被災地からのレポート 2012年05月

三陸味処三五十2012年5月31日 19:50

天然海藻あかもくを使った佃煮のギフト用詰め合わせ商品を試作・検討中

 

岩手県盛岡市 カワトク内で開催された復興元年!第5回いわて特産品フェアでも多くのお客様にあかもく佃煮&大吟醸飴をお買い上げいただきました。
有難うございますm(__)m


また、三陸山田湾産の天然海藻あかもくを使った佃煮のギフト用詰め合わせ商品を試作・検討中です。


三陸復興の一助と・・・


食材を吟味しながら納得できる商品に仕上がるよう現在、試作・研究中です。

 

この記事だけを表示

丸光製麺2012年5月31日 08:08

大阪の催事&丸光1日社員のご報告!

みなさま こんにちは!
いつも丸光を応援いただきありがとうございます。
そして大阪でのイベント『異業種交流会・全国大会』で
お手伝い下さいました『大阪1日社員のみなさま』
お疲れさまでした。

大盛況?!!
お陰様で無事に『はっと』は完売、ステージでは
『震災翌日に再建を決めたにも関わらず未だオープンできてない訳』
とのタイトルで、稲川淳二さんの前座として30分強お話しさせて
頂きました。

丸光
(稲川淳二さんと)

関西(大阪)でのイベントは、今回が初。関西弁がちょっと苦手な
私は、いつもより緊張し構えて大阪入りしました。が・・・

異業種交流会 まさしくその名の通り、様々な業種の方が集まって
おられて、しかもみなさん、とても温かい方ばかりでした。
震災の話をナマで聞くのは初めてという方も大勢いましたし、何か
したいけど何をしていいか分からないし、被災地に知り合いもいないから
突然尋ねていいものやら?という声もたくさん聞きました。

また私の話にうなずき、涙を流してくれる方も・・・

今までは大阪でのイベントや説明会など、ありませんでしたが
是非やって欲しいと言われましたし、
私自身もまた行きたいと思える大阪でした。

丸光
(四代目・桂 梅團治さんと)

ただ・・・悲しいことに、大阪城も見れなかったし、
たこ焼きも食べれませんでした(泣)
今度大阪へ行った時には、たこ焼きと串揚げ絶対食べたい!!です。

異業種交流会のみなさま、温かく迎えていただきありがとうございました。
お世話になりました。

そして、丸光1日大阪社員の皆様は、
すぐに内容を理解し全力でお手伝い下さいました。

丸光
(大阪1日社員のみなさんと。写真のサイズが小さくてすみません)

花村さん 伊藤さん 吉田さん 丸岡さん 高橋さん
本当にありがとうございました。

高橋さんは宮城県より駆けつけてくださり、
最後の最後までお手伝いしてくれました。
ありがとうございました。

丸光食品
丸光食品 熊谷敬子

------------------------------------------------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付
丸光

この記事だけを表示

大木代吉本店2012年5月30日 23:22

大正ロマン館

当蔵のある矢吹町のシンボリックな館。

しかし、今回の震災で全壊してしまいました。


町の復興協議会や東京大学生産技術研究所のご協力で大掃除を敢行しました。

この大掃除にあわせて写真展を行ないます。

うちでもいくつか写真を提供させて頂きました。


(6月5日修正:写真展の開催は7月8日~16日を予定しております)





===========================

ooki

 

 

 

この記事だけを表示

寒梅酒造2012年5月30日 23:09

夏酒 【Mr.Summer Time】 のご紹介など

こんにちは。合名会社寒梅酒造 岩﨑です。

日頃大変お世話になりまして誠にありがとうございます。


間もなくカレンダーも6月ですね。

5月は、田植えやお酒の会等があり、とても充実した一か月でした。


6月からは、また仕込みが行われます。

新蔵より冷房設備を完備できたので、少し暖かい季節でも仕込みを行えるようになりました。

今は、その仕込みの準備も並行して行われています。



これは、蒸しの時に使用する布を洗浄しているところです。(常務:健弥氏&社員:三嶽氏)

7月末くらいまで仕込みを行う予定になっております。

いつでも「一杯で旨い酒」のコンセプトのもと、

フレッシュな清酒をお届けできるように取り組んでいきたいと思っています。


そして、6月1日より「宮寒梅」produce の夏酒

【Mr.Summer Time】が発売開始となります。


バックミュージックはサーカスの「Mr.サマータイム」で。

ちょっと背伸びした大人の夏をイメージして醸しています。



是非ご堪能していただければ幸いです。



先日、今季より弊社の「美山錦」を契約栽培していただいている

宮城県登米市山田町の農家さんのところへお伺いしてきました。


有限会社N.O.A の高橋伸さん。

(下記の写真の方が、高橋さん)

農業へ無限大の可能性を抱き、枠にとらわれない考えや技術で農業を営んでいます。



高橋さんの行っている農業スタイルは、「循環型農業」


「秋に収穫した稲から出る稲わらは牛の餌となり、

その牛から出る糞を熟成させて、田んぼに散布します。

その際にお米を精米したときに出る米糠も一緒に散布し、

冬の間に地力をつけさせます。

春には転作大豆からでるくず豆も肥料として散布するなどして、田

んぼで取れたものは田んぼに還元したいと思い、

出来るだけ化学肥料や農薬などに頼らない稲作をしています」


この手法により、今年から宮寒梅 純米吟醸45%の主原料となる

美山錦を栽培してもらっています。


同じ敷地内には、なんと牛が130頭。



牛にもストレスを与えない牛舎は、今まで見たこともない程ゆったり広々とした建物でした。

ここで子牛を繁殖させ、和牛となります。


どの業種も関係なく、やはりどこまでも可能性は無限大。

今できることを精一杯やる。

とにかく挑戦する姿勢がとても大切なんだと改めて実感しました。

やりもしないで、無理ということは口にしてはいけないんだと。

とても勉強になった一日でした。


また、こちらの酒米栽培経過もご報告させていただきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

この記事だけを表示

のり工房矢本2012年5月30日 13:20

今週土曜日まで!(隠れマネージャー)

 

昨日5月28日から始まっている、仙台駅2Fステンドグラス前での「宮城の旨いもの掘りおこしフェア」にのり工房 矢本で参加しています。

 

 

(続きはこちら)

この記事だけを表示

星のり店2012年5月30日 11:39

海苔の色の不思議

皆様こんにちは。
星のり店の星さんより皆様へお便りが届きました。

===========================
いつも応援をいただいてありがとうございます。
 
3月中旬頃から黒い海苔が少しずつ色落ちしてきました。
色があるうちに刈採ってしまわなければと、連日収穫。
収穫時期に見て頂こうと思いながら作業に追われ、ご披露できなかった海苔です。


左の淡い海苔は4月上旬、右の真っ黒な海苔は2月中旬収穫
星のり
 

一般的に海苔の黒さは海水中の 「硝酸態チッソ」 の量に左右され、
黒から茶、青、白と変化していきますが、春の彼岸を迎える頃になると、
硝酸態チッソの影響とばかりはいえないようです。
 
海苔博士1号(星 博)にもまだ解明出来ない自然界の不思議だそうです。
 
海苔の科学(自然科学)について海苔博士1号の想いを
伝えていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。
 
星 陽子
===========================



-------------------------------------
他のファンドも募集中です。
セキュリテ被災地応援ファンド(1口1万500円)

この記事だけを表示

マルトヨ食品2012年5月30日 11:02

福島では・・・・。

昨日、福島の郡山市に量販店の商談をして参りました。

商談ではこちらが譲歩せざるを得ない状況で厳しいけれど納得です

けど、やはり気になることが。

このページを見ておられる方は全国に居ることを承知で気にかけて頂ければ幸いです。


商談後の話で、福島の風評を尋ねてみると、思いのより深刻で、

人のお客様より『福島』の文字に関して、問い合わせがあると、

の商品を下げざるを得ない とのこと。

実際に収穫・漁獲される商品以外にも風評は酷く、

加工所・製造者の住所においても、ご質問があるそうです。

福島県の地元の量販店すらそのような事態。

バイヤーは言ってました。


『検査対応はしっかりされていますので、基準値を超える商品は出回らない。

文字だけで判断されては大変なことです。今できることは、行政がしっかり情報を公表することで、

ちゃんと消費者に認知していただけること。時間はかかるけど』

そんなことを言ってました。

どうか、被災地の商品加工および生産者さんは安全なものを作り、

安心して消費者に食べていただこう!!!

そして風評が払拭され評価につながるようにがんばろう。

これ以上風評が広まらないように願うだけです。

被災地全体が立ち直れるように願っています。




--------------------------------------

気仙沼のマルトヨ食品を応援するファンドは、1口1万500円です。

皆様の資金は、

みりん干し等を製造する乾燥機械や、燻製機械などの購入費用等に充てられます。

 

 

マルトヨ食品

 

 

この記事だけを表示

大木代吉本店2012年5月29日 11:22

酒造実習に参加しました(4月25日)

「福島県清酒アカデミー職業能力開発校」の酒造に体験参加させて頂きました。


福島の酒造技術の著しい向上は、蔵元の情熱とそれを支える

福島県ハイテクプラザの技術の賜物です。


その福島県ハイテクプラザで開講されている清酒アカデミーの

酒造体験に参加させて頂いています。


米の蒸かし

(米の蒸かし)


盛(もり)

(盛(もり))


麹の状貌の変化①

麹の状貌の変化②

(米の状貌の変化)


仕込(添桶)

(仕込(添桶))



4月下旬から仕込(総米600kg×3本)が始まり、

6月6、7、8日が酒の搾りが掛かる予定です。


===========================

ooki

 

 

この記事だけを表示

菱屋酒造2012年5月29日 11:03

全国新酒鑑評会 金賞受賞!

全国新酒鑑評会で金賞に入賞しました。


平成23酒造年度 全国新酒鑑評会 入賞酒一覧表はこちらから)

http://www.nrib.go.jp/kan/h23by/h23bymoku_top.htm


これ自体はうれしいニュースなのですが、

ちょっと困る面もあります。


大吟醸は3月から出荷していますが、3,4,5の3ヶ月で

例年の1年分以上の出荷量になっています。

10月くらいで在庫切れになりそうです。

大吟醸の1800ミリは出荷中止にしました。


その代わりに純米大吟醸の1800ミリを出しました。




南部杜氏協会で開催する自醸清酒鑑評会に出席しました。

今回菱屋酒造店が通算45回目の優等賞になり、

代表で賞状を受ける役のため出席しました。

 


================================

菱屋酒造ファンド詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/195

 

金賞受賞酒が飲める!

菱屋酒造「千両男山大吟醸セキュリテセット」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/store/detail/273

 

この記事だけを表示

さんいちファーム2012年5月29日 10:03

出資者の皆さまのコメント

 

ミュージックセキュリティーズの神谷です。
さんいちファーム野菜ファンドに参加いただいた皆様から頂戴したコメントを掲載いたします。


皆さまの資金とお気持ちで、いよいよ6月1日から水耕栽培ハウスが稼動開始します!


======================================================================

実家は農家です。農業の大変さは、子供の頃から身に染みています。ですが、大人になった今は、苦労以上の収穫の喜びも多少わかるようになりました。食は基本です。美味しい野菜、作ってください。


微力ながら、参加できることが嬉しいです。


新しい農業形態は次世代への橋渡しにもなると思います。期待しています。


冬でも栽培できる施設を作るのは大変だろうと思いますが、ぜひ、全国の皆さんに愛される会社にしていってください。かげながら応援させていただきます。今は農業をしていない私ですが、なき父の農業にかける情熱は忘れることが出来ません。食べていただく方の気持ちになって育てていた父の生き方は、受け継ぎたいと思っていますが、今の私にはできません。どうか、父のように見えないお客様にも気を配れる経営をしてくださいね。


今はまだ、どうなるのかは分りませんが、私にも社会的なことができるのだと分り、自分に自信が持てました。ファームの皆さまのことを思いながら毎日過ごせます。喜びが増えそうで嬉しいです。


農業の活性化だけでなく、被災地の雇用を創出する意味でもがんばって欲しいと思います。


漠然と寄付をするのではなく、その行き着く先が目に見えてわかるような寄付をしたいと思っていました。半分は寄付、半分は投資という仕組みは、寄付をして終わりではなく、投資先のその後の歩みを見守る事ができるという点で、とても魅力的だと思います。少額で参加できるのも良いですね。少しずつ投資先を増やして行きたいと思います。


これからの農業の形です。成功を願っています。


初めて申し込みます。被災地支援は意識していたつもりでしたが、時間の経過、距離が離れて身近でないこと、日常生活の多忙により、何時の間にか被災地の事を忘れていました。先日の一周忌で、慰霊祭や放送各局の特番を見るうち、『被災地の人々の状況は変わっておらず、まだ何も終わってない。』と強く感じました。それと共に、やはり自分で被災地と何らかの関わりを持たなければと思いました。ですが、使途不明な募金をする事にも疑問を持っていたので、どーすべきか悩んでいたところ、たまたま聴いたラジオで被災地支援ファンドの存在を知りました。ただの募金ではない、でもたたの投資でもないという微妙なニュアンスがとても良く、これなら自分も被災地支援と関わりを持ち続けれるのでは?と思い、参加しました。さんいちファームさんは、ラジオで生の声を聞き協力したいと思いました。一口申し込みではありますが、これからファンドの様子を見ていきたいと思います。メディアでもっと取り上げられれば関心が高まると思いますので、今後の動向に注目させてもらいます。頑張ってください。


直接、被災地に足を運ぶことも考えましたが、それと同じお金を使って復興支援のお手伝いができるほうが有効なお金の使い方なのでは?と思い、このファンドを購入することにしました。それと「こんな私でも誰かのお役に、少しでも立てていること」を実感したかったという理由もある気がします。


東北地方の農業の再建・復興を願っています。


震災から1年が経過し、もどかしく思える事も多いと思います。私たちはこれからも皆様を応援していきます。一緒にがんばりましょう!


被災地復興の一助になっていければ少しでも役に立つかなという思いです。


両親が元農家で、私も小さい頃家業を手伝っていたらしいです(記憶にないくらい小さい頃だった)。やっぱり日本の農家の人たちにはがんばってほしいと思います。


水耕栽培に関心あり、将来の農業の主流となるかもしれないので、ぜひ、応援したい。


被災地への義援金は被災者に届くのに時間がかかる上、被災者の数も多いため十分ではないことをニュースで知りました。被災地の経済の復興もまだまだです。被災者の多くは地震の津波で家や家族を奪われただけでなく生活の糧を得る仕事も奪われました。被災地の1日も早い復興を心より願います。災害で傷ついた人々の心が少しでも癒されますように。


早く復興できる事を心から祈っています。水耕栽培、期待します。

======================================================================


引き続き、「さんいちファーム野菜ファンド」は募集中です。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。
https://www.securite.jp/fund/detail/214

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス