ファンド詳細受付中

住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド

もう家はいらない、買えないと思われてた方にタイニーハウスという選択肢

一口金額21,600円 申込状況受付中
地域愛知県 豊橋市 参加人数 68人
分野製造 募集総額4,720,000円
募集期間2017年3月27日~
2018年3月29日
シリーズいいね!あいち応援ファンド
特典
1口につき3,000円相当(送料・税込み)の豊橋名産のヤマサのちくわ詰め合わせ、プラス1,000円分のQUOカードを会計期間中に1回送付。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド
営業者 ルクラ株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 4,720,000円 (236口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 21,600円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,600円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2017年3月27日〜2018年3月29日
※匿名組合契約説明書の記載に基づき、募集受付期間を2017年9月29日から2018年3月29日まで延長しております。
※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
453,846,154円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行
イオン銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の製造については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

17. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

19. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2017年9月末までに本匿名組合事業の対象となる介護トレーラーハウスの販売を開始できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

21. 新規事業に伴うリスク
本匿名組合事業には、新規事業である介護トレーラーハウスの販売(含むレンタル収入)事業が含まれます。当該新規事業については、製品の開発及び製造、サービスの提供、運営体制の構築、販路の開拓に計画以上のコストや時間を要する可能性があり、結果として事業計画売上を下回るリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/3281/売上明細.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立6年目の会社です。創業以来にトレーラーハウスの製造販売及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. トレーラーハウスの製造
営業者は従前よりトレーラーハウスの製造を行っており、既に製造に必要な資材の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。
b. トレーラーハウスの販売
営業者は従前よりトレーラーハウスの販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は既存の取引先との取引を拡大させつつ、新規の取引先を開拓することにより売上の拡大を図ります。
c. 新製品の製造販売
本匿名組合契約の対象事業には、新製品(介護トレーラー)の製造販売が含まれます。この点営業者は、既にトレーラーハウスを製造するノウハウを有しており、その技術を転用することに新製品を開発することができます。今後量産体制を整備し、販売を進めていく予定です。販路の開拓については、国内のホームセンターや介護関連施設への販売を見込んでおり、現在商談を進めております。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×1.04%÷236口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×1.04%÷236口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×0.10%÷236口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)

/data/fund/3281/分配シミュレーション.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年3月27日~2018年3月29日
2 会計期間 2017年10月1日~2019年9月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 2018年9月30日
第2回 2019年9月30日
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
/data/fund/3281/営業者概要.jpg

【取扱者】本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
ミュージックセキュリティーズ会社概要
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド
もう家はいらない、買えないという方に土地、建物込みで月々約3万。「タイニーハウス」という選択肢を提案するルクラ株式会社のファンドです。

タイニーハウスという選択肢

タイニーハウス、ないしはスモールハウス、和訳すればそのまま「小さい家」という意味です。 必ずしも決まった定義があるわけではないのですが、10㎡~の10畳前後の1~2人用のキャンプテント以上、一般住宅未満の快適で小さな家といった感じでしょうか? テント生活ではないので、ベッドや机は無論のこと、キッチンやシャワー、トイレなどの水廻りの設備をつける事は可能です。

ルクラ株式会社は、トレーラーハウスの製造・販売を行っています。ひと昔前まではトレーラーハウス(本場アメリカではパークホーム、トラベルトレーラーと言います)やタイニーハウス=低所得者層の家というイメージがアメリカでも強かったのですが、2008年のリーマンショックの影響で住宅ローンや家賃の負担を減らし小さな家でシンプルに暮らしたいという機運が高まり、一つのムーブメント(社会的な潮流)になっています。

/data/fund/3281/33645.jpg
▲事務所タイプ(LJ11)と戸建てタイプ(LS11)のトレーラーハウスは約21畳。室内も広くて快適。

日本も東北大震災時の東京電力福島原発事故の影響で極力消費電力を減らし、大量消費せず愛着のもてる大切なモノだけを厳選して大切に暮らす、ミニマリストと呼ばれる生活スタイルを好む若い世代が増えて来ています。

両者に共通しているのは、「お金がないから仕方なく小さな家に住む」という我慢ではなくて「自分の生活に本当に大切な物との距離感を意識しながら、常識に縛られて必要以上の経済的なストレスを抱え込まず心豊かに暮らす生活を優先したい」という積極的な生き方を実践していることかもしれません。 静かに大量生産、消費に頼らない生活している方々とも言えるかもしれませんね。

タイニーハウスという選択肢についてさらに詳しくはこちら

増加する住居としての利用

トレーラーハウスは事務所や休憩室・店舗としてご利用頂いている方が多いですが、当社で最近増えて来ているトレーラーハウスの利用方法が、「住居」としての利用です。

/data/fund/3281/33426.jpg

たとえば、家族が増えたから家の部屋数が足りない、という事もあるかと思います。その場合、家を建て直す・増築する・離れを作る、といった案が出るかと思います。 ですが建て直しや増築はかなりの費用が掛かりますし、 離れを作る場合も建築物となる為、建ぺい率や容積率といった建築物としての法的規則が出てきたりします。

その点トレーラーハウスであれば車両扱いとなる為、建築物としての法的規則はありません。 (※但し、半永久的に利用する物は当社では建築物で建てるべきと考えております) またトレーラーハウスというのはタイヤがついた家なので、牽引してきてそのまま設置したい場所に設置が可能です。

/data/fund/3281/33629.jpg
▲ルクラのトレーラーハウスは素材にもこだわりが。詳しくはこちら

またトレーラーハウスというのはタイヤがついた家なので、牽引してきてそのまま設置したい場所に設置が可能です。 なので地盤改良や基礎工事が不要の為、建物を建てるよりもローコストに抑えることが可能。また、家族が進学・社会人になり一人暮らしを始める、などで家を出ることになり不要になった場合も売却も可能です。
 

在宅介護に特化した空間

開発のきっかけは、お客様の声から
高齢社会において、両親の介護などがより身近に感じられる昨今、トレーラーハウスを扱う同社へ自宅での介護を考えてトレーラーハウスを購入したいとの問い合わせが増えております。 在宅介護を希望するが、近隣の入居タイプ施設の空き室がない、マイホームを建てたばかりでリフォームに躊躇する、被介護者が同居を遠慮する、等々、介護にトレーラーハウスの利用を考える理由も様々で、社長の太田氏は、介護に悩みを抱えている顧客が多いことに驚き、介護トレーラーハウスの開発を決断しました。

/data/fund/3281/トレーラーハウス_170308.jpg
▲外観イメージ

/data/fund/3281/トレーラーハウス_内観_170308 (1).jpg
▲内装イメージ
 
介護トレーラーハウス 絆のメリット
トレーラーハウス最大のメリットは、移動が可能であること。同社では、この他の建築物には無いトレーラーハウス最大の特長を活かし、顧客の介護の悩みを解決していきます。 自宅の間取りや、賃貸物件などの制約によりリフォームが出来ず、在宅介護が実現できない場合や、施設に入るまでの一時的な利用目的の場合でも、同社では、必要な機能を備えた駐車場一台分の大きさの介護トレーラーハウスの「販売」と「レンタル」を事業化し、様々な顧客の家庭環境に対応した双方のプライベートをきちんと保てる個室の介護空間を提案していきます。

営業者紹介

/data/fund/3281/subheader.jpg

ルクラ株式会社
愛知県豊橋市で、トレーラーハウスの製造・販売に特化した、高品質でデザイン性のある環境に配慮した製品を提供しています。

【会社沿革】
2011年 社長の太田氏が建築業界、不動産業界で培った15年のノウハウを活かし、トレーラーハウスの製造・販売業 ルクラ株式会社設立
2016年 本店所在地移転

【参考ウェブサイト】
・会社ウェブサイト(http://www.lukura.jp/

代表者紹介

代表取締役 太田 耕造
/data/fund/3281/lukura_d.jpg

代表者 プロフィール
1973年生まれ 大工職人、アパート営業、住宅販売業などを経て、平成23年6月にルクラ株式会社を設立。              

【メッセージ】
従来のトレーラーハウスでも介護機能を備えたものをご提供させていただいておりましたが、今後さらに介護需要に柔軟に対応するために、新たに在宅介護に特化したトレーラーハウスを製作し、介護に悩みを抱えてみえる方にとっての僅かでも光明となることができたらと、この度こちらの事業を計画いたしました。 「快適な暮らし」・「事業運営」のサポートをすると共に、お客様と共に発展する会社でありたいと考えております。物創りを通して豊かな社会の実現に貢献いたします。 当社は今後とも、お客様の目線に合わせた「プランニング」と「きめ細やかなサービス」を通して顧客満足度と業務の効率化を追求してゆく所存です。

こちらもぜひご覧ください。「ルクラ創業のきっかけ」
 

ファンド対象事業内容

本匿名組合の対象事業は、出資金を用いて営業者が行うトレーラーハウス及び介護トレーラーハウスの製造・販売等事業のことであり、本匿名組合事業の成果をもって、損益の分配及び出資金の返還を行います。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

/data/fund/3281/資金使途.jpg

投資家特典

1口につき3,000円相当(送料・税込み)の豊橋名産のヤマサのちくわ詰め合わせ、プラス1,000円分のQUOカードを会計期間中に1回送付。
2017年9月8日 09:00住まいる介護トレーラー『絆』ご見学頂けます☆

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。

 

最近は夜、窓を開けて寝ても過ごしやすい日々ですね!

昼と夜の気温差が出てくると体調を崩しやすくなりますので皆様もお気を付けくださいね!

 

愛知県豊橋市岩田の展示場ではご見学頂けるトレーラーハウスが随時入れ替わります。

以前ご見学頂いたお客様もまた別のタイプのトレーラーハウスがご見学頂けますので、是非またお越しくださいね!

 

ルクラ/data/blog/archive/original/38051.jpgオリジナルの住まいる介護トレーラー『絆』は常時展示しておりますのでいつでもご見学頂けます!

 

こちらの住まいる介護トレーラー『絆』は…

在宅介護でお悩みの方に着目して、駐車場一台分のスペースがあれば設置が出来るルクラオリジナルのトレーラーハウスです。

見た目は駐車場一台分のスペースで設置が出来るという事もありコンパクトですが、中は省スペースでも快適に暮らせるように考えられています!

介護用トレーラーハウスならではの工夫が沢山つまったトレーラーハウスなんですよ。

 

9月17日SHARESラグーナ蒲郡で開催されますこどもがわらうとせかいがわらうにも『絆』の展示をさせて頂く予定ですので是非遊びに来てくださいね!

私も当日現地スタッフとしてお手伝いさせて頂く予定です。

沢山の方とお会いできるのを楽しみにしています。

/data/blog/archive/original/38049.jpg

 

2017年9月5日 09:00新人スタッフのタイニーハウスブログ⑤

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社新人スタッフです。

 

この会社に入って面白いなーって思った事があります。
それが…お客様にトレーラーハウスをお引き渡しをする事を『ご納車』と言ってる事です。
『ご納車』って自動車ディーラーでしか聞いたことありませんでした!

 

でも確かにトレーラーハウスって『家(ハウス)』でもあるけれど実際にはタイヤがあり、移動する事が出来て『車両』という扱いになるので『納車』という言葉が一番正しいですもんね。
まさか自動車以外で『納車』という言葉を使うとは思わなかったので面白いなーと思いました。

 

さて…本日のブログではルクラのトレーラーハウスの品質に対するこだわりをお伝えしたいと思います。
前回の私のブログで、お客様担当スタッフの人柄はご安心頂けたと思います!
でもいくらスタッフが良くても『トレーラーハウスの品質』がイマイチだったらおススメ出来ませんよね…
ルクラは品質にもこだわりを持って製造しているんですよ!

 

トレーラーハウスというのは車台の上に建物が乗っているのですが、その車台というのは住宅でいうなら基礎部分となるトレーラーハウスにとっても凄く重要な部分になります。
その車台がしっかりしていないと不安になりませんか?
ルクラの車台は国土交通省の認可を受け、強度検討が十分にされた安心な車台です!
その証拠がこちら⇩⇩

/data/blog/archive/original/38048.jpg

車検証には車名欄に『ルクラ』の文字が記載されています!
これはルクラが整備・点検・保安基準適合調整をして安心できるメーカーということですね。

 

また、ルクラのトレーラーハウスは軽量鉄骨で造られています。
軽量鉄骨は木材と比べると軽く反りや狂いが出にくい部材なので、品質にムラが出にくく丈夫なのです。

外壁に関しても耐久性に優れたガルバリウム鋼板という外壁材を使用しています!
汚れにも強く耐熱性にも優れているんですよ。
断熱材も高い断熱性能と遮音性に優れた断熱材を使用しています。

 

ここまで読んでお気付きの方もいらっしゃるのではないでしょうか??
そうです、ルクラのトレーラーハウスは一般住宅と変わらない素材を使っているのです!

 

トレーラーハウスって簡易的な造りなんでしょ?と思っている方がきっと多いと思いますがそうではないんです!
とーーーーっても快適に過ごす事が出来るんですよ。

なので、最近『家の離れとしてトレーラーハウスを利用したい』とルクラにお問い合わせをして下さる方も増えて来て
ます!

 

文章だけでは伝わりにくいのが凄く残念です…!

/data/blog/archive/original/38050.jpg

最近ではInstagramでもオシャレなトレーラーハウスの投稿をしている方も多いので、是非気になった方はチェックしてみてくださいね!

ルクラもInstagramの更新をしていますので是非ご覧ください♪右矢印こちらをクリック☆

2017年9月2日 09:00あったらいいなをカタチにしてみる⑥ 街をピリッと元気にする!

 お知らせ

世界陸上もあっという間に終わってしまいましたね~
日本選手はお家芸の競歩、最後のリレーでオリンピックについでメダルが獲得できて前半やや湿りがちだった気分が一期に上がりましたね!
そしてあのスーパーサブこと藤光選手のコメントは本当に感動的でしたね!

 

こんにちは。ルクラ株式会社、新人スタッフです。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
お盆の数日、東京に行きました。連日雨ばかりでまるで梅雨かい?と思ってしまうような天候。
雨具を殆ど持たずに上京したことを後悔するほどでしたけれど、「雨二モマケズ!」気になるスポットを見てきました。

変貌激しい東京駅周辺、数年前までは比較的利用者の少なかった日本橋口。
今は新しいお店や高級ホテルもできて、改札周辺のコインロッカーも殆ど「満室」状態です。

訪ねてみたのはお江戸のシンボル?国道の中心地点、日本橋から徒歩圏にあるBETTARA(べったら)STAND日本橋。
こちらは丁度お盆過ぎに豊橋の名産品、豊橋筆に関連するイベントがあったので、どんな会場かな、と尋ねたらなんとタイヤのついたトレーラーハウス!

トレーラーハウスを目指していった訳ではなかったので、偶然の展開にビックリでした!
(ちなみに新人スタッフの私が当社展示場以外で始めた見た施工例でした)

 

/data/blog/archive/original/38018.jpg


<お神社の駐車場だった場所にトレーラーハウスが設置されていました>


お神社の元駐車場のスペースにトレーラーハウスを設置し、日時限定型でバーベキューやパブをやっています。
飲食よりは日本橋のまちづくり、人的交流拠点としての仕掛け装置が主眼のようで、ほぼ週1回のペースで様々なジャンルで面白い仕事をしている方々のトークショーが行われているようでした。
規模的にも程よくこじんまりとしているのでゲストスピーカーさんとの距離感も程よく、ほの明るい照明も寛げて聞き手との交流も盛り上がりそうな空間だな、と思いました。


都市部ではトレーラーハウスを使った屋台パブや店舗が昨今増えています。
東京で実際にトレーラーハウススポットを眺めて感じたのは、SNS社会にトレーラーハウスというのはとてもマッチしてるのではないかという事。

お店を期間限定でお試しにやってみる、イベントハウスをまちづくりの為にお試しでやってみる~。
様々な社会実験の際に「期間限定でお店を開いて、結果によって、継続、移動もはたまた中止も可能」という店舗形態は今までありそうでなかったかもしれません。
けれどもトレーラーハウスならそれが全て可能ですし、変更や中止の際の経済的なリスクも店舗を構えるよりはるかに小さくて済みます。

また良くも悪くもSNS映えが口コミ宣伝や話題づくりに欠かせない今の社会、タイヤや牽引箇所(Aフレーム。トレーラーを牽引する為の先の三角形の部分)がついた物珍しく可愛らしくもオシャレなトレーラーハウスは話題づくりにも一役買ってくれそうです。
BETTARA STAND日本橋では公道とのわずかなスペースに緑が植え込まれて、タイヤ隠しなると同時に街に馴染むとても素敵な雰囲気になっていました。

山椒は小粒でもピリリと辛い。
ミニマル暮(クラ)シスト、ルクラのトレーラーハウスも小粒でも社会をピリッとオモシロく、元気にする!
そんな装置として今後も様々な事例が増えてゆくと良いなと思う今回の東京滞在でした。

2017年8月31日 09:00新人スタッフのタイニーハウスブログ④

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社新人スタッフです。

 

お盆や夏休み、皆さんはお出掛けしましたか?
私は結局遠出することなく終わってしまいました…

 

でも、近場の夏祭りや花火大会・我が家の近くの動物園ではナイトZooといって夜の動物園を楽しむことが出来たりしたので結構充実した夏休みを過ごす事が出来たと思います!

 

夏休み気分をまだまだ味わいたいところではありますが(笑)
気持ちを切り替えて、9月17日に開催されます『こどもがわらうとせかいがわらう』というイベント準備に取り掛かっております!

私もイベント当日スタッフとして参加しますので、沢山の方達とお会いしてお話し出来るのを楽しみにお待ちしております。

 

さて・・・本日のブログでは皆さまに『トレーラーハウスを検討するならルクラをおススメしたい理由』についてお話ししていきたいと思います。
日本にもトレーラーハウスの会社は何社かあります。
その中で皆さんがどの会社で購入するか検討する際、何を重視されますか?

 

もちろん価格もとーっても大事だと思います。
予算よりかなりオーバーだったらさすがに手は出ないですもんね。

私の場合『スタッフの最初の印象と会社が信頼できるかどうか』だと思います。

ルクラのお客様担当のスタッフは皆私より先輩のスタッフなのですが、後輩の私から見てもとても頼りがいのある先輩です!
私が分からない事があり質問すると、一つ一つ丁寧に納得するまで説明してくれます。
経験談も踏まえたアドバイスもしてくれる頼りがいのある先輩なんですよ!

なので、お客様からのご質問やご相談にも丁寧に答えてくれるスタッフばかりなのでご安心ください。
(また改めて、写真も載せて紹介させて下さいね)

 

 

そして、お客様のイメージが沸きやすいようにパースを使ってご提案しているのもルクラの強みだと思っております!

平面図を見せられて頭の中で『あ〜こんな感じね!』なんて上手く想像できる人なんて滅多にいないですよね。

でも例えば・・・

/data/blog/archive/original/37505.jpg

/data/blog/archive/original/37506.jpg

こういった立体的な図で家具とかも置いてあるとイメージが沸きやすいですよね!

パース上で壁紙や床の色とかも変えてみることが出来るので、出来上がった時の『イメージが違う・・・』といった事も回避できるのではないかと思います。

パース画像を使ったご提案を行っているトレーラーハウスの会社は少ないそうです。

私自身も平面図だけを見て想像する事が苦手なので、こういった立体的な図で提案してもらえるのって嬉しいなーと個人的に思いました!

 

そしてこのパース画像のご提案、無料なんですよ!
これは嬉しいサービスですね。

 

ルクラのトレーラーハウスは『オーダーメイド』です。
お客様の理想のトレーラーハウスになるようにお客様担当のスタッフも様々なプランニングを用意しておりますので、困った事や疑問に思う事はどんどん投げかけてください。

 

そして、お客様のトレーラーハウスは自社工場で製作をするのですがいつでも見学して頂く事が出来るんです。

お客様の大事なトレーラーハウスです。
『出来上がってから見るのではなく、自分の目で製作途中の状況もちゃんと見たい』という方も多いと思います。
担当スタッフが同行し、説明もさせて頂きますのでご安心ください!

でも・・・中には『忙しくてなかなか見学には来れない・遠くて行けない』という方もいらっしゃると思います。そこもご安心ください。

担当スタッフが『お客様のトレーラーハウスはここまで作業が進んでおります』という報告等随時行っております。
なかなか見学に来ることが難しいお客様にもご安心頂けるかと思います!

 

トレーラーハウスはお客様にとって決して安い買い物ではないと思います。

問い合わせ〜ご契約〜お引き渡しまで、信頼できる会社が良いですよね。

もちろんルクラはトレーラーハウス自体の素材にもこだわりがあります。

それは次回のブログでお話しさせてください。

2017年8月29日 09:00新人スタッフのタイニーハウスブログ③

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社新人スタッフです!

実はルクラスタッフは皆で会社のロゴが入ったポロシャツを着て仕事をしております。

/data/blog/archive/original/37324.jpg

じゃんっ!こんな感じです(ちょっとオシャレなインスタ風に加工してみました 笑)

ルクラのロゴってとてもオシャレでスタイリッシュなんです!なので、仕事帰りにこのポロシャツを着てお買い物とかも全然出来ちゃいます。

しかも同じ制服を着て仕事をしていると一致団結して皆で仕事をしているんだなーって実感が沸きますよね。

学生時代、皆で同じユニフォームを着て部活をしていた時を思い出します。

この会社もまさしくチームプレーから成り立つ会社ですよ!

 

ルクラの社員をまとめる社長がいて、お客様のご要望・ご相談に応じるお客様担当のスタッフがいて、お客様からご依頼頂いたトレーラーハウスを造り上げる大工がいて、在庫管理や品質管理をするスタッフがいて・・・

それぞれ立場や仕事内容は違いますが、お客様にご満足頂けるトレーラーハウスが造れるように一致団結して仕事をしています。

いつか私から見たスタッフの紹介ブログも書きたいなーと思っております(笑)

 

 

さて・・・先日のブログではトレーラーハウスが移動出来る魅力について語らせて頂きましたが、今回はトレーラーハウスとコンテナハウスのちがいについてもう少しお話して行きたいなーと思っております。

皆様コンテナハウスとトレーラーハウス、タイヤがあるか無いかぐらいでそこまで大きな違いはないと思っていませんでしたか?

ちなみに私はそこまで違いがあるとは思っていませんでした…

 

でも、この会社に入社して全然違う事を知りました!

 

まず・・・トレーラーハウスは先日お話しした通り車の良いところを兼ね備えています。

『建物』ではなく『車両』という扱いになります。
なので、市街化調整区域にも設置が可能です。
(ちなみに、市街化調整区域というのは新たに建築物を建てたり、増築することを極力抑える地域の事を言います)

コンテナハウスの場合、建物という扱いになりますので市街化調整区域に設置することは基本難しいです。

 

そしてもう一つの大きな違いが・・・建築確認申請が必要かどうかという事なんです!

トレーラーハウスの場合は先程も書きましたが、車両扱いになるので、建築確認申請が不要です。

しかし、コンテナハウスの場合は基礎工事が必要となり、建築確認申請が必要になります。

(建築確認申請というのは、建物を建築する場合、計画する建築物が敷地・構造・設備など建築基準法等の法令にちゃんと適合しているかどうかを着工前に審査・確認を受ける為の申請です)

中にはコンテナハウスに建築確認申請なんて必要なの??そのまま設置しちゃえば・・・なんて思っていらっしゃる方いませんか?

それはぜーーーーったいダメなのです!
もし、建築確認申請を怠ってコンテナハウスを設置してしまうと違法になり工事の停止や強制撤去・・・という事になりかねません。

せっかくお金をかけたのに、違法になり撤去なんてことになってしまった元も子もないですよね…

トレーラーハウスならそういった心配がないのです。

『いつでも移動が出来て、市街化調整区域にも設置が出来る・建築確認申請が必要が無い』

確かに見た目は似ていますが、メリットが沢山あるんですよ!

 

この会社に入って、もっとトレーラーハウスの認知度が高まればいいのに…と凄く思いました。
次回はトレーラーハウスメーカーの中でも、ルクラを選んで頂きたい理由をお話して行きたいなと思います!

2017年8月26日 09:00あったらいいなをカタチにしてみる⑤ 目指すはミニマルクラシスト!

 お知らせ

今年は当初の気象予想よりも雨が全国的に多いですね。
西日本は相変わらずの暑さのようですが、豊橋も比較的涼しい日が多く、関東以北では雨ばかり。
海やプールにせっかく遊びにみえた方々は寒かったのではないでしょうか?
皆さんの所ではどうでしょうか?天候不順だと夏野菜の値上がりが気になりますね~

 

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
皆様は今年の夏休みキャンプ、グランピング、べランピングを楽しむ機会がありますか?
甲子園の高校野球を見ながら、先日まで続いた世界陸上などを見ながらビール片手に楽しい時間を過ごされているでしょうか?
私は北海道に出張がありましたが、さすがに豊橋の暑さと比べるとかなり涼しかったです。

  
   
以前、クルマのコマーシャルに「モノより思い出」というフレーズがありました。
このフレーズに「うん、そうかも~」と思われた方は結構いらっしゃったのではないでしょうか?
私達はとかく何かを始める為にはまず、モノをそろえてから、と思いがちです。
学生時代だと参考書をそろえただけで勉強した気分!?なんてあるあるではなかったですか?

 

でもあえて発想を変えて、まずはアリモノで済ます、アリモノで工夫しつつ、ちょっと不便な工程をも楽しむというのが結果的に楽しい思い出に繋がる事も多いのではないでしょうか?

 


食器や調理器具、服、雑貨、家具も、住宅も(ひいては住宅ローンも。)あれば便利で嬉しいけど、なくても済む。
そんな発想の転換によって、気持ちが楽になることは少なくないと思います。
特に長期にわたる住宅ローンから解放されるストレスは本当に大きい!

  
この「なくても済む」。
卑近な例で大変恐縮ですが、ルクラやルクラ住宅事業部のキャルムにいらっしゃったお客様に当社は豪華なパンフレットはあえてさしあげることはしていません。

 

何分まだ設立まもない小さな会社ですので充分な広告宣伝費がかけられないという事情もございますが(涙)見栄えの良いカラー写真のパンフレットは確かに素敵ではありますが、写真集のようなカタログを持ち帰った所で果たしてルクラの願いはちゃんと伝わるのでしょうか?

 

なんとなくオシャレな雰囲気を伝えたいのではなくて、私達が真剣に選んだ健康素材が何で何故なのか。
その辺りをきちんとご説明した上で納得して選んで頂きたい。
そんな想いから例えばキャルムの見学会場にはご説明ボードや質問クイズがあちこちに貼ってあります。
断熱材や塗り壁材、壁紙材等のなぜ?
イメージではなくてスタッフとの対話によって安心、安全をきちんと伝えてゆけたら、そんな願いからなのです。

 

巷に溢れるモノや情報に振り回されることなく、本当に自分にとって価値ある大切なものを選択できること。
これがあれば少しのものでも豊かに楽しく、生きていける。
それがルクラの目指すミニマルクラシ(暮らし)スト、だと思うのですがいかがでしょうか?
カッコつけすぎでしょうか?
豪邸だから豊かなのではなくて、小さめな住宅やタイニーハウスでも良質な素材を使い外部の人やモノ、空間をシェアしながら楽しく生きてゆくこと。

/data/blog/archive/original/37323.jpg

/data/blog/archive/original/37322.jpg

 <最近作ったルクラのスタッフポロシャツ。めざせミニマルクラシスト!シンプルな内装も得意です>

 

モノもヒトも数の多さやいいね!の数ではなくて自分が心から楽しめて納得できる量と距離感を保つ生き方。
それがルクラの目指す「いいね!」なのかな、と考えています。

2017年8月24日 09:00こどもがわらうとせかいがわらう ~9月17日 SHARESラグーナ蒲郡 ~

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。

 

早いもので、あと一週間ほどで9月になりますね!

9月には、実は大きなイベントが待っています。

 

それが・・・

 

9月17日SHARESラグーナ蒲郡で開催されます『こどもがわらうとせかいがわらう』です!

毎回沢山の方が訪れる大人気なイベントなんですよ。

 

ルクラは住まいる介護トレーラー「絆」の展示出店をします!

介護用トレーラーならではの工夫を是非お客様の目で見て実感して下さい。

 

私もトレーラーハウス内に飾るPOPを、一生懸命作成しているので是非当日をお楽しみにしていてくださいね。

 

そして、住宅事業部キャルムは「サンゴの塗り壁を使ったワークショップ」を行います。

自然由来の塗り壁材を使った工作をお楽しみいただけます。

世界に一つだけのオリジナル作品を作りましょう。

/data/blog/archive/original/37321.jpg

 

イベント当日沢山の方達にお会いできるのを楽しみにしております!

 

 

2017年8月22日 09:00お客様のトレーラーハウスが完成しました・施工事例(愛知県)

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。

早いものでお盆も終わり、もう8月も半分以上が過ぎました。
9月になるとシルバーウィークが待っていますが、今年はどうやら16.17.18の3連休で例年より短めのようですね。

それでも3連休もあるとお出掛けしたくなりますよね!
ここ数年アウトレットモールで買い物をしていないので、久しぶりに沢山買い物したいな・・・なんて思っております。

アウトレットモールに行くと安くてついつい買いすぎてしまいますが、たまには欲しいものはどんどん買うのもストレス発散になっていいですよね!

最近ではアウトレットモールにもオシャレな飲食店やカフェも入ってるんですね。
この間友人がInstagramで、アウトレットで食べたパフェをアップしていたのですがそれが本当に美味しそうで・・・
美味しいもの目当てにそこのアウトレットモールへ向かうって方もいるのかもしれないですね!

 

さて・・・本日はお客様のトレーラーハウスが完成しましたのでご紹介させて頂きますね。
今回ルクラが施工したトレーラーハウスはカフェとしてご利用頂くトレーラーハウスです。
本当ここ最近オシャレなカフェが増えてきましたよね。

ルクラもそういったオシャレなカフェに負けないトレーラーハウスを造りました!

まだスロープや階段・ウッドデッキ設置前なので、車っぽい印象も受けるかもしれませんが、これにウッドデッキなんかがつくとオシャレで可愛らしいカフェになるかと思います。

 

それがこちらです下矢印下矢印

/data/blog/archive/original/37077.jpg

白の外壁に大きな窓が特徴的なトレーラーハウスです。

サッシや窓を沢山取り付けて、太陽の光が自然に中に入り込むように仕上げました。

大きな窓があると開放的で明るい印象になりますね!

 

/data/blog/archive/original/37078.jpg

/data/blog/archive/original/37079.jpg

夏とかにはウッドデッキにテラス席を設けて、店内とテラス席が行き来出来るようにするのも良いかもしれませんね!

 

 

そして、内装はこんな感じです下矢印下矢印

/data/blog/archive/original/37080.jpg木の自然な風合いが素敵です。
実はこの内装の画像にカフェという事でこのトレーラーハウスのこだわりポイントが写っていますがお分かりになった方はいますか?
(ヒントは写真の左壁ですよ)




・・・答えはコンセントです。
左壁にある白い四角いものがコンセントなんですが、家に比べて高めに設置しているのが分かりますか?

カフェという事で、お客様が席でゆっくりして頂く間に、お客様に携帯電話やスマートフォンの充電・パソコンなどもご利用頂けるようにコンセントの位置を高めに設置して、ご利用して頂きやすいようにしました。

カフェでゆっくりくつろぎながら、SNSやブログをチェックしている方も増えていると思います。

そんな時に『充電がない!』とならないように配慮された造りになっているんです。

お客様の事も考えられた内装になっていますね!

 

ルクラのトレーラーハウスはオーダーメイドで一台一台丁寧にお造りしております。

お客様のご希望に合ったトレーラーハウスが造りあげられるように様々なプランニングをご用意しております。

トレーラーハウスに関するご質問やご相談も私達お客様担当が丁寧にご案内致します。

気になった方は是非ご連絡下さいね!

 

2017年8月19日 09:00新人スタッフのタイニーハウスブログ②

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社新人スタッフです。

さて・・・先日のブログでは日本ではまだそこまで馴染みの無いタイヤがついた外観に対する心配は解決出来たと思います。
今回はルクラが何故トレーラーハウスを推しているのか、少しずつお話しして行きたいと思います。

皆様に質問なのですが車を所有されている方、車を購入を検討されている方・・・
なぜ車が欲しいと思いましたか?車の良いところって何でしょうか?

私自身も車を所有しており普段から運転しているのですが、車の良いところって『どこまでも行ける』『いつでも好きな時に移動出来る』ってことだと思うんですよね。

 

ということは・・・そうです!
この車の良いところを持っているのがトレーラーハウスの魅力なんです。

トレーラーハウスはタイヤがあるので、移動が楽に行えます。
また設置したい場所に車と同じようにそのまま設置が出来るので建物のように基礎工事をしなくて良いんですよ。

多少の砂利とかであれば車って駐車出来ますよね?
トレーラーハウスも同じで地盤改良をしなくてもよっぽどの悪条件でなければ設置出来ちゃいます。

/data/blog/archive/original/37075.jpg

↑こちらはルクラ展示場の様子ですが、このように砂利の場所でも設置出来てますよね。

移動が楽で設置も簡単という事は、逆に要らなくなったらまた移動させれば元の状態にすぐに戻せるという事になります。
車検対応のトレーラーハウスであれば、牽引免許を持っていればいつでも移動出来ちゃいます。

 

あと皆様が気になるのは地震があっても大丈夫なのか??ってことだと思います。
トレーラーハウスは地面基礎に固定されず、ジャッキアップされております。
地震があった際にはジャッキが免震構造の役目を果たしてくれてタイヤがその振動を吸収します。

揺れにも強いというのもトレーラーハウスのメリットですね!

 

 

 

また、トレーラーハウスが通れる道であればどこでも移動出来ちゃいます。
ルクラは愛知県豊橋市にある会社なのですが、最近も愛知県豊橋市で製造したトレーラーハウスを九州の福岡まで牽引して移動させ納車してきたんですよ。

家が移動出来るって面白いですよね!

/data/blog/archive/original/37076.jpg

この会社に入るまで、移動出来る家なんて想像したこともありませんでした。
きっとこの会社に入らなければ、移動出来る家が作れるなんて考えもつかなかったと思います。

 

どうですか?このタイヤ、魅力的に見えてきましたよね?
コンテナハウスだとこんなに簡単に移動はできませんよね。

次回はもう少しコンテナハウスとの違いもお話しして行こうと思います!

 

2017年8月16日 09:00あったらいいなをカタチしてみる④ ベランピングのすすめ

 お知らせ

連日の猛暑、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
少し前のブログでお話しした我が家の遅植え?ゴーヤー、この暑さのお陰か!?だいぶ大きくなってきました。
高さ1メートル60cmほどのフェンスを既に覆い尽くし、ネットを追加しないと窮屈な位、蔓が伸びて来ています。


ガーデニングネットといえば、以前100均で売ってた麻ひも製のガーデニングネット、緑色の樹脂製のではない自然な感じが好きで毎年愛用していたのに、数年前から販売終了してしまいとても残念。
是非復活させて頂きたいものです。


こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今回もべランピングについてお話しさせて下さいね。
先日スーパーに行ったら、以前は北欧雑貨を売っていたコーナーがベランダ用の雑貨コーナーに変っていました。
デッキ用の椅子やテーブル、そしてガーランド(小さな旗が並んた吊るすだけで雰囲気が出る雑貨)、オシャレな植木鉢等々。
数年続いた北欧雑貨ブームもそろそろ一息なのでしょうか、どちらも好きな私としては、嬉しいような悲しいような

/data/blog/archive/original/36812.jpg

<ドッグランのあるトリミングショップの当社の施工例。ベランダで犬も人もマッタリできそう>

 

 

ところでルクラ住宅事業部のキャルムで先日構造見学会を開催したN様邸、豊橋の方はわかるかと思いますが、朝倉川に面した高台にあります。
現場に一歩入って正面のリビングから眺めるパノラマ写真のような風景にはいつも感動しています!
一面に広がる桜並木、涼し気な川面。
辺りは子供達が川で遊べるように飛び石も配してあり、川遊びが大好きな子供達はオイカワやカワムツ、ザリガニを見つけたり、泳いでだりできます。
ウナギがいたこともありました。校区によっては授業の一環で朝倉川や豊川で水辺での川遊びや生態調査があったりします。

 

スゴイのはここのN様邸、デッキからそのまま川べりに直行できるような造りになっているのです。
コンクリート基礎部分から直接階段で川岸に繋がっています。
これならベランダで遊んだり、気が向いたら川遊びしたり気軽に行き来できますよね!
あまりのロケーションに学校の子供達の常時集合場所になってしまうのではないでしょうか?


朝倉川は豊橋発祥の環境保全活動「ごみゼロ活動」(5月30日に官民一丸となって街のゴミ拾いや資源回収作業等をする活動のことです)の他、市民グループが環境維持の為に日ごろから様々な活動をしている川です。
そのお陰で、6月にはホタルも見られる美しい環境が少しずつ戻ってきました。


人口38万弱の地方都市、豊橋とは言っても、自然と気軽に触れ合って遊べる子供達は年々少なくなっているのではと思います。
そんな中、実に羨ましい環境だと思います。
幼少期に自然と触れ合う経験が糧になって、後々ご近所にも自然にも迷惑ををかけない節度あるグランピング、ベランピング生活が楽しめるようになるかもしれませんね!

2017年8月13日 09:00ルクラ株式会社展示場のご案内

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

お盆休みに入られている方はいかがお過ごしでしょうか?
まだまだ暑い日が続きますので皆様熱中症には充分にお気を付けくださいね!

 

/data/blog/archive/original/37023.jpg


ルクラ展示場でご見学頂けるトレーラーハウスは随時入れ替わります。
大きなトレーラーハウスがずらりと並んでいる光景はなかなか迫力ありますね!
 

/data/blog/archive/original/37024.jpg

 

以前ご見学頂いたお客様もまた別のタイプのトレーラーハウスがご見学頂けますので是非またお越し下さい。
ご来訪お待ちしております。
 

/data/blog/archive/original/37025.jpg

 

ルクラオリジナルの住まいる介護トレーラー「絆」は常時展示しておりますのでいつでもご見学頂けます。
介護用トレーラーならではの工夫を是非お客様の目でご確認下さい!

 

お盆もトレーラーハウスのご見学が可能です。
お盆期間中はご来訪前に一度お電話にてご連絡お願い致します。

2017年8月9日 09:00お盆の営業のご案内☆

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

もうすぐお盆休みですね。

皆様はお出掛けや帰省のご予定はありますか?

 

ルクラはお盆も愛知県豊橋市岩田の展示場でトレーラーハウスのご見学が可能です。

お盆期間中は一度ご見学前にお電話にてご連絡の上ご来訪お願い致します。

 

展示場では、ブログやSNSでも取り上げさせて頂いている住まいる介護トレーラー「絆」を実際にご見学頂く事が可能です。

在宅介護のお悩みを解決したいと思い、試行錯誤の上完成したルクラのオリジナルトレーラーハウスです。

介護トレーラーハウスならではの工夫を是非ご覧ください!

 

お待ちしております!

/data/blog/archive/original/36811.jpg
 

2017年8月7日 09:00中部経済新聞にルクラの介護トレーラーの記事が掲載されました!

 お知らせ

こんにちは。
日頃よりルクラのブログをご覧頂き誠にありがとうございます!

(ご報告が遅くなりましたが)当社の介護トレーラー「絆」が去る5月18日に新聞記事に掲載されました。愛知、岐阜、三重、静岡県方面の経済情報を取り扱う中部経済新聞社です。掲載頂き誠にありがとうございました。

/data/blog/archive/original/36809.jpg

 

   *自宅の離れのイメージそのまま 増改築工事不要なのですぐに入居可能!
   *一戸建ての住宅の駐車場に車一台分のスペースで設置できます!

   *ぬくもりと高級感のある空間かつ介護に必要な設備付
   *必要性に応じ臨機応変な利用が可能!月々のレンタル使用もご使用後の売却も可能
   *すぐに、そばに、そのままに!が可能なルクラの新しい介護施設のご提案です。

2017年8月4日 09:00あったらいいなをカタチにしてみる③  プチ野外空間、べランピングのすすめ

 お知らせ

連日暑いですね!
豊橋はいかにも降りそうな雨雲が日々迫ってくるのですが、空振りというか、しっかり降ってくれません。
暑さに強いはずの日日草ですらも、さすがにグッタリしています…

 

日日草、ズボラなガーデナーにとっては虫もつかず、手入れを怠っても白やピンクの愛らしい花もよく咲いてくれる頼れる存在ですが、それもそのはず、植物には排気ガスの多い過酷な環境の高速道路でよく咲いている夾竹桃(キョウチクトウ)科なのですね!

/data/blog/archive/original/36536.jpg

 

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
前回お話しした手をかけずにベランダやデッキの”プチ野外空間”を楽しむ暮らし。
昨今ではグランピングならぬ、ベランピングという言葉も登場しています。
そう、ベランダで味わうキャンプ気分のことです。


ベランダでの気分を気軽に変えれる置くだけのフロアデッキ材や野外用のテーブル、椅子。
こういった家具を並べれば(キャンプ用のがご自宅にあれば尚簡単に揃えられそうですね)ビール片手に枝豆ほおばることも即できますね!
もっと気軽にピクニックレジャーシートと室内のコタツ机にクロスをかけてとりあえずお試しもアリだと思います。
パラソルは雰囲気は出るけれど準備、片付けが重くてやや面倒ならばホームセンターで売ってるオーニング、シェードを何枚か軒下につければ、簡易日よけ、目隠しになりますね。
それも大変ならば物干し竿に大きな布をかけて大きめのクリップでとめるだけでも!

 

道具にあまりお金をかけずにまずはさくっとアリモノでやってみましょう!
それで気分があがれば、じっくり時間をかけてアイテムをそろえてゆけば良いと思います。
そういう過程も楽しいですよね。

最初に気負って揃えてしまって、肝心の洗濯物や布団が干せなくなる、では家族のケンカの種になってしまうので…!


べランピングの良さは、リビング続きのベランダやデッキを今までの日常からもう一味加えて、お手軽に、仲間とプチ野外空間を楽しめることだと思います。
日常+アルファ、ちょっとした発想の転換とか、「こうあらねば、こういうもの」等の思い込みが外せれば日々の暮らしを楽しめる種は結構あちこちにあるのかもしれませんね。
「これもアリ!いいね!」を共有できる仲間や家族がいさえすれば!
無論、おひとりさま空間を満喫するのも素敵です!

2017年8月1日 09:00お客様のトレーラーハウスを納車しました☆施工事例(愛知県豊田市)

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。

 

皆さん今年は花火大会に行く予定はありますか?
私は花火大会が本当に好きで毎年行ける花火大会には足を運んでおります。
浴衣も日本の夏らしくて好きです!

今年は浴衣を着て花火大会に行けたら良いなあと思っております。

ちなみに私のおすすめの花火大会は愛知県田原市の花火大会です。

 

実はこの田原市の花火大会、毎年9月の終わり頃に開催されるんです。
暑過ぎず過ごしやすい気候なのですが、台風シーズンなので台風や天気が大丈夫か毎年ハラハラしております(笑)
田んぼの真ん中で打ち上げを行うので、高い建物が周りになくどこからでも花火を綺麗に鑑賞出来るのでとてもおすすめです!

 

先日納車に伺った場所は・・・昨年は約36万人が訪れた有名な「豊田おいでんまつり花火大会」が開催される愛知県豊田市です。
トヨタ自動車でも有名な市ですね。

 

今回は店舗(飲食店)でご利用頂くトレーラーハウスを施工致しました!

/data/blog/archive/original/36532.jpg

白い外壁が爽やかですね!

こちらのトレーラーハウスはナンバープレートのついた車検対応型iBOX11000です。
ナンバープレートがついているので、牽引免許さえ持っていれば好きな時にいつでも移動させることが可能です。

 

店内も木目調のナチュラルな雰囲気でとてもオシャレですよ。
飲食店にはピッタリな空間ですね♪

/data/blog/archive/original/36530.jpg

お客様のご希望で内装は持ち込みの杉の葉枯らし材を使用しております。

(葉枯らしとは伐採現場で木材を予備乾燥させる処理の事です。
この葉枯らしをする事で杉の特徴である淡紅色になります。
またカビや腐りに強い木材になるんですよ)

 

写真に写っているカウンターですが、実は折り畳みが出来るので不要な時は折り畳んでスペースを広くする事が出来ます。

スペースが広く出来る事で、飲食店としてもレンタルスペースとしても使用出来るようにしました!

/data/blog/archive/original/36533.jpg

白い壁の向こう側は厨房スペースになっており、出来上がった料理は白い小さな扉から受け渡し出来るようになっています。

/data/blog/archive/original/36534.jpg

店内にはお手洗いと洗面台も設置致しました。

/data/blog/archive/original/36531.jpg

限られたスペースを広く見せるには大きく膨らんで見える膨張色を使用するのが有効的です。
今回の場合ですと、厨房スペースと店舗の仕切りの壁・お手洗いの壁を白色にする事で店内を広く見えるようにしました。

また、ただ白一色で統一するのではなく洗面台はニュアンスが違うダークカラーにすることで絞まってスッキリして見えます。

 

お客様のこだわりの詰まったおしゃれな店舗になりました!

 

こちらはプレオープン時の様子です

下矢印下矢印下矢印

/data/blog/archive/original/36535.jpg

ウッドデッキがつくことでまた印象が変わりますね!

これからテラス席も作るそうなので、お天気のいい日にランチするにはもってこいだと思いますよ。

 

ルクラのトレーラーハウスはお客様のイメージに合わせてオーダーメイドで一台一台丁寧にお造りしております!

なので、ご契約頂いてから2~3ケ月お日にちを頂く事だけご了承下さい。
でもこれはお客様にご納得頂き理想のトレーラーハウスを造り上げるのに必要なお日にちなのです。

 

是非トレーラーハウスをご検討中のお客様、ルクラをご検討くださいね!

2017年7月29日 09:00あったらいいなをカタチにしてみる② ハッピーミニマリスト急増中!

 お知らせ

夏休みが始まりましたね!
ルクラの本社は豊橋市役所のすぐ傍、普段はオフィス街でスーツ姿の人が多いのですが、この時期ばかりは水泳バックをさげた子供達の元気な姿がちらほら。
学校のプールで仲間達と午前中、体を思いっきり動かし、スッキリできるのも小学生時代の特権かもしれませんね。
ちなみにここの校区は市内でも珍しく学年毎の色別の学年帽があるんですよ。
公立小学生の帽子=「校章が正面に入った黄色」と思われている方には少し新鮮かもしれません。

 

 

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
少し前のブログでデッキ、ベランダを活用して自宅でリゾート気分を味わうという事についてお話ししましたね。

 

 

皆さんにお聞きしたいのですが、リゾート気分ってそもそも何でしょうか?
忙しい日々の生活から解放されて、海や山、自然に囲まれてゆっくり美味しい料理やお酒を飲みつつ、仲間と語らうこと?
そんなイメージでしょうか?
それとも外出なんで面倒、部屋でゴロゴロしつつ好きなだけテレビやゲーム三昧でしょうか?
後者をご希望の方は普段は忙しく外を歩き回っていらっしゃる方々が多いのかもしれませんね。

 

 

昨今話題のグランピング(野外でも簡易なテントとかではなく、豪華な宿泊施設がある場所)ブームは野外自然体験に憧れる方々が大勢いることの表れかもしれません。
大荷物だったテントグッズ一式は現地で調達できるにしても、実際には現地に向かうまでに仲間、家族内でのスケジュール調整、宿泊場所の選定に始まりお盆前後の交通渋滞、旅行荷物の準備、後片付け、あちこちへのお土産の手配などなど。
憧れはするものの、肝心のご予算もさることながら、気軽にさくっとは難しいですね。

 

 

その点、自宅のベランダを単に洗濯物や布団を干すだけの家事、生活空間から、リビング続きの露店、野外空間にと頭の発想を変えれば結構気分は変わるものです。
予算も手間もなくても気分は変わる!「そんなのまやかし?」と思われるでしょうか?

/data/blog/archive/original/36362.jpg

<せっかくのデッキやベランダ。リビング延長の野外空間として利用できたら!>

 

一例になるかわかりませんが、以前お月見ををベランダで子供達とした事があります。
特別なお月見のしつらいや準備は何もせず全くの思いつきでした。
10月頃の日本で一年で一番気持ちの良い季節を普段よりもうちょっとじっくりと味わいたかったのです。

 

お月見団子も三宝も用意できなかったのですが、そこは自然(野外)の力がカバー。
普段よりは少しだけ高価なお菓子とお茶を満月を眺めながら頂くだけで随分と普段とは異なる気分が味わえたのが不思議でした。
月明かりに加え、涼しい夜風や虫の声が室内で食べる時には得られない隠し味になってくれたのかもしれません。
ピクニックで食べる塩おにぎりは美味しいのと一緒でしょうか!?


こんな些細な日常のちょっとした変化、発想の転換、これって結構”脳がヨロコブ”というか、リゾート気分とまではおおげさでもリフレッシュ気分になるものです。


子供達も後々になって「あのお月見は気持ち良かった」と言ってくれました。

 


まずはあれこれ考えず、手をかけず、ちょっとやってみる。それが次への行動のヒントに繋がるかもしれませんね。

 

2017年7月27日 09:00お客様のトレーラーハウスを納車しました☆施工事例(静岡県)

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です

 

梅雨も明けて毎日暑いですよね。

子供達は夏休みに入りプールや夏祭り・花火大会と楽しいイベントが盛り沢山ですね音譜大人達はビールが美味しい季節になりますね!
実は5月末にルクラスタッフでバーベキューをしたのですがまだまだ寒くて・・・笑

この時期なら昼は暑いですが夕方からは涼しくて過ごしやすいので外でバーベキューするにはもってこいですね。
ちなみに展示場でご見学頂けるルクラオリジナルのトレーラーハウスKUTURO木にはスタッフお手製のテラスが設置してあります。

/data/blog/archive/original/36362.jpg

たまにはこういうテラスでお弁当を食べるのも、いつも自分が作っている同じお弁当でも美味しく感じたり・気分転換になって良さそうですよね!

 

**********

 

少し前になりますがお客様のトレーラーハウスを納車してきました。

今回納車させて頂いたお客様はご家族で住むという事で、お子様も快適に過ごしやすいトレーラーハウスに仕上げました!

/data/blog/archive/original/36364.jpg

自宅の敷地内に離れとしてトレーラーハウスを設置するという事で外壁は住宅街にも馴染みやすい落ち着いたカラーにしました。

扉は引き戸になっているので、出入りしやすいです。
(荷物を持っている時やお子さんを抱っこしている時などは特に開けやすくて良いですよね♪)

/data/blog/archive/original/36363.jpg

天井は健康素材の杉の羽目板仕上げです。

木目を活かした空間は落ち着きますね。

/data/blog/archive/original/36365.jpg

実はこのトレーラーハウス、ロフトがあるのですがただのロフトじゃないんです!

ロフト階段を登ると・・・

/data/blog/archive/original/36366.jpg

そこには畳スペースが広がります。
ここではご家族で布団を敷いて寝るそうなので、ちゃんと起き上がった時に頭をぶつけたりしないように高さも考えて施工致しました。

また、写真を見ると天井と畳スペースの壁の間に少し隙間があるの分かりますか??

実はこの隙間がかなり重要な役割を果たしているんですよ!

この壁を全部天井まで繋げて隙間を無くしてしまうと、明かりが入らず暗い雰囲気になりますし閉塞感が出てしまいます。

また、この隙間を広く取りすぎてしまうとお子さんが転落してしまう可能性があり危ないです。

この少しの隙間があることで、明かりが入り込み親御さんは一階の様子を確認したり出来ます。
エアコンの空気も入り込/data/blog/archive/original/36367.jpgみやすくなりロフトスペースも快適に過ごすことが出来るようになるんですよ。

 

階段下も収納スペースとしてお使い頂けるようになっております。

お子さんのおもちゃ箱とかを置いても良いかもしれませんね!

/data/blog/archive/original/36368.jpg

キッチンはナチュラルな部屋の雰囲気に合うようにホワイトで、造り付けの収納棚がついていますので、食品ストックなどはここに入れると便利そうですね!

/data/blog/archive/original/36369.jpg

もちろん母屋に行かなくても大丈夫なように、浴室・洗面台・トイレも設置致しました。

 

中には『トレーラーハウスでは家族で暮らすのは無理では??』とお考えの方もいるかもしれませんが、その考えを覆す事が出来る程快適な空間に仕上がったと思います!

 

ルクラのトレーラーハウスは一台づつオーダーメイドでお造りしております。

なので、2~3か月程お時間は頂きますがお客様の理想のトレーラーハウスを造る事が可能です。

2017年7月24日 09:00住まいる介護トレーラー「絆」

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。

 

ブログやFacebook・Twitterでも取り上げさせて頂いている住まいる介護トレーラー「絆」ですが、少しづつ支援者様も増えて来て本当にありがたい限りです!

 

この住まいる介護トレーラー「絆」は

・在宅介護のお悩みを解決したい

・介護する側・介護される側どちらにも負担がかからず快適な介護生活を送って欲しい

・トレーラーハウスだからこそ出来る新しい介護の形提案したい

 

というルクラの強い想いが込められたオリジナルのトレーラーハウスです。

 

愛知県豊橋市岩田の展示場で実際にご見学頂く事が可能です。
介護トレーラーハウスならではの工夫を実際に目で見て実感して頂けるかと思います!
ぜひお気軽にご見学にお越しください。
/data/blog/archive/original/33744.jpg
 

2017年7月22日 09:00住まいる介護トレーラー「絆」 私達の想い

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

私達の会社、ルクラ株式会社ではトレーラーハウスの製造・販売を行っており、お客様のご要望に沿ったトレーラーハウスをオーダーメイドで製造しております。

建築物では不可能だった事もトレーラーハウスであれば不可能を可能に変えることが出来る場合もあり、トレーラーハウスには無限の可能性があると思っております。

ブログを通じてトレーラーハウスに対する新しい発見・考え方を見つけて頂けたら嬉しいです。

 

今回、ルクラでは住まいる介護トレーラー「絆」を開発致しました。
超高齢化社会が進む中で在宅介護の問題に直面している方も見えると思います。

 

・リフォームが必要だけどスペースが確保出来ない

・リフォームするにもコストがかかるので予算を掛けられない

・介護する側も介護される側も気を遣わずにプライベート空間を大事にしたい

 

など、在宅介護をしたくても問題があり難しいと思っていらっしゃる方も多いと思います。

 

「お互いの空間は保つことが出来て、いざという時にはすぐ駆けつけてあげられるようにしたい」

「施設でもなく自宅同居でもない第三の居場所を作ってあげたい」

と試行錯誤の末、住まいる介護トレーラー「絆」を造りあげました。

 

住まいる介護トレーラー「絆」は駐車場一台分のスペースさえあれば設置が可能です。
自宅の離れのようにご利用いただく事でお互いのプライベート空間が今まで通り保つ事が出来ます。
一時的な利用の場合(施設に入居するまでの間など)、不要になった場合にタイヤがついている事でいつでも移動させる事が可能なので、置いていた場所もすぐ元の状態に戻すことが出来ます。

 

またトレーラーハウスは実際に住む方の事を考えた工夫が沢山あります。
以前ブログでも紹介させて頂きましたが、可能な限り地面に近づけてステップの階段を少なく済むようにしたり、少ない力で開けることが出来るように引戸にしたり・・・
トレーラーハウス内には作り付けの棚も設置して収納には困らないようにしました。
洗面台も車椅子対応型の造りになっているので車椅子の方でも使いやすくて安心です!

/data/blog/archive/original/35961.jpg

/data/blog/archive/original/35960.jpg

ただプライベート空間を作るだけではなく、実際に住む方も快適に過ごせるように細部にまでこだわりを持って住まいる介護トレーラー「絆」を開発致しました。

 

これからは超高齢化社会になり、在宅介護に対する不安やお悩みを持つ方もどんどん増えてくると思います。
そういった方の力になりたいと思っております!

2017年7月20日 09:00あったらいいな、をカタチにしてみる ①

 お知らせ

連日暑い日が増えましたね。
豊橋は同じ愛知県の名古屋に比べると連日2度程度は涼しいのですが、それでも33度前後になるとだんだんボーっとしてきます。
そんな折、我が家はエアコンが壊れてしまいました…
幸い購入した家電屋さんの発行するカードの保証期間内だったので、修理費用かからずに済みました。
たいてい保証期間を微妙に過ぎた頃の修理が多く悔しい思いをよくするのですが、今回はセーフ!
危うく暑さの汗に加えて冷や汗も流す所でした!

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
もうすぐご家族と夏休みを迎えられる方もいらっしゃるかもしれませんね。
毎年梅雨時になれば(早い方はゴールデンウィーク開けたらすぐ?)「今年の夏休みはどうする?どこいく?」といったような会話が始まるのではないでしょうか?

長期の長いバカンスがとれる欧米は羨ましい限りですが、日本社会では家族揃っての夏休みはお盆の一週間程度に集中しているので、混雑期に渋滞覚悟で出かける方が多いのではないでしょうか?
特に小さなお子様のいらっしゃるご家庭では渋滞をいかに子供が飽きずに乗り切れるのか、悩ましい問題。
おもちゃやお菓子、ゲームなどあれこれ対策を考えては荷物をつめてゆかれるのかもしれませんね。

毎年どこそこのサービスエリアが渋滞30キロ、等の放送を聞いていると「はるばるでかけること=リゾート、お休み気分を味わうこと」と無意識に多くの方が思っていらっしゃるのかもしれません。
休暇が明けると「どこか行った?」と挨拶代わりにされる会話からもそんな感じがします。

ここで少し発想を変えて、遠路はるばる出かけずに自宅で楽しむ、自宅でリゾート気分を味わう、そんな事が可能だったら、素晴らしいですよね!
よく住宅広告のチラシにサンデッキがついたものを拝見します。
たいてい自宅のお庭でパーティーやバーベキュー!みたいなフレーズが載っています。

 

/data/blog/archive/original/35804.jpg

<せっかく作るデッキスペース。お茶を飲んだり、お月見したり有効活用したいですよね!>

けれども実際にはそれほど、デッキでパーティーやバーベキューをしているご家庭を見る事は多くはないような気がします。
マイホームを建てたら、実践してみたい憧れだったはずなのに、なぜでしょうか?

それは多分にデッキスペースが公道から丸見えだからなのかもしれません。
喫茶店でもそうですが、人から丸見えなった場所では人は落ちつかないのか、たいていお店でも壁側の席から埋まってゆきますよね。
「囲まれる感」があった方が落ち着けるのは人の防衛本能故だと聞いたことがあります(押入れやトイレ、確かにおちつくかも?)。
同じ理由だとすれば仲間とバーベキューをしていて楽しいからといって公道から丸見えでは、人は寛ぎにくいものなのだと感じていますが、皆さまはいかがでしょうか?
イヤイヤ、人目につくからこそ、テンション上がるという、そこのあなた!パーティー大好き人間ですね、きっと!(実は私もです!笑)

ただ日本の狭い住宅事情ではしっかりと囲まれた居心地の良いデッキスペースを確保するのもなかなかコスト面もあって難しい問題。
そんなこんなでせっかく作ったデッキが今一つ活用されていないケースは少なくないような気がします。
それでは例えばどんな風にしたらよいのでしょうか?(次号に続きます)
 

2017年7月18日 09:00トレーラーハウス・タイニーハウスを初めて見た時の事

 お知らせ

こんにちはルクラ株式会社です。
 

私はこの会社に入るまで、トレーラーハウスというものがどんなものなのか知りませんでした。
なので、「トレーラーハウスって何?トレーラーハウスに住む事のメリットってどんなことがあるの??」という感覚がこのブログを読んで頂いている方に一番近いと思います。
という事で今回新人スタッフの私がトレーラーハウスを初めて見学させて頂いた時の感想を率直に書いたら皆様にも伝わりやすいのでは、と思い書かせて頂きました。

 

まず岩田の展示場に見学しに行った時の感想が『大きい!!これが本当に道を走って移動できるの?』でした。
トレーラーハウスにはタイヤがついていて、いつでも牽引して移動させる事が出来るのが特徴なのですが『こんな大きなものがいつでも引っ張れるなんて凄いな』が初めて見た時の素直な感想でした。

 

/data/blog/archive/original/35201.jpg

そして・・・中に入るともっと驚きでした!

正直簡易的な造りを想像していたのですが予想外でした。
そこには、お友達の新居に遊びに行って素敵な部屋を見たときってテンション上がりますよね??
まさにそれを思わせる空間が広がっておりました…!

/data/blog/archive/original/35957.jpg

木目調の落ち着いた雰囲気の部屋にはキッチンやトイレ・洗面台、バスルームも完備されており、まさにくつろげるプライベート空間が広がっておりました。
車と一緒でタイヤがついているという事を忘れてしまうほどです。

 

また1人暮らし経験者の方だと、色々な賃貸物件を見学に回ったりした事があると思います。
その時に自分の理想のお部屋と巡り合えた時思わず笑みがこぼれませんでしたか?

私はこのトレーラーハウスを見た時がまさにそんな感じでした。

 

 

何故かというと・・・

 

下矢印下矢印下矢印

/data/blog/archive/original/34911.jpg

この画像分かりますか?トレーラーハウス内になんとロフトがあるんです!

子供の頃、二段ベッドに憧れていた私は(階段を登り上から部屋全体を見渡せるのが羨ましかったんです。
これを見て感激でした!

しかも!!!このロフト・・・

/data/blog/archive/original/35958.jpg

畳スペースなんですよ!

子供の頃から和室で寝ていた私は畳が大好きで、畳の上で寝ころがると凄く落ち着くんです。
最近は洋風な造りが多いですが、こういった自分の落ち着けるスペースがあるって凄い素敵ですよね。

 

ルクラはオーダーメイドでトレーラーハウスを製造しているので、自分の『こういうのが理想』という夢を実現することが出来ます。
一軒家やマンションを購入するのは手が出ない・・・という方もトレーラーハウスならば可能かもしれませんよ。

 

 

ルクラはお客様の『こういったトレーラーハウスがあったらいいな』というお声を元にオリジナルトレーラーハウスも製造しております。

今回クラウドファンディングに参加しております住まいる介護トレーラー『絆』もその一つです。

在宅介護に対するお悩みを持つお客様のお声を元に、どうにか駐車場一台分のスペースで問題が解決できないか・・・と試行錯誤の上完成致しました。

住まいる介護トレーラー『絆』は駐車場一台分のスペースがあれば設置が可能で、介護する側も介護される側もプライベート空間を保ったまま生活することが可能です。

 

ルクラのトレーラーハウスが今後増えていくであろう要介護者様と、そのご家族様の助けになれたらいいなと考えております。

2017年7月15日 09:00ルクラオリジナルの理美容タイプトレーラーハウス

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

 

ルクラ株式会社ではルクラオリジナルの理美容タイプトレーラーハウスを製造しております。

私の友人にもいるのですが、せっかく美容師の専門学校も卒業して資格を持っているのに出産を機に退職してからなかなか仕事復帰するタイミングが無い・・・自宅の敷地とかで資格を活かして自分のお店が開けたら自分のペースで仕事が出来るのに・・・と思っていらっしゃる方もいると思います。

また、何年もの経験を積みそろそろ自分でお店を持ちたい…と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

でも、開業するにも資金が必要なわけで…その最初の資金がなるべく抑える事が出来たら理想的だと思いませんか?

そこで、私達ルクラが考えたのが理美容タイプのトレーラーハウスです!

トレーラーハウスの特徴としてタイヤがついています。

このタイヤがついている事で普通に建築するよりもメリットが沢山あるんですよ!

移動が可能なので設置したい場所にそのまま牽引して引っ張ってこれます。
なので、自宅の敷地内にも設置が出来ます。基礎工事をしなくて済むので不要になったらすぐ動かせるのもメリットの一つです!
また基礎工事が不要という事は通常基礎工事にかかるコストが掛からずその分安く抑えられるという事ですね。
自宅の敷地内でお店を始めてみて、軌道に乗ったらトレーラーハウスを移動・売却して大きな店舗に変わる…なんて事もトレーラーハウスなら出来ちゃいます。

 

そして「理美容タイプトレーラーハウス」という名の通り、トレーラーハウス内は美容院仕様になっているんですよ。

理美容タイプトレーラーハウスにはセット面カウンターとセット用鏡・ミニシンクがついて来ます。

/data/blog/archive/original/35805.jpg

ミニシンクを備えた収納棚は棚板間隔の調整が可能なので、タオルや器具・ボトルなど自由に収納することが可能です。

美容室ってカラー剤やシャンプー・クリップやドライヤー・コテ等々…細かいものが沢山あると思うので収納は大事ですよね!

その他、お客様のご要望に合わせたオプションもご用意しておりますので理想のお店を造り上げる事が可能です。

ルクラが手掛けた美容室もお客様によってイメージがガラリと変わるんですよ。

 

/data/blog/archive/original/35814.jpg

 

/data/blog/archive/original/35808.jpg

 

/data/blog/archive/original/35809.jpg

 

/data/blog/archive/original/35815.jpg

ルクラはただトレーラーハウスを製造するだけではなく、お客様が求めているものやお客様の理想・必要としているものを形に出来たら良いなと思いトレーラーハウスを製造しております。

 

今回ルクラが開発した住まいる介護トレーラー「絆」も在宅介護をする上でお客様に喜ばれるもの・必要としているものを形にしたいと思い製造しました。

これから超高齢化社会になっていく日本で介護の問題は他人ごとではありません。

在宅介護のお悩みを小さなスペースさえあれば解決できるようにしたい・・・と思い駐車場一台分のスペースがあれば設置が出来るようにしました。

2017年7月12日 09:00もう家はいらない、買えないと思われてた方に 家と土地がついて約3万 タイニーハウスという選択肢⑥

 お知らせ

今年の夏は非常に暑いそうですね、例年充分に暑いのに更にその上がやってくるのでしょうか?
迫りくる恐怖にも似た暑さを思いつつ先日やや時期を過ぎた葉っぱの増えたゴーヤーの苗を購入してしまいました。
今更植えたところでグリーンカーテンは愚かカフェカーテンにもならない高さかもしれませんけど…
皆さんはどのように最強の夏を迎え討つのでしょうか?
何か良い対策法あったら教えてほしいです!

こんにちは。ルクラ株式会社です。いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今回はこのシリーズの最終回、一物件としての賃貸アパートやタイニーハウスなのかという個人的な視点を超えてもう少しコミュニティー的な視点からタイニーハウスに何かできるかを考えてみたいと思います。

前回の私のブログで今の日本の若い世代は勤続年数や経験に年収が反映されにくく実家から独立する機会を逸しているのではという状況を取り上げました。
経済的に実家から出るのは不安、、、という方に単に安い住宅をお勧めするのではなく自分達でもマイホームが持てるんだ!という気づき、きっかけとしてのタイニーハウスもありますよ。
 

/data/blog/archive/original/35802.jpg

<ルクラの展示場です。様々な大きなのトレーラーが並んで小さな街のようです>

 

コツコツ働き、住宅ローンを組んでいつかは大きな戸建てのマイホーム!も素敵な夢ですがタイニーハウスで物質的な所有にとらわれず、友人とのつきあいや趣味の多さを楽しむ方も増えてくるでしょう。
単身、小規模世帯が増えている今、住宅ローンの出費を敢えて他に使い食や、旅行、趣味を積極的に楽しむ生き方もとても素敵だと思います!

いつかは自分の家をと願う、若い世代だけではなく、いわゆる社会的弱者と呼ばれる様々な方へも縦割りの発想で福祉がバラバラに対応していたケースが多いかと思いますが、世代や立場が横断的に関わることで社会で自分なり個性や技能を活かして役立てる実感や居心地、世代間を超えた仲間と出会え、それが元気のもとになるという視点も大切です。

そんな時、頭にふと浮かぶのが落語の世界です。
昨今また空前の落語ブームですね。
背景には個人志向が行き過ぎた社会の反動なのか、江戸時代の庶民の生活の長屋文化のような世界への再評価があるのかもしれません。
何かと情報通で世話好きな旦那やご隠居とちょっとノロマで愚鈍だけど憎めない与太郎の駆け引きは落語の至るところで登場します。
彼らをそれぞれに単身高齢者だとか、○×の可能性ありとして今の世の中のように福祉行政的に線引きしてしまっていたら、あのようなイキイキとした会話は成り立ちません。

例えば「粗忽の釘」という噺では、引っ越ししてきた家族が箒をかける釘を打ったら、釘先が隣の家の仏壇の阿弥陀様を打ち抜いてしまうという件が出てきますが、物件的には決して恵まれた環境ではなくても、隣近所を巻き込むおおらかな笑い、相互肯定の信頼感や絆が社会の根底に存在しています。

江戸時代の生活環境の悪い物件に戻ろうというのではありません。
自分達でできる範囲のタイニーハウスを建てながら同じ目的を共有する仲間との繋がりを楽しもういうセルフビルド、しいてはそのような過程を共有しつつ色々な立場の人がごちゃまぜでコミュニティーをつくりあげようという包括的社会活動のような動きが今、地方でも都会でも広がりつつあるのです
。SNS社会だからこそ実現できる従来型縦社会の組織的な肩書やネームバリューではなくて、もっと横の繋がり、個人の価値観やいいね!を共有できるもの同士の緩くでもワクワクできるような新しい生活が日本の至る所で芽吹いているような気がします。
ルームシェアや、カーシェア等様々なシェリングエコノミーの普及も横繋がりの社会変化の一例ではないでしょうか?

先駆例の一つ、石川県のシェア金沢では学生向けのタイニーハウスの住居がありますが、そこの入居条件はコミュニティー全体へのボランティア活動が月30時間とのこと。
このような地域への関わりはかつては煩わしいと敬遠されてきましたが、あえてそのような趣旨に賛同し、協力できる学生を集めているという発想がとても斬新な気がしました。

最初は面倒くさいと思っていても、実際に関わっているうちに楽しくなったり、新たな発見があったり、このような個人レベルの意外な変化や発見が実は地域を元気にする大切な一歩のような気がします。
お年寄りや障がいを持たれた方、地元の大学生など様々な方々がごちゃまぜに生活しながら、お互いの持ち味を活かして生活している姿はとても楽しそうで示唆に富んでいます。

タイニーハウスに住まれて生活を楽しまれている方の多くは、自分の広い意味での家空間をコミュニティーに持たれているのかもしれません。
家のリビングは小さめでも家の外に仲間とシェアできる趣味や活動拠点があれば、それもリビングの一つになる、前述の落語でいえば長屋全体で一つの家空間という感じでしょうか。

 

/data/blog/archive/original/35804.jpg

<ルクラの住居タイプの施工例KUTURO木です、開放的な空間が楽しめます>


試行錯誤のコミュニティづくりにおいてトレーラーハウスは基礎工事も撤去、解体作業も必要がなく、もしも不要となれば中古物件として売却も可能です。
状況次第、柔軟に対応できるフレキシビリティさは大いに利用価値があると思われます。
また一般的な建築が規制されている市街化調整区域でも設置が可能なので、コミュニティづくりの実験に活かせるメリットは多々あります。
一度は住んでみたいと思わせる話題性もあります。

今回は少し壮大な内容になってしまいましたね。
これからのコミュニティーづくり、地域振興は縦社会の閉じた発想ではなくて、横社会の連携が鍵になることでしょう。
そんな社会の流れにトレーラー、タイニーハウスも微力ながら貢献できればとても嬉しいです。
またルクラもそのような流れに敏感かつ実践される方々と沢山出会ってワクワクできればと願っています! 

 

2017年7月9日 09:00もう家はいらない、買えないと思われてた方に 家と土地がついて約3万 タイニーハウスという選択肢⑤

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今回もタイニーハウスという選択肢についてもう少し書かせてくださいね。

/data/blog/archive/original/35803.jpg

 <ルクラ 施工例の写真です 本文の内容とは関係ありません>

日本社会の一般通年ともいえるのでしょうか、一人前(特に男性にはそのプレッシャーが強いかもしれませんね)になるということはいつか自分の家を所有する事、学生時代や社会人の数年間、所得が少ない間は単身者用アパートで暮らし、結婚して家庭を築いたら戸建て、マンションを購入して持ち家を所有すること、「小さくでも一国一城の主となること」だと刷り込まれている方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

社会的にも持ち家政策が奨励されて、結婚した世帯が持ち家を持つことにはかつての住宅金融公庫を始め沢山の支援がありました。
けれどもこのマイホーム信仰、願望がいわば社会の標準モデルとして成立したのは高度成長期以降、バブル崩壊時までの生涯雇用、年功序列が日本社会全体のセーフティネットとして機能していた頃ぐらいまでかもしれません。

その後の長引く経済不況、非正規雇用者の増加、2007年のサブプライム問題から2008年のリーマンショックも一因となり今や関東、関西の都市部の20歳~39歳の未婚、学生を除く有業者の約3割が年収200万円未満とのこと。
そこに無業者は含まれていないのでその割合いは更に多いと思われ、彼らの8割が親元で暮らしています。
現役の若い世代が親元で暮らすという事は基本、出身地から動かないということになるので、人脈、教育、商慣習含め様々な発想の固定化、日本社会のダイナミズム損失の問題もはらんでいます。

本来であれば若い2,30代が社会で安定した収入を得れば車を買ったり、家を建て、家族を築けたであろう世代が家庭はおろか住む場所の確保もままならない、非正規の仕事で住居費を支払う為に日々働いている現状。
いつからか「結婚すること、家族をもつことは贅沢品」と呼ばれるようになり少子化の歯止めがかからない主要因の一つになっているようです。

住宅政策もマイホーム信仰、標準世帯をモデルにしていた頃のままになっていて、正社員、所帯ありの層には支援が手厚くても、非正規雇用、単身、借家の層には殆ど支援制度も少なく公営住宅への入居も断られるケースが多いため、ネットカフェ難民、漫画喫茶や脱法ハウス、友人宅を渡り歩くか地元にいる場合は親と同居しか選択肢がないという状況に繋がっています。

20~39歳の子が同居している親は年代的に住宅ローンを完済した物件に住んでる事も多く、一時的には家賃もかからず、家事、炊事も助け合えるので両者にとってメリットがあります。
しかしやがて親が高齢化すると今度は主な収入が親の年金頼みとなり、介護の必要性が発生したり、築年数の経った家の営繕修理費がかかってきます。
子供に収入が充分に無く支払い能力がない状態では両世代共倒れのケースが益々増加するかもしれません…

フランスや北欧圏では似たような状況、つまり非正規で働く若者が経済的事情で家族、身内であっても意図せぬ同居をする場合をホームレス、住宅困窮者と位置づけ、10年以上前から手厚い住宅支援、就労支援を行ってきました。
その結果少子化防止にもかなりの効果が上がっています。

方や日本社会は世間体や人さまの視線を気にしすぎる国民性ゆえなのか、当事者も声をあげにくく、公的支援よりは家族の絆に頼っている感じがあります。
また学生時代に何らかの事情で学校に行けずに不登校、引きこもりを経験した子供がそのまま精神的にも経済的にも自立するきっかけを失ったまま自宅に閉じこもっている傾向も強いです。
なんともやるせなく、哀しい状況ですね…

外国の諸事例を参考に低家賃かつ良質の住宅に単身若い世代が住みやすくすることで親元を離れ、自立を促すことにもっと留意すべきなのではないかと思います。

次回はこのような状況をふまえつつトレーラー、タイニーハウスが秘めている可能性についてお伝えしたいと思います。
今回はやや重たい内容のブログになってしまいましたが、皆さん日々の、そして目の前にいる方への笑顔を忘れずに梅雨時の体調管理、くれぐれも気を付けて下さいね!

2017年7月7日 09:006月26日付 東日新聞にルクラの記事が掲載されました

 お知らせ

東三河の郷土新聞、東日新聞6月26日付で当社の新事業、介護トレーラーを取材、記事掲載頂きました!


ちょっと字が読みにくいですが記事をアップさせて頂きますね。

実物をご覧になりたい方、豊橋市岩田の展示場にございますので是非ご覧くださいね。

 

一時的な介護用に増築しなくても、自宅の駐車場のスペースにおける「離れ」という感覚です。設置も一時間ほどででき、ご不要の際は撤去して更には中古として転売もできる身軽さが強みです!月ぎめでのレンタル利用で施設が空くまでの繋ぎという使い方も可能です。
 

ルクラの新しい介護へのご提案、是非ご覧頂ければ幸いです。

/data/blog/archive/original/35801.jpg

現在住まいる介護トレーラー「絆」のクラウドファンディング出資者様を募集しております。

当社の趣旨にご賛同下さり、応援して下さる方是非宜しくお願い致します。

2017年7月4日 09:00住まいる介護トレーラー「絆」 ご見学頂けます!!

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

ルクラの展示場では実際にお客様の目でトレーラーハウスをご見学頂く事が出来ます。

トレーラーハウスは随時入れ替えをしておりますので、その時によってご見学頂けるトレーラーハウスは違うのですが、ご見学頂けるトレーラーハウスに住まいる介護トレーラー「絆」が仲間入りしました!

しかも・・・住まいる介護トレーラー「絆」に関してはいつ来て頂いてもご見学頂けます。

住まいる介護トレーラー「絆」は介護用トレーラーハウスという事もあり、他のトレーラーハウスとは違った工夫がされているんですよ。

例えば、トレーラーハウスは通常ですとタイヤがついている分、地面からの高さが70~80cmほどあります。
ですが、住まいる介護トレーラーハウス「絆」は低床型トレーラーハウスといって可能な限り地面に近づけました。

/data/blog/archive/original/35419.jpg

こうすることでステップの階段を少なく済むようにしました。オプションで階段をスロープにする事も可能なんですよ。
スロープにすると車椅子の方でも入りやすいですよね!

また扉は引き戸になっており、引き戸にすることで少ない力で開けることが可能になり、車椅子で通る場合の妨げにもなりません。

/data/blog/archive/original/35418.jpg

ひさし屋根にする事で日除けや雨除けの効果があり、ライトがついているので夜も足元が確認できて安心ですね!

/data/blog/archive/original/35417.jpg

その他にも介護用トレーラーハウスならではの工夫がいっぱいですよ。

是非、住まいる介護トレーラー「絆」をお客様の目で実際にご覧ください!

 

これから高齢者が増えていく時代で、介護する側・介護される側がお互い無理なく介護生活が送れるように・・・

誰にも負担にならない介護を目指して、その可能性を拡げていきたいと思いルクラはこの住まいる介護トレーラー「絆」を開発いたしました。

2017年7月1日 09:00トレーラーハウス内って快適に過ごせるの??その②

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

早いものでもう一年の半分が過ぎ、もうすぐ子供達の大好きな夏休みがやってきますね。

皆さんは子供の頃夏休みの課題は初めに殆ど終わらせておく派でしたか?それとも夏休みは思いっきり遊んで夏休み最終日に慌てて(笑)取り組む派でしたか??

こう見えて私は初めに殆ど終わらせておいて夏休みを満喫する派でした。

私の家は昔ながらの家で今でこそエアコンがついていますが、小さい頃エアコンが無くて扇風機で暑さをしのいでおりました…

なので、昼間は暑くてなかなか勉強も進まず…図書館に行って快適な空間で課題をやっていました。

やはり居住スペースは快適な方がいいですよね!
先日のブログでもお話しましたが、トレーラーハウス内はとても快適な空間です。
だからこそ、皆様に離れやセカンドハウスとして是非ご利用頂きたいと思っております。

トレーラーハウス内が快適な理由のうち前回は外壁のお話をさせて頂きましたが、今回は断熱材のお話をして行きたいと思います。

ルクラの断熱材はガラス繊維で出来た綿状の断熱材、高性能グラスウール(24K/50)を採用しております。

この50というのは厚みを表し50mmという意味で、Kというのは密度を表します。数字が高くなるほど密度が高い事を意味します。密度が増すほど空気を動かさないので断熱性能がアップします。
一般的によく使われているのが16Kと言われているので、ルクラはそれよりも密度の高いグラスウールを使っているので、高い断熱性が期待できるのです。

また、このグラスウールというのは優れた吸音効果があるので、スピーカーや防音室の素材としても用いられているんです。

なので吸音性の優れたグラスウールを壁内部へ施工することにより、遮音性や音漏れも軽減できるのです!
防火性にも優れており、燃焼時には有毒なシアン系ガスが発生しないのも安心ですね。
そして白アリの被害を受けにくいとも言われているんです。
グラスウールは断熱以外にもメリットが沢山ですね!

/data/blog/archive/original/35203.jpg

でもさすがに外壁や断熱材が優れていてもエアコンや冷房器具が無くて、真夏を超すことは難しいですよね…

安心して下さい!

トレーラーハウスはライフライン(電気・ガス・水道)も繋ぐ事が出来るので、勿論エアコンの取り付けが可能です。
これで、真夏もバッチリ快適に過ごす事が出来ますよね!

/data/blog/archive/original/35202.jpg

愛知県豊橋市岩田の展示場では実際にトレーラーハウスをご見学頂く事が可能です。

是非気になったお客様は岩田の展示場に遊びに来てくださいね!

そして、今まで何度かブログにアップしておりました住まいる介護トレーラーハウス『絆』がついに完成してこちらも実際にご見学頂けるようになりました!

介護トレーラーハウスならではの工夫をお客様の目でご確認頂けます。

引き続きクラウドファンディングの出資者様も募集しておりますので応援宜しくお願いします。

2017年6月28日 09:00トレーラーハウス内って快適に過ごせるの??その①

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

ここ最近は梅雨の長期化傾向があるらしく、今年も梅雨が長くなりそうですね。
梅雨明け予想は東海地方は7月下旬だそうです。
せっかくお出掛けには最適な時期なので、カラッと晴れて天気予報を気にせずお出掛けを楽しみたいものです・・・
まだまだ油断すると体調を崩しやすい時期ですので、皆さんもお気を付けください!

トレーラーハウスですが『トレーラーハウス内は暑くないのかな??快適に過ごす事は出来るのかな??』と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

ご安心ください!

 

ルクラのトレーラーハウスは外壁・断熱材にもこだわって造っているのでトレーラーハウス内も快適に過ごす事が可能です!!

 

今回はまず、外壁の方からお話をしていきたいと思います。

 

ルクラのトレーラーハウスの外壁にはガルバリウム鋼板の中でも耐候性能と遮熱性能・耐汚染機能に優れたものを使用しております。

/data/blog/archive/original/35201.jpg

塗膜に遮熱顔料を配合しており、日射による塗装鋼板表面の温度上昇を抑える事が出来て室内環境の改善及びヒートアイランド現象(都市の気温が周囲より高くなる現象)の抑制を実現します。

また高耐候化技術も導入した塗膜なので、遮熱性能との相乗効果で高い耐候性を備え塗膜劣化による色褪せも防ぎます!

耐汚染機能は塗膜表層の親水化によるセルフクリーニング(雨筋汚染の防止)機能です。

室内は快適に過ごす事が出来て外壁は汚れに強く色褪せしにくいという、両方にメリットがあるんです。

室内が快適に過ごせるかは勿論重要ですが、せっかくの家なので見た目も綺麗を保ちたいですもんね。

 

カラーも28色から選ぶことが出来て組み合わせも自由に行えます。
シンプルに一色・ツートンカラーでおしゃれに・カラフルで可愛く・・・
とお客様のお好みに仕上げることが可能ですよ。

 

次回は室内の断熱について詳しくお話ししていきたいと思います。
もし宜しければYouTubeでルクラの施工例もご紹介しておりますので、是非ご覧くださいね!

下矢印下矢印下矢印

こちらをクリック♪

2017年6月24日 09:00もう家はいらない、買えないと思われてた方に 土地、建物で月々約3万 タイニーハウスという選択肢④

 お知らせ

梅雨入りしたと思ったら、なんだか今年は様子が変ですね。
また五月に戻ってしまったかのような晴天続き。
朝夕はひんやりして体調を崩される方もいらっしゃるのでは?

この時期スーパーの店頭には実った梅が並び始めました。
梅パワーには学生時代からお世話になりました。
猛暑下の合宿でヘロヘロになった時に休憩時に食べる梅干しの美味しかったこと!
人間には糖分ではなくて塩分が必要!と実感した記憶があります。
とはいえ、スイーツも勿論大好きなのですが…

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
今回はアパートとトレーラー、タイニーハウスを少し比較してみようと思います。

住居の選択肢というと基本的には戸建て、分譲マンション、賃貸のアパートか長屋、タウンハウス、マンションが一般的かと思います。
あとは社宅や学生寮、公営住宅などが一般的でしょうか?

ここで突然皆さんに質問ですが、皆さんにとって賃貸アパートでの生活=かりそめの生活でしょうか?
かりそめだから仕様が若干見劣りしても仕方ないと思っていませんか?
例えば断熱性。
夏は暑く、冬は寒いけど我慢、隣の人や階上の方の生活音が妙に響いてくるけど、仕方がない。
冬の結露は当たり前、窓がビショビショになるのを拭き取るのが冬の日課、ペットは基本的に無理、等々…

この様な一連の日常生活での諸々のご苦労、経験されてる方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
マイホームを持てるまでは「こういうもんなんだろう」と思っていらっしゃるのかもしれませんね。

冬の結露との闘いや昨今の猛暑、まるでサウナか?と思われるような断熱性の低い空間では扇風機は無論のこと、エアコンも苦しそう。
若いうちはともかく、ある程度の年齢になると結構キツイ我慢大会だと思います。
熱中症で脱水症状に陥り救急搬送される独居老人の方のニュースも昨今毎年夏になると報道されていますね。

仕方がないけど、夢のマイホームを手に入れる為に今は我慢。
或いは、今後もずっと今の所得では高額なローンなど組めない(ないしは組みたくないので)マイホームは夢、と諦めている方も昨今増えているようです。

でももし、このような我慢が戸建ての家が持てなくても、せずに済んだら嬉しいですよね!
そこで、我らがトレーラー、タイニーハウスの出番なのです!

外観的にあまり見慣れないかもしれませんが、ルクラのタイ二―ハウスはざっくりタイヤのついた戸建仕様の家、ないしは店舗空間だと思って頂いて宜しいかと思います。
形は箱型、シンプルでも、中身は充実!これって今までありそうでなかった住宅の選択肢ではないでしょうか?

/data/blog/archive/original/33419.jpg

<住居タイプのトレーラーハウス 施工例です>

例えば断熱性。
先日のブログでもご紹介致しましたが、ルクラのタイニーハウスは戸建て住宅仕様の断熱材、グラスウールを全面に使用。24k/50がルクラの断熱性の基準です。

結露もしにくいですし、夏は涼しく、冬は暖かい空間が可能です。
またこのグラスウールは優れた遮音性や防火性を発揮しますので、実際にルクラの岩田の展示場をご覧になった方はすぐ傍を走る外環道路の車の騒音が殆ど気にならないのに驚かれます。

サッシは基本的に戸建て仕様の二重サッシや希望に応じてLOW-Eガラスを使用しておりますので、すぐれた防犯性や紫外線カットも期待できます。

  
水廻りも住居タイプのLS11ならば標準仕様で一坪タイプ(1616)のお風呂、間口サイズ1950mmのゆったりめのキッチンがついています。
(車検対応タイプの場合はもう少し小さめの設備となります)
アパートで一坪タイプのお風呂はあまり多くはないかもしれませんね!

/data/blog/archive/original/35200.jpg

もしあなたが既に将来建設予定の土地がありつつも、例えばマイホームの頭金を稼捻出する為に月々5万円程度の家賃で生活していらっしゃるのならば、一年で60万。
8年間住み続けるとしたら480万円。
退去時には建具一つ、1円たりとも戻って来ませんよね。
この資金があれば十分にルクラの住居タイプ(約21畳)のトレーラーは一棟500万円~なので購入が可能です。(車幅のもう少し狭い車検対応タイプであれば9畳ほどのスペースで270万円からのご用意がございます)

トレーラー、タイニーハウスの場合、駐車場代もかかりませんので、地元(愛知県豊橋市)の価格ですが月5千円で1年6万、8年で約50万。
併せれば殆ど同じ額になりますね。
更にはトレーラーならばいざ戸建てに移り住むとしても売却すれば資産価値があるのです。
ほぼ同じご予算で仕様グレードがかなり向上し、アパートでは条件の厳しいペットとの同居も可能、売却時に資産にもなるとしたら、この選択肢、結構面白いと思って頂けるのではないでしょうか?

土地なんてない!とおっしゃる多くの方にも土地、建物で住宅ローンを組んだとしても月々3万1千円からのお支払いでタイニーハウスのご購入が可能です。
市街化調整区域に設置することも可能なので、土地代をより安く調達することも可能ですし、小さなお子様がいらっしゃる場合、どれだけ家を走り回っても大丈夫ということは親御さんの「静かにしなさい!」ストレスをかなり軽減できるのではないでしょうか?

/data/blog/archive/original/34911.jpg<和風ロスト空間のある施工例です>

かりそめの生活=賃貸住まい=いつでも退去できて気軽だけど居住性では我慢も多い。
一般的な常識、思い込みの枠を少し外してみればトレーラー、タイニーハウスに住んでみる=売却、移動も可能だけど居住性も高い。
そんなワクワクする別の生活の選択肢もあるのではないでしょうか?
ルクラの新しい生活の提案、少しお伝え出来たのならば幸いです。

2017年6月21日 09:00ルクラ株式会社のSNSをご紹介☆

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

私達はトレーラーハウスを沢山の方に知って頂きたいと思い、ブログやSNSを通じて様々な情報を発信しております。

 

ここで、当社が更新しているSNSをご紹介致しますので、ぜひチャンネル登録やフォローして頂けると嬉しいです!

 

YouTube右矢印こちらをクリック☆

YouTubeの動画はアメーバブログにも施工事例等の動画をリンク付けしてアップしています。

まだまだチャンネル登録して下さってる方も少ないので・・・登録して下さると嬉しいです!

 

Twitter右矢印こちらをクリック☆

Facebook右矢印こちらをクリック☆

Tumblr右矢印こちらをクリック☆

こちらも少しづつではありますが更新しております。是非フォローして下さると嬉しいです!

 

Instagram右矢印こちらをクリック☆

インスタグラムでは、施工例やパース画像・納車予定のトレーラーハウスの更新など・・・簡潔ではございますが日々更新しております!

 

興味のある方は是非ご覧ください!
SNSを通じて沢山の方々にトレーラーハウスを知って頂けたら嬉しいです。

2017年6月18日 09:00もう家はいらない、買えないという方に 土地、建物もついて月々約3万、タイニーハウスという選択肢③

 お知らせ

いよいよ梅雨の季節ですね…!

 

木漏れ日がキラキラと輝き、6月初旬の爽やかなお天気は本当に気持ちがよいものでしたね。
私、先週末にホタルを見てきました。
日が沈むと一枚羽織っても肌寒い位でしたがホタルの乱舞する姿と朝倉川のせせらぎの音、とても気持ちがよかったです。
長らく手のひらにもとまって、幻想的な光を魅せてくれました。しかもルクラの岩田展示場のすぐそばで見られるのですよ!

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
先週末二日間、ルクラ岩田展示場で行われたタイニーハウス見学会、沢山のお客様にお越し頂き誠にありがとうございました。
真剣に購入を検討され遠方からはるばるお越し頂いた方から、タイニー、トレーラーって何?と立ち寄られた方まで様々な方とお話しする楽しい機会でした。
この場を借りて今一度ご来場頂いた皆さまに厚く御礼申し上げます!

 

/data/blog/archive/original/34912.jpg/data/blog/archive/original/34913.jpg

 

<当日の展示光景です>

いらっしゃった方からは「マンションよりずっといいですね!」という嬉しい声も頂きましたし、
「トレーラーがここまでお家ってビックリ!」とおっしゃる方もいらっしゃりました。
お客様のぼそっとつぶやくような本音こそ私達が最もお聞きしたい部分なのです。
このつぶやき、多くのご来場されたお客様の声を代弁されているのかもしれません。

実際にトレーラーの内部をご覧になられると外見のシンプルな箱型の印象とは違なり、内部はきちんとした住宅空間なっている事に驚かれる方が少なくありません。
例えば、会場に展示されていたこちらの施工例。
まもなく浜松市に納品される住居タイプのトレーラーです。
以前(4月25日号)若夫婦が母屋に暮らし、離れにお父様のトレーラーハウスを納品した例をご紹介しましたが、今回は逆で母屋に老夫婦、トレーラーハウスに若夫婦がお住まいになられる施工例です。

 

/data/blog/archive/original/34911.jpg/data/blog/archive/original/34910.jpg



<小さいお子様のいらっしゃる若夫婦の施工例、和風のロフト空間があります>

この畳のロフト空間、思わずゴロンとしたくなるような快適な空間なんですよ!

前回、一般的なアパートと異なり、トレーラーハウスにはロフトがあるものも、とお伝えしましたね。
ロフト空間とはいってもハシゴで登る小さな空間程度に思われているかもしれませんが、この物件は階段をつけて布団が似合う畳空間にしました。
(別の施工例ではスキップ階段で天井高のあるロフト空間になっているものもございます)
小さなお子様のいらっしゃる家族構成でも十分な広さと設備が確保できます。
このようにロフト空間一つとっても全てルクラのトレーラーハウスはお客様にあわせたオーダーメードなので様々な空間にすることができるのです!

本場アメリカではロフトで寝られる利点を活かすために天窓をつけて毎晩夜空の星を眺めつつ、眠りにつかれる方もいらっしゃるそうです。
小さめの家で全体の建築コストを抑えつつも、自分なりのこだわりの贅沢ができるところもタイニーハウスの魅力ですね!

小さいから我慢、ではなくて小ぶりでもワクワクできる空間、それがルクラのタイニーハウスだと前回も書きましたが、家を少しでも大きく、立派にする方向ではなくて気持ち小ぶりの空間にすることで多額の住宅ローン、借金から解放されますよね!
そうすることで自分のお金をかけたい部分に重点的に予算をかけるという選択肢もあるのでは思います。
タイニーハウスには一般的なアパートよりグレードの良いキッチンやトイレもありますよ。
ルクラの新しい暮らし方提案、少しお伝えできたでしょうか?
次回ももう少しタイニーハウスの選択肢についてお伝えしたいと思います。

 

2017年6月16日 09:00家はいらない、買えないと思われてた方に 土地も建物もついて月々約3万タイニーハウスという選択肢②

 お知らせ

梅雨入りというと少し憂鬱になりますが、豊橋の6月初旬はホタルが飛び交う季節でもあります。
都市部の方々には近所でホタルが見られる環境というと自然豊かでとても贅沢だな~と感じられるかと思いますが、豊橋でも一時かなり数が減ってしまったようです。
この環境を維持するためには市民グループの方々などの息の長い活動の裏支えがあればこそみたいですね。

こんにちは、ルクラ株式会社の太田です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
前回に続き今回もタイニーハウスについてお話しさせてくださいね。
 

/data/blog/archive/original/34914.jpg<ルクラ タイニーハウス見学会の会場です 他にも沢山展示されますよ!>

タイニーハウスの意味を調べていると、歴史に関心のある方がいらっしゃったら、日本人の元祖タイニーハウス生活者?とも思える鴨長明の「方丈記」を思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
鴨長明は京都は下鴨神社の跡取り息子という立場を捨て、世俗とのつながりを断ち、方丈(9㎡、四畳半程度)で生活していたのです。
仏教では物事に対する執着(物欲や出世欲なども含みます)を捨てることが大切と説いていますが、敢えてモノや情報に縛られないようにする引き算の感覚は昨今流行りのミニマリストにも通じるかもしれませんね。

また彼の生き方は「おひとりさま」の先駆者と呼べるのかもしれません。

昨今ひと昔前だったらファミリー世代の中心層であった30代~50代の独身者、いわゆる「おひとりさま世代」が急増しています。
生涯未婚の目安となる50歳での未婚者が女性では10%で20年前の2,5倍、男性では20%とほぼ4倍に増加しています。

独身貴族という言葉もあるように、収入をほぼ自由に使えるおひとりさま世代ですが、頭をかすめてくるのが住宅問題。
ずっと賃貸住まいでいるのも不安、老後は保証人も探しにくくなるという理由でマンションを購入するケースも多いかと思いますが、マンション購入がそのまま安泰という訳にはいきません。
一つには購入の際にローンを組んだ後、仕事を失うとか体調を崩した時などで収入が途絶えた場合に他に支えてくれる人がいないからです。
また購入後もマンションの場合は固定資産税や管理費、運営費は継続するので支払い負担は生涯継続します…

その点、タイニーハウスは住宅ローンも組んだとしてもかなり少額で済みますし、購入後の共益費、メンテナンス費はかかりません。
更に建築物扱いではないので、固定資産税もかからない上にいざとなれば売却も可能なのです。
マンションと異なり、中古トレーラーが人気なのも心強いところです!

他にもどの様な経済的なメリットがあるのかは説明会で詳しくご説明させて頂きますが、経済面以外のメリットも加えさせてくださいね。
ワンルームマンションにはないようなロフトが基本ついているんですよ。
皆さんも小さい頃、秘密基地などを作って遊んだ経験、自分だけの空間にワクワクした記憶はありませんか?
私は今でもロフトからの室外の眺めにワクワクしてしまいます!
基地に関心が無いという方は無論、収納スペースとしてのご活用も可能ですよ!

小さいから、狭いから我慢、ではなくて小さくても快適でワクワクできる空間、それがルクラのタイニーハウスなのです。
シングル、カップルには全く問題ない広さですので是非、実際のタイニーハウスを体験しにいらっしゃってくださいね。
言葉で伝えるよりも実際に室内を見て頂くことではるかに多くの想いが伝わるのではと願っています。
イベントは終了しましたが、ご見学は随時対応しておりますので、ぜひお気軽に足をお運びください!
スタッフ一度お待ちしております。

2017年6月13日 09:00飲食店営業にもトレーラーハウスを♪

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

 

皆さんは休日何をして過ごしていらっしゃいますか?

ルクラのスタッフメンバーは皆パン屋さんやカフェが大好きで、休みの日は友人を誘ってカフェ巡りや美味しいパン屋さんを探して買いに行ったりしています。

実は豊橋、モーニングサービスが凄いんですよ!
モーニングサービス発祥の地というと愛知県一宮市が有名と言われていますが、45年近く前に豊橋駅前の喫茶店からモーニングサービスが始まり、東三河全体へ広まったとも言われているんです。

 

家の近くの喫茶店、ドリンクを頼むとサラダ・ヨーグルト・卵・パン・スープがドリンク料金のみでついてくるんですよ。
お店によっては、おにぎりとみそ汁・茶碗蒸しといった和食モーニングもあったり・・・
+150円とか払うだけで、パンがサンドイッチやもっとボリュームがあるメニューになるところもあったりします。モーニングに行くとお腹いっぱいになれます!

おそらく他の県のモーニングだと、ドリンクを頼んでトーストとゆで卵がついてくる・・・ぐらいだと思います。(←これも十分有り難いサービスなんですけどね。豊橋にいるとトーストとゆで卵だけだと少なく感じてしまうんですよね・・・笑)

皆さんも是非愛知県にお越しの際はこのモーニング文化に触れて頂きたいと思います!

 

 

最近は本当にオシャレなカフェが増えて来て、ご自身でカフェや飲食店を開きたい・・・という夢を持っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

是非、ルクラにその夢のお手伝いをさせて頂きたいです。
トレーラーハウスでも飲食店を営業することは出来ます!

飲食店の営業許可は保健所が出しますが、保健所に書類を提出する前に該当自治体の建築指導課で建築物に当たらない確認を致します。(勿論ルクラで代行して行います)
通常の衛生面を審査し保健所で食品営業許可申請の許可を出します。

 

普通の建物と一緒で、電気・ガス・水道も使用可能です。テレビアンテナや電話線を引くことも可能です。なので、オシャレなBGMが流れるカフェに・・・なんて事も勿論出来ちゃいます。

また、開業をお考えの方ですと、最初のコスト面も気になるのではないでしょうか。トレーラーハウスでしたら建築物に当たらないため、自宅敷地内や市街化調整区域にも設置が可能です。

(農地の場合は農業委員の許可が必要です。また自治体によって規制がかかる場合もございますのでご相談下さいね)
牽引してそのまま設置が可能ですので、地盤改良や基礎工事も不要なので、建築するよりも低コストに抑えることが可能です。

 

ローンやリースもございますので、最初の資金の事もご相談頂ければお客様に合ったプランを丁寧にご案内致します。(所定の審査がございます)

 

 

 

そして・・・自分のお店を持ちたいと思っていらっしゃる方ですと『こんな感じのお店にしたいな・・・』というご自身の理想のお店がきっとあると思います。
ルクラのトレーラーハウスは全てオーダーメイドで一台づつ丁寧に製造しております。

お客様の理想に近づけるように努力いたします!

/data/blog/archive/original/34830.jpg

ウッドデッキや外壁に店名やロゴを入れることも可能ですよ!すると・・・

 

下矢印下矢印下矢印

/data/blog/archive/original/34831.jpg

こんな感じで一気にオシャレなカフェへ大変身します!

 

是非、飲食店営業の夢をルクラにお手伝いさせて下さい。

飲食店経営の経験があるスタッフもおりますので、その経験を活かして保健所申請許可などのアドバイスも行っておりますので、是非ご相談ください。

2017年6月10日 09:00最近増えてきたトレーラーハウスの活用方法☆

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社草次です。

 

皆さんはお昼はお弁当ですか?
それとも社員食堂だったり、会社近くのカフェでその日の気分で選んで食べたりする方もいらっしゃいますか?

私はお昼はお弁当を持っていってるのですが、ついつい自分のお弁当だと彩りや見た目を気にせず詰め込んだだけのお弁当になってしまいます。

でもやはり、彩りも鮮やかでカラフルなお弁当の方が食欲がそそられますよね!

美味しそうなお弁当が作れるようにお弁当のグッズも色々集めたいな・・・と思っている今日この頃です。

 

最近では100円ショップでもお弁当グッズが豊富に出ていますので便利そうなのを試してみたいと思います。

ただ、結局使わないと勿体ないので無駄遣いにはならないようにしたいと思います。

・・・これは建物についても同じ事が言えるのではないでしょうか?

 

・無駄な出費を抑えたい

・ローコストが良い

・不要になった場合に壊す概念が無い

 

そんな条件を満たしてくれるのがトレーラーハウスです!

トレーラーハウスは事務所や休憩室・店舗としてご利用頂いている方が多いですが、当社で最近増えて来ているトレーラーハウスの利用方法が住居としての利用です。

/data/blog/archive/original/34829.jpg

たとえば、家族が増えたから家の部屋数が足りない・・・

という事もあるかと思います。その場合、家を建て直す・増築する・離れを作る・・・といった案が出るかと思います。

建て直しや増築はかなりの費用が掛かりますよね…

離れを作る場合も建築物となる為、建ぺい率や容積率といった建築物としての法的規則が出てきたりします。

 

その点トレーラーハウスであれば車両扱いとなる為、建築物としての法的規則はありません。
(※但し、半永久的に利用する物は当社では建築物で建てるべきと考えております)

 

またトレーラーハウスというのはタイヤがついた家なので、牽引してきてそのまま設置したい場所に設置が可能です。

なので地盤改良や基礎工事が不要の為、建物を建てるよりもローコストに抑えることが可能です!

 

また、家族が進学・社会人になり一人暮らしを始める・・・などで家を出ることになり不要になった場合も売却も可能です。

(何度かブログでもお話しさせて頂いておりますが、中古のトレーラーハウスは需要が高く高値での買取が期待できます♪)

 

部屋数が足りなくて家を増設したけど、結局兄弟みんな進学や社会人になって家を出たから今までの部屋が空いている・・・という友人が私の周りにも沢山おります…

それって凄く勿体ないですよね。
かと言って増設した部分を取り壊すのも更に勿体ないです。

それでしたら、その時の状況で設置・移動・買取が出来るトレーラーハウスの方が無駄な出費も減らせていいのではないでしょうか??

 

当社が参加させて頂いている住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンドも在宅介護に関するお悩みを解決したいと思い開発致しました。

 

◎在宅介護をしたいが家を建てたばかりでリフォームに掛ける出費をなるべく抑えたい

◎近隣の入居タイプ施設の空き室がないから一時的に利用したい

◎介護する側も介護してもらう側もプライベートな空間は確保したい

 

・・・といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

そういったお悩みを駐車場一台分のスペースで解決致します!

下矢印下矢印下矢印

https://www.securite.jp/fund/detail/3281

ルクラのクラウドファンディングのページですひらめき電球出資者様を募集しておりますので、当社の趣旨にご賛同下さり、応援して下さる方是非宜しくお願い致します家

2017年6月8日 09:00タイニーハウス見学会〜ありがとうございました~

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

 

6月3日・4日のタイニーハウス見学会にご来場頂きありがとうございました!
2日間とも天気にも恵まれ暖かい日となり良かったです。

 

ご来場下さったお客様の中には、初めてタイニーハウスにふれる方もいらっしゃり、
『タイニーハウスってこんな感じなんだ!!』
『中は広くてオシャレですね♪』
『面白いですね』など・・・

色々なお客様の声を直接聞くことが出来て、私達もとても楽しいイベントとなりました。

またイベントを開催する際には沢山のお客様のご見学・ご来場お待ちしております。

 

ありがとうございました!

/data/blog/archive/original/34828.jpg

2017年6月5日 09:00トレーラーハウスをもっと日本に広めたい!

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

当社が参加させて頂いているクラウドファンディング『住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド』では在宅介護のお悩みを解決するためのご提案を行っております。

在宅介護をしたいと思っているが、自宅の間取りや賃貸物件等の規約によりリフォームが出来ず在宅介護を実現するのが難しいと思っている方・・・

介護する側も介護される側も双方のプライベート空間はきちんと保ちたいと思っている方も・・・

この住まいる介護トレーラーハウスなら駐車場一台分のスペースがあれば設置が出来て、在宅介護のお悩みを解決致します!

 

 

自分の資格を活かして自分のお店を開業したいと思っている方には『理美容タイプ トレーラーハウス』のご提案を行っております。

この理美容タイプのトレーラーハウスにはセット面カウンター・セット用鏡・ミニシンクも標準でついております。
その他オプションもご用意しておりますので理想のお店にすることが可能です!
建物を建てるよりも初期投資が安く抑えられるので開業をお考えの方にはおススメです。

また、運送会社の営業所は条件が厳しく(市街化調整区域はNG・駐車場から直線距離で10km以内にある等・・・)運送会社設立が困難な場合も、トレーラーハウスのメリットである車両扱いになる事を活かして市街化調整区域にも営業所が設置出来たという例もございます。

・・・このようにトレーラーハウスだからこそできるメリットを活かして様々なことに挑戦して行きたいと思っております!

トレーラーハウスはアメリカでは約80年の歴史があり、約2000万人の人がトレーラーハウスで暮らしているそうです。
アメリカと日本では人口が違いますが・・・日本の人口で言うならば、約1億3000万人としても6.5人に1人の割合でトレーラーハウスに住んでる計算になりますね!

実は『トレーラーハウス』というのは日本名で、アメリカでは『パークホーム・トラベルトレーラー』といった名前でトレーラーハウスが浸透しており、インスタグラムのタグ検索をするとかなり沢山投稿されております。
(↑タイニーハウス・tinyhouse・mobilehome  等で調べると色んなトレーラーハウスが見れますよ)

中にはこれがトレーラーハウスなの!?と思うほどオシャレで遊び心のあるトレーラーハウスも出てきます。
ですが、ここ最近日本でもトレーラーハウスの名が広まってきたもののまだまだ知ってる方が少ないのが現状です。
なので、トレーラーハウスだからこそできる事・トレーラーハウスのメリットを皆様に知って頂き日本にももっとトレーラーハウスが広まってくれたらいいなぁと思っております!

/data/blog/archive/original/34667.jpg

是非トレーラーハウスについてご質問やご相談のある方はお気軽にご連絡下さいね!

愛知県豊橋市岩田の展示場では実際にトレーラーハウスを見学して頂くことも可能です。

トレーラーハウスを見学してみたいという方は、是非一度お電話下さいね。

スタッフ一同お待ちしております!

2017年6月3日 09:00車検対応トレーラーハウスのお話

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

 

私達の会社がある豊橋市八町通の近くには大きな公園と野球場があるのですが、そこで毎年6月の毎週金・土・日と豊橋市民には納涼祭りとして親しまれている豊橋夜店が開かれます。

金魚すくいや射的、チョコバナナや綿菓子など・・・様々な露店が約200店舗ほどずらーっと並んでおります。
ちなみに個人的にはリンゴ飴が好きなので毎回買ってしまいます。

毎年多くの人が訪れ、夜の6時や7時頃になるとまっすぐ歩くことが出来ない程の沢山の人で賑わいます。
子供の頃から変わらない露店の雰囲気に、大人になった今でも童心に返り楽しむことが出来ます。
今年はトレーラーハウスで出店しているお店はないかなー?とチェックしながら夜店を楽しみたいと思います!

トレーラーハウスは車検対応トレーラーハウスがあるので、牽引免許さえあればいつでも移動させる事が出来るんです。
なので、こういったイベント時にトレーラーハウスでお店を出店している人もちらほら見かけるんですよ!

車検対応トレーラ―ハウスはその名の通り車検を受けたトレーラーハウスなので、道路を自由に走行することが出来ます。/data/blog/archive/original/34665.jpg

ルクラの車検対応トレーラーハウスは国土交通省に認可を受け、強度検討が十分にされた安心の車台です!
この車台は住宅でいう基礎の部分に当たるので、とても重要な部分です。

車検対応トレーラーハウスは、予備車検~車庫証明取得~本車検登録というように自動車と同じ登録申請を行いご納車させて頂いております。

ルクラがお客様に安心してトレーラーハウスをご利用頂けるように責任を持って登録手続きを行っており、車検証には車名が「ルクラ」と表示されています!

ルクラが整備・点検・保安基準適合調整をして、安全に走行できる車だという証明ですね。

/data/blog/archive/original/34666.jpg
車検取得の手続きはルクラがしっかりとフォローさせて頂きますのでご安心ください。
その他、税務のアドバイスや出店地の出店可否のアドバイスなど手続きのサポートも勿論させて頂きます。
トレーラーハウスをご検討中の方、まずは是非ルクラにご相談くださいね!

2017年5月31日 09:00ルクラのトレーラーハウスのこだわり②

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

ルクラはお客様に信頼して頂き、満足して頂けるようにこだわりを持ってトレーラーハウスを製造しております。
先日ブログにも書きましたが、ご案内をする際にはお客様がイメージをしやすいように立体で見れるパース画像を使ってご提案しております。
そしてお客様がルクラのトレーラーハウスを気に入って下さり、ご契約して頂きましたらその後も必ず図面チェックをして頂きます。最終図面をお客様に確認してもらいご承諾頂いたらトレーラーハウスの製作スタートです。
ルクラのトレーラーハウスは自社内製で、熟練されたスタッフが丁寧にお客様のトレーラーハウスを製造していきます!

/data/blog/archive/original/34454.jpg

トレーラーハウスもお客様の大事な『家・店舗・事務所』です!
なので、勿論いつでも工場見学をして頂くことが出来ます。
やはり『造っている過程もちゃんとご自身の目で確認したい・・・』と思う方も沢山いらっしゃるかと思います。
お客様ご自身の目で確認して頂くことで、ちゃんと一台ずつ丁寧に躯体整備されていることが分かりご安心して頂けるかと思います。
もちろんその際には、担当スタッフが丁寧に案内させて頂きます。

また、お客様には『ここまで作業が進んでおります』という報告等、担当スタッフから随時報告させて頂いております。
なのでお客様が忙しくてなかなか工場見学が出来ない場合もご安心頂けるかと思います。

ルクラのトレーラーハウスのシャーシは国土交通省に認可を受けた強度検討が十分にされた安心のシャーシなんです。そしてお客様に安全なトレーラーハウスを提供するため各項目ごとにチェック管理を行っております。厳しいチェックの元、お客様に安心してご利用頂けると合格が出てようやく納車に至ります。
なのでご注文頂いてからすぐお客様にトレーラーハウスが納車できるわけではなく2~3ケ月ほどはお日にちを頂きます。
ですが、これは安心して長くご利用頂く為にどうしても必要な期間です。
このように安心かつご満足頂けるトレーラーハウスがご提供できるように、こだわりをもってトレーラーハウスを製造しております!

実際にトレーラーハウスを見学して頂くことも可能ですので、是非岩田の展示場にも遊びに来てくださいね!

2017年5月29日 09:00ルクラのトレーラーハウスのこだわり①

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。

最近健康の為にも身体を動かそうと思い、以前流行ったビリーズブートキャンプで筋トレを始めました!

そろそろ夏も近付き、どんどん薄着になる季節になってきたので、綺麗な腹筋がついたお腹になりたいと思い、毎日頑張っておりますがまだ腹筋のついたお腹は手に入れておりません…
やはり毎日の積み重ねが大事なんだと実感しております!

私達のトレーラーハウスに関するこのブログも積み重ねが大事だと思っており…
トレーラーハウスもだいぶ日本でも知られてきましたが、まだどんなものなのかをしっかりと理解していらっしゃる方も少ないと思うので、このようにブログやSNS等でどんどん情報を発信して沢山の方に知って頂きたいと思っております!

私たちの会社はトレーラーハウスをオーダーメイドでお造りしております。
お客様からのお問い合わせがあった際にはスピード見積り・スピードご提案を心掛けております!
そして…お客様にご納得頂けて満足して頂けるようなトレーラーハウスを提供したいと思っておりますので、トレーラーハウスのご提案は3DCGパースによるご提案をしております。

パースというのはこういったものです↓↓

/data/blog/archive/original/34450.jpg/data/blog/archive/original/34451.jpg

例えば、平面な図を見せられてもお客様はどんな感じに仕上がるのか全く想像がつかないですよね?
なので、こういった立体的に見れるパースを使用してお客様にトレーラーハウスのイメージをして頂きやすいようにしております。

因みにこの画像は色んな角度から見る事が可能ですので、「もう少し左側から見たい」「もう少しこの部分に寄って見てみたい」・・・といった事も勿論可能です。

「床の色をもっと濃くしたらどんな感じなのか」「ここの壁紙を変えてみたい」・・・といったこともパース上で変更して見て頂くことが可能ですので、イメージが沸きやすく理想のトレーラーハウスに近づけると思います。

勿論ご提案は無料でさせて頂くのでご安心して色々要望して頂ければと思います!

 

ご満足頂けるトレーラーハウスをお客様の元にお届けできるようにご提案の段階から、お客様の目線に合わせたプランニングときめ細やかなサービスを目指しております。
まだまだルクラのトレーラーハウスに対するこだわりがございますので次の機会にお話しさせて頂きますね!

2017年5月27日 09:00もう家はいらない、買えないという方に 土地、建物込みで月々約3万 タイニーハウスという選択肢

 お知らせ

清々しい五月ですが、ここ数日早くも夏日が続いていますね。
まもなくやってくる湿気の多い蒸し暑い夏に向けて、今のうちに夏バテをしない体調に整えたいと思い、先日増えすぐぎたキダチアロエをはちみつ漬けにして貰いました。

トゲだらけでやや毒々しいアロエが文字通り「一皮剥けて」?透明で涼しげに、水に晒すと苦味もどこへやら、ヨーグルトに合います。
ドクダミ同様、地植えにすると増えすぎるのがやや手ごわいですが、胃腸薬ややけど薬としても重宝するので昔から家庭の健康のためには欠かせませんね。

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
先日タイニーハウス見学会のご案内をブログでアップしましたので、今回はこの「タイニーハウス」についてお話しさせてくださいね。

タイニーハウス、ないしはスモールハウス、和訳すればそのまま「小さい家」という意味です。
必ずしも決まった定義があるわけではないのですが、10㎡~の10畳前後の1~2人用のキャンプテント以上、一般住宅未満の快適で小さな家といった感じでしょうか?
テント生活ではないので、ベッドや机は無論のこと、キッチンやシャワー、トイレなどの水廻りの設備をつける事は可能です!

/data/blog/archive/original/34029.jpg
<見学会のチラシです> 

ひと昔前まではトレーラーハウス(本場アメリカではパークホーム、トラベルトレーラーと言います)やタイニーハウス=低所得者層の家というイメージがアメリカでも強かったのですが、2008年のリーマンショックの影響で住宅ローンや家賃の負担を減らし小さな家でシンプルに暮らしたいという機運が高まり、一つのムーブメント(社会的な潮流)になっています。
住宅ローンも抱えずに小さく暮らす、って私も住宅を建ててしまっていますが、憧れます。

日本も東北大震災時の東京電力福島原発事故の影響で極力消費電力を減らし、大量消費せず愛着のもてる大切なモノだけを厳選して大切に暮らす、ミニマリストと呼ばれる生活スタイルを好む若い世代が増えて来ていますね。

両者に共通しているのは、「お金がないから仕方なく小さな家に住む」という我慢ではなくて「自分の生活に本当に大切な物との距離感を意識しながら、常識に縛られて必要以上の経済的なストレスを抱え込まず心豊かに暮らす生活を優先したい」という積極的な生き方を実践していることかもしれません。
静かに大量生産、消費に頼らない生活している方々とも言えるかもしれませんね。

以前ブログで「トレーラーハウスの無限の可能性に気がついた」とお話ししたことがありますがこのようなライフスタイルをもつ方々にとってトレーラーハウスはまさにピッタリの住居スタイルの一つと言えるのではないでしょうか?

どんなところがピッタリなのか、また次の機会にお話しさせてくださいね。
それから当社の介護用トレーラーハウスの取材記事が先日5月18日に中部経済新聞の三河、静岡版に掲載されました。
よろしければこちらも是非ご覧ください。

2017年5月24日 09:00介護トレーラーハウスにこめた想い

 お知らせ

 つい先日まで若葉だった木々の緑もすっかり濃さを増し、日差しも眩しさを増してきました。

 

先日ゴミ出しに近所の公園を歩いていたら、トトト~っと不思議な音が頭上から聞こえてきました。よく見ると、黒白の縞々模様のキツツキです。忙しそうにサクラの幹をつっついていました。結構身近な環境にいるのですね。キツツキのあの独独の音はドラミングというそうですが、巣穴を作る、木の中の虫を食べるという目的のほかに音による仲間や子供への合図といったコミュニケーションという役割もあるんだそうです。ちょっとドラムセッションのようで面白いですね。

 

  こんにちは。ルクラ株式会社です。いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。前回3回にわたって敷地内に離れを増築した施工例についてお話ししましたが、今回は関連テーマ、介護トレーラーハウスについてお伝えさせて下さいね。
 

/data/blog/archive/original/33422.jpg

<チラシ表面です>

 

超高齢化社会に突入しつつある日本、身近な方の介護が必要になった場合、公的、民間を問わず施設に預けるのか、自宅で増築ないしは改築をして介護をするのか、介護は主に誰がするのか、主たる介護者はそれまでの仕事や家事分担はどうするのか等、選択肢はできるだけ多く検討しておく必要がありますね。


私は建築、住宅業界で働いてきた経験がありますが、分譲住宅の場合、多くは身内の介護を自宅ですることを想定しての間取りにはなっていません。床面のバリアーフリーでこそ昨今は標準仕様になっているケースが多いですが、手すりをつけたり、車椅子が廊下を通れるスペースや、引戸の入り口などはどうしてもプラスαのスペースが必要となっていまい、土地の狭い日本ではコスト高になってしまうからです。


例えば介護用の車椅子では標準サイズの分譲住宅の廊下幅、芯々寸法910mmでは通ることが困難です。(しんしんすんぽうと呼び、柱と柱の中心点の距離を言います、殆どの設計図はこの芯々寸法で表示されています)実際には柱材や内装材の厚みによって有効寸法は更に130mm~220mmほど狭くなるので、通りにくかったり、お尻をぶつけたりしてしまうわけです。車椅子の向きを変えることはほぼ難しいでしょう。

 

そうなると、介護に直面してそのスペースを工面しようとすれば仕方なくリビングを潰したり、それまでの居住性や快適さを我慢してリフォームをすることになってしまいます。また介護には臭いの問題が付随するのでいざ同居しようとしても、理想通りにはいかない側面も出てきます。


私には「当事者にしかわからない辛さの多い介護の現場に少しでも笑顔を増やしたい」「無駄なリフォームを減らしたい」という一貫した願いがあります。介護用トレーラーハウスであれば、車一台分のスペースがあれば、充分な快適性を維持した介護スペースを設計することが可能です。このチラシにもございますように、すぐに駆けつけられる一番近い別居スタイルなのです。
待ったなしの介護なので、入所希望施設を探したり、空きが出るまでのレンタルで状況を体感することも可能です。(月額46,000円、税別)


在宅介護でも施設介護でもない、新しい介護の形を提案するべく、今回詳しいチラシを新しく作成してみたので、よろしければ是非ご覧くださいね。

/data/blog/archive/original/33421.jpg

<チラシ裏面です>

ご関心、ご質問などございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さいね。

介護以外のトレーラーハウスに関するご質問・お問い合わせもお待ちしております

2017年5月22日 09:00タイニーハウス見学会をします!

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

6月3日(土)6月4日(日)と愛知県豊橋市岩田展示場にてタイニーハウス見学会を実施致します!

時間は10時~16時までです。

この機会に興味のある方は是非岩田展示場にお越しくださいね。

スタッフ一同お待ちしております!!

/data/blog/archive/original/34029.jpg

2017年5月20日 09:00トレーラーハウスとコンテナハウス

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

本日はトレーラーハウスとコンテナハウスについてお話をしていきたいと思います。
良くお客様からも「トレーラーハウスとコンテナハウスってどう違うの?一緒に見えるけど…」
というお言葉を頂きます。/data/blog/archive/original/33833.jpg

確かにどちらも・・・

◎移動させることができる

◎通常建築に比べると短期間で施工することが可能

◎ローコスト

◎鋼板で造られているため頑丈で地震にも強い

といったように似ているように思われがちです。

 

ですが、よーく見てみると実は結構違うんです。
まずコンテナハウスも移動は出来ますが、設置の際にはまずクレーンで釣り上げる必要があります。
その点トレーラーハウスは構造物に車輪がついているため、牽引免許さえ持っていればトレーラーハウスの重量にもよりますが、いつでも牽引して移動させることが出来ます。
(横幅が2.5m超えるものは特殊車両通行許可が必要です)

また、トレーラーハウスは車両扱いとなるため建築確認の手続きが不要ですが、コンテナハウスの場合は建築確認申請が必要となります。
↑ここが一番トレーラーハウスとコンテナハウスの大きな違いかと思います!!

そして、トレーラーハウスは車輪のついたシャーシが土台となるため、基礎工事が不要で設置場所にそのまま設置が可能ですが、コンテナハウスの場合は基礎工事が必要となります。

また、コンテナハウスの外壁は鉄板なので、直に外部からの熱の影響を受けます。そのため、雨風や日差しによるダメージでメンテナンスが必要になってくることがございます。
気密性が高い反面、湿気なども逃しにくいので結露対策も必要になります。
ルクラのトレーラーハウスは、外壁は耐久性と犠牲防食機能を兼ね備えたガルバリウム鋼板を利用しております。
また、湿気対策としてルクラは透湿防水シートを外面一面に貼り、窓ガラスもペアガラスを採用しております。
ちなみに透湿防水シートとは水は通さず湿気は通す性質を持つシートで、壁内の湿気を積極的に屋外に排出し、壁内の結露を防ぐ効果があります。
ペアガラスはガラスが二重になっており、複数枚のガラスと密閉された中間層により、光の透過性を保ちつつ、断熱効果を得られるんですよ!

見た目は確かに似ているトレーラーハウスとコンテナハウス、実はよーく見てみると結構違うんですよ。

トレーラーハウスについてもっと知りたいな・・・と思った方は是非お気軽にご連絡頂ければと思います!

 

2017年5月17日 09:00トレーラーハウスについて、お客様が気になる話!?

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。
本日はトレーラーハウスについてちょっと掘り下げた話をしていきたいと思います。

『トレーラーハウスも設置したい場所で建築すればいいんじゃないの?』と思う方もいらっしゃるかと思いますがそれは出来ません。
設置したい場所で建築・・・となるとそれは建築物扱いとなってしまいます。
市街化調整区域等、場所を選ばずに設置するためにはトレーラーハウスはあくまでも車輪のついた『車』である必要があります。トレーラーハウス=車となることで、地盤改良や基礎工事も不要で市街化調整区域にも設置が出来ます。

また、車両扱いになることで建築物としての建ぺい率や容積率などの法的規制もありません!

なので、トレーラーハウスは完成後に必ず設置したい場所へ移動させることを前提として造らなければいけません。

・・・という事は軽くて丈夫な素材でトレーラーハウスを造らないと、移動するときにトレーラーハウスに負担がかかってしまいますよね?
なので、ルクラのトレーラーハウスの構造は軽量鉄骨造で出来ています!

/data/blog/archive/original/33831.jpg

軽量鉄骨は木材と比べて軽く、反りや狂いが出にくい部材であるため、品質にムラが出にくいのです。また、シロアリなどの害虫対策、結露による建材の劣化対策も不要です!

また、常に雨風にさらされている外壁や屋根は耐久性に優れたものが良いですよね。
/data/blog/archive/original/33832.jpg
ルクラのトレーラーハウスの外壁や屋根は耐久性に優れたガルバリウム鋼板を使っております。

ガルバリウム鋼板って初めて聞く方が多いと思います。
ガルバリウム鋼板とはアルミニウムと亜鉛・シリコンからなるアルミ亜鉛合金めっき鋼板です。
アルミニウムの特徴である耐食性・加工性・耐熱性・熱反射性と、亜鉛の特徴である犠牲防食機能により従来の鋼板よりもさらに耐久性に優れ、あらゆる用途に対応できる画期的な鋼板なんですよ!

亜鉛鉄板の犠牲防食機能とアルミニウムの長期耐久性を合わせ持つことで、亜鉛鉄板より3~6倍の寿命が期待でき、特に酸性雪や酸性雨、海岸地域で威力を発揮します。

そして、亜鉛鉄板と比較して太陽光も反射しやすく、表面温度・屋内温度も高くなりにくく断熱負荷を軽減できます。また、層中のアルミニウム含有率が高いので耐熱性にも優れています!
さらに、同じ耐食鋼材として広く使用されているステンレス鋼板に比べてコストも抑えられます。

ルクラのトレーラーハウスはこのように頑丈な素材で出来ているので移動も安心なんです!

 

また、『トレーラーハウスは移動できる事が前提と書いてあるけど、こんな大きいトレーラーハウスが道路を走るの?』と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

トレーラーハウスですが、車検対応トレーラーハウスの場合は道路を走れる大きさをクリアしており、公道を自由に走行が出来るため、国土交通省自動車局の審査に合格し安全に走行が出来る車として自動車検査証を交付してもらう必要があります。自動車検査証を交付してもらうことにより、道路を自由に走行出来るようになります。

事務所タイプと戸建てタイプのトレーラーハウスなどの中で横幅が2.5mを超えるものは、道路を走れる大きさの制限を超えており自動車検査証を交付することはできません。なので移動する際には特殊車両通行許可を取り道路を走行させます。
この特殊車両通行許可とは、基準超える大きさの車両の通行にあたって道路構造の保全又は交通の危険防止のために必要な条件を附して許可をするものです。
この特殊車両許可を取ることで、完成したトレーラーハウスを設置したい場所へ移動させる事が出来るようになるのです。

 

お客様の気になること、疑問に思う事がございましたら丁寧にご説明させて頂きます。
お気軽にご連絡くださいね!

2017年5月14日 09:00トレーラーハウスの広さって?

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。

土日も展示場でお待ちしておりますので、是非お時間のある方は岩田の展示場にも遊びに来てください。

 

さて、トレーラーハウスのお話に行きたいと思います。
これまでトレーラーハウスについて色々ブログでお話をしてきましたが、今日はトレーラーハウスの広さについてお話をしていきたいなと思っております。
トレーラーハウスの中って実際どれぐらいの広さなのか気になりませんか?『○m×○m』と記載があって想像してもいまいちどれぐらいの広さなのかって想像しにくいかと思います。

ルクラにはトレーラーハウスの種類も車検対応タイプ・事務所タイプ・戸建てタイプと用意させて頂いており、車検対応タイプは三種類のタイプをご用意しております。

車検対応タイプの一番小さいタイプ(iBOX5700)のもので幅2.5m長さは5.7mとなります。
これを皆さんが馴染みのある何畳かで考えると約9畳ほどの広さになります。
一番小さいタイプのものでも9畳もあるんですよ!
私が子供の時の勉強部屋はこんなに広くなかったです…!

次に小さい真ん中のタイプ(iBOX8260)で約12畳、一番大きいタイプ(iBOX11000)で約17畳もの広さとなります。
17畳と言ったらリビングほどの広さはありますよね?
かなり広いですよね。

しかもこの広さで車検対応タイプのトレーラーハウスなので、牽引免許さえあればいつでも設置場所を移動させることが出来ます。

 

事務所タイプ(LJ11)と戸建てタイプ(LS11)はなんと・・・約21畳もあるんですよ!
なのでかなり室内も広くて快適かと思います。

/data/blog/archive/original/33645.jpg
この広さがあれば、自分の趣味や資格を活かしたお店を開業したり、自宅の離れやセカンドハウスとしてご利用ご利用頂くのに十分ではないでしょうか!?

岩田の展示場でも車検対応トレーラーや事務所タイプのトレーラーハウスを実際にご見学頂くことも可能ですので、是非一度足を運んで頂けたら嬉しい限りです。

また、ご不明な点などもお気軽にお問い合わせ下さいね!

2017年5月12日 10:00地元のケーブルテレビの取材が入りました③

 お知らせ

ゴールデンウィーク、早くも終わってしまいましたね。豊橋公園でのイベントには100人を超えるお客様にお越し頂き
ありがとうございました!
豊橋は比較的晴天に恵まれましたが前半は晴天かと思うと、突然天気が豹変、雷や雨が降ってきて、季節の変わり目を実感する日々でした。

この雷、人間にも怖いですが、犬はさらに怯えるそうですね。
知人の元看護士さんはペットの犬が怖がるので聴診器で図ったところ(すぐに出てくるのがさすがですね!)心拍数が150にも到達していたそうです。
心拍150というと、人間では走った後の心拍数でしょうか?
小型犬の標準心拍数は60~120なので150はかなりの緊張状態だそうです。
皆さんのワンちゃんやネコちゃんは大丈夫でしたか?

こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつも当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
前回に続き、三世代の離れの増築についてもう少しお話しさせて下さいね。

親世代の離れとして増築された場合、その後のご家族の状態によっては介護仕様に変更を希望される場合もあるかもしれません。
トイレに手すりをつけたり、床材を拭きやすく、滑りにくいものに変更したり。
また入り口の階段を手すりのついたより安定感があり、段差の緩やかなものに変えるなどの変更もあり得ますね。

 /data/blog/archive/original/33744.jpg

このような仕様変更、基本的に住宅でできる介護仕様変更はトレーラーハウスでも対応可能と考えて頂いて結構です。
それに加えて現在のトレーラーハウスを売却して、予め介護仕様のトレーラーハウスを新規に購入することも、設置する場所を移転させることも可能です。

介護はある日突然やってくる、とはよく言われるところです。
その際より気軽に、簡単に介護設備が整えられる一選択肢としてルクラのトレーラーハウスもお役にたてれば幸いです。

とはいえ、できるだけ家族への思いやりとして介護頼みにならない健康状態を一日でも長く維持したいもの。
早起きも辛くない、爽やかなこの時期に是非ウォーキングやジョギングを生活の一部に取り入れてみたいですね!

離れの増築や介護トレーラーハウスなどにご関心あれば是非今月一杯ティーズ豊橋さんが放映中の番組「ぐっじょぶ!」(月、水、金午後1時半~、7時15分~など一日に何回か放映されます)をご覧くださいね。

番組放送の曜日、時間などはこちらからどうぞ↓
http://www.tees.ne.jp/tees/

2017年5月10日 09:00賃貸にも是非トレーラーハウスを!

 お知らせ

こんにちは、ルクラ株式会社です。

つい最近2017年になったと思ったら・・・あっという間にゴールデンウィークに突入してもう5月ですね!
梅雨に入る前で気候も良い5月が一番お出掛けにも最適で過ごしやすい季節だなぁと思います。
この会社に入ってから、運転している時やイベントに遊びに行った際にトレーラーハウスを発見すると嬉しくなります。
パッと見コンテナハウスとトレーラーハウスって見分けがつかないと思いますが、車輪がついている・ナンバーがついている・シャーシがある・・・という感じで、全然違うのでわかると結構面白いですよ!
是非皆さんも街に設置してあるトレーラーハウスを探してみてくださいね。

本日はトレーラーハウスの新しい活用方法として賃貸物件としてのトレーラーハウスもおススメしたいと思いブログを書かせて頂きました。

 

土地があるから相続税対策に何かしたい・・・と思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?
土地を相続する場合も相続税は発生しますもんね。
そこで賃貸経営を・・・とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

 

トレーラーハウスを利用した借家であれば、賃貸でも戸建て住宅の様な暮らしが出来ます。
集合住宅ですと、音や声に注意しなければいけなかったり・・・と気を使うこともありますよね。
隣の部屋を気にすることなく快適に過ごせるので入居者様にとっても大きなメリットがあります!

そして、経営者様にもメリットがあります。
トレーラーハウスを利用すれば簡単な基礎工事で設置が出来ますし、もし賃貸経営を辞めるという際にはマンションやアパートのように取り壊しの必要がありません。
トレーラーハウスに関してはそのまま売却することが出来るからです!
(トレーラーハウスは中古の需要も高く、高値での売却が期待出来ます)
※もちろん融資を受けている場合は銀行さんに相談してくださいね。

ルクラ株式会社では大手不動屋さんとコラボしており、家賃保証もご安心下さい。

相続税対策に不動産経営を・・・とお考え中の方、全く新しい土地活用方法として様々なアドバイス・サポートをさせて頂きますので、是非一度ルクラにご相談ください。
お客様にあった土地の活用のアドバイスをさせて頂きます!

 

/data/blog/archive/original/33644.jpg

トレーラーハウスに関するご相談・ご質問もお気軽にご連絡下さいね

2017年5月8日 09:00ルクラのオリジナルトレーラーハウスKUTURO木その③

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。
進級、進学、入社など・・・新生活が始まった方、新しい生活には慣れましたか?
新しい生活は楽しいこともいっぱいですが、慣れないこともあったりして気疲れすることもありますよね。
疲れを癒してくれる空間って自分のお部屋ではないでしょうか?

ルクラはトレーラーハウスにも癒しの空間を造りあげたいと日々思っております。
そんな想いから出来上がったKUTURO木の話の続きをしていきたいと思います。

今まで、木材、接着剤、塗り壁とこだわりの自然素材のお話をして来ましたが本日は壁紙のお話をしていきたいと思います。

KUTURO木の壁紙は麻・綿等の生地で織り上げた自然素材の壁紙を使用しております。

/data/blog/archive/original/33631.jpg

化学物質は様々なものがありますが、住宅建材の中でも面積が大きい壁紙にはこだわりたい・安全かつ自然なものを使用したいと思う方は多いのではないでしょうか。
化学物質汚染の問題を改善するために、通常の壁紙において行われている薬品処理をしない織物壁紙を使用します。
この壁には通気性・調湿性・吸音性も備えており安心して壁紙にご使用して頂けるかと思います。

また、壁紙の接着剤には人と環境にやさしいデンプン糊を使用しております。

/data/blog/archive/original/33632.jpg

織物と壁紙を張り合わせる接着剤は一般的に酢酸ビニール系のものが使用されますが、その接着剤に含まれる可塑剤は環境ホルモンとの因果関係が大きいと言われています・・・

KUTURO木の壁紙はお客様によりご安心いただけるように可塑剤の使用しない接着剤を利用しております。

徹底した安全かつ自然な健康素材を使用しているのがこの『KUTURO木』の特徴です。

そして、お客様に知って頂きたいのが、これまで紹介してきた健康素材がブッフェスタイルで使い放題という事なのです!

お客様の要望に合わせて

『こっちの壁は琉球塗り壁にしよう』『洗面台のスペースはミネラル珪藻土の壁にしよう』など・・・

お客様のお好きなように使って頂けるのでプラス料金などは頂きません。

料金を気にすることなく使えるって嬉しい事ですよね。

お好きなように組み合わせることにより、ご自身の理想の癒しの空間が出来上がるのではないでしょうか。

 

お客様からのご要望・相談に親身になって耳を傾け、それを実現できるように努力したいと思っております。
住まいる介護トレーラーハウス絆ファンドも同じでお客様のお声から出来上がった介護トレーラーハウスです。
在宅介護のお悩みを解決できるようにこちらのトレーラーハウスの開発を致しました。
クラウドファンディングの出資者様もまだまだ募集しておりますので、応援して下さる出資者様よろしくお願い致します下矢印

https://www.securite.jp/fund/detail/3281

トレーラーハウスに関するご質問もお気軽にお問い合わせ下さい!

2017年5月6日 09:00ルクラのオリジナルトレーラーハウスKUTURO木その②

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。

先日ブログでお話しましたルクラオリジナルのトレーラーハウス『KUTURO木』のブログは読んで頂けましたでしょうか?

本日は『KUTURO木』の話の続きをさせて頂きたいと思います。
一人でも多くの方にKUTURO木に興味を持って頂き、トレーラーハウスの事も知りたいと思って頂けたら嬉しいです。


KUTURO木の特徴は健康素材にこだわって造られており、素材にこだわっているのは木材だけではありません。
塗り壁にもこだわりを持っております!塗り壁は二つの健康素材を用意しております。

①ミネラル珪藻土の塗り壁

②珊瑚の琉球塗り壁 です。

/data/blog/archive/original/33630.jpg

まずはミネラル珪藻土から説明していきたいと思います。

ミネラル珪藻土は、ミネラル成分の粘土と天然白色珪藻土で出来た塗り壁です。
天然ミネラル成分が呼吸をするように湿気を吸ったり吐いたりします。

最近珪藻土バスマットとかも販売されているので、皆さんも珪藻土を身近に感じるようになったと思います。
珪藻土というのは、藻類の一種である珪藻の殻の化石から出来ており、耐火性と断熱性に優れています。実は、昔からその高い保温性と程よい吸湿性を生かして壁土に利用されてきました。

近年自然素材への関心が高まってきた事により、壁土への利用用途が見直されて、また脚光をあびています。
塗り壁にミネラル珪藻土を使用することで・・・

タバコの臭いやペットの臭いといった生活臭を効果的に吸着して再放出しません。
また、深刻な健康被害を及ぼす食中毒菌の繁殖も抑えることが出来ます。
そして遠赤外線効果によって血行促進や体温上昇、免疫力アップなどの効果も得ることが出来ます。

天然ミネラル素材でお部屋を快適に保とうとします。


つづいて珊瑚の琉球塗り壁についてお話していきましょう。

珊瑚の琉球塗り壁に使われているサンゴはサンゴと言っても何十万年以上も前に化石になったものを使用します。(許可されており、自然環境の破壊とは無関係です)

化石になったサンゴは有機成分は全部なくなりミネラルになり、特に炭酸カルシウムが約90%あります。

琉球塗り壁を使用することで・・・

揮発有害物質の吸着に効果があり、室内の不快な湿気対策にも役立ちます。

消臭効果もあるのでアンモニア臭など嫌な臭いを減少させます。

断熱効果にも優れており暑さ対策にも有効です。

また珊瑚にはマイナスイオン発生効果があります。

 

/data/blog/archive/original/33629.jpg

こだわりの健康素材をお客様の希望に合わせて使用出来ます。
塗り壁だけでなく壁紙もこだわっておりますので、それはまた次のブログにてお話しますね。

 

健康で自然素材に囲まれた生活がしたい

安心できる素材を使用した家に暮らしたい

暮らしの支えとなる空間だからリラックスできる場所にしたい

 

こういったお客様の声を参考に造られたのがこのトレーラーハウス『KUTURO木』です。
お客様の目線で、お客様と一緒に希望のトレーラーハウスを造りあげたいとルクラ株式会社は思っております。
引き続きクラウドファンディングの出資者様も募集しておりますので、当社の趣旨にご賛同下さり応援して下さる出資者様のご登録お待ちしております下矢印

https://www.securite.jp/fund/detail/3281

2017年5月4日 09:00ルクラのオリジナルトレーラーハウスKUTURO木その①

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。

 

当社の豊橋市岩田の展示場では健康素材をふんだんに使用した『KUTURO木』というトレーラーハウスを展示しております。

 

こちらのトレーラーハウスは車検対応型のトレーラーハウスとなっております。
実際に展示場でご覧頂くと分かるかと思いますが、『これが本当にいつでも牽引で移動できるの?!』と思う位中も広々としております。

/data/blog/archive/original/33624.jpg

こちらのトレーラーハウスもお客様の声から生まれたトレーラーハウスです。
食べ物や水に出来るだけ気を使い、健康に過ごしたいと心掛けている方が増えているこの時代。
家というのは毎日の暮らし必要なもので、その家をこだわりたいと思っていらっしゃる方も増えて来ているのではないでしょうか?

そういった『家族が健康であるように自然なものにこだわりたい』『生活する場所では健康で身心共にリラックスしたい』という声から生まれました。

このKUTURO木の凄いところは、木材にこだわっているだけでなく施工に必要な糊にまでこだわって造られているという事です。

せっかくオリジナルのトレーラーハウスとして展示させて頂いているので、またこのブログでクローズアップしてお話したいなあと思っております!


まず、木材のお話からして行きましょう。

こちらのトレーラーハウス、木材は無垢材を使用しております。

無垢材って何??と初めて聞く方もいらっしゃるかと思います。

無垢材というのは自然の木そのもので、使用する形状で切り出した木材の事を言います。

天然木本来の風合いを持ち、室内の強度や防火性能、断熱保温性、吸音効果、調湿能力等優れた特性を持っております。また、使い込むほど味わいが出てくるというのも無垢材の特徴です。

ルクラのKUTURO木は、無垢材でも産地にこだわった「杉」や「檜」を使用しております。

(檜は奈良県吉野檜の木を、杉は宮崎県の飫肥杉を使用しております。)

/data/blog/archive/original/33625.jpg

そして、内装壁のカラーリングは自然の木目を活かしてカラーリングしております。
木目を活かした内装にすることで、より温かみを感じて癒しの空間になるかと思います。

/data/blog/archive/original/33626.jpg

床は浮造り加工といって、木材の柔らかい部分を磨いて、木目の部分を立体的に浮き立たせることにより、木ならではの味わいをより深めて適度な滑りにくさを実現しております。
また、自然な凹凸によって傷がついても目立ちにくいという利点もございます。

/data/blog/archive/original/33627.jpg

また、こちらの100%自然素材の接着剤はシックハウスの原因となる有害化学物質を使わない安全な接着剤です。接着後の強度も良好で、防水性にも優れた接着剤となっております。また、抗菌・防カビ作用があります。

他にも健康にこだわった素材でKUTURO木は造られておりますので、またご紹介していきたいと思います。

このように『住まいる介護トレーラーハウス 絆ファンド』や『KUTURO木』など・・・

お客様の声に耳を傾けて、そのご要望に合わせたトレーラーハウス造りが実現できるように努めていきたいと思っております。

 

2017年5月2日 09:00地元のケーブルテレビの取材が入りました②

 お知らせ

ゴールデンウィーク真っ最中ですね!
皆さんはご旅行、家族でお買い物等様々な予定を満喫されていらっしゃることと思います。
今年は昨日・今日が休めれば9連休になる方もいらっしゃるので海外の旅行の方も多いかもしれませんね。

何もご予定がない!とぼやいている方、是非愛知県豊橋市にあるルクラの本社近くの豊橋公園で
5月4日、5日に行われるピースディというイベントに足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
心も体も元気に、平和になれるような雑貨や飲食店ブースが並んでいます。

ルクラ住宅事業部のキャルムもブース出店しております。
今回はこだわりの健康素材、珊瑚(サンゴ)の塗り壁材を使用したお子様向けのワークショップを予定しております。繁華街に出かけて渋滞や待ち時間にクタクタになってしまうより
緑豊かな公園で安くても美味しいものを食べて遊んでゆったりとした一日も素敵ですよ!

↓ピースディ豊橋の案内サイトはこちらからどうぞ。
http://zakkaworld.wixsite.com/peaceday2017

またルクラの展示場はゴールデンウィーク期間中も休まず営業しておりますので、ぜひお立ち寄りください!
/data/blog/archive/original/33413.jpg


こんにちは。ルクラ株式会社です。
いつもルクラのブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
前回お伝えした愛知県碧南市の施工現場についてもう少しお話しさせて下さい。

こちらの納車は豊橋ケーブルテレビ ティーズさん撮影立ち合いのもと行われました。

こちらは車検対応型ibox5700というシリーズです。
敷地内で離れ増築をご検討されていた時に偶然当社のトレーラーハウスの納品現場を
ご覧になったことがきっかけとなり、ご購入頂きました。

/data/blog/archive/original/33424.jpg
  
こちらは現場を納車時に撮影した写真ですが、母屋の色調と一体感のある外壁を選ばれているので、
トレーラーハウスといってもあまり違和感がないのではないでしょうか?
床下にタイヤのついた外観に馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、
地震災害時に揺れを吸収するので、かなりの免震装置機能を発揮するのですよ!

お施主さんは以前から息子さんご夫婦にご配慮されて同敷地内別棟での増築をご検討されていました。
一般的な家屋の増築とは異なり基礎工事、不動産登記、建築申請、設計費などの諸費用がかからない上、
基本的に同じ広さの建築物増築と比べて固定資産税も加算されません。
このような経済的メリットに加えて、もしご不要になった場合には簡単に撤去、
売却できる流動性の高さがトレーラーハウスのご購入決定の大きな要因となられたようです。

/data/blog/archive/original/33427.jpg
住まいとしてのトレーラーハウスにご関心のある方は是非ルクラまでお気軽にお問い合わせ下さいね!

-----------------------------------
-----------------------------------
ルクラ株式会社
社団法人 日本トレーラーハウス協会会員
古物商許可 愛知県公安委員会 第543951103100号
〒440-0806
愛知県豊橋市八町通2丁目17番地八町通ビル2階
TEL:0532-87-4013 FAX:0532-87-4010
E-mail:info@lukura.com
http://www.lukura.jp
http://www.lukura.com
------------------------------------
-----------------------------------

2017年5月1日 09:00地元のケーブルテレビの取材が入りました①

 お知らせ

5月になり、日に日に若葉が濃くなってきましたね。日によってまだ冬物のコートが手放せなかったり、はたまたスプリングコートでも汗ばむような陽気だったり。先日各地では早くも30度近くの猛暑日を記録、年々冬が終わると突然夏がやってくるような気がします。

こんにちは。ルクラ株式会社です。いつもルクラのブログをお読み頂き本当にありがとうございます。

先日愛知県豊橋市の地元のケーブルテレビ「ティーズ」さんの取材がありました。放送は5月以降だそうですが、ルクラが他のトレーラーハウスメーカーに先駆けて始めた介護トレーラーハウスのクラウドファンディング商品及び介護機能に特化したトレーラーハウスについてご関心を持って頂けたのかなと嬉しく思っております。

 

/data/blog/archive/original/33425.jpg


取材中、同行取材として納車した現場は愛知県碧南市。お施主様は息子さんご夫婦と同じ屋根の下で気苦労をさせては申し訳ないと、自ら同敷地内での別棟増築をご検討されていたそうです。

よく3世代の同居に「スープの冷めない距離」といいますが、日常の様々なシーン(例えばお風呂にうっかり着替えを持ってくるのを忘れた!とか今日はどうにもだるくて寝巻から着替えられないとか?)でこの姿はお互いには見せられないって時がありますよね。でも平日は多忙でも週末は一緒に食事をしたいとか、孫が帰る時に鍵をまだ持たせられないとかの時に敷地内に身内がいるのとそうでないのとは安心感が全く違いますよね。お互いのプライバシーを確保しつつも、身内としての連帯感もあるという距離感が「スープの冷めない」距離なのでしょうね。改めて言い得て妙な表現だと思います。

このお施主様がまさにその距離感を求めて敷地内の増築を考えられていた矢先でした。丁度とある高速道路のサービスエリアでルクラの納車現場に居合わせたのだそうです。「今何をしているんですか?」「トレーラーハウスの納車をしております」という初対面同士の会話のキッカケからご契約の運びとなったのでした。しみじみ有り難いご縁だなぁと思います。その現場ですぐに問い合わせて下さるお施主様のフットワークの良さも感謝します!

敷地があるのなら、普通に増築すれば良いのでは?と思われているそこのあなた!都市計画法等で建ててよい建物の大きさ(建ぺい率)規制などがありますし、建て坪は一定の広さを超えるとかなり固定資産税が上がるのをご存知ですか?!その点建築物扱いにならないトレーラーハウスの離れならば固定資産税はかからないで済むのです

/data/blog/archive/original/33426.jpg
意外に思われるかもしれませんが、これもトレーラーハウスの室内です。

実際にどんな施工現場となったのかはまた次回にご報告させて頂きますね。

-----------------------------------
-----------------------------------
ルクラ株式会社
社団法人 日本トレーラーハウス協会会員
古物商許可 愛知県公安委員会 第543951103100号
〒440-0806
愛知県豊橋市八町通2丁目17番地八町通ビル2階
TEL:0532-87-4013 FAX:0532-87-4010
E-mail:info@lukura.com
http://www.lukura.jp
http://www.lukura.com
------------------------------------
-----------------------------------

2017年4月30日 09:00ちらしができました!

 お知らせ

住まいる介護トレーラー「絆」のちらしができました!
これから広報活動もどんどん進めていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします!
ちらしがご入用の方はお気軽にお問い合わせください。
/data/blog/archive/original/33422.jpg

/data/blog/archive/original/33421.jpg

-----------------------------------
-----------------------------------
ルクラ株式会社
社団法人 日本トレーラーハウス協会会員
古物商許可 愛知県公安委員会 第543951103100号
〒440-0806
愛知県豊橋市八町通2丁目17番地八町通ビル2階
TEL:0532-87-4013 FAX:0532-87-4010
E-mail:info@lukura.com
http://www.lukura.jp
http://www.lukura.com
------------------------------------
-----------------------------------
 

2017年4月29日 09:00ルクラ創業のきっかけ

 お知らせ

こんにちは。ルクラ株式会社です。
当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
前回のブログで22年以上建築業界、不動産業界にいたとお伝えしましたが
今回はなぜそこからトレーラーハウスの会社を起業したのかについてお話しします。
/data/blog/archive/original/33420.jpg
私は以前不動産建築業界でアパート経営の営業や住宅の販売をしておりました。
しかし営業を続けていくにつれてアパート経営に疑問を抱き始めました。
アパートは建てるのに借金、こわすのにも借金、、、。
いくら相続税対策とはいえせっかくの資産をマイナス運用のために持っているのではあまり意味がないのではいか、
アパート経営の有用性は理解しつつも、お客様に提案することにためらいを感じるようになりました。

大切なお客様に、より納得して頂ける何か別の提案方法があるのではないかとの思いを抱きつつ転職、
一般住宅の営業、施工をしていた頃だったでしょうか。
当時の会社の社長がトレーラーハウスを実際に見る機会を与えてくれました。
 
それまで殆どトレーラーハウスを見たことはなかったのですが、アメリカから直輸入された家具付きのそれは、
私にとってはまさにカルチャーショックでした!
賃貸スペースに比べて狭くて、使い勝手の悪かろうトレーラーハウスのイメージを一新してしまう、快適な空間。
あまりの衝撃に同行していた社長はその場で一台、購入契約をしてしまったほどでした。
/data/blog/archive/original/33419.jpg
なぜサラリーマンからあえて資金繰りなどストレスの多い起業家の道を選んでしまったのでしょうか。
自分でも不思議ですが 、それは過去の(資産運用や立地選定の難しさ等)経験から
建築物で行き詰っていた部分においてトレーラーハウスの無限の可能性に気がついたからだと思います。
 
実際にルクラ起業時、トレーラーハウスを最初の事務所に使ってみて、
初期コストが少なくおさえることができたので過剰な借金をせずに済みました。
この精神的な負担の少なさは実に有難いと実感できましたし、
実体験からも自信をもってより親身にお客様に提案できると思うのです。

-----------------------------------
-----------------------------------
ルクラ株式会社
社団法人 日本トレーラーハウス協会会員
古物商許可 愛知県公安委員会 第543951103100号
〒440-0806
愛知県豊橋市八町通2丁目17番地八町通ビル2階
TEL:0532-87-4013 FAX:0532-87-4010
E-mail:info@lukura.com
http://www.lukura.jp
http://www.lukura.com
------------------------------------
-----------------------------------

2017年4月28日 15:27はじめまして。ルクラ株式会社です。

 お知らせ

はじめまして。ルクラ株式会社です。
当社のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。
/data/blog/archive/original/33414.jpg
当社は平成23年設立の若い会社ではございますが、22年以上建築業界、
不動産業界で培ったノウハウを活かしつつトレーラーハウスの製造販売に特化し、
より高品質でデザイン性のある環境に配慮したトレーラーハウス造りをめざしております。

ところでトレーラーハウスを見たり聞いたりした事がありますか?
ぼんやりと、動く大型の車?とかキャンピングカーみたいなものをイメージされるでしょうか?
日本ではまだ歴史は浅いのですが、欧米では80年来の歴史があります。
幌馬車に家財道具を詰め込んで開拓地を家族で移動していた姿にそのルーツがあります。
アメリカ映画にも時々登場しますね。
 
トレーラーハウスは見た目もつくりも建築に近いものですが、建築物ではなく車両扱いとなります。
その為車輪がついていますが、キャンピングカーのような動力はないので、
納品される時は四駆の自動車で牽引移動させます。
「ナニ?家ごと、事務所ごと動く!?」 はい、なかなかインパクトのある光景ですよ。

 /data/blog/archive/original/33416.jpg
↑こちらの写真は当社の豊橋市内の多米工場で製造したトレーラーハウスが納品される時の写真です。サイズにもよりますが普通の四駆自動車でも牽引が可能です。

ルクラ株式会社では、このようなトレーラーハウスを製造・販売しております。
愛知県豊橋市の岩田展示場ではいつでもトレーラーハウスを実際にご見学頂けますので
お気軽にお立ち寄りください。

/data/blog/archive/original/33413.jpg
 
-----------------------------------
-----------------------------------
ルクラ株式会社
社団法人 日本トレーラーハウス協会会員
古物商許可 愛知県公安委員会 第543951103100号
〒440-0806
愛知県豊橋市八町通2丁目17番地八町通ビル2階
TEL:0532-87-4013 FAX:0532-87-4010
E-mail:info@lukura.com
http://www.lukura.jp
http://www.lukura.com
------------------------------------
-----------------------------------


このファンドを申込む

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス