ファンド詳細運用中

信楽陶人形「陶房 準」ファンド

表情豊かで心温まる、特別なインテリア

一口金額21,140円 申込状況運用中
地域滋賀県 甲賀市 参加人数 55人
分野製造 募集総額2,300,000円
募集期間2015年9月10日~
2016年2月29日
シリーズ
特典
・1口につき、葛原準子製作の投資家限定陶人形(干支、雛人形、お地蔵の中から一つ。送料・税込6,000円相当)

・「陶房 準」主催 陶人形教室の割引券(3,500円→3,000円に割引。)
ご希望の方には、教室以外にも葛原準子氏が信楽散策のおすすめスポットをガイドします。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 信楽陶人形「陶房 準」ファンド
営業者 株式会社 山兼製陶所
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 2,300,000円 (115口)
申込単位(1口あたり) 21,140円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,140円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2015年9月10日~2016年2月29日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2016年7月1日~2019年6月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2017年6月30日
第2回 2018年6月30日
第3回 2019年6月30日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
4,801,671円
予想リクープ
年額売上金額(税抜)
1,600,557円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

信楽陶人形「陶房 準」ファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行われないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。
なお、取扱者では、出資金の受取口座として普通預金を利用しておりますが、その後の資金管理については、取扱者から倒産隔離された信託口座により分別管理を行っています。
・出資金の取扱い:出資金は、取扱者の普通預金口座で受け取り、一定期間毎に信託口座に移動され分別管理が行われます。その後、信託口座から営業者へ送金されます。
・分配金の取扱い:分配金は、営業者から取扱者の信託口座へ送金され分別管理が行われます。その後、信託口座から匿名組合員へ分配金が支払われます。

6.製造リスク
本匿名組合事業の製品の製造については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7.販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下、個人の消費者を中心に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

10.資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、本匿名組合事業を開始することができないリスクがあります。また、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

12.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

13.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

14.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

15.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続的に悪影響を及ぼすリスクがあります。

16.風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

17.許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

18.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(3年間)の累計売上金額(税抜)は8,370千円(年平均売上金額2,790千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は4,801千円(年平均売上金額1,600千円)です。なお、営業者の前期(2014年3月~2015年2月)の売上金額(税抜)は1,352千円です。


(2)事業計画上の実現施策について
営業者は創業64年目の会社です。長年にわたり信楽焼きの製造を行い、平成11年より陶人形の製造を開始して実績を積み上げてきました。その実績とノウハウを活かして当期より、以下の施策を実施することで、販売量を増加させる計画です。

a. 原材料の確保
事業計画に必要な原材料は自己資金及び本匿名組合事業の資金により十分確保することが可能です。
b. 製品の製造
長年、自社の製造設備を使用して花器及び陶人形を製造してきました。事業計画に必要な製造設備は既に有しており、事業計画を達成するのに必要な生産力は有しております。
c. 製品の販売
製品の販売においては、陶房併設のギャラリーでの販売及び既存取引のある卸売業者を通じての販売に加えて、ファンド期間中は催事出展での販売やウェブを利用した通信販売を行うことによって売り上げを上げていく計画です。
d. 陶芸教室の運営
自社の有する陶房にて、陶芸教室を運営します。集客方法としてはファンド1年目は知人などを通じての口コミやホームページ、SNSを利用した集客を行います。ファンド2~3年目にはチラシやSNSでの宣伝を強化して売り上げを伸ばしていきます。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

リクープ前:
リクープ前売上金額(税抜)×47.9%÷115口×1口

リクープ後(累計売上金額(税抜)が8,370,000円(税抜)以下の場合):
リクープ売上金額(税抜)×47.9%÷115口×1口
+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×7.0%÷115口×1口

リクープ後(累計売上金額(税抜)が8,370,000円(税抜)を超える場合):
リクープ売上金額(税抜)×47.9%÷115口×1口+
(8,370,000円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×7.0%÷115口×1口
+(累計売上金額(税抜)-8,370,000円(税抜))×2.0%÷115口×1口


金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2015年9月10日~2016年2月29日
2 会計期間 2016年7月1日~2019年6月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回 2017年6月30日
第2回 2018年6月30日
第3回 2019年6月30日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2015年8月31日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2015年8月31日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • 信楽陶人形「陶房 準」ファンド
滋賀県甲賀市信楽で、3代に渡って信楽焼の陶器の製造販売を行ってきた山兼製陶所。16年前より陶人形の製作を開始した陶芸作家 葛原準子は、山兼製陶所の人形部門「陶房 準」で活動する作家です。一体一体手作りで丁寧に、特に女性に人気の表情豊かな陶人形を製作しています。本ファンドでは、「陶房 準」の販路拡大のための費用等を募集します。

本ファンド対象事業の魅力

中には半年待ってくれるお客様も 一体一体心を込めて手作りで製作する表情豊かな陶人形

人気商品であるお雛様の陶人形

日本六古窯(ろっこよう)の一つである信楽焼で有名な信楽の里。山兼製陶所は観光地で有名な信楽窯元散策路の中腹に位置する窯元です。設立は昭和29年。現代表の葛原章年氏で3代目となっており、信楽の土を活かした温かみのある花器等を製作してきましたが、平成10年から信楽焼の陶人形の製作も開始しました。


作家は代表の妻である葛原準子氏です。元々、華道・和裁・着付け、組み紐等、日本の伝統に関心があり、信楽焼に魅了されたことがきっかけでした。修行を重ね、数年前より本格的に販売を開始しています。

例えば、実際に購入されている方の中には、

「葛原準子さんの人形はひとつひとつ手づくりで、作業はとても楽しそうです。楽しく製作されている姿勢とお人柄がこのかわいい表情に映し出されているようです。」

「怒っている時でも、この人形を見ると自然に笑えてきます。」

といった声もあるように、手作りだからこそ得られる表情の豊かさこそが最大の魅力で、場所の空気を暖かくしてくれて、飽きずに楽しめる本格的なインテリアとして親しまれています。

主な商品としてひな人形やお地蔵さま、干支等があります。その一体一体すべてが手作りで作られています。大量生産はできませんが、お客様のニーズを最大限取り入れているところが特徴です。

例えば、着物の柄や髪型等の装飾をお客様の好みに合わせてカスタマイズしたり、両親のプレゼントのために、仲睦ましい夫婦の陶人形を依頼されたり、初孫へのプレゼントとして依頼されることもしばしばです。また、かわいがっている猫等のペットも陶人形にすることもできます。

元々、葛原準子氏は幼い頃から日本文化に親しんできた背景があるため、「クオリティの高い陶人形を製作することで日本文化を大切に残していくこと」をコンセプトにしています。そのため、四季のうつろい等を陶人形を通して伝えていけるように、干支や雛人形、節句人形なども積極的に製作しています。中には、クオリティの高さに惚れ込み、本格的な雛人形の陶人形を注文し、半年間待っているお客様もいます。

これまでに、平成16年お雛様グランプリ”三木睦子賞”受賞(三木睦子氏主催)、
平成19年第76回信楽陶器総合展 優秀賞受賞(雛飾り)、平成20年第77回信楽陶器総合展 京都新聞社賞受賞(花嫁人形)等の受賞歴があり、平成16年 朝日放送 「きらっと」出演をはじめ、NHK、読売新聞、京都新聞、中日新聞等への掲載実績があります。

本ファンドの対象事業には、陶人形事業以外にも、葛原準子氏の製作しているジュエリー事業も含まれます。平成26年にブランド「Juno」を立ち上げ、販売を開始しています。信楽焼で培った釉薬の使い方が魅力で、天然石や金属パーツ等を組みあわせ、釉薬(ゆうやく)で発色に鮮やかな濃淡をつけることに成功し、美しい彩りに仕上がっています。模様に関しては、ひとつひとつ彫刻刀で彫っています。

最大の特徴は、軽さです。得意の釉薬や土を時間をかけて工夫し、大ぶりでも軽い商品ができるようになっており、「陶器は重い」という概念を覆す軽くて発色の美しい商品となっております。

陶人形については、これまでは主に製作に注力してきましたが、今後は本ファンドの資金を利用し、展示会への積極的な出展、陶芸教室の開催頻度の向上、新商品の開発等を通じてさらなる販路拡大を目指します。また、ジュエリー事業の売上を伸ばすための施策も合わせて実施していく予定です。

女性に人気の陶芸教室。1日くつろげるギャラリー「ござんせ」。1日ゆったり信楽散策ができる

信楽散策で有名な「信楽窯元散策路」は、信楽高原鐡道の信楽駅から徒歩15分程度のところにあります。山兼製陶所は、その信楽窯元散策路の中腹にあり、他の窯元へのアクセスもよいところに位置しています。また、見晴しもよく、すぐそばから、山の形が、仏様が横たわっているように見えることで有名な「寝仏様」を見ることもできます。

パワースポットとしても知られる「寝仏様」は、季節ごとにその姿を変える

「古い佇まいの中にレンガで積み上げた煙突や無造作に置かれた陶器が数十年の時を越えて迎えてくれる。ここでは時間が止まっているみたいです。」

訪れた方の中には、このような感想を述べる方も複数います。

平成24年に旧作業場をリノベーションし、作陶体験やイベントのできるスペース「ござんせ」を作り、窯元散策の休憩場所としてお客様にも利用してもらっています。

「ござんせ」とは、信楽弁で「いらっしゃいませ」という意味で、散策に訪れた方々の休憩場所、陶芸教室の会場、音楽等のライブスペースとして、広くご利用頂いています。

「時間制限があり決まった物を作るような、どこにでもある陶芸教室ではなく、自身が作りたいものを一日ゆっくりと時間をかけて作ることができる陶芸教室」をコンセプトにしており、時間制限は設けず、指導を受けながら、ゆったり自分のペースで製作することもできます。特に女性に人気で、年代を問わない幅広い層の方が参加されています。

陶芸教室の様子。一番左が葛原さん


また、製作の途中でも、「ござんせ」で小休止をしたり、信楽散策に出かけることもできる等、「ござんせ」を拠点に、1日ゆったり信楽を楽しむことができる点が魅力です。
米国ミシガン大学の芸術交換プログラムでも利用されました

陶芸教室に足を運んでくれた参加者の方々との会話を大切にしながら、陶人形の魅力、モノづくりの楽しさ、信楽の自然を味わってもらう場所として、今後も積極的に活用していきます。

営業者紹介

株式会社山兼製陶所
大正初期、信楽焼の窯元として創業。1954年3月1日株式会社山兼製陶所設立。
平成11年より新しく陶人形を製作。人形部「陶房 準」を開設。平成26年、陶製アクセサリーJunoブランドを立ち上げる。

【参考ウェブサイト】
「陶房 準」サイト

代表者紹介

代表取締役 葛原 章年(くずはら あきとし)

1953年9月10日生まれ。1978年大阪芸術大学工芸学部陶芸専攻卒業。
1979年滋賀県窯業試験所釉薬科卒業後、家業である株式会社山兼製陶所に就職し、現在に至る。山兼製陶所の3代目として信楽焼の花器等を製作している。

【メッセージ】
この度は「陶房 準」の陶人形ファンドにご興味をお持ち頂きまして誠にありがとうございます。

弊社は大正時代より100年の歴史を刻む信楽焼の窯元です。
火鉢の製造から始まり、時代の変遷にともない生活雑器(酒器や茶器)、
そして現在は華いました道で使われる花器を主に製造しています。

しかし近年、生活様式の変化や華道そのものの若者離れが進む中で、
弊社の葛原準子が10数年前から取り組んでおります陶房準の陶人形に対し、
様々な皆様からご支援を頂き、この度、このファンドのお話を聞かせていただきました。

陶人形の微笑みを通じて皆様に癒しを感じていただけるよう
日々制作に励んでおりますが、山里の陶房ゆえに全国の
皆様にお伝えする手段に悩んでいました。

このファンドにより少しでも多くの皆様に陶人形を知って頂き、
また、それが作られる過程を見ていただくことにより、
陶器に興味を持っていただけるよう努力してまいります。

どうかよろしくお願いいたします。
葛原 章年


「陶房 準」 葛原 準子

信楽の料亭の長女として生まれる、桜美林短大英文科卒業、大丸ドレスメーカー女学院師範科卒業。9歳の頃から茶道をはじめ、華道・和裁・着付け、組み紐・日本料理など日本の伝統文化の良さに触れてきた。信楽の窯元に嫁いた事がきっかけで、陶芸を学ぶ。平成10年に、陶人形の製作を開始。平成26年にはジュエリーの製作も開始する。

・平成16年お雛様グランプリ”三木睦子賞”受賞(三木睦子氏主催)
・平成16年 朝日放送 「きらっと」出演
・平成19年第76回信楽陶器総合展 優秀賞受賞(雛飾り)
・平成20年第77回信楽陶器総合展 京都新聞社賞受賞(花嫁人形)


元内閣総理大臣である三木武夫の奥様である三木睦子さんと

【葛原準子メッセージ】
焼き物の里信楽で陶人形を作っています。

私の作品を見て下さったお客様が優しく微笑まれるのを見て、
また私も作陶への励みになります。

季節の人形が多いのですが、日本の文化を大切に残していく事も大事だと考えています。
歳時記等を陶人形を通して、伝えていければと思っています。

土と炎のパワーは力強く、時に優しく、私にエネルギーを与えてくれます。
今回頂いた皆様からのご支援に感謝し、今後とも頑張っていきたいと思っています。

【応援メッセージ】
1.ギャラリー&カフェ寺子屋 川添悦子さんからのメッセージ

葛原準子さんとの出会いは6年程の時 が経ちますが、
何度お出会いしても変わる事なく彼女の人間力は増すばかりです。

既成概念にとらわれない新たな価値を創造し、周りを驚かせてくれます。
古来からある焼き物の技術と新たなる境地に立ち、
制作される作品は観るものの感性を大いに刺激してくれることでしょう

2.水口奈々子さんからのメッセージ
陶房準のやさしいお顔のお地蔵様。
かわいい陶器の帯留。
とても陶器でできているとは思えないセンス光るネックレス
全てがひとりの手から創作されるとは驚きですが、
その根底に流れるのは、彼女のお人柄が溢れる癒しあるあたたかみです。

是非作品を手に取って頂きたいのですが、それ以上に
彼女の工房を訪れ彼女に会って欲しいと思います。

ファンド対象事業内容

今回対象となる事業は、出資金を用いて営業者が行う、陶人形製造・販売事業、陶芸教室運営事業、陶器ジュエリー製造・販売事業です。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

投資家特典

・1口につき、葛原準子製作の投資家限定陶人形(干支、雛人形、お地蔵の中から一つ。送料・税込6,000円相当)を契約期間中に1回送付

※すべて手作りであるため、注文からお届けまで、約1か月半程度かかります。

・「陶房 準」主催 陶人形教室の割引券(3,500円→3,000円に割引。)
ご希望の方には、教室以外にも葛原準子氏が信楽散策のおすすめスポットをガイドします。

※葛原準子氏による信楽ガイドをご希望の方は、あらかじめのご連絡が必要となります。
※割引の方は、投資家1人につき、グループ全員が対象となります。

写真はイメージです。

(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2017年2月7日 22:32東京での展示会

今年も参加します
滋賀のものづくり展
TEIBAN滋賀/data/blog/archive/original/31191.jpg新宿パークタワーにて2月9日から12日まで
期間中会場にいますので是非いらして下さいね。
お待ちしています。

2017年2月7日 22:20お雛様

お雛様づくりも終盤に差し掛かりました
2月に入ってから中日新聞滋賀版、京都新聞一面にも紹介していただきました。
そして関西一円にNHK近江発630にて作業風景を放送していただきました^^/data/blog/archive/original/31188.jpg/data/blog/archive/original/31189.jpg/data/blog/archive/original/31190.jpg後少し、頑張ります!!

2016年12月27日 17:54投資家の皆様へ

いつもご支援いただきましてありがとうございます。

今年も間もなく終わろうとしています。

今秋より陶人形「陶房準」の事業に対し、新しい挑戦をさせていただいたところ、

たくさんの方々に応援していただき大変喜んでおります。

いよいよ来年度より事業展開が始まりますが、

計画のひとつである陶芸教室は、少しずつお客様も増えてまいりました。

他にはない陶芸教室にと、お客様の声を聞きながら内容を充実したいと考えています。

計画目標に向けて、ひとつひとつ前に進めるよう頑張ってまいりますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

今年もあとわずかですが、皆様にとって来る年がより良い年になりますように祈念しております。

株式会社 山兼製陶所 代表取締役 葛原章年

 

2016年12月16日 22:42テレビ出演

今週末 KBSテレビ比叡の光の後半が放送されます。
前回は陶芸を始めた時から今日までのお話しをさせていただきました/data/blog/archive/original/30379.jpg/data/blog/archive/original/30380.jpg/data/blog/archive/original/30382.jpg/data/blog/archive/original/30381.jpg次回は新しく始めた事、これからやっていきたい事をお話しさせて頂きました。
どんな放送になるか楽しみですがドキドキしています。
 

2016年12月8日 22:09テレビ出演のお知らせ

いよいよ今週末の放送になりました。
12月11日(日)前半、18日(日)後半
KBS京都 "比叡の光”
という番組に出演させて頂きます。
http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/hiei/

先日私の工房で取材がありました。/data/blog/archive/original/30203.jpg陶人形を作り始めたきっかけや想いなどを話させて頂きました。
/data/blog/archive/original/30204.jpg工房や周りの風景、作品もたくさん映して頂きました。
今頃になって緊張してましたが、観て頂ければ嬉しいです。/data/blog/archive/original/30202.JPG以下の放送局でも放送されます。日にち、時間等はテレビ局により
少し異なりますので比叡の光ホームページよりお確かめ下さい。

KBS京都放送  日曜日   8:45~9:00
東京MXテレビ  土曜日   8:45~9:00
新潟放送    日曜日   5:30~5:45
びわ湖放送   日曜日   7:45~8:00
スカイA       火曜日   8:45~9:00
ハワイ               日曜日 12:30~12:45

 

2016年12月5日 20:13干支づくり

12月に入って干支づくりも追い込みに入っています。
土のかたまりから形を作っていきます。/data/blog/archive/original/30152.JPG形ができると乾燥に入ります。
日影から日向へと乾燥具合を観ながらゆっくり乾かします。
しっかりと乾いたら窯に入れ700度まで上げて素焼きします。
その後、釉薬で色をつけます。
窯に入れ1230度まであげて焼あげます。
かわいい酉の完成です(^^)

2016年8月8日 11:33陶芸教室

毎日暑い日が続きます
今年の暑さは格別ですね
ここ信楽でも大変な暑さです

そんな中、先日陶芸教室に来て下さいました。
みなさん、陶人形に挑戦!!
真剣な表情で黙々と作陶されていました^^
/data/blog/archive/original/28713.jpg作陶の後、少し窯元散策に、、、、
暑い中、ありがとうございました。

2016年7月18日 21:50第2回よみうりカルチャー教室

7月16日、第2回目のよみうりカルチャー荻窪教室でした。
今回は素焼きができてきたビーズに釉薬をかけました。
出来上がりのイメージを頭に入れながら、16種類の色の中から好みの色を選んで頂きました。
この時点で皆さんの目はきらきらと輝き始めました。/data/blog/archive/original/28471.jpg 釉薬の特徴などを確認しながら丁寧に作業を進めていきます/data/blog/archive/original/28470.jpg次回はアクセサリーに仕上げます。
みなさんとっても楽しみにされています^^

2016年7月12日 18:16工房の改装

毎日暑い日が続きます。
6月末からかかっていた工房の改装がほぼ完成に近づいてきました。
元々作業場だったので天井には土がこびりついていて、照明器具が付かない状況でした。
一度天井を剥がし張り替えてもらいました。/data/blog/archive/original/28367.jpg/data/blog/archive/original/28368.jpgこれでスポットも付けられます
アクセサリーを展示する所は少し雰囲気を変えてみたいので。。。/data/blog/archive/original/28369.jpg/data/blog/archive/original/28371.jpg土壁残しつつ落ち着いたギャラリーになればと考えました。
後少しです^^
 

2016年6月29日 14:23第一回よみうりカルチャー荻窪教室

第一回目の講座が無事終了しました。
今回は土をきれいな円に丸め模様を彫りあげるまでの工程でした。

少し早目に入り準備/data/blog/archive/original/28177.jpg今回すごく親切にお世話いただいている担当の方から紹介していただきました。/data/blog/archive/original/28176.jpg皆さんとても楽しそうでした/data/blog/archive/original/28179.jpg出来上がりもなかなかのものです^^/data/blog/archive/original/28178.jpg皆さん、次回の講座を楽しみにしていただいています
私も楽しく指導させていただきました。
 

2016年6月22日 15:35セミナーに向けて

6月18日付け中日新聞に掲載していただきました
この記事は全国版だそうです。。
嬉しいですね
/data/blog/archive/original/28012.jpg6月25日から始まる東京荻窪でのセミナーに向けて今、準備しています
新しい釉薬にも挑戦しました
/data/blog/archive/original/28011.jpg/data/blog/archive/original/28009.jpg/data/blog/archive/original/28010.jpgアクセサリーでの教室は初めてなので少し緊張しています。
新聞にも取り上げていただいたので頑張らなければいけませんね!!

2016年5月14日 21:05大阪御堂筋アート

明日15日から始まる大阪御堂筋アートに参加しています。
6月15日までのひと月間
御堂筋に並ぶ企業ビルのエントランスやロビー、ウインドウ、近隣の寺社仏閣に多くの
アート作品が展示されます。

/data/blog/archive/original/27045.jpg
/data/blog/archive/original/27044.jpg
私は日興証券御堂筋本町支店のウインドウに展示させて頂きました。

/data/blog/archive/original/27046.jpg
御堂筋を行き交う人達を観察して作りました。

/data/blog/archive/original/27043.jpg
近くに行かれる時には、是非散策して下さいね。

 

2016年5月6日 16:11いい季節になりました

信楽も連休の混雑からやっと、日常の静けさを取り戻しました。

今、工房の周りはお花がとっても綺麗です。
/data/blog/archive/original/26905.jpg
/data/blog/archive/original/26907.jpg
/data/blog/archive/original/26906.jpg
五月人形の制作が終わって、これからまた次に進みます!!
 

2016年4月20日 11:504月のイベントが終わって。。。

大変な惨事が再び起きてしましました。
今なお続く地震にもうこれ以上の被害が出ません様に、そして皆様が無事であります様に祈るばかりです。

4月8日から三日間天候に恵まれ”ぶらり窯元めぐり”が終了しました。
陶房準ではギャザリングという新しい寄せ植えの先生とのコラボ花展を企画しました。
ここ山兼の花器、もしくはここで自ら作った花器を使うことを条件に広く滋賀県外からお花の先生に来て生けて頂きました。
工房の中では陶人形とのコラボ
月とうさぎのコラボ
/data/blog/archive/original/26573.jpg
五月の鯉とのコラボ
/data/blog/archive/original/26574.jpg
ビーズとのコラボ
/data/blog/archive/original/26575.jpg
ジャズ人形とのコラボ
/data/blog/archive/original/26572.jpg
ギターの演奏や信楽のお茶処朝宮からかふぇの出展もしていただきました
/data/blog/archive/original/26577.jpg
陶房準はたくさんのお客様でとても賑やかでした。

イベントが終わって注文の大将人形をお届けしました。
/data/blog/archive/original/26579.jpg

 

2016年3月31日 08:51日本のものづくり展

今日から滋賀県大津市にある西武百貨店で

日本のものづくり展に参加します。

お近くの方は是非お立ち寄りくださいませ。

1日,2日,3日は会場にいます。

2016年3月24日 19:58五月人形

今日は寒の戻り?

信楽は寒くて夕方には霰が降ってきました。

こんな風に少しづつ春が近づいて来るのですね。

3月に入ってからずっ~と五月人形を作っています。

ギャラリーさんやお店は3月中に飾られます。

ひとつひとつ手づくりなのでそんなにたくさんは作れませんが・・・

兜の乾燥です

そして今日、窯から出てきました。

この後、房を付けて出荷します。

2016年2月26日 19:55たぬき

ある日工房に若いカップルのお客様

たぬきが欲しくてあちこち探したのですが・・・

どうもピンとくるものが見当たらない様子

オリジナルもできますよ!

女の子と男の子のかわいいお子様に似せたたぬきをご注文いただきました。

後日、写真をメールで送ってもらって制作にかかりました。

玄関にずーっと置きたいので季節の何かをつけてもらえますか?

ではいろんなのを考えてみます。

と、いうことでお雛様(^^)

そしてこどもの日

その他に、夏には釣り

クリスマス

特に弟さんがそっくりとすごく喜んでもらえました。

今はお雛様つくりが終わって、五月人形にかかるまでに、注文いただいている人形を作っています。

 

 

2016年2月15日 20:50展示会が終わって

TEIBAN展が終わって、一週間が経ちました。

新宿での一週間はとても充実した時間でした。

自分がどんな目標を持って仕事をしているのか。

ちゃんと自分と向き合う時間でした。

展示の仕方、お客様との会話、まわりとのバランス

全てに気持ちを注いでいました。

もちろん什器も自分達で考えて行きました。

毎日が新鮮で、気づきがいっぱいでした。

慣れない都会で足はぱんぱんでしたが、頭の中は、帰ったら何とか自分の工房をしなくては。。。

と、そんな事を考えていました。

7日に展示会は終わりましたが、8日は東京ドームのテーブルウェアーフェスティバルに

行ってきました。

こちらもたくさん刺激をもらいました。

2016年1月31日 21:58京都新聞

今日はとっても暖かい一日でした。
新しい年もひと月過ぎました。時間の経つ速さにびっくりします。

お雛様作りも終盤。
1月31日付、京都新聞に掲載していただきました。
たくさんの取材、本当に感謝しています。。。



 ラストスパート!
後少し頑張ります(^^) 

 

2016年1月26日 19:45TEIBAN展への参加

T・E・I・B・A・N Japan classico展が2月4日から7日まで

新宿パークタワーで開催されます。

作り手と使い手の垣根を払い、作り手の想いを直接伝える。。。

そんな展示会です。

お立ち寄り頂ければ嬉しいです。

いろんなお話しができる場になればと思っています。

TEIBAN

2016年1月19日 17:35新聞取材 part2

今週に入って寒波が来ています。

皆さんの所は大丈夫でしょうか・・・・

信楽はすごく冷え込んでいますが、まだ雪はありません。

先日、お雛様の取材を受けましたが、その時の記者さんがアクセサリーにすごく興味を持って下さいました。

そして今朝の中日新聞に大きな陶ビーズの写真を掲載して下さいました。

この陶ビーズは信楽の陶土を出来るだけ軽く、発色も綺麗にあがるように

土の専門家さんと相談しながら作っています。

このビーズをつなぎ合わせてアクセサリーを作ります。

信楽での新しい試みを新聞で取り上げて頂いて、とっても嬉しいです。

センスと技術も磨かなければ!!!

 

2016年1月14日 18:53新聞取材

本日1月14日付け、中日新聞に掲載していただきました。

新聞掲載

今、工房はお雛様一色です。

1月末までは、お雛様を頑張って作ります(^^)

2016年1月8日 10:27新年のスタートは

おはようございます。




新しい年を迎えてもう一週間が経ちました。




干支




お正月気分もすっかりと抜け、お仕事モードに入っています(^^)




2月4日から新宿でのTEIBAN展に参加します。




滋賀のものづくり展ですが、お客様と接してブラッシュアップしていく場です。




詳細が決まりましたらお知らせさせて頂きます。




先ずはTEIBAN展に向けて2016年のスタートです。




本年もよろしくお願いいたしますm(__)m




 




 

2015年12月25日 11:04今年最後のイベント

今年も後、1週間になりました。


今年の最後に、工房の隣にある ”ござんせ” で人形芝居をしていただきました。


お世話になっているご近所の皆さんや子供たちにも来て頂きました。


 



ござんせは信楽弁で「いらして下さい」という意味です(^^)


この場所にたくさんの人達が来て下さり、ほっこりしてもらえればいいなぁと名付けました。


元々作業場だった場所ですが、今は憩いの場所になっています。



お芝居も素晴らしく、とってもいい空気が流れました。。。。

2015年12月16日 20:40窯元散策路

一昨日、窯元散策路のwaの会議がありました。



waの活動も今年で10年目を迎え、観光客の皆さんにも散策していただけるようになってきました。


窯元散策路は、市の甲賀ブランドにも認定されているんですよ(^^)


毎年4月には窯元19件を歩いて回ってもらえるイベントをしています。


そのイベントに向けて進み始めました。


今年のポスターはこれです↓



私は下の右から3番目(^^)


みんなの似顔絵がとても似ていて評判が良かったので来年もこの似顔絵を使ってポスターができます。


どんなのができるか楽しみにしていてくださいね。


窯元散策の道路にはこんなマークがあります。


このマークを辿って行くと道に迷わなくて散策出来ます。



そして辻つじには立看板もあります。



是非一度、訪れてください。


お待ちしています。

2015年12月13日 13:10しがらき時間

12月もあっという間に半ば。。。


今日は、おじいさんとおばあさんの陶人形を作っています。


お客様の注文です(^^)



とっても優しそうなご夫婦から頼まれました。


 


今日の日曜日は、暖かくて観光で来られたお客様も窯元散策をしながら工房へ来て下さっています。


”ござんせ”でお茶を入れさせて頂いています。



ゆっくりと流れる時間を楽しんでおられるようです。


 

2015年12月9日 09:40ぽかぽかお天気

おはようございます。

昨日、今日の朝と信楽は-3度台を記録するくらいの冷え込みでした。

火鉢の中も氷が張っています。

今は青空が広がり、空気が澄んでとっても気持ちがいいです。

干支づくりも最後の追い込み。

そしてお雛様も同時進行です。

干支の完成はこんな感じです。

さあ、今日も頑張ります!!

2015年12月2日 23:51陶人形教室

先日、陶人形教室をさせていただきました。

信楽窯元散策を兼ねて陶房準に来ていただきました。

16名のグループでしたが、散策チームとござんせ(休憩スペース)での女子会チーム、

そして陶芸教室チーム。

それぞれに信楽を満喫していただけたようです(^^)

陶人形教室では、みなさん時間が経つ毎にだんだん真剣になって。。。

始めた時のおしゃべりはどこへやら。。。

完成した時にはとっても満足そうに楽しかった~って言っていただきました。

後日、お葉書が届きました。

すごく嬉しくて嬉しくて(^^)

私も焼き上がりが楽しみです。

2015年11月19日 20:14特典に豪華お雛様が選べるようになりました!

 特典

皆さま、こんにちは。
西日本支社 販売担当の久保です。

実は私が前から気になっていた信楽陶人形「陶房 準」ファンドの陶芸作家 葛原準子さんが作る、豪華お雛様が特典として皆さまにお届けすることができるようになりました!!!



平成16年お雛様グランプリ”三木睦子賞”受賞、平成20年第77回信楽陶器総合展 京都新聞社賞受賞(花嫁人形)等の受賞歴があります!

葛原準子さんが一体一体丁寧に作られているので表情がやさしく、温かさも感じてくるので見ているとどこかやさしい気持ちになる、そんな作品ばかりです!


今までの特典は1口につき、葛原準子さん製作の投資家限定陶人形(干支、雛人形、お地蔵の中から一つ。送料・税込6,000円相当)を契約期間中に1回送付でした。



この度、10口211,400円ご出資いただいた方に、豪華信楽お雛様セットまたは大正人形セット(送料・税込60,000円相当)を選んでいただけることになりました。







こちらは山兼製陶所の人形部門のある「陶房 準」の中でも特に人気が高く、ひな人形セットのほうは祝事の贈答品などにもピッタリで半年待ちのお客様もいらっしゃるほどの人気です。

最近はマンションに住んでいると畳のお部屋がなかったり、お雛様を出すスペースがとれないからお雛様を出さないという声もよく聞きます。

こちらのお雛様でしたら玄関やリビングに飾ることができるのでささやかながらひな祭りを楽しんでいただくことができます。

もちろん和室に飾っていただいてもいいですね♪

プレゼントに送られてもきっと喜ばれるんじゃないでしょうか。
出産祝いなどにもどうぞ!

【詳細・お申込みはこちら】


※なお、実際の商品は注文を聞きしてから一体一体手作りの制作となりますので、写真と若干異なる場合がございます。

2015年10月28日 09:34里山テラスに

おはようございます。昨夜の雨は凄かったですね。

今日は爽やかな朝を迎えました。

陶房準の中にある里山テラスに置く椅子を焼ました。

窯入れ

こんな感じです。

トン

皆さんに寛いでもらえる様に置いておきますね。

今日はお天気がいいので、里山テラスから見える寝仏様は気持ちよさそうです。

乾燥も進みます。

乾燥

さあ今日も一日頑張ります。

 

 

 

 

2015年10月6日 19:32干支づくり

信楽の朝夕は随分寒くなってきました。10℃を下回る事もあります。


そろそろ干支を作らなくては・・・来年の干支は申♪


十二支の9番目になります。


先ずは孫悟空を作ってみました(^^)


まだまだいろんなのを作る予定です。


2015年10月2日 14:51アメリカの陶芸家が信楽に!

アメリカの陶芸家
Marianne Tebbens

今日ふらりと陶房準に立ち寄ってくださいました。
彼女は興味深く工房や窯を見て回わり、
里山テラスからの景色に感激♪

とても気さくで笑顔の素敵な彼女でした(*^^*)