ファンド詳細償還済

コルクマンガ家ファンド1

期待の新人マンガ家をデビューから応援

一口金額10,570円 申込状況償還済
地域茨城県
東京都
参加人数 132人
分野広告・出版 募集総額1,320,000円
募集期間2014年8月8日~
2014年11月6日
シリーズ
特典
(全員)
・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」の書籍版(単行本)にお名前・ニックネームの記載
(2014年9月15日までのお申込限定)

・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」のデジタル版のご送付

・羽賀翔一交流会イベントへのご参加

(イベントご参加者全員)
・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」のサイン入り書籍

(抽選で2名様)
・結婚式用のウェルカムボードもしくは馴れ初めについてのマンガの制作。
(制作費用税込10万円を別途)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 コルクマンガ家ファンド1
営業者 株式会社コルク
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 1,320,000円 (132口)
申込単位(1口あたり) 10,570円/口 (内訳:出資金10,000円 取扱手数料570円)
(上限口数:1口)
募集受付期間 2014年8月8日~2014年11月6日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2014年11月7日~2016年11月6日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 2016年11月6日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
2,237,900円
予想リクープ
販売数
3,197冊
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

コルクマンガ家ファンド1の締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。
なお、取扱者では、出資金の受取口座として普通預金を利用しておりますが、その後の資金管理については、取扱者から倒産隔離された信託口座により分別管理を行っています。
・出資金の取扱い:出資金は、取扱者の普通預金口座で受け取り、一定期間毎に信託口座に移動され分別管理が行われます。その後、信託口座から営業者へ送金されます。
・分配金の取扱い:分配金は、営業者から取扱者の信託口座へ送金され分別管理が行われます。その後、信託口座から匿名組合員へ分配金が支払われます。

6.販売リスク
本匿名組合事業で販売する製品については、営業者の判断の下、個人の消費者を中心に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

10.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

11.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
本匿名組合事業は、営業者が行うマンガ家「羽賀翔一」の作品「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」の原稿制作および書籍版・デジタル版(電子書籍)による製造・販売事業です。したがって、分配対象となる売上金額は「書籍版販売による売上金額」と「デジタル版販売による売上金額」の合計額(※)となります。
(※)「デジタル版販売による売上金額」は、「書籍版販売による売上金額」との合計額が累計リクープ売上金額に達するまでとします。したがって、累計リクープ売上金額超過後は、「デジタル版販売による売上金額」は分配対象となりません。

書籍版の(予定)販売価格は700円(税抜)、デジタル版の(予定)販売価格は500円(税抜)を想定しています。なお、分配対象となる売上金額の算定は、販売価格に販売数量を乗じて算定されます。また、販売価格は変更となる可能性があり、デジタル版の販売価格は、提供する販売会社ごとにに異なる価格となる可能性があります。

事業計画上の本匿名組合契約会計期間(2014年11月~2016年11月)の累計売上金額(税抜)は7,000千円であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は2,237千円です。



(2)事業計画上の実現施策について
本匿名組合事業の対象作品は、徳間書店を通じて全国の書店に流通させ、また、Amazon等を通じてデジタル版の販売も行います。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×59%÷132口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×59%÷132口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×5%÷132口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口10,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口10,000円の出資金に対し、1口分配金額が10,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/10,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2014年8月8日~2014年11月6日
2 会計期間 2014年11月7日~2016年11月6日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 2016年11月6日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2014年7月31日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2014年7月31日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • コルクマンガ家ファンド1
(「羽賀翔一がFacebookページで連載中の1ページマンガ「今日のコルク」第100回より」)

本ファンドは、マンガ家・小説家・クリエイターのサポートを行う株式会社コルク(以下、コルク)が送り出す期待の新人マンガ家、羽賀翔一(はがしょういち)のデビュー作品「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」に必要な印刷・デザイン費用等を募集し、2年間分の作品の書籍版(単行本)・デジタル版の売上に応じて分配を行います。投資家特典として、書籍版(単行本)にお名前・ニックネームを掲載させて頂くほか、羽賀翔一との交流会にご参加頂けます。

本ファンド対象事業の魅力

「宇宙兄弟」の小山宙哉氏に続く、期待の新人マンガ家
株式会社講談社にて、「働きマン」(安野モヨコ)、「バガボンド」(井上雄彦)、「宇宙兄弟」(小山宙哉)、「ドラゴン桜」(三田紀房)の編集の担当をしてきた佐渡島庸平が日本初となるマンガ家等クリエイターのエージェント業を行うコルクを2012年に設立しました。
佐渡島庸平が本ファンドの対象となるマンガ家羽賀翔一との出会いは、2010年、当時在籍していた講談社の新人賞へ作品を応募してきたことでした。

「当時学生だった羽賀さんの作品は、絵はとても下手でしたが、登場する人物の感情が伝わってくるものでした。絵は練習すれば上手くなりますが、こうした感情を伝える技術はマンガ家にとって非常に重要なもので、その素質を強く感じました。そして、ストーリーにも今までにない読み応えを感じました。当時、羽賀さんは学校教員としての就職も決まっていましたが、第27回 MANGA OPEN 奨励賞受賞を受賞後、マンガ家一本で生きていく覚悟を決めました。

マンガ家とって重要なのは、天性の才能、努力する能力と覚悟です。この3つを備えた羽賀さんと共に作品を世に届けていきたいと考え、コルク設立後は羽賀さんの育成をサポートすることにしました。そして、今回、2011年から連載などを通じて描き続けてきた短篇作品を短篇集として2014年11月に単行本として発売することになりました。

コルクにとっては初の新人マンガ家の作品となります。講談社の編集者だった頃、「宇宙兄弟」の小山宙哉氏、「GIANT KILLING」のツジトモ氏、「みかこさん」の今日マチ子氏を新人時代から担当していました。羽賀さんがこの3名に続く作家になることを楽しみにしています。人が成長するのを見守ることは、とてもワクワクすることです。皆さんも羽賀さんのファンドに参加することで、一緒にワクワク感を共有しませんか。

羽賀さんは今後は長編作品にも挑戦し、この後の2年間には他にも作品を発表していきます。そのたびに羽賀さんの単行本に注目が集まり、売上げが伸びるワクワク感も体験いただけると思います。また今後の作品制作でもファンド募集を検討する予定です。ぜひ、羽賀翔一のマンガ家としてのこれからの歩み、そして「ケシゴムライフ」を、応援くださいますようお願いします。
(コルク代表 佐渡島庸平)」

数々の新人マンガ家の編集担当をしてきた佐渡島庸平が感じた「今までにない読み応え」、実際に以下より作品を閲覧頂けますので、ぜひご覧ください。

ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集を読む


応援するマンガ家のデビューからの2年間、成長の様子を見守り、直接コミュニケーションが取れる楽しみ。
本ファンドの対象作品は、短篇作品を一冊にまとめた「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」となり、皆さまからの出資金は、本作品の印刷費や表紙等のデザイン費、宣伝費等に使用させて頂きます。

本作品の2014年11月7日の発売日から2年間分の売上の一部を分配させて頂くとともに、当社のマイページ上にある出資者限定ページを通して、本作品の販売状況や次回作品の制作状況などの報告や交流会を通じてお付き合いを頂くこととなります。

第1回目の交流会については以下を予定しております。

・日時:2014年9月予定
・場所:東京都内予定
・参加者:羽賀翔一、佐渡島庸平、コルク編集担当者、当社担当者、出資をご検討の方、出資者および出資者の知人・友人様
・予定内容:
羽賀翔一およびコルクからの今回の作品や今後の予定などについてご説明
次回作のインスピレーションとなるエピソードを、出資者の皆様から募集する企画
参加者の皆様にはサイン入り単行本を贈呈、参加者から抽選で2名様まで似顔絵を贈呈
などを予定しております。(内容については変更となる可能性があります)

ミュージシャンの場合はライブなどを通じて直接アーティストと交流する機会はありますが、マンガ家の場合は、誌面以外でコミュニケーションをとる機会は限られていました。本ファンドは、こうした資金調達を行っていくことを通じて、マンガ家が自らの作品を自分自身の手で世の中に発表することを目指します。また、出資をマンガ家と読者の新しいつながりとして位置づけ、作家とのコミュニケーションを楽しむ機会のご提供や、制作過程のご紹介など、より身近で応援できる仕組みとしていきます。

単行本の巻末にお名前の掲載などの出資者特典と売上の優先的な分配
今回、9月15日までにご出資頂いた皆様には、11月7日に発売される単行本にお好きなお名前を掲載させて頂きます。デジタル版については全員に贈呈させて頂きます。そのほか、抽選で2名様まで、ご本人もしくはご友人の結婚式用のウェルカムボードあるいは馴れ初めマンガ(4ページ程度)の制作を有償となりますが依頼して頂くことなど、直接応援してくださる出資者とマンガ家の関係性ならではの特典をご用意していきます。
また、分配金につきましても、出資金額を分配できる損益分岐売上¥2,237,900 に達するまでは、書籍版(単行本)については、コルクが得る収益のうち、作家への印税を除いたほとんどの収益を出資者の皆様への分配を行い、デジタル版の収益についても優先的に分配を行って参ります。詳細については、「ファンド情報/分配シミュレーション」をご確認ください。


営業者紹介



(1)会社概要
2012年設立。従業員8名(2014年7月現在)
マンガ家、小説家等のクリエイターのエージェント業。
作品の編集、書籍およびデジタル配信等による出版業務、その他作家のマネジメント業務等を実施。
契約作家には、「オチビサン」の安野モヨコ氏、「宇宙兄弟」の小山宙哉氏、「テンプリズム」の曽田正人氏、「インベスターZ」の三田紀房氏などのマンガ家、小説家等13名(2014年7月現在)のクリエイターのエージェント業を行っている。

(2)事業方針
「作品とは、クリエイターが心の深淵へと降りていくなかで生まれるものです。クリエイターが必要としているのは、心理的にも実務的にも、安心して創作活動に没入できる環境です。その環境を整備できるのは、いかなる組織にも縛られず、クリエイターと同じ「船」に乗り込むエージェントしかいません。我々コルクは、5年後10年後を見据えながら永続的にクリエイターをサポートする、まったく新しいエージェント業を興します。」
株式会社コルクWEBサイトより抜粋


代表者紹介


代表取締役社長 佐渡島庸平
2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。「働きマン」(安野モヨコ)、「モダンタイムス」(伊坂幸太郎)、「バガボンド」(井上雄彦)、「宇宙兄弟」(小山宙哉)、「ドラゴン桜」(三田紀房)、「16歳の教科書」などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

マンガ家紹介


羽賀 翔一
マンガ家。茨城県出身。
2010年、ノートに描いた「インチキ君」で、第27回 MANGA OPEN 奨励賞受賞。「ポートレート」で、第57回 ちばてつや賞 佳作。
2011年に「ケシゴムライフ」を週刊モーニングで短期集中連載。また「宇宙兄弟」の公式ムック「We are 宇宙兄弟」 VOL.04~07に短編を執筆。
2013年春には、面白法人カヤックの社内エピソード「ならべカヤック」「追いぬきルーキー」を描いた。


ファンド対象事業内容

(1)対象作品
「ケシゴムライフ/羽賀翔一短編集」

マンガ家・羽賀翔一の短篇集。電子版では描きおろし作品「ZOOO」に加え、2011年に週刊モーニングで短期集中連載した「ケシゴムライフ」、「宇宙兄弟」の公式ムック「We are 宇宙兄弟」VOL.04~07に掲載した短編作品、2013年春に発表した面白法人カヤックをモデルに描いた「ならべカヤック」「追いぬきルーキー」を収録。単行本では「ケシゴムライフ」全話、「ZOOO」全話のほか、一部の短編を収録予定。

(2)販売方法について
・書籍版(単行本)販売
徳間書店を販売元として、全国の約2,000店舗の書店にて、単行本700円(税抜・予定)にて2014年11月7日発売予定。
・デジタル版販売
amazonにて2014年3月から先行配信。2014年7月からその他約50社のマンガ配信プラットフォームから配信開始。その他、アプリ等での販売も実施予定。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。


資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

(注1) 上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。
(注2) 出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注3) 状況により、上記資金使途内容について営業者が先に立て替えて支払い、その後、匿名組合出資金を充当することがあります。
(注4) 本匿名組合事業遂行のため、会計期間開始前であっても匿名組合出資金は必要に応じて営業者が資金使途内容に従い使用することがあります。


投資家特典

(全員)
・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」の書籍版(単行本)にお名前・ニックネームの記載
 (2014年9月15日までにお申込頂いた方に限定させて頂きます。)
・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」のデジタル版のご送付
・羽賀翔一交流会イベントへのご参加(会計期間中2回程度開催予定)
マンガ家羽賀翔一、コルクの編集担当者、出資者(および知人・友人)による交流会を東京にて開催予定。交流会では、現在の作品の制作状況や今後の予定、出資者の皆様から次回作のインスピレーションとなるエピソードを、出資者の皆様から募集する企画などを実施予定。

(イベントご参加者全員)
・「ケシゴムライフ/羽賀翔一短篇集」のサイン入り書籍

(抽選で2名様)
・結婚式用のウェルカムボードもしくは馴れ初めについてのマンガ(4P程度)の制作依頼を受付。
(制作費用税込10万円を別途お支払頂きます。製作期間は1か月程度。依頼受付は別途ご案内をさせて頂きます。)

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス