南三陸マルセン食品ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2012年4月3日 11:28

3月はめかぶ加工用の機械を揃えました

ミュージックセキュリティーズの杉山です。
本日は、マルセン食品の近況をご報告いたします!

本ブログでもご紹介した通り、2月末より、南三陸町の仮設商店街
「さんさん商店街」にて、仮設店舗をオープンしていますが、
お陰様で、こちらの店舗に非常に多くのお客様にお越しいただき、
特に、週末は大変な賑わいで、日々忙しくしているそうです。

そして、店舗では、鮮魚販売や揚げ蒲鉾に加え、最近、製造を再開した
さんまのみりん干しの販売も再開しました。

一方、ヤマウチ、及善商店、伊藤らと共に入居している
魚市場前の仮設の水産加工工場兼出荷施設の方では、
現在も、本格稼働には至っていません。

3月には、新たな機械として、めかぶ加工用の湯通し釜、
スライサー、袋詰めする機械などを購入致しました。

しかし、3月に入り、めかぶシーズンが始まりましたが、
市場に出荷される量も少なく、値段が非常に高いため、
未だ、仕入れはできていない状況です。

4月以降には、原材料用の冷蔵庫や冷凍庫などを
購入したいと考えています。

最近では、有楽町で行われている「さくらまつり」の南三陸町支援ブースにて、
マルセンさんが仕入れた乾物を、販売して頂いているそうです。
もしお近くの方がいらっしゃいましたら、是非お立ち寄り下さい。

▼有楽町「さくらまつり」

期間:2012年3月24日(土)~4月8日(日)
場所:JR有楽町駅前広場

------------------------------------
■過去の記事はこちらからまとめてご覧いただけます。

投資家特典が充実「南三陸 マルセン食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:

マルセン食品 寄付 投資