創業1852年 菱屋酒造店の日本酒



岩手県宮古市に残る唯一の酒蔵 菱屋酒造店

菱屋酒造店は岩手県宮古市で唯一の酒造メーカーです。かつては当地で盛んだった酒造りも、今では菱屋酒造店を残すのみとなりました。創業は江戸時代末の嘉永5年(1852年)、ペリーが黒船に乗ってやってくる前の年です。天然の良質な湧き水を使用し、幕末の激動の時代から震災後の今日まで、こだわりの酒造りを守り抜いています。東日本大震災により甚大な被害を受けましたが、自慢の日本酒は今日でも健在です。

激動の時代、そして自然災害・・・大きく時代が変わっても、受け継がれている酒があります。被災地応援ファンドでは菱屋酒造の酒造りを応援しています。作り手と投資家の想いに支えられた伝統の酒、どうぞみなさまでご賞味ください。

所在地

岩手県宮古市鍬ヶ崎下町5−24