ファンド詳細受付中

オリーブ薬局 青パパイヤファンド

健康促進・美容・ダイエットの新常識!?青パパイヤのお茶を贈呈

一口金額16,200円 申込状況受付中
地域愛知県 みよし市
岡山県
参加人数 15人
分野食品製造、酒 募集総額3,150,000円
募集期間2017年3月17日~
2017年9月29日
シリーズいいね!あいち応援ファンド
特典
1口につき、青パパイヤ緑茶を含むパパイヤ関連商品(入浴剤や洗剤など)3,000円相当(送料・税込み)の詰め合わせをご送付いたします。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 オリーブ薬局 青パパイヤファンド
営業者 有限会社モリ薬局
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 3,150,000円 (210口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 16,200円/口 (内訳:出資金15,000円 取扱手数料1,200円)
(上限口数:66口)
募集受付期間 2017年3月17日〜2017年9月29日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 本匿名組合契約事業が開始した日の翌月1日から2年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
報告日 決算日から60日以内
分配方法 第2回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
3,150,000円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

オリーブ薬局 青パパイヤファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の製造については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

17. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

19. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2017年11月末までに本匿名組合事業の対象となるパパイヤ飲料類(パパイヤジュース及びパパイヤ茶)の販売を開始できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で販売する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 開発リスク
本匿名組合事業の対象製品の開発については、開発スケジュールの進捗状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により製品化できない可能性があります。

23. 新規事業に伴うリスク
本匿名組合事業は新規事業であり、運営体制の構築、製品の安定的な調達等に予想外の時間を要する可能性があります。また、製品開発及び認知度拡大に予想外の時間又は費用を要したり、差別化が十分にできない可能性があり、売上が低迷するリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について (1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/3165/売上明細.png

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について 営業者は設立11年目の会社であり、創業以来に調剤薬局として医薬品の調剤や健康補助食品の販売を行ってきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. パパイヤ飲料類の仕入
本匿名組合契約の事業計画の対象商品については、外部委託により製造した商品の仕入を計画しております。営業者はこの点製造委託先を確保しており、商品の製造仕入を今後行う予定です。
b. パパイヤ飲料類の販売
営業者は仕入れた商品を自社の店舗及び移動販売車にて販売を行う予定です。自社店舗については既に愛知県内にて複数有しており、移動販売車については2017年夏頃には必要許認可を取得して稼働させる計画です。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×100.0%÷210口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×100.0%÷210口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×2.2%÷210口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口15,000円の出資の場合)

/data/fund/3165/sim.png

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口15,000円の出資金に対し、1口分配金額が15,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/15,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2017年3月17日~2017年9月29日
2 会計期間 本匿名組合契約事業が開始した日の翌月1日から2年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から60日以内
5 決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
6 分配日 第2回決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
/data/fund/3165/営業者概要.png

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2017年2月28日現在)
/data/fund/3165/取扱者概要.jpg
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • オリーブ薬局 青パパイヤファンド

このプロジェクトについて

「すぐ疲れる」「冷え症がつらい」「生理不順を治したい」「肥満が気になる」など、身体の悩みを挙げるとキリがありませんよね。
愛知県に「オリーブ薬局」を展開する有限会社モリ薬局は、医薬品の提供だけでなく、レストランへの漢方薬の卸し、託児所の運営など幅広い事業を展開し、お客様の悩みや生活習慣のヒアリングをしっかりとした上で一人ひとりに最適な漢方を提供しています。
 
/data/fund/3165/_X3A3968.jpg

そして、今回新たに始めるのは、『青パパイヤ』を使った商品販売です。あまり聞き慣れない名前ですが、実はこの青パパイヤ、ポリフェノールやビタミンC、強いタンパク質分解酵素が豊富に含まれており、食後の消化を助けるとともに、体内の脂肪や糖分の代謝を高める効果が期待でき、健康促進はもちろん、美容・ダイエットの手助けをしてくれるようなものすごいパワーを持っている上に、あらゆる現代社会の問題解決の鍵にもなり得るとのこと。
 
今回のファンドで出資された方には、特典として気軽に青パパイヤの成分が取り入れられる『青パパイヤのお茶』をお届けします。
一般にはまだその素晴らしさが広まっていない、全く新しい美容・健康の新常識。
薬剤師が着目した青パパイヤのパワーを、まずは実感してみてください。

代表者インタビュー

/data/fund/3165/2N2A2647.jpg
自分たちの健康は自分たちで!漢方薬アドバイザーとして活躍◆薬事法改正に伴い、WEB通販事業をスタート
薬は適量を使ってこそ、その「効果・効能」が発揮されます。
自分の病気やけがの具合に適しているか、一日に何回、どのように飲むのか、他に使っている薬との相性はどうか等、さまざまなことに考慮して使わなければならなりません。
しかし、2014年、薬事法改正により、医薬品のネット販売が解禁されました。
専門的な知識を持たない一般人がWEB上で医薬品を手に入れることができるようになり、当時、世論は賛否両論、意見が飛び交っていました。
 
愛知県みよし市に本社を構える「有限会社モリ薬局」は創業以来、処方薬を提供する『オリーブ薬局』を運営する会社。
この薬事法改正に際し、代表取締役の森道成さんは、「私たちが患者様のお悩みに積極的に乗ることで一人ひとりに適した医薬品を提供しよう」と一念発起、『Net OLIVE(ネットオリーブ)』という漢方煎じ薬の通販サイトをオープンしたのです。

/data/fund/3165/!cid_FF71B88D-2B56-4F9B-9B88-7F9FAC4807C8.jpg
↑オリーブ薬局のネット支店『漢方煎じ薬通販のNet OLIVE(ネットオリーブ)』
http://net-olive.jp/

◆本来の体内バランスを整え、治癒しやすい身体づくりを推進
『セルフメディケーション』という言葉をご存知でしょうか。
世界保健機関(WHO)は「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義しています。
 
「たとえば、西洋医学で取り扱われる抗生物質は体内の病原菌を除去するための薬で、東洋医学で使われる漢方薬は、その人の体内バランスを正常に近付ける薬。
まずは本来の自分のバランスを取り戻すことで治癒しやすい体をめざすという考え方なんです」と森さん。
 
『Net OLIVE』では問い合わせてこられたお客様とWEB上でのメッセージのやり取り、電話での接客を通してその時に抱えている悩みや生活習慣などを当社の薬剤師がヒアリング。
一人ひとりに合った漢方薬を提供しています。
「たとえば“肥満”といっても、ひとくくりにはできません。肥満症の中でも、内臓脂肪と水太りの二通りの原因が考えられ、前者には“防風通聖散(ボウフウツウショウサン)”後者には“防己黄耆湯(ボウイオウギトウ)”をおすすめしています」。

/data/fund/3165/2N2A2689.jpg
↑各店舗でも薬剤師が懇切丁寧に体の悩みや不調をヒアリングし、アドバイスをくれます。

ヒアリング後の購入率は、なんと9割。
漢方薬を医療費控除の対象外にすべきという意見もある中、森さんは「西洋医学だけでは限界があると感じています。もともと人間が持っている機能を高めたり、補ってくれる漢方薬は私たちの身体の根本的な健康促進につながると思っています。もしも漢方薬が将来的に医療費控除の対象外になったとしても、私たちがアドバイザーとしてお客様一人ひとりに合った漢方薬を提供したいと思っています」。

美容・ダイエット、健康促進に効果が期待できる青パパイヤとの出会い◆さまざまな可能性を秘めた青パパイヤに着目!
そんな森さんは、これまでに健康補助食品の商品販売にも携わってきました。
たとえば、カブ、キャベツ、ケール、コマツナ、大根、チンゲン菜、水菜などの野菜の栄養素がたっぷりつまった清涼飲料『極上発酵エキス 腸美人』や、
一般的なニンニクよりも比較的糖度が高く、疲労回復成分アリシンが豊富に含まれている黒ニンニクを採用した『熟成発酵黒ニンニク』などさまざま。
これまでの相談依頼件数は約30件にものぼります。
「“森に言ったら面白いアイディアが出てくる”と言って相談に来てくださる方が多いんです」。

/data/fund/3165/2N2A2720.jpg
↑過去に森さんが携わってきた健康補助食品は各店舗での購入が可能です。

今回森さんが挑戦するのは『青パパイヤ』の商品販売。
青パパイヤと言われても、「聞き慣れない」「ピンとこない」という方も多いはず。
しかし、聞くとこの青パパイヤ、ものすごいパワーを秘めていることが分かったんです。
 
パパイヤは、南国の代表的なフルーツとして有名ですが、未熟なパパイヤのことを『青パパイヤ』といいます。
青パパイヤには、パパイヤ独特の酵素をはじめ、18種のアミノ酸やビタミンC、食物繊維やβ-カロテンなど、さまざまな成分が豊富に含まれており、その栄養の豊富さから『メディカルフルーツ』とも呼ばれています。
パパイヤに含まれる酵素群の中には、
◎たんぱく分解酵素
◎脂質分解酵素
◎糖質分解酵素
があるため、美容・ダイエットに適していたり、調理の際にお肉を柔らかくしてくれたりと、非常に優秀な果物なんです。

◆商品第一弾は『お茶』!社長・スタッフが体感した青パパイヤの嬉しい効果
まず森さんが着目したのは青パパイヤの葉っぱ。
「葉っぱには実の3倍の酵素が含まれているんです」。
その葉っぱを緑茶と半々でブレンドしたのが『パパイヤ緑茶 吉備の宝』。
今回は、パパイヤの苗の販売促進活動を行っている岡山県の農家さんが育てた青パパイヤが使われます。

/data/fund/3165/岡山の農家.jpg
↑岡山県のパパイヤ生産農家の井上さん。

当商品が開発されて2ヶ月ほど。
その効果を実感するため、モニターの方々に協力いただきながら、森さんとスタッフも積極的にパパイヤ茶を摂取してきました。
「私が毎日飲み続けて感じたのは、身体がずっとポカポカしている、ということ。モニターや店舗スタッフからは、浮腫みが解消する、利尿作用がある、寝起きがスッキリする、疲れが取れる、血行が良くなって肩こりが解消される、といった声も多かったです」。
 
森さん曰く、今回の実験で発見した、オススメの飲み方はまず一般的なお茶と同じように80~90℃のお湯で淹れて飲む、その後、100℃のお湯で15分ほど煮出して飲む、という方法です。
「酵素は高温に弱いのですが、漢方の考え方では、100℃のお湯で15分ほど煮出すことで成分を抽出するというのが一般的。前者だけでは青パパイヤに含まれる酵素以外の成分を抽出することができないので両者でしっかり栄養を抽出して楽しむことをオススメします」。

/data/fund/3165/_X3A4006.jpg
↑若干強めの渋味が特徴の『パパイヤ緑茶 吉備の宝』

まずは当社が愛知県内に4店舗運営する『オリーブ薬局』の店頭、新たに導入する移動車、親交のある医者の医院開業内覧会などで、薬剤師自らが青パパイヤの魅力をアピール、販売します。
「大手スーパーへの卸売り販売も視野に入れています。
薬剤師として青パパイヤの優れた成分をしっかり広めていきたい。
お茶という日常生活に簡単に取り入れられる製品を通し、みなさんにセルフメディケーションへの意識を高めてもらいたいですね」。
今後は葉っぱだけでなく、実を粉に加工し、フルーツジュースとブレンドした飲料や、何にでもかけられる調理用の食材としての商品展開も視野に入れています。
「青パパイヤの実は無味なので、さまざまな使い道があるんです」。
森さんの商品展開のアイディアは底なしです。

現代社会の問題を解決し、笑顔あふれる社会をめざす◆高齢者雇用の受け皿、耕作放棄地の解消で、少子高齢化社会に一手
社会のセルフメディケーションへの意識の向上をめざして事業を進めてきた当社。
しかし、森さんは、今回の青パパイヤ商品の販売の目的はそれだけに留まらず、「地方に住む高齢者の雇用の受け皿や、耕作放棄地の解消につなげたい」と話します。
 
もともと南国のフルーツであるパパイヤですが、温暖化の影響もあり、現在は日本でも簡単に育てることができます。
災害や日照りに強く、露地栽培なのでイニシャルコストも多くはかかりません。
半年ほど経てば、1本の木に50~70個ほどの実がなります。
今回使用する青パパイヤの生産者である岡山県の農家が独自開発した肥料を使えば、連作(※)をすることも可能です。
「実際に岡山県の農家さんにも視察に行きました。パパイヤの木の生命力は強く、台風などの災害で木が曲がったとしても自力で上に向かって成長していくんです」。

今回の商品販売で青パパイヤの出荷量が増えれば、耕作放棄地の活用も可能です。
「過疎化が進んだ土地が青パパイヤの生産によって蘇えれば、若い人材を集めることができ、農産物の出口づくりにもつながります」。
 
※毎年、同じ土地に同じ作物を作り続けること。
 
◆みんなが笑顔になれるなら、どんな事業にも挑戦
近年、当社では四国の薬膳レストランへの漢方薬を卸し始めました。
今後、森さんは当レストランで漢方薬の講演を行う予定です。
「食事の中から漢方薬を取り入れることで、普段から健康管理を意識するよう呼びかけたいです」。
 
健康寿命の延伸が叫ばれる中、増加し続ける医療費、少子高齢化が問題視されている現代。
「みんなが自分の身体本来の機能を高めるということは、健康寿命の延伸、保険財政の救助にも期待が持てます。そうすれば、“介護疲れ”などの問題の解消にもつながると思うんです」。
 
当社は、WEB通販と同時に託児所運営も始めています。
最初は「スタッフが働きやすくなればと思って始めたのですが、今では利用者のほとんどが地域の方です(笑)」。
地域の方に愛されながらも、森さんの頭の中では社会全体の問題解決への道筋がしっかりと組み立てられています。
「みんなが笑顔になれる事業ならなんでも挑戦していきたいです。そのためにも、日本一の調剤薬局、一部上場企業をめざします!」
 
WEB上で簡単に医薬品が手に入り、便利にはなりましたが、その製品選択は「本当の意味での健康」に近付けているのでしょうか。
今一度、「本当の意味での健康」とは何かを考えてみても良いのかもしれません。

営業者紹介

有限会社モリ薬局/data/fund/3165/2N2A2725.jpg

地域の病院の処方箋、店舗販売、ネット販売で医薬品を提供する調剤薬局です。社是は「社会に笑顔を広める」。明るく親しみやすい薬剤師さんが一人ひとりの身体の悩みに、懇切丁寧に寄り添って商品を提供してくれます。
 
[沿革]
2006年4月 有限会社モリ薬局設立
2006年9月 オリーブ薬局 竹の山店 開局
2013年4月 オリーブ薬局 名古屋西店 開局
2014年4月 オリーブ薬局 浅田店 開局
2015年12月 オリーブ薬局 晴丘店 開局

[ウェブサイト]
http://www.olive-pharmacy.co.jp/

代表者紹介

代表取締役 森 道成(もり・みちなり)/data/fund/3165/2N2A2681.jpg
1976年7月9日生まれ。京都府出身。薬剤師19年目。縁があり、愛知県で『有限会社モリ薬局』を設立。

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う、パパイヤ類を使用した飲料類の開発仕入販売事業。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。
 

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

/data/fund/3165/資金使途 システム貼付け用.png

投資家特典

1口につき、青パパイヤ緑茶を含むパパイヤ関連商品(入浴剤や洗剤など)3,000円相当(送料・税込み)の詰め合わせをご送付いたします。

/data/fund/3165/_X3A4114.jpg
(3g×10パック入り/販売価格は1,000円程度の予定)


 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2017年7月19日 17:40グリーンパパイヤオーナー制度

 お知らせ

「グリーンパパイヤオーナー制度」とは・・・

年間15000円で高知県香美市の農家がグリーンパパイヤ(一本)を大切に育てます。

収穫したパパイヤはご自宅までお届けいたします。

また、パパイヤ関連商品(パパイヤ茶など)もお届けいたします。

グリーンパパイヤオーナーとして、生産地(香美市)へお越しください。

農家が歓待いたします。至福の田舎の民泊をお愉しみください。

事務局は「香美市人おこし町おこし推進連絡会」

お問合せは0887-58-2561 連絡会代表 佐竹まで

/data/blog/archive/original/36223.png
 

2017年7月19日 17:17名古屋駅ユニモールでの催事報告



オリーブ薬局がユニモールのバザーに合わせてセンタープラザで催事を行いました。

販売アイテムは、

パパイヤ緑茶『吉備の宝』

パパイヤパウダー『Papaっぱ』

そして、パパイヤ緑茶のお試しパックです。

6月30日からの金土日3日間と
7月7日からの金土日3日間です。

高知県のパパイヤの生産者の方がたも応援に来てくれました(^▽^)/


催事は大盛況で、合計250名の方々へお茶等の販売をさせていただきました。


2017年4月23日 02:12USA CANCER Report


こんにちは。

オリーブ薬局の森でございます。

鹿児島大学名誉教授の石畑清武先生より、興味深いレポートが届きました。

『USA CANCER Report』

世界最先端ガン治療レポートです。

ナム・ホアン・ダン博士が、パパイヤの葉が持つ、免疫システムを増殖させる機能に着目して
まとめたレポートです。

ダン博士は幼いころ、両親から聞いた

「医師から見放された知人が、パパイヤの葉の
抽出液を飲んだところ、延命した」

という事実をずっと、心に留め、東洋医学が「がん治療への代替補完的なアプローチ」
であると考えていたのです。

胃ガンが、全身に転移し、何もなすすべがないまま、家に帰った女性がパパイヤの葉の抽出液を
5~6年飲み続け、ガンが消滅したそうです。

これは、ほんの一例。

パパイヤの葉は栄養上重要な成分であるビタミンA、とビタミンCが大量に含有されている。

そして、たんぱく分解酵素のパパインや抗がん作用のあるカルパインが含まれている。

これだけでも、ガンに対して予防効果があると米国科学アカデミーは認定しています。

しかし、これだけではなく、パパイヤの葉にはさらなる作用が秘められているのです。

それが、パパイヤ葉の免疫療法です。


続きはまた、後日お話しいたします。


2017年4月13日 00:29パパイヤ緑茶「吉備の宝」発売開始しました!

 お知らせ

オリーブ薬局の森です。

パパイヤ緑茶、「吉備の宝」を発売開始しました!




これから、パパイヤ茶のすばらしさを少しずつ皆さまにご紹介してまいりたいと思います。

昨今は食物アレルギーの方が多くなりました。

特に、食事の欧米化に伴い、パンやクッキーなどお菓子の中に使われる小麦のアレルギー
なども問題になっています。

パパイヤ茶の中の酵素は、なんと小麦アレルギーの原因となるグルテンの分解を助けてくれるので
小麦アレルギーでお悩みの方やそのご家族には朗報です!!

ぜひ、お試しください。



4月にオープンしたオリーブ薬局の企業主導型保育園も順調です!!



提携企業様募集中です!!

以上です。

2017年4月5日 11:37パパイヤ緑茶完成しました!



初めまして
私は、オリーブ薬局の運営主体であります有限会社モリ薬局 代表取締役 森道成でございます。

青パパイヤは南国フルーツの代表であるパパイヤの未成熟の果実です。
これにはパパイン酵素を初め、多くのアミノ酸やビタミン、食物繊維、βカロテンなども豊富に含まれ
その溢れるほどの栄養素から「メディカルフルーツ」と呼ばれています。

実と比較すると葉っぱの方に3倍の酵素が含まれます。その葉を用いてお茶に燻しあげたのが
今回商品化する、パパイヤ緑茶「吉備の宝」です。

いよいよ、パッケージが出来まして、商品を発売開始いたします。

発売日は4月10日月曜日です。

鹿児島大学の協力を得て、エビデンスを得ながら、販売を促進して参ります。


随時、報告をいたしますので、よろしくお願いします。
 
 
オリーブ薬局 森道成



 


このファンドを申込む