ファンド詳細運用中

大田原グリーン・ツーリズムファンド

栃木県大田原市で開始されるグリーン・ツーリズム事業を応援

一口金額30,000円 申込状況運用中
地域栃木県 大田原市 参加人数 251人
分野観光・宿泊 募集総額11,490,000円
募集期間2012年12月19日~
2013年9月27日
シリーズ
特典
・営業者が企画するプログラム等への参加割引(50%割引)
・今後、営業者が開発する大田原市特産物を活用したオリジナル商品
(3,000円相当、送料込み)を口数ごとに贈呈


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 大田原グリーン・ツーリズムファンド
営業者 株式会社大田原ツーリズム
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 11,490,000円(383口)
申込単位(1口あたり) 30,000円
(上限口数:5口)
取扱者の報酬 ・取扱手数料:出資金の5.5%(税込)
・運営手数料:出資金の1.05%/年(税込)
募集受付期間 2012年12月19日~2013年9月27日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した場合は、
そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2013年4月1日~2020年3月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2014年3月31日
第2回 2015年3月31日
第3回 2016年3月31日
第4回 2017年3月31日
第5回 2018年3月31日
第6回 2019年3月31日
第7回 2020年3月31日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
リクープ売上金額 897,656,250円
平均年間リクープ売上金額 128,236,607円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

大田原グリーン・ツーリズムファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が7年に及び、比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク及び債務超過に陥るリスク

営業者は、今後、債務超過に陥る恐れがあり、その場合に、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行なわれないリスクがあります。

5.行政の方針が変更されるリスク

営業者は、栃木県大田原市の100%出資によって設立されました。(今後、民間企業による出資により栃木県大田原市の出資比率は減少することが見込まれています。)今後、大株主である大田原市の行政方針が変更され、行政との連携体制の変更が見直された場合、営業者が清算された場合など、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する分配金額の支払請求権の交付請求権には、何ら担保が付されていません。本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払が行なわれないリスクがあります。

6.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7.卸会社等の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は卸会社に販売され、販売代金が卸会社等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間卸会社等に滞留され、その間卸会社等の信用リスクにさらされます。このため、卸会社等が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われないリスクがあります。

8.クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9.経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10.許認可等に関するリスク

本匿名組合事業の実施にあたっては、旅行業法等の関連法に基づきます。営業者が法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる指定が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

11.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク

営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

12.新規事業に伴うリスク及び販路拡大に伴うリスク

営業者は、新たに設立された株式会社であり、その運営体制の構築・維持あるいは製造・生産・販売する商品の安定的な売上のみならず、事業の安定的な運営を図るまでに予想外の時間を要する可能性があります。また、商品の認知度が拡大せず、事業の運営に支障を来たし、事業の継続自体が困難になる可能性があります。さらに、本販路創出および拡大に予想外の時間又は費用を要したり、差別化が十分にできない可能性があります。これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



<グリーン・ツーリズム事業>

1学校あたり延べ200人、1団体あたり延べ30人、1社あたり延べ100人を想定しています。

<特産物販売事業>

卸先での販売は、1店舗あたり5万円/日を想定しています

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。
・リクープ前:リクープ前売上金額(税込)×1.28%÷383口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税込)×1.28%÷383口×1口
+(リクープ後売上金額(税込)-リクープ売上金額(税込))×0.70%÷383口×1口


金銭による分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1口30,000円の出資の場合)



(注1)シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上金額を保証するものでもなければ、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(注2)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。表中の金額・数値の算出にあたり、本匿名組合事業に要した費用は本匿名組合契約説明書作成時点における見積もりを使用しております。そのため、実際の費用の支払いが見積もりを下回った場合など、匿名組合員に対する分配金額は表中の数値とは異なる可能性があります。
(注3)表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
     匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注4)匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注5)売上金額/年は、累計売上金額を会計期間で除した値のため、誤差が生じる場合がございます。
(注6)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2012年12月19日~2013年9月27日
2 会計期間 2013年4月1日~2020年3月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回 2014年3月31日
第2回 2015年3月31日
第3回 2016年3月31日
第4回 2017年3月31日
第5回 2018年3月31日
第6回 2019年3月31日
第7回 2020年3月31日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2012年11月30日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2012年11月30日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 大田原グリーン・ツーリズムファンド

ファンドの目的

栃木県大田原市で開始されるグリーン・ツーリズム事業を応援
従来の観光は、旅行者が地域に訪れて、観光名所に訪問して帰宅するという一方的な関係であり、旅行の終了が地域との別れとなってしまいます。

しかし、現在では、観光の分野で交流や体験といった要素を取り入れるようにして、地域の想いや文化、歴史に触れていただき、観光客と地域住民の双方向のコミュニケーションを通じて、観光客に地域のファン、住民のファンになっていただき、長期的な関係を築いていくことが求められています。

株式会社大田原ツーリズムは、そうしたニーズに応えるべく、首都圏の家族や修学旅行生などをターゲットとしたプログラムを商品化、販売いたします。大田原市には、日本一の鮎の漁獲量を誇る那珂川での鮎釣りや、田植えや野菜・果物の収穫などの他に、畜産、林業も多いことから幅広い農業体験メニューを揃えることができます。
日本一の鮎漁獲量を誇る那珂川での鮎釣り
牛の放牧

また、商品加工業者も多いため商品加工体験、ラフティングや川下りなどの自然体験、文化事業や史跡を活用した文化・観光交流、温泉宿や公共施設、農家での宿泊体験なども提供することができます。 食品工場や酒蔵などへの訪問プログラムも提供してまいります。
600年以上の歴史を持つ黒羽山 大雄寺
ラフティング

さらに、大田原特産のネギや唐辛子などの野菜、イチゴや梨などの果実を販売するとともに、また、そうした果実を使ったスイーツなど(300円~500円/個程度)の加工商品の開発および販売をいたします。
 

株式会社大田原ツーリズム

株式会社大田原ツーリズムは、2012年7月に栃木県大田原市の出資によって設立されました。今後、栃木県内や大田原市内の民間企業へも出資を募る予定です。

ご参考:
グリーン・ツーリズム事業の推進について」(大田原市のHPへのリンクとなります)
【よくある質問】市が会社(株式会社大田原ツーリズム)を立ち上げたのはなぜですか?
(大田原市のHPへのリンクとなります)
大田原グリーンツーリズム・藤井社長に聞く」(下野新聞へのリンクとなります)

【代表取締役 藤井 大介 事業に懸ける思い】
グリーン・ツーリズムを通じて、地域に人が訪れ、農家民泊や農業体験を行うことで、お金が地域に流れることになります。そのお金は、場を提供した農家に流れます。また、観光客と農家とのつながりが生まれ、想いや味を知っていただくことで、農家や地域のファンが生まれることが期待されます。ファンの方は、地元に帰っても、野菜や加工品を購入してくださるかもしれません。そして、10年後、20年後、大田原市に移り住んで、同じように農業を始められるかもしれません。それらが、農家の収入改善と地域農業を支えるためのファン作りになるのです。

【代表取締役 藤井 大介 プロフィール】
2009年に(株) ファーム・アンド・ファーム・カンパニー(FARM & FIRM COMPANY)を設立。同社代表取締役社長。経営支援事業、農業、飲食事業、商品開発・直売の4事業を柱とした事業を展開中。

中小企業診断士、農林水産省 6次産業化プランナー、栃木県経営改善相談窓口登録 専門相談員、栃木県中小企業再生支援協議会 支援専門家、栃木県商工会連合会 エキスパート登録専門家

ファンド資金使途


(注1)出資金11,490,000円×5.50%=631,950円(税込)
(注2)出資金11,490,000円×1.05%×7年=844,515円(税込)
(注3)上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。

投資家特典

・営業者が企画するプログラム等への参加割引(50%割引)
・今後、営業者が開発する大田原市特産物を活用したオリジナル商品(3,000円相当、送料込み)を口数ごとに贈呈

(※)ご参加いただけるプログラムやオリジナル賞品等の発送時期等詳細につきましては、ご出資者の方に別途、ご案内いたします。
(※)プログラム等への参加割引は、出資口数にかかわらず、出資者ご本人のみを対象とさせていただきます。
(※)海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(※)再送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス