喜久盛酒造仕込み蔵移転ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年12月25日 13:39

年末のご挨拶

2014年8月より募集を開始いたしました。
おかげさまでファンド募集開始にあたり、作成した事業計画を順調に遂行しております。
今年10月より廃業した蔵をお借りして酒造りを開始し、12月20日に新酒の初出荷を行いました。

蔵を借りることができたこと、
また蔵で造る日本酒を全て純米酒にするという同じ思いを持つ
杜氏を迎えることができたことで、昨年よりも順調に復興が進みました。

現在抱える課題は、「資金調達」および「販路の開拓」です。
設備投資は十分させていただきましたが、新酒の出荷が軌道に乗るまでは
運転資金がまだ潤沢な状態ではありません。
今後もファンドの募集を続け、必要な資金を集めていきます。
また、今後は県外にもっと販路を見付けたいと考えております。

2015年は、年度内に製造した商品を完売し、
翌年度の増産に繋げていきたいと思います。

本数限定で出資者の方々に販売しましたタクシードライバーもすぐに完売いたしました。
みなさまの応援と期待の表れと思い、身が引き締まる思いです。
今後とも喜久盛酒造およびタクシードライバーへの応援のほどよろしくお願いいたします。

喜久盛酒造五代目蔵元
兼 代表取締役社長
藤村卓也