ファンド詳細運用中

Abaco小さな農家応援ファンド

ペルーの生産者に資金を届ける

一口金額31,710円 申込状況運用中
地域 ペルー 参加人数 186人
分野ファイナンス 募集総額51,000,000円
募集期間2014年4月15日~
2015年4月30日
シリーズ
特典
スタディツアー


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 Abaco小さな農家応援ファンド
営業者 Cooperativa de Ahorro y Crédito Abaco(アバコ貯蓄信用協同組合)
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 51,000,000円(1700口)
申込単位(1口あたり) 31,710円/口
(内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,710円)
(上限口数:33口)
募集受付期間 2014年4月15日~2015年4月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 出資金送金日の翌月1日から3年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 2015年12月31日
第2回決算日 2016年12月31日
最終決算日 会計期間終了日
報告日 各決算日から105日以内
分配方法 最終決算日から130日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
152,459,076 PEN(5,604,395,633円)
※為替レート:1PEN = 36.76円
予想リクープ
年額売上金額(税抜)
50,819,692 PEN(1,868,131,877円)
※為替レート:1PEN = 36.76円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

Abaco小さな農家応援ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性がございます。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払のみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上の成果によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払が行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は、現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。また、営業者については、外国の法令、諸制度、市場慣行等が適用されるため、日本の法令、諸制度、市場慣行等に存在しない事由又は日本において一般に破産等とは考えられていない事由が破産等と認定される可能性があります。

5.取扱者の信用リスク  
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

7.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

8.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

9.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

10.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

11.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続悪影響を及ぼすリスクがあります。

12.許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

13.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14.ペルー特有のリスク
(1) カントリーリスク
ペルーの国情の変化(政治、経済、取引規制等)や内戦、自然災害・疫病、また、近隣諸国との係争や関係次第では戦乱の可能性があり、そうした影響により、出資金が棄損するおそれがあります。ペルーは、一般的に国家管理が強く、政令に基づく裁量行政が広く行われているため、条約や法令その他立法に基づく規定や規制の解釈に相違が出たり変更がなされたりする恐れがあります。

(2) 為替リスク
本匿名組合契約に基づく出資は円貨にてしていただきますが、投資の運用はペルーヌエボソル建てになっています。匿名組合損益の分配は円貨にて行いますので分配は為替レートによる影響を受けることになります。それにより為替差損を被ることがあります。政府や中央銀行主導により金融政策・為替政策が変更され、金融引き締めや通貨切り下げ等により出資金が棄損する恐れがあります。

(3) 会計及び監査基準
ペルーの企業の情報開示は、国際基準に比べ厳格とはいえず、会計基準については、欧米諸国に適用される会計基準と異なる会計基準及び要件に従っている場合があります。

(4) 送金リスク
ペルーにおいては、分配金の日本への送金は認められていますが、関連する認可の遅延若しくは認可拒否、又は取引決済手続きに影響を及ぼす政府介入により、悪影響を受ける可能性があります。また、今後、政治的経済的課題の変化のためにせよ、国家利益のためにせよ、将来、外国通貨の日本への送金についての規制が行われないという保証はありません。

(5) 情報が正確でないリスク
営業者により公表・提出される財務諸表含めたレポートの数字及び情報が正確でない可能性があります。

(6) 法律が変更されるリスク
本匿名組合の募集開始日後に起こりうる日本又はペルーにおける司法決定又は日本法、ペルー法若しくは行政的取扱の変更については何ら保証を与える事はできません。

(7) 税制が変更されるリスク
税務当局の裁量によっては現在前提としているとおりの税務上の取扱がなされない可能性があります。契約締結時に前提としている現行の国税及び地方税制(税率)並びに関連する諸制度等(通達などを含みます)の運用等が変更された場合には当初予想とおりの投資効果が得られないおそれがあります。また、ペルーでは、日本への送金に関しては、一般的にペルーの税制に基づき源泉されますが、裁量行政により課税適用範囲や税率等が変更になり出資金が棄損する恐れがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について

本匿名組合契約の会計期間は3年間でありますが、開始日と終了日は現時点で確定していません。そこで、便宜的に営業者の2014年度からの3年間の事業計画上の数値を使用し、説明します。
2014年度からの3年間の累計売上金額(税抜)は285,358千PEN(年平均売上金額95,119千PEN)であり、本匿名組合における3年間の累計リクープ売上金額(税抜)は152,459千PEN(年平均売上金額50,819千PEN)です。なお、営業者の前々期1年間(2012年1月~12月)の売上金額(税抜)は62,803千PENです。



(2) 事業計画上の実現施策について

本ファンド資金は、営業者の融資事業に係る貸出資金のために使用され、営業者の会社全体の売上に関連します。
営業者は1981年に設立され、33年近くの実績のある金融機関(信用組合)です。
事業は大きく(1)個人向け部門(2)企業向け部門(3)地域やNGO向け部門の3つに分かれており、地域やNGO向け部門が小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムであり、今後最も成長が見込める事業となります。当該、小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムの貸出残高は、800万ドル(約8億円、13年末)から、2014年は25%程度の、2015~2016年は年率15%程度の拡大を見込んでいます。営業者が当該融資プログラムにおいてパートナーシップを締結するマイクロファイナンス機関・NGOの数は、2016年末には30まで増加する見通しで、それらパートナーを通じて各年約3,000人の小規模農業生産者・事業者に金融サービスの提供が可能となります。


分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

匿名組合員への分配は、契約期間中に1度、最終決算日後の分配日にまとめて行われます。分配額、分配総額は以下の計算式により、ペルーヌエボソルで計算し、送金日に日本円に変換し(送金日に提示された為替レートを使用する)、為替手数料を控除した金額をもって確定されます。

分配額は各年度の決算日から105日以内に、出資口数に応じた分配総額を取扱者を通じて電子メール等の電磁的方法で、匿名組合員に通知および報告するものとします。なお、報告には万全を期しておりますが、営業者の本匿名組合事業の営業状況によっては報告が遅れる可能性や、内容の修正が生じることがあります。なお、本条に基づき営業者が匿名組合員に対して行う分配は、取扱者を介して行い、日本とペルー両国において適用ある源泉徴収税額を控除するものとします。

【分配総額】
(各年度の分配額の合計額)×(円/PEN)

【各年度の分配額】
累計売上金額(税抜)が(152,459,076 PEN)以下の場合:
累計売上金額(税抜)× 0.91% ÷ 1,700口 × 1口

累計売上金額(税抜)が(152,459,076 PEN)以上(285,358,827 PEN)以下の場合:
152,459,076 PEN × 0.91% ÷ 1,700口 × 1口 + (累計売上金額(税抜)- 152,459,076 PEN) × 0.16% ÷ 1,700口 × 1口

累計売上金額(税抜)が(285,358,827 PEN)以上の場合:
152,459,076 PEN × 0.91% ÷ 1,700口 × 1口 + (285,358,827 PEN - 152,459,076 PEN) × 0.16% × 1,700口 × 1口 + (累計売上金額(税抜) - 285,358,827 PEN) × 0.006% ÷ 1,700口 × 1口

(注1)分配総額は営業者の売上金額の減少によっては、出資金を下回る可能性があります。

(注2)会計期間中の運用と上記の計算は、ペルーヌエボソル建てで行われるため、出資金送金日に適用される為替レートによっては、出資金を下回って分配される可能性があります。

(注3)匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は利益の額に対して、ペルーにて源泉徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合は、変更後の税率により計算を行います。現在、日本とペルーの間においては、租税条約が結ばれていないため、日本とペルー両国において適用ある源泉徴収税額を控除するものとします。なお、利益とは匿名組合員に対する分配総額が出資金を超過した場合における当該超過額をいいますので、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4)各年度のファンド運用期間は、一月単位で計算し、対象となる期間は下表の通りとします。


金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1口30,000円 使用為替レート:PEN/JPY = 36.76円)


<分配シミュレーション2:為替レート(分配総額が1,600,017PENの場合)>


<参考:為替レートの推移>

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対してペルーでの源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)


お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 324円 324円
みずほ銀行 324円 324円
三井住友銀行 216円 324円
楽天銀行 51円 51円
ジャパンネット銀行 54円 54円
その他銀行 324円 324円


※本ファンドは、MSが組成・販売するものであり、IDBやMIFはその組成・販売に一切関与しておりません。IDBやMIFは、本ファンドのリターンを保証したり、その他ABACOの信用を本ファンドのために保証・補完したりするものではないことにご留意ください。
  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2014年4月15日~2015年4月30日
2 出資金送金日 募集終了日から25営業日後
3 会計期間 出資金送金日の翌月1日から3年間
4 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
5 報告日 各決算日から105日以内
6 決算日 第1回決算日 2015年12月31日
第2回決算日 2016年12月31日
最終決算日 会計期間終了日
7 分配日 最終決算日から130日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2014年3月31日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2014年3月31日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 利益が生じた場合は、タイバーツベースの利益の額に対してタイの税率により10%の源泉徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • Abaco小さな農家応援ファンド
本ファンドは、ペルーの日系人が作ったアバコ貯蓄信用協同組合「Cooperativa de Ahorro y Cre‘dito ABACO」(以下、Abaco))が、パートナーのNGO等と連携し、既存の金融システムではカバーできない、地方の小規模農業生産者・事業者へ行う融資プログラムをサポートするためのファンドです。

本ファンドは、ミュージックセキュリティーズ株式会社と米州開発銀行(Inter America Development Bank, IDB)の多数国間投資基金(Multilateral Investment Fund, MIF)の連携による第1号ファンドです。IDB/MIFがAbacoの資本増強を行う一方(500万ドル=約5億円)、本ファンドは日本の個人による匿名組合出資にて小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムへの原資を提供します。

本ファンド対象事業の魅力

融資が力の源に-「Ahora tenemos poder!! (Now we have power!!)」
本ファンドは、南米ペルーの農村部や山間部で、これまではほんの少しの資金がないために農機具等が買えず生産性の低い事業をせざるを得なかったり、組織化されていないために市場での交渉力がなく買い叩かれたりしてきた小規模農業生産者や農業事業者のために、Abacoがマイクロファイナンス機関やNGO、自治体と連携して融資を行うためのファンドです。Abacoはマイクロファイナンス機関・NGOに融資し、各生産者への融資はマイクロファイナンス機関・NGOが行います。地域の農業生産者と密接に関わるマイクロファイナンス機関・NGOをパートナーとすることにより、Abaco単体で事業を実施するより、より広範囲にサービスを提供することができます。



資金面だけでなく技術面でもIDB/MIFがサポート
IDB/MIFは2008年から技術協力を通じてAbacoを技術面からサポートしてきました。技術協力資金を活用してAbacoは農産物のバリューチェーンや生産者組合等のニーズを分析、本ファンドの対象事業となるビジネスモデルを確立しました。また、IDB/MIFの技術協力は、Abacoがビジネスモデルを円滑に導入できるよう、情報管理システム構築や関連スタッフのトレーニングを行いました。その結果、2012年までに、650万ドル(約6.5億円)の資金が、パートナーのマイクロファイナンス機関・NGOを通じて、小規模農業生産者・事業者に融資されました。本ファンドの資金は、このAbacoの事業の拡大に資するものです。

ペルーの魅力と可能性
マチュピチュやナスカなど、中南米随一の観光資源を誇るペルーですが、同国経済は近年、中南米地域でも突出した高成長率を果たしています。また、日本とは2012年に経済連携協定(EPA)が発効しており、両国関係もより一層深いものとなっています。農業では、アスパラガス、アボカド、パプリカ、アーティチョーク、有機コーヒー豆などで輸出を伸ばしており、本ファンドの対象となる小規模農業事業者の生産性を高め、彼らを高付加価値のバリューチェーンに取り込んでいくことに大きな期待が寄せられています。 また、ペルーでは日系人社会が多方面で活躍していることは周知の事実ですが、その日系人社会に起源をもつ貯蓄信用協同組合(Abaco)が存在し、Abacoがペルーにおける貯蓄信用協同組合業界でNo.1の座にあるということはちょっとした驚きではないでしょうか。

営業者紹介


Abacoは、1981年、相互扶助・共存・共栄を目指すために日系人によってペルーのリマに設立された、日本の伝統的な頼母子講形式を元にした貯蓄信用協同組合です。事業の拡大に伴い組織を改善し金融機関としての許認可を取得、信用度の高い貯蓄信用協同組合として内外から高い評価を得ています。
ウェブサイト(英語)

【事業部門】
Abacoは、次の3つの事業部門で相互扶助の精神に則り、預金や融資等の金融サービスを提供しています。
(1)個人向け部門
(2)企業向け部門
(3)地域やNGO向け部門(※)
(※)新規事業としてIDB/MIFがサポートをしており、本ファンドの対象事業です。

【受賞歴】
2000年 パシフィコ大学主宰のランキングでラテンアメリカ第2位の優良企業に選出
2004年 2005年 ペルーの優良企業に選ばれ、THE BIZZ AWARDS 05国際褒賞受賞
2010年 「ペルートップ10,000」で、1455位に選出 など他多数

ファンド対象事業と資金使途

本ファンドの対象事業は、Abacoの行う3つの事業部門のうち、地域やNGO向け部門が対象であり、ファンド資金は全額、Abacoの小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムの原資に使われます。

◆ファンド対象事業の融資プログラムの事例紹介◆
以下の2つの事例では、以前は中間業者からの運転資金融資に縛られて農産物を安く買いたたかれていた小規模農業生産者たちが、Abacoからの融資を得て以降、価格交渉力を持つことができた結果、製品の販売価格を20~34%上昇することができました。

事例1:パジャーレス(豆の一種)生産者のケース
 【場所】 イカ県チャングィージョ、サン・フアン
 【最終受益生産者組合・組織】 Asociacion de Parceleros San Juan NAZCA
 【パートナーNGO】 Asociacion de Desarrollo de Capacidades Locales - DECAL
 【アバコからパートナーNGOへの融資額】 US$227,678 (2010年7月~)
 【融資目的】 パジャーレス栽培のための金融支援
 【融資の使途】 種蒔、栽培管理、収穫までの運転資金、および農業機械の購入
 【最終受益者数】 24生産者(4年間で延べ96生産者)

事例2:アスパラガス生産者のケース
 【場所】 イカ県サンティアゴ、サンタ・ドミンギータ
 【最終受益生産者組合・組織】 Red de Productores de Frutas y Hortalizas S.A.
 【パートナーNGO】 Asociacion de Desarrollo de Capacidades Locales - DECAL
 【アバコからパートナーNGOへの融資額】 US$106,000(2011年11月~)
 【融資目的】 アスパラガス栽培のための金融支援
 【融資の使途】 栽培管理および肥料購入のための資金
 【最終受益者数】 44生産者(2年間で延べ88生産者)


  (Abacoの融資プログラムを利用する豆生産者たち。写真左上は融資によって購入したトラクター)

関係者メッセージ


ヘルマン・マツムラ |Abaco、リージョナル・ディビジョン、マネージャー

ペルーのマイクロファイナンスを取り巻くビジネス環境は世界的に見てトップレベルです。マイクロファイナンスのビジネス環境に焦点を絞ってランキングを行う「Microscope(マイクロスコープ)」によれば、ペルーは6年連続でNo.1の座に輝いています。健全な金融監督体制、およびマイクロファイナンス機関における人的資本の質を鑑み、ミュージックセキュリティーズとの案件第1号として、ペルーは最もふさわしい国であると考えます。

Abacoの、財務安定性という基盤に加えて、農村部への金融サービス供与・拡大を目指すという創造性は、投資家からの融資に対しファイナンシャル・リターンおよびソーシャル・リターンの双方をもたらしてくれるものでしょう。ペルーの小規模農業生産者、バリューチェーン従事者、零細企業化をサポートすることを目的に、ミュージックセキュリティーズを通じて集められた資金の投資対象としてAbacoは最もふさわしいパートナーと考えております。

農業部で活動するマイクロファイナンス機関・NGOをパートナーとすることにより、小規模農業生産者・事業者へ金融サービスを届けるというAbacoのモデルは、非常にユニークなものです。このモデルを導入した2008年以来、実績として、これまでに延べ100以上のマイクロファイナンス機関、貯蓄信用協同組合、農業生産者組合等とのパートナーシップを結び、計14,000人の小規模農業生産者・事業者をサポートしてきました。

協力者紹介


多数国間投資基金(MIF)は、ラテンアメリカ・カリブ海地域にて、急速に変化を遂げる民間部門のニーズに対応するべく、1993年に米州開発銀行(IDB)グループ内に設立されたファンドです。以後20年間、地域の中小零細起業家や貧困層、社会的弱者をサポートするべく、積極的に新しいアイデアへの資金供与(技術協力および投融資)を行っています。日本は、MIF設立以来、メンバー国として重要な役割を担っています。今日、MIFは、ラテンアメリカ・カリブ海地域およびその他の地域からなる39のメンバー国で構成されており、日本は米国に次いで第2の拠出国となっています。

MIFは、ラテンアメリカ・カリブ海地域において、民間セクター促進向け技術協力資金の主要な供給源であると同時に、マイクロファイナンスやベンチャーキャピタル・ファンドにおける革新的投資家でもあります。MIFは年間約1億ドルを80から90のプロジェクト向けに承認しています。MIFのプロジェクトは、地域の金融機関、非営利団体、生産者団体、財団、教育機関などとのパートナーシップで実施され、設立以来20年間で1,700以上のプロジェクトを承認してきました。マイクロファイナンスやベンチャーキャピタル、および若年雇用向けトレーニングで実績を上げているほか、近年では、クリーンエネルギー・ソリューション、グリーン・テクノロジーにおける分野や、貧困層・社会的弱者のための基本的サービスへのアクセス改善、女性の経済的エンパワーメントの支援にも力を入れています。また、プロジェクトの実施だけでなく、MIFは各プロジェクトから学んだ教訓を、他の援助機関等が利用できるよう、知識の構築・共有に多大な努力を行っています。



※本ファンドは、MSが組成・販売するものであり、IDBやMIFはその組成・販売に一切関与しておりません。IDBやMIFは、本ファンドのリターンを保証したり、その他ABACOの信用を本ファンドのために保証・補完したりするものではないことにご留意ください。

投資家特典

・スタディツアー
(注:航空費、宿泊費、移動費、食費等、ツアーにかかる費用は参加者のご負担となります。また、時期は未定です。)

※ 特典は営業者の都合により内容が変更される場合や、特典の実施ができなくなることがあることをご留意ください。
2016年12月21日 12:00マチュピチュも訪問!現地視察ペルー9日間の旅のご案内(3月9日出発)【締切1/18】

 お知らせ

「Abaco小さな農家応援ファンド」の投資家特典でもあるペルーツアーの企画がまとまりました。
Abacoの本部訪問や支援先のチチカカ湖の鱒(マス)の養殖事業の視察の他、クスコやマチュピチュにも訪問します。

ツアー概要

訪問地:リマ、クスコ、マチュピチュ、プーノ(ペルー)
日程:2017/03/09(木) ~ 2017/03/17(金)
旅行代金:768,000円(2名1室利用時/お一人様分)から
※ 燃油サーチャージは別途お支払ください。
※ お一人様部屋追加代金:143,000円
※ ビジネスクラスご利用追加代金:591,000円
最小催行人数:10名

アバコ アバコ 

/data/blog/archive/original/30445.jpg /data/blog/archive/original/30426.jpg

ツアーの詳細

※ ツアーの詳細情報は、以下の画像をクリックして、PDFでご確認ください。(合計で3枚あります)
 
/data/blog/archive/original/30446.jpg
 
/data/blog/archive/original/30447.jpg
 

お申込み方法

「ご旅行申込書」をご記入いただきメールにて、パスポートのコピーと合わせて返信ください。
申込み締切り: 2017年1月18日(水)
メールアドレス: asxdrt-int@anas.co.jp
※ メールのタイトルに【ペルー旅行申し込み】と記載をお願いします。
※ パスポートをお持ちでない場合、または有効期限が切れている場合は、後日有効なパスポートが取得でき次第そのコピーをお送りください。
※ ANA国内線手配を希望される方は「ご旅行申込書」の所定欄にご記入願います。

◆「ご旅行申込書」のダウンロードはこちらのリンクからお願いします◆
画像をクリックするとエクセルが表示されます。
(画像下のダウンロードの方法を参考ください。)

/data/blog/archive/original/30449.jpg

/data/blog/archive/original/30454.jpg

説明会

本ツアーに関する説明会を行います。ツアーをご検討中の方はぜご参加ください。
 
日時:2017年1月11日(水)18時~
場所:東京都中央区日本橋2-14-1 フロントプレイス日本橋1階 ワンダーラウンジ (日本橋駅D1出口より徒歩1分)
地図:こちらをクリックしてPDFでご確認ください。
 
 

<視察企画>
ミュージックセキュリティーズ株式会社
担当:杉山(すぎやま)
お問い合わせ:https://www.securite.jp/inquiry
 
<旅行企画・実施・お問い合わせ>
ANAセールス株式会社
担当:佐藤(さとう)・滝(たき)・其田(そのだ)
TEL:050-3815-5107 FAX:03-6733-4621
受付時間:平日9:00~17:30(土・日・祝日は休業)
観光庁長官登録旅行業第1656号(日本旅行業協会会員/ボンド保証会員)
 
 

2016年12月18日 18:32Abaco35周年!

 お知らせ

1981年に日系人によってペルーのリマに作られたAbacoは今年、設立35周年を迎えました。

記念動画をご紹介します(スペイン語)。

 

2015年4月23日 17:19日系ペルー人がチチカカ湖で行う鱒(マス)の養殖

 お知らせ

Abacoが最近支援している、チチカカ湖での鱒(マス)の養殖についてご紹介します。
養殖をしているのは、日系ペルー人で、マスはヨーロッパ向けに輸出しています。

アバコ
 
 
チチカカ湖はアンデス山中のペルー南部とボリビア西部にまたがる淡水湖で、琵琶湖の約12倍ほどの巨大な湖です。



アバコ
(チチカカ湖の中に鱒の養殖網が設置されています)
(少し曇り空)

アバコ
(青空になったので養殖網へはボートで向かいます)

アバコ
(大き目の網が丸く設置されています)

アバコ
(ボートから作業する様子)

アバコ
(網の中には沢山のマスがいます)

アバコ 
(水面を覗くと沢山のマスが泳いでいる様子が見えます) 

アバコ
(曇り出したのでボートで戻ります)

アバコ 
(湖の周りで養殖に関わる作業をする女性たち)
(赤土が印象的ですね)

アバコ 

 
それでは鱒の加工工場をご紹介します。

アバコ 
(こちらで鱒を切り身に。綺麗に骨を取り除きます)

アバコ 
(私たちがよくスーパーで目にする切り身)

アバコ 
(箱詰めされてヨーロッパ向けに輸出されます)
 
 
【Abaco小さな農家応援ファンド】は、これまでほんの少しの資金がないために農機具等が変えずに、生産性の低い事業をせざるを得なかった小規模農業生産者・事業者が沢山います。
 
日本では金融機関の支援や援助の仕組みが整っており農業生産者・事業者はお金を借りて事業を行うことができますがペルーではそうはいかないのが現状です。
 
小規模農業生産者や農業事業者のために、Abacoがマイクロファイナンス機関やNGO、自治体と連携して融資を行うためのファンドです。
 
Abacoはマイクロファイナンス機関・NGOに融資し、各生産者への融資はマイクロファイナンス機関・NGOが行います。
 
地域の農業生産者と密接に関わるマイクロファイナンス機関・NGOをパートナーとすることにより、Abaco単体で事業を実施するより、より広範囲にサービスを提供することができます。
 
日本から出資いただいる一口がペルーの小さな農家を大きく支えることができます。
 
是非、皆様からのご支援お待ちしております。
 
【詳細・お申込みはこちら】
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=574 

【ペルー大使館でのセミナーの様子はこちら】
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?st=cal&bl=65&cg=73