喜久盛酒造仕込み蔵移転ファンド ファンドニュース

被災地からのレポート2014年10月10日 10:00

都内有数の地酒を取り扱う酒屋「鈴傳」磯野社長からのコメント

======================================================================
鈴傳(すずでん)は四谷にある、都内でも有数の地酒を取り扱う酒屋です。
震災後、鈴傳の磯野社長が「タクシードライバー」の評判を聞き
電話をかけたことから取引が始まりました。
人気の高い銘柄を300近く扱う鈴傳の中でも根強い人気があり、
実力を感じるお酒だと語る磯野社長。
喜久盛酒造との取引の経緯、味の評価と今後への期待についてお話いただきました。
======================================================================



-評判を聞きつけ、酒造に直接連絡

私の妹が「タクシードライバーという美味しいお酒があるよ」と連絡をくれて、
喜久盛酒造さんにすぐに連絡をしました。

今まで見たことのないラベルのデザインと名前のお酒に正直驚きました。
このようなネーミングやラベルデザインの日本酒はまずないと思います。
見た目のインパクトに全く負けないしっかりとした美味しいお酒でした。
キレがよくてのど越しがとてもよかったです。

料理は魚が合います。
食中酒としても、またお酒だけで飲んでも楽しめるお酒です。
お勧めとしては冷やかぬる燗ですね。


-実力のあるお酒「タクシードライバー」

若い方を中心にラベルに惹かれて購入される方が多いのですが、
このお酒の実力を感じるのが1度購入された方は必ずと言っていいほどもう1度買いに来ます。

また、タクシードライバーの取扱い当初、
当店にある立ち飲みでも置いていました。

サラリーマンが多く立ち寄りますが、
名前に惹かれて注文をする方が多く
「美味しい」と好評でした。

タクシードライバーは震災後に取引が始まりました。
震災後、福島、宮城、岩手のお酒に注目が集まり当店でも東北のお酒が売れました。
東北はもともと実力の多い酒蔵が多いので、
震災をきっかけに東北の美味しい日本酒を知ったという方が多い印象です。
今も実力のある東北の酒蔵の人気は続いていて、一過性でないことを感じます。
タクシードライバーもその1つで人気は今後も続いていくと期待できます。


-丁寧に造っていることが感じられる喜久盛酒造

喜久盛酒造さんは、しっかりした酒を造っている蔵だと感じます。
丁寧に造っていることがお酒から伝わってきます。

藤村社長にもお会いしましたが、独特な雰囲気を持つ方で、
社長の人柄がお酒ににじみでています。

現在、残念ながらタクシードライバーの在庫はございません。
固定ファンが多いこともあり、入荷をするとすぐに売り切れてしまいます。
今年のお酒を待っているファンの方は多いです。
当店で通年の取扱いができるようになりたいです。

今後、純米酒だけを造っていくとのことですが、とてもいい方向性だと思います。
当店でも現在は純米のほうが売れています。
今後、新しい銘柄を作っていくならぜひ応援したいし、取扱いも行っていきたいです。
今の酒造りを守り続けながら、復興をしていってほしいです。


======================================================================
喜久盛酒造は、岩手県花巻市の廃業した酒蔵の仕込み蔵を借り受けて
2014年10月より製造再開予定です。
タクシードライバーの生産量も増やしていく予定です。
そのための酒米代、設備資金をファンドで募集しています。
■ファンドの詳細・お申し込みはこちらから
======================================================================