セキュリテニュース 2009年08月

お知らせ2009年8月28日 23:00

20~30代は、投資によって政治への関心が高まり、投票意欲も高い

4年ぶりの総選挙が、いよいよ今週末となりました。

そこでミュージックセキュリティーズ株式会社は、会員の皆様が社会や政治に対して、どのように考えられていらっしゃるかをアンケートで尋ね、248人の方からご回答をいただきました。

その結果、会員の方は一般の方に比べて、政治への意識が高く、投票意欲が旺盛であることが分かりました。
また、当社の金融商品の購入によって、当事者意識が、これまで以上に高まり、投資した事業や業界に関して、より関心を払うようになっていることが分かりました。

30代前後の若手が投票に意欲的


前回の衆議院議員総選挙(2005年9月11日実施)の投票行動を尋ねたところ、60代を除いて、すべての世代で「明るい選挙推進協会」が発表している世代別投票率よりも、11ポイント以上高くなっていることが分かりました。
また、今月末に実施される総選挙には、すべての世代で80%を超えていました。多くの世代で、会員の方は、もともと政治への関心が非常に高いことがうかがわれます。



特に、比較的若い20代~30代のあいだで、投票意欲が高まっていることが分かりました。
20代は、前回の選挙のときに、まだ選挙権のない10代であった可能性がありますが、30代でも11.36ポイント上昇しています。
この世代は、当社のサービスを利用し、ファンドを購入している層でもあります。

当社としては、この層は、会社のなかで責任をもつポジションに就くようになったり、また、家庭をもつようになったり、両親の老後に向き合うようになったりするなかで、広く社会に関心をもつようになったためではないかと考えられます。

また、当社ファンドの購入経験の有無で投票行動について見てみたところ、30代は、購入経験をもっている人の方が、今回の選挙への投票意欲が高いことが分かりました。
これは、ファンドの購入によって当事者意識が生まれ、事業や社会・政治への関心も高まることが理由ではないかと考えています。



投資によって当事者意識が高まり投資先事業や業界への関心が向上

また、当社のファンドを購入された方の過半数が、自分が投資をした事業や、その業界への関心がより高まったと回答しています。
投資をすることは、運用次第で、配当が出たり損をしたりするため、お金の使われ方に関心を払うようになり、ひいては、事業や業界、そして社会に対して、当事者意識をもつことにつながっていくのではないかと思います。

実際、「純米酒ファンド」を購入された方が、お酒をつくる上で、お米が大切ということに気づき、「お米ファンド」を購入され、さらに、お米つながりで「おにぎりファンド」を購入された方がいらっしゃいました。

このように、もともと政治や社会への関心が比較的、高かった方が、当社のファンドを購入され事業や業界への関心を高めていく様子が今回のアンケートから分かりました。
これまでは、税金を通じて政府が社会の問題を解決することが中心となっていましたが、自分のお金を投資することでビジネスを通じて社会問題の解決に貢献する意識をもっているようです。

当社としては、引き続き、事業者の方の熱意や実績と、投資家の皆様の「好き」や「応援したい」という気持ちをつなぎ、事業者の方と投資家の方が納得のいく商品づくりを行いやすい環境の整備に努めてまいります。

この記事だけを表示

イベント情報2009年8月26日 20:46

「ひふみ投信」と「セキュリテ」が共同セミナー(全4回)を開催します!

=========================================================================
レオスキャピタルワークス「ひふみ投信」×ミュージックセキュリティーズ「セキュリテ」

交流サロン
第1回 「エコノミー・フォー・オーガニック お金と国際協力のいい関係」
【9/15(火)19:00~21:00 @東京八重洲パシフィックセンチュリープレイス丸の内27F 】

=========================================================================

リーマンショックから一年。社会にお金を融通する『金融』のあり方が問われています。
私たちのお金を、何に、どのように融通していくべきなのでしょうか。

レオスキャピタルワークスの「ひふみ投信」、ミュージックセキュリティーズの「セキュリテ」、
それぞれ、お金が融通される対象が、「上場企業」と「事業そのもの」と違いはありますが、
個人が、共感する事業者とお金を通じて、つながって頂くことが、私たちの使命だと考えています。

本交流サロンでは、毎月1回、全4回の無料セミナーとして、毎回、さまざまなテーマ・分野で活躍される方を
ゲストスピーカーとしてお招きし、開催してまいります。

---------------------------------------------------------
日程とテーマ(予定)
---------------------------------------------------------

第1回:9月15日    :「お金 と 国際協力」
第2回:10月予定    :「お金 と ものづくり」
第3回:11月予定    :「お金 と 文化」
第4回:12月予定    :「お金 と 地域」

※日程は決定次第随時ご案内します。
ゲストスピーカーとの関係上、テーマが変更になる場合もございます。

さまざまな事業分野におけるお金を活用する事業からの視点で求められる「金融の役割」と、
その事業に「個人のお金」が生かされることのインパクトについて、ゲストスピーカーを中心にお話を頂きつつ、
全4回を通じて、これからの新しい金融のあり方、個人の投資との関わり方について、
皆様と一緒に考え、議論を深めていければと考えています。

---------------------------------------------------------
第1回テーマ 「お金 と 国際協力」
---------------------------------------------------------

これまで政府開発援助(ODA)や寄付などを通して行われてきた貧困削減を、
金融を通して解決に取り組む「マイクロファイナンス」がテーマです。

フィリピン有数のマイクロファイナンス機関「CARD」と連携し、
成長途上のマイクロファイナンス機関を日本から支援するマイクロファイナンスファンドの企画を
ミュージックセキュリティーズ社と実施している「特定非営利活動法人Living in Peace」の
慎 泰俊氏をゲストスピーカーにお迎えいたします。

マイクロファイナンス機関への現地訪問体験を元に、マイクロファイナンス機関のローンオフィサーの現場の取り組みや、
借り手の状況、そして、マイクロファイナンス機関自身にとって求められる「金融の役割」をお話頂きます。

また、ミュージックセキュリティーズ「セキュリテ」を通じて販売開始予定の
日本初のマイクロファイナンス機関向け「マイクロファイナンスファンド」の設立経緯、ファンドの内容、
「個人のお金」のインパクトについてもお話させていただきます。

いま、新しい金融として注目を浴びている「マイクロファイナンス」。
その生の最新現場の取り組みと共に、日本からの「個人のお金」の付き合い方について議論させて頂く機会となりますので、
皆様のご参加、お待ちしております。


---------------------------------------------------------
概要
---------------------------------------------------------
●日時
9月15日(火)19:00~21:00 (受付:18:30~)


●会場
レオス・キャピタルワークス  セミナールーム

・アクセス:JR「東京駅」八重洲南口より徒歩3分、
JR「東京駅」京葉線連絡口と直結
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩7分
・住所:東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内27F
・地図:http://www.rheos.jp/about/overview/access.html

※応募状況に応じて、会場が変更となる場合がございます。
その場合は事前にご案内をさせて頂きます。

●参加費
無料

●ゲストスピーカー
特定非営利活動法人 Living in Peace 代表 慎 泰俊

●スピーカー
ひふみ投信/レオス・キャピタルワークス株式会社
最高運用責任者(CIO) 藤野英人

セキュリテ/ミュージックセキュリティーズ株式会社
代表取締役 小松 真実


●参加申込方法
以下の情報を明記の上、こちらまでメールにてお申込ください。
お申込受付完了メールをご返信させて頂きます。
=>seminar@securite.jp

 【メール記載情報】
 ・氏名
 ・年齢
 ・当セミナーを知ったきっかけ

 【参加申込締切】
 ・2009年9月14日(月)12:00 (締切日を延長いたしました。)
 ※定員に達した場合はお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

 ●注意事項
 ※本セミナーでは、金融商品の勧誘を目的とするものではございませんが、 セミナーの中で金融商品の具体的な説明をする場合がございます。
ご説明する金融商品は損失が生じるリスクがございます。
 ※ご投資にあたっては、当該商品の契約締結前に契約書および契約説明書をよくお読み頂き、ご自身でご判断ください。
 ※ご投資の際には、商品毎に所定の手数料等をご負担いただきます。商品ごとに手数料およびリスク等は異なりますので、
   当該商品の契約締結前に契約書および契約説明書をご確認ください。

 ●主催
  レオス・キャピタルワークス株式会社
  http://www.rheos.jp/
  東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内
  投資運用業/投資助言・代理業/第二種金融商品取引業
  関東財務局長(金商)第1151号

  ミュージックセキュリティーズ株式会社
  http://www.musicsecurities.com/
  東京都千代田区丸の内1-5-1新丸ビル10F
  第二種金融商品取引業
  関東財務局長(金商)第1791号

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月25日 15:48

日経新聞に「セキュリテ」が紹介されました

「社会に必要」地道に追求

というタイトルで、当社の「セキュリテ」が紹介されました。

当社の最新ニュースは、メールマガジンを利用してお届けしています。
会員登録はこちら

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月23日 15:44

共同通信にLIPと当社のマイクロファイナンスファンドが紹介されました

貧困削減へ1口3万円
「ユヌス流」ファンド日本で募集

というタイトルで、LIPと当社の取組が紹介されました。

LIPの最新ニュースは、メールマガジンを利用してお届けしています。
会員登録はこちら

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月16日 16:37

日経ヴェリタスに当社が紹介されました

環境や伝統文化・技術を守る新ファンド運用
金融技術で社会貢献の思いを後押し

というタイトルで当社の取り組みが紹介されました。

当社の最新ニュースは、メールマガジンを利用してお届けしています。
会員登録はこちら

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月10日 14:38

日経新聞にジーンズファンドが紹介されました

「ファンドで個人の出資募集 岡山・児島、高級ジーンズに活路」というタイトルで

天然藍染め桃太郎ジーンズ2009」が紹介されました。

ファンドの情報などは、ウェブサイトからご覧になれます。

コミュニティメンバーにご登録いただくと、メールで最新情報をお知らせいたします。
ご登録ください。

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月7日 11:47

日経産業新聞に「Applie(あっぷりぃ)ファンド」が紹介されました

Applie(あっぷりぃ)ファンド」が紹介されました

ファンドの情報などは、ウェブサイトからご覧になれます。

コミュニティメンバーにご登録いただくと、メールで最新情報をお知らせいたします。
ぜひご登録ください。

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月7日 10:49

日経新聞(北陸経済面)に農業ファンドが紹介されました

「市民と新たな関係築く」として、

ぶった農産特別栽培米コシヒカリ2009」が紹介されました

ファンドの情報などは、ウェブサイトからご覧になれます。

コミュニティメンバーにご登録いただくと、メールで最新情報をお知らせいたします。
ぜひご登録ください。

この記事だけを表示

メディア掲載情報2009年8月1日 12:32

Graziaに「共有の森ファンド」「雑穀おにぎりファンド」「ジーンズファンド」が紹介されました

「趣味と実益を兼ねたユニークな投資ファンド」の例として、

共有の森ファンド」や「mai mai 雑穀おにぎりファンド、「天然藍染め桃太郎ジーンズ2009」が紹介されました。

ファンドの情報などは、各事業者のウェブサイトからご覧になれます。

コミュニティメンバーにご登録いただくと、メールで最新情報をお知らせいたします。
ぜひご登録ください。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス