被災地からのレポート 2012年08月

丸光製麺2012年8月31日 20:35

美味しい麺復活へ向け

皆様こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの森田です。

先日、丸光食品のミニ説明会が開催されました。
少人数の会だけあり、丸光食品の熊谷敬子さんと、
投資家の皆様がわきあいあいと話せる会になりました。


この写真は、丸光食品のふかひれラーメンです。
本当に美味しそうですよね。

これは震災前にでていた商品で、まだこのラーメンは再開できていません。
一日も早く復活してほしいものです。

「主婦感覚で手軽に作れる、でも手抜きではなく、とても美味しい」それが丸光食品の麺です。


丸光


震災では、工場はもちろんのこと、今まで少しずつ少しずつ、
懸命にためてきた顧客リストも流れてしまいました。

この顧客リストには敬子さんの必死の思いがつまったものでした。

「女だからといって決して甘くないビジネスの環境で、仕事を獲得してきました。
東京へ商談会に行くときは、家をしばらくあけ、
(自分の)子どもたちを何日もおいていかなければならず、
子どもたちから泣いて電話がかかってくることもたくさんありました。
いろんな思いを込めてやってきました。」

震災後、すぐに再建を決意し、四苦八苦の末
ついに2012年10月1日に、工場オープンを予定しています。

敬子さんは言います。
「どんなに意志があってもお金が無ければ何もできない。皆様からのファンド資金があって本当に良かった。」

しかし、あと少し、あと少し必要な資金が足りていません。

「今被災地では、人材とお金が必要とされています。物資ではなく、人材とお金です。」

ファンドは残り約1,200口募集中。

皆様一人一人の応援で、
一緒においしい麺の復活という目標へ進んでいければ幸いです。


丸光

------------------------------------------------------------
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら↓↓
丸光
丸光

この記事だけを表示

伊藤2012年8月31日 17:42

秋サケ初出荷!ファンドはあと一息!

本日、伊藤では、秋サケを初出荷しました!
これが明日の9月1日には築地に並びます。


伊藤

これは、北海道から仕入れた秋サケで、
さんま同様、秋サケも、北海道からだんだん南下してくるそうです。

志津川では9月25日頃、刺し網漁が解禁になります。


伊藤

昨年は、秋サケのシーズンまでに事業を再開したい、という願いが叶いませんでした。
伊藤さんにとって、秋サケを扱うのは2年ぶりになります。
喜びもひとしおでしょうね!

私もとてもとても嬉しいです。
ただし、ファンドはまだまだ募集中です。
いったん、加工場はできあがり、事業を再開してはいますが、
様々な支払いが、まだこれからです。

3000口募集で、現在2,822 口の所まで来ています。
残り178口、ご支援、ご協力を宜しくお願いします!

(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

------------------------------------
3口以上で「秋鮭と生筋子の親子セット」または「マダラと白子セット」をご送付
「南三陸 伊藤サケファンド」の詳細・お申込はこちら↓↓
伊藤

この記事だけを表示

大木代吉本店2012年8月31日 17:38

投資家特典が豪華になりました!

なんと!
福島の「大木代吉本店自然郷再生ファンド」の投資家特典がより豪華になりました!!

新しくなった盛りだくさんの特典を是非こちらよりご覧ください↓↓↓


ooki

この記事だけを表示

鵜の助2012年8月31日 16:12

海に生きる4人の漁師たちのファンドが募集開始!

「1人は1つのものしか作れない。
でも4人でグループ組んだら、4倍じゃなくて、6倍にも7倍にもなる。」

十三浜
(宮城県石巻市)の漁師4人がつくった会社「鵜の助」のファンド、
「鵜の助4人の漁師ファンド」の募集を開始しました!詳細はこちらから

彼らを紹介する動画もあります。合わせてご覧ください!動画はこちらから


鵜の助

この記事だけを表示

木村水産2012年8月31日 12:21

焼きうにと塩ウニ作っています

木村水産です。大変ご無沙汰しておりました。

皆様残暑が厳しい日が続いておりますが、お元気のことと思います。

当社の社員一同も暑さ負けじと頑張っています。
いまはウニ剥きをしています。一粒一粒丁寧扱っています。

志津川の復興商店街のキラキラ丼の上に乗ります。
焼きうにと塩ウニ作っています。
まだまだ暑さが続きますので皆様お体をご自愛ください。

木村
==============
木村水産のうにめかぶや焼うに、鮑味噌漬けはこちらより
セキュリテセットでも販売しています↓↓↓
木村

-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/

この記事だけを表示

寒梅酒造2012年8月31日 12:20

ひやおろし発売!&ジャズフェス参加します!

みなさま、こんにちは。岩﨑です。

暦では秋を迎えておりますが、宮城県はまだまだ暑いです。

本当に暑い。

まだまだ残暑厳しい日々が続きそうです。

 

最近は、連日出張の日々が続いていました。

先日、青森県弘前市で行われたお酒のイベントに行ってきました。

青森県の蔵元さんが主催のお酒のイベントだったのですが、とても勉強になり刺激を受けて帰ってきました。

お酒の質に関してはもちろんですが、お酒と食の組み合わせだったり口に含む順番だったり・・・

嗜好品の良さや愉しみが改めて実感できたような気がします。

青森は涼しいというイメージがあったのですが30度を超える猛暑でした。

今月末からは、常務が北海道への出張~福岡県への出張と続いております。

少しずつ私たち宮寒梅を知ってもらえる機会を増やしていけるように努めていきたいと強く思っています。

 

そして、いよいよ10月からは、24酒造年度の仕込みが始まります。

一年は早いものです。

仕込みの時期が近付くとまた身が引き締まる思いになってきます。

今、来季の製造計画も着々と進んでいます。

 

それから9月になると、本格的な「ひやおろし」の時期がやってきます。

夏を越し熟成させた日本酒のことを「ひやおろし」といいます。

宮寒梅でも、限定ひやおろしが発売となりました。

 

 宮寒梅 純米吟醸45%と宮寒梅 純米大 吟醸40%のひやおろしの2種類です。

ぜひ、よろしくお願いします。

 

そして、もう一つ告知をさせてください。

宮城県では9月8日(土)と9日(日)に仙台市の中心部でジャズフェスティバルが行われます。

その中で、宮城県の純米酒サポーターズ倶楽部の方たちが「純米酒BAR」を行います。

宮城県の日本酒が集まり、日本酒を使ったカクテルやTシャツ販売などを行います。

是非、仙台へお越しの際は、お立ち寄りください!

 

まだまだ暑い日が続きますが、皆様お体には十分お気を付けください。

これからも、よろしくお願いします。

この記事だけを表示

三陸味処三五十2012年8月31日 11:08

秋といえば…

皆様こんにちは。
岩手県山田町の三五十(みごと)の須藤さんから、近況のお便りをいただきました。
またまたおいしそうですね!

=======================

セキュリテセットのご注文を多数いただき、誠に有難うございます。

特典+ご注文分を発送できるよう、急ピッチで作業しておりますが、
仮設店舗と同時進行の為 思うように捗らず、お待ちいただいてる皆様に
本当に申し訳ないと思いながらも
毎日の作業に追われていますが、
少しでも早く皆様のお手元にあかもく佃煮が届くよう頑張っております。

そして間もなく「あかもく佃煮」に新たな仲間が加わります。
こちらも楽しみにお待ちいただきたいと思います(*^^)v

大吟醸飴も好評いただいております。

暑い毎日ですが
秋はもう近付いてるんですよね!!

秋といったら秋刀魚(さんま)です。

今年初の秋刀魚が届きました。

塩焼きで私もいただきましたが、脂がのっていて とても美味しかったですよ♡

みごと

今年はまだお値段も高めのようですが
秋の味覚 ぜひ味わってみてください。

みごと



-------------------
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)の一覧はこちら:
http://oen.securite.jp/


この記事だけを表示

ドラゴンフラワーズ2012年8月30日 21:35

水槽を取り寄せました

各ハウスへの水道水の引き込み工事が終わり、

地下水や雨水を貯水し、使用できるレベルまで水道水で希釈するための水槽を取り寄せました。

地元、亘理町の荒浜漁港の知人に紹介してもらったモノで、

本来は魚を入れておくものですが、1,000Lあるので使い勝手は良さそうです。


ドラゴン


=============

ドラゴンフラワーズ花の苗ファンド(1口1万500円)の詳細・お申込みはこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/306

 


 

この記事だけを表示

御菓子司木村屋2012年8月30日 16:04

貴重な木村屋スリーショットを激写しました!

先日、酔仙酒造の竣工式の帰り、木村屋さんにも立ち寄りました。
ちょうど四国から来ていた木村さんの妹さんもいらして、
こちらのスリーショットを撮ることができました。
真中が木村屋の看板お母さん、右が社長の木村さん、左が妹さん。

休暇でいらした妹さんですが、お店のお手伝いをされていました。
みんなお店にいるので、一緒にいるためには、そうするのが一番いい、
と素敵な笑顔で答えてくれました^^。


木村屋

お店の奥ではこんな風に働いています。

木村屋

こんな商品もありました!

木村屋


またご報告しますね!


(ミュージックセキュリティーズ・杉山)

-------------------------------------------------------------------------------------
同じ陸前高田の仲間のファンドが今も募集中です!

八木澤商店しょうゆ醸造ファンド
  
yagisawa

いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド
iwai



この記事だけを表示

いわ井2012年8月30日 15:00

酔仙酒造といわ井のつながり

先日行われた酔仙酒造の大船渡蔵の竣工式で、
いわ井の店主磐井さんにお会いしました!

酔仙
(写真がぼけててごめんなさい・・・左が磐井さん、真中が酔仙酒造の金野社長、右が息子さんで製造部長の金野泰明さん)

磐井さんは、八木澤さんと同じく、酔仙酒造の株主なのです。
なぜか?その経緯は、酔仙酒造の成り立ちに関係あります。
(その答えは動画、もしくはこちらの陸前高田ニュースでどうぞ!)

いわ井

そういうご縁で、いわ井さんのお店では、充実の酔仙酒造コーナーがあります。
昨年も、ちまたで「雪っこ」が手に入らない時でも、いわ井に来れば、
手に入る、そんな状況もありました。

酔仙さんのお酒は、地元の人たちにとって、
「自分たちのお酒」という意識があるお酒だそうです。
今回、
酔仙が復活して、みんな、ほっとした、
よく帰ってきてくれた、というのがあると思う、と磐井さん。


そんなお話を含め、大船渡から、陸前高田までの車中に、
磐井さんに伺ったインタビュー動画をアップしました

■内容
酔仙とのつながりのこと
・地元の人たちにとっての酔仙のお酒のこと
・今年の七夕祭りのこと
・今のお店のこと(出資者のこと、栃が沢ベースでのコバンザメ商法(!?)のこと)
・震災後初めて、海の音を聞きながら考えたこれからのこと

ちょっと長めですが、自然体の地元の声がつまった14分。
磐井さんのお人柄をよく分かって頂ける動画になっていると思います。

インタビュアーは、私。
お聞き苦しい所があるかもしれませんが、是非、ご覧ください!




(ミュージックセキュリティーズ・杉山)


-------------------------------------
岩手県陸前高田市で和雑貨や地酒、陶磁器の小売業を営む
いわ井。いわ井を応援するファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:
いわ井

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス