セキュリテニュース 2013年04月

大田原ツーリズム2013年4月26日 12:22

出資者限定ツアーレポート 「投資の原点回帰した姿をみました」

ミュージックセキュリティーズの猪尾です。
 
4月20日に開催された大田原グリーン・ツーリズムファンドの
出資者限定ツアー、私も参加させて頂きました。
 
既に、ご参加頂いた出資者の方からもその様子のご紹介
 
いい投資"探検日誌 from 新所沢(クリックすると外部サイトにとびます)
 
頂いておりますので、当社からは、今回のツアーの一番の
目的であった、出資者による「第1回旅行企画会議」の様子を
ご紹介させて頂きます。
 
市内の観光資源である、素敵な農家さんや名所などの訪問を
したのち、会議室に移動しました。
 
まずは、出資者の方々、市役所の観光課や若手職員、市内在住者の若者が
それぞれ分散して4つのグループに分かれます。

 
 
そして藤井社長から改めて、大田原グリーン・ツーリズムの設立目的や
ツアー内容についてご説明がありました。
 
特に印象に残ったスライドをご紹介します。
 

   
限界集落が増加していく中、大田原市も他人事ではなく、
大田原市に残っていく素晴らしい人や文化的な資産を
次の世代に継承していくこと。
 
そのために、地域に雇用を作ることが必要であり、
大田原市に人を呼び込むこと、
大田原のファンを作り、移住してくれる人を増やすこと、
それが大田原グリーン・ツーリズムのミッションです。
 
その具体的な手段が、大田原の魅力を伝えることができる
グリーン・ツーリズムとなるのですが、
その具体的なツアーの企画を行うこと、それが今回の
「第1回旅行企画会議」の目的となっています。
 
藤井社長のご説明のあとは、さっそくのグループ作業。

まずはグループ内で自己紹介のあと、市内組(若者、市食品)
は、自分たちが誇れる市内の魅力をそれぞれがポストイットに
ひとつずつ記載していきます。
 
一方、市外在住者(遠くは兵庫県から)は、
市外在住者から見たときに来たくなるツアー案について、
同様に一つずつ記載していきます。

そして、その後、班ごとに両者のアイデアをぶつけます。
外からは見えない大田原の魅力、
市内の人では気づかない、市外の人だからこそ
感じる大田原の魅力、それぞれが発見され、
ツアーの企画にまとめていきます。
 
最後にグループの代表者からその内容を提案して頂きました。

      

このような、事業者の方、市外の出資者の方、市内の方、
市役所職員が一つのテーブルで大田原の魅力を伝える、
という共通の目的のもと、議論できる場というのは
大変貴重な機会だったと思います。
 
上記でご紹介した出資者の方のブログでも
「事業者と投資家、そして街の人が一つにつながったなと感じた瞬間でした。」
 
「お金を出して利益を出資額に応じて配分されるだけの関係ではなく、
もっと密接に事業者のサポーターになれる。
そんなところに投資の原点回帰した姿を感じます。」
 
という感想を頂いておりますが、出資しているからこそ、
初めてあった人同士も目的を一つ共有し、
ぐっと距離が縮まって、一つのことを議論しあえる、
私自身もそのように感じました。
 
4つのツアーアイデアを参加者全員で投票をおこない、
一番に選ばれた企画は半年以内に実現されることになりました。
 
今回、このツアーに参加してくださった出資者の方も、
 
「大田原のことはファンドで初めて知りました。
自分の地元も田舎で、地域活性化は他人事ではなく、
ツアーを通じて地域のファンを増やす取組には
以前からとても関心がありました。
 
今回出資した目的は、出資を通じてこうした取り組みを
行っている事業者の経営者やスタッフの方々と知り合いになれ、
そして、具体的な企画や運営の中身にも触れることで
いろいろなことが学べると思ったためです。」
 
というご感想を頂きました。
 
関心のある事業に出資をする、ということは、
「出会いや学びの機会」を得るための関係性づくり
でもあるということを再確認させて頂きました。
 
この「旅行企画会議」は、今後も継続して開催予定です。
 
まだまだ出資者の方々を募集中ですので、
ご参加お待ちしております。


=========================================================

これからファンドをご検討・お申し込みされる方は
以下のファンド情報ページをご覧ください。
https://www.securite.jp/fund/detail/348


ただいま大田原!!グリーン・ツーリズムのブログ 

この記事だけを表示

大田原ツーリズム2013年4月23日 12:36

出資者限定ツアー開催しました!

4月20日、期待を上回る方にご参加いただき、無事に出資者限定「第1回 旅行企画会議ツアー」を開催することができました。

早速、参加者の方がブログに挙げてくださったので、ご紹介します。

(以下、参加者の方のブログ"いい投資"探検日誌 from 新所沢(クリックすると外部サイトにとびます)より抜粋)

「自分自身、大田原って名前を聞いても行ったこともないし場所も詳しくは知らないという状態でしたが今回のツアーで色々と観光資源も豊富な街だという事はわかりました。

大田原の市役所の方も地元の若者代表としてツアーに参加していましたが、地元にこんな素敵なところがあったなんて!と魅力を再発見した様子でしたし、地域活性化の3要素であるよそ者、若者、馬鹿者が大田原でも化学反応を起こしそうな予感があります。

東京からもそんなに遠くない場所にあるという事もあり、アピール次第では将来化けてもおかしくありません。ファンドを通じて7年間という長期的な資金を調達することで地元にしっかりと雇用を生みながらも自らも黒字化を達成するということにチャレンジする藤井社長をこれからも応援していきたいと思います。

また遊びに行きます。」

記事全文は、こちらから(クリックすると外部サイトにとびます)ご覧ください。綺麗な写真、美味しそうな写真もたくさんあるので、ぜひご覧ください♪


=========================================================

これからファンドをご検討・お申し込みされる方は
以下のファンド情報ページをご覧ください。
https://www.securite.jp/fund/detail/348

ただいま大田原!!グリーン・ツーリズムのブログ

この記事だけを表示

グリーンテーブル(TAKIZAWA WINEファンド)2013年4月11日 20:21

TAKIZAWA WINEファンドの募集を開始しました。

TAKIZAWA WINEファンドの募集を開始しました。

takizawa

営業者である、有限会社グリーンテーブルの瀧澤社長よりメッセージ

「農薬はもちろん、殺虫剤も極力使用せず、多様な植物、生物との共生、畑と周りの環境を大切に考えた畑づくりを心掛け、醸造も野生酵母のみで自然の力にまかせたワインづくりをしております。

北海道の自然の持つ力を極力引き出し、力強い、生命力を感じるワインづくりをめざし、日々、模索しております。

皆様と共に、北海道から世界に通用するワインを育てたいと思います。
応援宜しくお願い致します。」


詳細およびお申込はこちら
https://www.securite.jp/fund/detail/388

この記事だけを表示

グリーンテーブル(TAKIZAWA WINEファンド)2013年4月11日 19:45

【応援メッセージ】和久傳 桑村綾

wakuden
和久傳 桑村綾

ものづくりをやっている方が大変なご苦労なことは重々承知しております。

和久傳でも、京都北部で同じように自然の力を活かしたものづくりをやっています。
森をつくり、そこで酵母を作って、無農薬野菜や米、果物つくりをしています。

wakudennomori

瀧澤さんのワインづくりには、私たちと重なり共感するところがありました。

どれだけ大変でも、こだわりをもったものをつくりたい。
それは瀧澤さんと同じ思いです。

ぜひ頑張って頂きたいです。

国産ワインの発展を願い、TAKIZAWA WINEを応援しております。

【和久傳】
http://www.wakuden.jp/

この記事だけを表示

グリーンテーブル(TAKIZAWA WINEファンド)2013年4月11日 19:45

【応援メッセージ】オザミワールド株式会社 代表取締役 丸山宏人

ozami
オザミワールド株式会社 代表取締役 丸山宏人

「60歳からの男のロマン」
私が瀧澤さんと最初にお会いしたのは2年前でしょうか、、、。
知り合いから、北海道でワインを作りだしたばっかりの人が東京に来てるから、是非プロの目で見てやってくれと言われ伺ったのが最初でした。
お会いしてみるとなんと還暦を過ぎた若じいさん(?)ではありませんか!
作り出したばかり?
正直よくこの歳からワインを作るなんて考えたものだと、、、。

ワインは2種類のみ。白 ソーヴィニョンブラン、赤 ピノノアール。

まずソーヴィニョンブランから試飲。
とても綺麗!ソーヴィニョンブランの特徴がよく出たエレガントなワインでした。

そして赤。2010年ピノノアール、はファーストリリースとの事。

ウッウー!!??
なんだこれは、、、、、!!一言で言えば血筋がいい!!
こんなピノノアールが北海道で、それもまだ作り始めたばかりのこの人が作ったなんて!
私は直ぐに私のレストラン用に注文していました!

瀧澤さんと話をしてみると60歳からのチャレンジだとか。
これだけのワインを作る人にしてはギラギラ感がない。
逆にスマートで落ち着いた上品な語り口。ワインに人柄が出てるなーと。

ただ醸造所は人の蔵を借りてるとの事。

料理もそうですが、やはり全てが整ったコンデションで100%の力を発揮できるのです。
その土地の味、ぶどうの味、生産者の心の三味が完璧に表現するには自前の醸造所が不可欠です!!

TAKIZAWA WINEは素晴らしい可能性を秘めています。

私もその手助けする一人となれる事に喜びを感じています!!

瀧澤さんどうかこのファンドで得た醸造所で思う存分最高のワインを作ってくださいね!!

=============================
【プロフィール】
1963年東京生まれ。
調理師学校卒業後都内のフレンチレストランで料理、サービスの修業後
1991年渡仏、星付レストラン『アルページュ』、『レスペランス』等で料理修業後、
ブルゴーニュのボーヌでソムリエ見習い、パリに移りソムリエ世界一のフォールブラック氏に師事後
星付きレストランでソムリエ修業をしながらフランス各地のワイン産地を自転車で廻る
発掘した自然派ワイン『ダール・エ・リボ』、『プリューレ・ロック』、『マルク・ペノー』、etc。
1995年帰国、本郷に共同経営にてワインビストロ『竹とんぼ』開店
1997年銀座に移転しレストラン&ワインバー『オザミデヴァン』開店
その後ワインに関わるレストランを次々と開店し
現在 先日開店したブラッスリーオザミ東京」スカイツリー店を含め 銀座、丸の内を中心にに11店舗を経営
今後も食とワインをテーマに出店する予定

【オザミワールド株式会社】
http://www.auxamis.com/

この記事だけを表示

グリーンテーブル(TAKIZAWA WINEファンド)2013年4月11日 19:45

【応援メッセージ】株式会社横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至

kimijimaya
株式会社横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至

瀧澤さんのワインは、世界を含めても、エレガントで優しく、自然なワインです。
いろんな自然のワインもあるが、とってつけたような自然でなく、芯からの自然さを持っている、全てを裏切らないワイン。
心から自然を愛している方が作ったワインを感じることが出来ます。
瀧澤さん自身、性格も穏やかな方ではあるが、うちに秘めた信念がワインに込められており、バランスよくワインに表現されています。

よく言われているような自然派ではなく、作り手の瀧澤さん自体が自然体で生きておられることもあり、本当に「自然」という言葉がぴったりのワイン。
飲めば上辺だけの自然派ワインではないということがわかるはずです。
本当に素晴らしいワインだと思っています。酒屋として、ずっと扱っていたいと思っていました。

ワインビジネスに入る、ワインを作るということは並大抵のことではないです。
さらにそれを販売するということは、瀧澤さん本人にとっても大変なことだとは思います。
でも、真実はただひとつで、いいものを作っていれば、自分がいいものを出していけば、世の中の人は認めてくれます。

ぶどうという気候に左右される難しい果実で、年によっては困難なときもあると思います。
それでも、瀧澤さんであればその年のキャラクターとして生かしてくれるワインを作ってくれると信じています。

世の中の人をTAKIZAWA WINEで、幸せな気分にさせてほしいと思っております。

================================
【プロフィール】
(株)横浜君嶋屋、代表取締役社長、明治25年創業の酒販店の4代目。
1960 年横浜生まれ
大学卒業後一般企業に入社し勤務経験を経た後、1983 年に家業である君嶋酒店に就く

【(株)横浜君嶋屋】
無名でも質が良く旨いワイン・日本酒・焼酎を探究し、こだわりの品ばかりを扱う酒のセレクトショップ。
フランスをはじめ各国のワイン生産者を訪ね、選び抜いたワインを直輸入し、販売。
日本の文化である酒類 (日本酒、焼酎、泡盛など)から、質の高い物をセレクトし国内外に向けて紹介、業界の発展に務める。

横浜本店 〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町3-30
Tel:045-251-6880 Fax:045-251-6850
銀座店 〒104-0061 東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1F
Tel:03-5159-6880 Fax:03-5159-6881 (2013/3/1 オープン)
http://www.kimijimaya.co.jp
jounetu@kimijimaya.co.jp

【海外での日本酒プロモーション】
1998 年 パリ日本文化会館で日本酒セミナー
2003 年 ロンドンWEST で日本酒授業
2004 年 ニューヨークJewelry Box で日本酒の会
2005 年 シドニーTetsuya's で日本酒セミナー
2005 年 シンガポール日本大使館で日本酒講演と利き酒会
2006 年 フランス・ニースKei’s Passion で日本酒セミナー
2006 年 フランス・ボーヌBisoh で日本酒セミナー
2007 年 シンガポール日本大使館で日本酒講演と利き酒会
等、積極的に日本製の酒類のプロモーションを世界に向けて行っている。

【ワイン普及に対する功績受賞タイトル】
2003 年 コトー・デクサン・プロヴァンス/仏
2004 年 シュヴァリエ デュ タストヴァン ブルゴーニュ/仏
2008 年 シャンパーニュ騎士団/仏
2009 年 コマンドリー ド ボルドー/仏
フランス各地方のワインを広める功績を讃えられ上記称号を得る。

【講師】
田崎真也ワインサロン、東急カルチャースクールBE、NHK文化センター、

【その他】
IWC SAKE 部門シニアジャッジ
長野県原産地呼称管理委員会 日本酒官能審査委員
任天堂DS ソフト「酒匠」監修
雑誌「ヴィノテーク」酒テイスター
「ワイン完全ガイド」 (池田書店)監修
「ワイン「楽しみ方」の基本」 (池田書店)監修
「日本酒完全ガイド」 (池田書店)監修

この記事だけを表示

グリーンテーブル(TAKIZAWA WINEファンド)2013年4月11日 19:39

【応援メッセージ】イル・ギオットーネ capo 笹島保弘

iligi
イル・ギオットーネ capo 笹島保弘

FORZA!! TAKIZAWA WINE!!

無農薬でワインを造りのは難しい。
一度虫がついてしまうと薬で退治する訳にはいかないので、毎日毎日のケアが必要。
風通しをよくするための選定もしかり。

そこまで手間ひまかけたからの言って、素晴らしく美味しいワインが出来るとは限らない。
でもTAKIZAWA WINEはうまい!そこが素晴らしい!

FORZA!! TAKIZAWA WINE!!
一ファンとして、これからも応援し続けます!!

※FORZAはイタリア語で「がんばれ!」の意

=================================
【プロフィール】
1964年大阪生まれ
高校卒業後、サービスに魅せられレストランの世界へ
以後、関西のイタリアン数店で修行
24歳 ラトゥール(大阪・箕面市)のシェフに
27歳 ラヴィータ宝ヶ池(京都・左京区)のシェフに

1996年
イル・パッパラルド(京都・東山区)へ
フジテレビ「料理の鉄人」では初の東西イタリアン対決も経験
2002年
”京都発信”のイタリアンを目指しオーナーシェフとしてイル・ギオットーネ 京都本店 開店
2005年
イル・ギオットーネ 丸の内 開店
2007年
ミラノ(イタリア)で開催された料理サミット「イデンティタ・ゴローゼ」に日本人料理人として初参加
ジョルジオ・アルマーニ氏主宰のチャリティーディナーに料理人として参加
2008年
京都鴨川沿いに、イル・ギオットーネ クチネリーア 開店
2010年
京都烏丸 トラットリア バール イル・ギオットーネ 開店
2011年
東京代々木 「代々木ビレッジ」にフードプロデュースしたイタリアンレストランCode kurkku 開店
2012年
大阪梅田 パーネ・ディ・イル・ギオットーネ 開店


現在、TV・雑誌などのメディアでも活躍中

【イル・ギオットーネ】
http://www.ilghiottone.com/home.html

この記事だけを表示

お知らせ2013年4月9日 17:22

今週末は黒壁(滋賀県長浜市)で長浜曳山祭り開催

長浜八幡宮を中心に行われる日本三大山車祭りのひとつの
長浜曳山まつり。

絢爛豪華な山車は「動く美術館」ともいわれ、
そのクライマックスを彩るのが「子供歌舞伎」。
5歳から12歳くらいの男子が衣装に身を包み、
歌舞伎を演じます。

そのほかにも、黒壁の若手ガラス作家がつくる
オリジナルガラスなど見所はたくさんあります。

どうぞ、足をお運びくださいませ。

黒壁の若手ガラス作家を応援する
黒壁ガラス工房25周年ファンドも募集中
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=345

この記事だけを表示

マルニ木工2013年4月5日 15:56

投資家の皆さまへ、山中社長より直筆メッセージ

「マルニ木工ファンド2012」は先日満額のお申込をいただき、
募集の受付を終了いたしました。

本日は、営業者である株式会社マルニ木工の山中社長より
投資家の皆さまへお手紙を預かりましたのでぜひご覧ください。


マルニ木工 画像1

現在、投資家特典発送の準備をしております。

「職人が家具木材の一部を使って一つ一つ作った鍋敷き」を
順次発送しておりますので、まだお届けできていないかたも
今しばらくお待ちいただければ幸いです。

この記事だけを表示

お知らせ2013年4月3日 13:00

【ソダッテ阪神沿線】新在家駅の魅力を動画で紹介

 

こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの神谷です。


イタリアンからお好み焼屋さんまで、
さまざまな個性をもった6つの飲食店の開業、
そして、地域の活性化を応援する「ソダッテ阪神沿線プロジェクト」。


先週より、順次、新在家駅の高架下に出店する
飲食店のファンドの募集が開始となりました。
http://www.sodatte-hanshinensen.com/citizen/


また、この新在家駅の魅力をわかりやすく紹介する番組が公開されています。
無料ですので、どうぞご覧ください


「駅ぶら街ぶら 阪神沿線」
http://www.hanshin.co.jp/nambasen/ensen/tv/index.html

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス