被災地からのレポート 2017年09月

いわ井2017年9月19日 20:10

仮設店舗での営業終了と新店舗オープン(10月1日)のご報告

出資者の皆様へ
 
思い起こせば東日本大震災で店舗を流失した失意から、朝市、軒先、プレハブ小屋と再起の店をつないできました。平成24年、今の仮設店舗に入居することになり資金調達に窮していたところ一時は再起を諦めていたのですが、ミュージックセキュリティーズのシステムに救って頂いたのです。
 お陰様で「瓦礫だらけで荒野のような埃っぽいこの町で、この一角だけは別世界にしよう」と共に入居する商売仲間と夢を実現できました。
 それから5年半、出資者の皆様とは長いお付き合いになりました。手紙やメールで励ましていただいたり、お買い物をしていただいたり、時には訪ねてこられて楽しい時間を過ごさせていただいたりと、出資という面だけではなく広くそして長いご支援を頂き、改めて感謝申し上げます。
 さて、陸前高田は今ようやく震災前の市街地跡に10メートルほどかさ上げして新しい市街地が作られようとしています。新たに道をつくり、広場を作り、店をつくり・・・。という、途方もない事が今始まったところです。生まれたての小さな小さな、まちなかですが、私の店も元の位置にほど近い嵩上地に街の仲間たちと共同店舗「陸前高田まちなかテラス」を建て、10月1日その一角で新しい店を開きます。
 今、この町で商売を続けることはとても厳しい状況です。私たち商業者はまちに必要とされなければこの町にとどまることはできません。まちの人たちに必要とされ、ひいては皆様ともつながっていられるよう、工夫しながらここでの暮らしを楽しんでみようと思います。
 今、当三陸地方は秋真っ盛り、サンマもうまいですよ。そうそう、開店の10月1日は日本酒の日、酔仙酒造さんのにごりざけ人気の「雪っこ」の発売日でもあります!
どうぞ、爽やかな海風に吹かれにお出で下さい。お待ちしています。
 
岩手陸前高田
 ㈱いわ井 磐井正篤

/data/blog/archive/original/38509.jpg
(引っ越し準備の始まった仮設店舗の店内にて)

この記事だけを表示

寒梅酒造2017年9月6日 17:04

【宮寒梅】酒米栽培 山田錦 新たな挑戦!

みなさま、こんにちは。
いつも応援有り難うございます!
清酒「宮寒梅」醸造元 合名会社 寒梅酒造 岩﨑 真奈です。

朝晩の冷え込みや、晴天の時の雲の高さをみると

「秋らしくなってきたなぁ」 と感じる事が多くなってきました。

 

当蔵では、今年度から社長が新たな挑戦をしていました。

 

その名も「社長が山田錦を育てる」です!

 

 

今まで当蔵では、「美山錦」「愛国」「ひより」「ササニシキ」等、

社長が育てた米を使用して醸造を行ってきました。

 

 

今年から新たに「山田錦」にも挑戦していました!

 

8月の天候が30日間連続雨・・・とあいにくの天気が続いていましたが、

7月の天候が晴天が多かったこと、8月も雨は続いていたけれども、気温がそこまで下がらなかったこと

等踏まえ、今のところ順調に育っています。(内心とても心配していたので少し安堵です)

 

社長も、毎日田んぼの見回りと、今の時期は草刈作業に朝晩追われています。

気づくと草刈をしています。

 

そして、初お目見えの 

寒梅酒造産 山田錦 です。






花が咲いている頃の様子です。







 

今は出穂もし始めました☆

これから少しずつ黄金色に色づき始めるところです!

 

当蔵にとっても、社長にとっても初の事。

そして、東北で宮城県で社長自ら栽培するということが、大変意義のあることであり、

当蔵らしさというところでも、すごく楽しみながら栽培していました。

 

その他の美山錦、愛国、ひより 達も元気に育っています!




蔵へ降りる堤防からの様子です。

右中の田んぼの少し色が違うところは「愛国」です。

野毛が赤紫のような色なので、全体的に赤色になります。

 

 

今年の当蔵の稲刈りは9月20日頃からスタートする予定です!

仕込みも同時期以降に始まります!

 

頑張ります☆

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス