セキュリテニュース クレアツーワン(山口ごま本舗ファンド2013)

クレアツーワン(山口ごま本舗ファンド2013)2013年9月26日 11:02

ごまのおからで作ったドーナツ

山口ごま本舗から、新商品の「ごまドーナツ」の写真が届きました。

ごま油を搾った後に出てくる「ごまのおから(ごまの搾り殻)」を利用して作った製品です。


山口ごま本舗さんのごまの搾り殻は、ごまの美味しさがたっぷり残っています。

その秘密は搾り方にあります。

山口ごま本舗のごま油の搾り方は、圧搾・玉締めの2種類で搾っています。

大量生産されているごま油のほとんどは、

「抽出法」とよばれる搾り方をしており残ったごまの搾り殻には油分がほとんど残っていません。

しかし、山口ごま本舗の圧搾・玉締めという搾り方は、ごまの搾り殻にも油分が約30%残っています。

美味しいごまの絞り殻を使った新商品をつくるための資金を今回募集しています。

新商品の目玉となるのが、ごまのドーナツ。

食べてみたいですね!




 

山口ごま本舗ファンド2013
ファンドの詳細およびお申込はこちら。
https://www.securite.jp/fund/detail/417 
 

この記事だけを表示

クレアツーワン(山口ごま本舗ファンド2013)2013年9月13日 09:14

上原さんがおいしいごま油を作るようになったわけ

9月10月はごまの旬です。
山口ごま本舗さんの契約農家さんももうすぐ刈り取りが始まります。
山口ごま本舗には270gで8,400円するごま油を製造・販売しています。
なぜ、このごま油をつくるようになったのか、
代表の上原さんにお話を伺いました。

 
=======================================================

もともとはお土産屋さんを営んでいた上原さん。
そこで扱っていた商品、「黒ゴマきなこ」を食べた時、
「自分のほうがもっと美味しく作れる」
と思ったことがごまとの出会いでした。

その後、自社で作って販売をするようになりました。
それから、ごま油をつくってみては?という意見をもらい、
ごま油の製造を行うように。

当時、主なごま油の搾りかたは2つありました。
1. 1500度薬品を使ってごまから油を抽出する方法(抽出)
2. 低温(180度)で1時間かけて炒ってから60度で絞る圧搾、

量産をする多くの大手ごま油製造会社は、
1.の方法で効率よく手ごろな価格で生産をしています。

上原さんは、2.の方法を採用しました。
価格と量ではかなわない分、
ごまの風味がよりが楽しめる2.で差別化を図ることにしたのです。

その後、もっと美味しいごま油を作ることはできないのか?
上原さんは文献を探して、そして見つけ出したのが「玉締め」という搾り方でした。

当時、玉締めで搾る油屋さんはほとんどいなかったそうです。
玉締めは低温(180度)で1時間かけて炒ってから冷まし、

熱をかけずに臼の圧でじっくり搾ります。
搾る段階で余計な熱を加えないのでごま本来の味が香り立ちます。
この搾り方でごま油を作りたい、

そんな思いで玉締めの研究を重ね、完成されたのが「玉搾り機」。
時間をかけてじっくり搾り、1ヵ月から1ヵ月半かけて濾過します。


ここまでこだわるなら、ということで目を付けたのが
「国産のごま」。

現在日本では99%が中国産のごまです。
上原さんが萩の大島でごまを食べた時のこと。
その甘さに驚いたそうです。

日本のごまは、農家の方々が丁寧に育てているので
一粒一粒の実がしっかりふくらんでいます。
搾り方、そしてごまにとことんこだわったごま油が完成したのです。

ミュージックセキュリティーズの担当が現地でごま油を飲んだ時、本当に感動しました。
「まったくべたべたしなくて、ごくごく飲める。

そしてピーナッツのような濃厚なごまの香りが口いっぱいに広がる。」
今も玉締めで搾る油屋さんは日本全国で2、3件ほどしかありません。
このこだわりのごま油、一度は食べてみてほしいです。


実は、山口ごま本舗さん、都内で出店をします。
下記日程で出店をしますので、ぜひ訪れてみてください。
ごま油の試食もできます。

太陽のマルシェ(勝どき)で今週末14、15日
http://timealive.jp/

青山ファーマーズマーケットで今月末28日、29日
http://www.farmersmarkets.jp/

 

山口ごま本舗ファンド2013
ファンドの詳細およびお申込はこちら。

この記事だけを表示

クレアツーワン(山口ごま本舗ファンド2013)2013年9月5日 21:49

青山で山口ごま本舗さんを発見

こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの岸野です。
 
先日、青山の国連大学前で週末に開催されている
ファーマーズマーケットに行ってきました。
 
野菜や果物、加工品など、様々なお店が出店していて
とってもにぎやか。
 
生産者の方とお話しながら買い物ができるのはとても楽しいです。
 
とてもいい香りに引き寄せられて、こちらのお店の前に。

 
山口ごま本舗さんのお店です。
ごま油をはじめとした、様々なごま製品が並んでいます。
 
そしていい香りはこちらから。
 
ごま油を搾る機械のデモ機です。
初めて見ました。
ごま油ってこのように搾られるのですね。
ちょっとした工場見学のような気分です。
この機械の前に立つと、本当にいい香りで、幸せな気持ちになります。
香りがお伝えできないのがとても残念です。
ごま油の試食もさせていただきました。
油なので、少しどろっとしているのかなと思ったのですが、
すごく口当たりがさらっとしています。
とてもいい香りで、いろいろなお料理に、少しかけるだけで、ごまの風味がプラスされて
おいしくなりそうです。
それでいて油っこくならないのがうれしいですね。

山口ごま本舗さんのごま油は、
昔ながらの製法で、時間をかけて丁寧につくられた
無添加のごま油。

ごまの成分がそのまま凝縮されています。
 
有名なモデルさんもお取り寄せされていらっしゃるそうですが、
体に取り入れるものには人一倍気を使っていらっしゃるモデルさんが使われるのも
納得です。
 
こちらが上村さん。
 
笑顔で元気に接客してくださいます。
 
東京までお車をご自身で運転していらっしゃっているとのこと。

お話していると、こだわりのごま製品を
待ってくれているたくさんのお客様に届けたい
という熱い気持ちが伝わってきます。
 
ご好意で、ごまの搾りがらをいただきました。
お野菜にまぶして胡麻和えにしたり、いろいろ使えるとのこと。
私は、パウンドケーキに入れてみました。
小麦粉の分量の2~3割程度を搾りがらに置き換えるだけの簡単レシピです。
 
(手作りのため見栄えが悪くすみません。。)

会社に持っていって試食してもらったところ、
ナッツが入っているの?おいしい! と好評でした。
 
ごまスイーツ、おいしくて栄養もとれるのでおすすめです。
 
山口ごま本舗さんでも、最近ごまドーナツが人気とのことです。
まだ作れる数が少ないので、今回の青山のイベントでは残念ながら販売されていませんでした。
とっても好評なドーナツとのことですごく食べてみたいです。
 
ファンドの資金で、新たに機械を導入できれば、
自社でたくさん製造することが可能になるとのことです。

山口ごま本舗ファンド2013
ファンドの詳細およびお申込はこちら。

この記事だけを表示

クレアツーワン(山口ごま本舗ファンド2013)2013年8月29日 22:05

山口ごま本舗ファンド2013の募集を開始いたしました。

~1本270gで8,400円の黒ごま油~

山口県の"ごま職人"が生み出すごま製品を製造しています。
味と香りを追求した結果が、全ての製品になっています。
飲んでもおいしいごま油を作り出すことが出来る"ごま職人"が、その搾りがらを活用した、毎日食べたいごまふりかけ、ごまスイーツ、ごま豆腐などのごま加工品を手掛けます。

1人でも多くの皆様に、ごまの持つ本当のパワーを感じて頂きたいです。


山口ごま本舗ファンド2013の詳細はこちらです。
http://www.musicsecurities.com/communityfund/details.php?st=a&fid=417

gomahonpo

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス