ファンド詳細運用中

アルペンローゼ 石窯天然酵母パンファンド

全種類天然酵母と厳選された素材のみを使用したベーカリー

一口金額26,425円 申込状況運用中
地域奈良県 奈良市 参加人数 219人
分野食品製造、酒 募集総額12,400,000円
募集期間2015年3月20日~
2015年9月30日
シリーズ
特典
・1口につき
パン・洋菓子の詰め合わせセット2,500円(送料・税込)を
3年間毎年送付(計7,500円相当)。

・3口以上
1口につきパン・洋菓子・特選スプレッド(ジャム、はちみつ等)の
詰め合わせセット3,000円(送料・税込)にグレードアップ(年計9,000円相当)。
また、送付を年2回に分けて実施いたします。


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 アルペンローゼ 石窯天然酵母パンファンド
営業者 株式会社アルペンローゼ
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 12,400,000円 (496口)
申込単位(1口あたり) 26,425円/口 (内訳:出資金25,000円 取扱手数料1,425円)
(上限口数:10口)
募集受付期間 2015年3月20日~2015年9月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2015年9月1日~2018年8月31日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回決算日 2016年8月31日
第2回決算日 2017年8月31日
第3回決算日 2018年8月31日
報告日 決算日から45日以内
分配方法 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
209,813,875円
予想リクープ
年額売上金額(税抜)
69,937,959円
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行

アルペンローゼ 石窯天然酵母パンファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場および匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではあり、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行われないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。なお、リクープが実現できない場合において、残存在庫が存在しても債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5.取扱者の信用リスク
本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。
なお、取扱者では、出資金の受取口座として普通預金を利用しておりますが、その後の資金管理については、取扱者から倒産隔離された信託口座により分別管理を行っています。
・出資金の取扱い:出資金は、取扱者の普通預金口座で受け取り、一定期間毎に信託口座に移動され分別管理が行われます。その後、信託口座から営業者へ送金されます。
・分配金の取扱い:分配金は、営業者から取扱者の信託口座へ送金され分別管理が行われます。その後、信託口座から匿名組合員へ分配金が支払われます。

6.製造リスク
本匿名組合事業の製品の生産については、原料の調達状況、製造設備の稼働状況、製造過程における不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、想定を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の利益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

7.販売リスク
本匿名組合事業で製造する製品については、営業者の判断の下、個人の消費者を中心に販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定販売単価および想定販売数量を大幅に下回る可能性があります。この場合、本匿名組合事業の損益分配はもちろん、出資金の返還が行われない可能性があります。

8.クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9.経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

10.資金繰りが悪化するリスク
営業者は、事業計画上の売上を著しく下回る場合、予想外のコストが生じる場合、現時点で想定していない事態が生じた場合、資金繰りが悪化するリスクがあります。

11.資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、本匿名組合事業を開始することができないリスクがあります。また、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

12.債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の会社は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、金融機関等は債務超過状態の会社への融資を実行しない場合が多く、債務超過の会社は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産手続き開始原因であり、営業者が破産手続きの開始決定を受けると、商法上匿名組合は当然に直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約の終了事由に該当し、直ちに本匿名組合契約が終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

13.匿名組合出資金の送金及び使用に関するリスク
契約が成立した本匿名組合契約に係る匿名組合出資金は、募集期間中であっても営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を下した場合、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合、本匿名組合契約の定めに従い、出資金が各匿名組合員の出資口数に応じて返還されますが、既に支出された費用がある場合等、出資金を返還できなくなった場合には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

14.事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料および営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金や出資額の返金を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

15.特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

16.食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業で生産する製品は、何かしらの原因により営業者の販売した製品が原因で食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

17.大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続的に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18.風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

19.許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

20.訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、または訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上の売上について
事業計画上の本匿名組合契約会計期間(3年間)における本店(移転後)の累計売上金額(税抜)は209,813千円(年平均売上金額69,937千円)であり、本匿名組合における累計リクープ売上金額(税抜)は240,000千円(年平均売上金額80,000千円)です。なお、営業者の前期(2014年6月期)の売上金額(税抜)は約65,000千円(移転前の本店売上)です。


(2)事業計画上の実現施策について
営業者は設立38年目のパンの製造販売会社です。現在、奈良県、京都府に3店舗を展開していますが、この度、奈良県にある本店(パン製造販売、レストラン)を2015年8月に新築し、売上の拡大を計画しています。
a. 新店舗のオープン
移転先の土地の購入契約は完了し、2015年4月中旬より工事を開始、8月に完成、8月末より新店舗をオープンする予定です。必要資金は本匿名組合契約の出資金及び金融機関からの融資で賄う予定です。営業者は今までに何店舗も新規の店舗をオープンさせており、新規店舗の開店ノウハウがあります。

b. パンの製造
新店舗には、既存設備に加え、新しく購入する設備が加わり、計画しているパンの製造に特段の問題はございません。

c. パンの販売、カフェレストランの運営
新規店舗の移転先は、現店舗から徒歩3分程度の距離であり、既存の顧客がそのまま利用することが見込まれます。従業員も現在の本店のメンバーが引継ぎ、パンの販売について、新規店舗では、売場面積も広くなり、新規商品の投入もすることで、売上の増加を見込んでいます。また、レストランについても座席数が増加し、メニューについてもリニューアルし、客単価を上げることで売上の増加を計画しています。



分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×5.91%÷496口×1口

・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×5.91%÷496口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×4.1%÷496口×1口



金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口25,000円の出資の場合)



(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口25,000円の出資金に対し、1口分配金額が25,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/25,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。
(注4)お振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

お客様の振込先
銀行口座
お振込手数料
(分配金額が3万円未満)(分配金額が3万円以上)
三菱東京UFJ銀行324円324円
みずほ銀行324円324円
三井住友銀行216円324円
楽天銀行51円51円
ジャパンネット銀行54円54円
その他銀行324円324円

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう!
仕組み図
1 募集受付期間 2015年3月20日~2015年9月30日
2 会計期間 2015年9月1日~2018年8月31日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 報告日 決算日から45日以内
5 決算日 第1回決算日 2016年8月31日
第2回決算日 2017年8月31日
第3回決算日 2018年8月31日
6 分配日 決算日から60日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2015年2月28日現在)


【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2015年2月28日現在)


このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
>>申込方法とよくある質問
  • アルペンローゼ 石窯天然酵母パンファンド
奈良にあるベーカリー「アルペンローゼ」は、添加物や保存料を使用せず、すべてのパンを天然酵母で作ることで素材の持つ自然の力を最大限に引き出すよう努力しています。本ファンドでは、本店舗移転のための資金を募集します。

本ファンド対象事業の魅力

毎日食べても飽きない「本当に身体にいいパン」を追求
アルペンローゼでは、添加物や保存料を使用せず、すべてのパンを天然酵母で作ることで素材の持つ自然の力を最大限に引き出すよう努力しています。天然酵母を使うことにより、日本古来からの発酵技術によって作られる味噌、醤油などと同じように、乳酸菌や麹菌の力も合わせ小麦粉本来の旨味やエネルギーを引き出すことができるからです。


無農薬野菜を使用し、バターやミルクにもこだわった素材を使用
よつ葉乳業のバターや中沢牛乳のミルク、基準の厳しいオルター農作物栽培基準をクリアした無農薬野菜。また醤油やお酢、油もオーガニックのものを選び、水は元始活水器によるFFCウォーターを使うなど、徹底して安全性にこだわり、本当に納得いくものを厳選しています。さまざまな食品が流通する今、選んで食べることを大切に考えています。




バター・牛乳・たまご不使用、無農薬玄米で作るアレルギー対応の特許製法グレインミルクパン

フランス・リヨンの本格石窯や電気窯、溶岩窯で焼く
遠赤外線効果でパンの外側と内側、両方にしっかり熱が入るため、ふっくら、もっちり焼きあがります。たとえば低い温度でゆっくり焼いても中まで火が通るのは確かですが、表面の水分が飛んでしまいます。ところが石窯の内部は非常に高温なので、短時間で焼くことができます。高温×短時間というのは、おいしいパンづくりの条件です。石窯と同じように遠赤外線効果をもたせた電気窯や、富士山の石を使った溶岩窯など、パンの特徴に合わせた窯を用意しています。



じっくり発酵させて熟成するパンづくり
アルペンローゼのパンづくりは全てが手作業です。天然酵母の発酵をじっくり行い、20時間熟成します。本物の天然酵母パンは、噛めば噛むほど味が出て、奥行きのある深い味わいを楽しめます。


20数年前、アルペンローゼがパン屋さんとして動き出した時、パンはイースト100%で作るのがまだまだ当たり前で、天然酵母という存在もプロのパン屋さんでさえ詳しく知る人がない時代でした。
そして創業から13年経った頃、アルペンローゼではすべてのパンを天然酵母で焼き上げることができる様になりました。これは本物をつくる人々、本物を求めるお客さまとの出会いがあってこそです。
今回のファンドでは、今までアルペンローゼが1つ1つ積み重ねた実績や皆様からの評価を糧に、自然エネルギーたっぷりの食を提供する場として、満を持しての新本店オープンのための資金を募集します。


ハイジの白パン


おいしいパンができるまで

営業者紹介

株式会社アルペンローゼ


1977年(株)サカモト、洋菓子フランチャイズ店として創業
1992年現店舗をオープン「ヨーロッパのパンと家庭料理の提供を始める。
1995年社名をアルペンローゼに変更
1997年奈良商工会議所主催の「私の街・ちょっといい店コンクール」で最優秀店舗賞
2004年高の原店オープン
2006年白庭台店オープン
2010年京都ヨドバシ店オープン、現在に至る。

【参考ウェブサイト】
会社ウェブサイト
オンラインショップ
Facebook

代表者紹介

代表取締役 坂本 輝雄

坂本輝雄、美幸夫妻

昭和50年近畿大学農学部(酵素専攻)卒業後、洋菓子メーカーに入社。
同社のフランチャイジーとなり、2年後には退社、株式会社サカモトを設立。
嗜好品である洋菓子よりも主食性の高いパン、しかも工業的な食品製造でなく、本来の発酵技術や無添加食材などを使用したパン作りに強く興味を持ち、ノウハウの研修、海外視察などを重ね平成4年に「ホシノ天然酵母」を使用したパン製造販売を始める。
現在もアルペンローゼ各店舗、カフェで提供するパン作りに携わり、10年以上にわたりパン教室を開催、天然酵母の素晴らしさを伝えています。

【代表メッセージ】
23年前、私達がパン屋さんとして働いていこうと決心した時、子供達はまだ中学生、小学生、保育園児でした。 奈良の地で、まわりにパン屋さんが沢山ある中で、なんとか生計を立ててやっていくには、子供達の成長の糧となるような安全な材料を使って、ごはんの代わりになる様なパンを作りたいと思いました。毎日食べて頂きたいから、シンプルで飽きのこない、ほっと心がやさしくなる様なパン。 そんなパンを作りたいと、ひたすら働いてきました。

6年前、私達は創業時からあこがれた、薪を燃やしてパンを焼く石窯を作り上げることができ、さらにエネルギーに満ちた天然酵母100%のパンを作ることができるようになりました。

いつも私達を支えてくれたのは、黙々と仕事に打ち込むスタッフのひたむきな姿と、お客様からの励ましの声です。 私達は一生懸命パンを作り、料理を作る中で、一番幸せなことは本物を作る方々との出会いでした。私達の考えと志を同じくする生産者の方々との出会いから、多くの気付きと学びをいただきました。 人間もこの地球上で生きる一つの命、その生命を守るのは、自然のエネルギーいっぱいの食べものです。 無農薬有機栽培の契約農家の方々の苦労はまさにアルペンローゼも同じです。

赤ちゃんに安心して食べさせられるパン、人生の終盤を迎えた方にもぜひ召し上がって頂きたいパン、体にやさしくて心にあたたかい、愛のいっぱい詰まったパン。 アルペンローゼのパンはよく噛みしめて食べてみると、そのことがわかっていただけるパンです。

23年間、借地で経営してきたアルペンローゼの老朽化した建物や機械を新たにし、このたび、念願の土地を譲っていただき、建物も移転の運びとなりました。 私達の理想のパン作りには、多くの機械を入れ替える必要があります。 これからも、今までのように素朴で、エネルギーのある安全でおいしいパンを作り続けていきたいと願っています。

理想のパン作りをするには、私達だけでは、資金を用意することが困難です。 この機会に、多くの皆様のお力をお借りしたいと思います。

株式会社アルペンローゼ
坂本輝雄
坂本美幸



ファンド対象事業内容

営業者が新築する本店で行うパンの製造販売事業およびレストランカフェ事業のことです。

なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。

(注1) 上記、合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり、変更の可能性があります。最終的な費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、下回った場合には最終分配時に返還させて頂きます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用につきましては、営業者が負担いたします。
(注2) 出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
(注3) 状況により、上記資金使途内容について営業者が先に立て替えて支払い、その後、匿名組合出資金を充当することがあります。
(注4) 本匿名組合事業遂行のため、会計期間開始前であっても匿名組合出資金は必要に応じて営業者が資金使途内容に従い使用することがあります。


投資家特典


 写真はイメージです

・1口につきパン・洋菓子の詰め合わせセット2,500円(送料・税込)を3年間毎年送付(計7,500円相当)。
・3口以上の方は、1口につきパン・洋菓子・特選スプレッド(ジャム、はちみつ等)の詰め合わせセット3,000円(送料・税込)にグレードアップ(年計9,000円相当)。
また、送付を年2回に分けて実施いたします。

防腐剤・保存料を添加しておりません。商品到着後はなるべく早くお召し上がりください。
保存方法、おいしい召し上がり方については別途送品に同送しお知らせいたします。

田中養蜂場 田中さんのはちみつ(百花蜜) ※3口以上が対象(スプレッドイメージの一部)


(注1) 出資口数により、内容が変わる場合があります。詰め合わせの内容は、おまかせください。
(注2) お申込口数の状況を確認の上、複数口数お申込の場合に、複数回に分けてお届けする場合もございます。
(注3) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注4) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注5) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2016年7月25日 17:30おいしそうなホームページができました!

 お知らせ

みなさんこんにちは、アルペンローゼです。

新しい本店でのパン作りもはや9ヶ月、おかげさまで毎日忙しくさせて頂いています。

そしてこの度ホームページも新しくなりました。

↓クリックしてご覧ください。
/data/blog/archive/original/28537.jpg

まずは私達自慢の美味しいパンをたくさん見て頂こうと、パンの写真をズラリと並べ、

パンを作っている様子などもこのために写真を撮って載せてもらいました。


オンラインショップも是非覗いてみてください。

卵・牛乳を使っていないパンや、それに加えバターもつかわないパン(グレインパン/発酵玄米使用)など、

アルペンローゼならではのパンもお買い求め頂けます。
/data/blog/archive/original/28538.jpg
【グレイン食パン---原材料:国産無農薬小麦、無農薬有機玄米ミルク種、ホシノ天然酵母、甘蔗分蜜糖、赤穂の天塩】

特にグレインパンの美味しさには「びっくり!!」して頂けると思います。

卵・バター・牛乳アレルギーの方も、食事制限をされている方にもおいしいパンを召し上がって頂きたい、の想いで薪窯で焼き上げています。


引き続きご支援の程よろしくお願いいたします。

2016年4月18日 10:43アースデイ奈良のご案内

 お知らせ

みなさんこんにちは。アルペンローゼです。

季節はすっかり春、奈良では観光客が増えてくるシーズンです。

この陽気の中、今年も「アースデイ奈良2016」に参加しますのでご案内します。

お近くの方、また観光のついでに是非お立ち寄りください。
私達も出展しています。



アースデイとは「世界中で地球のことを思い行動する日」です。

今年のテーマは「種をまこう」。

地に根つき、花開き、実を結びまた種がでる・・。

いのちの循環、幸せの循環をまず一粒の種から、というスタートです。

楽しいイベント、出展が盛りだくさんです。

春の奈良公園にお越しください!

【詳しい情報はこちらから】
http://www.geocities.jp/earthdaynara/


 

2015年11月18日 11:02新本店、順調です。

 お知らせ

みなさんこんにちは、アルペンローゼです。
 

先日オープンをご案内しました新本店舗、皆さまにご紹介すべく写真を撮りました!
 
 
こちら左が店舗入口です。
少しアプローチを設けて、開放感のある雰囲気になりました。


こちらは通りから見た全体の建屋です。
住宅街の中にそっと馴染むよう、落ち着いた外装です。


店内、パン売り場です。パンの美味しい薫りを感じていただける、木のぬくもりある内装です。


店内レストランです。
家具や設備、建具など、皆さまに愛して頂いた思い入れあるものはなるべく使いたい、
そんな思いで引き続き頑張ってもらっています。

ブログでは美味しいパンの薫りをお伝えできないのが残念です!
機会がございましたら、是非新本店へお越しください。お待ちしています。


引き続きご支援の程よろしくお願い申し上げます。



【アルペンローゼ公式HPはこちら】
http://www.alpenrose.jp/web/


2015年10月30日 10:22新店舗オープン!

 お知らせ

今月15日、アルペンローゼ新本店がオープンいたしました!

場所は旧本店からすぐ、奈良市神巧です。


【アルペンローゼ通信 9月】
右に新本店のご案内があります。


 
引越しなどで2週間ほどお休みを頂いていたこともあり、
連日たくさんの皆さまにお越し頂いております。



これから新店の情報もご案内してまいりますのでよろしくお願いいたします。

2015年7月30日 11:11新店舗がすこしづつカタチに・・

 お知らせ

こんにちは。アルペンローゼです。

暑い夏の盛りではありますが、新本店の工事は着々と進んでおります。


基礎コンクリの上に木枠が乗り始めました。

 

大工さんのお仕事はすごいですね・・・

 

職人さんの熟練の手さばき、技術で新しいアルペンローゼが形となりつつあります。

私達もパン作りの職人として、頑張ってまいります!
引き続きご支援の程宜しくお願いいたします。 

2015年6月20日 10:43新店舗オープンに向けて

 お知らせ

アルペンローゼ、今年の大きなチャレンジは

「新本店の誕生」です。


ずっと営業を続けてきました本店のすぐ近くに、私達の希望する場所がみつかり、
またその中にたくさんのご縁もあり、一大決心をしました。


地鎮祭の様子です



お天気にも恵まれ、幸先の良いスタートとなりました。

皆さまに美味しいパンをもっと沢山お届けできる素晴らしい場所となることを祈念して!