【期間限定】完熟いちごスイーツ母の日ギフト


スイーツと一緒に届ける母の日ギフト
普段は言えない感謝の気持ちをメッセージカードにしてお送りいたします
 



「ありがとう」の気持ちをしっかり贈りたい。
完熟いちご研究所の人気スイーツと華やかなアーティフィシャルフラワーのセットです。
3つのセットからお選びください。

●宝石フロマージュ&ソープフラワー
●完熟いちごロール&ソープフラワー
●完熟いちごパンケーキ&ソープフラワー

B6サイズのメッセージカード



「完熟いちご」こだわりの栽培法


<土のこだわり>
苺も人と同じように、必要なものを体内に取り入れ、不必要なものを根から土に排出します。便利上一般的によく使われている化学肥料を使わずに、野草などを利用した草チップや有機栽培の玄米から抽出した天然酵母などを使用しているので、安心安全で自然な美味しさの苺を栽培することが可能となっています。

<温度管理>
夜10℃、朝28℃、昼22℃。光合成をすることにより糖度が上昇するため、活発に行えるよう太陽光の当たる日中は温度を高くし、夜は温度を下げます。

<22時照明点灯>
より太陽光に近いLEDを使用しています。こうすることにより、いちごにストレスを与えることなく、ムラなく光を当てることができるため、葉が元気になり、光合成を活発にさせることができるようになります。

<農業技術管理士 宮崎先生秘伝の特性栄養ドリンク>
農食物栽培のプロフェッショナルである宮崎先生が長年試作を繰り返し開発された様々な養分が凝縮された黄金に輝く特別栄養ドリンクを葉に一枚一枚散布し、十分な栄養を与えているため、味が濃くなっています。

<ハウスの位置>
いちごの成長に必要な自然光が当たる時間や角度を考え、最高の日照が得られる最適な位置にハウスを設置しました。

<バイオマスボイラー>
地元資源の木質ペレットを使用したバイオマスボイラーを使用しています。ボイラーで加熱した温水を循環させて、ハウス内の温度を管理。石油ボイラーに比べ無臭で二酸化炭素の排出が少なく、環境にも優しい空調システムです。

<ミツバチによる自然受粉>
より自然に近い環境での栽培を目指し、人口ではなく、ミツバチによる自然受粉を行っています。現在、気性が穏やかで集蜜力に優れたイタリア系セイヨウミツバチを3000匹飼育。体長が小さく、果実を傷つけることもないため、いちごの栽培には最適です。
 

 
 

作り手のご紹介


株式会社谷常製菓

谷常製菓は、明治元年(慶応四年)に初代が兵庫県・八鹿町に菓子屋を始め、以来但馬の地で、
菓子舗を営み現在に至っています。
当舗の代表銘菓「鮎のさゝやき」をはじめ、但馬地方にちなんだ創作菓子や、季節を取り入れたお菓子は、
豊かな緑に囲まれた山あいと清らかな水、味づくりの決め手となる産地や栽培法を限定した
厳選素材を使った自然の恵みから生まれました。
創業から今日まで、職人の手による伝統技をそのままに、無添加にこだわるかたわら、
新しい製法・新感覚の味覚を取り入れ、谷常ならではの商品に仕上げています。

所在地

兵庫県養父市八鹿町八鹿1500