被災地からのレポート 2012年01月

丸光製麺2012年1月31日 23:46

ファンミーティング速報!

皆様こんばんは。

ミュージックセキュリティーズの森田です。

本日は、丸光食品初の「ファンミーティング」を行いました!
東京丸ビルにて先ほど行われたファンミーティングは、
丸光食品の熊谷さんと出資者の方々で思いを共有し、
過去、今の課題、そして復興へ向けて、ともに議論し考える時間です。

さて、先ほど私は、ファンミーティングの終盤に駆けつけ、
参加して下さった方々の真剣な眼差しと、
ミーティングの気迫に早くも圧倒されそうになりながら、
ご参加いただいた方と熊谷さんに突撃インタビューをしてまいりましたので、
それを早速皆様へご報告させていただきます。

後日、また改めてまとめたものは共有させていただきますが、
まずは速報です!


【出資者の男性のファンミーティングの感想】
「私は、丸光食品を心から応援しています。
私一人で丸光食品の復興に必要なお金のすべてを出資できればいいけれど、それはできません。
僕一人では、どうしても動かせないものです。

だから今日はここに来たんです。皆で話し、皆で協力し、できることを探すために。

こうして丸光食品さんの話を聞くと、深い共感を呼び、出資に協力してくれる人が
必ず増えます。こういった会議で10人でも出資者が増えれば、
これを何度も繰り返すことで、そのうち目標達成が本当にできると思います。
今日は来て本当に良かったです。」

彼の言葉には、重みを感じました。
会場からの思いと熱気が伝わってきて、びっくりするほどでした。
一人ではできなくとも、皆でやれば形になるというのは、本当のことですね。


丸光食品


皆さん最後は笑顔で、ワンショット。


ミーティング後に、熊谷さんにも初めてのファンミーティングの感想を伺いました。

「本当にやって良かったです(深い思いを込めながら)。
最初の1時間は泣きっ放しでした。
このファンドを通じて、この3,4ヶ月間は、顔も見たことのない人たちと
繋がっていると思ってやってきました。そういう人たちが、今日ここに来て下さって、
丸光に出資した理由や今後どうなってほしいかなど、思いを語って下さいました。
それを生で聞いていたら、泣けてきました。
嬉しいというよりも、とにかく感動しました。

このミーティングを行う前は、”ファン”ミーティングというので、
芸能人のようなファンクラブのような会議になるのかとも思っていましたが、
実際には、あまりに中身が濃すぎて、皆さんの思いに感動で心がいっぱいです。

なぜ出資したかを語ってくれる方々、今後の事業に一緒に考えて提案して下さる方々、
皆さんにお会いできて本当に良かったです。」


丸光食品


「これまでずっと応援して下さる人たちの存在を支えに前を向いてこれた。
一緒に歩いてくれている、とそういう風に感じてきた。」と話す熊谷さん。
応援して下さる方々に実際に会えたことの感動が、また新たな飛躍に結びつくと思います。
顔も見たことのない方々の思いがこうして結ばれていく様子に、
私もこのファンドに関われてとても嬉しく思いました。
今後も、こういった機会を大切にしていきたいです。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

-------------------
半分投資、半分寄付。1口=1万500円の被災地応援ファンド。
「丸光食品ファンド」の詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/fund/detail/165
1口または2口お申込の方には丸光食品の定番商品から「丸光の麺3点セット」を、
3口以上のお申込で海鮮ふかひれ生ラーメンを含む「気仙沼麺セット」をもれなくご送付



この記事だけを表示

佐藤造船所2012年1月31日 23:42

皆さまの前で始めてお話します!(2/10・仙台)

皆さま

佐藤造船所の佐藤文彦さんが、セミナー初登場します!

当社が河北新報社の協力を得て開催する
「被災地応援ファンド主催セミナー
被災地の産業復興・雇用回復に私たちができること」への参加が決まりました。

各ファンド詳細の中で、佐藤造船所だけ、プレゼン動画がないのにお気付きだったでしょうか?
これまで一度も、皆さまの前で、お話頂いたことがなかったので、動画もなかったのです。
佐藤造船所の現状等について話が聞ける貴重な機会です。

皆さま、どうぞご参加下さい!

【開催概要】 
日 時:2012年2月10日(金)14時開場 14時30分開演(終了17時15分予定)
場 所:河北新報社本社ビル 河北ホール
        宮城県仙台市青葉区五橋一丁目2-28
定 員:80人(立ち見となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。)
参加費:無料
協 力:株式会社河北新報社
詳細・お申込はこちら:
https://www.securite.jp/news/oen?a=653 
------------------
投資家特典は、石巻を満喫する万石浦クルーズと佐藤造船所見学会へのご招待
「船大工 佐藤造船所ファンド」の詳細・お申込はこちら:

この記事だけを表示

ミュージックセキュリティーズ2012年1月31日 22:14

【セキュリテセット アンケートのお願い】お買い求め頂いた皆様へ

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。

ミュージックセキュリティーズの渡部です。

 

当社ファンドにご参加頂いた皆様、会員にご登録を頂いた皆様、

またセキュリテセットをお買い求め頂いた皆様、心よりお礼申し上げます。

 

本日は、セキュリテセットをお買い求め頂いた皆様に、アンケートのお願いです。

事業者の皆様より、ぜひご意見ご感想を聞かせてもらいたいとのご連絡を頂いております。

大変お手数ではございますが、何卒ご協力頂きますようお願い申し上げます。

 

頂いたアンケートは、全て事業者の皆様へお伝え致します。

尚、公開可能をご選択いただいた皆様のご意見ご感想は、

各事業者のニュースに掲載させて頂きます。

 

頂いたご意見ご感想をもとに、少しでもご安心頂きお買い求め頂けるよう

改善に努めて参ります。

 

 

 

 

 

 

また、セキュリテセットをお買い求め頂き、商品をお楽しみ頂いた上で、

ファンドへのご参加にご関心をお持ち頂きました皆様、

以下よりお申込頂けますので、ご検討頂ければ幸いです。

 

 

【現在募集中のファンド一覧】

http://www.musicsecurities.com/fund/

 

 

【現在販売中の被災地の事業者の皆様のセキュリテセットはこちらです】

http://oen.securite.jp/#ecset

 

【えこふぁーむ セキュリテセットはこちらです】

https://www.securite.jp/blog?blog_id=83&a=63

 

引き続き、応援宜しくお願い致します。

この記事だけを表示

佐藤造船所2012年1月31日 20:03

目指せ出航!船の修繕まで(1/3)~穴が~

皆様こんにちは。

佐藤造船所の船の修理の様子をこれから3回に分けて
ご報告いたします。

佐藤造船所では、今、2隻目の船の修繕をしていますが、
これからご紹介するのは、1隻目の船のケースです。

なんと震災の影響で、船に穴があいてしまいました。
これでは海水が入り込み、沈んでしまうため出航できません。

中が見えてしまうほどの大穴。修繕はそう簡単にはいかず、時間がかかります。
佐藤造船所

船の他のパーツも、すっかり傷がいってしまっています。
佐藤造船所

ここも。
佐藤造船所

無事出航し、また漁に行けるようになるのでしょうか。

お金と時間が必要です。

続きは次回レポートにて……

------------------
投資家特典は、石巻を満喫する万石浦クルーズと佐藤造船所見学会へのご招待
「船大工 佐藤造船所ファンド」の詳細・お申込はこちら:

この記事だけを表示

石渡商店2012年1月31日 19:23

深い感謝の気持ちを込めて

皆様

本日は、石渡商店の石渡さんから、皆様へ心のこもった
ご挨拶をいただきました。
=========================================================
1月24日(火)に皆様方のおかげをもちまして、気仙沼北野神社ご神職のご祈祷により、
無事に当地の「とこしずめのまつり」をとどこおりなく相済ませることができました。

震災後、再開を決意してから、新工場を設けることは
従業員共々私達にとっての悲願でございました。

その最初の一歩を迎える事ができますのも、ひとえにご支援、ご声援を頂いております
全国の皆様のお力添えのおかげと深く感謝申し上げる次第でございます

気仙沼のふかひれを守る為には、責任感と使命感を持ち、
再建そして復興して行かなければと心に感じております。

ふかひれを食べる皆様の笑顔を頭に思い浮かべながら、
約7ヶ月の建設工事を見守りたいと思います。

完成時は皆様と共に再建の喜びを分かち合える事が楽しみです。

今後ともご指導賜りますよう、お願い申し上げます。


株式会社石渡商店 
専務取締役 石渡久師

--------------------------------------------------
石渡商店ふかひれファンドほか、
セキュリテ被災地応援ファンドの詳細およびお申込は
下記URLよりご覧いただけます。
http://oen.securite.jp/

この記事だけを表示

大木代吉本店2012年1月31日 18:08

小野酒造店小野さんに訊く

みなさん、こんにちは!


本日は前回のブログにも記載(予告)しましたが、

先日の「自然郷」応援イベントでご一緒させて頂きました

「夜明け前」を醸す小野酒造店の小野庄平さんの

インタビューを掲載いたします♪



=====================================


筆者:よろしくお願いいたします。

それではまず、小野さんから見て、大木社長はどういった人でしょうか?


小野:大木さんは真面目な方だと思います。

酒造りに対する考え方もそうですし、人との関わりの面でも本当に

真面目な方です。


筆者:私もそう思います。

年下の私に対しても、丁寧な言葉遣いを欠かさないですよ。


小野:お酒の味にも大木さんの性格が出ていると思いますよ!

あと、パソコンの使い手ですね。

私たちが取り組んでいる会のパンフレットなども、

大木さんにお願いしてしまうことが多いです。


筆者:おかげさまで私たちもファンドを作りやすかったです。

酒蔵の方の中にはあまりパソコンに強くない方もいらっしゃいますので、

大木社長は希有な存在かもしれませんね。


小野:蔵元は酒造りで忙しいですからね…(笑)


筆者:ところで、先ほどお話しに挙がりましたが、小野さんや

大木さんが参加されている会というのがあるのですか?

詳しく教えてください。


小野:はい。

約10年ほど前から全国11の酒蔵と『有志蔵元の会』を運営しています。


<参加蔵一覧>

・陸奥八仙(青森)  ・刈穂(秋田)

・自然郷(福島)   ・東力士(栃木)

・鶴齢(新潟)    ・夜明け前(長野)

・開運(静岡)    ・富久長(広島)

・月山(島根)    ・酒一筋(岡山)

・七田(佐賀)


現在はお酒と料理を楽しむ会や試飲会を年に数回開催しています。

イベントには100~150名ほどの日本酒ファンが集まりますよ。

大木さんともこの会に入ってからのお付き合いです。


筆者:会のメリットはどういったところにあるのでしょうか。


小野:以前は問屋や酒屋が主催する会にも入っていましたが、

派閥とかあったりして…。

いまの会は良い意味で自由気ままにイベントを開催できるのが

良いところでしょうか。


筆者:なるほど。

今回のイベントも、この『有志蔵元の会』のメンバーが

お酒の提供をして成り立っているんですね。


小野:大木さんのところの被災状況を見れば誰でもそう思うでしょうが、

少しでも大木さんの復興に協力したい、それが会員蔵みんなの

願いです。


筆者:このイベントは今後も続けていくのでしょうか?


小野:大木さんの被害の大きさを考えると、支援は長い期間していく

べきだと思います。ぜひ今後も続けていきたいと思います。


筆者:ありがとうございました。


=====================================

 

2月以降も毎月第四火曜日にイベント開催いたします!

みなさんもぜひ、飲んで大木代吉本店の支援にご協力ください!!


「大木代吉本店自然郷再生ファンド」詳細はこちら:

https://www.securite.jp/fund/detail/222

この記事だけを表示

伊藤2012年1月31日 16:46

事業再開!「仕事ができるのが楽しくて楽しくてしょうがない」

こんにちは。
ミュージックセキュリティーズの杉山です。

株式会社伊藤では、先月工場建屋が完成し、
先日、保健所からの許可が降り、まだ少しの機械しかありませんが、
ようやく少量ずつですが、事業を再開することができました。

そして、昨年4月から始まった福興市にも、今回10回目にして初めて、
念願の出店をすることができました。
これまでは後片付け等の裏方だけだったので、感無量です。

「仕事をできることが、楽しくて楽しくてしょうがない」。
今の心境について、伊藤さんはこう言っていました。

同じように、以前、伊藤の工場で働いていた方たちも、
「もうだめかと思った時もあったけど、本当に有難い」と、
とても喜んでブースに立っていました。

昨日、出資者の皆さまと一緒に、「寒だらまつり福興市」応援ツアーで、
南三陸町に行ってきましたので、
今回から何回かに分けて、ご報告します!


伊藤
会場入ってすぐ右のところに伊藤さんのお店がありました。今回、初出店ということで、
一番いい場所をくれたそうです。みんな、優しいですね(涙)
12時に私たちが着いた時、もう多くの商品が売れてしまっていて、既に品薄状態でした。

伊藤
こちらはチリ産トラウトの真空パック。軽く塩をふって、焼いて食べるのが美味しいそうです。


伊藤
お店に立つ伊藤さん。


伊藤
こちらが奥さま。今回始めてお会いしました!


伊藤
ツアーに参加した新聞記者の方の取材を受けています。

---

今回は以上です。
またすぐ、続きをお伝えしますね!



------------------------------------
3口以上で「秋鮭と生筋子の親子セット」または「マダラと白子セット」をご送付
「南三陸 伊藤サケファンド」の詳細・お申込はこちら:

この記事だけを表示

八木澤商店2012年1月31日 16:07

プロ向け商談展示会!

みなさまいつも応援くださりありがとうございます。

 

本日の八木澤商店。

 

さて、明日から行われるビッグイベントの紹介です。

第46回 スーパーマーケット・トレードショー2012

過去最大規模1,200社が出展!!

八木澤商店も出展します。

日時:2月1日(水)~3日(金) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)

場所:東京ビッグサイト(東全館)

入場料:5,000円(税込)

スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する、毎年行われるイベントです。

 

八木澤商店、東2.3ホール 「食のREBIRTHプロジェクト~東日本大震災復興支援コーナー~」に出展。

そのブースには、セキュリテ被災地応援ファンドでファンド募集している酔仙酒造さまや丸光食品さまも出展します。

 

バイヤーさまでこちらをご覧くださった方、ぜひいらしてください!

入場料高いですけど・・・・・。

 

キラキラした場所に商品が並ぶなんて、嬉しい。

 

関心、興味のある方はどうぞいらしてください。

入場料高いですけど・・・・・。

 

 

必ず再建、そして陸前高田の復興。

 

みなさまのおかげでここまでこられました。

もうひとふんばり。

 

今日も岩手は雪、のっこり。

八木澤商店120131 雪

 

家に帰れるかとっても心配。

スーパーマーケット・トレードショーに営業がたどりつけるかもっと心配(笑)。

 

これからますます寒さに向かいます。

みなさまどうぞご自愛くださいませ。

 

今日も明日もあさっても素晴らしい1日でありますように。

 

 

----------------------------------------------------------------------
八木澤商店しょうゆ醸造ファンド  お申込は詳細はこちら

同じ陸前高田の仲間のファンドもぜひご覧ください。

御菓子司木村屋ファンド
【出資者特典】
3口につき1セット、新規開店(仮設店舗での販売開始)に先立ち当店自慢の
御菓子の詰め合わせ(気仙ゆべし、窯出しぽてと、どぶろく饅頭)など。
どこよりも早く「復活した木村屋の味」をお楽しみ下さい。


いわ井 器・和雑貨・地酒ファンド
【出資者特典】

酔仙酒造ファンド
【出資者特典】
・造りたてを生のままで瓶詰めしたお酒「活性原酒・雪っこ」(720ml)を出資口数3口以上の
出資者を対象に、3口ごとに1本ご送付など

 

 

 

この記事だけを表示

寒梅酒造2012年1月31日 14:24

新酒のご紹介

みなさんこんにちは。
合名会社寒梅酒造 岩崎です。

最近は、「超」がつくほど寒い日々が続いておりますが、
工場内では新酒の出荷作業に追われ、
連日徹夜に近い状態で出荷の準備をしてきました。

足にはホッカイロ3個貼り。
しもやけとの戦いも続いていましたが、負けません!!(笑)

そして、いよいよ新酒搾り。

「宮寒梅 純米吟醸45% 袋吊るし」


ポタポタと、滴のように搾りだします。


今年から、寒梅酒造はリニューアルしました。
みんなの想いを一つに集結。
会社のコンセプトは「こころに春を呼ぶお酒。


以下、ブランドコンセプトです。

「宮寒梅」 ~一杯で旨い酒~

咲き満ちる、あでやかな香り。
奥深い米の旨味と爽快なキレ。
ふと目を閉じて味わいたくなる、
それは、「一杯のご馳走」。



そして新ブランド「鶯咲」(おうさき)

柔らかな口当たりと、ふくよかな米の旨味。 
飲み飽きしない瑞々しい味わいです。
銘には復興をめざす地元・大崎への想いを込めて。


新蔵で醸造した日本酒が、1月25日に発売となりました。
本当に、夢のようなありがたい気持ちでいっぱいです。

これからもどうぞよろしくお願いします!

この記事だけを表示

山元いちご農園2012年1月31日 09:35

2月10日の岩佐社長が仙台のセミナーに参加!

ミュージックセキュリティーズの猪尾です。

普段、このブログを通じて取り組みをご紹介している
岩佐社長が2月10日に予定している、
仙台での河北新報社さん協力の
被災地応援ファンドセミナーにご参加いただけることとなりました。

「被災地応援ファンドセミナー」詳細・申込はこちら


2月には、最初の栽培分のいちごの出荷を控え、
はじめの一歩を踏み出されている岩佐社長。

新しい栽培方法を実施した今回の初回栽培分のいちごの質や収穫量
が期待どおりであることを願いつつ、
お声がけ頂いている販売先への流通へ販売する気持ちを抑え、
まずは、応援してくださった皆様へいちご狩りや直接販売
を行う予定です。

岩佐社長の他界したお父さんが、実は山元町に
最初にいちごの栽培を始めたそうです。

「山元町でもう一度いちごを作りたい」

その思いが実際に実現に向けて、動き出しています。

しかし、初回栽培分はテスト栽培。ハウス設備を
フル稼働し、本格的な栽培はこれから。

本ファンドでもそのための費用を募集しております。

今の思い、山元町の人々の動きなど、課題、希望、
「いま」しか聞けない、岩佐社長のお話、
ぜひ、聞きにいらしてください。

11月30日の東京での説明会動画はこちら。
あわせて、ぜひご覧ください。



こちらでも会社、地域にかける思いをご覧頂けます。
「ほぼ日」 山元町と手をつなぐ
------------------------------------------------------------------------
山元いちご農園ファンド お申込はこちら

【ファンド募集】
身近な方へのご紹介などをしていただければ幸いです。
下記URLからはファンドの募集チラシをご覧いただけます。

なお、マイページから追加お申込を行っていただくこともできます。
(お申込口数を増やされる場合は、新たにお申込いただく口数のみではなく、
既にお申込されている口数と新たにお申込される口数の合計口数を
ご記入ください。)

ご入金手続きや本人確認手続きがお済みでない場合は、
大変恐縮でございますが、お手続きいただけますよう何卒よろしくお願い致します。

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス