UNFPA

女性の健康と権利を守り、命をつなぐ活動を行う国連人口基金(UNFPA)は、女性と少女の命と権利を守るさまざまなプログラムを世界各地で展開しています。国連が2030年の世界に向けた達成目標として掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)の中でも、特にゴール3「健康と福祉」とゴール5「ジェンダー平等の実現」に焦点を合わせ、すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、すべての若者の可能性が満たされる世界を目指し、活動を続けています。皆様からいただいたご支援は、ミュージックセキュリティーズ株式会社の手数料(8%)を除いた全額がUNFPAの活動に寄付されます。

国連人口基金(UNFPA)について


国連人口基金(UNFPA)は命をつなぐ国連機関

国連人口基金(UNFPA)は、世界150以上の国・地域で活動する「命」をつなぐ国連機関です。すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、すべての若者の可能性が満たされるよう活動を行っています。

UNFPAの活動の中心に、「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」(性と生殖に関する健康・権利)があります。それは、性や出産に関わることすべてにおいて、身体的、精神的、社会的に、それぞれの個人の意思が尊重された状態であること、自分のからだに関することを自分自身で選択できる権利を意味しています。

1994年、エジプトのカイロで開催された国際人口開発会議(ICPD)で、179カ国の政府代表から、リプロダクティブ・ライツがすべての人々の基本的人権であると認められました。これにより、女性のエンパワーメントは貧困を減らし、人口増加を安定させる一つの手段であることが示されました。この人権重視の考え方に関する国際的合意は、その後、途上国における開発計画の礎となっています。

(写真:UN Photo/Albert Gonzalez Farran)

UN Photo/Albert Gonzalez Farran

SDGs: すべての人に健康と福祉、ジェンダー平等を

UNFPAは、国連が2030年までに達成を目指す「持続可能な開発目標」(SDGs)の中でも特に、 以下の2つの目標を達成するために活動しています。

  • 目標 3 健康と福祉 「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する」
  • 目標 5 ジェンダー平等 「ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」

また、UNFPAは2030年までにすべての女性、男性、若者を取り巻く世界を変えるための「3つのZEROのミッション」を掲げて活動しています。

  • 妊娠・出産による 妊産婦の死亡を ZEROに
  • ジェンダーに基づく 暴力と児童婚などの有害な慣習をZEROに
  • 家族計画サービス へのアクセスが 満たされない状況をZEROに
持続可能な開発目標(SDGs)

生まれてくるすべての命を、安全に

現在、世界では1日に約800人の女性が、妊娠中や出産時に予防可能な原因で命を落としています(出典:Trends in Maternal Mortality)。そのうち約8割は、サハラ以南アフリカや南アジアに暮らす女性です。貧しい国・地域では、自然災害や紛争など人道危機の影響を受けやすく、またジェンダー格差が大きい地域では10代の妊娠や児童婚が社会問題となっています。10代で母親になることの健康リスクは大きく、出産は15歳から19歳までの少女の死因の第1位となっています。世界のどこに暮らしていても、すべてのお母さんと赤ちゃんが、必要なヘルスケアを受けることができる世界を実現しなければなりません。

困難が続くアフガニスタンで出産を支え続ける助産師たち
どんなことがあっても、娘だけは学校に!―トルコに暮らすシリア難民女性のストーリー
ブータン:宗教と保健教育の垣根を越えて

(写真:UN Photo/Eskinder Debebe)

UN Photo/Eskinder Debebe

ジェンダーに基づく暴力の撲滅を

紛争や自然災害などの人道危機が起きた時、最も大きな被害を受けるのが社会的に弱い立場にある女性と少女たちです。必要な時に必要なヘルスケアが受けられず、女性としての「尊厳」が守られない状況に置かれるだけでなく、女性や少女が性的暴力や残虐な行為の被害にあうリスクが高まります。UNFPAは、女性と少女のヘルスケアに必要な緊急支援物資を届ける活動に加え、女性や少女が緊急的に暴力から身を守ることができる「セーフ・スペース」を設置し、心理社会的サポートやカウンセリング、法的・医療サービスなど必要な支援を行っています。同様に専門家によるヘルプラインを設置し、電話で被害女性の相談に乗るなどの対応を行っています。

リビア:暴力と拒絶を乗り越えて、未来へのチャンスを
ケニア・キベラスラムの石けんづくりプロジェクト:コロナ禍の経済支援と女性への暴力を防ぐために
コロナ禍のルワンダにおける女性と少女の健康と安全を継続的に支援

(写真:UNFPA Bangladesh/Prince Naymuzzaman)

UNFPA Bangladesh/Prince Naymuzzaman

女性の健康と権利を守り、未来へと命をつなぐために

すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、すべての若者の可能性が満たされるために――。UNFPAは世界中で、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの向上とジェンダーに基づく暴力の撲滅などに向けて活動を行っています。世界各地で困難な状況にある女性と少女の命を救い、これから生まれてくる新しい命を安全に迎えることができるよう、皆様のあたたかいご支援をお待ちしております。

*皆様からいただいた寄付金は、ミュージックセキュリティーズ株式会社の手数料(8%)を除いた全額が、UNFPAの活動支援として寄付されます。なお、この寄付金は日本の税制上の優遇措置(寄付金控除)の対象にはなりません。

(写真:UNFPA)

UNFPA

寄付


集まっている金額
¥71,000 現在
0.7%
  • 目標金額
  • ¥10,000,000
  • 残り日数
  • 695日
  • 参加
  • 11人

10万円の寄付に返礼品が追加されました。(2021年12月3日)

応援コメント


2021.11.20 愛知県

持続的な支援を期待します

2021.11.06 福岡県

母親になって、妊娠出産における数々の困難を知りました。すべての親子が必要なケアを受けられますように。

2021.11.04 福岡県

世界のどこに生まれても、いつの時代に生まれても、ジェンダー格差のない素敵な人生が送れますように。

2021.11.04 千葉県

学校とか病院を作るとかも支援だけど、根深いジェンダー問題を地道にやるのも重要な支援。応援しています。

2021.11.02 大阪府

女性の健康と権利を守ることは、その社会の発展に繋がります。一人でも多くの命が、安全でありますように。

2021.11.01 東京都

世界中のお母さんと赤ちゃんが幸せに包まれますように…ささやかながら応援しています。

【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2021 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.