ファンド詳細運用中

長岡 加勢牧場ガンジー牛乳ファンド

全国でも希少なガンジー牛乳を季節問わずに味わってもらいたい

一口金額11,000円 申込状況運用中
地域新潟県 長岡市 参加人数 151人
分野食品製造、酒、農業・畜産・林業、飲食店 募集総額4,950,000円
募集期間2016年7月28日~
2016年10月31日
シリーズ
特典
お申し込み頂いた口数に応じて下記内容の特典を贈呈します。
【1口のみの場合は特典の用意がございませんのご留意下さい。】

1口:なし
2口:ガンジーソフトクリームもしくは珈琲牛乳のサービスチケット×5枚(2,000円相当)お届けします。(※)
3口:ガンジーアイスクリーム12個セット(送料込み5,000円相当)をお届けします。

※サービスチケットは道の駅「良寛の里わしま」もしくは移動販売車にてご利用頂けます。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 長岡 加勢牧場ガンジー牛乳ファンド
営業者 有限会社ケーエスファーム
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 4,950,000円 (495口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 11,000円/口 (内訳:出資金10,000円 取扱手数料1,000円)
(上限口数:100口)
募集受付期間 2016年7月28日〜2016年10月31日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 本匿名組合事業が開始した日の翌月1日から2年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
99,000,000円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

長岡 加勢牧場ガンジー牛乳ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、乳牛の繁殖状況、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。 

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りが悪化するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化するリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

17. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

19. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2016年12月末までに本匿名組合事業の出資金の使途となる製造設備を購入できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 新規事業に伴うリスク
本匿名組合契約の事業計画には、新規事業が含まれます。当該新規事業については、運営体制の構築あるいは製造・生産・販売する商品の安定的な調達及び安定的な運営を図るまでに予想外の時間を要する可能性があります。また、これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(2年間)の累計売上金額(税抜)は115,000千円(年平均売上金額57,500千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は99,000千円(年平均売上金額49,500千円)です。なお、営業者の前期の売上金額(税抜)は49,082千円です。
/data/fund/2425/売上明細 システム貼付け用.png

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は昭和63年に設立された有限会社です。創業以来酪農及び加工品等の生産販売を行っており、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 酪農事業の運営
営業者は創業以来酪農事業を行っており、既に乳牛、牛舎、生産設備、生産技術を有しております。また、今後は乳牛数を増加させることで生産量の増加により、既存取引先を中心に販売を増加させていく計画です。
b. 加工品等の生産販売
本匿名組合契約の事業計画達成には、加工品等の生産販売が必要になります。この点営業者は、従前より冷菓等の生産販売を行っており、生産販売の実績とノウハウを有しております。
c.  新規事業の運営
営業者は今後、コーヒー等のカフェ商品及び冷菓の製造受託を計画しております。この点営業者は、カフェ事業の経験のある従業員を採用しており、カフェ商品に必要な設備は本匿名組合の出資金により購入する計画です。また、冷菓の製造受託については、既に有している製造設備を使用して進めていく予定です。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。
・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×5.0%÷495口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×5.0%÷495口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×3.0%÷495口×1口
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口10,000円の出資の場合)
/data/fund/2425/シミュレーション表 システム貼付け用.png

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口10,000円の出資金に対し、1口分配金額が10,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/10,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)
お振込手数料
(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 324円 324円
みずほ銀行 324円 324円
三井住友銀行 216円 324円
楽天銀行 51円 51円
ジャパンネット銀行 54円 54円
その他銀行 324円 324円
  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2016年7月28日~2016年10月31日
2 会計期間 本匿名組合事業が開始した日の翌月1日から2年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回 会計期間開始日より1年後
第2回 会計期間開始日より2年後
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2016年6月30日現在)
/data/fund/2425/会社概要 システム貼付け用.png

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2016年6月30日現在)
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 長岡 加勢牧場ガンジー牛乳ファンド
新潟県長岡市で全国でも希少なガンジー牛を飼育する「加勢牧場」。ガンジー牛から絞った牛乳はその濃厚な味わいから首都圏の高級スーパーでもラインナップされ、ガンジー牛乳を使ったソフトクリームは1日1,200個を販売するほどの人気を誇り、遠方よりその味を求めて来るファンも急増しています。

本ファンドでは、そんなガンジー牛乳について季節を選ばず楽しんでもらえるよう、牛乳を用いた加工品を拡大し販促を行うための費用を募集させて頂きます。投資家特典は、口数に応じた内容をご用意いたしました。是非ガンジー牛と加勢牧場の取り組みをご支援ください。
 

本ファンド対象事業の魅力

ゴールデンミルクと呼ばれるガンジー牛乳
ガンジー牛乳は、英仏海峡に浮かぶガンジー島原産の乳用牛であるガンジー牛から搾られ、その特徴は「濃厚でありながらスッキリとした味わい」と「栄養価の高さ」です。ガンジー牛の起源は「ジャージー種」と同じく、フランス「ブルトン種」や「ノルマン種」をもとに改良されました。ジャージー種が「ブルトン種」の影響が強いのに対し、ガンジー種は「ノルマン種」の影響を強く受けています。毛色は黄褐色の地に白斑(はくはん)があり、多くは額に星があります。体型は「ジャージー種」によく似ていますが、骨太で粗野な感じがあり、性格は温厚で環境適応能力が非常に優れており、アメリカの探検家が南極探検の際に「ガンジー種」を参加させ、基地で牛乳生産を行ったという有名な話もあるほどです。


/data/fund/2425/画像1.jpg
世界的に見ても飼育数が少なく、日本には明治末期に輸入されましたが、国内では約300頭しか飼育されていない大変希少な乳用牛です。その希少性の最大の理由は、「生産効率の悪さ」。一般的なホルスタイン種に比べて半分以下の搾乳量となるだけでなく、高い脂肪分によって詰まりやすいため、人の手で優しくマッサージをしながらでないと搾乳ができず、どうしても他の乳牛に比べて効率が劣ります。

濃厚でほんのり甘く、コクがあるのにすっきりとした飲み口で、欧米では「ゴールデンミルク」とも称されるほどの違いを生み出すガンジー牛乳ですが、市場流通ではコストを回収できないため、飼育牧場は増えず多くの方々にお届けできていないのが現状です。


ガンジー牛専門牧場に生まれ変わった「加勢牧場」/data/fund/2425/画像2.jpg
ファンドの営業者となる加勢牧場の加勢勉社長は、1952年に新潟県長岡市の兼業農家(稲作)の家庭に生まれました。農業高校に進んだ加勢社長は、18歳のときに酪農研修で北海道の地に足を踏み入れ、「酪農」の仕事に魅了されました。帰省した加勢社長は、両親に頼み込んで乳牛(ホルスタイン)を購入し、高校に通いながら酪農の道を志しました。そして、高校の卒業と同時に酪農家として独立しました。


ホルスタイン種1頭からスタートした加勢牧場は、1995年にはホルスタイン種を60頭飼育するまでに拡大しました。しかし、その頃から頭数を増やし、搾乳量を求める酪農経営の限界を感じるようになり、「良質な牛乳を絞り、高付加価値の商品を提供していく必要がある。」と考えるようになりました。全国から様々な種類の牛乳を取り寄せ、自ら飲み比べて研究を開始。そして辿り着いたのが、「ガンジー牛乳」でした。コク深くも飲んでいて飽きのこないガンジー牛乳に惚れ込んだ加勢社長は、ガンジー牛の導入に向けて譲ってもらえる牧場を探し求めます。

ただでさえ頭数の少ないガンジー牛は、門外不出として、そう易々とは手に入りませんでした。しかしながら、加勢社長は決して諦めず、足繁く牧場に通いつめて熱意を伝え続け、1997年にようやく迎え入れることができたのが「みちる」というガンジー牛でした。現在の加勢牧場のガンジー牛たちは「みちる」の子孫です。



念願だった「ガンジー牛」の飼育をスタートさせるも、当時は誰もガンジー牛乳を知りません。手間をかけて搾った牛乳もなかなか手に取ってもらえず、金銭的な苦労も絶えない状況が続きましたが、自らが選んだ牛乳の味だからこそ決して諦めることなく、毎週末の試飲活動やチラシ配りといった活動を続けていきました。

この地道な努力が結実し、ガンジー牛を導入して20年が経過した現在、加勢牧場のガンジー牛乳は、新潟県長岡市の特産品として採用され、全国の名だたる「プレミアム牛乳」と肩を並べて高島屋や明治屋などで取り扱われており、舌の肥えたバイヤーからも高い評価を受けています。


(高島屋のバイヤーと共同開発した85℃低温殺菌の「ガンジー牛乳 500ml 500円(税別)」。高島屋の他、明治屋などでも取り扱われ、高価格帯にもかかわらず人気を博しています。バーコードにもデザインのこだわりがあるので是非手に取ってみてください。)

「加勢牧場」のこだわり
牛たちの健康づくりにかかせない飼料や水のこだわり
ガンジー牛を専門に飼育している加勢牧場ならではのガンジー牛乳に対する強いこだわりと情熱があります。乳質向上のために牛たちには、牧草(イネ科・マメ科)とトウモロコシ等の配合飼料を与えることで、食生活から牛たちの健康をサポートしています。自分たちで手作りした飼料を与えたこともありましたが、湿度の高い新潟では安定した飼料が作れず、逆に牛達に品質の良くないものを与え、牛乳の質を落としてしまったことがありました。そのため、カナダを主に、アメリカ、オーストラリアから輸入した品質の安定した飼料を、個々の牛に合わせた分量を見極め、必要に応じて専用のサプリメント等も与えることで牛たちの健康的な身体づくりをサポートしています。また、新潟県長岡市は古くからの酒蔵が多数あることにも見られるように、良質な水資源が豊富な土地です。牛乳の8割強は水分であり、美味しい牛乳に欠かせない要素である水については長岡の美味しい水を飲ませることで乳質の向上に努めています。
 
ガンジー牛の飼育環境
育成牛(生まれた直後から初産までの牛)は、春から秋にかけて外で放牧させ、体力をつけさせます。初産後は搾乳が可能になるため、怪我や牛同士のケンカ、そして誤って毒草等を食べてしまわないよう、管理された舎屋内で過ごし、良質な牛乳の生産に集中させています。また、新潟の気候風土は、夏は高温多湿、冬は豪雪地帯で、年間を通じて気温・気候の変化が大きい地域です。通常の牛(ホルスタイン種)は気温が高くなる夏から秋にかけて、よく体調不良を起こし、乳質、乳量の低下だけではなく、搾乳すらも出来なくなるものも多くいました。しかし、ガンジー牛の環境適応能力は非常に優れており、季節に応じて若干の乳質の変化はあるものの、牛たちの体調が著しく悪化することは一切ありません。新潟の気候風土に非常に適した品種の牛と言えます。

 
/data/fund/2425/10476073_531256950313768_7924931704244737060_o.jpg
ガンジー牛乳関連商品のこだわり
現在、加勢牧場ではソフトクリームとジェラートを中心に加工品の製造販売を行っています。搾りたてのガンジー牛乳から生クリームを分離させ、その生クリームに国産のグラニュー糖を混ぜて作っています。ガンジー牛乳本来の味わいを最大限引き出すために、香料・着色料などは一切使用せず、さらに糖の使用量を少なくし、濃厚でありながらもサッパリとしたヘルシーな商品製造を心がけています。ガンジーソフトクリームは、道の駅「良寛の里わしま」をメインに販売され、1日に2,000個を売り上げるほどに支持を集めています。
(参考:http://tabelog.com/niigata/A1502/A150201/15001493/


「加勢牧場」の次なる挑戦
ガンジー牛乳の評価が高まるにつれて取引先が拡大し、売上も増加傾向にありますが、現在の主力商品が牛乳、ソフトクリームやアイスクリームであるため、どうしても冬場の売上が落ち込んでしまうという課題が残ります。その解決策となる一つとして当社が考えているのが「カフェラテ」の展開です。新潟県燕市のツバメコーヒー様との取引がきっかけとなり、走る美術館として話題の「現美新幹線」内で提供されるカフェラテにはガンジー牛乳が採用されています。このカフェラテがご好評頂いており、ガンジー牛乳の新たな魅力を引き出してくれています。
(参考:「ツバメコーヒーWEBサイト」http://tsubamecoffee.com

このカフェラテを加勢牧場の新商品としてご提供し、焼き菓子などの新商品開発にも注力していきたいと考えています。また、ガンジー牛乳の一層の認知度向上を目指し、関連商品を販売しながら広告宣伝も行うための移動販売車を導入します。
ガンジー牛乳をより多くの方々にご愛飲頂くため、この挑戦に必要となる資金を今回のファンドで募集させて頂きます。ご出資頂いた皆様には、口数に応じて、サービスチケットやアイスクリームをご贈呈させて頂きます。是非、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

投資家特典


(3口以上ご出資頂いた方にお届けする「ガンジーアイスクリーム」)

お申し込み頂いた口数に応じて下記内容の投資家特典をご贈呈します。
【1口のみご出資の場合は分配金のみで投資家特典の用意がございませんのご留意下さい。】

1口:なし
2口:ガンジーソフトクリームもしくは珈琲牛乳のサービスチケット×5枚(2,000円相当)をお届けします。(※)
3口:ガンジーアイスクリーム12個セット(送料込み5,000円相当)をお届けします。

※サービスチケットは道の駅「良寛の里わしま」もしくは移動販売車にてご利用頂けます。
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
 
 
参考ウェブサイト加勢牧場      http://www.kasebokujo.com
加勢牧場facebook   http://fb.com/430596973713100
ブログ       http://ameblo.jp/kasebokujo​

ファンド対象事業内容

本匿名組合の対象事業は、出資金を用いて営業者が行う乳製品及び加工品等の製造販売並びに製造受託事業のことであり、本匿名組合事業の成果をもって、損益の分配及び出資金の返還を行います。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
 
2016年9月25日 14:18皆様から出資頂きました資金が振り込まれました!

こんにちは!

加勢牧場の加勢と申します!

早いもので9月ももう終わりますね(^_^;)

先日、皆様からご出資を頂きました「資金」が、ミュージックセキュリティーズさんより振り込まれ、

いよいよと、事業の本格スタートをさせて頂きます!

/data/blog/archive/original/29244.JPG

予想よりも、早く募集額に到達し、

「こんなにも早く集まるものなんだ・・・(@_@;)」

という驚きと、

あまりにも早く到達してしまったため、

もともと入っていた仕事の兼ね合いもあり

初動が遅くなってしまいました・・・。

しかし、本日でシルバーウィークも終わり

いよいよ本格的に事業のスタートを切らせて頂きたいと思います!

随時活動報告をさせて頂きます!

今後とも、加勢牧場を何卒よろしくお願い致しますm(__)m


加勢牧場ブログ → http://ameblo.jp/kasebokujo

加勢牧場フェイスブック → https://www.facebook.com/加勢牧場-430596973713100/


 

2016年7月30日 07:58募集金額に達しました!大変ありがとうございます!

加勢牧場の加勢です。

多くの方の共感を頂き、早くも募集金額に達しました!

本当にありがとうございますm(__)m

お預かりしたお金を活用し、事業の成功に加勢牧場のスタッフ一同全力を尽くしたいと思います!

まずは、取り急ぎ御礼を申し上げます。

重複致しますが、本当にありがとうございましたm(__)m

/data/blog/archive/original/28645.jpg

加勢牧場の牧場ブログ → http://ameblo.jp/kasebokujo/
 

2016年7月29日 19:24よろしくお願い致しますm(__)m

はじめまして!

加勢牧場の加勢健吾(カセ ケンゴ)と申します!

加勢牧場は、ガンジー牛というイギリス原産の非常に珍しい乳用種を飼育しています。

今から20年前・・・。

当時ホルスタイン牛を60頭飼育していた、加勢牧場の創業者であり、今も社長として、日々乳搾りをしている私の父(加勢 勉)は

「せっかくならどこよりも美味しい牛乳を生産したい!」

という思いで、全国の有名な牛乳を一斉に取り寄せ、飲み比べました。

当時の僕はまだ小学生でしたが、そのときのことをうっすらとですが覚えています。

その取り寄せたたくさんの牛乳のうち、栃木県の南ヶ丘牧場から送って頂いた「ガンジー牛乳」が最も美味しいと、父は感じたらしく

「ガンジー牛乳が一番うまい!」

「ガンジー牛乳を生産したい!」

という、思いからスタートさせたガンジー牛乳の事業・・・。

ガンジー牛を入手するのも大変な苦労でしたが、

そこから商品化までの道のりも長く険しく・・・

さらには商品化に成功しても、全然売れない日々が続きました・・・。

しかし、多くの方のご協力を頂き、20年経った今では、新潟県長岡市の特産品として地元の方々に愛される牛乳にまでなりました。

父が惚れた牛乳を、もっと多くの人に味わって頂けるよう、父をはじめ、スタッフ一同頑張りたいと思っております!

このファンドで集めさせて頂いたお金で、さらなる挑戦をしていきたいと考えています!

つたない文章で大変恐縮ではありますが、よろしくお願い致します!


/data/blog/archive/original/28640.jpg

加勢牧場の牧場ブログ → http://ameblo.jp/kasebokujo/