ファンド詳細

受付中 三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンド

人々がクラフトビールを片手に笑顔で触れ合うコミュニティを作りたい

一口金額21,600円 募集総額22,200,000円
事業者名株式会社小笠原商店 参加人数 80人
地域東京都 三鷹市 分野食品製造、酒、飲食店
募集期間2019年12月26日~
2020年12月31日
シリーズ
特典
ご出資口数に応じて、下記のいずれかの特典をお届け致します。

・人気銘柄のボトルビールを複数本お届け
・店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)の年間提供サービス


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンド
営業者 株式会社小笠原商店
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 22,200,000円 (1,110口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 21,600円/口 (内訳:出資金20,000円 取扱手数料1,600円)
(上限口数:50口)
募集受付期間 2019年12月26日〜2020年12月31日

※募集期間終了前であっても募集を終了する場合があるほか、
募集期間を延長することがあります。
※募集期間終了前であっても、営業者又は取扱者の判断により、
 本匿名組合契約の募集を終了する場合があります。
会計期間 新ビール醸造設備を導入した日の翌月1日から6年間
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 会計期間開始日から1年後
第2回 会計期間開始日から2年後
第3回 会計期間開始日から3年後
第4回 会計期間開始日から4年後
第5回 会計期間開始日から5年後
第6回 会計期間開始日から6年後
報告日 決算日から60日以内
分配方法

決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能   ※ただし、第1回及び第2回の決算日に係る分配は実施しません。

予想リクープ
累計売上金額(税抜)
363,934,427円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は募集開始日の直前期における決算書上、債務超過であり、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、各分配日において分配金額の上限を超過し翌分配日以降まで繰越留保されている分配金の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。 匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、又は営業者が2021年12月末までに本匿名組合事業にて予定している新ビール醸造設備の導入ができなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. 生産及びサービス等の提供に関するリスク
本匿名組合事業の商品の生産及びサービス等の提供については、原料の調達状況、人員及び設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、生産量が想定を大幅に下回る可能性や事業計画達成に必要なサービス等の質及び量を確保できない可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業において食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

23. 新商品に関するリスク
本匿名組合事業には新商品の生産及び販売が含まれます。当該新商品については、商品の研究開発スケジュールの進捗状況や研究過程における不慮の事故等により、開発が失敗に終わり、商品化できないリスクがあります。また、新商品の生産及び販売の体制構築、販路の拡大等に予想外のコストや時間を要する可能性があります。これらの結果、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

24. 兼業に関するリスク
営業者の代表者は㈱ODSの代表者として活動に携わっていることから、営業者の代表者が同社の活動に労力・時間等を割かれる結果、本匿名組合事業の計画遂行に悪影響を及ぼすリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者及び取扱者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/5713/事業計画_小笠原商店.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立4年目の会社です。創業以来ビールの生産販売及びそれに付随する業務を行い、実績を積み上げてきました。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. ビール製品の生産
営業者は従前よりビール製品の生産を行っており、既に生産に必要な原材料の仕入先、生産設備、生産技術を有しております。今後はファンド資金を利用してビール醸造設備(発酵タンク)の増強を行い、生産量を拡大させる予定です。
b. ビール製品の販売
営業者は自社飲食店におけるビール製品の提供の他、従前よりビール製品の販売を行っており、既に販路を有しております。また、今後は積極的なイベント出店を行うことで認知度を向上させ、クラフトビール専門店や一般飲食店への自社ブランドビールの拡販を行うほか、受託製造も行うことで売上の拡大を図ります。

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定します。なお、1口あたりの分配金額に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定します。
・リクープ前:
リクープ前売上金額(税抜)×6.1%÷1,110口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が438,984,000円(税抜)以下の場合):
リクープ売上金額(税抜)×6.1%÷1,110口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×6.0%÷1,110口×1口
・リクープ後(累計売上金額(税抜)が438,984,000円(税抜)を超える場合):
リクープ売上金額(税抜)×6.1%÷1,110口×1口
+(438,984,000円(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×6.0%÷1,110口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-438,984,000円(税抜))×1.5%÷1,110口×1口

(※)ただし、第1回、第2回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を0円、第3回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を1,800円、第4回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を4,500円、第5回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を8,000円とし、1口あたり分配金額が上限金額を超過した場合には、翌分配日以降の1口あたり分配金額が上限金額に満たなかった分配日、又は最終の分配日に当該超過金額を分配するものとします。

本匿名組合契約が終了した時点において、資金使途に従って使用されていない出資金がある場合には、当該出資金は匿名組合員への分配原資に加算されます。

なお、本匿名組合契約において明記される場合を除き、匿名組合員が上記の分配金額以外の金銭その他の財産の支払い又は分配を受けることは予定されていません。したがって、契約期間満了等により本匿名組合契約が終了した場合においても、匿名組合員は、かかる分配金額とは別に出資金の返還(金銭その他の財産の如何を問いません。)を営業者に請求することはできません(ただし、現物による分配がなされる可能性があります。)。

本匿名組合契約が終了した時点において、リクープが実現されていない場合、本匿名組合事業に基づき生産された本匿名組合事業で取り扱う商品のうち未販売で匿名組合員に分配可能な在庫があるときに限り、営業者は匿名組合員に対して現物分配を行います。なお、かかる現物分配を行う場合、営業者は、匿名組合員の出資口数を勘案の上、匿名組合員に対して分配する商品の種類及び数量を合理的に決定するものとします。
 

金銭による分配金額のシミュレーション

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口20,000円の出資の場合)

/data/fund/5713/分配シミュレーション_小笠原商店.jpg

(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口20,000円の出資金に対し、1口分配金額が20,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/20,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2019年12月26日~2020年12月31日
2 会計期間 新ビール醸造設備を導入した日の翌月1日から6年間
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 決算日 第1回 会計期間開始日から1年後
第2回 会計期間開始日から2年後
第3回 会計期間開始日から3年後
第4回 会計期間開始日から4年後
第5回 会計期間開始日から5年後
第6回 会計期間開始日から6年後
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能 ※ただし、第1回及び第2回決算日に係る分配は実施しません。
【営業者】
本匿名組合事業を行う営業者の概要は、次のとおりです(2019年11月30日現在)。/data/fund/5713/営業者概要_小笠原商店.jpg

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2019年11月30日現在)
/data/fund/5713/取扱者概要_小笠原商店.jpg
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 三鷹 地域が繋がるクラフトビールファンド

株式会社小笠原商店は、東京の三鷹市でクラフトビールの醸造・販売・飲食店経営を行っている事業者です。数年間の準備期間を経て、2019年の1月から自社醸造を開始。「三鷹ビール」のブランドで、既に多くのお客様に愛飲されています。本ファンドでは設備費用等を募集し、さらなる増産を目指します。特典として、店舗で利用可能な新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス、もしくはクラフトビールの送付をご用意しています。ぜひ多くの皆様に店舗に足を運んで頂きつつ、「三鷹ビール」を楽しんで頂ければ幸いです。
 

【本事業のSDGsへの貢献】
/data/fund/5713/sdg_icon_08_ja_2.jpg
 
 
目次 
事業の特長 三鷹ビールの特徴
  事業にかける想い
資金使途 設備購入費等に使用
事業計画 本ファンド事業計画
 

三鷹ビールの特徴

小笠原商店が運営する店舗「OGA BREWING」は、JR三鷹駅南口から徒歩15分程度の場所にあります。南口を出て駅前の喧騒をくぐり抜け、「さくら通り」を南下していくと、右手側に見える心地良い店舗がOGA BREWINGです。店内ではソファー、カウンター、テーブル席が程よく配置され、ご来店された方がお気に入りの銘柄のビールを片手にリラックスしている様子が目に入ります。入口から左手に目を向けると所狭しと醸造タンクが設置され、醸造の様子を覗くことができます。

/data/fund/5713/_X3A5201.jpg

/data/fund/5713/_X3A5246.jpg

/data/fund/5713/_X3A5205.jpg

/data/fund/5713/_X3A5224.jpg

ここで醸造されているのが「三鷹ビール」。原材料にドイツ産、イギリス産の麦芽とアメリカ産、イギリス産、ニュージーランド産等のホップを使用し、地元三鷹の水を仕込みとして使用しています。原材料は、小笠原さんが自ら必ず味を確かめ、高品質で自らのイメージに合致するものを厳選しています。

/data/fund/5713/_X3A5300.jpg

/data/fund/5713/_X3A5298.jpg

/data/fund/5713/_X3A5310.jpg

また設備にはドイツ式を導入、あえて最新のアメリカ式ではなくドイツ式のものを利用しています。使いこなすには力量のいる設備ですが、操作に習熟すれば、自らの要求に応じて様々な調整が効く自由度の高さが魅力とは小笠原さんの弁です。スタンダードブランドは三鷹ペールエール。イギリス発祥のペールエールという伝統的な製法をOGA BREWING流に解釈してより多くの方に楽しんで頂けるようにしたビールです。特徴はとにかくバランスの良さです。麦の甘み、ホップの苦味、酵母の香りがバランスよく調和し、飲む人を魅了するビールとして多くの方に愛飲されています。温度が上がった後でも美味しく飲めるのも特徴の一つです。

/data/fund/5713/_X3A5237.jpg

/data/fund/5713/_X3A5265.jpg

/data/fund/5713/_DSC4076.jpg

/data/fund/5713/_X3A5378.jpg

小笠原商店では、三鷹ペールエール以外にも、独自に開発したビールを常時6種類ほど用意しており新商品の開発にも余念がありません。お客様のコンディションやシーン、料理との相性に応じて様々提供しています。投資家特典では、新商品をハーフパイント(290㎖)で提供するコースを用意しておりますので、ぜひお店に足を運んで頂ければと思います。(遠方の方向けには、ビールの送付の特典も用意しております。)

・代表銘柄のご紹介

/data/fund/5713/thumbnail_paleale.jpg
●三鷹ペールエール
クラフトビールの基本形。原材料のバランスが取れたスタイル。

/data/fund/5713/thumbnail_kichijojiipa.jpg
●吉祥寺IPA
不動の人気を誇る流行から王道。苦味と香り成分「ホップ」の華やかさを全面に感じられるスッキリ苦味スタイル。

/data/fund/5713/thumbnail_mitakasan.jpg
●MITAKAさん
三鷹産小麦を使用して、小麦の柔らかさを引き出した口当たりの優しさスタイル。

・店舗情報
「OGA BREWING」
住所:181-0013 東京都 三鷹市
下連雀4-1-16センチュリー三鷹
アクセス:三鷹駅南口から徒歩15分
バスをご利用の場合 5分
南口3番乗り場(郵便局の前) 小田急バス 「鷹66 調布駅北口行き」に乗車
「仲町通り」で下車、三鷹駅よりに少し戻り「仲町通り」交差点すぐ。
/data/fund/5713/スクリーンショット 2019-12-25 17.57.50.png
TEL:0422-29-8210
営業時間:15時ー22時
定休日:毎週火曜日

(ビールに合うフードも人気メニューです。)
/data/fund/5713/_X3A5344.jpg
「クリスピー唐揚げ」400円。醸造で使用した麦芽をまぶしたサクカリ鶏唐揚げ!人気NO.1。
オススメビール:「吉祥寺IPA」

/data/fund/5713/_X3A5364.jpg
「チーズ&チップス」300円。ビールのつまみにピッタリ!。OGAテイスティングセットについてくるお得セットもあります。
(OGAビール2種×チーズ&チップス1,000円)
オススメビール:「三鷹ウィートエール」

/data/fund/5713/_X3A5346.jpg 
M級グルメ「サバロニサラダ」350円。三鷹M級グルメの人気メニュー。サバ缶を贅沢に和えた新感覚のサラダ
オススメビール:「三鷹ペールエール」​
 

事業にかける想い

株式会社小笠原商店の代表取締役、小笠原恵助(おがさわらけいすけ)さんは、 岩手県久慈市のご出身。広告の勉強をした後、自らのデザインスタジオを設立しました。

/data/fund/5713/_X3A5407.jpg

小笠原さんとクラフトビールとの出会いは2007年、大阪箕面市の「箕面ビール」のWIPAを飲んだことがきっかけでした。それ以来、クラフトビールに魅了された小笠原さんは国内のクラフトビールを積極的に探し求めるようになりました。その後、仕事で自らクラフトビールのラベル制作に携わったことが、のちに自ら醸造を始めるきっかけになりました。当時の国内のクラフトビールのラベルデザインに物足りなさを感じた小笠原さんは、自らのデザインアイディアを手に全国のクラフトビールメーカーを周り、営業をしながらクラフトビールへの知見を高めていきました。 

当初、クラフトビールを仕入れて販売する店舗の運営をしていましたが、次第に自らビールを醸造したいという想いが高まり、数年間の準備を経て、現在に至っています。なぜビールを自ら醸造したくなったのか、クラフトビールにどのような想いを込めているのか、小笠原さんにインタビューしましたので、ご覧ください。



 
小笠原代表から皆様へ
はじめまして、株式会社小笠原商店の代表、小笠原恵助です。このファンドに興味をお持ち下さりありがとうございます。
クラフトビール に出会い、その素晴らしさを伝えたくて、クラフトビールを提供する小さなビアバーを始めたのが7年前です。その後、ブルワリー創設に奔走し、長い月日が流れましたが、多くの方の協力で、なんとか念願のブルワリーを立ち上げることができました。今、クラフトビールの素晴らしさを伝えるため、初めて飲む方には驚きと感動を、飲み始めの方や飲み慣れた方には安心と懐かしさを感じてもらえるような、クラフトビール造りに日々奮闘しています。そして、このブルワリーを起点に、クラフトビールを通じたコミュニケーションが日々生まれていることも確信しています。この活動をもっともっと広げていきたい。そう思い、このファンドを活用させて頂きました。

クラフトビールに興味があるけど何からやれば良いかわからない......。そんな方々と、このファンドを通じて、一緒にクラフトビールを造り、一緒にクラフトビールを盛り上げていきたいと思っています。そんな体験ができるファンドにしたいと思っていますので、ぜひ応援を宜しくお願い致します。

/data/fund/5713/_X3A5392.jpg
株式会社小笠原商店 代表取締役
小笠原 恵助
 
応援メッセージ
三鷹ビールは本当に美味しく、感動し、この事業を心から応援したいと思い、事業戦略に関わらせて頂いています。特色あるビールの需要は国内でも年々増えており、OEM生産の問い合わせも多くあることから、これからも事業の成長性は期待できると考えます。また300L単位で醸造できるメリットを活かし、常に店頭では、出来立てのビールを数種類楽しめる趣向にしており、ビール好きにはたまりません。

お店はJR三鷹駅から徒歩15分(バスで5分程度)。京王調布駅や久我山駅からもバスで来れる場所にあります。住宅街の中にある醸造所に、仕事帰りでも、週末でもふらりと立ち寄れる雰囲気が魅力的です。検討中の方も是非お越しください。

このプロジェクトを応援いただき、三鷹ビールのファンが増えればとっても嬉しいです!

/data/fund/5713/26196291_10214457845100743_3704166725476109497_n.jpg
株式会社ユニアス 代表取締役
ANEW Holdings Inc. プロジェクトマネージャー
山中 資久さん

設備費用等に使用

本ファンドで募集した資金は以下の用途で使用されます。
/data/fund/5713/資金使途 小笠原商店.jpg

本ファンド事業計画


本ファンドの事業計画は以下となります。
/data/fund/5713/事業計画_小笠原商店.jpg

小笠原商店では現状、4基のタンクで醸造を行なっていますが、店舗・イベントにおいて自社ブランドを販売するためにフル稼働している状況です。一方、近年のビール需要の増加に伴い、小笠原商店にOEM醸造委託を希望する先が、個人・企業を問わず非常に増加しているという状況です。

ビール作りは作り手の考えが強く反映されることが多い中、小笠原商店ではむしろ委託元の意向を積極的に取り入れたビールを醸造するという評価を得ており、それが理由で引き合いが増えているという状況です。(小笠原さんは広告デザイナーを始めた時から、「ユーザーのニーズと気持ちを優先したい」というポリシーを大切にしてきたことがビールにも反映されています。)

一方、現状のタンク4基では、今後も増加が予想されるOEM醸造に対応できません。ファンド資金は増収のための4基のタンク購入費用等に大切し利用させて頂きます。

営業者紹介

株式会社小笠原商店

2018年 設立
2019年1月 自社醸造開始

HP:https://oga-brewing.com/
Facebook:https://www.facebook.com/ogabrewing/

代表者紹介


代表取締役 小笠原 恵助

1975年生まれ。
青山CG専門学校を卒業後、個人事務所小笠原デザインスタジオを経て法人設立。飲食店に特化したデザイン物、マーケティング、店舗オペレーション等を手がける。
2016年に株式会社小笠原商店を設立し、「三鷹ビール」のOEMブランドを立ち上げ本格的に醸造に携わり、3年間で60種類以上のオリジナルビールを開発。
2019年1月に自社ブランドの醸造を開始し現在に至る。        
        

ファンド対象事業内容

本匿名組合契約の出資対象事業(本匿名組合事業)は、営業者が行うビール飲食事業であり、当該事業の売上金額に基づいて、損益の分配を行います。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「ファンド情報 分配シミュレーション」ページをご覧ください。

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/5713/資金使途 小笠原商店.jpg

投資家特典

特典内容
ご出資口数に応じて、下記の特典をご提供いたします。
各特典の詳細は、下部の【特典詳細】のご確認をお願いいたします。

・1口~2口
下記の2種類から選択頂けます。
①店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス1年分を提供します(12,000円相当)。
②330mlのボトルビール2本をお届けいたします。(送料・税込約2,500円相当)

・3口~9口
下記の2種類から選択頂けます。
①店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス2年分を提供します(24,000円相当)。
②330mlのボトルビール3本をお届けいたします。(送料・税込約3,200円相当)

・10口~49口
下記の2種類を両方ご提供いたします。
①店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス3年分を提供します(36,000円相当)。 
②330mlのボトルビール4本を2回お届けいたします。(合計8本 送料・税込約7,500円相当)

・50口以上
下記の2種類から選択頂けます。
①店舗にて、新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス6年分を提供します(72,000円相当)。 
また、新商品の企画開発&味付け(フレバー)の調合にご参加可能です。
さらに、上記の企画により開発したオリジナルテイストのボトルビール330mlを20本(税込約15,000円相当)をお届けいたします(発送は1回のみ)。
②330mlのボトルビール5本を6回お届けいたします。 (合計30本 送料・税込約26,000円相当)
 
特典詳細
①ご来店時に新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービス
・ファンド募集期間終了後にお送りする予定の限定カードによりご利用可能です。
・毎月2種類、年間で24種類(1種類500円×24種類=12,000円相当)
・月に1度利用可能です。来店時に2種類を提供します。1度の来店で1種類ずつ、という利用はできませんのであらかじめご了承ください。
・別途お届けする投資家限定カードをサービスご利用時にご提出ください。 
・新商品がない場合は既存商品をお楽しみ頂けます。
・サービスは毎月1度の提供になります。当該月に利用されなかった分は翌月に持ち越されませんので予めご了承ください。
 /data/fund/5713/IMG_8600.jpg
(新商品のハーフパイント(290ml)1杯提供サービスを選ばれた方に配布する限定カードです。デザインは変更される可能性があります。)

②ボトルビール
・ボトルビールをファンド募集期間終了後、会計期間中にお届けします。

・内容は人気銘柄を予定しています。内容につきましては事業者にお任せください。
・詳細は発送前のご案内にてお知らせいたします。
(代表銘柄)
/data/fund/5713/thumbnail_paleale.jpg  /data/fund/5713/thumbnail_kichijojiipa.jpg
             「三鷹ペールエール」                                               「吉祥寺IPA」 
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください
2020年1月12日 16:08お客様からの感謝のお言葉

 お知らせ

おが(小笠原)です。

三連休2日目をゆったりとお過ごしされてますか?

年末に初めてご来店されたお客様から感謝のお言葉をいただき、
私の想いの一つが叶ったのでご紹介させてください。

年末に初めてご来店していただいたお客様で、
三鷹ペールエールを特に気に入ってくださり、製造への想いやクラフトビールを
通じて伝えたい想いを楽しく話をさせていただきました。

そのお客様が翌日もご来店していただき、
「年末年始に親戚一同の集まりがあるから、みんなに飲んでもらいたい」
と「三鷹ペールエール」、「吉祥寺IPA」をボトルでお持ち帰りしていただきました。

年が明けて、新年初めにそのお客様に感謝のお言葉をいただきました。
「いつもの年末年始は、毎年変わらず、なかなか会話ができないまま、近況報告も聞けなかったことがあったけど
今年は、三鷹ペールエールをみんなに振舞ったところ、それが会話のきっかけとなり、近況報告のほかにも、
三鷹の話題や吉祥寺は行ったことがあるなど、みんなが笑顔でコミュニケーションが出来たことがとてもうれしかった」
と伝えて下さいました。

よくよく聞くと、いつもお客様本人から何かアプローチをすることは少ないけど、職場の近くでこんな想いで
作られているものがあるなら勧めてたいと思っていただいたとの事でした。

私は、その「勧めたい想い」がとてもうれしく、また、私のクラフトビールへの想い
「コミュニケーションツールとしての役割」が身近で起きたことに心から感謝と感動を覚えました。
※最近は、涙もろく感動するとすぐ泣きます!

自分の想いが伝わる喜びを感じさせてもらい、改めていまの活動が世の中に必要なことだと実感しました。

明日の活力をいただき、さらに「伝わる、伝えるクラフトビール」を発信していきます!

ぜひ、OGA BREWINGで乾杯しましょう

乾杯!











 


このファンドを申込む