ファンド詳細

運用中 鵜の助4人の漁師ファンド

漁師がはじめる新しい漁業

一口金額10,500円 募集総額40,000,000円
事業者名株式会社鵜の助 参加人数 837人
地域宮城県 石巻、十三浜 分野漁業・水産加工
募集期間2012年8月24日~
2014年9月30日
シリーズ被災地応援ファンド
特典
(1) 1口以上4口までお申込みの方
茎わかめ200gと昆布元葉200gを1セット
(2) 5口以上9口までお申込みの方
鵜の助オリジナル海藻セットを1セット
(3) 10口以上お申込みの方
鵜の助オリジナル海藻セット、活ホタテ(5枚)
【セット内容】
わかめ、昆布、茎わかめ、昆布元葉、わかめ元葉を各200g


特典の詳細をみる

  • ファンド情報
  • プロジェクト概要
  • ニュース
  • 募集情報
  • リスク
  • 分配シミュレーション
  • 申込方法
  • 仕組み
  • スケジュール
  • 営業者
  • FAQ
本匿名組合契約名称 鵜の助4人の漁師ファンド
営業者 株式会社鵜の助
取扱者 ミュージックセキュリティーズ株式会社
(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1791号)
出資募集最大総額
(口数)
20,000,000円
(4000口)
申込単位
(1口あたり)
5,000円
※本匿名組合契約の申込には1口あたり5,000円の応援金が別途必要となります。
出資金のみまたは応援金のみでのお申込はできません。
(上限口数:500口)
出資金取扱手数料 500円 ※応援金には手数料はかかりません。
取扱者の報酬 出資金取扱手数料500円/口
募集受付期間 2012年8月24日~2014年9月30日
会計期間 2013年3月1日から2021年2月28日(8年)
契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日
分配方法 分配金は一括して、最終決算日後に支払われます。
なお、分配金には劣後特約が付されています。
分配比率 会計期間開始日から12ヶ月間(無分配期間):売上金額の0.00%
無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):売上金額の4.75%
予想リクープ
平均月売上金額
5,012,531円(税込)
(注) 予想リクープ平均月売上金額は、予想リクープ累積売上金額を無分配期間終了後から会計期間終了日までの84ヶ月で除した額(1円未満切り捨て)となります。
予想リクープ
累積売上金額
421,052,632円(税込)(無分配期間を除く。)
被災前概算の
平均月売上金額
0円(税込)
(注) 営業者は、震災後に新規に設立されたため、被災前の売上金額はありません。なお、営業者を設立してその事業を行う漁師4人が、被災前にそれぞれ個人で営んでいた同種の事業による各売上金額を基に算出される被災前の推定平均月売上金額(税込)は、4,693,333円です。
契約方法 匿名組合員になろうとする方は、取扱者のウェブサイトよりお申込みいただき、ウェブサイト上で、営業者と匿名組合契約を締結します。

なお、本契約は、出資者が出資金の払込をすること及び取扱者が出資者の本人確認をすることをもってその効力を生じます。
従って、出資金が払込まれていても本人確認ができない場合には、申込がキャンセルされたと見なす場合があります。

一度成立した本匿名組合契約については、一定の場合を除き、契約の取消、中途の契約解除ができませんので、十分ご検討の上お申し込みください。
決済方法

ネット決済対応銀行でお申し込みの場合は、各銀行画面に接続し、お振込み先、お振込み金額のご入力の手間なくお申し込み頂けます。
(1)ATM,窓口から当社指定口座へ振込
(2)ネット決済(以下の銀行に対応)
三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 みずほ銀行
イーバンク銀行 ジャパンネット銀行

鵜の助4人の漁師ファンドの締結については、以下のような留意点及びリスクがあります。

1.本匿名組合契約の性格に関する留意点

本匿名組合契約に係るすべての業務は、営業者が自ら行い又は第三者に委託することになっており、これらにつき匿名組合員が行い、若しくは指図をすることはできません。本匿名組合事業の状況によっては、事業継続や売上の確保のため、特に、本匿名組合契約はその契約期間が8年と比較的長期間に及ぶため、契約期間中において、営業者の判断の下に価格等の変更等を行う可能性があります。

2.本匿名組合契約の流動性に関する留意点

契約期間中、本匿名組合契約は解約できません。本匿名組合契約の譲渡は同契約により制限されます。本匿名組合契約および匿名組合員である立場にかかる取引市場は現時点では存在しません。

3.出資金の元本が割れるリスク

本匿名組合契約に基づく利益の分配又は出資金の返還は、専ら営業者の本匿名組合事業による収入をその原資とし、かつ、会計期間中における営業者の売上金額を基に算定される分配金額の支払いのみをもって行われます。したがって、会計期間中の本匿名組合事業における売上によっては利益の分配が行われない可能性があり、また、分配金の支払いが行われたとしても、全会計期間をとおして匿名組合員に支払われる分配金額の合計額が当初の出資金を下回るリスクがあります。

4.資本性借入金の取扱いの変更に関するリスク

出資金は十分な資本的性質が認められる借入金として営業者の会計上資本に計上されますが、十分な資本的性質が認められる借入金に該当するための要件に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、営業者の財務諸表が悪化し、金融機関からの新規借入れ又は借り換えが困難になることから営業者の事業に悪影響を及ぼす可能性があります。

5.営業者の信用リスク及び債務超過に陥るリスク

営業者は、今後、債務超過に陥るおそれがあり、その場合に営業者が支払不能に陥り、又は営業者に対して破産、会社更生、民事再生などの各種法的倒産手続きの申立てがなされる可能性等があり、これらに該当することとなった場合には、本匿名組合契約では、分配金額の支払いが、最終の決算後に一括して行われ、それまでの毎年の分配金額は当該支払いの時点まで営業者に留保されているため、本匿名組合契約に基づく分配金額の支払い、さらには出資金の返還が行われないリスクがあります。匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権(出資金返還請求権および利益分配請求権。以下同じ。)には、何ら担保が付されていません。また、本匿名組合事業における売上金額により分配金額が発生したとしても、本匿名組合事業において多額の費用や損失が発生した場合においては、分配金額の支払いが行なわれないリスクがあります。さらに、営業者が破産等の法的倒産手続きに移行した場合には、匿名組合員が営業者に対して有する支払請求権は、他の優先する債権に劣後して取り扱われます。そのため、法的倒産手続きの中で、他の優先する債権については支払いがなされ、回収が図られた場合であっても、匿名組合員が有する支払請求権については一切支払いがなされないリスクもあります。

6.取扱者の信用リスク

本匿名組合契約において、出資金および本匿名組合契約締結の取扱いならびに管理運営を取扱者に委託しているため、分配金額の支払い等は、取扱者を経由して行われます。このため、取扱者が破綻した場合、本匿名組合事業に係る分配金額の支払い等が遅滞し、又はその全部若しくは一部が行われないリスクがあります。

7.販売先の信用リスク

本匿名組合事業にかかる商品の一部は小売店等に販売され、販売代金が小売店等に支払われます。販売から代金回収までの期間の関係で売上金額は一定期間小売店等に滞留され、その間小売店等の信用リスクにさらされます。このため、小売店等が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

8.クレジットカード会社の信用リスク

本匿名組合事業の売上金額の一部は、クレジットカード会社から営業者に支払われます。支払いサイトの関係で売上金額が一定期間、クレジットカード会社に滞留され、その間、クレジットカード会社の信用リスクにさらされます。このため、クレジットカード会社が破綻した場合、本匿名組合事業の売上が出ていても、それが営業者、ひいては匿名組合員に支払われないリスクがあります。

9.営業者の経営陣の不測の事態に係るリスク

本匿名組合契約の営業者については、その事業の経営陣への依存度が高く、経営陣に不測の事態(病気・事故・犯罪に巻き込まれる等)や異動等が生じることにより、本匿名組合事業に重大な影響を及ぼすリスクがあります。

10.営業の開始又は継続が予想どおりなされないリスク

需要が増加することによる建築資材の調達不足により建物や必要な施設等の新設・補修が遅れることで、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。また、被災地域が今後行政による地盤のかさ上げ等整備事業の対象とされる可能性があり、その場合には、施設等の移転が必要となる可能性もあります。そのため、施設等の新設・補修が遅れ、あるいはこれが困難となり、事業の開始、再開又は継続に支障を生じ、事業計画の大幅な見直しが必要になるリスクがあります。さらに、本匿名組合契約に係る出資持分の総額について最低金額が設定されていないことから、出資金の総額の多寡によっては営業の開始又は継続に必要な最低限の設備費用等を賄うことができず、事業計画の変更を余儀なくされる、事業の開始が遅れる、事業の再開ができない、又は事業の継続が困難となるリスクがあります。

11.地域の復興が遅れるリスク

被災による取引先の廃業、被災地域の復興の遅れ、人口流出や国内外からの訪問者の減少、あるいは、被災地域の復興が遅れ消費が伸びないことなどにより、商品の製造・生産・販売が開始されても、販売先の維持や新規の売り先が確保できず、事業計画を達成できないリスクがあります。また、政治の混乱、政治政策の予期せぬ変更により地域の復興が遅れ、事業の再開、あるいは、継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

12.原子力発電所によるリスク

原子力発電所における事故により空気中および海水中に放出された放射性物質により、海水や土壌その他商品の原料となる水産物・農産物等が汚染され、あるいは、汚染されているのではないかという過度の懸念のために、商品が売れなくなるリスクがあります。また、それらの被害が拡大した場合には、結果として当該商品そのものの取扱いができなくなり、事業の再開・継続が不可能になるというリスクがあります。

13.大地震・大津波等の自然災害のリスク

大きな地震や津波、台風等の自然災害が再び起こり、または、天候不順や病害虫の発生などの自然環境に起因するその他の要因により、事業の継続が困難になるリスクがあります。また既に発生した地震・津波による営業者以外の者への損害・損失などに関連して生じ得る営業者の事業への悪影響についても、未だその把握が十分ではなく、又は客観的に顕在化していない可能性があり、これらの損害・損失等に関連する悪影響が現状の予測を超え、事業の継続に悪影響を及ぼすリスクがあります。

14.製造・販売商品の品質確保・維持に関するリスク

津波により養殖または商品製造に必要な独自の技術や機材が流出し、商品の品質確保・維持ができず、顧客が減少するリスクがあります。また、津波や放射能などの影響によって水質および水産物の生育環境が変化し、商品の品質が維持できない、あるいは製造できない状況が生じるリスクがあります。

15.暴動が起こるリスク

暴動(窃盗等を含む)が起き、事業が一時中断し営業活動ができないリスクがあります。

16.被災地で伝染病等が蔓延するリスク

被災地の生活環境や公衆衛生の悪化により、伝染病等が蔓延し、営業停止の措置がとられ、営業活動ができないリスクがあります。

17.風評被害によるリスク

原発事故や伝染病等その他の理由により、風評被害を受けるリスクがあります。

18.資金繰りが悪化するリスク

営業者が事業を行う上で金融機関からの借入れが必要となった際に融資が認められなかった場合には、資金繰りが悪化し、計画通りの仕入・製造・生産・販売が行えず、経営の存続性に影響を与える可能性があります。

19.特典の進呈を行うことのできない又は変更するリスク

営業者は匿名組合員に対し、特典の進呈を行うことを予定しておりますが、事情により特典の進呈を行うことができない、又は、変更するリスクがあります。

20.原材料の調達に関するリスク

震災の影響や天候不順等の理由により、営業者において商品に必要な原材料や包装資材等の調達ができない、遅れる、価格が高騰する等により、商品の製造・生産・販売を予定どおりに行うことができないリスクがあります。また、この影響により販売価格の値上げを余儀なくされ、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

21.嗜好品の消費が停滞するリスク

営業者が販売する商品にはいわゆる嗜好性が強いものが含まれており、これらは被災地の復興時に必ず消費が予想される生活必需品とは異なります。そのため消費者が営業者の商品を購入することを控えるなど、消費者の消費が停滞し、商品が十分に売れないリスクがあります。

22.許認可等に関するリスク

本匿名組合事業の実施にあたっては、食品衛生法等関連する許認可が必要となる可能性があります。営業者が既に営業許可等の許認可を得ている場合であっても、法令に定める基準に違反した等の理由により、あるいは規制の強化や変更等がなされたことにより、その後かかる許認可が取り消され、事業に重大な支障が生じるリスクがあります。

23.新規の事業形態への移行に伴うリスク及び販路拡大に伴うリスク

営業者は、これまで本匿名組合事業と同種の事業をそれぞれ個人で営んできた漁師4人により新たに設立された株式会社であり、会社形態での事業実績がないため、その運営体制の構築・維持あるいは製造・生産・販売する商品の安定的な供給のみならず、事業の安定的な運営を図るまでに予想外の時間を要する可能性があります。また、「鵜の助」という新たなブランド名での事業展開を予定しているため、かかる事業の認知度が拡大せず、事業の運営に支障を来たし、事業の継続自体が困難になる可能性があります。さらに、本匿名組合事業では、個人向けインターネット販売等による販路拡大も予定していますが、これらの販路拡大に予想外の時間又は費用を要したり、差別化が十分にできない可能性があります。これらの結果、売上が低迷すること、あるいは、利益率が悪化するリスクがあります。

24.販売先・競業他社によるリスク

営業者の本匿名組合事業にかかる商品を販売する小売店等が取扱商品を変更した場合、本匿名組合事業にかかる営業者の売上が低迷するリスクがあります。また、他社が本匿名組合事業と競業する事業を開始・展開することにより、本匿名組合事業にかかる売上が低迷し、あるいは事業の継続が困難となるリスクがあります。

今後の事業計画

今後の事業計画は以下のとおりです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本事業計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。



(事業計画の売上を実現していく上での営業方針)
株式会社鵜の助を設立した漁師4人が被災前にそれぞれ行っていた個人事業において売上の大半を占めていた漁協共販への出荷を大幅に減らし、小売にウエイトをシフトします。

これによって毎年変動する共販価格の影響を受けることなく価格設定を行うことが可能となるため、安定した売上を見込むことができます。

また、個人のお客様に対してはホームページ等を通じたインターネット販売の開始により利便性を高め、リピート率の向上や口コミや紹介の増加による売上の拡大を目指します。

(計画どおりにならないリスク)
台風や時化(しけ)により養殖施設が被害を受けた場合には、計画通りに売上が確保できないリスクがあります。

  • その他にもリスクがあります。合わせてご確認下さい。


  • 分配計算式

    匿名組合員への1口あたりの分配金額は、以下の計算式により算定いたします。
    ・会計計期間開始日から12ヶ月間(無分配期間):
     売上金額(税込)×分配比率0.00%×1口/募集最大総口数

    ・無分配期間終了後から会計期間終了日まで(84ヶ月間):
     売上金額(税込)×分配比率4.75%×1口/募集最大総口数

    分配金額のシミュレーション

    本匿名組合契約における分配金額のシミュレーションは以下のとおりです。なお、シミュレーションの目的は、本匿名組合事業の売上に応じた分配金額を予想することにあります。したがって、売上を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

    ※1口 5,000円の出資の場合


    (注1) 匿名組合員に対する出資1口あたり分配金額は、上述に記載の計算式に基づいて計算されます。

    (注2) 表中の償還率は、次の算出式によって計算される全会計期間に係る1口あたり分配金額の合計額を基にした償還率であって、年率ではありません。1口5,000円の出資金に対し、1口分配金額が5,000円となる時点を償還率100%としています。
    匿名組合員に対する匿名組合出資金1口あたり分配金額/5,000円

    (注3) 匿名組合員への損益の分配について、利益が生じた場合は当該利益の額に対して20%の源泉税徴収が行われます。なお、将来税率が変更された場合には、変更後の税率により計算が行われます。また、利益とは出資者に対する分配金額が匿名組合出資金額を超過した場合における当該超過額をいいます。したがって、匿名組合員に対する分配が行われても、利益が生じるまでは源泉徴収は行われません。

    (注4) 振込手数料は、ご指定頂きましたお振込先銀行口座によって変わります。手数料金額については以下の表をご参照ください。(金融機関によって手数料金額の変更等がある場合もございますのであらかじめご了承ください。)

    お客様の振込先
    銀行口座
    お振込手数料
    (分配金額が3万円未満) (分配金額が3万円以上)
    三菱東京UFJ銀行 315円 315円
    みずほ銀行 315円 315円
    三井住友銀行 210円 315円
    楽天銀行 50円 50円
    ジャパンネット銀行 52円 52円
    その他銀行 315円 315円

    • ファンド詳細ページ(本ページ)の「このファンドを申し込む」ボタンをクリック
    • ログインする※ユーザー会員登録されていない方は会員登録をしてください。
    • ファンド詳細情報、説明書・契約説明書のご確認ください。(熟読してください)
    • ご契約内容に同意の上、口数を指定し、ファンドのお申込をしてください
    • 指定金額のご入金及び本人確認資料をご送付ください。
    • 入金確認及び本人確認が完了し次第、Eメールにて、契約の成立をお知らせします
    • 皆さんで事業を応援しましょう!
    仕組み図
    1 募集受付期間 2012年8月24日~2014年9月30日(※)

    (※)募集期間中であっても、出資募集最大総額に達した場合は、その時点をもちまして出資の募集を終了します。
    (※)募集期間中に営業者が本匿名組合契約の募集を終了した場合は、そのときをもちまして、取扱いを終了します。
    2 会計期間 2013年3月1日から2021年2月28日(8年)
    3 契約期間 本匿名組合契約成立日から会計期間終了日まで
    4 決算日 2月末日(最終決算日は会計期間終了日)
    5 報告日 決算日より90日以内
    6 分配日 分配金は一括して、最終決算日から120日を超えない日から随時引き出し可能
    【営業者】
    本匿名組合の事業を行う営業者の概要は、次のとおりです。(2012年8月17日現在)

    【取扱者】
    本匿名組合契約の出資募集および契約締結の取扱い、本匿名組合契約の管理運営、匿名組合員へのIR業務等を委託する会社の概要は、次のとおりです。(2012年7月31日現在)

    このファンドは、どういうものですか? 事業に必要な資金を出資者の方から調達を行います。
    そして、出資者の方には、一定期間の売上を分配金として受け取れるほか、投資家特典も提供させて頂きます。
    投資家特典とはどのようなものがあるのでしょうか? 個別のファンドごとに特典は異なりますので、ファンドごとの特典は、ファンド詳細情報をご覧ください。
    利益の分配に際し、税金はどうなりますか? 出資金額を越える利益部分に20%の源泉所得税がかかります。
    途中解約はできますか? 匿名組合契約を途中で解約することはできません。
    元本は保証されていますか? 本ファンドは元本を保証するものではありません。 ファンド対象の売上如何によっては出資金が減額、あるいはゼロとなる可能性があります。
    未成年者でも契約できますか? 親権者の同意があればご契約頂けます。
    >>申込方法とよくある質問
      鵜の助4人の漁師ファンド
    ※画像をクリックすると別ウィンドウで動画がご覧になれます。

    復興にあたり

    家屋、作業小屋、養殖施設、漁具の全てを失い、下ばかり見ていた日々が続いていましたが、唯一、漁師の命とも言える船を津波から助けたので、もう一度この海で挑戦していこうと決めました。
    今回、4人のこだわりを持った漁師が集結したという事で、養殖方法はもちろん、品物は十分に吟味し、「自分達の納得のいかない物は販売しない」をモットウに、安全、安心な商品をお客様に提供していきたいと思います。
    1人×4=4ではなく、1人×4=6にも8にもなるという、新しいスタイルの漁業の先駆けになるように、今後の若い担い手の漁師達に提案していきたいと思います。
     

    会社紹介

    株式会社鵜の助は、震災後、石巻市十三浜でそれまで単独で漁業を営んでいた漁師4人(西條武、西條満、阿部慶昭および佐藤博)が集結し、共同作業による負担の軽減、作業効率の向上、コストの削減を目標として立ち上げた会社です。例えば、時化(しけ)に強い養殖施設や漁具の提案など、4人のこだわりをいいとこ取りした養殖業を行ないます。また、販売面でも、4人それぞれのお客様や販路についてのノウハウを持ち寄り、事業の拡大を目指します。
    自分達で納得のいく物しかつくらないこと」に徹し、安心、安全な商品をお客様に提供いたします。
    北上川から注がれる栄養豊富な山のミネラルと、外洋の荒波。世界に誇る三陸の漁場の中でも、特に恵まれた地形の十三浜から、私たち漁師が育てた海の幸を皆さまの食卓へ、直接届けてまいります。
     

    被災地からのレポート

    被災地応援ファンドWebサイトで、事業の進捗等を報告いたします。
    >>被災地からのレポート

    被災状況

    鵜の助をつくった漁師4人それぞれの家屋、作業小屋、養殖施設、漁具、小漁船、漁業機具などが流失しました。

    復興計画

    (1) グループ「鵜の助」の立ち上げ/最低限の施設・設備の整備(2011年より)
    ・ 漁師4人が、事業再建のため、「鵜の助」というグループを立ち上げます。(2011年9月)
    ・ 各種補助金や支援を活用し、最低限の設備を整え、わかめおよび昆布の養殖事業を再開します。
    ・ 営業者を設立する漁師4人の営業者設立以前からの顧客に対して、「鵜の助」ブランドでの販売を開始します。
    ・ 加工施設のうち、塩蔵処理を行う加工場を建設します。(2012年2月着工)

    (2) 「鵜の助」を株式会社化、「鵜の助」ブランドでの販売開始/事業の拡大(2012年8月より)
    ・ グループ「鵜の助」を法人化し、営業者である株式会社鵜の助として登記(2012年8月17日に登記完了)
    ・ 自社ブランドとしての認知度を広め、販売を強化していきます。
    ・ ホタテやホヤ、わかめ、昆布の養殖のための資材を追加購入する予定です。

    (3) 「鵜の助」の事業の拡大し/施設・設備の拡充(2013年より)
    ・ 屋外やテント内で行なっているボイルや袋詰め作業を行うための加工場および作業場を建設します。

     〈年間予定〉
     1月 漁場の整備
     2月 わかめの収穫
     3月 わかめの収穫
     4月 わかめの収穫
     5月 昆布の収穫
     6月 昆布の収穫
     7月 ホタテの出荷、ホヤの出荷
     8月 ホタテの出荷、ホヤの出荷
     9月 秋サケ漁(定置網、刺し網)
     10月 秋サケ漁(定置網、刺し網)/わかめ・昆布・ホタテの種付け
     11月 秋サケ漁(定置網、刺し網)/ホタテの種付け
     12月 秋サケ漁(定置網、刺し網)/ホタテの種付け

    本匿名組合事業について

    水産物の生産・加工・販売および採介漁業(注)

    (注)手や簡単な漁具を使用してウニや貝類を採る漁法

    ファンド資金使途

    営業者は、募集最大総額の出資金の使途として、次を予定しております。なお、合計金額は、応援金(最大総額20,000,000円)を加えた額となっております。また、以下記載の加工場建物建設費および整地(作業場、加工場)には、匿名組合出資金ではなく、応援金を充当します。

    (注1) 出資金の資金使途については、取扱者による監査が行われます。
    (注2) 合計費用、内訳項目、金額はあくまでも見込みであり変更の可能性があります。最終的な合計
        費用が上記を上回った場合には営業者が負担し、合計費用が下回った場合には分配の際に返還
        させていただきます。なお、返還金額に利息は付きません。また、上記以外に必要となる費用
        等につきましては、営業者が負担します。

    投資家特典

    希望する匿名組合員に対して、契約期間中、以下の特典を設けております。なお、特典は営業者の都合により内容や時期が変更される場合や、特典の実施ができなくなる場合もあることにご留意ください。

    (1) 1口以上4口までお申込みの方
    茎わかめ200gと昆布元葉200gを口数に関わらず1セットお送りします。

    (2) 5口以上9口までお申込みの方
    鵜の助オリジナル海藻セットを口数に関わらず1セットお送りします。
    【セット内容】わかめ、昆布、茎わかめ、昆布元葉、わかめ元葉を各200g
    (3) 10口以上お申込みの方
    上記(2)の鵜の助オリジナル海藻セットに加えて、
    活ホタテ(5枚)をお送りします。

    ※いずれの特典も、水揚げの状況やファンド募集の状況等により、送付時期を決定いたします。詳細につきましては、準備が整いました時点でご案内いたします。なお、(3)については、海藻セットと活ホタテは、異なる時期にご送付させて頂く予定です。
    ※特典のセット内容は、変更になる場合がございます。
    ※特典の海外への発送は予定しておりません。

    被災地からのレポート

    2016年5月6日 11:30今年のわかめの状況

     被災地からのレポート

    今年のワカメの状況です。
    今年の出来はいつも以上に良質なワカメが出来ました。
    /data/blog/archive/original/26900.jpg
    その加工風景です。鮮やかな緑色はおいしい証拠です。
    /data/blog/archive/original/26899.jpg

    また加工場のレイアウトも少し変えて使いやすくなりました。
    /data/blog/archive/original/26897.jpg

    2015年11月6日 13:42新工場の内部をご紹介

     被災地からのレポート

    今回は新工場の内部の紹介です。

    狭いながらも効率のいい配置にできました。
    機械類も最新のものを導入し衛星面に特に気を使いました。







    今はワカメ、コンブの種漬け作業の真っ最中です。

    同時にホタテの出荷などあってほとんど海上にいます。  

    来春の収穫が楽しみです。
     

    2014年7月18日 15:25出資者の皆さまへ

     被災地からのレポート


    HP掲載版:(縮小)鵜の助ー事業者お礼メッセージ


    --------------------------------

    2014年6月17日 10:14新しい船ができました

     被災地からのレポート

    久々の更新です

    鵜の助

    春先からワカメとコンブの収穫が続いています
    天気が悪くならない限りほぼ毎日海に出ています
    そんな中補助金を利用して新しい船が完成しました
    前の船は震災を乗り越えたのですがかなり古くて
    出漁するにはかなり不安でした
    新しい船は前の船とほぼ同じ大きさですが
    最新の機器を搭載しています
    秋サケ漁がメインですがいろんな漁に使います
    これから秋サケ漁の準備が始まります

    鵜の助


    ------------------------------

    残り120口です!鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年8月27日 09:34ホタテの出荷、最盛期!!

     被災地からのレポート

    unosuke

    ホタテの出荷が始まりました。
    ホタテの出荷までの工程を簡単に説明したいと思います。

    この作業は早朝海に行き、吊るされているホタテのネットを揚げているところです。
    その際天然の昆布がネットにびっしりと付いているので、手で一つ一つむしり取りながら
    船にネットを揚げていきます。
    ホタテのネットも一朝に何十個と揚げてこないといけないので、この作業もかなりの重労働になります。



    unosuke


    unosuke  


    次の作業は岸壁まで持ってきたホタテを、ネットから取り台の上に乗せます。
    ホタテの鮮度が落ちないよう、手早く一枚一枚汚れを落としていきます。





    unosuke

    ホタテがきれいになりやっと出荷できます。

    今年も形の良い大きなホタテになりました。


    ------------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年6月4日 13:35今年もいい昆布が出来ました

     被災地からのレポート

    只今、昆布の収穫シーズン真っ只中です!
    おかげ様で、今年も品質のよい昆布が収穫できました。




    今年から、昆布をボイルする場所に日よけ用の屋根をつけました↓


    unosuke

    女性陣が昆布を選別して商品化します。下の写真の作業はこちらの方言で『すりかっしゃぎり』
    (すり⇒おしり  かっしゃ⇒頭)といいます。


    ------------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年5月30日 14:30とっておきの音楽祭イベントに出店

     被災地からのレポート

    6月2日(日)【とっておきの音楽祭】に鵜の助も参加する事になりました。
    当日は若布や昆布の販売や(もちろん試食もだします!)楽しいイベントが盛りだくさんなので、
    是非遊びに来て下さい。



    鵜の助の出店会場は仙台市国分町元鍛冶丁公園です。↓
    皆様にお会いできる事を楽しみにしています!

    unosuke
    場所:元鍛冶丁公園(仙台市国分町交番前)


    ------------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年4月15日 10:44わかめ漁の最盛期!!

     被災地からのレポート

    unosuke


    unosuke


    unosuke


    陽が明ける前に男性が、若布の収穫に海に出航し、洋上で若布と若布の根っこに付いているメカブを
    一つ一つ手作業で分けながら収穫してきます。
    海から帰港した男性は若布を煮る作業に移り、女性はメカブを芯からひだ状になった部分を削ぎ落とす作業をします。




    unosuke


    メカブ作業が終わると、皆で若布の芯抜き作業をします。

    今は芯抜きもメカブの作業も仮設テントで行っていて加工することが出来ないので、
    今後の目標は少しでも早く作業施設や加工施設を作り、鵜の助の幅広い商品をみなさまに提供することです。


    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年3月27日 15:31漁師の1日-昆布漁編-その3

     被災地からのレポート

    既に「漁師の1日-昆布漁編-その1その2」の2回にわたってご紹介している鵜の助の昆布漁ですが、今日は、動画でご紹介します。素人がi phoneで取った動画ですが、写真とは違う臨場感があります。鵜の助の皆さんの仕事ぶり、ほんの一部ですが、ぜひご覧ください。

    なお、はじめての方に、まずは1日の流れをおさらいすると、昆布は基本的に、収穫→茹でる→塩水に漬ける→水をきる→選別して袋詰→出荷、という流れで市場に出ていきます。その1その2では、写真で詳しくご紹介していますので、そちらもぜひ見て下さい。

    ■収穫 (動画:5分26秒)

    鵜の助は4人の漁師が2人ずつ2船に分かれて漁にでます。私は、阿部さんと西條満さんの船に乗船させてもらいました。この日は、4時前に出船でした。

    ■収穫した昆布を加工場に運ぶ (動画:50秒)

    収穫を終え、港に戻ると、順番にフォークリフトで陸に上げていきます。無駄の無い連携プレーです。1人でやっている時は、港に戻るタイミングで、奥さんに待機してもらっていたり、家族の負担も大きかったそうです。そして、そのまま、数百メートル奥の加工場に運びます。

    ■茹でる (動画:1分57秒)

    昨年のシーズんは、まだ茹でる加工場がなく、外での青空作業でした。今年は少し状況が進展する予定です。それについてはまた近々ご報告します。

    ■塩に漬ける (動画:22秒)

    昆布が空気をたくさん含んでおり、水につけるのも、かなりの重労働です。簡単そうに見えますが、かなり力をいれて押し込みます。水に浸かった後、塩を入れ、水を循環させ、朝まで置きます。

    ■一晩おいて取り出す (動画:4分45秒)

    取り出す際には、昆布の見た目がきれいになるよう、残っている塩や泡を手でゆすいで落とします。泡は、塩によってできたものです。海水が泡立つのと同じです。

    ■水を切る (動画:4分15秒)

    巨大な石を3つ乗せ、翌日までよく脱水させます。

    ここまでは、男たちの仕事です。この後の、選別や袋詰め作業は、お父さん、お母さん、奥さんと、家族も協力して、みんなで行います。その様子は、下記の動画の2分47秒頃から、ご覧いただけます。




    いかがでしょうか。一つ一つは短い動画なので、ぜひ見てください。もくもくと、しかし、チームワークよく仕事をする漁師たちの様子がよく分かります。震災前は、一人で海に出て、一人で作業をしていたのが、こうして4人で集まったことで、作業の効率や規模に大きな変化があったことが分かるかと思います。

    以前は、用事があれば1日休みにしなければならないところ、今は一人ぐらい用事があったとしても仕事がまわるという面、また、みんながいるから、手が抜けないという面など、ささいなことの中にも、1年以上一緒にやってきて、最近あらためて、4人で一緒にやっているよさを実感しているそうです。

    昆布の収穫は5月から6月初旬にかけてです。わかめの収穫が終わる直後に始まります。昨年の昆布は売り切れてしまっています。昆布漁が終わりましたら、今年の昆布を出資者の皆さまに、特典としてお届けして行きたいと思いますので、もう暫く、楽しみにお待ち下さい!


    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年3月14日 12:35新丸ビルで鵜の助のわかめを食べられるのはこのお店です!

     被災地からのレポート

    ◆「被災地応援ウィークス」開催中!◆

    セキュリテ被災地応援ファンド募集中の会社の食材が、
    東京の新丸ビル7Fの各レストランでお召し上がりいただけます!
    各レストランがアレンジをきかせ、とっても美味しい料理になっています。

    開催期間:2013年3月4日(月)~2013年3月15日(金)

    鵜の助わかめは、新丸ビル7階の4つのレストランで提供されています。

    ソバキチ(夜のみ)
    -筍と菜の花の若布酢(580円) (鵜の助のワカメ使用)

    鵜の助

    自由ヶ丘グリル
    (夜のみ)
    -帆立貝とわかめのブルゴーニュバター焼き(950円) (藤田商店の帆立と鵜の助のわかめ使用)
    鵜の助

    SO TIRED(ランチあり)
    -時不知鮭炒飯 鵜の助わかめスープ付(1,000円)
    (ヤマジュウの
    時不知(ときしらず)鮭と、鵜の助のわかめ使用)


    わかめスープだけ拡大すると、こうです。^^
    鵜の助

    mus mus(夜のみ)
    -塩蔵ボイルわかめのサラダ(750円) (鵜の助のわかめ使用)
    -茎わかめの味噌漬け(500円) (鵜の助の茎わかめと、八木澤商店のおらほの味噌使用)

    鵜の助
    (すみません、これだけ、私が携帯でとったものなので写真のクオリティーが・・・。でも、すごく美味しいですよ!わかめの良さをじっくり堪能できる一品です。)

    丸の内ハウスの被災地応援ウィークスはいよいよ明日まで。
    お近くの方は、ぜひ食べに来て下さい!

    私は全店舗の全メニューをいただきました!

    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年3月11日 15:34女性メンバーがイベント参加

     被災地からのレポート

    unosuke

    3月2日築地本願寺で、いつもお世話になっているボランティア団体「パルシック}の活動報告会」がありました。

    漁師の奥さんに話しをしてもらいたいとパルシックさんからお話を頂き、鵜の助の女性チームで参加してきました。



    unosuke

    3・11震災の日の事、震災から今現在の鵜の助の漁業復興の事、これから目標をトークセッションしてきました。普段人前で話す事が少ないので、緊張してうまく話せたかどうか不安ですが、来ていただいた皆さんに少しでも、私たちの復興への取り組みが伝わったと思います。




    unosuke

    unosuke

    セッション後、その日に水揚げしてきたばかりの生若布をしゃぶしゃぶにして試食してもらったり、直接お客さんとお話しをさせていただきました。

    とても充実した一日となりました。これからも、主人たちをサポートできるように私たち女性も鵜の助をアピールしていきたいです。


     

    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年3月1日 10:15東日本大震災復興支援報告会

     被災地からのレポート

    今回、鵜の助 女性チーム3人でイベントに参加する事になりました。
    新ワカメのしゃぶしゃぶの試食会や、鵜の助のワカメや十三浜の商品の販売を行います。
    お母さんを交えてセッション」という時間も、もうけられています。
    一般の方も参加できますので、ぜひお越しください


    日時:3月2日
    (土)14:00開演
    場所:築地本願寺

    詳しくは特定非営利活動法人パルシック
    URL⇒http://www.parcic.org


    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年2月20日 15:24ホヤの種付け作業

     被災地からのレポート

    unosuke

    のびのびになっていた、ホヤの種付け作業が始まりました。
    れは、ちょうど1年経過した種です。




    unosuke

    種網から、いいものを選別して切っているところです。
    この日の気温は、-2℃の寒さの中作業を続けています。




    unosuke

    切った種を本養殖の綱に挟みこんでいるところです。
    これから年間、海中で成長するのを待ちます。

    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2013年2月2日 14:54ホヤの養殖施設の準備

     被災地からのレポート


    ホヤの人工採苗続きです。
    今回、初めての試みだったのですが、何とか成功したみたいです。





    仮養殖と本養殖をするための、施設の位置を測定して設置している
    ところです。
    この後、ここに種ホヤをもってきて約3年間大きくなるのを待ちます。




    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年12月29日 11:02ホヤの人口栽苗

     被災地からのレポート

    今回、初めてホヤの人口栽苗をはじめます。
    石巻地方振興事務所 水産部の協力を得て取り組みます。


    これが、親のホヤです。
    もうじき産卵するところです。

    unosuke




    この水の中に入ってるのが、種網です。
    ホヤの卵が、この網に付く予定です。

    unosuke




    産卵するタイミングを逃さないよう、毎日観察しています。






    初めての試みですが、絶対成功させたいです。
    3年後には、この成長したホヤみなさんの食卓にお届けしたいです!!


    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年12月27日 15:28ご馳走様でした!

     被災地からのレポート

    先日行われた石巻・南三陸「漁師の鍋三昧」ツアーのご報告です。既に、今回のツアーの案内人、三陸オーシャンの木村さんからツアー全体のご報告(→こちらからご覧ください)をしていただいていますので、ここでは、鵜の助の皆さんをハイライトでご紹介します!

    十三浜に着いて、まず目に入ったのはこちら。佐藤さんが、鮭のちゃんちゃん焼きをつくってます!これ、匂いも相当でしたが、味も、ほんとーに、美味しかったんです。

    鵜の助

    実は、この鮭、鵜の助の皆さんが、とってきたもの。「ちょっと魚が足りないから、海にとりに行こう!」まさに、漁師さんの発想ですね。
    その横で、焼かれていたのは、見てください!ウニです!ぜ、贅沢すぎる・・・
    写真左は、タツミ食品の遠藤さん、右が鵜の助の西條満さん。

    鵜の助
    アップにするとこうです!あわびの殻に、ウニが何個分も詰まっています。
    ツアー

    そして、この鮭からとったいくらがこちら!ご飯にかけ放題。プチプチした食感が普通のイクラより強くて、最高に美味しかったです。
    鵜の助

    そして、こちらが鍋その1。写真が、それほど美味しそうに採れなかったのが、残念過ぎます>_この日は、他にも、鮭の入った汁、牡蠣の入った汁を、ご用意いただきました。

    鵜の助

    そして、こちらは、木村水産の定番うにめかぶです。白いご飯に先ほどのイクラと、このうにめかぶをどっさりかけていただいた日には・・・。
    ツアー

    そして、本当にすみません、食べることに忙しく、写真があまりないのですが・・。他に、鵜の助の昆布とわかめのお料理が3品,
    ホタテやあわびやウニ、ヒラメのお刺身、などなど、食べきれないほどの、新鮮な旬の味をみんなでいただきました。

    会場となったのは、こちらのテントですが、中に入ると別世界です。
    ツアー

    4つのテーブルを用意していただきました。イスが、何かのケースをひっくり返して使っているのですが、その上に、ダンボールと銀のシートが被せてあって、ツアーの皆さんを迎えるにあたり、いろいろな心配りをしていただいたんだなぁ、としみじみ感動してしまうセッティングでした。テーブルやイス、なべやカセットコンロなど、何から何まで、すべての中に、おもてなしの心がみえる交流会でした。

    ツアー

    ひと通り、お腹が落ち着いたところで、自己紹介タイムです。はじめに話した鵜の助のみなさんは、かなり緊張気味でした・・・。
    写真でみても、かなり神妙な面持ちです。左から、阿部さ、西條満さん、佐藤さん、西條武さんです。
    ツアー

    その後、外で、鵜の助の加工場などを見学しました。こちらは、震災前は西條武さんの自宅のあった場所。この夏は、昆布やわかめを茹でる場所として、使いました。
    鵜の助

    中小機構の支援でつくった仮設加工場。
    ツアー

    ウキにも全部「鵜」と書いてありました。
    鵜の助

    みんなで集合写真!
    鵜の助

    そして、お別れのときに、なんと参加者ひとりひとりに、おみやげを用意してくださっていました。昼食でもいただいた昆布のお料理三種類です。作り方まで添えられていました。参加者の方は、ここでも感激でした。十三浜の皆さま、本当に最高のおもてなしをしていただき、どうも有難うございました。

    鵜の助
    (写真左から、鵜の助・阿部さん、タツミ食品・遠藤さん、鵜の助・西條武さん、鵜の助・西條満さん、木村水産・木村さん、鵜の助・佐藤さん)

    今回は天気が悪かったのが、残念でしたが、とても楽しいひとときを過ごしました。
    参加者の中には、ボランティア作業に関心のある方もいらしゃいました。
    人の手がたくさん欲しい時期に、お邪魔にならないような形で、また出資者の方と、お手伝いにいく機会がつくれたらな、と思います。

    今後とも、引き続き、鵜の助、十三浜を宜しくお願いします!

    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328


    2012年12月21日 18:39ツアー参加の皆様へ

     被災地からのレポート

    今回のツアーに参加していただいた皆様には
    大変ありがとうございました。

    あいにくの天気になり、予定のスケジュール通りに
    なりませんでしたが、私どもの現状や今後の課題など、
    お分かりいただけたと思います。
     
    何よりも大事なのは、これからの私たちの仕事に対する
    向き合いかただと思います。必ず復興をなしとげ、
    さらにお付き合いが出来ますようお願い致します。

    本当にありがとうございました。

    鵜の助
    (写真左から、鵜の助・阿部さん、タツミ食品・遠藤さん、鵜の助・西條さん、鵜の助・西條さん、木村水産・木村さん、鵜の助・佐藤さん)

    ********************************************************
    株式会社 鵜の助 代表:西條 武
    〒986-0201 宮城県石巻市北上町十三浜字大指13番地
    (TEL・FAX) 0225-66-2088
    (URL) http://www.unosuke.jp
    (Mail) ozashi@unosuke.jp
    【受付】平日 AM9:00~PM5:00  (定休日:土・日・祝日)
    ********************************************************

    ※ ツアーのレポートはこちらからご覧ください:
    全体のレポート鵜の助のレポート

    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年12月6日 14:28ホタテの分散パート2

     被災地からのレポート

    ほたての分散パート1はこちら

    今回は男性陣の作業風景です



    unosuke

    女性陣が、ホタテをネットに入れ男性陣が船につみ海へ行きます。

    unosuke unosuke

    この日は風が強く、海が時化ていた為、海上での作業も難航し通常より時間がかかり、とても大変でした。

    これから年末にかけて、若芽・昆布・ホヤの種付けなどの仕事があり、休みを返上して仕事しなければなりません


    ------------------------------
    ◆お知らせ◆
    12月15日に、鵜の助を訪問するツアーがあります。
    お席に限りがありますので、お早めにお申込み下さい!


    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328



    2012年11月28日 15:23ホタテの分散

     被災地からのレポート

    ホタテの半生貝(出荷するホタテの半分まで成長したホタテ)を
    ネットに入れる作業をしました。





    枚手作業で、ホタテが弱らないように、すばやくネットに入れ海に
    戻します。







    来年の夏に出荷出来る大きさに育ちます。

    ホタテの分散パート2はこちら



    『土と平和の祭典2012』 大盛況で感謝!!

    鵜の助にとって初めてのイベント参加でしたが、たくさんのお客様に来て頂きました。
    鵜の助の若布と昆布のおいしさを知ってもらうことができ、うれしく思っております。
    対面販売をして、お客様の意見を直に聞く事ができ勉強になりました。

    これからも、鵜の助の商品の良さを皆様に発信していきたいです。


    ------------------------------
    ◆お知らせ◆
    12月15日に、鵜の助を訪問するツアーがあります。
    お席に限りがありますので、お早めにお申込み下さい!


    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328



    2012年11月23日 03:00漁師の1日-昆布漁編-その2

     被災地からのレポート

    私の悪い癖で、「続きをお楽しみに!」と書いたっきり、
    続きを書くのをすっかり忘れておりました。
    なんと2ヶ月も経ってしまいましたが、今日は、その2を書きたいと思います!

    なお、「漁師の1日-昆布漁編-その1」はこちらです。
    前回は、昆布を刈り取って、前日漬けておいた昆布を木の箱に入れて、
    重しを乗せる所までご紹介しました。今日は、その続きからです。

    3. 昆布を茹でる(9am)

    朝、刈り取って、運んでおいた昆布を茹でます。
    繰り返しになりますが、鵜の助は、まだ茹でる加工場がなく、外での青空作業です。

    鵜の助

    湯気が出てきました!
    見て下さい。茶褐色の昆布が熱湯で、しゃぶしゃぶすると、鮮やかな緑色に変わります。
     鵜の助

    茹でた昆布は、手前のかごにあげ、メッシュの袋につめていきます。
    この作業が1-2時間、続いたでしょうか。(6月のことだったので、記憶が・・・)
     



    4. 昆布を塩に漬ける(11am)

    茹でた昆布を、仮設の加工場に運び、茹でる前に、中をあけておいた水槽に入れます。
    取り出す時と違い、まだ泡はありません。空気をたくさん含んでおり、水につけるのも、
    かなりの重労働です。簡単そうに見えますが、かなり力をいれて押し込みます。

    鵜の助 

    パイプを渡し、シャワーがまんべんなくかかり、水が循環するようにします。
    大量の塩を入れます。


    鵜の助 

    そして、この状態で翌朝までおきます。
    鵜の助 

    大体、ここまで終わって、もうお昼ごろです。

    5. 昆布を選別して、箱につめる(午前~夕方)

    この選り分け作業では、家族が大活躍します。
    それぞれの家族が、それぞれのタイミングで、テントの仮設作業場に集まってきます。

    鵜の助

    「1人は1つのものしか作れない。
    でも4人でグループ組んだら、4倍じゃなくて、6倍にも7倍にもなる。」

    鵜の助の皆さんのこの言葉は、ご家族の皆さんをみたときに、とても強く感じられました。

    鵜の助

    それぞれのライフステージによって、育児もあれば、介護もあります。
    そういう時に、個人事業では、なかなか人手が回らなくても、
    4人いれば、みんなでカバーすることができます。

    鵜の助 

    家族の皆さんが、選別している間に、鵜の助の4人の漁師は、昆布を器用に折りたたんで箱に入れていきます。鵜の助 

    --
    これを最後までやりきり、箱づめにされた昆布を出荷できるところまでして、
    この日の作業は終わりです。

    これを、昆布のシーズンは毎日続けるわけです。大変です。

    では、今日はこの辺で!このシリーズはあと2回ぐらい続く予定です。


    ◆お知らせ◆
    12月15日に、鵜の助の皆さんを訪問するツアーがあります。
    お席に限りがありますので、お早めにお申込み下さい!


    ------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年11月16日 17:1218日(日)日比谷のイベントに初出店!

     被災地からのレポート

    『土と平和の祭典2012』
    ・開催日 2012年11月18日(日) 10:00~16:00  雨天決行
    ・開催場所 日比谷公園
    ・詳細 http://tanemaki.jp/saiten2012/


    東京でのイベントの参加は初めてになります。
    イベント用の大漁旗も初披露です。






    -----------------------------------
    (宮城県石巻市)
    鵜の助4人の漁師ファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:

    2012年10月26日 10:15定置網漁はじめました

     被災地からのレポート





    unosuke定置1

    初日の網揚げです。網を引き上げて半分位いった時の光景です。




    unosuke定置3
    なんと!!鮭と一緒にウミガメが入っていました。
    初日の漁にしては、まずまずです。


    unosuke定置2
    これからもっと漁が増えるようにかめにお願いして海にもどしました。


    -----------------------------------
    (宮城県石巻市)
    鵜の助4人の漁師ファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:

    2012年10月23日 11:28ホームページ開設しました!

     被災地からのレポート


    (画像をクリックするとHPへとべます)

    unosuke



    準備に時間がかかりましたが、ようやくホームページ( http://unosuke.jp/ )が完成しました。
    鵜の助の歩みや簡単なレシピなどを掲せております。
    どうぞご覧ください。



    -----------------------------------
    (宮城県石巻市)
    鵜の助4人の漁師ファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:

    2012年10月10日 14:22養殖シーズンスタート

     被災地からのレポート

    unosuke burokku


    このタイヤの付いたコンクリートブロックは、海底に沈めて養殖施設を固定するものです。
    これを一個一個船で沖合いに運んで沈めます。

    これが終わるとワカメ、コンブ、ホヤ、ホタテなどの種付け(植え付け)が始まります。
    陸上の秋はまさに海の春なのです。

    -----------------------------------
    (宮城県石巻市)
    鵜の助4人の漁師ファンド(1口1万500円)の詳細はこちら:

    2012年10月1日 10:51養殖ホタテのネット洗い

     被災地からのレポート




    unosuke ネット洗い1


    8月にホタテの出荷が、無事に終わりました。
    11月に使用するまで、汚れたネットを洗浄して修理します。
    1枚、1枚、手作業なので以外と大変な作業です。

    ----------------------------------------------------------------------------------
    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:
    https://www.securite.jp/fund/detail/32

    2012年9月28日 13:21特典が豪華に!!!! 活ホタテも追加です!

     被災地からのレポート

    「鵜の助4人の漁師ファンド」の特典が豪華になりました!

    ■今まではこうでした。
    (1) 1口以上9口までお申込みの方
    茎わかめ200gと昆布元葉200gを口数に関わらず1セット

    (2) 10口以上お申込みの方
    鵜の助オリジナル海藻セットを口数に関わらず1セット
    セット内容:わかめ、昆布、茎わかめ、昆布元葉、わかめ元葉を各200g



    ■それが、こうなりました!
    (1) 1口以上4口までお申込みの方
    茎わかめ200gと昆布元葉200gを口数に関わらず1セット

    (2) 5口以上9口までお申込みの方
    鵜の助オリジナル海藻セットを口数に関わらず1セット
    セット内容:わかめ、昆布、茎わかめ、昆布元葉、わかめ元葉を各200g

    (3) 10口以上お申込みの方
    上記(2)の鵜の助オリジナル海藻セットに加えて、活ホタテ(5枚)

    写真で見てみましょうか?
    オリジナル海藻セット、こんな感じです!


    鵜の助

    全部、それぞれ味や歯ごたえ、食感が違うんですよ!
    特典でもなければ、これだけの種類をまとめて手に入れることって、
    あまりないのではないでしょうか。 
    私はこの中では、「わかめ元葉」だけ、食べたことがないかもしれません。
    全部まとめてくるなんて、本当に楽しみですね!
    十三浜のわかめと昆布は本当におすすめです!

    ちなみに、どんな風に収穫しているのか、その様子も紹介していますので、
    是非、ご覧ください!→こちら。

    そして、10口以上の方には、この海藻セットに加えて、活ホタテです!!!

    鵜の助


    鵜の助

    焼くと、こんな感じです!!! 
    今年のホタテは、見栄え、大きさ、色、味ともに、最高でした!

    unosuke_hotate


    是非、皆さま、この機会に、5口や10口の出資もご検討ください!

    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    -----------------------------------------------------------------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月26日 10:07鮭の定置網の準備

     被災地からのレポート

    うのすけ


    これから、鮭の定置網がはじまります。
    これは設置する場所に使う浮き球です。全部で30個ぐらい使うので大変な作業です。
    1週間後には、鮭の水揚げがはじまります。


    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月24日 21:20漁師の1日-昆布漁編-その1

     被災地からのレポート

    今日は昆布漁の時期の鵜の助の1日をご紹介します。

    基本的に、昆布は、収穫→茹でる→塩水に漬ける→水をきる→選別して袋詰→出荷、

    という流れで市場に出ていきます。

    具体的にどうなっているか、写真でご覧ください!


    1.海で刈取り(4am)


    鵜の助

    4時前には出船し、まだ暗いうちから作業開始。


    鵜の助

    一人が昆布を刈取り、一人が刈り取った昆布を受け取り、並べていきます。


    鵜の助

    滑車のようなもので昆布を持ち上げ、カマのようなもので刈取ります。


    鵜の助

    すぐに足の踏み場がないほど、船の中が昆布でいっぱいになります。


    鵜の助

    運び出しやすいように、まとめていきます。


    鵜の助

    右が阿部さんで、左が西條満さん。4人の中に、西條さんが二人います。


    鵜の助

    鵜の助は4人が2人ずつ2船に分かれて漁にでます。西條武さんと佐藤さんの船も大漁です。



    2.昆布を茹でる加工場に運び、前日の昆布を移動(7am)


    鵜の助

    収穫を終え、港に戻ると、順番にフォークリフトで陸に上げていきます。無駄の無い連携プレーです。

    1人でやっている時は、港に戻るタイミングで、奥さんに待機してもらっていたり、家族の負担も大きかったそうです。


    鵜の助

    そのまま、数百メートル奥の加工場に運びます。



    鵜の助

    ここで茹でます。鵜の助にはまだ建物がなく、青空作業です。

    後ろに見える建物が、中小機構の支援で作っていただいた加工場です。


    鵜の助

    仮設の加工場を前から見ると、こうです。屋外の加工場との位置関係が分かりますね。

    そして、この写真を撮っている後ろに、テントの作業場があります。


    茹でる作業などを始める前に、前日から脱水していた昆布をテントの作業場に運びます。
    鵜の助

    ここがテントの内部です。昆布は、脱水していた箱の型になっています。


    鵜の助

    脱水する箱が空になった所で、前日、漬け込んでおいた昆布を取り出す作業です。

    取り出す際には、昆布の見た目がきれいになるよう、残っている塩を手でゆすいで落とします。

    泡は、塩によってできたものです。海水が泡立つのと同じです。


    鵜の助

    そして、昆布を取り出し、水を切って、脱水用の箱に移します。


    鵜の助

    まずは、二人がかりで体重をかけて、型に押し込めます。


    鵜の助


    その後、この巨大な石を3つ乗せ、翌日までよく脱水させます。

    ここまでやって、朝ごはん休憩です。それぞれ家に帰って、1時間後ぐらいにまた集合します。


    さて、まだ茹でる前ですが、大分長くなってしまったので、

    本日はここで一旦終わりにします。続きをお楽しみに!

     

     

    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月20日 10:51船上インタビュー!昆布を刈取りながら答えて頂きました!

     被災地からのレポート

    鵜の助の昆布の収穫にお邪魔した時のインタビュー映像です。
    鵜の助は、4人のグループですが、船に乗る時は2人ずつ組みになって、2船で海にでます。

    私は、阿部さんと西條さんの船に乗せて頂きました。




    映像中、お話しているのは阿部さんです。
    この日の朝は、3時半集合。漁師の朝は、本当に早かったです。
    そして、まる1日、朝から夜までやることがびっしり。

    これから数回にわたって、写真と動画で、漁師の1日をご紹介していきます!

    (ミュージックセキュリティーズ・杉山)

    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月19日 16:53心の音楽祭へ参加!!

     被災地からのレポート



    先日、市内で音楽イベントがあり出店しました。

    ホタテ、イカ、ツブなどを焼いて販売しました。
    当日の気温は33℃!! 食材が焼ける前に人間が焼け
    そうでした。
    でもイベントは大盛況でした。

     


    unosuke  心の音楽祭


    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月13日 16:07 うまい!!  o(*^▽^*)o

     被災地からのレポート

    unosuke_hotate

    今年のホタテの出来上がりのチェックです。

    見栄え、大きさ、色、最後に味見をします。

    最高の出来上がりです!

    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328


     

    2012年9月11日 15:23大指港より漁場へ出港

     被災地からのレポート

    大指は石巻市北部の外れにある小さな漁村です。

    そこが鵜の助の仕事場です。

    毎日のように漁場に行って、商品管理や漁場整備をしています。

    努力の積み重ねが良質の品物をつくるカギです。

    今からがんばってきま~す!! 

    unosuke shukkou

     

     

    -----------------------------

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年9月8日 16:35はじめまして!

     被災地からのレポート

    鵜の助です!

    ここが、私たちの仕事場です^^

    この漁場で最高の品物を作っていこうと思います。皆様のご支援を、よろしくお願いします。

    鵜の助4人の漁師ファンドの詳細・お申込はこちら:

    https://www.securite.jp/fund/detail/328

    2012年8月31日 16:12海に生きる4人の漁師たちのファンドが募集開始!

     被災地からのレポート

    「1人は1つのものしか作れない。
    でも4人でグループ組んだら、4倍じゃなくて、6倍にも7倍にもなる。」

    十三浜
    (宮城県石巻市)の漁師4人がつくった会社「鵜の助」のファンド、
    「鵜の助4人の漁師ファンド」の募集を開始しました!詳細はこちらから

    彼らを紹介する動画もあります。合わせてご覧ください!動画はこちらから


    鵜の助