ファンド詳細償還済

ヴェルディドリームス2010

これまでの経営を改め、大資本に頼らずミッションを実現するため、新生・東京ヴェルディの理念やミッションに共感して頂いた皆様から、少額で出資を頂く仕組みとしてヴェルディドリームスを設立致しました。

一口金額20,000円 申込状況償還済
地域東京都 稲毛
神奈川県 川崎
参加人数 243人
分野スポーツ 募集総額52,966,100円
募集期間2010年1月9日~
2010年5月31日
シリーズ
特典
1.本件フットボールクラブの専用フラッグにクレジット記載
 ・「チーム名」の文字を出資者の方の名前でデザインします。
 ・フラッグは、選手入場時に選手の後ろから一緒に入場します。
2.スクール入会金10%割引
3.招待チケット贈呈(出資口数1口当たり、1枚)
4.勝利インセンティブ
 ・ホームで勝利するごとに、抽選で6名様にロイヤルシート招待
 (※試合会場・対戦カードによっては、別席への案内もございます)
5.メールマガジンの配信
6.スポーツ経営に関する講演への参加


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
ファンド名 ヴェルディドリームス2010
ファンド設立目的 これまでの経営を改め、大資本に頼らずミッションを実現するため、新生・東京ヴェルディの理念やミッションに共感して頂いた皆様から、少額で出資を頂く仕組みとしてヴェルディドリームスを設立致しました。  
営業者 東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社
出資募集単位(1口あたり) 19,690円(上限口数:25口)

ご出資口数1口あたり、別途出資証明書発行料310円
1口の場合は310円、10口の場合は3,100円がかかります。
尚、出資証明はヴェルディドリームス2010出資者限定ラバーバンドです。
出資募集最大総額(口数) 52,966,100円 (2,690口)
出資者特典 希望される出資者に対して、以下の特典を設けております。なお、詳細につきましては、ヴェルディドリームスウェブサイトにてご案内致します。

1. 東京ヴェルディ専用フラッグにクレジット記載
  ・「チーム名」の文字を出資者の方の名前でデザインします。
  ・フラッグは、選手入場時に選手の後ろから一緒に入場します。
2. スクール入会金10%割引
3. 招待チケット贈呈(出資口数1口当たり、1枚)
4. 勝利インセンティブ
   ホームで勝利するごとに抽選で6名様を次節以降のロイヤルシートご招待
   (試合会場・対戦カードによっては、別席へのご案内の可能性もございます。)
5. メールマガジンの配信
6. スポーツ経営に関する講演への参加
ファンド取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
取扱手数料 出資金の5.5%
資金使途 トップチーム運営費の一部
ユースチーム運営費の一部
練習場使用料の一部
分配対象の運営収入 2010年度および2011年度の
・チケット収入(Jリーグカップを除くJリーグホームゲーム)
・グッズ収入
・スクール収入
募集受付期間 第一次募集:2010年1月9日から2010年2月28日まで※1
第二次募集:2010年3月1日から2010年5月31日まで※1
第三次募集:2010年6月15日から2010年9月30日まで※1

※1:募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2010年3月1日から2012年2月29日
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金額の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。
一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
分配方法 決算日(2012年2月29日)の60日以後随時、出資者の出金指示に従い、出資者指定の銀行口座にお振込み
決済方法

右記のネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行
その他ネット決済、銀行振込

ヴェルディドリームス2010の締結については、以下のようなリスク及び留意点があります。

1.本匿名組合契約の性格に関するリスク

東京ヴェルディの運営に係る業務、その他本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者である東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社が行っており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。

2.本匿名組合契約の流動性リスク

契約期間中の本匿名組合契約は、商法に規定の事由による場合を除き解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。また、本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は匿名組合出資金の返還は、専ら営業者の当該事業による収入をその原資とします。従って営業の成果(東京ヴェルディの運営状況)によっては利益の分配が行われない可能性があり、契約終了時の匿名組合出資金の返還額は出資時と比較して減少する可能性があります。

4.営業者の信用リスク

営業者が支払不能に陥り、又は破産、会社更生、民事再生の各手続きの申立てがなされた場合などは、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還および東京ヴェルディのチケット分配が行われない可能性があります。匿名組合員の営業者支払金請求権(匿名組合出資金返還請求権及び匿名組合利益分配請求権)には、何ら担保が付されていません。

5.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約は、ファンドの出資金及び契約締結の取扱、ファンドの運営を取扱者であるミュージックセキュリティーズ株式会社(第二種金融商品取引業者)に委託しているため、分配金の支払及び匿名組合出資金の返還は、ミュージックセキュリティーズ株式会社を経由して行われます。このため、ミュージックセキュリティーズ株式会社が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

6.チケット販売代理店の信用リスク

東京ヴェルディの試合観戦チケットは、チケット販売代理店が販売し、販売代金が営業者に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係でチケット代金は一定期間チケット販売代理店内に滞留され、その間チケット販売代理店の信用リスクにさらされます。このため、チケット販売代理店が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

7.グッズ製造会社の信用リスク

東京ヴェルディのグッズは、グッズ製造会社へ製造委託し、グッズ製造会社が製造します。このため、グッズ製造会社が破綻した場合、予定していたグッズ数が大幅に減少もしくは無くなり、グッズ販売が出来ない可能性があります。結果、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

8.チケット及びグッズ小売店の信用リスク

東京ヴェルディの試合観戦チケット及びグッズは、チケット小売店及びグッズ小売店が販売し、販売代金が営業者に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で、チケット及びグッズ販売代金は一定期間チケット小売店及びグッズ小売店内に滞留され、その間チケット及びグッズ小売店の信用リスクにさらされます。このため、チケット小売店及びグッズ小売店が破綻した場合、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

9.試合不能リスク

東京ヴェルディの試合が、選手のボイコット等により実施できなくなる可能性があります。この場合、東京ヴェルディの運営収入が著しく減少し、匿名組合利益の分配はもちろん、匿名組合出資金の返還が行われない可能性があります。

分配計算式

損益の分配及び出資金の返還は、決算日までの分配対象となる運営収入に基づき、当該決算日から60日以後随時、下記の計算方法により行われます。
なお、リクープ収入額は、分配対象となる運営収入(税込)が278,037,271円となります。

(1口19,690円あたり)
 【リクープ前】
     分配対象となる運営収入(税込)×1口÷2,690口×19.05%

 【リクープ後】
     分配対象となる運営収入(税込)×1口÷2,690口× 2.00%


分配の受取方法

出資者は出資者分配額のうち各出資者の出資に応じた割合により算定された分配額につき、取扱者に対して出金指示を行うことにより、分配日にただちに支払いを受けることができます。ほか、支払いを留保し、あるいは支払いに代えて取扱者が募集する営業者若しくは他の営業者の新規匿名組合契約に出資することも選択できます。出資者は、支払留保金額が1口金額に満たない場合であっても出資することを選択することができますが、その場合には、当該不足額を追加出資する必要があります。なお、分配金の支払を選択した場合における出資者指定銀行口座への振込手数料は、出資者の負担となります。


損益の分配に関するシミュレーション

損益の分配に関し、参考として本件フットボールクラブ運営収入の「損益シミュレーション表」を次に添付します。

運営収入 出資者
収入合計 1口払戻金額 分配金額/口 利回り 源泉徴収後
1口受取金額
源泉徴収後
利回り
0 0 0 -100.00% 0 -100.00%
100,000,000 19,050,000 7,082 -64.03% 7,083 -64.03%
200,000,000 38,100,000 14,164 -28.07% 14,165 -28.06%
210,000,000 40,005,000 14,872 -24.47% 14,874 -24.46%
220,000,000 41,910,000 15,580 -20.87% 15,582 -20.86%
230,000,000 43,815,000 16,288 -17.28% 16,290 -17.27%
240,000,000 45,720,000 16,996 -13.68% 16,999 -13.67%
250,000,000 47,625,000 17,704 -10.08% 17,707 -10.07%
260,000,000 49,530,000 18,413 -6.49% 18,415 -6.47%
270,000,000 51,435,000 19,121 -2.89% 19,123 -2.88%
278,037,271 52,966,100 19,690 0.00% 19,690 0.00%
300,000,000 53,405,355 19,853 0.83% 19,821 0.66%
350,000,000 54,405,355 20,225 2.72% 20,118 2.17%
400,000,000 55,405,355 20,597 4.61% 20,415 3.68%
450,000,000 56,405,355 20,969 6.49% 20,713 5.19%
500,000,000 57,405,355 21,340 8.38% 21,010 6.71%
550,000,000 58,405,355 21,712 10.27% 21,308 8.22%
600,000,000 59,405,355 22,084 12.16% 21,605 9.73%
618,000,000 59,765,355 22,218 12.84% 21,712 10.27%
650,000,000 60,405,355 22,456 14.05% 21,902 11.24%
700,000,000 61,405,355 22,827 15.93% 22,200 12.75%
750,000,000 62,405,355 23,199 17.82% 22,497 14.26%

注1:損益シミュレーション上の金額はすべて税込の金額です。
注2:損益シミュレーション表の目的は、本件フットボールクラブの運営収入に応じた分配金額を予想(シミュレーション)することにあり、収入金額を保証するものでもなければ、出資者に対し、分配金額を保証するものでもありません。
注3:匿名組合員に対する出資1口あたり払戻金額は、上記に記載された算出式に基づいて計算されます。
注4:表中の利回りは、次の算出式によって計算される直接利回りで、年率ではありません。
  (匿名組合員に対する出資1口あたり払戻金額-19,690円)/19,690円
注5:各匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、利益とは出資者に対する分配金額が出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、出資者に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。表中の源泉徴収後の数字は源泉徴収があったものとして受取額を表示しています。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
  • 指定金額のご入金及び本人確認資料を送ってください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
  • 新生ヴェルディに名を刻み、一緒に夢をつかみましょう!
仕組み図
1 第1次募集開始日 2010年1月9日
2 第1次募集終了日 2010年2月28日
3 第2次募集開始日 2010年3月1日
4 第2次募集終了日 2010年5月31日
5 会計期間開始日 2010年3月1日
6 会計期間終了日 2012年2月29日
7 契約終了日 2012年2月29日
8 決算日 2012年2月29日
9 損益の分配及び出資金の返還 決算日の60日以降、随時引出可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。
商号 東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社
クラブ所在地 東京都稲城市矢野口4015-1
代表者 代表取締役会長 崔 暢亮
電話番号 044-946-3031
事業内容 プロフットボールクラブ運営事業
主な株主 東京ヴェルディホールディングス(株)、(株)京王エージェンシー、(株)三和、稲城市、多摩市、日野市、立川市
設立日 2009年10月
役員 代表取締役会長   崔 暢亮
代表取締役社長   渡貫 大志
取締役         小崎 貴紀
監査役         西 英俊
事業所所在地 東京都稲城市矢野口4015-1
決算日 3月31日
代表メッセージ 東京ヴェルディは40年の歴史を誇る伝統あるクラブです。
トップチーム・女子チームをはじめ日本でトップクラスの育成システムを有し、私自身もこのクラブにて育ち、揺るぎ無い愛情があります。
私どもは、新生・東京ヴェルディとして再出発し、皆様の思い描くあの「強い東京ヴェルディ」、「日本で最上質となるプロサッカーチーム」を目指し、再構築していきます。そのためにも皆様の御協力が不可欠です。
このたび、皆様方から小口の支援をいただく『ヴェルディドリームス2010』をスタート致しました。
皆様からの御期待に添えるよう経営努力に邁進してまいりますので、是非『ヴェルディドリームス』の実現をしていきましょう。
どうぞよろしく御願い致します。

代表取締役会長 崔 暢亮


【取扱者】
本ファンドの出資及び契約締結の取扱い、本ファンドの運営、監査、投資家へのIR業務等を行う取扱者の概要は、次のとおりです。         
商号 ミュージックセキュリティーズ株式会社
登録 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号
本店所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番3号
代表者の氏名 小松 真実
事業内容 証券化事業、音楽著作権の管理、音楽著作物の利用の開発、コンパクトディスク、ビデオ等の原盤の企画・制作、等
資本金 1億7,246万5,300円 (平成22年1月1日現在)
主な株主 小松真実、東京海上キャピタル株式会社、ウィルキャピタル・マネジメント、住友商事他
設立日 平成13年11月26日
役員 代表取締役 小松 真実    取締役 讃岐 邦正
取締役 猪尾 愛隆       取締役 影山 知明
取締役 荻野 明仁       監査役 松下 律

事業所所在地 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F
決算日 3月31日
ヴェルディードリームスとは何ですか? 営業者である東京ヴェルディ1969フットボールクラブ株式会社が本件フットボールクラブ運営事業を遂行するための資金の一部をコンセプトに共感した多くの出資者の方から少額単位で調達します。出資者の方には、「新生東京ヴェルディ」の一員として、2年間にわたって、本件フットボールクラブの運営収入の一部を分配させて頂くものです。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の収入如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • ヴェルディドリームス2010

理念

・YOMIURI SOCCER CLUBから継承されるサッカーファンを魅了し、王者たるサッカーへの復活
・国内有数の育成組織の更なる充実と、世界基準の選手育成
・ファン、自治体行政、スポンサー、株主、OB、スタッフの皆と夢を共有し、誰からにも愛され・尊敬 され、皆で共に成長していくクラブへ
・日本・アジアのサッカー文化発展に貢献し、世界に通じるサッカークラブ&総合スポーツクラブへ

ミッション

日本初のクラブチームであった東京ヴェルディは、新たなスタートを機に、クラブOBを中心とした新経営体制にて、大資本に頼らずとも、再び日本で最高(上質)のサッカーを追求し、『東京ヴェルデ2010-2024プロジェクト“Reborn&Victory"』と将来を見据え、世界の頂点を目指していきます。
(1)ステージⅠ(2010年~2012年)「雌伏」  クラブの基盤固め
(2)ステージⅡ(2013年~2016年)「復活」  ヴェルディの価値向上
(3)ステージⅢ(2017年~2020年)「飛躍」  J1&アジア王者
(4)ステージⅣ(2021年~2024年)「覇権」  世界王者

※詳細は、ヴェルディドリームスのサイトをご覧下さい。

本件フットボールクラブの概要

(1)クラブ構成

 1969年に誕生した読売サッカークラブ(現東京ヴェルディ1969フットボールクラブ)は日本初のプロを目指すクラブチームとして、創立当初から育成とスポーツ文化の振興・確立を命題に幅広く活動を行ってきました。
 例えば、国内サッカーの最高峰であるJリーグ1部所属のトップチームを頂点としてユースチーム(高校生)、ジュニア・ユースチーム(中学生)、ジュニアチーム(小学生)、スクール(幼稚園~小学6年生)まで全てのカテゴリーでチームを編成し、この一貫したシステムで世界に通じる選手の育成を目指すというスタイルはヴェルディ独自のものです。
 また、女子スポーツにも目を向け、サッカーチームのベレーザとその下部組織のメニーナを設立。 ベレーザは2004年のアテネ五輪女子サッカー代表にも5名を輩出。2007年にはリーグ戦、リーグカップ戦、全日本選手権を総なめにするなど国内屈指の強豪としてめざましい実績を残しています。
 さらに、サッカーの枠だけに留まらず、2001年に結成されたバレーボールチームは現在Vリーグ入りを目指してV1リーグで奮闘しており、また2003年からは東京ヴェルディ・トライアスロンセッションも活動を開始して、稲城市内でのスクール活動や国内外の大会で好成績を修めています。

(2)国内屈指の育成システム

 1969年、企業スポーツ全盛の時代にプロを目指すクラブチームとして、その先駆け的存在として誕生した東京ヴェルディ1969フットボールクラブ(当時、読売サッカークラブ)。
そのクラブチームの特徴の一つが育成部門の存在です。早くからサッカー普及の観点で、少年指導に力を入れ、クラブ創設以来40年、幾多の名選手を日本サッカー界に送り出しました。その圧倒的な存在感は、恵まれた環境と国内屈指の指導者のラインナップとあいまって、ヴェルディの“ジュニオール”(ジュニア)に入団すること自体、日本中のサッカー少年の憧憬の的になったほどです。現在もヴェルディ出身者を中心とし、優れた指導者の下、世界を夢見る少年少女たちが、日々トレーニングにはげんでいます。

(3)地域貢献活動

 東京都をホームタウンとするヴェルディは、スポーツを通してホームタウンの皆さんの地域活動や生涯スポーツに貢献する「社会貢献活動」に、積極的に取り組んでいます。その内容は、少年サッカー教室の開催、子供会単位のイベントへのコーチの派遣から、老人ホームをはじめとする福祉施設への選手の慰問、多摩川の清掃活動、自治体や商店街のお祭りの参加など様々。その数は年間300件近くに上りJリーグクラブのなかでNO.1の回数です。ヴェルディは今後もホームタウンの皆さんとの交流を深め、皆さんと一緒に地域の活性化と青少年の健全育成に取り組んでいきます。


その他、ヴェルディドリームスのサイトに様々な情報が掲載されておりますので、是非ご覧下さい。
ファンドニュース
ニュースカテゴリ
アーカイブス