ファンド詳細

受付中 会津東山温泉 月のあかりファンド

歴史を紡ぐ東北の銘泉を守るため、老舗旅館が挑む再生プロジェクト

一口金額31,500円 募集総額14,970,000円
事業者名株式会社松嶋 参加人数 26人
地域福島県 会津若松市 分野観光・宿泊
募集期間2018年3月14日~
2018年9月30日
シリーズチャレンジ!ふくしま創生プロジェクト
特典
出資口数に応じて下記の特典をご用意しております。

1口:「庄助酒彩吟醸漬 會・ハーブ鶏(送料込み3,000円相当)」をお届けします。
2口:「『YUKKURA INN』もしくは『月のあかり』への素泊まりご宿泊券1名様分(7,000円相当)」をお届けします。
3口:「庄助酒彩吟醸漬 會・ハーブ鶏」及び「『YUKKURA INN』もしくは『月のあかり』への素泊まりご宿泊券1名様分」(10,000円相当)をお届けします。
4口:『庄助の宿 瀧の湯』 1泊2食付きご宿泊券1名様分(18,000円相当)をお届けします。
5口:『はなれ松島閣』1泊2食付きご宿泊券1名様分(30,000円相当)をお届けします。

※商品の発送時期、ご宿泊券のご利用案内に関しましては、ファンド会計期間中に改めてご連絡致します。


特典の詳細をみる

このファンドを申込む
  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約の名称 会津東山温泉 月のあかりファンド
営業者 株式会社松嶋
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資金募集最大総額(口数) 14,970,000円 (499口)
出資金募集最低総額 -
申込単位(1口あたり) 31,500円/口 (内訳:出資金30,000円 取扱手数料1,500円)
(上限口数:15口)
募集受付期間 2018年3月14日〜2018年9月30日

※この期間中であっても、出資金額が出資募集最大総額に達した
 場合は、そのときをもちまして出資の募集を終了します。
会計期間 2018年10月1日~2023年9月30日
契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
決算日 第1回 2019年9月30日
第2回 2020年9月30日
第3回 2021年9月30日
第4回 2022年9月30日
第5回 2023年9月30日
報告日 決算日から60日以内
分配方法 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
予想リクープ
累計売上金額(税抜)
174,069,768円
契約方法

匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金および取扱手数料の払込をすること及び取扱者が出資者の取引時確認(本人確認)をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金および取扱手数料が払込まれていても取引時確認(本人確認)ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。

決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行三菱東京UFJ銀行みずほ銀行
イーバンク銀行ジャパンネット銀行
(3)クレジットカード決済(以下のカードに対応)
ダイナースVISAMASTER

会津東山温泉 月のあかりファンドの締結については、以下のような留意点およびリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点
本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は関係機関に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、又は指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2. 本匿名組合契約の流動性に関する留意点
契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約を取引する市場及び匿名組合員である立場を取引する市場は現時点では存在しません。

3. 出資金の元本が割れるリスク
本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金額の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4. 営業者の信用リスク
営業者は現在、債務超過ではありませんが、今後の事業の状況如何によっては、営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生していたとしても、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、又は出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権及び利益分配請求権をいいます。以下同じです。)には、何ら担保が付されていません。また、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。さらに、リクープが実現できなかった場合において、残存在庫が存在していても、他の債権者への現物弁済その他の理由により現物分配が行われないリスクがあります。

5. 債務超過のリスク
一般的に債務超過状態の営業者は、次のような不利益を被るリスクがあります。まず、債務超過の営業者は新規の借入ができない可能性があります。また、取引先との取引継続に支障が生じる可能性があります。次に、債務超過は、営業者の破産、民事再生、会社更生又は特別清算等の各手続きの開始原因であり、営業者についてこれらの手続きの申立てがあると、本匿名組合契約は直ちに終了します。さらに、債務超過の場合、営業者の資産に対して債権者による仮差押命令が発令される可能性が高くなります。仮差押命令が発令された場合、取引先との取引に支障が生じたり、金融機関からの借入等に関して、期限の利益が喪失する等により、支払不能となり事業継続に支障をきたす可能性があります。また、仮差押命令が発令されると、本匿名組合契約は直ちに終了します。いずれの場合にも、出資金の全部が返還されないリスクがあります。

6. 取扱者の信用リスク
営業者は、本匿名組合契約の管理運営等を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7. クレジットカード会社の信用リスク
本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に留保され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8. 経営陣の不測の事態に係るリスク
本匿名組合事業について、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)が生じることにより、本匿名組合事業の運営に重大な影響を及ぼす可能性があります。当該リスクに対しまして、本匿名組合契約では各種保険等によるリスク・ヘッジを行いません。

9. 資金繰りに関するリスク
本匿名組合事業について、事業計画上の売上を著しく下回った場合、予想外のコストが生じた場合、現時点で想定していない事態が生じた場合等には、営業者の資金繰りが悪化し、事業の継続や分配金の支払に重大な支障が生じるリスクがあります。

10. 資金調達のリスク
営業者は本匿名組合事業の必要資金を本匿名組合契約による出資金でまかなう計画です。したがって、本匿名組合契約での資金調達が滞る場合、事業計画通りに本匿名組合事業を開始することができないリスク及び事業計画の売上規模が縮小するリスクがあります。なお、本匿名組合契約での資金調達の状況により、金融機関からの借入やリース契約等で資金調達を行い、本匿名組合事業を開始する可能性があります。

11. 出資金の送金及び使用に関するリスク
成立した本匿名組合契約に係る出資金は、募集期間中であっても、営業者が本匿名組合事業を遂行でき、かつ、本匿名組合事業の遂行のために必要であるという判断を取扱者が下した場合には、営業者の指示により、随時取扱者から営業者へ送金され、資金使途・費用見込みに示す資金使途内容に従い、本匿名組合事業の遂行のため使用されます。したがって、本匿名組合契約が契約期間満了前に終了した場合又は本匿名組合契約が遡って未成立とみなされた場合であっても、既に営業者に送金された出資金がある場合等には、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。

12. 事実の調査に関するリスク
取扱者が行う事実の調査は、取扱者独自の水準に基づき実施される調査であり、また、入手資料及び営業者への質問の回答について、すべて真実であることを前提としておりますが、事実の調査が誤るリスクがあります。また、取扱者の事実の調査に基づくファンド組成の判断は、匿名組合員への分配金額や出資金の返還を保証するものではなく、営業者の事業計画や、営業者が破産等しないことを保証するものではないことにくれぐれもご留意下さい。

13. 特典の進呈を行うことのできない、又は、変更するリスク
営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

14. 大地震・大津波等の自然災害のリスク
大きな地震や津波、台風等の自然災害等に起因する要因により、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

15. 風評被害によるリスク
伝染病、放射能汚染等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

16. 許認可等に関するリスク
本匿名組合事業の実施にあたっては、関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に必要な許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

17. 訴訟等に関するリスク
営業者の事業活動において、製造物責任、環境保全、労務問題、取引先等との見解の相違等により訴訟を提起される、又は訴訟を提起する場合があり、その動向によっては営業者の事業に悪影響を及ぼすリスクがあります。また、訴訟等が行われることにより、営業者の社会的信用等に悪影響を及ぼすリスクがあります。

18. 本匿名組合契約未成立のリスク
取扱者が営業者に対して出資金を送金する前に、本匿名組合契約が終了した場合、営業者が2018年12月末までに本匿名組合事業の対象となるホテル月のあかりの営業を開始できなかった場合、本匿名組合契約は遡って未成立とみなします。この場合、既に支払われた出資金及び取扱手数料は速やかに返還しますが、利益の分配を受けることはできません。その際、当該出資金及び取扱手数料の返還にかかる振込手数料については申込者にご負担いただきます。また、当該出資金及び取扱手数料に利息は付きません。

19. サービス等の提供に関するリスク
本匿名組合事業については、原材料の調達状況、人員及び設備の稼働状況、不慮の事故、天災その他の不可抗力等により、事業計画達成に必要なサービス等の質及び量を確保できない可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

20. 販売に関するリスク
本匿名組合事業で販売する商品については、営業者の判断の下で販売されますが、販売時の景気動向、市場の需給状況により予定単価及び予定量を大幅に下回る可能性があります。この場合、事業計画上の売上金額を達成できなくなるリスクがあります。

21. 食中毒が生じるリスク
本匿名組合事業において食中毒が発生し、営業停止等の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。また、食中毒が生じた場合、その後の営業者の事業に著しい悪影響を及ぼすリスクがあります。

22. 店舗を撤退するリスク及び業態を変更するリスク
営業者が、本匿名組合事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には店舗を撤退する可能性があり、その場合、出資金は減額されて返還されるリスクがあります。また、営業者が、本匿名組合事業の業態のままでは事業の継続が不適当又は不可能であると判断した場合には業態を変更して事業を継続する可能性があり、その場合、当初の事業計画上の売上金額を達成することができなくなるリスクがあります。

事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者及び取扱者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

(1) 事業計画上売上について
事業計画上の累計売上金額(税抜)、本匿名組合契約における累計リクープ売上金額(税抜)は下記のとおりです。
/data/fund/4347/事業計画.jpg

(2)事業計画上の実現施策(運営の方針)について
営業者は設立1年目の会社です。当社代表取締役が兼任をつとめる株式会社ニュー松島が経営するはなれ「松島閣」や庄助の宿 瀧の湯の運営で培った旅館の運営ノウハウを活かし、旅館業を営んでまいります。今後は以下の施策の実施を進めることで、事業計画の達成を図ります。
a. 旅館のリニューアル
営業者は今回買収した旅館を改装することにより、旅館全体のリニューアルを図ります。ご来館いただいた皆様に気持ちよく過ごしていただけるよう、内装や設備の改修を進めて参ります。
b. 旅館の運営
営業者は従前より代表取締役が兼任する株式会社ニュー松島において、旅館業を営んでおり、既に旅館運営や接客サービスに関する深いノウハウを有しております。
c. 来館予約枠の販売
営業者は従前より旅館業を長く営んでおり、既に販路を有しております。また、今後は株式会社ニュー松島が経営するはなれ「松島閣」や庄助の宿 瀧の湯と共同で予約サイトや販促サイトの運営をおこなうことで、従来、はなれ「松島閣」や庄助の宿 瀧の湯が満室であったことによりご利用いただけなかったお客様を迎えることで、当社としての売上の拡大を図ります。
 

分配計算式

匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。なお、1口あたりの分配金に円未満の端数が生じた場合は、端数を切り捨てて算定いたします。

(1)無分配期間:2018年10月1日~2020年9月30日
・売上金額×0.0%÷500口×1口

(2)分配期間:2020年10月1日~2023年9月30日
・リクープ前:リクープ前売上金額(税抜)×8.6%÷500口×1口
・リクープ後:リクープ売上金額(税抜)×8.6%÷500口×1口+(リクープ後売上金額(税抜)-リクープ売上金額(税抜))×8.0%÷500口×1口

(※)ただし、第1回及び第2回の分配日については、1口あたり分配金額の上限を10,000円とし、1口あたり分配金額が10,000円を超過した場合には、翌分配日以降の1口あたり分配金額が10,000円に満たなかった分配日、又は最終の分配日に当該超過金額を分配するものとします。

無分配期間は、ホテル月のあかりのリニューアルオープン直後の期間であり、安定稼働に向けた取組みを進めていく期間となります。そのため、分配期間に発生する売上金額のみが分配の対象となります。
 

金銭による分配金額のシミュレーション(出資金募集最大総額で成立した場合)

本匿名組合契約における金銭による分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。
(1口30,000円の出資の場合)

/data/fund/4347/分配シミュレーション.jpg
(注1)匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上記に記載の算出式に基づいて計算されます。
(注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口30,000円の出資金に対し、1口分配金額が30,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する出資金1口あたり分配金額/30,000円
(注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20.42%(復興特別所得税0.42%含む)の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

  • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック。
  • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
  • ファンド詳細情報・契約書・契約説明書のご確認ください(熟読してください)。
  • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください。
  • 指定金額のご入金及び、取引時確認(本人確認)資料をご送付ください。
  • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします。
  • 皆さんで事業を応援しましょう。
仕組み図
1 募集受付期間 2018年3月14日~2018年9月30日
2 会計期間 2018年10月1日~2023年9月30日
3 契約期間 本匿名組合契約締結日から会計期間終了日
4 決算日 第1回 2019年9月30日
第2回 2020年9月30日
第3回 2021年9月30日
第4回 2022年9月30日
第5回 2023年9月30日
5 報告日 決算日から60日以内
6 分配日 決算日から90日を超えない日から随時引き出し可能
【営業者】
本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2018年2月28日現在)
/data/fund/4347/営業者の概要.jpg

【取扱者】
本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2018年2月28日現在)
/data/fund/4347/取扱者の概要.jpg
このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20.42%の源泉所得税がかかります。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。
途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
他人に譲渡することはできますか? 匿名組合契約上の地位を他人に譲渡することはできません。
未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
申込方法とよくある質問 申込方法とよくある質問
>>申込方法とよくある質問
  • 会津東山温泉 月のあかりファンド
開湯1300年、東北を代表する温泉地の一つ福島県会津若松市『東山温泉』。「奥羽三樂郷」にかぞえられる銘泉は、動乱の時勢に「義」に生きた志士の傷を癒し、文人墨客が愛し筆を走らせた温泉郷です。今回のファンドは、東山温泉郷に居を構えながら、惜しまれつつ閉館した「東山第一ホテル」の再建プロジェクトを応援するものです。ご出資頂いた皆様には、東山温泉の魅力を存分に体感頂ける投資家特典をご用意しておりますので是非ご支援下さい。

本ファンド対象事業の魅力

開湯1300年、会津の歴史とともに歩んできた『東山温泉郷』/data/fund/4347/img-kanko_yume-higashiyama-2@2x.jpg
東山温泉は、この地に語られる伝承を始祖として1300年もの長い歴史を刻む温泉郷。会津を訪れた行基上人が、3本足の烏に導かれ滝に対峙したその時、霧で覆われた辺り一面が一瞬にして晴れ渡り、滝近くの大岩の影からコンコンと湧き出る湯を見つけたという言い伝えを由来とします。鶴ヶ城から南東に約3km、会津若松中心街から車で10分ほどに位置し、「雨降り滝」「原滝」「向滝」そして「伏見ヶ滝」の4つの滝の絶景に恵まれた湯川沿いに宿が並び立つ宿場町です。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷として多くの藩人や旅客をもてなすことで発展してきました。「竹久夢二」や、「与謝野晶子」、「横光利一」といった名だたる文人墨客も訪れた記録が残っており、奥羽三樂郷のひとつとして、山形のかみのやま温泉、湯野浜温泉とともに親しまれてきました。

/data/fund/4347/新撰組.png
また、動乱の時代に『義』に生きた幕末の志士たちに縁の深い温泉郷としても知られています。新撰組副長「土方歳三」、「齋藤一」そして「白虎隊」の面々も湯治に利用したと記録されています。今なお多くの人々を魅了し続ける新撰組は、京都守護職であった松平容保公より会津藩お預りと呼ばれる京都の治安部隊だったこともあり、彼らを語る上で会津は切り離せません。その副長「土方歳三」は、北上しながら新政府軍と交戦する中で足を負傷、傷に良く効くとされる東山温泉で療養したと言われています。会津での約3ヶ月間の療養記録があることからも、土方の傷が深いものであったことが窺えます。療養に東山温泉を訪れた土方を目撃した人も多く、戊辰戦争での負傷を癒し、そして心も癒していたのかもしれません。土方歳三は、会津療養の間に、天寧寺で「近藤勇」の墓を建立。近藤勇の墓には諸説あり、京都にあった近藤の首を土方が齋藤一に取りに行かせて会津の地に葬ったとも、遺髪のみを埋葬したとも言われています。「近藤勇の墓」を建立する際、土方はじめ、齋藤一などのメンバーも天寧寺に滞在した記録が残っています。東山温泉はもともと「天寧寺の湯」と呼ばれていて、のちに「天寧温泉」そして「東山温泉」と名称を変えます。戊辰150周年を迎えた現在、幕末の志士たちが足繁く訪れた東山温泉の地で歴史に思いを馳せる旅客が増えています。


東山温泉の盟主「庄助の宿 瀧の湯」
当ファンドの営業者である株式会社松嶋の母体「庄助の宿 瀧の湯」は、会津東山温泉の発祥の場であり、創業130余年の東北を代表する温泉旅館です。「伏見ヶ滝」を望む、絶景露天風呂と貸切風呂が自慢の湯宿。滝の音に包まれて、文人墨客も愛したこの地に思いを馳せながら、ゆったりと湯浴みを愉しめる旅館として多くの旅客から絶大な支持を集めています。名湯に浸かったあとは「地産旬消」にこだわった料理に舌鼓。会津の大地で育まれた天の恵の数々。郷土の歴史と文化を大切にし、昔ながらの調理法や、郷土料理を基本にした美食を提供しています。地元で採れた旬の食材を現代人の口に合うようにアレンジしつつ、郷土料理と会席料理の融合をテーマに料理人達が腕をふるっています。「会津郷土会席料理」を通じて、会津の歴史や文化を旅人たちへ届けています。

/data/fund/4347/料理.jpg
「庄助の宿 瀧の湯」は、インターネット媒介での評価が高く、特に個人旅客の皆様にご支持頂いています。「じゃらんネット」の東北エリア売上ランキングにて過去9年間で1位7回、2位2回を誇ります。「楽天トラベル」では、昨年度福島県では唯一の金賞を受賞。高級予約サイト「relux」においては、「はなれ松島閣」が東北1位を受賞しています。お客様のお声に真摯に耳を傾け、地道な改善を積み重ねてきたスタッフの努力の結晶が、現在の高評価に繋がっています。また、かつて従業員宿舎であった建物を改装し、リーズナブルな宿泊プランを提供する「YUKKURA INN」もリニューアルオープンし、新たな運営スタイルにも積極果敢に挑戦、東山温泉を気軽に愉しみたい旅客の皆様にご愛用頂いております。

/data/fund/4347/img-point-onsen@2x.png
「庄助の宿 瀧の湯」HP
「はなれ松島閣」HP
「YUKKURA INN」HP


東山温泉の灯火を絶やさない「月のあかり」としての再出発/data/fund/4347/facade2.jpg
東山温泉郷の中腹に位置する場所で操業を続けてきた「東山第一ホテル」。客室数30室ほどの中規模旅館ながら、豊かな自然と地元産品をふんだんに使用した美味しい料理、そして温泉が愉しめる旅館として愛されてきました。しかしながら、東日本大震災による被害、原発事故に由来する風評被害により稼働状況が大幅に悪化、適任となる後継者が見つからなかったこともあり、その歴史に幕を閉じることになりました。かつては30数軒ほどの旅館がひしめき合い、切磋琢磨しながら旅客をもてなしてきた東山温泉も現在では1/3にまで減少、戊辰150周年で賑わう会津の地に暗い影を落としています。高齢化による人材難などの現状に鑑みると、今後もあるいは経営を断念する旅館が出てくることも考えられ、長い歴史ある東山温泉郷を守るため再建に乗り出すことになりました。その再建の旗手となるべく立ち上がったのが、「庄助の宿 瀧の湯」を母体とする株式会社松嶋です。2017年10月に新設会社として登記し「東山第一ホテル」の経営を継承、今回のファンドを通じて旅館「月のあかり」と名称を変えて再スタートを図ります。

/data/fund/4347/16904679_1425368947493712_4374333069485624186_o.jpg
↑楽天トラベルアワード授賞式の一枚。その運営ノウハウを惜しみなく注ぎ込みます。

今回の旅館再生のテーマとなるのは、「地域活性化」と「持続的経営基盤の構築」の両立です。宿泊プランについては素泊まりを基本とし、地域の料理店や旅館、仕出し屋と提携してお食事のご要望に対応することで、地域の本場の味を気軽に愉しんで頂けるプランニングを予定しています。また、街の雇用を継続させるためスタッフを複数名招き入れつつも、地域業者への外部委託を積極的に活用し経営のスリム化と地域事業への経済効果の波及を狙います。さらに、長年の運営により培ってきた「庄助の宿 瀧の湯」ならびに「YUKKURA INN」の経営ノウハウを惜しみなく注ぎ込むことで、自立経営の基盤を固めていく方針です。個人旅客からの圧倒的な支持を背景にした「庄助の宿 瀧の湯」ならびに「はなれ松島閣」のインターネット誘客力、リーズナブルな価格帯と高稼働を実現している「YUKKURA INN」の効率化手法を共有することで、女性の一人旅、ペット同伴、赤ちゃん同伴、ビジネス利用、インバウンドなど幅広いニーズにお応えできる柔軟性を兼ね備えた全く新しい感覚の旅館像を目指し、事業基盤の構築に向けてスタッフ一同尽力して参ります。今回の事業は、株式会社松嶋にとっても、東山温泉の地域全体あるいは日本の旅館業界にとっても非常に重要な挑戦になると考えています。経営基盤の構築、安定稼働には長い時間を要することも十分に考えられます。しかしながら、日本の旅館がより強く生きながらえていくための新たな挑戦が今こそ必要なのです。投資家の皆様には、この取り組みの伴走者となって「東山温泉の灯火」を一緒に守って頂きたいと願っております。投資家特典としてご宿泊サービスをご用意させて頂いておりますので、是非この機会に東山温泉に足を運んで頂きたいと思います。経済面だけでなく、地域の活性化に向けてご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
おすすめの会津若松観光スポット
/data/fund/4347/四季.png
【会津の四季】
(春:写真左上)「庄助の宿 瀧の湯」の対岸に咲く数十本の桜の木々。夜はライトアップも行っており、昼夜問わず、花見露天をお愉しみ頂けます。
(夏:写真右上)今話題の大内宿は夏がおすすめ。開通した甲子道路など南会津をドライブしながらいけば、会津の自然と文化を堪能できること間違いなし。
(秋:写真左下)秋は不動沢橋から眺める紅葉をご堪能ください。信夫山や福島市街など福島盆地のほぼすべての範囲を見渡せます。遥か下には滝の流れもご覧頂けます。
(冬:写真右下)冬期間は閉鎖される磐梯吾妻スカイラインも、毎年4月に開通します。写真は、4月に冬の風景が楽しめるスカイライン名物の雪の回廊です。

/data/fund/4347/25036310_242335492972043_4228175190133047296_n.jpg
【鶴ヶ城】
1384年、葦名家が築いた東黒川館を前身に持ち黒川城と名を改めた後に、伊達、蒲生、上杉、加藤と言った名だたる戦国大名が次々に居城としました。1590年、小田原の北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は、白河街道を通って会津へ入り奥州仕置を行いました。この時、秀吉に会津を託されたのが蒲生氏郷です。氏郷は、積極的に城下の整備を行うとともに、七層の天守閣をもつ若松城を築城しました。空高く翼を広げたような天守閣の形から「鶴ヶ城」と親しまれ、その後、加藤明成によって五層の天守閣に改築されて難攻不落の名城となったこの城は、1ケ月も続いた戊辰戦争での籠城戦にも耐えたことで知られています。

/data/fund/4347/img-kanko_aizu-slbanetsu02@2x.jpg
【SLばんえつ物語】
磐越西線を走るSLということから「ばんえつ」を豊かな森と水に育まれた自然と人が触れ合うことで生まれる「物語」と組み合わせて「SLばんえつ物語」号と命名されました。春から秋までの土曜・休日を中心に、会津⇔新潟間を1日1往復の運転。福島県会津若松駅と新潟県新潟駅間を約4時間程度で結ぶ臨時快速列車として運行されています。1999年4月29日から磐越西線で復活を遂げたSL C57-180で定期運行している「SLばんえつ物語」号は、 首都圏をはじめ全国の皆さまからご利用頂いております。「森と水とロマンの鉄道」 磐越西線の四季折々の風光明媚な景色をお楽しみください。
 

営業者紹介

株式会社松嶋東山第一ホテルを受けつぐため、「庄助の宿 瀧の湯」の経営メンバーを中心に2017年10月に設立。「月のあかり」としてリニューアルオープン後の運営を担う。

代表者紹介

/data/fund/4347/代表.JPG
五代目湯守 齋藤 純一【代表者コメント】
会津東山温泉は開湯1300年の歴史を持つ温泉地です。会津は風光明媚で名所旧跡はじめ日本の変革時には度々関係するほど長い歴史を持っています。この会津の奥座敷が東山温泉です。最盛期には30数軒あった宿泊施設も現在では14軒となってしましました。平成23年3月11日の大震災そして東京電力第一原発事故の風評被害などに伴い休業を余儀なくされた東山第一ホテルを地域活性化をふまえて譲り受けました。創業130余年の「庄助の宿 瀧の湯」が営む「YUKKURA Inn」はノンサービスだから可能にしたリーズナブルな料金でおひとり様から長期滞在に至るまでご利用頂ける新しい感覚のホテルで、高稼働高収益ホテルです。この経営手法を活かして、他施設とは競合しない共存と連携を図る新しい市場を開拓して参ります。また、旅館が持つ和を基調とした日本と地域の文化を感じながら、旅館ならではのゆとりと和みを提供する、まさに今までになかった新感覚の旅館を目指します。

ファンド対象事業内容

出資金を用いて営業者が行う月のあかりの旅館事業のことであり、本匿名組合事業の成果をもって、損益の分配及び出資金の返還を行います。
なお、事業計画上の売上およびその実現施策、事業計画時の分配金額等については「プロジェクト概要 分配シミュレーション」ページをご覧ください。
 

資金使途

ファンド資金は、以下の内容にて使わせていただきます。
/data/fund/4347/資金使途.jpg

投資家特典

出資口数に応じて下記の特典をご用意しております。

1口:「庄助酒彩吟醸漬 會・ハーブ鶏(送料込み3,000円相当)」をお届けします。
2口:「『YUKKURA INN』もしくは『月のあかり』への素泊まりご宿泊券1名様分(7,000円相当)」をお届けします。
3口:「庄助酒彩吟醸漬 會・ハーブ鶏」及び「『YUKKURA INN』もしくは『月のあかり』への素泊まりご宿泊券1名様分」(10,000円相当)をお届けします。
4口:『庄助の宿 瀧の湯』 1泊2食付きご宿泊券1名様分(18,000円相当)をお届けします。
5口:『はなれ松島閣』1泊2食付きご宿泊券1名様分(30,000円相当)をお届けします。

※商品の発送時期、ご宿泊券のご利用案内に関しましては、ファンド会計期間中に改めてご連絡致します。

/data/fund/4347/投資家特典.png
(写真左上)庄助酒彩吟醸漬 會・ハーブ鶏
(写真右上)『YUKKURA INN』客室例
(写真左下)『庄助の宿 瀧の湯』客室例
(写真右下)『はなれ松島閣』客室例
 
  特典内容
出資
口数
庄助酒彩吟醸漬
會・ハーブ鶏
素泊まり
ご宿泊券
『YUKKURA INN』
又は『月のあかり』
1泊2食付
ご宿泊券
『庄助の宿 瀧の湯』
1泊2食付
ご宿泊券
『はなれ松島閣』
1口 1セット - - -
2口 - 1名様分 - -
3口 1セット 1名様分 - -
4口 - - 1名様分 -
5口 - - - 1名様分
6口 1セット - - 1名様分
7口 - 1名様分 - 1名様分
8口
(※選択)
1セット 1名様分 - 1名様分
- - 2名様分 -
9口 - - 1名様分 1名様分
10口 - - - 2名様分
11口 2セット - - 2名様分
12口
(※選択)
- 2名様分 - 2名様分
- - 3名様分 -
13口 2セット 2名様分 - 2名様分
14口 - - 2名様分 2名様分
15口 - - - 3名様分

(※) 8口、12口をご出資頂いた方には、2つのパターンからどちらかをご選択頂きます。
(注1) 海外への発送はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
(注2) 特典の詳細につきましては、契約期間中、別途ご連絡いたします。
(注3) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や、実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
2018年5月17日 16:29





 

昨日は、

真夏のような暑さで、

福島市や浪江町では全国一位の暑さだったそうです。

 


会津若松市も30度近く気温が上がり

夜も暑く寝苦しいくらいでした。


 

今朝は、打って変わって雨模様です。

 
 

湿度も高く1日中ジメジメしています。

 
 

雨の切れ間に靄がかかって幻想的な風景を一枚。

雨の緑も美しいです。










 


このファンドを申込む