セキュリテニュース 2017年06月

西日本支社2017年6月9日 19:32

(6月5日大阪)ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナーのご報告

みなさま、こんにちは。西日本支社です。

6月5日(月)に、西日本支社にアバコ貯蓄信用協同組合「Cooperativa de Ahorro y Cre‘dito ABACO」(以下、Abaco)のメンバーが日本を訪れ、「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」が開催されました!本日はその開催報告をさせて頂きます。

2013年にセキュリテで募集した「Abaco小さな農家応援ファンド」は、ペルーの日系人が設立したAbacoが、パートナーのNGO等と連携し、既存の金融システムではカバーできない地方の小規模農業生産者・事業者へ行う融資プログラムをサポートするためのファンドです。

/data/blog/archive/original/34863.jpg

本ファンドは、ミュージックセキュリティーズ株式会社と米州開発銀行(Inter America Development Bank, IDB)の多数国間投資基金(Multilateral Investment Fund, MIF)の連携による第1号ファンドです。IDB/MIFがAbacoの資本増強を行う一方(500万ドル=約5億円)、本ファンドは日本の個人による匿名組合出資にて小規模農業生産者・事業者向け融資プログラムへの原資を提供するものです。

Abacoでは、金融システムの未発達により今まで資金調達が難しかった事業者に対して、技術支援を行うとともに融資を行い、設備を近代化し生産性の向上に貢献しています。その結果、雇用を創出し地域の発展を促しています。本ファンドの資金は、ペルーのAbaco(アバコ)を通じて、例えば、ここチチカカ湖でマスの養殖事業を行う事業者の支援に活用されています。

本セミナーでは、Abaco信用組合 組合理事ヘルマン・マツムラ氏より移民した日系人が始めたAbaco信用組合設立までの経緯やここまでのミュージックセキュリティーズとの出会い、そしてプロジェクトに至るまで道のりなど、多彩にお話を頂きました。

/data/blog/archive/original/34777.jpg
(左:Abaco理事 マツムラ ヘルマン氏)

ペルーにおいては、国として一定の経済力は備わったものの、金融サービスへのアクセスがまだまだ不十分であり、その仕組み自体の革新、組織化が大きな課題となっています。現状における高金利、生産性のない貸付や価格交渉力の不足の状況下で、事業展開を図らなければならない現状ついても言及されていました。

「適切な金融サイクルの構築こそが今後欠かせない要素であり、ファイナンスの重要性を説き、国内外でのペルー成長促進する経済活動こそが我々の挑戦です。」

今後も「Abaco小さな農家応援ファンド」で実現できたことも事例に、ペルーの農産物や漁業産品の豊富さを国内外にアピールし、生産事業者に対して上質な資金調達をサポートする金融機関となっていきたいと力強くお話されていました。

/data/blog/archive/original/33997.JPG

質疑応答では、ペルーのインフレ事情について言及があったり、ファンドの詳細や分配指標等について非常に鋭い質問も参加者より問いかけられました。日本と比べて事業にかかる金利はどれくらいなのか、という質問も出ました(極端な例でいえば日利8%、一般的には金貸しの年利は50%、本件ミュージックセキュリティーズで集めた資金でのAbaco信用組合のファイナンシングでは年利16%で実施されています。)

「世界的にマイクロファイナンス業界でいえば年利20~30%がスタンダードな水準と言えるが、マイクロ投資の普及が進むペルーのなかでもこれ(本ファンド)は非常に功利な例だと言える。」(成田MIFスペシャリスト談)

他にも、当社代表の小松よりはペルー現地訪問の報告も行われました。

ファンドにおけるマスの養殖事業支援で、実際に現地雇用がどのように創出されているかの事例、近々東北へも行って感じた日本の技術が現地事業にも必要ではないか、マスの養殖協業、日本への輸入など事業展開も日本で出来る可能性についても触れました。

/data/blog/archive/original/33996.JPG
(現地事業者と 右:小松)

以上が「ペルーの投資先紹介!「Abaco小さな農家応援ファンド」セミナー」の開催のご報告となります。

当日は多くの方にお越しいただきました。改めてご参加いただいたみなさまに、感謝申し上げます。
 

この記事だけを表示

自治体事業2017年6月5日 18:00

「若狭小浜へのふるさと投資」より魅力的な営業者を紹介します!

こんにちは、ファンドの組成営業を行っています佐々木です。
 
本日は現在募集中で私が担当させていただいた
「若狭小浜へのふるさと投資」のファンドをご案内させて頂きたいと思います。
ファンドのページには載せていない担当者から見た社長の人柄などの内容も少しだけ追加しています。
是非ご覧になっていただき、投資いただけますと幸いです。
 
■□小浜の伝統若狭塗箸フナイワークスファンド■□
「株式会社フナイワークス」は、福井県小浜市で65年間お箸の製造業を営んでおり、
伝統工芸品である『若狭塗箸』をはじめ、時代の流れに寄り添った数多くのお箸を展開し続けています。社長自身もアイデアを考え、これまで「3D野菜のお箸」として販売しています。このお箸、画像だと分かりにくいのですが、実際に持ってみると3Dということもあって、非常に精巧に野菜の形まで作られていて驚きました。
/data/blog/archive/original/34756.png
↑3D野菜のお箸
現在は「オーダーメイド塗箸メーカー」として全国・海外にも販路先を持つお箸の老舗です。全国の人にあまり知られていない箸のことを発信したいという箸への思い入れが非常に強い船井社長。担当者が面談した際にも最終電車を危うく逃してしまいそうになるほど様々なお箸を手に取って話に熱中していました。
/data/blog/archive/original/34761.JPG
↑船井社長
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3138
 
■□SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1■□
■□SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド2■□

サバ料理だけで勝負し、業界に革命を起こしたSABAR。そして、江戸時代に京都へ極上のサバを献上し続けた歴史を持つ「サバの聖地」福井県小浜市。かつては鯖で名が通っていた小浜も現在はほとんど漁獲がなくなってきてしまいました。そんなサバを愛する2者がタッグを組んで、「小浜鯖復活プロジェクト」を立ち上げました。
/data/blog/archive/original/34765.jpg
↑本ファンドの仕組み
この仕組みを通して、漁師、養殖業者、小浜市、SABARなど皆が幸せになれる取り組みに注力していきたい右田社長。この仕組みを広げるためには生産者の漁師や養殖業者だと中々変えられないため、投資家皆様の1口の出資が大きな意義があると言っていた右田社長。社内でもファンドを盛り上げるためのチームも作り、その熱意が伝わってきます。
この仕組みを広めるためにサバの宣教師として今日も全国各地で事業への思いを伝えています。
/data/blog/archive/original/34763.jpg
↑右田社長
是非この事業をご支援下さい。
 
SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド1:https://www.securite.jp/fund/detail/3140
SABAR鯖街道よっぱらいサバファンド2:https://www.securite.jp/fund/detail/3141
 
 
■□若狭塗箸海外販路プロジェクトファンド■□
「カワイ株式会社」はこの地で70年以上、若狭塗箸を中心としたテーブルウェア商品の企画・製造・販売を手掛けています。/data/blog/archive/original/34767.jpg
↑日本の伝統色で彩ったシリーズは、最近のヒット商品。売り切れになるほど人気。
そして今、この日本の箸が海外から注目を集めています。
その海外からの注目度の高さを肌で感じているのが、カワイ株式会社の河合功一社長。ここ数年、海外の展示会に出展するたびに、人気の高まりを感じていると話します。今回の「若狭塗箸海外販路プロジェクトファンド」は、同社の本格的な海外進出を応援するファンドです。
/data/blog/archive/original/34760.jpg
↑台湾での展示会の様子
担当者がまず面談で会社に伺ったときに驚いたのが壁一面に広がるお箸とその商品が自社の企画で日々作っているということに驚きました。
/data/blog/archive/original/34752.JPG
↑河合社長と壁一面に広がる自社製品
また、担当者が鎌倉へ行った際にもお店の店頭にカワイさんのお箸が置いてあり、お店の人に伺うと、海外に来る人からも好まれているということを聞き、カワイさんの商品力の強さに驚きがありました。
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3168
 
■□若狭の恵 ひまわりの里 お米ファンド■□
太陽の光をいっぱいに浴びたひまわりを有機肥料として活用し、化学肥料は不使用、農薬の使用量を通常の半分以下に抑えた「ひまわり米」。生産しているのは、福井県小浜市のメガファーム「株式会社若狭の恵」です。
/data/blog/archive/original/34753.JPG
↑ひまわり米
人手不足や高齢化に直面していた地域の農業を将来へとつなげるため、地区内の農地を集積して効率的な生産を行っている同社。特に力を入れているのが、「ひまわり米」を始め化学肥料や農薬の使用を極力抑えた特別栽培米です。
/data/blog/archive/original/34759.JPG
↑有機肥料としてのひまわり
今回の事業に熱意を注いでいる前野社長。担当者が面談に行った際にも、こちらから話をする前に、社長から大量の資料と熱のこもったプレゼンを受け、それだけで時間がだいぶ過ぎてしまいました。それほど事業に熱意をもって取り組んでいるのが前野社長です。また、面談時にせっかく訪問をしたのでひまわり米を買おうと思い、前野社長に伺うと、作付面積も広いので買えるかと思いきや、もう既に完売とのことに驚きました。
是非この事業をご支援下さい。
 
https://www.securite.jp/fund/detail/3254
 
全てのプロジェクトはこちらよりご確認頂けます。
【若狭小浜へのふるさと投資】
https://www.securite.jp/obama/
 

この記事だけを表示

自治体事業2017年6月1日 11:36

『チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト』の魅力的な営業者を紹介します!

平素より大変お世話になっております。
本日は「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」をピックアップし、各営業者の魅力をお届けしたいと思います。

/data/blog/archive/original/34769.jpg
▲6/5追記:「チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト」のポスターがただいま福島市、郡山市のバスや飯坂電車の車両内に掲載されています。地元のみなさまはもちろん、それ以外の方も福島県にお出かけの際はぜひ探してみてくださいね。

日本を襲った未曾有の大災害から6年。福島も大変大きな被害を受けました。当時のことについて「もうダメかもしれないと思ったこともありました」そう、何名かの営業者が言っていたのが印象に残っています。それでも諦めることはなく着実に、歩み続けてきた、そんな営業者の皆さんは今、更なる躍進を志し投資家の皆様の応援を募っています。

----------------------------------------------------------
現在募集中のファンドを紹介いたします。
----------------------------------------------------------

■□会津木綿はらっぱファンド2017■□ 
/data/blog/archive/original/34680.jpg
「染色」を担当していた先代社長の急逝により一度は廃業を決意。しかし、その後新法人を立ち上げ、以降順調に生産・売上げを回復。
当ファンドでは先代の急逝より機能が停止し、外注を行っている「染め」の復活のための設備改修費を募集します。

福島県の伝統素材である『会津木綿』を昔ながらの織り機で生産する株式会社はらっぱ。
代表の小野大成さんは伝統を守ることに理屈はいらないと言います。
先代が健在の頃は、『染めから織り』までを一貫体制で行う唯一の工場でした。
かつては30社ほどあった会津木綿工場ですが、現在はわずか2社。そのうちの1つであるはらっぱが『染めから織り』までの一貫体制を復活させることは、伝統の継承という意味でも大きな意味を持つのです。

様々な色の糸を重ねることによって生まれる特徴的な縞模様は会津木綿の特徴でもあります。現在外注を行っている「染め」の復活により糸の表現色が増えると、オーダーメイドのような少数生産も対応可能となるそうです。

投資家特典には、使いこむほどに風合いと愛着が生まれる会津木綿製品(コースター、ランチョンマット、カード入れ)をお届けします。
写真で見るよりも複雑で不思議な色味を是非お楽しみ下さい。


■□ファーストヘルステックインソールファンド■□
/data/blog/archive/original/34664.jpg
日本ではまだなじみの薄いオーダーメイドインソールの業界に参入。
当ファンドの資金でコンフォートシューズのアンテナショップオープン等、販路拡大に向け事業展開を図ります。

足に悩みを持つ方それぞれに合わせたインソールで足の悩みを解決したい。その一心でインソール業界に参入した熊田社長。信念は創業より変わりません。
医療機関の診断書があれば患者の金額的な負担が小さくなることを考え、医療機関への営業を続けてきました。現在では20の医療機関と提携をしており、今後も拡大していく予定です。有用性が医療機関より認められ、健康を足から支える縁の下の力持ちのような存在のファーストヘルステックのインソール。
「足の裏が健康に影響していることをもっと多くの人に知ってもらいたい。いつか、皆さんがマイインソールを持つことが当たり前となれば。」と熊田社長は語ります。

今回は、インソールに加えて靴にもオーダーメイドを導入し、より足に優しい靴の提供、また、提携医療機関の病院の近くに新たな店舗を構えるための資金を調達します。

投資家特典にはファーストヘルステックオリジナルインソール(既製品)をお届けします。


■□カレーチャーハンおにぎり専用米ファンド■□
/data/blog/archive/original/34661.jpg
福島の米を再興したい思いから、震災後積み上げてきた米分析のノウハウを生かし開発した新商品「料理専用米シリーズ」の生産・販促費用を募集します。

福島県本宮市で120年以上前から農業を営む御稲プライマル株式会社。
今回は、震災後より研究を続けている米の『分析』の力を用いて開発した、料理専用米の販売にかかる広告宣伝費、原材料費を募集しています。
料理専用米の主な販売先は飲食店等の法人向けですが、今回、投資家の皆様に応援を頂き、お声を頂ければという想いからファンドに挑戦しました。

今回投資家特典にもなっているカレー専用米・チャーハン専用米・おにぎり専用米は、それぞれの料理に適した米の配合を行っており、調理法の提案も行います。
また、投資家特典の三五八は東北地方の伝統的な「三五八漬け」の麹漬け床として有名ですが万能調味料としても優秀です。麹調味料としても是非ご利用下さい。


■□高速走行用放射線測定器ファンド■□
/data/blog/archive/original/34659.jpg
福島県にて放射線測定器の開発・製造・販売を行う株式会社日本遮蔽技研。
徒歩での測定より生産性250倍の放射線測定器の製造費用を募集するファンドです。

福島県で放射線測定器の校正、レンタル、販売を行っている株式会社日本遮蔽技研。現在、売上を順調に伸ばしている成長企業です。
現在の放射能測定は人が徒歩でポイントを巡りながら測定をしていますが、日本遮蔽技研が開発した高速サーベイであれば、時速50キロの速度で走行しても徒歩で測定する際と変わらぬ精度で測定可能です。
担当者の平山さんは、放射線測定の効率化が成されることによって、避難区域解除後の居住地域や、県内の仮保管場所に現在置いてある放射線汚染物質輸送後もスピーディーに測定が行えるので、福島の安全性の証明に繋がると話してくれました。

こちらのファンドは、9口までのご出資の場合は投資家特典はございません。10口以上ご出資頂いた方にはPM2.5測定器をお届けします。


■□水中用放射線測定器ファンド■□
/data/blog/archive/original/34658.jpg
福島県にて放射線測定器の開発・製造・販売を行う株式会社日本遮蔽技研。
水中用新製品の製造費用を募集するファンドです。

こちらのファンドは日本遮蔽技研が行う水中用放射能測定器のファンドです。
今回日本遮蔽技研が開発した放射能水中測定器ポセイドンは放射線測定器とGPSとカメラを組み合わせた製品で、ため池など水場の除染作業において威力を発揮します。

高速走行サーベイ、水中測定器のどちらの開発のどちらにも共通する想いは『高効率で精度の高い測定が行われることで、安全性の証明に役立つ』というものです。
また、こうして収束に向けた様々な技術の開発を行う福島だからこそ、ロボット技術が発展し、いずれはロボット技術の集積地として発展する可能性が期待されます。

こちらのファンドも、10口以上ご出資頂いた方にはPM2.5測定器をお届けします。9口までのご出資の場合は投資家特典はございません。



”苦境というのも言い様。そこにしかないチャンスだってあります”
”この、今の福島でしかできないことがあると思うんです”

そう、おっしゃっていた営業者もいました。
営業者の皆さんは、福島や地元に対する愛情はもちろん、地に足の着いた事業を行う”営業者”として、お客様のため、事業の業界のため、家族のため、自分のため。この業界は、地域は、自分が牽引していくのだという気概に溢れていました。
こういったパワフルな営業者こそが、結果的に福島をリードしていくのではないでしょうか。

福島県で活躍する営業者の更なる成長の応援を、どうぞよろしくお願いいたします。



全てのプロジェクトはこちらよりご確認頂けます。
【チャレンジ!ふくしま創生プロジェクト】

 

この記事だけを表示

ニュースカテゴリ
アーカイブス
  • 名古屋 円頓寺『わざもん茶屋』ファンド
  • セキュリテSIB
  • ゆっくりいそげ
  • 【期間限定】旬!めかぶ漬2019