ファンド詳細運用中

神戸のやさしい靴工房ファンド

靴職人のメーカー直販ブランドの挑戦

一口金額30,000円 申込状況運用中
地域京都府 京都
兵庫県 神戸
参加人数 411人
分野製造、ファッション・工芸、小売 募集総額22,500,000円
募集期間2013年8月29日~
2014年3月27日
シリーズ
特典
・出資者全員に「やさしい靴工房 ベル」の靴を1口につき1足プレゼントします。

メンズかレディース、色やサイズはお選びいただけます。デザインは一部おすすめ品(特許取得の売れ筋商品)の中からとなります。

※詳細、注意事項については、匿名組合契約説明書をご確認ください。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 神戸のやさしい靴工房ファンド
営業者 株式会社ベル
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 22,500,000円(750口)
申込単位(1口あたり) 30,000円(上限口数:5口)
募集受付期間 2013年8月29日~2014年3月27日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 ファンド対象事業が開始した日の翌月1日から5年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 会計期間開始日より1年後
第2回決算日 会計期間開始日より2年後
第3回決算日 会計期間開始日より3年後
第4回決算日 会計期間開始日より4年後
第5回決算日 会計期間開始日より5年後
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ累計税込
売上金額(月額)
250,000,000円
(4,166,667円)
※年額は累計税込売上を期間の5年で除したものを四捨五入
 しております。
取扱者の報酬 取扱報酬:出資金の5.5%
運営報酬:出資金の1.05%/年
成功報酬:(売上金額-予想リクープ売上金額)の1%
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

神戸のやさしい靴工房ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスクおよび債務超過に陥るリスク
営業者は2011年に設立された資本金900万円の会社であり財産的基盤が薄く、また、現在債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、債務超過に陥る恐れがあり、その場合に、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

7.製造リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、製造設備の稼働状況、資材の調達不能、事故、天災その他の不可抗力等により、想定製造数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、製品の販売量が減少し、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.経営陣の不測の事態に係るリスク及び営業者の従業員が関与する取引先事業にかかるリスク
本匿名組合契約の営業者については、本匿名組合事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。さらに、営業者の従業員であり製造・販売において重要な役割を担っている高山雅晴氏は株式会社スリーエスの代表取締役として営業者の靴製造の一部の業務を担っております。高山雅晴氏が株式会社スリーエスの活動に労力・時間等を割かれる結果、本匿名組合事業の計画遂行に悪影響を及ぼすリスクがあります。

9.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の遂行に支障をきたし、これらの事業の継続自体が困難になるリスクがあります。

10.資金調達および資金繰りのリスク
営業者は、本匿名組合事業にかかる総事業費の全額を本匿名組合契約により主に個人の方からの小口投資でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業を開始することができないリスクがあります。
また、営業者は、本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

11.債務超過のリスク
営業者は現在債務超過ではありません。しかし、今後、債務超過に陥った場合、次のような不利益を被るリスクがあります。
まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

12.新規事業および事業環境の変化に伴うリスク
営業者は、これまでインターネット通販での売上が会社全体の売上の概ねを占めており主要事業と位置づけています。本匿名組合事業について実績はあるものの近年より参入した事業であり、本事業組合で対象とする店舗形態は学園都市ブランチ店が新規モール出店形態、京都三条店が路面店形態と既存の既存モール出店形態とは異なります。したがって、運営体制の構築あるいは事業の遂行等、安定的な運営を図るまでに予想外の時間を要する可能性があります。

13.匿名組合出資金の送金および使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16.営業者の株主に関するリスク
営業者の代表取締役である佐藤博文氏は、現在、営業者の株式を一部保有しており、製造・販売において重要な役割を担う高山雅晴氏は株式を一切保有しておりません。そのため、今後、佐藤博文氏、高山雅晴氏、株主との間における経営方針の相違等により、現在の経営体制を維持できなくなる可能性があり、その結果、営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税込)×9.0%÷750口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税込)×9.0%÷750口×1口
+(リクープ後売上金額(税込)-リクープ売上金額(税込))×3.0%÷750口×1口


金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1口30,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約説明書・契約書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2013年8月29日~2014年3月27日
2 会計期間 ファンド対象事業が開始した日の翌月1日から5年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回決算日 会計期間開始日より1年後
第2回決算日 会計期間開始日より2年後
第3回決算日 会計期間開始日より3年後
第4回決算日 会計期間開始日より4年後
第5回決算日 会計期間開始日より5年後
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2013年7月31日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2013年7月31日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 神戸のやさしい靴工房ファンド



会社概要 商品紹介 事業戦略 ファンド対象事業と資金使途
ベルと阪神・淡路大震災 事業者メッセージ 投資家特典

会社概要

本ファンドの営業者である株式会社ベルは、2011年1月に設立し現在3期目です。そしてその前身となるのが、1969年に創業した「ベルシューズ」です。かつて神戸は「履き倒れ」の町として知られるほどの靴の一大産地でした。

しかし、1995年に起きた阪神・淡路大震災では、約8割の企業が操業不能に陥り、業界全体で94年に660億円あった生産額が、95年に285億円まで激減するなど、壊滅的な打撃を受けました。ベルシューズも例外ではなく、震災以来、困難の連続でした。しかし、決してあきらめず、復活を誓いコツコツと頑張り、一昨年、新会社ベルとして再スタートをきりました。ベルの柔らかくて「足にやさしい靴」のファンは、少しずつ全国に広がり、各地で開催されるデパート催事、「日本の職人展」などでも、出店店舗中常に上位1~3位に入るまでになりました。

【参考WEBサイト】
会社ホームページ

【受賞歴】
2009年 楽天市場ショップオブザイヤー受賞
2009年から4年連続「神戸セレクション」認定
2013年 「五つ星ひょうご」認定

商品紹介

ベルの靴は、こだわりの日本製、足にやさしい履き心地、愛らしいデザイン、卓越した機能性を大切にし、下記のような特長があります。



1.リピーター続出のやわらかさ
素材・底材の柔らかさはもちろん、足への負担を減らし、やさしい足あたりになるようなカッティングにもこだわっています。多くの方がリピートしてくださる秘密は、この柔らかさにあります。



2.工房直販だからできる臨機応変な販売
ベルでは、甲幅を幅広・幅狭にできる特別注文や左右で異なるサイズの注文、片足だけの販売にも対応します。

3.世界が認める国産MFレザー
MFレザー(MF=マイクロファイバー)とは、「本革」と同じような構造繊維を持つ新しい日本製素材です。牛・豚・羊から得られる皮革を人工的に再現したもので、コラーゲン線維構造に似た三次元極細不繊布に、樹脂を絡ませたものを基布としています。
「本革」と「合成皮革」の短所を克服し、長所を取り入れた新素材が「MFレザー」です。



4.究極の履き心地を実現するインソール
ベルでは「高反発」のウレタン素材を使い、オリジナルのコンフォートインソールを作りました。疲れにくくお洒落な靴をお探しの方に、自信を持っておすすめします。


5.四十年以上守ってきた職人気質
ベルではデザインや裁断から自社工房で行っており、沢山の工程をへて靴ができあがります。より良い商品に仕上がるよう何度もテスト・打ち合わせを重ね、熟練した職人の手によって見えない部分も一つ一つ丁寧に製作していきます。商品がお客様のお手元に届いた時、足を通していただいた時、笑顔いっぱいに喜んでいただけるよう愛情を込めて大切に丁寧に仕上げています。

事業戦略

ベルは「消費者直結のメーカーにしかできないこと」を追求し、オンリーワンの製品やサービスで社会に対する存在意義を追求します。

1.流通に革命。卸問屋からの脱却で、商品開発力強化
現在日本では卸問屋や大型チェーン店がOEMを進めるため、なかなか世界に通用するメーカーブランドが育たない環境にあります。
しかしベルは、卸問屋や大型チェーン店との取引から脱却し、ネット通販や催事など直販が8割以上を占めるようになった結果、通常の流通の様々なしがらみである、
  「価格帯の束縛 ⇒ コストの抑制 ⇒ 質の低下 ⇒ デザイン、価格のみの競争」
という悪循環から開放され、
  「現状最高の靴の開発 ⇒ コスト計算 ⇒ 価格決定」
というこれまでにない理想的な循環により開発力が向上しました。ベルは人々の期待の上を行く商品を作り、個性的で世界に認知されるブランドを目指します。

2.生産体制に革命。「セールをしない店」を実現
生産体制の特性として、売上の50%を占める人気商品は完成品をある程度用意し、他は半製品で準備・保管する体制をとっています。各パーツがある程度兼用の商品を企画するため、売れたら追加で売れた分だけ組み立てるというロスのない生産体制を確立しました。
それにより、ファッション関係ではあまり見ることのない「セールをしない店」「セール品を売らないプロパー催事のみ」という理想的な工場直販が可能になりました。

3.リアル店舗でメーカーの特性をいかす
この2年間の催事では、「履いて試して靴を買う」シルバー層の反響があまりにも大きく、「どこに店があるか」と聞かれ続けました。神戸のショッピングモール須磨パティオに出した売り場面積がわずか4.5坪のテスト店舗では、月に平均240万円の売上を上げ、予想の売上の約2倍、利益では予想の約3倍という結果を出し、リアル店舗での販売の大切さを思い知りました。特に、片足違いのサイズや足回りのワイズ調整という特注を武器に持っていることから、今後、リアル店舗を増やすことによってなおさらその特性をいかすことができると考えます。


ファンド対象事業と資金使途

ベルは、インターネット販売だけでもやっていけるようになりました。
しかし、一般的にインターネット販売のマーケットシェアはリアル店舗のおよそ1割に過ぎません。 テスト店舗である須磨パティオ店での成功を踏まえ、今後、ベルはリアル店舗での販売にチャレンジし、出店を加速させながら世界的なブランドを目指します。

2013年は、新設モールであるブランチ神戸学園都市への出店と初の路面店である京都三条店をオープンする予定で、これら2店舗での展開が本ファンドの対象事業となります。新設モールのブランチ神戸学園都市店は須磨パティオ店の3倍の面積、もう一店舗は、催事が大変好調な京都での出店ということになります。

事業計画上、店舗立ち上げ初年度の売上金額として、学園都市ブランチ店5,060万円、京都三条店3,300万円、合計で8,360万円を予想、本ファンドの会計期間である5年間を通して、2店舗合計の年平均売上金額は8,877万円となっております。

利益を十分確保できるよう、既存店舗よりも原価率を高めに設定するなど保守的な事業計画を立てています。

ファンド資金使途
本ファンドの資金は、ブランチ神戸学園都市店と京都三条店の内装費用等、2店舗の開店費用として使う予定です。事業は好調ですが、開発費と別に、店舗の展開に必要な資金を捻出するにはまだまだ力が足りない状況です。

(注1)出資金22、500、000円×5.5%=1、237、500円(税込)
(注2)出資金22、500、000円×1.05%×5年=1、181、250円(税込)
(注3)上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。

ベルと阪神・淡路大震災

震災後、個人事業の靴工房であったベルシューズが、2011年に株式会社ベルという新会社として、再スタートを切るまでは、多くの困難にぶつかってきました。

皆が忘れた頃に、得意先が次々と倒産。資金繰りが困難に。
阪神大震災後4年間はなんとか自力で踏ん張るも、次々と得意先が倒産し数億円の手形が紙切れとなり、そして販売先の激減によりついにベルシューズも不渡りを出してしまいます。それでも利益を出していたことや、ヒットメーカーであったという信頼から、仕入先の協力でなんとか工房の解散を免れました。しかし、過去の不渡りの事実はいつまでたっても金融機関の判断材料からは消えず、株式会社ベルの立ちあげまでは、常に資金繰りに苦しむ自転車操業を余儀なくされてきたのです。

この18年を振り返り、ベルの高山さんは言います。
「日本人は「遠慮」や「世間体」「恥じらい」などをどうしても持ってしまいますが、ビジネスで本当にやりたいことが世の中の役に立つなら、革命を起こすようなことなら、そのようなためらいは捨て、協力を積極的に仰いでください。その勇気と行動力があれば、再建・復興は必ず、そして早く達成されます。今回のファンドで私たちが協力を仰ぐこともまた、まだまだ果たすことができずにある大きな夢と社会への貢献を自負しているからなのです。」

ベルの阪神・淡路大震災からの歩みをもっと詳しくしりたい方はこちら

事業者メッセージ


「数多くの苦難の中、この工房は経営陣だけの能力では決して存続できませんでした。社員の理解と忍耐、そして取引先の協力、インターネットを通じてのファンの人の支え、それらのまさに「絆」が私達をここまで導いてくれました。
究極の苦しみの際、必死でもがいていると不思議と助け舟を渡され乗り越えてこることができました。このことによって「我々しかできない大きな仕事が待っている」との使命感を強く感じるようになり、さらに開発に力を入れることができるようになりました。 これからも良い結果に甘んじることなく日本の靴に新しい風を吹き込んでいきたいと思います。」

(株式会社ベル 代表取締役 佐藤博文(写真中央)/製造・企画 高山雅晴(写真右))

投資家特典

出資者全員に「やさしい靴工房 ベル」の靴を1口につき1足プレゼント。
応援してくださる皆さまには、何よりベルの靴を試していただきたい、自信があるからこそ、プレゼントさせていただきます。
メンズかレディース、色やサイズはお選びいただけます。デザインは一部おすすめ品(特許取得の売れ筋商品)の中からとなります。

(商品例)
ウエッジウイング(sofaシリーズ)(男性用)/12,390 円(税込み)(写真左)
KAYAK(sofaシリーズ)(女性用)/8,925円(税込み)(写真右)



(注1)特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
(注2)ご選択いただける商品の種類やお申込み方法、発送時期等の詳細につきましては、契約期間中、出資者の方に別途ご連絡いたします。
(注3)複数口数お申込の方は、年に1足ずつ、複数年にわたりプレゼントいたします。(例:2口の方は、1年目と2年目の2回、5口の方は、1年目から5年間にわたり5回)
(注4)海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

2016年12月21日 16:372016年10月までの売上報告

 売上報告

※ 2016年11月22日に投資家限定ブログに掲載した営業報告を転載いたします。

2016年10月までの営業状況について、ご報告いたします。

[売上報告]
/data/blog/archive/original/29977.jpg
[参考]
ファンド損益分岐売上金額(月額): 4,166,667円(2店舗の合計)
ファンド損益分岐売上金額(年額):50,000,000円(2店舗の合計)

※ 本ファンドの会計期間は2014年1月から2018年12月までです。 
※ 売上金額は監査前のため変動する可能性があります。 最終売上金額については監査後の分配明細書にてご報告させて頂きます。営業売上状況の速報数値としてご確認ください。 
※ 本ブログに掲載している売上情報は、無断で複写・転用・転載をすることを禁止いたします。 
ブログやSNS等で一般公開することで営業者の経営に悪影響をもたらす可能性等があるためです。 


[営業者コメント]
やさしい靴工房 - Belle and Sofa でございます。
いつもありがとうございます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  過去最高を更新! 絶好調です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

理由はあえて述べません
特別の理由がなく、複合的に様々な積み重ねが化学変化しているような理想的な状況でございます。

2店を合わせて、リクープ値416万円のところ、10月はなんと900万円を超える売上を出しております!


1年の中でも4月と並び、靴の販売では良い数字が出やすい10月ではございますが、新製品や特別の売れ筋が現れたのでもなくこの素晴らしい成果には、ただただ関わった人々のつながりの強さに感謝でございます。

心ある仕事、心ある投資 ・・・ 拍手&バンザイです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 新ファンド募集開始しました  新たな新事業開拓へ  そして内部改革も
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新たな挑戦ファンド募集開始いたしました!
https://www.securite.jp/fund/detail/2742

まずはレインブーツのコラボ開発から。

弊社では不可能な製法技術をもつ企業と連携し、自社の製品の売れ行きに悪影響を及ぼさない製品の開発が重要だと考えました。
雑貨、小物、メンズシューズなど、従来の女性向きコンフォートカジュアルではない製品を。

その一つがレインブーツ、レインシューズ。
皆さんのイメージするレインブーツではなく、見た目は全く普通のブーツというのが特色。
またこのコラボを成功させることにより、ファッション業界以外の防水が必要な職業専門靴の開発にも力を入れて参ります。

このファンドの特色は、レインブーツの成果だけに左右されるものではなく、トータルの弊社の売上金額を基準といたしますので、弊社に存亡の危機が現れない限り一番安心して見守っていただけるファンドになっていると確信しております。

具体的に申しますと、これまでの売上推移は2013年度は4億2千万円、2014年度は5億8千万円、2015年度は6億2千万円、そして今年は7億2千万円の見込みでございます。

このファンドはリクープ値が平均1億3百万円に設定されておりますので、基本的にはマイナスリクープは予想し難いと考えております。
例えば2015年の6億2千万円レベルで推移したとしても、120%強の償還 + 特典という設定でございます。

そして皆様から応援いただく資金により、新たなチャレンジと内部の構造改革により利益率のアップを試みます。
利益の充実により、靴の進化と雇用革命、地域への貢献をしっかり果たし、「存在を感謝される会社」を目指します。


以上近況の報告と明るい未来へ続く展望でございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

やさしい靴工房- Belle and Sofa
高山 雅晴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 投資家特典について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ファンドは、1口につき1足の靴が投資家特典としてプレゼントされます。
3口以上お申込みで、3足目をまだご注文いただいていない方は、お早めにお申込みください。
また、まだ1度もご注文いただいていない方も、今からでも対応いたしますので、ぜひお申込みください。

※ お申込み方法がご不明の場合は、ミュージックセキュリティーズまでお問い合わせください。
      問い合わせ先:http://www.musicsecurities.com/inquiry/
※ 靴に関するお問い合わせは直接、株式会社ベルまでお願いいたします。
  問い合わせ先:webmaster@belle-co.jp



【販売情報】
期間限定!
新潟:伊勢丹新潟店 11月30日(水)~12/5(月)
広島:そごう広島店 12月7日(水)~ 12月13日(火)
山口:大丸 下関店  12月7日(水)~ 12月12日(月)
千葉: そごう千葉店  12月9日(金) ~ 12月18日(日)
熊本: 鶴屋百貨店   12月7日(水)~ 12月13日(火)

各イベントスペースで開催いたします!
その他、ベルの靴を実際に手にとって見れる 実店舗・催事会のご案内です。
随時更新中ですので、チェックしてみてください。
http://www.belle-co.jp/sub/specialevent/


【やさしい靴工房 - Belle and Sofa】
〒653-0037
兵庫県神戸市長田区大橋町1-2-11
TEL:078-742-8188(AM10:00~PM17:00)
URL: http://www.belle-co.jp
 

ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス