ご挨拶 パスツール研究所 アナワット・サクンタバイ(日英併記)

日仏共同研究による新型コロナウイルス感染症対策基金ブログ
2020.08.06
COVID-19の発生により引き起こされた困難な状況下にもかかわらず、COVID -19対策に関わる日仏国際共同研究に対して大きなご支援いただきまして、心からお礼申し上げます。
 
いただきましたご寄付は、Covid-19の蔓延を防ぐために、京都大学病院の医療従事者の血清学的検査を実施するためにありがたく使用させていただきますが、生物医学分野に横たわる多くのギャップ(溝)を乗り越えるために計画されているより広範な日仏共同研究を推進するための大きな支えともなります。
 
現在、革新的な技術を実用化し現場に導入するに際して、乗り越えなければならない溝が多数存在します。パスツール研究所は、ウイルスの生物学研究の長い歴史の中で様々な発見を重ね、またそれに基づいた多くの革新的技術を生み出してきました。しかしながら、そういった革新的技術から生まれる新たな製品を世界の人達に手頃な価格で提供することは、依然として困難です。政府からの支援は常に限られていますし、工業界から支援を受けて生まれた製品は人々が容易に手を出せない価格が設定されてしまいます。
 
皆様からいただきましたご寄付で、基礎科学・橋渡し研究*・公衆衛生学の間の溝学界と産業界の間の溝社会科学と生命科学の間の溝、そして最後に、東西の溝、例えば日本とフランスの溝を埋める重要な戦略を開始したいと考えております。
 
今後は本研究の進捗状況に加え、より野心的な「Bridging Gaps」計画の新たな展開について、常に最新情報をお届けします。
 
皆様のご支援は、私達が「違い」を生み出すための大きな支えとなります。ご支援に心より感謝いたします。
 
 
パスツール研究所感染症機能遺伝学ユニット長
京都大学特別招聘教授
アナワット・サクンタバイ
 
* 基礎研究の成果を病気の診断や新たな治療法や薬剤の開発に活用することを目指した研究
(日本語文責:松田文彦)
 
 
We would like to sincerely thank your generosity for donation to support our endeavor between Japan and France under this difficult situation caused by the outbreak of COVID-19.

Your generous donation helps us to conduct a serological test for health care workers in Kyoto university hospital for better prevention of Covid-19 spread. Moreover, it supports a more extensive program, including this serological examination, to bridge gaps in the biomedical field.

Currently, some gaps prevent us from bringing innovative technology into a real application. Institut Pasteur has a long history of studying the biology of viruses. From our discoveries, we generated many innovative technologies. However, to get benefits from innovative technologies for the general public at a reasonable price is still challenging. Supports from governments are always limited, whereas support from the industry makes the cost of products unaffordable.   
 
This generous donation is a start of a vital strategy to bridge gaps between basic sciences, translational research, and public health, a gap between academia and industry, a gap between social sciences and life sciences, and finally, a gap between East and West such as Japan and France. 
 
We will keep you updated on the progress of our project and future development of this more ambitious “bridging gaps” program. 
 
You genuinely encourage us to make the difference, and we are extremely grateful for your support!
 
 
Anavaj Sakuntabhai, M.D., D.Phil.
Head of Functional Genetics of Infectious Diseases Laboratory, Institut Pasteur
Distinguished Visiting Professor, Kyoto University

 
オススメのコンテンツ
banner
banner
【ご留意事項】
当社が取り扱うファンドには、所定の取扱手数料(別途金融機関へのお振込手数料が必要となる場合があります。)がかかるほか、出資金の元本が割れる等のリスクがあります。
取扱手数料及びリスクはファンドによって異なりますので、詳細は各ファンドの匿名組合契約説明書をご確認ください。
ミュージックセキュリティーズ株式会社 第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号 加入協会:一般社団法人第二種金融商品取引業協会
Copyright (C) 2020 Music Securities,Inc. All Rights Reserved.