COVID-19緊急シンポジウム(京都大学医学研究科)

日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金ブログ
2020.09.17
皆様ご無沙汰いたしております。京都大学医学研究科の松田です。
台風が過ぎてから、やっと秋の気配が感じられるようになりましたが、お元気にお過ごしでしょうか?
今年は夏の暑さが格別で、少し涼しくなったこの時期に体調を崩される方もいらっしゃるかと思いますが、どうかご自愛ください。
 
さて、京都大学医学研究科では、私の恩師の本庶佑先生の立案で、
 
新型コロナウイルス感染対策におけるPCR検査の利点と課題
〜感染制御と社会経済を両立した健康で豊かな社会を取り戻すために〜
 
と題した緊急シンポジウムを10月5日の17時からWeb開催することになりました。
 
ご存じの通り、我が国ではPCR検査の数が他国と比較して少なく、感染が濃厚に疑われる人を中心に実施されていますが、こういった対策でウイルスの蔓延を十分に防げているのか、またもし今後PCR検査の規模を拡大しとして、そのときに生じる課題は何であるのかなどを、専門家を招いて議論する予定にしております。
 
詳しい情報と参加登録の方法は、以下のURLに掲載しております。
 
https://www.ccii.med.kyoto-u.ac.jp/news/20200915.html
 
 
ご興味のある方は、お早めに参加登録をおすませの上ぜひご参加ください。
オススメのコンテンツ
banner
banner
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.