ファンド詳細運用中

風で織るタオルファンド2012

一口金額50,000円 申込状況運用中
地域愛媛県 今治市 参加人数 104人
分野製造 募集総額17,800,000円
募集期間2011年11月30日~
2012年6月30日
シリーズ
特典
・タオルの贈呈

・今治本社または東京事務所見学会


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 風で織るタオルファンド2012
営業者 池内タオル株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額(口数) 17,800,000円(356口)
申込単位(1口あたり) 50,000円
(上限口数:20口)
取扱者の報酬 ・取扱手数料:出資金の5.25%(税込)
・監査報酬 :105,000円/年×5年=525,000円
・成功報酬 :  リクープ前:リクープ前売上高(税込)×0.1%
 リクープ後:リクープ売上高(税込)×0.1%
       +(リクープ後売上高(税込)-リクープ売上高(税込))×0.7%
募集受付期間 1次募集:2011年11月30日~2012年3月31日
2次募集:2012年4月1日~2012年6月30日
会計期間 本件タオル売上計上日~本件タオル売上計上日から5年後(5年間)
契約期間 本匿名組合契約成立日~本件タオル売上計上日から5年後
分配方法 会計期間開始後、毎年1年ごとの決算より60日を超えない日から
随時、引き出し可能
(※)当初3年間において、毎年の分配金額の上限を3,600,000円
とさせていただき、分配金額が3,600,000円を超過する場合には、
分配金額が3,600,000円に満たない期の分配時、あるいは、第4回
分配時以降に、超過金額の一部または全部を分配するものとし
ます。これは、本匿名組合事業において、営業者は、出資金に
よって購入する織機を用いることで生産能力を高め、売上額の
拡大を目指しており、売上増加に伴う原材料費として一定の資
金を手許に残しておく必要があるためです。
予想リクープ売上高 5年累計145,306,122円(税込)(29,061,224円(税込)/年))
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、書面又は取扱者のウェブサイトより
お申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結
します。

なお、本契約は、出資者が出資金、出資金取扱手数料(および応援金)
の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもって
その効力を生じます。従って、出資金、出資金取扱手数料(および応
援金)が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャ
ンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の
取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込み
ください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

風で織るタオルファンド2012の締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性がございます。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません(ただし、クーリング・オフ期間を除きます)。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。また、本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく金銭分配は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払のみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上営業の成果によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払が行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回る可能性があります。また、現物分配は、地震等による被害その他現物分配の対象となる財産の破損等の事情により、本件タオルの現物分配をすることができない可能性があります。

4.営業者の信用リスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、会社更生、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払又は現物分配が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する分配金額の支払請求権及び現物分配の交付請求権には、何ら担保が付されていません。本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払が行なわれないリスクがあります。また、本匿名組合契約においては、分配が発生していても、当初3年間は3,600,000円を超過する分配金額については分配されません。当該超過金額は、分配金額が3,600,000円を超えない期の分配時、あるいは、第4回分配時以降に分配することを予定しておりますが、営業者の経営状況によっては分配されないリスクがあります。なお、リクープ実現ができない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行なわれないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払および出資金の返還は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合にかかる分配金額の支払が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われない可能性があります。

6.本件タオルの生産リスク

本件タオルの生産については、生産設備の稼働状況、原材料となるオーガニックコットンの調達不能、外部委託先における事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7.本件タオルの販売リスク

本件タオルは、営業者の判断の下、大手百貨店、各種小売店等に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により生産者予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.卸売会社の信用リスク

本件タオルの一部は卸売会社に販売され、販売代金が営業者に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間卸売会社内に滞留され、その間卸売会社の信用リスクにさらされます。このため、卸売会社が破綻した場合、金銭での分配はもちろん、出資金の返還および現物の分配が行われない可能性があります。

9.各種百貨店・小売店等の信用リスク

本件タオルは大手百貨店、各種小売等の需要者に販売され、その販売代金が営業者に支払われます。本件タオル販売から代金回収までの期間、当該販売代金は一定期間売掛金として需要者に滞留され、その間需要者の信用与信リスクにさらされます。このため、需要者が破綻した場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

10.経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

11.資金繰りが悪化するリスク

借入れに対する金融機関からの返済条件の変更、あるいは今後事業を継続するうえで借入れが必要となった際の追加融資が認められず、資金繰りが悪化するリスクがあります。

12.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク

営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
・リクープ前:リクープ前売上高(税込)×12.25%÷356口×1口
・リクープ後:リクープ売上高(税込)×12.25%÷356口×1口
+(リクープ後売上高(税込)-リクープ売上高(税込))×1.3%÷356口×1口

(※)当初3年間において、毎年の分配金額の上限を3,600,000円とさせていただき、分配金額が3,600,000円を超過する場合には、分配金額が3,600,000円に満たない期の分配時、あるいは、第4回分配時以降に、超過金額の一部または全部を分配するものとします。これは、本匿名組合事業において、営業者は、出資金によって購入する織機を用いることで生産能力を高め、売上額の拡大を目指しており、売上増加に伴う原材料費として一定の資金を手許に残しておく必要があるためです。

分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

※1口 50,000円の出資の場合


(注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口50,000円の出資金に対し、1口分配金額が50,000円となる時点を償還率100%としています。
匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/50,000円

(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

(注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行 315円 315円
みずほ銀行 315円 315円
三井住友銀行 210円 315円
楽天銀行 50円 50円
ジャパンネット銀行 52円 52円
その他銀行 315円 315円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 1次募集:
 2011年11月30日~2012年3月31日
2次募集:
 2012年4月1日~2012年6月30日
2 会計期間 本件タオル売上計上日~本件タオル売上計上日から5年後(5年間)(※)
(※)本件タオル売上計上日とは、コットンヌーボータオル2012の売上が初めて計上された日をいいます。なお、2012年2月を予定しておりますが、タオルの生産状況によって、変更となる場合があります。なお、売上計上日は、後日、ご出資いただいた皆さまにご報告いたします。
3 契約期間 本匿名組合契約成立日~本件タオル売上計上日から5年後
4 決算日 ・第1回決算日:
 本件タオル売上計上日から1年後
・第2回決算日:
 本件タオル売上計上日から2年後
・第3回決算日:
 本件タオル売上計上日から3年後
・第4回決算日:
 本件タオル売上計上日から4年後
・第5回決算日:
 本件タオル売上計上日から5年後
6 分配日 各決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2011年10月31日現在)

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2011年11月9日現在)

このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 風で織るタオルファンド2012

ファンドの目的

(1) 途上国の農家の健康を犠牲にして生産される綿製品

タオルやシーツなどの日常にあふれる綿製品。

安価な綿製品のなかには、途上国で極めて危険な労働条件のもと製造されているものがあることをご存知でしょうか。

たとえば、世界的な綿花の栽培地でもあるインド。インドの綿花地帯は、農地の5%でしかないにもかかわらず、全農薬のうち50%を利用しているため、農民の癌患者が急増しているとも言われています。農民の多くは、1年に20~30回の大量の農薬を散布しているにもかかわらず、文字を読むことができないため、取扱説明書を理解することができず、適切な防護体制を整えることができません。


(2) 池内タオルが利用するのは、農薬などを使わない有機栽培綿

『最大限の安全と最小限の環境負荷』をモットーに生産を行う池内タオルは、有機栽培綿(オーガニックコットン100%)を利用しています。有機栽培綿は3年以上、農薬や化学肥料を使わない畑でとれた綿花を認定紡績工場で紡糸するという極めて厳しいEU規定で作られたものです。そのため、通常の綿価格に比べ、有機栽培綿は3~4倍かかります。

染色工場において、塩素漂白など環境負荷の高い化学物質の使用を避け、重金属を含まない反応染料による染色をしています。最終仕上げの洗浄には、石槌山系の地下水(ヴァージンウォーター)を使っています。反応染料の使用での環境負荷は排水が最大の問題となりますが、 COD12ppm以下という世界のトップレベルの排水浄化設備を有するINTERWORKSで染色仕上げを行っています。

このように、厳正な基準のもと作られた有機栽培綿、タオルの製造工程を維持するためには、大きなコストを負担する必要があります。2003年に民事再生法の申請を行い、 2007年に民事再生手続きを終えたとはいえ、基本的には銀行との取引が難しく、資金的な余裕のない池内タオルにとっては、簡単なことではありません。


(3) 1年目の実績を糧に2年目の挑戦「コットンヌーボー」

安定しない品質を個性と考え、毎年、ワインのようにコットンの違いを楽しむ。皆さんと新しいオーガニックの考え方である「コットンヌーボー」をつくりあげる池内タオルの昨年から始めた取組です。

お客様、タンザニアの農家の方、出資者の方、百貨店・小売店等の皆さまに支えられて、お陰さまで、2011年11月末現在、バスタオルのみを残して完売することができました。「コットンヌーボー2012」では、この実績に甘んじることなく、多色化を実現させるととももに、年明け可能な限り早い時期に販売できるよう体制を整えることで、さらなる成長を目指し、タンザニアの農家の方から長期にわたって安定的にオーガニックコットンを購入してまいります。

また、今回のファンドでは、コットンヌーボーなどを織るための織機を購入いたします。皆さまに5年間という長期にわたって支えていただくことで、綿全量のうちわずか0.76%でしかないオーガニックコットンの生産量および消費量の拡大を目指します。その結果、『最大限の安心と最小限の環境負荷』の実現に一歩、近づくことができます。どうぞ、「風で織るタオルファンド」にご参加ください。

 

コットンヌーボー2年目の挑戦 プロジェクト概要

ワインのように今年のタオルを味わう

毎年、指定の畑で収穫されたばかりのオーガニックコットンでつくるタオル
毎年、決められた時期に発売

ヴォジョレーヌーボーのように今年のタオルを味わう贅沢

本当のオーガニックということ

オーガニックコットンとは?
3年以上無農薬の畑で採れたコットンを言います
ただ、これだけでは不十分
紡績もオーガニックのみを扱う工場を指定
オーガニック以外の製品を扱っている紡績工場では、
オーガニックではないコットンも混在してしまう可能性があるからです
そこまで限定して、はじめて本当のオーガニック

世界で採れるオーガニックコットンは
全量に対して0.76%
それが本当のオーガニックコットン

毎年品質が変わることこそオーガニックの証

本当のオーガニックコットンであること
それは、自然(ありのまま)であること
毎年、その品質が同じであるはずがない

今までデメリットと考えられてきた安定しない品質を個性と考え
毎年、ワインのようにコットンの違いを楽しもう
それが、新しいオーガニックの考え方「コットンヌーボー」です

企業 基本理念

母親が自分の命より大切にする赤ちゃんに安全なタオルを届けたい!

エコマークの時代から、地球環境には関心が高い企業でしたが、1999年ISOを取得し、企業経営として環境と品質の融合に取組んでおります。

特に原材料の多くを綿に依存する業界として、その綿が生産工程において、想像を絶する大量の農薬、消毒薬、さらには枯葉剤までも使用している現実には心が痛む思いです。

我々のような小企業が"枯葉剤使用反対"を訴えても充分な効果は期待出来ませんが、この輪が少しでも拡大していくことに全力を上げております。

弊社の使用する綿を100%オーガニックに変更するにはまだ時間を要しますが、企業の活動自体が地球に環境負荷を与える以上、生産するタオルは出来るだけ長期間に渡り、その製品品質が持続できる物つくりを基本においています。
 

本匿名組合事業について

タオルの生産および販売事業

ファンド資金使途

募集最大総額の匿名組合出資金の使途として、次を予定しております。


(注1)匿名組合出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注2)合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。最終的な合計費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には第1回分配の際に返還させていただきます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用等につきましては、営業者が負担します。

投資家特典

(1)タオルの贈呈 (※)
(2)今治本社または東京事務所見学会
   (交通費、宿泊費等は参加者のご負担となります。)

(※)出資口数に応じて、下記のとおりフェイスタオル(35cm×80cm、以下「FT」)、または、ボックスセット(ウォッシュタオル1枚(35cm×35cm)、フェイスタオル1枚(35cm×80cm)、バスタオル1枚(72cm×145cm)、以下「Box」)をご送付いたします。なお、タオルは、各年のコットンヌーボーを予定しておりますが、生産状況によって、変更となる可能性があります。


※写真は、イメージ写真です。実際の特典とは異なります。
※内容が変更になる場合があります。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス