ファンド詳細運用中

近江 竹内酒造「香の泉」ファンド

能登杜氏四天王から技を伝承。新進気鋭の近江の地酒を全国へ

一口金額31,710円 申込状況運用中
地域滋賀県 湖南市 石部 参加人数 346人
分野食品製造、酒 募集総額20,010,000円
募集期間2015年12月25日~
2016年9月30日
シリーズ
特典
1口につき以下のa,bを選択することができます。
a.地元酒米で醸した香の泉(純米酒)1本(1,800ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)
b.色々な味が楽しめるように、地元酒米で醸した香の泉(純米酒)を2本(それぞれ別銘柄、720ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 近江 竹内酒造「香の泉」ファンド
営業者 竹内酒造株式会社
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 20,010,000円 (667口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 31,710円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,710円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2015年12月25日~2016年9月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2016年10月1日~2019年9月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2017年9月30日
第2回 2018年9月30日
第3回 2019年9月30日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
570,085,471円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナース

近江 竹内酒造「香の泉」ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1. 本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

5. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

6. 製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7. 販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価及び想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9. 経営陣の不測の事態に係るリスク
営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10. 資金繰りが悪化するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化するリスクがあります。

11. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

17. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

19. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

20. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に払い込まれた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(3年間)の累計売上金額(税抜)は664,000千円(年平均売上金額221,333千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は570,085千円(年平均売上金額190,028千円)です。なお、営業者の前期(2014年9月~2015年8月)の売上金額(税抜)は171,632千円です。


(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は、創業より140年の伝統ある酒造です。長年、日本酒の製造・販売について実績を積み上げてきました。その実績とノウハウを活かして当期より、以下の施策を実施することで、生産量を増産させ、売上を増加させる計画です。

a. 原材料の確保
営業者は、地元産の酒米等を使用して清酒を製造しており、酒米の仕入先は既に確保しております。本匿名組合事業の資金で酒米を購入する事により原材料の確保ができます。
b. 清酒の製造
営業者の酒造では、「現代の名工」にも選ばれた能登杜氏の直弟子が杜氏を務めており、製造に必要な設備も保有しており事業計画に必要な生産能力も有しております。
c. 清酒の販売
清酒の販売においては、2期前より販売先のニーズに合わせた銘柄を増産する事により売上高を伸ばしてきました。また、昨年より営業担当者を新たに雇うことにより、販売先の新規開拓を行ってきました。
今後は、製造する清酒の品質を向上させつつ、知名度の向上を図ることにより、事業計画の達成を目指します。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×3.51%÷667口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×3.51%÷667口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×1.7%÷667口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2015年12月25日~2016年9月30日
2 会計期間 2016年10月1日~2019年9月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回 2017年9月30日
第2回 2018年9月30日
第3回 2019年9月30日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2015年11月30日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2015年11月30日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 近江 竹内酒造「香の泉」ファンド
竹内酒造は明治5年(1872年)創業、140年の歴史をもつ滋賀県の酒蔵です。
昨年度、杜氏が高齢のため引退したのを機に、35歳と若き未来のある中村尚人杜氏を迎え入れました。さらに、蔵人6人のうち3人の顔ぶれが一新し、平均年齢が一気に30代へと若返りました。伝統を引き継ぎながらもフレッシュでパワーのある酒蔵となりました。
この新たなメンバーで滋賀県内から県外への販売比率を高め、より売上拡大に挑戦する竹内酒造を応援するファンドです。

本ファンド対象事業の魅力

山柴水明の地、近江の国
/data/fund/1378/bg_history01.jpg山柴水明の地、近江の国は、京の米櫃と言われた肥沃な土地に稔る近江米と、豊かに湧き出る鈴鹿山麓から通ずる伏流水、比叡おろしと呼ばれる近江盆地の寒気があります。
/data/fund/1378/bg_history02.jpg近江の国は万葉の時代より酒造りに適した環境を備えていました。
長年親しまれている「語らずの酒」
東海道五十三次の宿場町のひとつである石部の町は江戸時代に「京立ち石部初泊まり」の言葉の如く、必ず旅人が立ち寄った宿場町として栄えました。
/data/fund/1378/Ishibe_shukubanosato05s3200.jpgそして、旅行く先々でいくつもの酒を飲み比べた旅人たちの間で「石部の酒」の評判は高まり、人伝いに広がり、いつしかこの酒を求めて、人々がやってきたと言われています。

/data/fund/1378/Tokaido51_Ishibe.jpg東海道五十三次の51番目の宿場
/data/fund/1378/8ec0aa9f0753d912dd8b3ab2a888f0cb_s.jpg人々の間では、あまりに美味しいこの酒を自分のものにしておきたいとする心理が働き、口をつぐませました。
「評判のその酒を訪ねても誰も知らない」というこの酒は、いつしか「語らずの酒」と呼ばれ、本陣においても重宝がられたそうです。
 
「常きげん」の農口尚彦(のぐちなおひこ) 杜氏 から技を伝承
能登杜氏の中村尚人氏(35)は、26歳のときに著名な杜氏の農口氏の著書「魂の酒」に感銘し、農口氏に弟子入りしました。
そして、6年間の修業を終え、2015年度より竹内酒造の酒づくりに参画しました。

/data/fund/1378/8.jpg「能登杜氏四天王」の一人と言われる
「常きげん」の農口尚彦(のぐちなおひこ) 杜氏

厚生労働大臣による卓越した技能者表彰制度である「現代の名工」にも選定され、NHK(「プロフェッショナル 仕事の流儀」)をはじめ多くのメディアで紹介されています。
伝統的な山廃仕込みを受け継ぐ技能者で、鹿野酒造時代の「常きげん」は熱烈なファンも多く、農口杜氏のつくるお酒は全て完売するという逸話もあります。

/data/fund/1378/9.jpg
師匠の心と技を受け継いだ若き中村杜氏は、妥協の無いストイックな酒造りにより蔵全体へ大きな変革をもたらしています。
新進気鋭の近江の地酒を醸す
/data/fund/1378/村上さん.jpg

酒造りは麹づくりが一番重要だと言われており、旨みがある麹と香りがある麹をつくれば米の旨みを引き出した酒がつくれるので、麹づくりは一番気を使っているところです。
また、一緒に働く仲間が、気持ちを一つにしていいもの作るっていうところで仕事しないといいものができないので、そういう一緒に働く蔵人の輪を大切にしていいものをつくっていくということを意識しています。
/data/fund/1378/ab7e1dbf8f2978f76717b42db61e60f3_m.jpg 竹内酒造の酒は「きれいな酒」という印象があります。
そのブランドイメージを継承しつつ、新たに旨みや力強さも出していきたいと思っています。
/data/fund/1378/20160222121948.jpg
香の泉
豊かな自然と人情あふれる宿場街石部で生まれ、近江の地酒として長年親しまれています。

/data/fund/1378/2.jpg
唯々
近江のお米にこだわり、純米ならはのただただ美味しいお酒をめざしたお酒です。
県内産酒米の玉栄・吟吹雪・渡船などを使用しています。

/data/fund/1378/4.jpg

太陽と大地のしずく
太陽の陽射しと大地の恵を存分に受けた山田錦を100%使用

/data/fund/1378/b631fa08f9849adf8271e67a971dedd2_l.jpg 食事に合うもの、香りが華やかなものなどの造り分けにも取り組み、新たな「香の泉」、「唯々」を作っていきたいと思います。
「香の泉」の最大の特徴は綺麗で香り高いところです。
これをより活かすために、これまで主に使用してきた「1801酵母」から新しい「1901酵母」に切り替えました。
「1901酵母」は、全国新酒鑑評会で最も使われる「1801酵母」を改良したもので、フルーティーで、スッキリとしたお酒ができる新しい酵母です。
その結果、より端麗に、そして丸みがあるお酒に進化しました。
今年のお酒の出来は上々で、蔵開きの参加者にも大好評でした。

/data/fund/1378/20160221052637.jpg毎年大人数の参加者で賑わう蔵開きの様子
ファンドにより県内から県外へこれまでは地元の酒問屋を通じての流通がメインでした。
県外の方にも飲んでもらいたいという思いから、2期前より純米酒ブランドである「唯々」の販売に力を入れ、県外への流通も増やしました。
その結果、前期は人気商品の欠品が続き機会損失が生まれました。
この度、ファンドによって昨年度より2割生産量を増やし、売上の拡大を目指します。/data/fund/1378/売上グラフ2.jpg

営業者紹介

竹内酒造株式会社

竹内酒造のある旧甲賀郡(現在の甲賀市、湖南市)では地酒志向が圧倒的に強く、多数ある蔵元のなかでも竹内酒造のシェアはトップクラスを誇っています。
竹内酒造はこの自然の恵みを存分に頂きながら、高品質な酒づくりを目指しています。

会社ウェブサイト
ブログ
Facebook
Twitter

代表者紹介

代表取締役 武石恭芳(37)/data/fund/1378/20160221052821.jpg
酒販会社を経て、平成26年度より竹内酒造株式会社の代表取締役就任。

メッセージ竹内酒造は今期一気に若返りを図り、若い造り手が頑張るフレッシュな蔵です。
昨年度は途中で販売するお酒がなくなってしまいました。
2015年度より、新たな杜氏を迎え入れて生産量を上げ、滋賀のお酒の良さを広めていきたいと考えています。

ファンド対象事業内容

本匿名組合契約に基づき、営業者が行う清酒の製造・販売事業のことをいいます。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

前期機会損失が起きた純米酒ブランドである「唯々」などの生産量を増加させ、3,000万円の売上増加を狙います。販路については、飲食店や酒の専門店で完売予測が立っております。
また、昨年から滋賀県外に営業担当を置き、県外の売上が900万円増加しました。現在、出荷先の比率は県内75%、県外25%程度ですが、今後県外での販路を拡大させることによって事業計画の達成を目指します。
/data/fund/1378/シミュレーション.jpg

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

投資家特典は以下のAコース又はBコースより選択することができます。

Aコース:1口ご出資いただいた方には、地元酒米で醸した香の泉(純米酒)1本(1,800ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)
 /data/fund/1378/一升瓶.jpg  /data/fund/1378/袋.jpg
(写真はイメージです。実際の特典の商品ラベルは写真と異なります。)

2口目以上ご出資いただいた方は、1口の特典に加えて、一升瓶(1,800ml)を2本ずつ、口数に応じて送付致します。
 /data/fund/1378/一升瓶.jpg  /data/fund/1378/一升瓶.jpg  /data/fund/1378/一升瓶.jpg /data/fund/1378/袋.jpg

Bコース:1口ご出資いただいた方には、色々な味が楽しめるように、地元酒米で醸した香の泉(純米酒)を2本(それぞれ別銘柄、720ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)
2口目からは1口につき、四合瓶(720ml)を4本送付致します。

/data/fund/1378/四合瓶2本+.jpg/data/fund/1378/袋.jpg

2口目以上ご出資いただいた方は、1口の特典に加えて、四合瓶(720ml)を4本ずつ、口数に応じて送付致します。

/data/fund/1378/四合瓶2本+.jpg/data/fund/1378/四合瓶2本+.jpg/data/fund/1378/四合瓶2本+.jpg/data/fund/1378/袋.jpg


特典の発送時期は2016年6月~8月を予定しています。
2口以上ご出資頂いた場合は、複数回に分けて送付致します。
例)3口ご出資頂いた場合、3年間に渡ってその年にできたお酒を毎年送付致します。
 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2017年3月30日 10:134/15(土)・4/16(日) 京都最大級の日本酒イベント「SAKE Spring」に出店!是非お越しください

 お知らせ

下記のイベントに竹内酒造が参加致します。 

◎和酒フェス  会場:香港 Mira Mall Atriumにて 
 4月7日(金)から9日(日)に出店します。
 http://sakefes.com/hk1/

◎SAKE Spring  会場:京都国際会館にて
  4/15(土)・ 4/16(日)開催されます。
 “最高の日本酒、京に集まる!京都最大級の日本酒イベント「SAKE Spring」(サケ スプリング)”  
 http://taiken.onozomi.com/sakesp/


お時間がございましたら、是非お越し下さい。
皆様にお会いできることを楽しみにしています。


 

2016年9月27日 13:17残り4日となりました。

竹内酒造の武石です。

いつも【近江 竹内酒造「香の泉」ファンド 】を応援いただき、誠にありがとうございます。

昨年より社員での酒造りをスタートし、1年目で杜氏の腕の良さもあり、全国新酒鑑評会では金賞を受賞することができました。

今年度も金賞を目指すべく頑張りたいと思っております。

麹室も改築し、酒質向上に取り組んでいきたいと思っております。

10月1日は、地元 滋賀では 地酒の祭典 
http://shiga-jizake.net/festa/ 
過去2回 知事賞受賞

京都では 松尾大社で 日本酒で乾杯 
http://jp.saketimes.com/special/press/press_matsunoo_kanpai_vol1

大阪では 日本酒ゴーアラウンド http://blog.livedoor.jp/manjigatame3/archives/50427685.html

と各種イベントに積極的に取り組んでおります。



本ファンドの募集期間も残り4日となりました。

2015年12月25日から募集開始し、すでに325名もの方に応援いただいております。
滋賀だけではなく、全国各地の方に応援いただき、大変心強く思っております。

ファンド対象事業は予定通り行われます。
投資家特典も募集時期が延長になった事から時期がずれ込んでおり、大変ご迷惑をおかけしております。

まだまだ若いスタッフだけでの清酒製造で未熟な部分も多々ありますが、投資家の皆様はお客様のお声を頂戴し、うまい酒造りに頑張っていきたいと考えております。

残り4日、皆様の応援を心よりお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。


竹内酒造 武石



ツイッターでは 若いスタッフたちの努力が日々更新しております。
ぜひ応援よろしくお願いします。

https://twitter.com/takeuchishuzopd

 

2016年5月19日 12:20新メンバーになってから初めての金賞

 お知らせ

平成27酒造年度全国新酒鑑評会にて竹内酒造の「香の泉」が金賞をいただきました。

竹内酒造の金賞受賞は5年ぶりですが、
それよりも初メンバーでの受賞が大変嬉しく思います。

温度や湿度の調整が難しいので、新しい杜氏になって
1年目で金賞をとるのは難しいことです。

一般的に山田錦で協会酵母を使って35%まで磨いたものが
金賞をとりやすいですが、竹内酒造は精米歩合40%で金賞を受賞しました。

その分雑味も出やすいが杜氏がうまく味をコントロールしました。

新メンバーになってまだ1年ですが、これからも力を合わせて
どんどん挑戦していきたいと思います。

どうぞ竹内酒造を応援よろしくお願いします。
 

2016年2月23日 12:05乃木坂46効果がYahoo!ニュースに!

 メディア掲載情報

竹内酒造「美彩淡露」の販売数が乃木坂46・衛藤美彩効果で約50倍を記録した記事がついにYahoo!ニュース記事にも掲載されました! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160217-00000016-reallive-ent

Yahoo!ニュースに掲載された段階では乃木坂46・衛藤美彩さんはまだ「美彩淡露」を飲んでいないと紹介されましたが、その後、乃木坂46時間TV内で飲まれました!
美味しいと言ってもらえました。


https://twitter.com/takeuchishuzoPD/status/701404686889320448

2016年2月18日 20:20乃木坂46効果!販売本数46倍以上に!

 メディア掲載情報



実は、昨日から「美彩淡露」が急に売り上げを伸ばしております。


なんでや?と思っておりましたら、乃木坂46の衛藤美彩ちゃんがブログで「同じ名前のお酒がある」ということを書いていらっしゃったのです!!

ファンの皆さんがたくさんお買い上げいただいておりますので、もしかしたら、衛藤美彩ちゃんの手元にも届くやもしれません。

なんだかうれしい~

・・・が、実はしーchanは最近のアイドルには疎くて、乃木坂46さんは知っていますが、衛藤さんのことはよく存じ上げていなかったのです。ごめんなさい。kao02

しーchanの酒蔵日記

【関連記事】
■衛藤美彩 OFFICIAL BLOG
kiss

■yahooニュース
「美彩淡露」の販売数が乃木坂46・衛藤美彩効果で約50倍を記録

■Nogizaka Journal | 乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト
乃木坂46衛藤美彩効果!「美彩淡露」売切れ続出に担当者も「びっくりぽん」




2016年2月16日 19:24京都新聞に掲載されました

 メディア掲載情報

2月1日湖南市役所にてファンドの記者会見を行いました。



記者の方に様々な質問を受け、本ファンドにつきまして関心を持っていただきました。



そして、2月16日の京都新聞に掲載をいただきました!

京都新聞 WEB版
http://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20160216000100

ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000018-kyt-bus_all

今後とも応援よろしくお願いいたします。

2016年2月10日 17:15新しく特典が選べるようになりました!

 特典について

新しく特典を選べるようになりましたのでお知らせします!
 
『お酒が好きなので是非応援したいけど、特典に一升瓶(1,800ml)が届くとなかなか全部飲みきれないし、4合瓶(720ml)にしてほしい・・・』という投資家さんのお声をいただき、選べるようにいたしました。

【前の特典】
1口につき地元酒米で醸した純米酒1本(香の泉)(1,800ml)と「銘柄」がプリントされた通い袋を会計期間中1回送付。(送料・税込5,500円相当)

【今回新しく選べるようになった特典】
1口につき地元酒米で醸した純米酒(720ml)を2本を会計期間中1回送付。 (送料・税込5,500円相当) 

特典の発送時期は2016年6月~8月を予定しています。 
2口以上ご出資頂いた場合は、複数回に分けて送付致します。
特典については募集終了後、別途ご案内申し上げます。  


是非この機会にご検討ください!

2016年2月9日 15:132/11(木・祝)新酒が楽しめる酒蔵見学会開催



毎年恒例の酒蔵見学会が2月11日(木・祝)に開催されます。

しぼりたての新酒が無料で楽しめることもあり、昨年は約1,400名の方が参加されました。

今年は能登の名杜氏・農口氏の弟子である中村新杜氏の新酒が楽しめます。

最寄り駅からは無料のシャトルバスも出ていますので、是非ご参加下さい。


【酒蔵見学会 詳細】
日時:2016年2月11日(木・祝)13:00~16:00
場所:竹内酒造株式会社(滋賀県湖南市石部中央1-6-5)
http://jizake.net/2016kengaku.html
 
※案内では13:00~となっていますが、お酒がなくなり次第終了となります。
12:00頃から開始していますので、なるべくお早めにお越し下さい。

2016年1月22日 10:32ふるさと投資ナイト