に足を運んで下さることです。

この度2017年11月にオープン予定の「鉄板ビストロ 小島」でも、もちろんこの「小島スタイル」を踏襲致します。「旬の食材を鉄板で!!」ということで、市場の新鮮な食材を目の前で焼くシズル感や「じゅーじゅー」という音をシンプルに楽しんで頂く点にあります。市場直結の強みを生かし、旬な素材をリーズナブルに提供させて頂ければと思います。是非、足を運んで頂ければ嬉しいです。
(下の画像は、「天ぷらとワイン 小島」で提供している料理の一部、いちじく、まつたけ、シャコになります。「鉄板ビストロ 小島」でも、旬な食材へのこだわりは変わりません。)

/data/blog/archive/original/39051.jpg
▲いちじくとゴルゴンゾーラチーズのマリアージュ

/data/blog/archive/original/39050.jpg


/data/blog/archive/original/39052.jpg

お店を繁盛させることで「市場の新鮮な食材をリーズナブルな価格で提供し、柳橋中央市場を築地のような観光名所並びに食文化の発信地として活性化させる」というMAGUの目標に変わりはありません。

是非宜しくお願い致します。

 

2017年10月7日 12:37店舗オープンスケジュールについて

 お知らせ

皆様へ、

平素より株式会社MAGUをご支援頂き有難うございます。
代表の三野でございます。

「鉄板ビストロ 小島」の店舗オープンスケジュールが決まりましたので、簡単ではございますが、皆様にご案内させて頂きます。

・工事着工:10月23日
・建物引渡:11月15日
・オープン予定:11月末

また、進捗につきましてはその都度、画像を交えてご報告させて頂きます。
引き続き、ご支援の程宜しくお願い致します。

2017年10月7日 11:49【投資家特典】2口以上お申込み頂いた皆様のマイコテについて、友人・ご家族の名前を入れられるようになりました。

 お知らせ

投資家の皆様へ

本日は、投資家特典についてお知らせがございます。
現在の投資家特典は下記となっております。

ーー
1口につき店舗で使用できるお食事券と出資者のお名前入りのオリジナルマイコテ(送料税込15,000円相当。お食事券10,000円分、コテ5,000円相当)をお届けします。
ーー
こちら、2口以上お申込み頂いた皆様については、口数に応じて、オリジナルマイコテに友人・知人やご家族の名前も入れることができるようになりました。既に複数口をお申込み頂いた皆様にも対応させて頂きます。

また、既に1口お申込み下さった方が追加でご出資下さった場合にも対応させて頂きますので、この機会に是非出資をご検討下さればと思います。

2017年10月2日 17:36第2弾ファンド募集開始のご挨拶

 お知らせ

皆様、平素よりお世話になっております。
株式会社MAGUの三野でございます。

募集ページ内でもご案内させて頂きましたが、改めましてブログの方でもご挨拶させて頂きます。

今回のファンドは、2015年9月以来2年ぶり、2回目の柳橋中央市場内の鉄板飲食店のファンド募集となります。

その名も「鉄板ビストロ 小島」。

第1弾ファンドの対象店舗であります「天ぷらとワイン 小島」は、そのオープン以来、売上・運営ともに順調に推移しており、これも出資者様のおかげです。この場を借りて深く御礼申し上げます。

今回の店舗のコンセプトは 「旬の食材を鉄板で!!」ということで、市場の新鮮な食材を目の前で焼くシズル感、音をシンプルに楽しんで頂く点にあります。メニューも「小島価格」とし、リーズナブルでコストパフォーマンスの良いメニューが盛り沢山用意してお待ちしております!

出店場所は「天ぷらとワイン 小島」の2階になります。少し分かりにくい立地ですが特別感もあり、お食事ともに雰囲気も楽しめる空間になっております。

特典として、今回は出資者様には、食事券の他に、出資者のお名前の入ったオリジナルマイコテをお作りして贈らさせていただきます。

マイコテの保管場所(ディスプレイ)も店内に設置する予定ですので、ご自分のコテで料理を焼けば、他のお客様にも自慢になり話題になること間違いなし!!

店舗で皆様とお会いできることを楽しみしております。
是非ご支援の程宜しくお願い申し上げます。

株式会社MAGU
代表取締役 三野 正樹
/data/blog/archive/original/38887.jpg
(写真右が三野代表。左は小島直隆シェフ。)
 


このファンドを申込む